Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

DAG→SPECTER Proof-of-Workイベントのシリアル化

ブロックサイズが大きくなったり、ブロック作成速度が速くなった場合、中本哲氏が定める古典的なBitcoinプロトコルは安全ではないことはよく知られています。プロトコルの規模を拡大する最善の方法についての熱い議論が始まったため、これはBitcoinコミュニティでかなりの混乱を招いています。

新しい紙我々だけで書いた私たちは、50%の攻撃に対する回復力を維持しつつ、高いスループットと高速の確認時間を確立permissionless分散台帳のためにDAGベースのプロトコルを記述します。

これは非常に劇的なものです。プロトコルのブロック作成速度を非常に高く設定することは可能でしょう。おそらく秒あたり数ブロックです。これにより、

  • 数秒の確認時間
  • 高いスループット(オン・チェーン・スケーラビリティ)
  • 分散が小さいマイナー報酬

この寄稿は他の取り組み(オフチェーン取引チャネルなど)を補完し、暗号化された通貨を拡大できるようになることを願っています。このポストの目的は、プロトコルの背後にある一般的な考え方をより使いやすくするために説明することです。長年にわたる正確さの証明を含めた詳細は、完全オンライン版に掲載されています

SPECTERの基本的な特性

SPECTERはトランザクションに関して2つの主要な特性を保証します:

  • 弱い生存率:正直なユーザーが発行した取引は、迅速な確認を得てすぐに「受け入れられる」。
  • 安全性:取引が受取人によって「受け入れられる」と、それは二重の支出または逆転となる可能性は低い。

両方のプロパティは、攻撃者がハッシュレートの50%未満を保持していると仮定して保持されます。Bitcoinプロトコルの場合と同様に、二重の支出が成功する確率は、トランザクションの上に構築されたブロックごとに指数関数的に減少します。SPECTERのブロックは非常に高速に作成される点が異なります。

上記の弱いアクティビティは、正直なユーザーにのみ適用されます。二重に過ごした悪意のあるユーザーは、トランザクションを無期限に遅延させる可能性があります(受け入れも拒否もされず、不定の "保留中"の状態です)。二重支出の受取人は、受け取ったお金を考慮しません(したがって、不正行為から安全です)。

数字に気をつける:ブロックを大半の鉱夫にリレーするのに約5秒かかり、ブロック作成レートが毎秒10ブロックに設定されているとします。商人が、ハッシュレートの10%の攻撃者によってトランザクションの逆転の1%のリスクを許容することを望んでいるとすると、約10秒後にトランザクションを受け入れることができます。これをBitcoinと比較する:10%の攻撃者と同様のレベルのセキュリティを受けるには、7回以上の確認が必要で、取得に約70分かかります。

トランザクションが不可逆的になるまでの時間(グローバル・オラクルの観点から)のシミュレーション結果をいくつか示します。イプシロンはハッシュレート(この例では)の25%の攻撃者によるトランザクションの逆転の確率であり、ブロック作成レートは毎秒10ブロックです。

ブロックチェーンからDAGをブロックする

ブロック作成速度がBitcoinで増加するときに発生する主な問題は、ブロックが互いに参照せずに並列で作成されることが多いことです。そのようなブロックは競合していると考えられ、Bitcoinのプロトコルによって最長のチェーンに属さない場合は「破棄」されます。

鉱夫の "古典的な" Bitcoinは、単一の親ブロックのハッシュを含み、単一のチェーンを拡張するブロックを作成しますが、SPECTERは自然に並行して作成されたブロックを含みます。SPECTERの下で、各ブロックは複数の先行者を参照することができます。結果として生じる構造は、ブロックの直接無循環グラフ(DAG)である。たとえば、次のようなものがあります。

ブロックDAG。各ブロックは、それらのハッシュをそのヘッダに含めることによっていくつかの先行ブロックを参照することができる。

上記の図の矢印(ハッシュ参照に対応)は、時間的に後方を指していることに注意してください。ブロックDAGは、実際には「因果関係」を表します。ブロックxにブロックyのハッシュが含まれている場合、xyの後に作成されている必要があります。

SPECTERの鉱山者は、彼らが認識しているブロックDAGのすべての "ヒント"への参照、つまりそれまでに拡張されていないすべてのブロックへの参照を含めるように求められます。ブロックは、すべての先行操作が有効でノードが知っている場合にのみ有効とみなされます(したがって、ブロックxがブロックyを参照する場合、yの先行操作も参照する必要はありません)。

Bitcoinのように、鉱夫はできるだけ早く作成または受信するブロックをブロードキャストする必要がありますが、すべての鉱夫が常にDAGの同じビューを共有しているとは限りません(一部のブロックはすべてが知っているわけではありません)。

競合する取引を決める

SPECTERのブロックには競合するトランザクションが含まれている可能性があります(結局のところ、鉱夫がお互いの仕事について知っていることなく並列に作成されることが多い)。プロトコルの中心は、受け入れられたトランザクションのセットを構築する方法です。

ステップ1:ブロックx、yの各ペアについて、「xはyを打ち負かす」(x <y)、「yはxを打ち負かす」(x> yとする)を決定する。

ステップ2:受け入れられたトランザクションのセットを出力する。ブロックに埋め込まれたトランザクションxがブロック場合は、「受け入れ」とみなされ、xは、競合するトランザクションを含むすべてのブロックを破る、とのすべての入力xを受け入れました。

私たちが続行する前にいくつかのコメント:

  • 小さなブロックが失われたと考えるために、ステップ1の表記<と混同しないでください。この文脈では、x <yはxが優先順位のyの にあり、xのトランザクションがyのものよりも受け入れられることを意味します。
  • ブロックxがブロックyを敗北させるという事実は、それらが競合するトランザクションを含む場合にのみ重要である。競合のないトランザクションは常に受け入れられます。
  • ブロックxがブロックyの先行操作(直接的または間接的)であれば、常にx <yとなります。
  • 残念なことに、「敗北」関係(より正確に少し定義する)は循環的なものになる可能性があります。つまり、x <y、y <z、z <xは同時に(それぞれの戦略が別の戦略によって打ち負かされているはがきのゲームのように)同時に起こる可能性があります。幸いにも、この事実は私たちが取引について推論するのを妨げるものではありません。

議定書の中核は、上記のステップ1において、いくつかのブロックDAGが与えられた場合、「敗北」関係を確立することです。これは、投票手続きを介して行われます。

SPECTERでペアワイズ投票

与えられた2つのブロックx、yは、投票を行うことによってx <yy <xかどうかを決定する。有権者はDAG内のすべてのブロックです。各ブロックの投票はブロックに明示的に書かれていませんが、むしろDAGの構造によって推測されます。

ブロックの過去は、それが(直接的または間接的に)参照するすべてのブロックの集合です。同様に、ブロックの未来はそれを参照するすべてのブロックの集合です。

z票を次のようにブロックする:

  • 場合、Xはであり、Zの過去が、yが、その後はないZ投票X <Yとその逆。
  • 両方の場合のxyは過去にあり、Zは、Zその過去の投票の過半数(DAGの過去の投票再帰呼び出し(に従って投票Z))。
  • どちらの場合のxyが過去にあり、Zは、Zその将来のブロックの大部分を応じて投票。
  • ブロックxは、過去のものではない他のブロックと比較して、常に自分自身で投票します。

このようなペアの投票手順の例を次に示します。

ブロックx、yのDAGにおける投票手順の例。
  • ブロックx、6-8はすべてx <y(ブロックxは過去のものですが、yはそうではありません)です。
  • 同様に、ブロックy、9-11はy <xを投票する。
  • ブロック1-5票x <y。これは、y <x有権者よりも将来x <y有権者が多いからです。
  • ブロック10,11,12を含まないDAGの再帰呼び出しに従ってブロック12を票決する(この場合、再帰呼び出しは各ブロックの投票が全く同じであるが、すべてのDAGについて必ずしも真ではない)。

SPECTERで使用されている投票手順は、単純チェーンに適用されたときに最長チェーンルールに一致します。長いチェーンの各ブロックは、短いチェーンのすべてのブロックを無効にします。

SPECTERは単純なチェーンの最長チェーンルールと一致します。最も長い鎖のブロック(5-8)は、短いブロック(9-11)のブロックのそれぞれを無効にします。これを見るには、たとえば、ブロック6と10の間の投票を考えてみましょう。ブロック5〜8がブロック6を支持して投票し、ブロック9-11がブロック10を支持して投票することを確認することは容易です。ブロック6を支持するために、彼らの未来のブロックの大半(すなわち最長のチェーンによって)が確信を持っていなければならない。

強固な受け入れ方針

一般に、プロトコルで受け入れられたトランザクションを見るだけでは不十分です。私たちが最も必要とするのは、高い確率で永久に受け入れられるという保証です。SPECTERには、ブロックDAGを分析し、トランザクションの安全レベルを出力するプロシージャが含まれています。SPECTERの受諾方針はかなり技術的ですが、依然として上記の投票手順のような同様の原則に依拠しています。新しいブロックが前任者の大多数に従って投票するという事実のおかげで、堅牢性が達成されます。投票の結果は、新しいブロックが多数をサポートするにつれて強くなります。

よくある質問

出てくる可能性が高い質問への答えは次のとおりです。

鉱業報奨: SPECTERでは、すべての有効なブロックが同じブロック報酬を受け取ります。ブロックが現在の難易度より低い難易度で採掘された場合、報酬は減少します。金銭作成のスケジュールは、暗号の設計者が決定することができます。

取引手数料:トランザクションからの手数料はそれを含むブロックに与えられます。いくつかのブロックに同じトランザクションが含まれている場合、異なる鉱夫にトランザクションの料金を割り当てることは、競合するトランザクションとみなされます(譲渡自体とは別)。従って、他者を打ち負かすブロックは報酬のみを勝ち取る。紛争の解決が遅れた場合には、鉱山者は手数料の分割に同意することができます(詳細は本ペーパーを参照)。

難易度の調整: Bitcoinのように、1秒あたりに作成されるブロック数を制限する必要があります。システムの主なボトルネックは、ノードの帯域幅です。したがって、合理的な設定は、所定の帯域幅、例えば毎秒1MBを目標とすることである。これは、例えば、毎秒100KBの10ブロックを作成することによって達成することができる。困難が計算される正確な方法は、論文で定義されています

効率的な実装:一見すると、SPECTERには大量の計算が必要であると思われます。ブロックを比較する必要があり、各投票手順で各ブロックの投票方法を決定する必要があります。幸いにも、各投票の決定は効率的に計算でき、比較的少数のブロック対を比較する必要があることが示されている。すぐにプロトコルの中核を効率的に実装することを希望します。

スループットの向上:原則として、並列で作成されたブロックには同じトランザクションが含まれ、スループットの増加はほとんどありません。しかし、包括的ブロックチェーンプロトコルで書いた以前の論文は、同様のシナリオで鉱夫のインセンティブを分析しています。実際に鉱夫は、自分のmempoolからランダムにトランザクションを選択するように誘因を与えています。mempoolのサイズが十分に大きい場合(スループットが制限されている場合)、並列ブロック内のトランザクション間の衝突はほとんど発生しません。


あなたはこれまでこれを作っています。avivz.netで私の研究の詳細をチェックしてください。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy
タグ:
2118364701

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

新ブロックチェーンDAGのシステム採用のbyteballのキャッシュバックプログラム

111 


今回はDAG(ダグ)とよばれる台帳の仕組みを採用した仮想通貨プラットフォームByteballと、そのネイティブ通貨BYTEの配布について紹介します。

Byteballとは

DAGを採用した暗号通貨であるByteballはトランザクションコストが1円以下で処理ができること、トランザクションを数秒で完了させることや、汎用性の高いスマートコントラクト、そして、オフチェーンを拡張させることなくスケーラビリティを解決しうることなどが注目されています。

Byteballはマイニングが必要な通貨ではなく、かつICOも行っていません。しかしその分公平なディストリビューションを目指し、いくつかの工夫をしています。

そのうちの1つが、決済でのキャッシュバックプログラムです。

Byteballのユーザーを増やす取り組みとは

これまでは仮想通貨ユーザーに配布するエアドロップが行われていましたが、最近はキャッシュバックにシフトしつつあります。

byteballの決済に対応した店舗を増やすためのプログラムでもあり、もしお店でbyteball支払いを対応し、実際にbyteball払いで決済が行われた場合、そのうちの20%のBYTEが、顧客にキャッシュバックされます。

もし、Byteball支払いではなくても、10%分のBYTEがキャッシュバックされます。

お店側が参加するメリットは

このキャッシュバックは、店舗側は一切負担することはなく、Byteballのディストリビューションプールから行われます。

この施策は、Byteball決済対応店舗を増やし、新しくユーザーを拡大することが主な目的です。(沢山のBYTEを少数のユーザーに配ることが目的ではないので、金額が大きな商品の売上は、キャッシュバック対応されない場合があるそうです。)

店舗側は、Byteball支払いを対応すれば負担なく、20%のキャッシュバックを顧客に提示できるので宣伝しやすく、Byteballプラットフォーム側は、そういったことも見込んでいます。

仮想通貨に興味があり小売りビジネスやECビジネスをしている場合はキャッシュバックプログラムに参加してみても面白いかもしれません。

キャッシュバック・プログラムに参加するには

実際に参加した場合は、応募フォームから以下の要項の入力が必要です。
・メールアドレス
・小売店の名前
・サイトURL
・担当者の名前
・平均顧客単価
・毎日の売上(USドルベース・Byteball支払いを対応するかどうか(yes か no)
・あなたのお店で、キャッシュバックプログラムが不正に利用される可能性がないか。
恐らく、キャッシュバックに対応できるビジネスの種類に制限はないと思いますが、このプログラムが始まってから数週間の間に、具体的に例えば、以下のようなビジネスがキャッシュバックプログラムに参加しています。

VPNやクラウドストレージを提供する業者であるPremiumize、各種アルトコインのマスターノード構築業者のNODEshare:、小さなビジネスだと、イタリアで経営されているレストラン、個人ブログの有料コンテンツまで幅広く対応しています。

また、決済業者やデビットカード系の提供業者からも交渉していたり、引き続き問い合わせを受け付けているとのことです。

もし、なにかしらのビジネスをしているならば、20%キャッシュバックを顧客に提供できるのは魅力的ですし、Byteballの決済に対応しキャッシュバックプログラムに参加してみてはいかがでしょう。

参考URL:https://coinchoice.net/byteball_cashback/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy
タグ:
2118364701

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング