Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

IOTA(MIOTA)3つの進化!

1 


毎秒無制限のトランザクションの機会

IOTAブロックチェーンは、すべてのデバイスが相互接続されるIoT(Internet of Things)専用です。したがって、ソフトウェアをベースとした車両、携帯電話、腕時計、およびその他の電子機器は、相互に接続され、人間の介入なしにデータを送受信します。

現時点では、IOTAブロックチェーンは1秒間に最大1,500トランザクションを処理できるため、IOTA(MIOTA)とその基盤技術はInternet of Things(IoT)の最初のファシリテーターになります。

IOTA Tangle Technology

もつれ技術は、共通のblockchainテクノロジーの機能を有しているが、それはブロックで機能していません。代わりに、IOTA TangleテクノロジはDirected Acyclic Graph(DAG)を採用しています。

ブロックを介して処理されるのではなく、Tangle全体のトランザクションは頂点を介して処理され、2つの以前のトランザクションで検証され、グラフに新しいエッジが追加されます。

現実のアプリケーションとして、IOTA Tangle技術は、将来の量子コンピュータによって使用されるサイバー攻撃から免れることができますが、従来のブロックチェイン技術はそのような攻撃に抵抗しません。そのため、Tangleの技術はBitDice、Augmate、Audi ThinkTank、SinoPac、UNOPSなどで既にテストされています。

ゼロ料金でのIOTA(MIOTA)取引

トランザクションを検証する鉱夫は存在しないため、IOTA(MIOTA)トランザクションはゼロコストで動作します。この素晴らしい機能は、IOTAブロックチェーンがMOBI、MGER、Microsoft、Bosch、Fujitsu、Deutsche Telekomなどの大企業と協力するのを助けました。

結論として、未来がIoT(Internet of Things)によって特徴づけられるように、IOTA(MIOTA)およびその基礎技術は、この未来の重要な部分であろう。

参考資料:https://oracletimes.com/iota-miota-and-its-three-features-that-boost-iota-blockchains-real-world-applications/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

IOTA財団、運営上の問題を解決するために組織改編へ

1 

 IOTA財団は、創設者たちと理事会の協議の内容が漏れたのを受け、運営の上層部で大きな齟齬が生じているのではないかという懸念を鎮めるため、公式声明を8日に出した。

 声明では、IOTA創設者のセルゲイ・ポポフ氏とセルゲイ・イワンチェグロ氏の財団の理事会へのアクセス権が不透明な時期があったが、覚え書(MoU)により両者のアクセスが保証されると説明されている。

 声明では、ドイツで登録されている非営利団体として、IOTA財団は法律の範囲内で行動する必要があり、内規の変更は「監査役会の議決のみによって」可能となると述べられている。しかしポポフとイワンチェグロの両氏が理事会へのアクセスを求めているにも関わらず、監査役会はまだ招集されていない。

 声明では、「諸条件により、IOTA創設者のうち2人が4か月以上『理事の地位を待っている』状態だ」とし、さらに次のように続けている。

「残念ながら、この未解決の問題について十分な優先対応がなされておらず、欠員となっている取締役に対して進展に関する情報提供もない」

 事態が膠着する中、イワンチェグロ氏は苦境にあるドミニク・シュナイダー理事長に辞任を要求している。声明では、「ドミニク氏への辞任要求は、ここ数か月間の状況への感情的な反応だとセルゲイ・イワンチェグロ氏は述べている。IOTAを今日まで支えてきたチームに不可欠な一員として、現状が自分にとってフェアではないと感じている」。

 9月の監査役会の初会合に先立つ暫定措置として、MoUは今月10日までに用意されるべき、と声明は述べている。 

 ここ1年間、財団とシュナイダー氏はともに批判にさらされている。4月、セキュリティ研究者に対し、シュナイダー氏が「平手打ちを食らうべき」と発言して、問題化。また5月には、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンがIOTAとの関係を完全に解消した。大学側は「セキュリティの研究者が、成果の公表について法的措置の脅威にさらされるのは適切ではない」としている。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/iota-foundation-undergoes-overhaul-after-founders-shut-out-of-directors-board 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

「隔絶されたトークン社会」を解決するKyber Networkの戦略とは!?

今回はEthereum Japanの主催する東京都・千代田区で行われたイベントに参加してきました。
このイベントで登壇したプロジェクトは以下の3つ。

  • MetaX
  • Kyber Network
  • Ledger

どのプレゼンもとても面白かったですが、その中でもKyber Networkのプレゼンテーションが興味深かったので、Kyber Networkにフォーカスして内容をお届けします。

プレゼンテーターはKyber Netowrkの日本人エバンジェリストを務めるhory(@hory_BTC)さんです。

今日の仮想通貨における問題点とは?


現在、CoinMarketCapをみるとわかるように、世界中に存在するトークンの数は1,600種類以上存在しています。そして毎月100を超える数のトークンやプロジェクトが誕生してきています。

トークンにはいろいろな種類があり、ユーティリティトークンやセキュリティートークン、ステーブルコインなどさまざまです。そのためユーザの中には玉石混交のトークンが保存されています。


たくさんのトークンが存在することがわかりましたが、ここで疑問があります。それは「それらのトークンを買い物に利用することができるだろうか?」というものです。

まずほとんどのショップでは仮想通貨を受け付けていません。そしてもし仮想通貨の支払いを受け入れているとしても、それらはビットコインやライトコインなどしか対応していません。日本だとNEMやMONAなども多いですが。

つまり仮想通貨でショッピングをしようと思ったら、自分の持つトークンをビットコインなどのメジャー通貨と交換する必要があります。これは非常にめんどうですよね。


同じような問題は、DAppsを使う時にも付きまといます。DAppsの数は非常に膨大ですが、ユーザはDAppsごとにそれぞれ異なるトークンを使い分けないといけません。これも非常にユーザビリティが低いといえるでしょう。


以上のような内容を踏まえて、horyさんは今日の仮想通貨の問題を「隔絶されたトークン社会(Isolated ecosystems of tokennized world)」と表現しています。

それぞれのプロジェクトは良く頑張っているし、毎日価値のあるものを生み出しているけど、それぞれが隔絶されて運用されているので、エコシステム全体にネットワーク効果を持ち込むことができないのです。

言い換えれば、プロジェクト間のコラボレーションが存在しないともいえます。

Kyber Networkはその問題をどのように解決するか?

Kyber Networkは「隔絶されたトークン社会」という問題をどのように解決するのでしょうか?


Kyber Networkは、トークンエコノミーに流動性を提供することでその問題を解決します。具体的には、バックグラウンドであるトークンを他のトークンに変換します。ベンダー側は、ウィジェットが提供され異なる通貨の受け入れに対応することができます。

ただ実際に手に入れるのは、希望のトークンです(イーサリアムなど)。ユーザ側は、Kyber Networkをまったく意識することなく、複数のトークンでの支払いを選択することができます。とても画期的ですね。


これをDAppsに応用すると、自分が好きなトークンでDAppsを利用できるようになります。これはDApps界隈の人たちにとっても朗報なのではないでしょうか。

Kyber Networkのプロダクトとは?


Kyber Networkが提供するのは、分散型流動性ネットワークです。プロジェクトは、Kyber Networkに統合することでトークンの流動性を確保することができます。

Kyber Networkでは、

  • プラットフォームを問わず統合
  • 即座で安全な決済
  • 簡単な統合

を実現することができます。他のスマートコントラクトとも連携しやすいように設計されており、開発者フレンドリーな仕組みであるといえます。

トークンエコノミーの進化をみてみましょう。まず最初のフェーズは、ビットコインが世界初のトークンを作りました。次にイーサリアムの登場によって、価値のある資産をトークン化して規格化することに貢献しました。

そしてKyber Networkはこの進化を推し進めることを目指しています。Kyber Networkは、トークンエコノミーの次のステップとしてトークンの流動性を高めることが必須であると考えています。

参考資料:https://coinchoice.net/what-is-kyber-networks-strategy/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

Kyber Networkのロードマップで非常に重要な点が2つあります。

それは、

  • Opening up Reserves
  • Gormos

です。

Opening up Reserves」では、Kyber NetworkのReserve poolをオープンにすることにより、ユーザがKyber Networkの了解を得る必要なしに、新しいトークンを追加することができます。これにより将来的には、取引所に上場をしていないトークンもKyber Networkで利用できるようになることを目指しています。

Gormos」は、Kyber Networkのスケーリングソリューションです。Kyber Networkでは当然、たくさんのトークン交換をさばかないといけないわけですが、既存のシステムだと十分に対応できないことが想定されます。

それをGormosというプラズマチェーンの中でシャーディングする仕組で、取引ペアを各シャードで対応することにより、処理を高速化することが可能になります。Gormosの詳細については時間が経つにつれて明らかになっていくようです。

Kyber Networkの日本コミュニティに参加しよう

Kyber Networkは、とても重要な役割を果たそうとしています。そのため進捗を追いかけることが賢明ですが、英語だとなかなか情報が取りづらいことがあります。そこで朗報です。Kyber Networkは、日本コミュニティをオープンしました。

Twitter:@kybernetwork_JP
Telegram:@KyberJapanese

Kyber Networkに興味がある人は、ぜひぜひ日本コミュニティに参加してみましょう。

IOTA(MIOTA)のQubicプロジェクトはめちゃくちゃ魅力です!

1

IOTA はQubicプロジェクトの毎月の更新リリースしました報告書によると、Qubicチームは、QubicとIOTAネットワーク内の他のプロジェクトとのチーム統合を改善するために真剣に取り組んでいます。

キュービックの主な目標は、メッセージングと支払いのためのIoTの世界標準となることです。

これは、人々が監視された安全な環境で安全にコミュニケーションをとることを可能にする無料のIOTA交換によって行うことができます。

キュービックの動向

キュービックは、キュービック議定書とアブラ言語と呼ばれる発展途上の分野に属しています。

開発の前半はQubicプロトコルに焦点を当て、チームはすべてのQubicトランザクションのローカルコピーを保持するローカルQ-Tangleの構造を維持しながら、Tangleメッセージのレイアウトを開発しました。

開発の後半は、Abraの定義に終わり、コンパイラを起動するために使用されました。IOTAは、公式ブログで、ソースコードパーサーについて多くの進歩があったと語った。

当チームの目標は、コンパイラをセットアップし、最初の文書をAbraのさまざまな部分で作業を開始できる状態にすることです。

IOTAは白紙にも取り組んでいます

IOTAによると、彼らはまた、主にネットワークのためになされた改善に焦点を当てた白書に取り組んでいると言います。

アップデートの最初のバージョンは今月の第2週までに評価の準備が整っているようです。同社は、公衆のために準備を整えるための分析も行っている。

「最後に、Qubicプロジェクトの現実的な側面のいくつかを見てきました。私たちは、過去1ヶ月に言及されたゲートウェイのコンセプトをより明瞭に文書化しようとしています。なぜなら、コミュニティがどこでそれについて考えるのかを知りたいからです。現時点でまだ曖昧な回答しか残っていない内部およびコミュニティの質問の数」と公式のブログ記事が読んでいます。

ご覧のように、IOTAは未来のためにかなり計画されており、彼らはすべてのプロジェクトを開発するために懸命に働いています。

参考資料:https://oracletimes.com/iota-miotas-qubic-project-is-set-to-become-more-appealing-for-the-public/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング





台湾に続いて!キューバのウェブサイトのためのIOTAの暫定ロードマップが出ている

1 


IOTAはTrinity Mobile Walletを発売し、TangleベースのIDカードとドイツ自動車大手Volkswagenとのパートナーシップを明らかにしたことを考慮して、2018年に大きな成果をあげています。

彼らがチームにとって最も重要なマイルストーンの1つであると考えているプロジェクトの詳細を発表したことを忘れてください。IOTA Qubic

キュービックのウェブサイトは、分散ネットワークで計算を実行できるマシン経済を作り出すことを望んでいます。これは、スマート契約、オラクルマシン、および外部委託計算用に特別に設計されたオラクルによって迅速に行われます。

チームは最近のブログ記事でQubicのステータスに関する詳細を提供しています。彼らは最終的な最終的なロードマップをまだ明らかにしていない。

しかし、これまでに知っていることは、QubicロードマップがTrinityウェブサイトのロードマップに似ていることです。

キュービックロードマップ - アウトラインが公開されました

Qubicは、タスクを作成するために使用されるQubicプロトコルとAbra言語の2つの開発作業です。

これらの2つは6月に多くの進歩を遂げました。私たちが上で述べたブログ記事に記載されている目的は、広範な概要として機能します。チームは追加と変更をさらに見込むことを期待しています。

あなたはQubicプロトコルとアブラで利用可能な詳細について読むことができ、ここで IOTAのブログ上を。

キュービックはIoTのバックボーンです

キュービック社は、特にそのネットワークへの影響のために、コミュニティから来るたくさんの興奮を引き起こしました。

IOTAの絡みは、データを送信して同時に分析する間に何十億ものデバイスを接続する時代であるIoTの次世代には理想的です。

キュービック社が計画していることは、これらのデバイスが相互により迅速に対話できるようにすることです。

これは機械の経済を促進する。その中心にはすべてIOTAのもつれがあります。Qubicは、スマートコントラクト、オラクルマシン、アウトソーシングされた計算などの3種類の計算に焦点を当てることにも注目しています。あなたは、同じブログ記事に目を向けることで、このすべてについてもっと知ることができます

参考資料:https://oracletimes.com/iotas-provisional-roadmap-for-qubic-website-is-out-preparing-for-the-upcoming-age-of-iot/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング