Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

Huobi、ロシア、フィリピン、台湾、インドネシア、カナダのパートナー取引を開始

1 


5つのパートナー、5つの新しい取引所

中国のデジタル資産とサービスプロバイダーHuobiは、5つの地域で暗号化交換を開始する5つのパートナーを選択したことを発表しました。

Huobi、ロシア、フィリピン、台湾、インドネシア、カナダのパートナー取引を開始Huobiは、世界最大の暗号化交換の1つであり、この執筆時点では24時間の取引量が$ 915,183,234であるとCoinmarketcap氏は述べています。Huobiはシンガポール、米国、日本、韓国、香港、タイ、オーストラリアにオフィスを構え、130カ国以上で何百万人ものユーザーにサービスを提供していると主張しています。

サザンチャイナモーニングポストによると、5社はヤタイインターナショナルホールディンググループ、Vnesheconombank、Chi Fuグループ、アジア国際ファイナンスホールディングス(AIF)、Dbankグループである。各パートナーはHuobi Cloudを利用して、「フィリピン、ロシア、台湾、インドネシア、カナダのそれぞれで新しい暗号化交換を設定する」と同誌は付け加えた。

Huobiは木曜日に明らかにした:

法人パートナーはまた、Huobiの注文統合システム、財布システム、資産管理および清算システムを共有します。Huobi Globalの世界的な深度、流動性および市場データに加えて、

同社は7月20日、「パートナーが安全で安定したデジタル資産交換を迅速に構築できるようにする」ことを目標に、Huobi Cloudを正式に開始した。

打ち上げスケジュール

Huobiは、新しい取引所がパートナーによって開始される時期について、大まかなスケジュールを提供しています。8月22日にインドネシアのバリ島での取引が開始される予定です。台湾のものはShubao Digital Asset Exchangeと呼ばれ、8月26日に開始されます。モスクワのものは9月3日に開始されます。プレスリリース時のカナダでの取引所の開始日。

上記パートナーの1人が既に開始した唯一の取引所はフィリピンです。それはHuibiと呼ばれています。8月12日に発足し、マニラに本社を置き、ヤタイ・インターナショナル・ホールディング・グループが共同設立しました。

Huobi、ロシア、フィリピン、台湾、インドネシア、カナダのパートナー取引を開始
フィリピンでのHuibiの交換。

Huibiは、そのプラットフォーム上にUSDT、BTC、ETHという3つの市場をリストアップしています。USDT市場では8つの取引ペア、BTC市場では7つ、ETH市場では26個の取引ペアが利用可能です。正式なサポートはありません。

Huobiは米国でのプレゼンスを拡大しています。8月15日水曜日、同社は今夏初めに米国のセキュリティトークン取引プラットフォーム「Openfinance Network」と「重要な投資を含む戦略的提携を結んだ」と発表しました。これは、HuobiがHbus交換の開始に伴って米国市場に参入しようとした最近の試みに続くものです。

参考資料:https://news.bitcoin.com/huobi-exchanges-russia-philippines-taiwan-indonesia-canada/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

アマチュア投機バブルは終了!乙!

Cryptocurrency市場は成熟するでしょうか?

アマチュア暗号投資家がバーストを起こした、日本の専門家は言う日本での暗号侵害をめぐる全体的な興奮と混乱は、規制が強化されるにつれて終わった。 Bitcoinを取り巻く環境は、多くの点で今年は劇的に変化しました。昨年12月、1 BTCの最高値は250万円(22,500ドル)だったが、1月26日には580億円(5億2000万ドル)相当の70万円(6,300ドル)で半減した。暗号化のNem(NEM)は、ローカル交換機であるCoincheckから紛失しました。

「今年初めまで続く暗号解読の過熱感は単なるバブルだった」と田代雅之は語った。日本の金融庁(FSA)は2日、即時措置を講じ、企業や他の暗号交換を急いで、何が起きているのかを突き止めた。その後、主要登録企業を含む6社が6月に重い行政制裁を受けた。BTCの価格は60万円(5,400 $)まで下がった。現在、1人のBTCの価格は約80万円(7,200ドル)だが、市場アナリストはいつも変化している状況だと指摘した。

