Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ファンジブル系

米財務省、NFTを「●●や詐取に非常に利用されやすい」と表現

米財務省、NFTを「詐欺や詐取に非常に利用されやすい」と表現
  • 米財務省が初めて、詐欺などの犯罪を実行する手段としてのNFTについてのリスク評価を行った。
  • 財務省は、NFTプラットフォームにはマネーロンダリングや制裁回避に対抗するための「適切な管理が欠如している」と判断した。

米財務省は、不正な金融に関して新たに行ったリスク評価において、NFTは「詐欺やスキャムに非常に利用されやすく、盗難の対象となる」と指摘。このリスク評価は、詐欺などの犯罪を実行する手段としてのNFTについて今回初めて行われた。

財務省は29日、「レポートは、犯罪者がNFTを使用して、前提となる犯罪の収益をロンダリングできると判断している。これは多くの場合、犯罪収益の違法な出所を不明瞭にする他の方法と組み合わせられる」と述べた。

財務省はまた、NFTプラットフォームにはマネーロンダリングや制裁回避に対抗するための「適切な管理が欠如している」と判断した。そのため、NFTとそれが取引されるプラットフォームに対する規制をさらに適用するよう勧告している。

3月にアメリカ政府が実施したNFTに関する調査では、著作権や商標権の侵害に関する懸念に対処するために特別な法制は必要ないという結論が出された。しかし、財務省の今回のリスク評価は、NFT市場の金融面をより直接的に取り上げている。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/234413/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

2024年のNFTはどうなるか? 専門家が予測するトレンドと課題

2023年が幕を閉じる中、非代替性トークン(NFT)はWeb3の世界で大きな部分を占め続けている。コミュニティの人々は2024年を強気な目で見ており、この資産クラスにとって多くの可能性があると信じている。

NFTゲームの普及から規制の不確実性に至るまで、コインテレグラフは様々なWeb3の専門家と話し、2024年に続くと予想されるトレンドや、NFTが来年直面するかもしれない課題について聞いた。

2024年のNFT予測

デジタルとフィジカルの接続

Web3に携わる専門家は、2024年にデジタル資産と物理的な資産との関係がさらに発展を予測している。NFTマーケットプレイスであるスーパーレアの共同創設者兼CEOであるジョン・クレイン氏によると、NFTはこの2つの資産の結節点として一役買うことになるという。

クレイン氏は、2つの世界の間のつながりが「大幅に増加する」と考えており、NFTが「デジタルツインおよび真正性の証明書」としての役割を果たすと語る。さらに、コレクターがNFTアートの物理的なバージョンを好むため、これが来年の成長の促進要因になる可能性があるとクレイン氏はコインテレグラフに話す。

2023年を通じて、実物資産(RWA)のトークン化が、仮想通貨業界で大きな議論の対象となっている。高級ファッションブランドとWeb3を結びつけるアルタバグループのマーケティング責任者オー・トンスリノン氏は、このトレンドが2024年に続くとコインテレグラフに語った。

トンスリノン氏は、NFTが単なるプロフィール画像(PFP)以上のものであると説明し、「NFTがPFPを超えたユーティリティと価値を持っていることを常に強く信じてきた」と述べる。さらに、同氏はアルタバがクライアント向けにRWAのトークン化をNFTコレクションに適用し、ブランドのマーチャンダイズ、知的財産の所有権と管理、独占的アクセス、製品コンサルティングなどのユーティリティを提供したと言う。

同氏は、RWAのトークン化により、NFTが「投機を超えて」実際の価値に裏打ちされた資産を持つことができると付け加えた。同氏はまた、2024年に貴金属や不動産などの業界にNFTが浸透すると予測している。

Web3ベンチャー会社サイファーキャピタルのCEOであるヴィネート・ブドキ氏も同様の予測をしている。「初期のハイプを超えて、2024年にはNFTが実際のアプリケーションを持つ貴重なツールに成熟するだろう。資産の分割所有、ダイナミックなデジタル体験、物理的世界とデジタルのハイブリッドを期待している」とブドキ氏はコンテレグラフに語った。

2024年にNFTゲームが飛躍

2024年にNFTが果たす役割のもう1つの領域はゲームである。仮想通貨取引所OKXの最高イノベーション責任者ジェイソン・ラウ氏はコインテレグラフに、一部のゲーマーはWeb3ゲームとNFTに懐疑的であるが、ビデオゲーム会社はこの分野に飛び込んでいると語った。同氏はスクウェア・エニックスのゲーム「シンビオジェネシス」とマイスティカルゲームズの「NFLライバルズ」を挙げ、両方ともNFTを使用していると説明した。

「2024年には、Web3対応の新しいゲームの波が、デジタルゲーム内アイテム、キャラクター、資産のユーザー所有権がより大きなエンゲージメントをもたらし、新しいビジネスモデルやゲームプレイを開拓するため、NFTとそれらの新しい使用方法をより多くのゲーマーに紹介すると予想している」とラウ氏は述べた。

クレイン氏もラウ氏の見解に同意している。クレイン氏によると、NFTゲームの第一世代は、ゲームの新しい部分としての非代替性トークンに頼り、プレイヤー向けの楽しいゲームを構築するのではなかったが、2024年には違う方向に進み始めていると述べている。「ついにWeb3ゲームスタジオが、NFTやトークンを活用して素晴らしいゲームを構築し始めている」とクレイン氏は述べる。

韓国のゲーム開発会社ウィメイドのヘンリー・チャンCEOはコインテレグラフとのインタビューで、2024年にはブロックチェーンベースのゲームが増えると予測していた。チャン氏は、開発者がWeb3要素をゲーム内で適用する際の経験と自信を得るにつれて、ゲームコミュニティはゲーム内メカニズムとゲームプレイにおけるブロックチェーンのより洗練された使用を期待できると説明した。

ビットコインNFTがメインストリームに

2023年にビットコインベースのNFTがこの分野で大きな話題になったため、Web3の専門家たちは来年にはこのニッチ市場がさらに成長すると予想している。ラウ氏は、2024年にはビットコインネットワーク上のNFTのトレンドが続くと考えている。同氏は、多くの人が「短期間で手っ取り早く利益を得る」だけのNFTプロジェクトに疲れていると述べた。

ラウ氏はまた、ビットコインオーディナルズが「驚くべき持続力」を示したと指摘する。同氏は、オーディナルズの魅力の1つは、NFTのアートとデータが直接オンチェーンに保存されていることであり、これにより参加者はビットコインブロックチェーンに固有の希少性、セキュリティ、不変性から利益を得ることができると付け加えた。

トンスリノン氏も、2024年にはビットコインNFTがさらに成長すると確信している。同氏は、NFTが2023年に打撃を受けたが、ビットコインベースのNFTが勢いを増していると述べ、これは仮想通貨業界にとって素晴らしい展開であり、メタバースへの関心を復活させるのに貢献すると考えている。

2024年のNFTの課題

スティグマの克服

コインテレグラフが話を聞いた専門家によると、2024年にこの分野が直面する最大の課題の1つは、NFTに対する一般的な認識を変えることだ。クレイン氏は、NFTプロジェクトは、この技術が詐欺にだけ使われているという一般的な認識を変えるために努力する必要があると主張する。「やるべきことはたくさんあるが、魅力的な製品を構築し、実際の価値を提供することで、一般の認識が変わり始めるだろう」とクレイン氏は言う。

一方、ラウ氏は、仮想通貨の周期的な性質がNFTにも当てはまると指摘する。同氏によれば、前のサイクルでNFTを学び、試した多くの人々が依然としてNFTに対して「非常に懐疑的」であるという。しかし、ラウ氏は2023年末にかけて明るい兆しが見えてきたと述べる。

トンスリノン氏は、仮想通貨の冬を生き残ったプロジェクトは革新的でなければならないと考えている。同氏は、ビットコインNFTの出現が、健全な競争を生み出し、NFTスペース全体への関心を再燃させることによって、NFTの世界の回復を促進し、迅速化するのに役立つと強調した。

NFTを取り巻く規制問題

2023年、米証券取引委員会(SEC)はNFTを標的にし、エンターテイメント企業インパクトセオリーが販売したNFTコレクションが未登録証券との主張を提起した。多くの人々がSECのアプローチに異議を唱え、すべてのNFTが証券であると規制当局が示唆することは問題があるとコメントした。

ラウ氏によると、多くの国や地域で暗号資産をめぐる規制が明確になり始めているにもかかわらず、NFTは依然として「グレーゾーン」のままだ。同氏は、欧州連合(EU)の仮想通貨に関する包括的な規制である暗号資産市場(MiCA)規制を挙げ、それがNFTを範囲外に置いている点を強調した。

ブドキ氏もこの状況が企業と投資家にとって不確実性を生み出していると指摘する。同氏は、2024年にNFTが成長し続けるにつれて、この分野には明確な法的な枠組みが必要であると語る。

NFTの未来

NFTの未来について質問すると、専門家たちはこの技術に対して強気な意見を表明した。クレイン氏は、NFTがインターネットの標準インフラになると信じている。同氏は、NFTがデジタルコンテンツの「来歴のための単純で効果的なメカニズム」を提供すると強調した。

「これは、特にAIの能力が指数関数的に増加している世界で、深い影響を与えるだろう。何が本物で何が偽物かを識別することは、インターネットの次のフェーズにおいて非常に重要な特徴になるだろう」。

一方、ラウ氏は、RWAのトークン化とNFTがデジタルと物理的な空間で人間が価値あるものを表現する上で重要な役割を担うと強調した。さらに、同氏はNFTを「無限の可能性を捉えることができる形を変えられる白紙だ」と表現した。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/nft-predictions-2024-web3-professionals-trends-and-challenges 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

●●、NFTやdAppsの開発を推進へ 行政機関がWeb3を発展させる意思を表明

Web3発展へ

中国の行政機関である工業・情報化部は19日、NFT(非代替性トークン)や分散型アプリ(dApps)の開発を促進すると表明した。

現在暗号資産(仮想通貨)を禁止している一方で、Web3は推進していくと説明。これから、Web3を発展させるための戦略文書を作成し、今後の道筋を明確にするとした。

dAppsとは

「Decentralized Applications」の略。中央集権的な管理者がいないことが大きな特徴である。

▶️仮想通貨用語集

今回のWeb3推進の表明は文書で公開された。この文書は、国政諮問機関のメンバーからの提案に対する回答だという。このメンバーがWeb3の推進を提案し、工業・情報化部がその内容に同意を示しているという内容だ。

工業・情報化部はNFTやdAppsのような新たなビジネスモデルの探求を奨励するとした。そして、Web3の革新的なアプリの開発やデジタルエコシステムの構築を促進すると述べている。

ほかにも今後の計画として、分散型ID(DID)などの実験を推進すると説明。また、他国との交流や協力、人材の育成なども行うとした。


中国の動向

中国は2021年、仮想通貨の取引やマイニングを禁止する方針を改めて強調。今年10月にも中国人民銀行総裁が「仮想通貨取引を徹底して取り締まる」と述べている。

一方、ブロックチェーン技術自体には高い関心を以前から示してきた。例えば先月、中国の王毅外相が日中韓3か国外相会議で「ビッグデータ・ブロックチェーン・人工知能(AI)、その他の最先端テクノロジー分野で協力を強化していくべきだ」と発言している。

また、今月には中国の政府関連団体が主導するブロックチェーンサービスネットワーク(BSN)が、ブロックチェーンベースのID(身元確認情報)検証プラットフォーム「実名DID(RealDID)」を立ち上げたと発表した。

BSNは、RealDIDによってユーザーが自分のデジタルIDや個人情報の使用をコントロールできるようになると主張。中国国民は、このアドレスを使用して、各種ウェブサイトに匿名で登録・ログインできるようになるという。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=499825 


●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

NFTはイーサリアムの上昇に追いついていない

NFTはイーサリアムの上昇に追いついていない
  • イーサリアムなどの暗号資産は年初から10%以上の上昇を記録しているが、NFTの価格は後塵を拝している。
  • 関係者やアナリストは、成長をもたらすには実用性と技術開発が必要だと述べている。

暗号資産(仮想通貨)は強気市場の領域に少しずつ近づいているが、NFT(非代替トークン)は市場の高揚感から恩恵を受けることができていない。

イーサリアム(ETH)は年初から約70%上昇しているが、NFTの評価額はそれに追随していない。 上位500のNFTの評価額を測定するナンセン(Nansen)のNFT-500指数は、ETH建てで年初から50%下落し、ドル建てでは16%下落した。

(Nansen.ai)

CryptoPunksやBored Ape Yacht Clubなど、最も著名なNFTのバリュエーションを測定するBlue-Chip 10指数は、エーテルベースで44%、ドルベースで1.7%下落している。

(Nansen.ai)

最大のNFTマーケットプレイスであるオープンシー(OpenSea)は、それほど良い成績を上げていない。DeFiLlamaのデータによると、NFTマニアの絶頂期であった2022年1月、このプラットフォームは月3億8748万ドル(約580億円、1ドル=150円換算)の手数料を決済し、1億2045万ドル(約180億円)の収益を上げていた。現在、手数料は月600万ドル(約9億円)、収益は139万ドル(約2億円)にまで落ち込んでいる。

(DeFiLlama)

分散型IPに特化したコンテンツ金融エコシステム 「ContentFi」 の最高執行責任者ニック・ラック(Nick Ruck)氏は電子メールで、「NFTは最初の市場サイクルを生き延びてきたが、ユニスワップ(Uniswap)のAMMでDeFiが経験したように、ユーザーの関心をさらに引き出すための新たな技術的な飛躍点には至っていない」 と述べた。「NFTのユースケースを増やすために、多くの新しいイノベーションが今もなお構築されているが、NFTの価格が一般的にイーサリアム価格と負の相関関係にあるという事実も一因となっている」 。

しかし、モンキーJPEGではなくユーティリティに基づくNFTの市場が拡大し、チケット販売やロイヤリティプログラムなどに技術が応用されるなど、市場には成長の兆しも見られます。

ビットコイン(BTC)のOrdinalsも、マイナーが手数料を高く評価することで、人気が高まり続けている。Sora Venturesのジェイソン・ファン(Jason Fang)氏は、ビットコイン・ブロックチェーンのレイヤー2のようなものが開発されつつあり、そのハブとなったことが成功の要因だと述べている。

ファン氏は「ビットコインのOrdinalsは、ビットコインのユーティリティとして画期的であるだけでなく、コミュニティを結びつけるハブでもある」電子メールで語っている。「Stacks、BSV、Rootstock、そしてStarkwareのような、普段は互いに交流することのないコミュニティが、Ordinalsプロトコルに参加し、構築する方法を模索している」。

タイコ(Taiko)のエコシステム・ファイナンス・リードであるデビッド・ミルザデ(David Mirzadeh)氏は、このユーティリティがNFTのリバウンドを推進する原動力にもなっていると語る。

「NFTが単なる投機的なJPEGから、ゲーム、音楽、ソーシャルといった分野で実用性を持つ資産に移行すれば、NFTは失った地盤をある程度回復すると見ている」と彼は述べている。「それまでは、NFTの価格のパフォーマンスは投機的な誇大広告やマニアックな動向に大きく左右されるだろう」

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/210364/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ディズニーがNFTに再挑戦、ダッパーラボと「Disney Pinnacle」をリリース

ディズニーがNFTに再挑戦、ダッパーラボと「Disney Pinnacle」をリリース

ディズニーは再び、NFTに挑戦している。今回は人気NFTトレーディングゲーム「NBA Top Shot」で知られるダッパーラボ(Dapper Labs)との提携によるものだ。

ダッパーラボは11月14日、新サービス「Disney Pinnacle」を発表した。モバイルベースのアプリケーションで、まだテスト目的のクローズドリリース。正式リリースは、アップルのApp Storeで「その後すぐ」に行われ、さらにブラウザ版とアンドロイド版が展開されるようだ。

Disney Pinnacleについて、ダッパーラボのサイトには「世界中のファンが、ディズニーの100年にわたる歴史に登場するキャラクターや、ピクサーのアイコン、スター・ウォーズ・ギャラクシーのヒーローや悪役をユニークなデジタルピンの形で見つけ、トレードし、チャレンジをクリアして、その情熱を示すことができる、初めてのデジタル・ピンとトレーディングの体験」と記されている。

米CoinDeskは、共同創業者兼CEOロハム・ガレゴズロウ(Roham Gharegozlou)氏と事業開発・パートナーシップ担当バイスプレジデントのリディマ・カーン(Ridhima Kahn)氏にインタビューを行った。Disney Pinnacleの概要、提携に背景などについて、追って公開する。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/208456/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/