Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

仮想通貨IOTAで新ノードソフトウェア「Hornet」発表、非中央集権ネットワーク補完へ

IOTA、「Hornet」リリース

仮想通貨(暗号資産)IOTAの開発に携わるIOTA財団が、新しい軽量ノードのソフトウェア「Hornet0.4.0」をリリースした。これによりIOTAネットワークの速度、パフォーマンス、利便性の大幅向上が期待される。

より分散化されたネットワークへと進む一つのステップとなった。HornetはコミュニティーとIOTA財団がプログラム言語Goを採用して共同開発したもので、追加された新機能は次の通りである。

自動ピアリングモジュール

ピアリングとは、ネットワーク同士が相互接続し、経路情報やトラフィックを交換するようになることだ。

新しい自動ピアリングモジュールにより、HORNET0.4.0はピアリングする他のノードを自動的に検出。ピアを見つけてノードを素早くセットアップすることができるようになったという。

Easy APTリポジトリ

APTとは、Linuxでソフトウェアの導入や削除に用いられる管理システムのこと。

「apt installパッケージ名」というコマンドを入力するだけで、ファイルのダウンロードやソースコードのコンパイル、ファイルの配置などを行うことができる。

HORNETのインストールも、apt install hornetコマンドを使用して簡単に行える。

WarpSync

ノードを最大7倍の速さで同期させ、プロセスの基盤を迅速に固め、使用するリソースを減らすことができる。

メモリ使用量

Hornet 0.4.0は、従来のIRIやHornet旧バージョンよりメモリ消費を10倍も低減する。

新コーディネータープラグイン

承認時間を短縮し、ユーザーと企業は数分でプライベートネットワークをセットアップできるという。

より分散化されたネットワークへの一歩

「Hornet 0.4.0」のリリースは、Chrysalis(IOTA 1.5)と呼ばれる一連のプロトコルアップデートの一部となる。財団によると、Chrysalisの目標は、IOTAエンタープライズの準備を整えること、そしてCoordicide実装(IOTA 2.0)への、よりシームレスな移行を準備することだという。

現在IOTAは、大規模攻撃対策としてトランザクションをチェックする中央集権的ノード「コーディネーター」を設置している。IOTA 2.0ではこれが取り外され、より分散型のシステムとなりスケーラビリティが向上する見込み。

また、今回のリリースに伴いストレステストも行われた。開発チームは、スパムを送信してネットワークの安定性を評価、150ノードを超えるネットワークで一秒あたりトランザクション(TPS)は650に到達した。

チームによると今後さらに機能が実装され、ストレステスターのプールが拡大するにつれて、この数値は上昇し続ける見込みだという。

IOTA最近の動向

IOTAプロジェクトは、IoT(モノのインターネット)に特化したトークンで、取引スピードが速く、手数料が無料であることもIoTに適しているとされる。

今年2月に公式ウォレット「Trinity」がハッキング被害を受け、約230万ドル相当のIOTAトークンが流出。この被害額については、IOTA創設者であるデビッド・ソンステボが個人保有のIOTAトークン(MIOTA)を拠出して補償すると発表、話題になった。

マイクロソフトや、富士通、フォルクスワーゲンなど著名なテクノロジー企業と提携を結んでおり、昨年には自動車大手ジャガー社とのプロジェクトも発表し、高級電気自動車「I-Pace」において、持続可能なエネルギーのトレーサビリティ(追跡可能性)構築を目指すという。

参考:IOTA

IOTAがPickertと提携し、スマートな製造とサプライチェーン管理のためのツールを開発

IOTAは、産業用ソフトウェアソリューションを専門とするドイツのソフトウェア会社Pickertとの新しいパートナーシップを発表しました新しいパートナーシップには、スマート製造やサプライチェーン管理などの新しい分野のIOTAが含まれます。

「@pickertgmbhとともに、製造のための#zerodefectsと#digitaltwinsの威力を発揮できることをうれしく思います。安全でオープンな方法で#digitalassetsに情報を保存する#IOTAの機能についてお読みください」 IOTA はツイートしました

スマート製造のためのブロックチェーンソリューション

IOTAはサプライチェーンの追跡に特化しており、このブロックチェーンネットワークのソリューションは、さまざまな業界のケースで使用できます。IOTA Tangleは、安全なデータストレージと安全な情報共有を保証するこのユースケースで不可欠なソリューションです。IOTA財団は現在、スマートな製造のためのツールを提供することにより、産業分野での役割を拡大することを目指しています。

製造プロセスには、製品の設計から承認、製造、マーケティングまで、多くのステップが含まれます。これらの手順のいずれかで間違いを見つけて修正するには、特定のコストがかかります。製品が設計段階からマーケティングに移行するにつれて、誤り訂正のコストは指数関数的に増加します。したがって、ミスをできるだけ早く見つけることで、製造コストを削減できます。

IOTAの新しいパートナーであるPickertは、製造でブロックチェーン技術を使用することを目指しており、メーカー向けのデジタルツインを作成します。それらは、これらのデジタルツインを使用して制作プロセスのミスを検出する分析フレームワークを提供します。IOTAとの提携期間中、ピケルトはデジタルツインと製品データをグローバルデータベースに保存し、どこからでもアクセスできます。

新しいインフラストラクチャが機能し始めた後、製品の欠陥は、たとえそれが消費者の手または現場であっても、製造および設計プロセスにさかのぼることができます。このような欠陥検出により、今後同様のミスを防ぐことができます。

デジタルツインは、製品の信頼できるデータソースとして、規制や苦情の状況で使用できます。

「すべての製品はそのシリアル番号を使用して識別でき、すべてのデータは安全で変更不能に保存され、アクセス可能です。IOTAのパブリックインフラストラクチャでは、料金を支払う必要がなく、データを分散して保存するために暗号通貨を使用する必要もありません。したがって、デジタルツインやその他の資産が操作に対して安全であり、生産チェーンのパートナーと共有するための最適な設定を提供します。」ピケルトのマネージングパートナーであるスヴェン・O・リムメルスパッハーは言った。 

参考資料:https://crypto-economy.com/iota-partners-with-pickert-to-develop-tools-for-smart-manufacturing-and-supply-chain-management/ 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

2月13日、IOTAネットワークは悲鳴を上げて停止し、IOTA財団は160万ドル相当の自国通貨が盗まれたと報告

112 

IOTA Trinity Walletが160万ドルで侵害

IOTAのネットワークは、ネットワークの最近の停電を議論する人と、今cryptocurrencyコミュニティ内でホットな話題です。公開時点で、IOTAのネットワークステータスページには、「メインネット(1341599)、操作不可、TPS:0.6500」と記載されています。このメッセージと並んで、コア開発チームからの複数のステータスの更新があります。最初に、チームは盗難のいくつかの報告を聞き、DiscordとTwitterを使用している人々に警告することにしました。

IOTAネットワークはまだダウン:次のビットコインキラーが停止する

開発者は、「予防策として、当面はTrinityウォレットを閉じたままにしておくようお願いします。」最初の調査に続いて、IOTAプログラマーは、「これらの盗難の根本原因が判明するまで、さらなる盗難が起こらないようにするためにコーディネーター」をオフにすることにしました。最初の発表以来、このトピックはソーシャルメディア全体の暗号コミュニティでトレンドになっています。また、チームはTwitterでコミュニティに警告し、法執行機関が関与していることを説明しました。公式のIOTA Twitterアカウントは次のように述べています。

現在、IOTAは法執行機関およびサイバーセキュリティの専門家と協力して、協調攻撃を調査し、資金の盗難につながっています。ユーザーを保護するため、コーディネーターを一時停止し、通知があるまでTrinityを開かないようユーザーにアドバイスしています。

IOTAネットワークはまだダウン:次のビットコインキラーが停止する
IOTA Twitterアカウントからの2つの警告ツイートの後でも、ページのプロフィールには、Trinity Walletの紹介を示す固定されたツイートがあります。

このメッセージにもかかわらず、Twitterアカウントには、Trinityウォレットが「安全」であることを説明する固定されたTwitter投稿まだありますチームがIOTAコーディネーターを停止したことを開示した警告ツイートと更新メッセージの後、Twitterの多くの人々が「コーディネーターを一時停止しましたか?」というフレーズの意味を尋ねました。コメンテーターのエリックウォール、IOTAネットワークに関連する脆弱性を指摘することで有名な TwitterでIOTAの大失敗について議論しました述べた

夜の質問:高度なでたらめに基づいてゴミコインを作成し、それでも見当違いのファンのコミュニティを構築し、5年間集中して実行し、実際の作業プロジェクトのデザインをハードコピーして、保持することは可能ですか?コミュニティと成功になりますか?

「コミュニティモデレーターへの質問を控える– IOTAチームは緩和戦略を策定しています」

IOTA開発者は、IOTA Foundationが24時間体制で問題を調査していることを別のアップデートで指摘しました。「ほとんどの証拠がシード窃盗を指しているが、原因はまだ不明であり、調査中である」とIOTAのステータスページに記載されています。「犠牲者(これまでIOTA Foundationで特定された10人前後)はすべて、最近Trinityを使用したようです」と開発者は付け加えました。

2月14日に、IOTAチームは、エクスプロイトを発見し、「現在、問題の解決に取り組んでいる」と言う別の更新を公開しました。IOTAのエンジニアは、このエクスプロイトは間違いなくTrinityウォレットに関連していると主張し、「IOTAコアプロトコルは-以前に通信したように-侵害されていない」と強調しました。IOTAチームメンバーはさらに開示しました:

さらなる詳細を理解したいことは承知していますが、法執行機関と並行して継続的に協力しているため、コミュニティモデレーターに対する質問は控えるようお願いします。チームは現在、緩和戦略を策定しています。悪用に関するすべての詳細を期限内に共有し、(もちろん)完全なインシデント分析も公開します。

IOTAの分散化の欠如に関する議論は、ソーシャルメディアでの会話の中心にあります。IOTAのリーダーシップは、最近のブログ投稿によると非常に脆弱であるようであり、チェーンも2019年12月の最後の週に15時間機能しなくなりました。IOTAプロジェクトを取り巻くすべての狂気にもかかわらず、市場は時価総額で21番目に大きいブロックチェーンのままです。一時停止中のコーディネーターにもかかわらず、IOTAは今週1%増加しました。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/iota-network-still-down/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

KNCも徐々に爆上がり中!2019年12月8日にHB Walletが主催するベトナムのホーチミン市でのコンベンション影響か!

113


Crypto Trends 2020は、2019年12月8日に
HB Walletが主催するベトナムのホーチミン市で開催されるブロックチェーンイベントです。

名前が示すように、このイベントはブロックチェーン、dApp、およびDeFiに関する重要な知識と詳細な議論を提供することを目的としています。これは、ブロックチェーン業界に新しい酸素を送り込むと信じられている新しいテクノロジーです。これは、MakerDAO、Kyber Network、TomoChain、dAppRadar、Axie Infinity、HB Wallet、その他の評判の高い専門家によって更新された新しいトレンドやプロジェクトに追いつくための大きな機会です。 

Crypto Trends 2020は、Kyber Network、MakerDAO、Constant、Coin98、dAppRadar、Tomochain、Vicion、 HB Walletなど。重要なことは、DeFi [Decentralized Finance]およびdApps [Decentralized Applications]の最新のアップデートがこのイベント内で公開されることです。HB dApps Hackathon 2019の優勝者も発表されます。1等賞は最高1,000米ドルです。

イベントに参加すると、参加者は多くの専門家と会って話し合う機会を得るだけでなく、無料のティーブレイク[コーヒー、紅茶、デザートなど]の際にブロックチェーン業界のビジネスホルダーや投資家とネットワークを作り、新しいコンタクトをとることができます。最も具体的には、参加者は、iPad、Airdrops [合計3,000ドル]、Tシャツ、ノートブック、ハンドバッグなど、HB Walletから多くの特別なギフトを持ち帰ることができます。

イベントプログラム

13:30 –チェックイン–最古の50人が50の特別なNFTを受け取ります

14:00 –簡単な紹介

14:10 –基調講演1:2019年のDeFi市場と2020年の予測を確認する

  1. Jason Vu – Kyber Networkベトナムマーケティング部長

14:30 –基調講演2:知っておくべきこと:ブロックチェーン、dApps、Defi HBウォレットチーム

14:50 –コミュニティに参加して、後でラッキードローゲームでIpad、Ether、Tシャツを獲得

15:00 –ティーブレイク

15:10 –基調講演3:CDPとCDMの説明[多国間大]

  1. ジャングエン– MakerDAO大使

15:30 –基調講演4:コンスタントでのピアツーピア貸付

  1. グエン・ブイ–成長責任者、コンスタント

15:45 –ミニゲーム–カフート

15:55 –基調講演5:開発者にとってイージーアクセスとUXは成功の鍵です。Grace Tong –アジア地域マネージャー、dAppRadar

16:10 – HB dApps Hackathon 2019アワード

16:20 –パネルディスカッション1:2020年のdAppの展望

  1. トモチェーン– Thuy Pham、HCM代表
  2. dAppRadar – Grace Tong、アジア地域マネージャー
  3. Axie Infinity – COO、Aleksander Leonard Larsen
  4. Wisepass – Lam Tran、CEO
  5. Triip.me – Duc Ha、ビジネス開発
  6. HBウォレットチーム

16:35 –パネルディスカッション1 Q&A

16:45 –パネルディスカッション2:DeFiは来年のトレンドになりますか?

  1. MakerDAO –ジャングエン大使
  2. Kyber Network – Jason Vu、ベトナムマーケティング部長
  3. コンスタント–グエンブイ、成長責任者
  4. Coin98 –創立者ル・タン
  5. Vicion –トゥアントラン、CTO
  6. HBウォレットチーム

17:00 –パネルディスカッション2 Q&A

17:10 –ラッキードロー

  1. 1位– 01 Ipad
  2. 第2位– 0.1 ETH
  3. 3番目の勝者– 01 Tシャツ

17:20 –閉会

Crypto Trends 2020について

時間:12月8日、午後1時30分〜午後5時30分GMT + 7

場所:リバティーセントラルサイゴンシティポイントホテル、59パスツール、ベンゲ、1区、ホーチミン、ベトナム

無料チケットについては、ここをクリックしてください

パートナー:

dAppsマーケット、Zenism、N ext Money、Frame C Battle、Digital Art World、Neco Stock、Blog TienẢo、Itviec、Tiendientu.org、Izichain、Twogap、Credits、Triip.me、Wisepass、Tacchiblockchain.net、Credify、AMBCrypto、 CryptoNewsZ。

参考資料:https://eng.ambcrypto.com/crypto-trends-2020-to-come-to-ho-chi-minh-city/?utm_medium=Organic&utm_source=coinstats 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

VisaおよびMastercardユーザー向けのイーサリアムで新しい分散型Fiat-to-Cryptoゲートウェイを開始

11 

暗号空間は今年、これまでさまざまな動きに満ちていました。主な目標の1つは暗号の主流の採用であり、この非常に重要な目標を達成するために、この方向で多くの有益な努力がなされました。

イーサリアムブロックチェーン上で分散暗号化交換が開発されたことが報告されました

最初の非カストディアル法から暗号法へのゲートウェイ

このイニシアチブは、Kyber Networkのクリエーターに属し、最初の非カストディアルフィアットツー暗号化ゲートウェイの1つを開始しています。

Daily Hodlからの最新のレポートによると、KyberSwapはCoindirectとのパートナーシップによって導入されました。

これは、MakerDAOが支援する香港ベースの暗号決済サービスプロバイダーです。

VisaとMastercardを使用すれば、誰でも簡単に暗号通貨を購入できます

主な焦点は、VisaとMastercardのデビットカードまたはクレジットカードを使用して、3.5%の低料金で、誰でも簡単に暗号を購入できるようにすることです。

この発表は、KyberSwapがETHおよびERC20準拠のトークンでの取引をサポートしていることを明らかにしました。

これは、誰にとっても高速でシンプルで特に安全なDEXになるように設計されており、新しい暗号ユーザーも含まれます。

主な機能

Daily Hodlによって報告された主要な機能は次のとおりです。

  • フィアットから暗号オンランプ
  • 完全にオンチェーンのトークンスワップ
  • 非カストディアル指値注文
  • iOSおよびAndroidモバイルアプリ
  • わかりやすいUI / UX

上記のオンライン出版物は、KyberSwapは新しいプラットフォームが小規模なアカウントの複雑なKYCを排除し、暗号の好奇心の強い人々を可能にすることにより、採用を促進することを期待していると述べています。

「EthereumでDAppsを試してみたいと思っている好奇心の強いユーザーを想像してください。20ユーロ相当のETHを少量購入することから始めたいと考えています。速くて便利な方法はあまり多くありません。公式メモによると、Coindirectは、基本的なクレジットカード情報だけで、暗号の少量購入を許可します。 

参考資料:https://oracletimes.com/new-decentralized-fiat-to-crypto-gateway-launched-on-ethereum-for-visa-and-mastercard-users/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング