Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

台湾イメージ

台湾の首都である台北市は、市民の個人認証計画に、IOTA(アイオータ・イオタ)によるブロックチェーンへの代案であるTangle(タングル)を導入するためにIOTA Foundationと提携をした。

情報技術局局長のWei-bin Lee氏は、台北市がデジタルシチズンカードプロジェクトのためにIOTAおよび地元のスタートアップ企業BiiLabsと提携していると述べ、この取り組みは同市が進めている多くの概念実証の1つであるとCoinDeskに対して語った。

※IOTAとは、IoT(モノのインターネット)の導入を目的とされ開発された暗号通貨のことです。「アイオータ」や「イオタ」と読まれることが多い。

IOTA公式出典:IOTA公式

台北市はいくつかのプロジェクトのために特にIOTA(アイオータ・イオタ)のTangle IDサービスを利用しているとのことだが、デジタルシチズンプロジェクト以上のことについては詳しい説明はしなかった。

フィンテックメディアCrowdFund Insiderによると、このデジタルシチズンカードは不正開封防止機構を備えたシステムとして動作し、利用者を個人情報の盗難から守ることができる。

Lee氏はCoinDeskに対してメールでこう説明した↓

私たちは、プラットフォームとして利用可能なデジタルシチズンカードのための関連アプリケーションから取り組みを開始する。また、医療記録のように地方自治体間および公共機関間でやり取りするデータの認証および整合性のチェックを効率化する取り組みも行う。

以上のように述べ、Lee氏は台北市が「スマートシティ」というゴールに向かってさらに発展していく上で役立つ提案があれば喜んで耳を傾けるとも語った。そのようにして、台北市はその他の利用可能な技術も採用していくだろうとLee氏は語っている。

台北市はIOTA(アイオータ・イオタ)の技術をテストしているが、いかなる暗号通貨もまだ利用していないとLee氏は述べた。

今後のプロジェクトの詳細についてはまだ議論中であるが、将来のプロジェクトを促進するために台北市に事務所を開設するようにIOTAに勧めているようだ。

当面、情報技術局、BiiLabs、およびIOTA(アイオータ・イオタ)は概念実証を作成するためのプロジェクトの提案について議論を進めている。これら3つのグループは作業部会を作り、プロジェクトの詳細に取り組んでいる。

Lee氏はこのように結論づけた↓


1 


参考URL:https://coinchoice.net/taipei-iota-technologytest/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Byteballの新しい情報!

111 

cryptocurrenciesの人気の高まりに伴い、デジタル通貨に関連した認識された悪意が高まっています。過去と同じように発音されていないにもかかわらず、暗号化された通貨がマネー・ローンダリングや麻薬などの犯罪手当の隠蔽などの悪用の手段として使用される恐れがあります。

この懸念は、デジタル通貨のユーザーが完全に匿名ではなく、詐欺や犯罪の事態を最小限に抑えるためのKYC / AMLポリシーの実施を促しています。KYC / AMLプロトコルは、取引所での使用のために採用され、多くの管轄区域のイニシャルコインオファーリングのために導入された、金融業界における標準的なプラクティスです。しかし、これはICOにおける詐欺の事件を排除していない。

Byteballは、スマートな契約ベースの分散型決済プラットフォームで、Jumioと提携して、プラットフォーム上にKYCプロトコルを実装しています。Jumioが顧客の身元確認を引き付けることは、パートナーシップを独特にするものです。提出されたIDと一致する生きたセルフリーを有する政府発行のIDを利用する、リアルタイムの二重階層KYC検証プロセス。同社は高度な身元確認プロセスを使用して、Byteballクライアントが実際に彼らが誰であるかを保証します。

ジュミオ

政府の規制が厳しくなったために企業がICOを立ち上げる際に直面した課題を踏まえ、ICOが規制に違反しないようにする必要が生じました。適切な投資家の識別と資格は、ICOが停止され、マサチューセッツ州の市民にICOトークンを販売するためにマサチューセッツ証券課によって請求されたキャビアの場合のように深刻な問題となっています。これは、同社がウェブサイトに明示したにもかかわらず、トークンは米国市民のためのものではなかったにもかかわらず、2人のマサチューセッツ市民がこの制限を回避することができたことは、マサチューセッツ証券課の怒りを引き付けるのに十分だった。適切なユーザーIDはICOにとってこれほど重要ではありません。これは明らかにByteball-Jumioのパートナーシップの背景にある動機です。

Jumio Netverifyは、政府の発行した身分証明書と、個人がインテリジェンスと人間のアイデンティティの専門家を使って個人のセルフリーとマッチして、個人がマッチングプロセスで実際に存在していることを保証します。 このプロセスでは、顔の認識やバイオメトリクスの進歩を利用して結果の正確さを高めています。 Byteballプラットフォームを使用してICOを立ち上げるByteballクライアントが、投資家が適切に識別されることを確実にすることを確実にすることを目的とした、より高い基準の識別が保証されます。 ByteballとJumioのコラボレーションは広範囲に及んでおり、JumioはByteballへのサービスを拡大するために、特にByteballプラットフォームを使用している企業の貸出や賭けのためのクレジットカードの利用者を確認する。

Byteballスマート契約は柔軟性があり、ゲーム、保険などの他の契約にも適用できます。プラットフォームの本質は、契約の不変性を保証することです。Jumioによって検証されたすべてのデータは、Byteballウォレットに保存され、ユーザーが必要なときに引き出すことができます。Jumioは、2010年にDaniel Mattesの身元確認会社として設立されました。Netverify TrustedのIDとしてサービスを販売しています。

参考URL:https://www.crypto-economy.net/jumio-collaborates-with-byteball-to-offer-identity-solutions-to-icos/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

DAG構造進化させる「ファントム」論文発表

111 

今週、エルサレム・ヘブライ大学の博士号取得候補者ヨナタン・ソンポリンスキー氏とアビブ・ゾハール博士は、新しいスケーラブルなBlockDAG(ブロックチェーンに代わるネットワーク構造)であるPHANTOM(ファントム)と呼ばれるプロトコルに関する論文を発表した。

 これはブロックチェーンの取引処理性能や安全性を向上させる試みの一つだが、ライトニングネットワークのようにブロックチェーンの外にあらたなレイヤーを敷くのではなく、あくまでもチェーン上の解決策だ。DAG(有向非循環グラフ)という複雑なネットワーク構造を使う。

 そもそもファントムの前身は13年に発表したGHOSTプロトコルに関する論文だ。はじめてBlockDAGを提唱したGHOSTは、ブロックチェーンを樹(ツリー)構造に変えることで、セキュリティや取引承認速度を改善しようとしていた。

 昨年11月に開催された「ブロックチェーン・イン・バークレー」の講演で、ソンポリンスキー氏はBlockDAG構造をあらゆる人に同時にサービスを提供できる構造として説明した。新しいブロックが検証され次第一つずつチェーンに加えられていくブロックチェーンの構造とは対照的である。

DAG mining

 今回のPHANTOM論文は、前に来る複数のブロックに投票を行うことで取引承認するSPECTRE(スペクター)プロトコルを発展させている。だがSPECTREとは異なり、PHANTOMはBlockDAGプロトコルに「Greedyアルゴリズム」を採用。「正直なノードにより適切に採掘されたブロックとDAG(有向非循環グラフ)のマイニングプロトコルから逸脱した非協力的ノードにより採掘されたブロックを識別する」ことで、より線形のブロック構造を構築する。

 PHANTOMで導入される線形構造は、SPECTREの特徴だった取引承認速度の短縮を犠牲にすることを意味するが、同論文は「両者の長所を活かす」ために2つのプロトコルを組み合わせる可能性についても提起している。

 ほとんどの仮想通貨はブロックチェーンのプロトコルを採用しているが、BlockDAGを採用する仮想通貨もいくつか存在する。バイトボール(Byteball)はDAGベースの仮想通貨であり、トランザクションは互いにリンクされ、各トランザクションには前のトランザクションのハッシュ値が含まれる。アイオタ(IOTA)もDAGベースの仮想通貨であり、新たなトランザクションを作成するには最低2つの先行するトランザクションを検証する必要がある。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/researchers-propose-new-version-of-scalable-blockchain-alternative 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


レイブロックス(XRB)がブランド刷新で「ナノ」に改名 一時20%急騰

111 


DAG(有向非循環グラフ)コインの一種と考えられる仮想通貨レイブロックス(XRB)が1日、ブランド刷新の一環で「ナノ」に改名すると発表し、一時20%以上急騰した。時価総額は約2800億円となっており、第22位の仮想通貨となっている。

 公式声明によると、同コイン開発チームは昨年11月から改名を検討。英文でも発音しにくいという声が相次ぎ改名が決まった。「ナノ」という新しい名称は、同コインが掲げる低遅延と取引手数料ゼロを表しているという。さらに、親しみやすい名前を起用することで一般向けの浸透も見込む。

 「ナノ」は2016年に元クアルコム等出身の米エンジニアであるコラン・ルマヒュー氏が設立。当時ビットコインが直面していた取引量や取引承認速度の問題を解決する目的で開発された。手数料ゼロ、マイナーゼロ、遅延ゼロを謳っており、IoTにおける応用に向いているとされる。

 DAGコインはビットコインがスケーラビリティ問題に直面するなか注目を浴びる仮想通貨の一種で、IOTAやバイトボールなどが知られている。 

 なお現時点でXRBを取り扱っている日本の仮想通貨取引所は無いが、バイナンスにおける最新の人気投票で第一位となったため近日上場することが決定している。 

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/raiblocks-rebrands-and-price-surges 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

IOTAの財布から資金を盗むために使用された悪意のあるアレ

111 


ハッカーたちはもう一度暗号を盗んでしまっている。ソーシャルエンジニアリングをしっかりとやっているし、物事を簡単にするために使う有用で無害なソフトウェアとして偽装された不正なツールもある。彼らに空の財布と絶望感を残す。今回は、ハッカーのターゲットはIOTAユーザーでした。

ユーザーからの様々な報告によると、推定されたIOTAトークンの総額394万ドルは、数多くの財布から一掃されました。この泥棒の原因は、IOTAの種子が生まれる方法と関係があります。

ユーザーが新しいIOTAウォレットを作成したい場合は、81文字のシードを用意してアクセスすることができます。そのようなシードはオフラインで生成することができます。問題は、作成する方法がユーザーフレンドリーではなく、端末からキーを作成するなどの有効なシードを提示するために、MacやLinuxで利用可能で、 WindowsはPowerShellを使用していますが、これはセキュリティ上の理由から推奨されていませんが)、IPFSという名前のオフラインWebサイトを使用して、マウスを動かして文字をランダムに表示します。

このため、一部のユーザーはオンラインシードジェネレーターに頼ります。シードジェネレーターは、簡単にシードを作成できるウェブサイトです。最も人気のあるiotaseed.ioの1つは、サーバーを使用して財布を乾燥させるために、生成されたシードを収集していたと思われるハッカーによるサーバーの攻撃を受けました。プレス時には、上記のサイトは「Taken down」という文字メッセージで停止しています。これは、デベロッパーチームがウェブサイトの管理を回復した後、すべての操作が良好に終わったことを意味する可能性があります。

Iotaseed.io down

一方、Grand Centrixの創設者であり、IOTAエバンジェリストネットワークのメンバーであるRalf Rottmanは、攻撃者がIOTAのフルノードのいくつかに対して分散型サービス拒否(DDoS)攻撃を開始し、ユーザーが自分のお金を回収できないようにする記事を書いた。彼は、影響を受けたノードは、自営業のノードが常に安全で健全なので、コミュニティが運営するノードであると述べています。

彼はまた、このようなシナリオのために、彼とIOTA財団はオンラインシードジェネレーターの使用を常に警告していると説明しました。「完全にオフラインで安全な方法でIOTAシードを生み出すことが、あなたが得る最高の保護です」と彼は語ります。

IOTA財団は、セキュリティプロセスを簡略化できるユーザーフレンドリーな財布を開発していると言われていますが、この攻撃の結果として資金を失った人は、回復することはほとんど望めません。

参考URL:https://www.crypto-economy.net/malicious-seed-generators-used-to-steal-funds-from-iota-wallets/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング