Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

メディカルビット

世界に羽ばたく!MBC(メディカルビット)もはや!やばすぎ!

■TAMARIBA専用リンク

https://www.medicalbit.ee/member/miyakeShopReservationForm.php

1
2

※簡単に説明しますと
①特許がさらに増えましたよ!6個位既にあります。
②世界的権威のある先生が新たにコラボしましたよ。
③MBC→ASCAに国内から世界に羽ばたくためにトークンチェンジしますよ。
④MBC保有者は1年間はボーナス付きますよ。
⑤国内に640万 中国で2000~4000万の顧客が出来ましたよ。
⑥上記の方々が医療を受ける場合にASCAを購入しないと受けれないので価格が
どうなるかは想像にお任せします。数千万人が購入確定ですからね…
⑦SDGsなどの国連事業に基金設立して参加する事で世界に認知されます。(強力なIR)


MBC!ニュースリリース

10月22日(月)
1. 新たに世界展開のためAsclepius Networkプロジェクトを構築。MBCをASCAへトーク
ンスワップするとともに、MBCホルダーへの特典があります。
MBCホルダーへニュースです。

 皆様のご支援により進めて参りましたMBC事業について、世界各国より予想つかないほ
どの反響が寄せられております。そこでMBC事業を当初より世界を基盤とした事業に転換
、事業の再構築をいたしました。その為の事業提携も着々と進んでおります。

これに伴い、プロジェクト名も世界的に認知のある、ギリシャ神話の神様の名を冠する
「Asclepius Network」プロジェクトとして展開をいたします。(世界医師会のロゴも
Asclepiusの杖がモチーフです。)

また、従来のMBCトークンの仕様では、世界展開を基本としているAsclepius Networkプ
ロジェクトで対応できないことより、新たに昨今のICO環境に適応させた「ASCA」トーク
を発行したします。

MBCホルダーの方には、特に有利な条件でASCAトークンにトークンスワップする権利
をお渡しするとともに、ASCAへトークンスワップしないで、MBCをそのまま保持いただ
きますと、毎年ASCAをステーキングできる特典をご用意しました。
また、併せて国際連合(United Nations)が行う社会貢献活動への参画が行える仕様とな
っております。

10月23日(火)
2. 世界展開に向け、新たにスウェーデンのイエテボリ大学のピーター・リングストロー
教授がアドバイザーに加わりました。

世界の医療の知の集積の為に、医療先進大国のスウェーデンで最先端医療を研究するイ
エテボリ大学(https://www.gu.se/)の主任教授で、歯科学の権威でもあるピーター・リン
グストロー教授をアドバイザーにお迎えすることにしました。

スウェーデンでは診療記録であるメディカルレコードはすべて国で管理しており、メデ
ィカルレコードと最先端医療情報を組み合わせ、国が策定をしたナショナルガイドライン
をもとに診療が行われています。特に、歯科予防に関しては世界トップであり、85歳でも
平均で25本以上の歯が残るほどの驚異的な記録を持っています。

我々のAsclepius Networkはこの様なメディカルレコードと最先端医療を組み合わせた、
スウェーデンの診療支援モデルを全世界で展開、全ての人に最先端の医療を届けるために
展開をいたします。

そして、ピーター・リングストローム教授はナショナルガイドライン策定の責任者を務
めています。この策定にはノーベル賞受賞の医学博士や医療学会のメンバーと共に最先端
医療情報をもとに、医療方針を決定しております。

これにより、Asclepius Networkの最先端医療の知の集積についても、大きく前進ができ
るものと考えております。
さらに最先端医療の知の集積を推進すべく、スタンフォード大学の研究者をはじめ、世
界中の様々な最先端の医療研究者にアプローチを行い、参画への調整をしております。

10月24日(水)
3. MBCからASCAへのレート優遇でのトークンスワップ権利、MBC継続保有でのステ
ーキングができます。
「Asclepius Network」の継続情報です。世界展開にあたり、医療情報基盤を含むプロジ
ェクトを「Asclepius Network」プロジェクトとして展開をしていくことは、先日のメール
でもお伝えした通りです。
そして、最先端医療の「知の集積」と「メディカルレコード」の活用などに加え、バー
チャル環境で世界ラボを創設し、ビックデータによる研究を行い、さらなる知の集積の充
実を図ってまいります。昨日お伝えしました、ピーター・リングストローム教授をはじめ
様々な最先端医療の研究者にもこのバーチャルラボに参画をして頂きます。
 
さて、MBCホルダーの皆様におかれましては、「Asclepius Network」プロジェクトで発
行する「ASCA」へのトークンスワップ(交換)権利につきまして以下、3つお知らせがご
ざいます。

 1.MBCからASCAトークンへの交換レート
12月19日予定の一般向けパブリックセールでは1ASCA=10¢(セント)換算での販
売となります。プライベートセールでは提携企業や特定のファンドに販売するASCA
トークンは1ASCA=8¢(セント)換算での販売となります。
MBCホルダーの皆様にはプライベートセールと同じ1ASCA=8¢(セント)換算での
トークンスワップ(交換)の権利で交換できます。(交換レート時のセントの基準は
12

月19日予定のパブリックセール時のレートを基準とします。)

2.ASCAトークンのロックアップ
プライベートセールで販売するASCAトークンには上場時ロックアップがかかり、順
次ロックアップが解除される仕様です。(12月19日予定の1日限定パブリックセール
には定価販売のためロックアップがかかりません。また、販売割合は全体の5%未満
す。)
しかしながら、MBCホルダーの皆様がトークンスワップ(交換)するASCAト
ークンにはロックアップはかかりません。非常に有利なレートでトークンスワップが
でき、すぐに全ASCAトークンが受け取れます。

3.ステーキング
MBCホルダーの皆様にはMBCからASCAへのトークンスワップ(交換)の権利があ
りますが、この権利を行使せずに引き続きMBCトークンを保有し続けて頂きますと、
上場月の翌月よりステーキングによるASCAトークンを受けとることができます


MBCを保持していた場合にトークンスワップ(交換)権利分のASCAトークンへ年
10%相当分のステーキングを行います。

これは毎月1月~11月の基準日の残高に応じ
て0.8%、12月のみ1.2%のASCAトークンを毎月ステーキングいたします。

1
2
1
2



ASCAトークンの上場につきましては、世界展開にあたり世界の4取引所へ同時に上場予
となっております。これは、ASCAの市場価値を高めるための施策であり、同時上場で
MBC及びASCAホルダーの皆様のメリットを最大限にするためです。時期につきましては
2019年1月に同時上場予定で進めております。

10月25日(木)
4.「副作用情報をポップアップ形式で表示するアラートシステムと、医薬品名、病名ま
は症状名をもとに医薬品の情報を検索する検索システムとの利用者に課金処理をする
特許が取得できました。

事業実施会社である日本メディカルソリューションズ株式会社の電子カルテ「ASCAa-
EMR」内に使われる技術で新たな特許が認められました。現在特許証の発行待ちですが、
特願2012-244350「副作用情報をポップアップ形式で表示するアラートシステムと、医薬
品名、病名または症状名をもとに医薬品の情報を検索する検索システムとの利用者に課金
処理をする」という特許です。

こちらは、医師の薬剤処方時において、医薬品の安全性情報であるイエローレターやブ
ルーレターをはじめ、様々な副作用情報をタイムリーに反映、カルテ入力時にポップアッ
プにて、その情報を医師に遅滞なく伝える仕組みです。

また、Asclepius Networkの運用する、最先端医療の知の集積の情報を取り込んでいるこ
とで、病名や症状をもとに推奨医薬品の情報や、現在の最新治療プロトコルに合わせた推
奨医薬品やその医薬品の情報なども検索できます。

最新の治療プロトコルに沿った薬剤処方の支援を行うシステムで、医師に最先端の医療
情報を提供するためのシステムの特許となります。

10月26日(金)
5.郵送在宅検診事業を行います。中国では年間2000万人~4000万人を対象に、その事業
規模は年間12億US$~24億US$となります。当プロジェクトの収益見込みは1億
US$~2億US$程度を見込んでおります。

Asclepius Networkプロジェクトの最終目標は、「最先端医療を世界中のすべての人が利
用可能に」です。そのための一つのアプローチとして郵送在宅健診を、世界に展開いたし
ます。

郵送在宅健診では健康診断にて行う様々な血液検査はもとより、多くの種類の癌の可能
性を在宅にて微量の採血を検査センターに郵送することにより検査可能となります。

日本では保険制度が完備しており、また病院の数も多いので、多くの国民は低額の費用
で健診を受けることができます。しかしながら、他国においては健診に高額の費用が掛か
ったり、健診を行う病院が遠方にあったりすることで多くの国民が健診すら受けないとい
う国が多いのが実情です。

そこで私たちのAsclepius Network Projectは、郵送による在宅健診サービスを各国で提
供いたします。

その第一段階として中国国内に健診センターを展開する企業と提携し、中国において在
宅健診サービスを展開いたします。

中国は、人口約13億人ですが、国土が広大であることから一般の人々が定期的に健診を
受ける体制が整っていません。また、保険制度の問題から、費用が高額であり、健康診断
を受けられる環境にある人は、ある程度の富裕層となっています。さらに、PM2.5などの
深刻な大気汚染から、肺がんの罹患率が高く、在宅における肺がん健診は喫緊の課題でも
あります。

つまり、世界の中でも郵送による在宅健診のニーズが最も高い国であるといえます。
私たちは、世界の最先端医療の知の集積をこのサービスに提供することで、中国国内で
唯一無二の健診サービスを展開いたします。

この度、提携予定の中国の企業は中国全土に十数か所の健診センターを展開しており、
現在でも年間50万人~60万人の健康診断を実施しております。

そこに私たちのサービスを組み合わせることにより、年間2000万人~4000万人に郵送在宅健診サービスを提供する予定です。
その事業規模は年間12億US$~24億US$となります。当プロジェクトの収益見込みは1億US$~2億US$程度を見込んでおります。

このサービスにASCAトークンを組み合わせることにより事業収益のみならず、トーク
ンユーティリティとその価値の向上に大きく寄与すると考えられます。

またさらに、私たちのプロジェクトが推進する医療情報基盤における、メディカルレコ
ードの集積について加速度的増加させることができます。

10月27日(土)
6.MBCのステーキングを通じて国際連合(United Nations)の持続可能な開発目標
(SDGs)実現の為に、医療僻地への医療の無償提供をはじめ、様々な国連のプロジェクトに参
加をいたします。

Asclepius Networkプロジェクトの最終目標は、「最先端医療を世界中のすべての人が利
用可能に」です。昨日に続き、もう一つの取り組みをご紹介します。

Asclepius Networkプロジェクトを通じて、最先端医療を提供するにあたり、発展途上国
や紛争地域などの世界には様々な地域で、貧困をはじめ、飢餓や保健、教育等の問題があ
り、わずかな医療行為さえも受けられない国が多くあります。

また、Asclepius Networkプロジェクトが推進するスマートフォンでの医療情報配信や郵送在宅健診等も使えない人がいるのも事実です。

そこで、メディカルビット財団のAsclepius Networkプロジェクトは、国際連合(United
Nations)が制定した持続可能な開発目標(SDGs)のプロジェクトに、医療僻地への医療
の無償提供などの分野を中心に参加してまいります。

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)
の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030ア
ジェンダ」にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

※(外務省HPより抜粋。)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

その第一ステップとして、SDGsを協力に推進している

●一般社団法人ウーマンイノベーション 
https://womaninnovation.org/ 

内に「Asclepius Network基金」を創設していただき、その資金を全額拠出いたします。この基金の活用内容につきましては、

一般社団法人ウーマンイノベーションのHPにてご報告をいたします。
拠出金の内訳は、在宅郵送検診事業の収益の2%の他、MBCホルダーの毎月のステーキ
ングに加えて0.1%の寄付ステーキングを行います。(MBCホルダーから寄付を募るわけで
はなく、あくまでも保有に対して0.1%分をメディカルビット財団からAsclepius Network
基金へ寄付します。)

その寄付ステーキングはMBCホルダーがMBCを保有し続ける限り続きます。MBCホル
ダーはMBCをトークンスワップせずにいることで、国連のプロジェクトに協力することが
でき、世界規模での医療プロジェクトへの貢献をしていくことになります。

これにより、MBCはトークンスワップの権利コインやステーキングコインだけでなく、
社会貢献活動に寄与するコインとしての側面も持つことになります。

MBCを通じて世界の社会貢献活動へもご参加いただけますよう、ご賛同をよろしくお願
いいたします。

10月28日(日)
7.まとめ
今回、世界に向けたAsclepius Networkプロジェクトに再設計したことにより、上場予定
はASCAトークンとなります。2019年1月に4か所で同時上場予定です。MBCトークンは上
場をいたしません。

MBCをASCAへトークンスワップする場合の詳細は、パブリックセール時の対BTCもし
くはETH :セントのレートをもとに、0.08US$換算で確定されます。またトークンスワッ
プの方法は、ASCAの上場後にMBCホルダーの皆様に、ウェブサイト上にてMBC交換用の
フォームを用意いたします。そちらに記載後MBCを指定のアドレスまで送っていただくこ
とで可能です。

また、今回のAsclepius Networkプロジェクト及びトークンスワップにご賛同いただけな
い方に関しましては、MBCを返却いただくことで返金処理をさせていただきます。こちら
は、1月中旬からASCA上場予定日の前まで、MBCホルダーの皆様に返金用フォームを用

意いたしますので、そちらよりお申し込みをください。お申し込み後、ASCAトークンの
上場後に、当初MBC購入の際に送金いただいたBTC及びETHでご返却をいたします。
詳細は1月に入りましたら、あらためてお送りいたします。

■TAMARIBA専用リンク

https://www.medicalbit.ee/member/miyakeShopReservationForm.php

1
2

メディカルビット!また特許を所得!その特許がかなり激熱なので…やります。

まずはメディカルビットとは…


https://www.medicalbit.io/contents/jp/home.php 


現在15個の特許申請中で所得済みでお見せできるのがまず3個


1


ページの都合上1枚は割愛させていただきます。

そして最近所得したのは…


2


じゃ~ん! 電子カルテ系ですね!やばいですね!
完全に医療の集大成になりつつありますね。

普通にここまで特許持ってる会社がICOなんかしないですね。
しかもまだ15個も申請中ですよ!やばすぎじゃないですか?

さらに…


1


国のお仕事をやってる会社ですね…

これもやばいですね!国から認められてると言っても過言じゃないです!


1

止めがこれですね。640万近い会員を持ってる会社を子会社化しています
つまりは強制的にMBCを使わせることが可能って事ですね。
健康診断するのにまずはMBCをダウンロードして…

当然ですが最初からMBCを持ってないので買うしかないですね。
買えば価格はどうなるかはご想像にお任せしますが
640万のユーザーを持ってるのが凄い!って思わない方はいないんじゃ
ないかと思います。

①特許を既に数個所得!しかも後10以上申請中
②国のお仕事をしてる上に資本金も億!
③巨大なコミュニティを傘下にしている…

更に現在は金融庁に事業通貨申請しています!
個人的にはいけるんじゃないかと!(個人的意見です)



■初回・新規購入の方は↓↓

https://www.medicalbit.ee/member/miyakeShopReservationForm.php


1


BTCとETHのMBCトークンの割合は次のとおりです。


0.10BTC = 135000MBC
 
1.40ETH = 135000MBC


ご質問等がございましたら

までメールにてご連絡ください。

過去のネタ

2018年2月12日

http://venturetimes.jp/cryptocurrency/medicalbitcoin/32862.html


■動画

https://youtu.be/DY6mlAwUSXQ