Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

Defi

米銀大手がDeFiの拡大を警戒:バンカメの報告書

米銀大手のバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が、イーサリアムブロックチェーンを高く評価する内容を直近の報告書で述べた。

同行は17日に「Bitcoin’s Dirty Little Secrets(ビットコインの知られたくない秘密)」と題したレポートを公開。その中で、バンク・オブ・アメリカは、価格上昇が見られない限り、ビットコインを保有すべき正当な理由はなく、環境面での実績は乏しいなどとビットコインについての批判的な見方を明らかにした。

多くの中央銀行が調査研究を進めている中央銀行デジタル通貨(CBDC)について、同行は「暗号資産のクリプトナイト(弱点)」と評している。一方、DeFi(分散型金融)には興味を示し、「ビットコインよりもディスラプション(創造的破壊)をもたらす可能性がある」と述べた。

同行はDeFiを資本市場の主流に対する抜本的な変化と捉えているが、350億ドル(約3兆8000億円)という市場規模では金融の主流に肩を並べるには道のりは遠いと記した。

DeFiはウォール街に対する挑戦

DeFiとは、急速に成長しているブロックチェーンベースの自動化された取引・貸付(融資)プラットフォームを言う。いずれはウォール街の銀行や保険会社などに挑戦状を突きつける可能性はあるが、今はまだその時ではないと述べた。

「信用創造は現代金融の重要な推進力の1つ。今のところ、DeFiはそうしたことは行っていない」(レポート)

バンク・オブ・アメリカの見解は、米銀最大手のJPモルガン・チェースが2月に発表した予測とは大きく異なっている。JPモルガンは、デジタル資産の急速な発展は伝統的な金融機関に存続の危機をもたらす恐れがあるとしている。

「DeFiは取引に数多くのイノベーションを生み出している。重要な要素は、分散型台帳(技術)によって、法定通貨の取引では別々になっている多くの機能がチェーン上で実行されること」とバンク・オブ・アメリカは指摘した。

またデリバティブから資産運用まで、さまざまなDeFiサービスも成長分野として言及された。

バンク・オブ・アメリカはスケーラビリティ(拡張性)に関する問題に着目し、「イーサリアムはビットコインよりもスケーラビリティが高いかもしれないが、スピードやブロックサイズ、価格などの点で制約に直面している」と述べた。

「DeFiは(分散型台帳技術が)金融にもたらすチャンスを示している。DeFiによって中抜きされてしまうことを避ける最善策の1つは、主流の金融機関がこうしたチャンスを捉えることだろう」

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/102999/ 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ビットコインで裏付けられた「PolkaBTC」、テストネットのβ版ローンチ

PolkaBTCのベータ版テストネット

分散型金融(DeFi)の相互運用を目指す企業Interlayは2日、暗号資産(仮想通貨)Polkadot(DOT)のネットワークを活用し、ビットコイン(BTC)をロックしてポルカドット版トークンを発行する「PolkaBTC」のベータ版テストネットをローンチした。

ローンチとともに、1,300DOTに相当するテストネット参加インセンティブプログラムを実施予定。

PolkaBTCプロジェクトとは、ビットコインブロックチェーンとポルカドットブロックチェーンの互換性運用ブリッジで、ビットコインをロックし、ポルカドットブロックチェーン上で、その代替トークンとなる「PolkaBTC」を発行することができるもの。

イーサリアム基盤のERC-20規格でビットコインをラップして代替トークンを発行する「Wrapped BTC(WBTC)」の仕組みと近い。

PolkaBTCは、ビットコインの代替トークンを発行するだけでなく、トークンを使った分散型取引所(DEX)の取引、ステーブルコインの発行、レンディングなどのサービスの利用も想定される。同プロジェクトはポルカドットの開発団体Web3 Foundationによって支援されており、Parity社のSubstrateフレームワークで構築されたものだ。

テストネットの参加方法

今回の発表でPolkaBTCのテストネットの参加方法も紹介された。

ユーザーがテストネット版BTC(模擬用)を金庫プールに預けて、PolkaBTCを発行することができる。ビットコインをロックし管理する金庫プールという役割を担う選択肢もあり、希望するユーザーはDOTを担保資産としてロックする必要があるという。

また、インセンティブプログラムに関しては、今後数週間にわたり、フィードバックしてDOTを報酬として受け取れる「Treasure Hunt」や最も利用される金庫プールと中継リワードプールにおける「King of the Hill」などのイベントが行われる予定だ。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=224946 

資料:https://medium.com/interlay/polkabtc-beta-testnet-launch-2cc9ea7431b7 
サイト:https://beta.polkabtc.io/ 
twitter:https://twitter.com/polkabtc?lang=en 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

本コラムでは、Polkadot(DOT)のステーキング方法を解説します。DOTはステーキングできるアセットなので、トークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。Polkadotの基本的な解説はこちらで行いました。

関連:なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

ステーキングの基本的な解説は下記のコラムで行っておりますので、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)やステーキング自体が分からないという方はまずこちらをお読み下さい。

ステーキングできるアセットPolkadot(DOT)

PolkadotはNPoSというコンセンサスメカニズムを採用しており、ステーキングをする際にノミネートという行為をする必要があります。厳密には異なりますが、NPoSはDPoSに類似している仕組みです。ノミネートはDPoSにおけるデリゲート(委任)であると捉えれば大きくは間違っていません。

DOTトークン保有者は特定のバリデーターノードをノミネートして、ブロック生成に間接的に参加をして報酬を得ることができます。

本コラムではstakefish(ステークフィッシュ)のバリデータノードを使用することを前提に、解説を進めます。stakefishは、ノード運営を専門に行うこの分野のリーディング企業です。

関連:stakefishとは?マイニング大手F2Poolの共同創業者が立ち上げたステーキング事業

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

報酬率などの確認

まずstakefishのサイトでPolkadotの報酬率を確認しましょう。執筆現在で年間最高20%程度のステーキング報酬を得れるようです。そのうち手数料が4%発生することと、一度ステーキングをすると28日間引き出しができない点は注意が必要です。

stakefishのイメージ

参照:https://stake.fish/ja/polkadot/

polkadot.jsでアカウントを作成

次にpolkadot.jsでアカウントを作成します。polkadot.jsはpolkadot公式のオープンソースのウォレットです。polkadot.jsにアクセスし、アカウントを選択するとアカウント作成がスタートします。秘密鍵を必ず保管して、アカウントを作成しましょう。
polkadot ステーキング

作成したアカウントにDOTを送付

polkadot.jsでアカウントを作成したあとは、そのアドレス宛に保有しているDOTを送付します。世界で主要な取引所の多くにはDOTが上場しています。

ステーキングの開始

アカウントにDOTを用意できたらステーキングの開始です。ノミネーターを選択すると、ノード選択が始まります。ここではstakefishのノードを選択します。

stakefishと検索しても表示されますし、stakefishのサイトからノミネーターアドレスをコピー&ペーストでも可能です。
polkadot ステーキング

署名トランザクションを実行してステーキング完了

ノミネーターを選択できたら、署名トランザクションを実行してステーキング完了です。お疲れ様でした。以下の画面が表示されたらステーキングの完了です。
polkadot ステーキング

まとめ

いかがだったでしょうか?ステーキング可能なアセットは、ステーキングしない場合、その分本来得られるはずの報酬をもらわないことになりますので、DOTを保有している人は是非ステーキングをしてみましょう。

===


この記事はstakefishからコンテンツ協力を得て提供しています。stakefishは暗号資産ユーザー向けのステーキングサービスを提供しています。イーサリアムをはじめとした様々なノード運用の実績を元にサービスを提供しており、ユーザーは秘密鍵を渡すことなくステーキングができます。stakefishによるステーキングサービスの詳細を知りたい方は是非下記のリンクをご参照ください。

■stakefish公式:https://stake.fish/ja/ 

参考資料:https://coinchoice.net/how-to-stake-polkadot/ 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ポルカドットの投資商品、スイス証券取引所に初上場

暗号資産(仮想通貨)「ポルカドット(DOT)」の派生投資商品が4日、スイス証券取引所のSIXに初めて上場する。

スイスでは、暗号資産から派生する金融商品が上場投資商品(ETP)としてSIXに上場され、取引が行われている。今回、ポルカドットのETPを開発したのは、以前までアムン(Amun)の社名で知られる21Shares。

ポルカドットETP(ティッカーはPDOT)は今週4日に、SIXに上場される予定だ。21Sharesは、ポルカドットETPに対する市場のニーズは高く、同商品の開発を進めてきたと述べた。

ポルカドットのブロックチェーンは、イーサリアムを共同創業したギャヴィン・ウッド氏によって創設され、パラチェーンと呼ばれるサブチェーンを相互接続できるよう設計されている。

21Sharesが開発した投資商品には「21Shares HODL basket ETP」というETPがある。21Sharesは1月、ポルカドットをこのETPを組成する銘柄の一つに組み入れている。その際、ポルカドットの代わりに暗号資産のビットコインキャッシュ(BCH)が除外された。

21Sharesは今後3カ月で、新たなETPの開発と上場を目指していくという。CoinMarketCapのデータによると、ポルカドットの時価総額は現在、約150億ドル(約1.6兆円)。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/98000/ 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

分散型金融(DeFi)トークンが急騰、仮想通貨市場をリード

1 

分散型金融(DeFi)トークンのいくつかは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の上値が重い中で、価格が急上昇した。DeFiセクターに浸透している強気トレンドとともに、ブロックチェーン技術とDeFiに対する著名投資家のポジティブなコメントが、セクター全体の投資家心理を高めているようだ。

現在、ビットコイン価格はまだ3万8000ドルの水準を取り戻すのに苦戦しており、アナリストのマルセル・ペックマン氏はトップトレーダーがショートポジションに加わった可能性があると指摘している

Daily cryptocurrency market performance. Source: Coin360

イーロン・マスク氏のツイートでドージコイン(DOGE)が急騰し、DOGEは48%上昇して0.054ドルとなった。またXRP価格も上昇し、12.45%上昇して0.4365ドルを付けた。

Universal Market Access(UMA)は史上最高値である44.25ドルにまで達した(その後33.13ドルまで調整した)。分散型取引所0x(ZRX)も70%上昇して、2021年の最高値である1.35ドルまでになった。

AAVE vs. MKR vs. COMP percentage growth 4-hour chart. Source: TradingView

DeFiプラットフォームのAAVEやCompound(COMP)、Maker(MKR)も、それぞれ46.68%、36.6%、22.69%の上昇を見せ、最高値を更新した。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/defi-tokens-lead-the-market-higher-as-bitcoin-price-searches-for-momentum 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/