Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

DAG

IOTAがスマートシティをテーマにハッカソン 仏自動車大手ルノーなどがサポート

1 


IOTA財団は25日、スマートシティをテーマにしたハッカソンを開催すると発表した。フランスの自動車大手ルノーなどがスポンサーとなり、IOTAの分散台帳技術「Tangle(タングル)」を活用し、自動車のデータのトランザクション管理などのスマートシティに必要なソリューション開発に取り組む。

ハッカソンでは、ルノーなどの企業パートナーから提案されたスマートシティの課題を解決するためのソリューション開発を行う。自動車のデータ管理がテーマの「スマートモビリティ」、電力取引ネットワークなどを扱う「スマートエナジー」、IoTでビルメンテナンスを行う「スマートビル」、都市内のデータを収集する「スマートディストリクト」の4つの分野を扱う。

4月6日までにHackster.ioのプラットフォームを通じて、ソリューションを提出してもらう。優秀なソリューションを開発したチームにはIOTAトークンによる賞金が支払われる。賞金の対象者は4月13日に発表される。

IOTAの分散台帳技術「Tangle」は、IoT(モノのインターネット)向けに開発されたシステムだ。ブロックやマイニングといったブロックチェーン技術のベースとなるものを使わず、DAG(有向非巡回グラフ)を活用するモデルであるのが特徴だ。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/iota-launches-hackathon-smart-city-contest-sponsored-by-groupe-renault 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

12億円相当の仮想通貨IOTAを盗難 欧州の警察当局が英国で容疑者逮捕

1 


ドイツや英国の警察当局は、1000万ユーロ(約12億円)相当の仮想通貨IOTAを盗んだ容疑で、36歳の男性を逮捕した。欧州刑事警察機構(ユーロポール)が発表した。

ユーロポールの発表によれば、逮捕された男性は2018年1月以降、85人以上の人物から1000万ユーロ相当のIOTAを盗んだ。仮想通貨ウォレットからIOTAが盗まれたという被害届がドイツのヘッセン州で出され、18年はじめから捜査が行われていた。

逮捕された男性はIOTAのユーザーを標的にしたサイトを運営していた。IOTAのウォレットは81桁の「シード」(パスワード)で保護されているが、男性のサイトに設置したシードジェネレータはユーザーのシードを取得する仕組みになっていた。男性は取得したシードを使って、ユーザーのウォレットからIOTAを盗み出した。

ドイツの警察当局は18年7月に容疑者を特定。ユーロポールが関係機関の調整を進めていた。今回、ドイツのヘッセン州警察や英国の国家犯罪対庁、ユーロポールが男性を英オックスフォードで逮捕。男性宅を家宅捜索し、コンピュータや電子機器も押収した。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/international-police-collaboration-leads-to-arrest-of-suspect-in-11-million-iota-theft 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

IOTA(MIOTA)が2つの巨大企業との提携により2019年第1四半期を開始

1 


2019年は、暗号通貨がフィンテック業界でその本質を証明するもう1つの瞬間を迎えます。それは人々がそれについて持っていた否定的な偏見思考を信じる必要があります。市場は依然として不利に見えますが、IOTA(MIOTA)は遅れた栄光の瞬間が始まる前にパートナーシップとの関係を強化し始め、それまでに最高の状態になることができます。

その年が次第に進むにつれて、IOTA Foundation KickはIBCS Polandとの合意を得て活動を開始しました。そこでは、TangleテクノロジとMasked Authenticated Messaging(MAM)が運用活動に利用されることになります。また、Crypto Finance AGの子会社であるCrypto Storage AGは、ブロックチェーンプロジェクトとのコラボレーションを発表し、その結果、初のマルチストレージ暗号インフラストラクチャソリューションが誕生しました。

IOTA(MIOTA) - IBCSポーランド

世界中でサプライチェーンの不規則性が高まっているため、大規模および中規模の企業は救済手段の選別を始めています。そのため、IBCS Polandは、サプライチェーン内の資産の追跡と追跡のためのIOTAを活用したソリューションに目を向けました。

システム間の相互運用可能な保管チェーンを確保して資産と商品の輸送を管理することで、IOTAはIBCSグループの顧客が中央ヨーロッパ全体での配送計画と出荷の強化を支援します。

しかし、グローバルな貿易とサプライチェーンを可能にするというIOTAのビジョンの見本は、IBCSポーランドの概念実証(PoC)です。また、市場で追跡ソリューションとして企業によって使用されている「ibcsTracker」は、IOTAのオープンソースの追跡追跡アプリケーションで開発されました。

IOTA FoundationのディレクターであるHolgerKötherは、次のように述べています。「サプライチェーンの資産管理は、IOTA Tangleが明確かつ即時の効果を発揮できると確信している分野です。」

IBCS Groupの会長であるBrian Marcel氏はまた、このパートナーシップが、今日の配達および海運業界におけるいくつかの課題に対する解決策を提供するための確固たる基盤を築くのに役立つと指摘しました。

「最初にポーランドでIOTA Poweredソリューションを開発しましたが、次のステップは中央ヨーロッパ全体の他の国に拡大することです。最終的に、私たちの目標は、サプライチェーンのどこに主要な資産が存在するかをよりよく理解し、それらの資産の効率性と戦略的管理を推進することです。」とMarcel氏は述べました。

IOTA(MIOTA)Crypto Storage AGとのパートナーシップ

一方、Crypto Storage AGは、非営利団体であるIOTAと提携し、IOTAテクノロジを使用する概念に取り組んでいる業界の金融仲介業者や重要なパートナーの要求を満たすストレージソリューションを開発しました。

このコラボレーションは、個人投資家および公共投資家、機関投資家、ならびに受益者に、IOTAトークンへのアクセスを安全に管理する能力を付与するように構成されています。

さらに、個別のインフラストラクチャと明確な承認プロセスを通じて、ユーザーには別のレベルのセキュリティが提供されます。 

参考資料:https://oracletimes.com/iota-miota-begins-q1-2019-with-partnership-from-two-giant-firms/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

IOTA(MIOTA)が10のアレ

1 

210以上の提出されたアイデアを検討した後、IOTA(MIOTA)はブロックチェーンのエコシステムを強化する力を持つ10の未解決のプロジェクトを慎重に選択しました。

今日のIOTAによる発表で、IOTA財団は、偶然にも大成功を収めPerfect Brainstormが、IOTAエコシステムに10個の無意味な革新を追加する道を開いたと宣言しました

最初の3つのアイデアが賞金を受け取る間、選ばれた10のプロジェクトはそれぞれIOTAブランドの元帳ハードウェア財布を獲得しました。

上位3つのプロジェクトのうち、Vessel Demurrage&Dispatchは、Leif ArneStrømmenとErik Aadlandによって海運業界向けに革新されました。

海運業界が毎年全世界の貿易の90%以上を担っているという事実を考慮して、Vessel Demurrage&DispatchはIOTAのもつれでセクションを混乱させることを目指しています。

このアイデアは、ジオフェンシングとAIS信号を使用して、船舶の到着と出発を記録するプロセスを自動化します。このイノベーションにより、港はすべての料金の船舶への請求を自動化することができます。

もう1つは、Johannes Schrothが設計しLogIOTA Aid Systemです。この革新技術は、マイクロペイメントを利用してフラッシュチャンネルを使用して水の分配と水消費量の制御を実現します。

3つ目のプロジェクトは、Nicolas SchteinschraberとFederico GonzalezによってもたらされCircular Energy Managementです。アイデアは都会の環境のためであり、電力のレンタルと共有サービスの円滑な運営に捧げられています。

その他のプロジェクトには、CO2TA:IOTAを使用した排出量の追跡、Tangleに裏付けられた水質、Smartes Bauwesen、monitorIOTA、Haystack Protocol、RaspiTINなどがあります。

IOTaは、インターネット業界を完全に変える可能性を秘めた数多くのイノベーションをIoTの世界に提供しています。

IOTAはモノのインターネットの未来であると多くの人が考えています。IOTAによって封印されたさまざまなパートナーシップとIoT業界を再構築する準備が整っていることから、ブロックチェーンプラットフォームがIoTの父と未来であることは間違いありません。 

参考資料:https://oracletimes.com/perfect-brainstorm-iota-miota-gets-fortifications-from-10-outstanding-projects/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

フォルクスワーゲンは、IOTA基金の助けを借りてブロックチェーン対応車を将来的に!!!

1 


フォルクスワーゲンの将来のビジョンには、所有者に代わって暗号化財布を使って取引を行う自律型車が含まれます。これはしばらく前に噂されていましたが、現在、自動車メーカーのブロックチェーンの責任者が再確認しました。

「私たちは自律車にあなたのサービスを提供(提供)し、自費でこれらのサービスを自律的に支払う必要があります」と昨年8月以来フォルクスワーゲンのブロックチェーンプロジェクトに取り組んでいるBenjamin Sinram氏は述べています。

シムラムはイスラエルに飛んで、Smart Mobilityと呼ばれるイベントで基調講演を行いました。スマートシティ、輸送、物流の分野でイスラエルの新興企業を支援するコミュニティ組織であるEcomotionが主催するBlockchain Technologiesに会います。

同氏は、ブロックチェーン技術は、取引が高水準の透明性と不変性を伴うことを可能にするため、魅力的であると述べた。

Sinramのブロックチェーンチームは、高級スポーツカーの子会社であるポルシェとグループの金融サービス部門を含む、フォルクスワーゲン家庭のさまざまな事業部門とのプロジェクトに取り組んでいます。

CarPassサービスはIOTA財団の支援を受けます

このプロジェクトにはDigital CarPassというサービスが含まれています。

これは、分散元帳を使用してマイレージなどのデータが確実に信頼できる車両のレポートカードの一種です。

この技術の発展を支えるために、フォルクスワーゲンはベルリンに本拠を置く非営利団体であるIOTA財団と、暗号空間で最も有名な取り組みの1つを選んだ

CarPassは2019年の早い時期に打ち上げられるとSinramは述べた。

さまざまな車両のソフトウェアコードの文書化

Sinramはまた、特定の車両に組み込まれたソフトウェアコードの文書化に焦点を当てたプロジェクトを発表しました。彼が与えた例では、「事故が発生した場合、ブロックチェーンにより、現在のソフトウェア版の車を文書化して証明することができます。私たちはデータの完全性について公的な証拠を持っています。

このような技術は、フォルクスワーゲンが車のテスト時に通常よりも低い排出量を出すように、いくつかの車種のエンジンをプログラミングすることを認可した、ディーゼル排出ガスの不正行為スキャンダルへの対応を提供する可能性がある。

Sinramは、同社の主な焦点は顧客のニーズであり、IOTAは今後のプロジェクトをサポートすると言って結論づけました。


参考資料:https://oracletimes.com/volkswagen-will-build-blockchain-enabled-cars-in-the-future-with-the-help-of-iota-foundation-the-partnership-is-reconfirmed/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング