Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

VisaおよびMastercardユーザー向けのイーサリアムで新しい分散型Fiat-to-Cryptoゲートウェイを開始

11 

暗号空間は今年、これまでさまざまな動きに満ちていました。主な目標の1つは暗号の主流の採用であり、この非常に重要な目標を達成するために、この方向で多くの有益な努力がなされました。

イーサリアムブロックチェーン上で分散暗号化交換が開発されたことが報告されました

最初の非カストディアル法から暗号法へのゲートウェイ

このイニシアチブは、Kyber Networkのクリエーターに属し、最初の非カストディアルフィアットツー暗号化ゲートウェイの1つを開始しています。

Daily Hodlからの最新のレポートによると、KyberSwapはCoindirectとのパートナーシップによって導入されました。

これは、MakerDAOが支援する香港ベースの暗号決済サービスプロバイダーです。

VisaとMastercardを使用すれば、誰でも簡単に暗号通貨を購入できます

主な焦点は、VisaとMastercardのデビットカードまたはクレジットカードを使用して、3.5%の低料金で、誰でも簡単に暗号を購入できるようにすることです。

この発表は、KyberSwapがETHおよびERC20準拠のトークンでの取引をサポートしていることを明らかにしました。

これは、誰にとっても高速でシンプルで特に安全なDEXになるように設計されており、新しい暗号ユーザーも含まれます。

主な機能

Daily Hodlによって報告された主要な機能は次のとおりです。

  • フィアットから暗号オンランプ
  • 完全にオンチェーンのトークンスワップ
  • 非カストディアル指値注文
  • iOSおよびAndroidモバイルアプリ
  • わかりやすいUI / UX

上記のオンライン出版物は、KyberSwapは新しいプラットフォームが小規模なアカウントの複雑なKYCを排除し、暗号の好奇心の強い人々を可能にすることにより、採用を促進することを期待していると述べています。

「EthereumでDAppsを試してみたいと思っている好奇心の強いユーザーを想像してください。20ユーロ相当のETHを少量購入することから始めたいと考えています。速くて便利な方法はあまり多くありません。公式メモによると、Coindirectは、基本的なクレジットカード情報だけで、暗号の少量購入を許可します。 

参考資料:https://oracletimes.com/new-decentralized-fiat-to-crypto-gateway-launched-on-ethereum-for-visa-and-mastercard-users/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

DLTの●●、ジャガーと提携して概念実証へ

分散型台帳技術(DLT)のIotaが、英自動車大手のジャガー・ランドローバー、仏エネルギー・オペレータの研究開発部門のENGIE Lab Crigenと提携して、DLTを用いて電気自動車の用いるエネルギーの発生源などを追跡できるシステムの概念実証を行うことを発表した。 

参考資料:https://btcnews.jp/6s1xkcum28459/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

オンチェーン流動性プロトコルKyberNetworkが最高日次取引高を記録、躍進の理由とは?

分散型取引所(DEX)のエコシステムの中でカイバーネットワーク(KyberNetwork)の存在感が増しています。24時間あたりの取引ボリュームは6月27日に過去最高を記録しました。

オンチェーン流動性プロトコルのKyberNetworkとは

KyberNetworkは、イーサリアム(Ethereum)のオンチェーンで稼働しているトークンをスワップするプロトコルとして、最も主要なプロジェクトの一つです。同プロジェクトは2017年9月にイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行い、2018年2月にメインネットでローンチをしました。その後も精力的なアップデートを続けており、イーサリアムのコミュニティーでは常に中心にいたプロジェクトです。

KyberNetworkは、広義にトークンをスワップするためのプロトコルであると表現できます。同プロジェクトはDEXプロジェクトとして知られることも多いですが、単一のDEXとしての機能だけではなく、KyberNetworkはトークンをスワップするプロトコルとして開発されています。KyberNetworkは、さまざまなDApps(分散型アプリケーション)やイーサリアムの経済活動の裏側でKyberNetworkがスワップを実行できる使われ方を描いています。

KyberNetworkは、自らのビジョンとして「Any Token Anywhere」を掲げています。ユーザーAが物品の購入にXトークンで支払いをしたい場合に、ユーザーBはYトークンで受け取りたいと希望をしても、KyberNetworkが裏側でスワップをできるというペイメントプロセサのようなイメージです。もちろんDEXとしても利用でき、DEXの機能はKyberSwapとして提供されています。ウェブのインターフェイスはもちろん、モバイルアプリも提供されています。(参照:https://kyberswap.com/ )

KyberNetworkでは、全てオンチェーンでセトルメントされ、かつオーダーブックが存在しません。スマートコントラクトを用いた流動性プールに、流動性提供者がトークンをプールして、リアルタイムで買値・売値が算出されます。

ユーザー体験としては、中央集権取引所における「販売所・簡単売買」と同じで使い方は極めて簡単です。DEXとして使用するときも、ペイメントプロセサのような使い方をする際も、流動性プールは同じものを使用します。

また後述しますが、提供されているコードをペーストするだけで、KyberNetworkの交換所にアクセスできるウィジェットを、自身のサイトやアプリに設置することもできます。

関連:Kyber Network(カイバーネットワーク)CEOが語る、分散性の重要性や今後の展望とは?

KyberNetworkの躍進の理由

KyberNetworkの創業者であるロイ・ルー(Loi Luu)氏のインタビューから躍進の理由が読み取れます。主に流動性シェアとコントラクトのみで全てを完結できるプロダクト設計にこだわった2点が強みでしょう。

流動性シェアについてKyberNetworkは、ユニスワップ(Unisawap)とオアシスDEX(Oasis DEX)、ダッチX(DutchX)と流動性シェアをしています。KyberNetworkのコントラクトを通して、トークンAを交換したい人は、例えKyberNetworkの流動性プールにトークンAの十分な流動性がなくともUniswapなどの流動性プールからトークンAを取得できます。

また最近バンコール(Bancor)などがアメリカのユーザーからのアクセス制限などを行っていますが、KyberNetworkはそういったことは行っていません。そもそもDEXのアクセス制限は、それをホストするウェブサイトへの規制で、スマートコントラクトレベルでは規制ができません。

KyberNetworkは全てオンチェーンのDEXであり、そのコントラクトを簡単なSDK(ソフトウェア開発キット)でさまざまなウォレットやウェブサイトから接続でき、現在20以上のインターフェイスから接続できます。

しかし例えば、IDEXなどはオフチェーンで注文板を表示させており、IPアドレスを制限すればDEXの機能全体が使えなくなります。その点でKyberNetworkは、スマートコントラクトそれ自体がプロダクトと言えるので、よりDEX的であり検閲困難です。 

分散型取引所(DEX)のマーケットが大きくなる未来

KyberNetworkのロイ・ルー氏は、DEXのマーケットの非効率性についても言及しています。各DEXのマーケットはまだ非効率でトレーダーのアービトラージ機会がありますが、それを真剣に取り組むトレーダーが現れるほど、DEXのマーケットは大きくありません。

しかし、このような非効率性の解消とマーケットの拡大に伴い機関投資家もDEXの利用に興味を示すはずです。理由はDEXのほうが透明性の高い市場であるためだと回答しています。
直近では、他にDEXの主要プロトコルのゼロエックス(0x)も大型アップデートを控えており、DEXの存在感も今より大きくなるのではないのかと予想されます。 

参考資料:https://coinchoice.net/kybernetwork-recorded-daily-high-trade-reason-rapird-progress_201907/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

KyberSwap新しい指値注文機能をプラットフォームに追加します

2 

2019年7月12日から、KyberSwapのトレーダーは指値注文機能を通して彼らの注文を予定して、彼らの取引を自動的に実行することができるでしょう。指値注文機能は、自分の好みに基づいて取引を行うためにトレーダーが可能になります。

ただし、指値注文機能に付随する唯一の違いは、問題の注文が、価格が指定された指値を超えた場合、またはマージンセットを超えた場合にのみ通過することです。指値注文は、トレーダーが価格の変化を追跡することなく、特定のトークンを売買することになります。指値注文はKyberSwapの最新機能で、プラットフォーム上のユーザーにとって取引が 容易になります。しかし、KyberSwapはそれだけにとどまりませんでした。彼らはさらに進み、指値注文機能を通常のCEXやDEXよりも簡単にしました。

KyberSwap指値注文の追加機能

まず、KyberSwapプラットフォームのどのトレーダーも、資金を入金することなく指値注文を作成できます。さらに、その後者の機能はKyberSwap経由であろうとサードパーティのアプリを通してであろうと全てのトレーダーに利用可能です。それはまた、非管理プラットフォームを使用しているトレーダーの世話をします。KyberSwapは彼らの引き出しやデポジットの取引に対して彼らに手数料を請求しません指値注文機能の下で彼らが支払うであろう唯一の手数料は0.1%である取引手数料です。

KyberSwapプラットフォーム

さらに、指値注文が成立した場合にのみ0.1%の取引手数料が支払われます。KyberSwapは、上記のすべての機能を1つにまとめ、すべてをよりシンプルにするために、指値注文機能とUX / UI機能を設計しました。UX / UIを通じて、エキスパートまたは初心者が指値注文を出すことができるか、または数回のクリックを通して1つをキャンセルすることができるかどうかにかかわらず、あらゆるユーザーを特徴とします。KyberSwapプラットフォーム上で利用可能な70以上のトークンを使用して、トレーダーは御馳走を待っています。

指値注文はKyberSwapのうちまだ有効化されていない機能の1つですが、過去5か月以内にKyberSwapは他の機能をいくつか発表しました。そのうちのいくつかは予測ゲーム、価格アラート、そして新しいトークンスワップユーザーインターフェースを含みます。それに加えて、開発者はすぐにKyberSwapをモバイルiOSアプリにすることに取り組んでいます。アプリは彼らの手のひらの上でそれらを利用できるようにすることによってトレーダーにより多くの取引の力を与えます。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/kyberswap-adds-the-new-limit-order-feature-to-its-platform/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

IOTA [MIOTA] - IOTA財団、すべての主要プラットフォーム用のTrinity Walletをリリース

2 

IOTA財団の公式トークン財布であるTrinity Wallet がついに発売され、すべての主要プラットフォームへのダウンロードが可能になりました。財団は、7月2日火曜日にIOTA Foundationの共同創設者であるDominik Schiener氏と「業界をリードする」財布としてそれを宣伝して発表を行いました。

Walletは、市場で競合するすべてのWallet、特にIOTAトークンをサポートするWalletのユーザー・インターフェースとセキュリティーの両方を向上させます。

「18億ドルを超えるIOTAが処理され、プラットフォーム間で16万を超えるダウンロードが行われ、Trinity財布はすでにベータ版で広く使用されています。プレスリリースによれば、Trinity Walletのフルリリースは、Mac、Windows、Linux、iOS、Androidなどのモバイルおよびデスクトッププラットフォームで利用可能になりました

 

このリリースによると、この財布はサイバーセキュリティ会社のSixGenとAccessecが実施した厳しいテスト段階を経てテストに合格したという。これにより、Trinityユーザーはこれからも財布を使って取引をすることができます。

「我々は、IOTA財団の三位一体の財布に厳しいセキュリティテストと優れた財布のセキュリティへのコミットメントを持って来るために満足している、」イーサン・ディートリッヒ、SixGenの最高経営責任者(CEO)は声明で述べています。「Trinityチームがセキュリティを非常に真剣に受け止め、財布の開発を通じてベストプラクティスを適用してきたことは明らかです。SixGenの綿密なレビューとテストにより、ユーザーは安心して安心してトークンを保存および送信できます。」

財布に同梱されている機能の中には、直感的なデザインの使いやすさ、BlueおよびLedger Nano S、X財布とのハードウェア互換性などがあります。IOTAは実際にはしばらく前から元帳との共同作業を進めてきており、そのようなパートナーシップが期待されます。「TrinityとLedgerは、IOTAトークンの保存とアクセスに比類のないセキュリティを提供します」と同リリースは付け加えました。Trinityウォレットを使用すると、テーマのカスタマイズ機能、バイオメトリック識別セキュリティ、25カ国語のグローバル言語サポート(詳細はこちら)、Secure SeedVaultデジタルバックアップ、そしてコミュニティがデザインした直感的で魅力的なデザインも利用できます。

声明の中で、Schienerは次のように述べています、

IOTA Foundationは、「暗号通貨市場のニーズに確実に対処するためにコミュニティと提携している」と付け加え、「Trinity は、国際的な暗号通貨市場に安全でアクセス可能でコミュニティ主導のトークンストレージを提供するというIOTAの目標を達成します。最高レベルの卓越性を備えています。」 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/