Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

Defi

ミームコインの魅力 仮想通貨やDeFiにとって大きな価値がある=シンセティックス創設者

シンセティックス創設者のカイン・ウォリック氏によれば、仮想通貨市場でのミームコイン取引は、分散型金融(DeFi)のトレーダーの流入を呼び込み、分散型取引所(DEX)にとって大きな価値がある。

ウォリック氏は「ミームコインは純粋な投機だという議論があるが、私の見解では投機は良いことだ。価値がある」とコインテレグラフに語った。さらに同氏は、ミームコイン批判者による実用性を生み出していないという主張に完全に賛同しているわけではないとも付け加えた。

ウォリック氏は「ミームコイン取引からDEXの取引高が生まれ、それに応じてDEXはより良いツールを構築する必要がある」と説明した。

「たとえ投資が実用性を持たない純粋な投機的な商品であっても、それを取り巻くエコシステムが形成され、そのお金の流れが生まれ、インフラへの投資へと流れ込むのは良いことだ」とウォリック氏はのべた。

ミームコイン取引は過去2ヶ月間で急増している。pump.funのようなトークン作成ツールがミームコインを簡単かつ安価に立ち上げることを可能にしており、多くのコインは中央集権型の取引所に上場する前に消滅するほど短命である。

ほとんどのミームコイン取引はDEXで行われている。DefiLlamaによると、3月の月間DEX取引高は2679億ドルに達し、前回の市場サイクルのピークだった2021年11月の2920億ドルに次ぐ、約2年半ぶりの高水準を記録した。

DEX volumes by month since 2021. Source: DefiLlama

4月のDEX取引高は1960億ドルで、3月から26.8%減少したが、それでも全体で7番目に強い月となった。

5月2日に開催されたETHグローバル・プラグマ・シドニーのイベントでウォリック氏は、ミームコイン、非代替トークン(NFT)、ゲームファイ(GameFi)は「人間の感情や文化的なアイデアを活用しており、平均的な人にとってDeFiよりも興味深く、アクセスしやすく、触れやすいものだ」とのべた。

「金融工学はそれほど面白くない」とウォリック氏は付け加えた。「深く興味を持つ人はそう多くない」。

ウォリック氏は、金融は「誰にとっても影響がある」が、毎日考えるものではないし、「平均的な人は気にしない」とも話す。

ゲーム・映画・音楽こそが、平均的な人たちが「情熱を持ち、本当に気にかけるもの」だとウォリック氏は信じている。

「ミームが、金融化とトークン化、そして文化との間をシンプルに結びつけるものになると思う」と彼は付け加えた。

ウォリック氏は、ミームコインがDeFiや仮想通貨に人々が関心を持つきっかけとして「大いに役立つ」と強調した。

「そのシンプルさには何かエレガントなものがある」とウォリック氏は語った。「利回りも収益もキャッシュフローも何もない。それはただ、『これは私が所有したい愚かでクールなアイデアか?そうではないか』、それだけだ」。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/memecoins-mass-appeal-valuable-decentralized-exchanges 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

DeFiの総ロック額は1000億ドルを突破 ビットコインや仮想通貨市場の好調受け

ビットコイン(BTC)への需要が仮想通貨業界のセンチメントを高め、3月9日にオンチェーンでロックされた資本が1000億ドルを超えた。

DefiLlamaのデータによると、分散型金融(DeFi)プロトコルにおける総ロック価値(TVL)は1001億ドルに達し、過去24時間で100億ドル以上の取引量があった。しかし、これらの数値は2021年11月の記録1890億ドルには届かない。流動性ステーキングプロトコルのリド(Lido)が387億ドルでオンチェーンでのロック額をリードし、ステーキングエコシステムのアイゲンレイヤー(EigenLayer)、AAVEプロトコルがそれに続き、それぞれ110億ドル以上のTVLを記録している。



2024年3月9日のDeFiの総ロック額. Source: DefiLlama
DeFiのTVLが1000億ドルを超えたのは、ほぼ2年ぶりのことだ。この上昇は、1月の現物ビットコイン上場投資信託(ETF)の立ち上げ以来、仮想通貨市場にポジティブなセンチメントが戻ってきたことによるものと見られる。ビットコインETFへの機関投資家の需要がビットコインを新たな最高値へと押し上げ、3月8日には7万ドルを突破した。

BitMEXリサーチによると、同日にビットコインETFの資産は280億ドルに急増した。この分析は、1月に私募商品からETFに転換されたグレースケールのETFの資産を除外している。

X(旧ツイッター)では、OTC取引プラットフォームがビットコインを使い果たし、顧客からの注文に応えるために取引所に頼っているという噂が流れている。OTC取引プラットフォームは通常、機関投資家などの大口トレーダーに対応している。

ビットコインが6万ドルを超えた後、バイナンス、コインベース、クラーケン、バイビットを含むいくつかの中央集権型仮想通貨取引所は、取引量の増加により一時停止を経験している。Crypto.comの最高経営責任者であるクリス・マルザレク氏は、需要の急増に対応するために、480人の顧客担当者を追加で雇用したという。

ビットコインの上昇がミームコインに影響
ビットコインの上昇は、過去数日間にミームコインの高騰を引き起こしている。

Bitgetリサーチがまとめたデータによると、ミームコインのコラ(KORRA)は過去7日間で577%の上昇を見せ、リビット(RIBBIT)が235%、PUG AI(PUGAI)が同期間で232%の上昇を記録した。

シバイヌ(SHIB)やペペ(PEPE)などの人気トークンも、それぞれ168%と165%の上昇を見せた。執筆時点でのミームコインの市場資本化は610億ドルに達している。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/defi-tvl-reaches-100b-bitcoin-pumps-sentiment 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

DeFi 第2フェーズを考える:開発者・機関投資家・個人投資家の3つの視点から

DeFi 第2フェーズを考える:開発者・機関投資家・個人投資家の3つの視点から

暗号資産(仮想通貨)市場は2024年、新たな局面を迎え、楽観的な見方が広がっている。過去1年半の混乱を乗り越え、ビットコインETF(上場投資信託)の承認に後押しされ、金融政策の転換と新しいWeb3イノベーションが暗号資産イノベーションの新たな道を切り拓いている。

分散型金融(DeFi)の発展は特に有望だ。中央銀行が利下げを示唆するなか、DeFiの利回りはオルタナティブな投資形態としてますます魅力的になっている。さらに、新たなエコシステムと新世代のプロトコルが、この領域に新しい金融プリミティブ(基本要素)を導入しつつある。

しかし、広範な普及という大きな壁を超えるためには、DeFiはこれまでとは異なる必要がある。DeFiの進化に必要な重要な柱は何か、そしてそれはどのような形で現れているのかを探ってみよう。

DeFi 第1フェーズ:インセンティブ、利回り、モノリシック、ハッキング

DeFi市場の第1フェーズは、さまざまなエコシステムにおいて人為的で持続不可能な利回りを生み出す、高度にインセンティブ化されたエコシステムの立ち上げが特徴的だったが、同時にプロトコル・イノベーションの基盤も整った。

インセンティブ・プログラムの実行可能性にはしばしば疑問が呈されたが、多くのエコシステムにおける立ち上げ時の問題に対応したものだった。

残念なことに、市場環境の変化に伴い、これらのエコシステムにおけるDeFi活動のかなりの部分が減少し、利回りはリスクリターンの観点からもはや魅力的でないレベルまで低下した。

DeFi 第1フェーズのもう1つの注目すべき点は、広範な機能を網羅する複雑なプロトコルが大多数であったことで、これらを金融プリミティブと呼ぶべきかどうかという疑問が生じた。

結局のところ、アーベ(Aave)のようなプロトコルは何百ものリスクパラメーターを含み、非常に複雑かつ一体化した機能を実現している。

このような大規模なプロトコルは、新しいエコシステムで同様の機能を実現するためにフォークすることが多く、その結果、アーベ、コンパウンド(Compound)、またはユニスワップ(Uniswap)やさまざまなEVMエコシステムの間でプロトコルのフォークが爆発的に増加した。

一方、セキュリティ攻撃がDeFi普及の主な障壁として浮上した。ほとんどのDeFiハッキングは、プロトコルのTVLの大部分が失われることになった。ハッキングと利回り低下が組み合わさって、投資家に二の足を踏ませることになった。

だがこうした課題にもかかわらず、DeFi 第1フェーズは大成功を収めた。エコシステムは、信じられないような厳しい市場環境に耐え、強力な普及レベルと活気あるコミュニティを維持できた。

しかし、DeFiの次のフェーズは、新たな市場環境とメインストリームへの普及に必要な技術イノベーションに対応できるだろうか?

あるテクノロジートレンドの第2フェーズが第1フェーズを大きく上回る普及を達成するためには、市場環境の変化か、新世代の顧客を魅了するテクノロジーの進化が必要だ。DeFi 第2フェーズの場合、その普及のマイルストーンを以下の3つに大別することができる。

  • 新しいDeFiプロトコルとアプリを開発する開発者
  • ウォレットや取引所からDeFiにアクセスする 個人投資家
  • より洗練されたユースケースと規模のためにDeFiを利用する機関投資家

DeFi 第2フェーズ(開発者向け):より粒度が高く、新しいプリミティブ

開発者にとって、DeFiの新たな段階はインパクトのあるトレンドに支配されている。プロトコルは大規模かつ一体化した構造から、より小規模で、粒度の細かいものに移行しつつある。

私はこの動きを「DeFiマイクロ・プリミティブ」と呼んでいる。Morpho Blueのようなプロトコルは、洗練された機能を組み合わせることができるレンディング用プリミティブを可能にしている。

加えて、DeFi 第2フェーズの開発者は、DeFiの新たな金融プリミティブに新たな可能性を提供する、EigenLayerやCelestia/Mantaのような新しいエコシステムの出現から恩恵を受けるだろう。これらの新しいエコシステムにおける初期のイノベーターには、RenzoやEtherFiのようなプロトコルが含まれる。

DeFi 第2フェーズ(機関投資家向け):リスク管理、ストラクチャード商品

DeFi 第1フェーズにおける機関投資家への普及は、主に暗号資産企業によって牽引された。これが進化するためには、DeFi 第2フェーズは機関投資家の参入障壁を下げる堅固な金融サービスとなる必要がある。

リスク管理は間違いなくDeFi 第2フェーズに不可欠なものとなり、機関投資家はDeFiでリスクリターンを正確にモデル化できるようになるはずだ。これにより、より洗練されたリスク管理サービスが実現するだろう。

また、DeFi 第2フェーズのアーキテクチャーの粒度が細かくなっていることは、機関投資家にとって大きな導入課題となる。つまり、マイクロ・プリミティブを機関投資家が必要とする洗練性と堅牢性を実現したより高次のストラクチャード・プロトコルに統合する必要がある。

機関投資家がDeFiの次のフェーズに進むためには、証拠金レンディング、保険、クレジットなどのサービスが必要だ。

異なるプロトコルの利回りの提供とリスク管理、レンディングや保険の仕組みを組み合わせたものは、機関投資家のフレームワークに適したストラクチャード商品の一例だ。

規制は依然として、機関投資家へのDeFi普及の決め手となる要素だ。しかし、リスク管理や保険といった機関投資家向けのプリミティブがなければ、詳細な規制フレームワークの整備はほぼ不可能だ。それらがない場合、強引な規制が唯一の選択肢となるかもしれない。

このような観点から、DeFi 第2フェーズで機関投資家グレードの機能を開発することは、単に普及を促進するだけでなく、この分野の存続的なリスクを軽減することにもなる。

DeFi 第2フェーズ(個人投資家向け):UXとシンプルなサービス

個人投資家は、DeFi市場の混乱の影響を最も受けた層だ。しかし、新たなエコシステムの出現により、個人投資家は着実に戻りつつある。

とはいえ、まだDeFiプロトコルを使用することは、ほとんどの個人投資家にとっては未知の概念であり、DeFiプリミティブが専門的なことがさらに困難さを増している。

DeFiの最大の課題は、UX(ユーザーエクスペリエンス)の向上が普及に不可欠ということだ。

しかし、UXを考慮する場合、DeFiプロトコルとのやり取りを単純化するだけでなく、もっと野心的になることができる。ウォレットまわりのエクスペリエンスは過去5~6年間ほとんど変わっていない。DeFiを中核的な要素として統合したウォレット・エクスペリエンスが、個人投資家への普及には不可欠となる。

さらに、個人投資家とDeFiプロトコルのやり取りは、DeFiの専門家でなくても問題なく可能な、よりシンプルなものとして抽象化されるべきだ。

アーベやコンパウンドのようなプロトコルとやり取りする代わりに、ワンクリックで適切な担保レベルと保護メカニズムを備えたローンをリクエストできることを想像してみてほしい。DeFiのUXは明らかな課題であり、早急に対処する必要がある。

マクロ経済情勢と暗号資産市場の現状が合わさって、DeFiの新たなフェーズが登場しつつある。DeFi 第2フェーズは、開発者が新たなプロトコルを作成するための、より粒度が細かく、コンポーザブル(組み合わせ可能)な金融プリミティブと、機関投資家向けの堅固な金融サービス、および個人投資家にとっての導入障壁を取り除く、より優れたUXを組み合わせなければならない。

DeFiの第1フェーズは、主に人為的な金融インセンティブによって推進されたが、DeFi 第2フェーズは、伝統的金融に並行する金融システムとしての実行可能性を裏付けるために、より実用性重視で、有機的で、よりシンプルであるべきだ。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/217206/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

イーサリアムからスイ、ソラナへ 流動性シフトとDeFiの最新トレンド

市場トレンドへの迅速な適応:「メタ」戦略の理解

過去1ヶ月で、仮想通貨・ブロックチェーンイーサリアム(ETH)から大量の資金がスイ(SUI)とソラナ(SOL)に移動している。

これは、Wormhole(クリプトブリッジプロトコル)のデータによるもので、イーサリアムから他のブロックチェーンへと移動した流動性が3億7千万ドルに上り、そのうちほぼ90%がスイとソラナに流れていったことを示している。

出典:Wormhole

このスイの流動性の増加には、エコシステム内で展開されるDeFi・NFTプロトコルのインセンティブ(報酬)が貢献しているようだ。

暗号資産(仮想通貨)ソラナ(SOL)の流動性についても、最近のコミュニティ報酬(例えばJitoやPythのような)を目にした後、様々なアプリで続々と展開されるインセンティブを追求する人々によってもたらされると分析される。

「meta(メタ)」流動性の巡回

暗号資産(仮想通貨)市場で活動するトレーダーや投資家は、報酬が見込まれるプロジェクトやプラットフォームに迅速に資金を移動させ、利益の最大化を目指す。

この動きは、市場で現在流行している「メタ(meta)」、すなわち最も有効とされる投資戦略やトレンドへの迅速な適応を表している。

「メタ」とは、海外の仮想通貨コミュニティで頻繁に使われる用語で、市場の特定時期における最新かつ最も効果的な投資のアプローチを指している。

「ポイントプログラム」とは

最近のメタの一つは「ポイント」だ。

ポイントプログラムとは、トークン・NFTの取引や流動性提供、ロックアップなど、特定のタスクを完了したユーザーにポイントを付与するDeFi・NFTプロトコルの新たなトークンインセンティブである。

そのポイントは、ユーザーのネットワークへの貢献度を定量的に表すものとなり、将来的なエアドロップや他の報酬に変換される可能性がある。

その他、トークン生成イベントの前、プロダクトが市場に出る前のベータテストを行うための方法として、ポイントプログラムが利用される場面もある。

過去にポイントプログラムで大成功したプロジェクトの例として、Blurが挙げられる。2022年10月に開始され、取引高でOpenSeaを追い抜き、最大のNFTマーケットプレイスとなった。

スイやソラナへの資金流入はDeFiの新しいトレンドへ

最近のイーサリアムからスイやソラナへの資金流入は、市場が「メタ」のトレンドやポイントベースのDeFiプロトコルのインセンティブに起因していることが影響していると考えられる。

先週からソラナエコシステムでは、昨年末から流動性を牽引したPythのステーキングが開始され、今月末よりJupiterにもエアドロップが予定されているため、以降も流動性が高まる可能性がある。

また、スイエコシステムでは、様々なプロトコルでSUIトークンをステーキングしポイントを貯めてそれぞれのプロジェクトのネイティブトークンを得るという戦略も現在のメタの1つだ。

他にも、SEIやTIA(Celestia)、DAレイヤーであるEigenにもポイント稼ぎのために流動性が流れ込んでいることが観測されている。

一方で、ポイントプログラムはユーザーの参加を促進し、プラットフォームの利用を増やすために設計されているが、その価値や分配のタイミングに関する不確実性から批判も受けている。ハイプやFOMO(見逃し恐怖症)を利用しているミームコインも多くあるので、見極めも必要だ。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=506087 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

分散型金融(DeFi)は「未来の金融」レースに敗れつつある

分散型金融(DeFi)は「未来の金融」レースに敗れつつある

分散型金融(DeFi)は、現在進行中の暗号資産(仮想通貨)弱気市場の最大の敗者として急速に浮上している。

DeFiプロトコルにロックされた資本の総額は、トレーダーがより少ないリスクでより高い利回りを確保しようと流動性を引き下げたため、10月12日には2021年2月以来の最低レベルまで下落した。

2020年にDeFiが登場し、「DeFiの夏」と呼ばれた時期には、仲介業者を介さずに貸し借りができることが画期的であり、DeFi企業が伝統的金融(TradFi)企業を駆逐しようとしていると多くの人が信じていた。

しかし、2022年に暗号資産市場全体が弱気サイクルに陥ったため、DeFiの「金融の未来」物語はすぐに打ち砕かれた。中央銀行がインフレ対策に奔走したため、金利は世界中で急上昇を続けた。このため、マネー・マーケット・ファンド(MMF)やモーゲージ・ファンドの利回りが上昇し、DeFiセクターは新たな資本を呼び込むインセンティブを失った。

TradFiコンペティション

現在、バンガード(Vanguard)のMMFは5.28%の利回りを顧客に提供しているが、一方、リド(Lido)にイーサリアム(ETH)を預けた場合のリターンはわずか3.3%に過ぎず、伝統的な金融商品と比較してリスクとリターンの比率は最小にとどまっている。

このため、DeFiの脆弱な流動性は出口に逃げ込み、全プロトコルの預け入れ額(TVL)は2022年4月の1635億ドル(約24兆5250億円、1ドル=150円換算)から360億ドル(約5兆4000億円)に減少した。

「現在はあらゆるものの利回りが確実に低下している」とFolkvangのDeFiトレーディング責任者であるビオメシュ・デュア(Vyomesh Dua)氏は米CoinDeskに語った。「しかし、この低いTVLの下であっても、人々が開発した新商品の周りには、多くの高いアクティビティとチャンスがある」。

「新しいDeFi製品が注目を集めるたびに、それを取り巻くエコシステム全体の活動が活発化し、エキサイティングな短期間で儲けるチャンスが生まれる」とデュア氏は述べた。「しかし、今日、この分野に投下できる資金は限られている」。

イーサリアムがプルーフ・オブ・ステーク・ネットワークに切り替わった後、多くの関心を失ったリキッドステーキングやリアルワールドアセット(RWA)のトークン化、オンチェーンデリバティブ、新しいブロックチェーンなど、新たな動きがいくつか出てきているが、いずれも2020年夏に最後に見られたレベルの投資意欲を捉えることはできていない。

その夏には、DeFiの利回りが18%から35%に高騰するのは珍しいことではなかった。この利回りにはもちろんリスクも伴う。ハッカーが投資家から資金を奪うために、一連の複雑なエクスプロイトでこのセクターに狙いを定めたからだ。

DeFiのハッキングは2022年と2023年に急増し、今月初めには3週間の間に2億1250万ドル(約319億円)が盗まれたとの報告もあった

Money Mongerの報告書によると、2023年には297件の暗号資産ハッキングがあり、18億9000万ドル(約2835億円)の損失が発生している。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/204573/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/