バブルが終わった後、暗号の実際の価値が表示される

バブルが終わった後、暗号の真の価値が現れると、専門家は言う。昨年1月東京で行われた記者会見で、暗号検査を守らなかったことを謝罪したことで、全体的な価格が急激に下がり、暗号侵害を規制する動きが急速に加速した。 「昨年12月のBTC先物取引市場を開始した米国の先物トレーダーたちも、この状況に多大な影響を与えた。そして、先物ヘッジファンドは、バブルの影響を強く受けて、市場に参入した」とタシロ氏は説明する。「価格​​が下がるほど、売る傾向が強くなる。バブル崩壊の最大の要因は、暗号化に投資した経験のない初心者の行動だ」と付け加えた。

アマチュア暗号投資家がバーストを起こした、日本の専門家は言う

「まず株式で見るように、PER(Price Earnings Ratio )やPBR(Price Book-Value Ratio などの暗号を用いた投資措置はないので、そうでない人には触れないでくださいそれを理解します。確固とした理解がなければ、初心者は暗号に関与してはいけませんでした」とタシロ氏は説明します。日本の暗号業界は、4月に日本暗号暗号協会という自主規制協会を設立し、10月までに自主規制ルールを策定する予定である。暗号に関するルールや規制は世界的に強化されており、全体的な暗号ブームは消滅したようです。

暗号はまだ顕著な市場です

アナリストらは、「ルールの強化は良い動きだ」とし、「悪質な暗号ベンダーが撤退し、強力なアンチ・マネー・ロンダリング・システムが内部的に設置されるため、人々は安心して投資できるようになるだろう交換 "とTashiroは言います。さらに、昨年のBTC価格は40%以上2倍以上上昇した。リーマンショック時の日経平均と同じ数字だ。近い将来、それ以上には達しないかもしれませんが、80万円(7,200 $)の範囲で引き続き上昇が見込まれます。現時点での価格帯は約3万〜4万円(270〜360ドル)ですが、常に上昇しているので、暗号はまだまだ注目すべき市場です」「今後の市場動向については、個人的には「タシロ10月には規制の概要がまとめられ、より安全と感じる投資家が戻ってきます。昨年ほど過熱することはないと思うが、BTCが100万円(9,020ドル)の価値を引き戻すことができると思う。

アマチュア投資家が誘致したバブルは終わっており、規制の強化は、投資家の暗号暗号市場における保護の観点からは、むしろ確実な成果である。この日本語の専門家の観点からは、まだ暗号に収まる余地があるようです。

参考資料:https://news.bitcoin.com/amateur-crypto-investors-caused-the-burst-japanese-expert-says/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

世界銀行が初のブロックチェーンベース債券「Bond-i」を発行へ

「Bond-i」ブロックチェーンベースの新しい債務証書

Bond-iは、「blockchain offered new debt instrument(ブロックチェーン技術が提供する新しい債務証書)」の略語である。Bond-iはまた、ボンド発行幹事社にちなんで、シドニーの有名な海岸Bondi Beachの名前をそのまま受け入れている。Bond-iは、DLT技術を使って発行、維持、分配される初のデジタルボンドである。

厳密に言うと、Bond-iは銀行が発行する世界初の債券ではない。ロシアのスベルバンク(Sberbank/ロシア連邦貯蓄銀行)が5月、Fabric Hyperledgerを使って1200万ドル相当のルーブル建てコマーシャルボンドを発行している。両者の違いは、Bond-iがグローバルなブロックチェーンボンドであるのに対して、後者は単に国内向けのブロックチェーンボンドであること。

参考:Sberbank

▼世界銀行(World Bank)公式Twitter

豪州ドル建てでEthereumネットワーク通じて5000万ドルから1億ドル調達

Bond-iはオーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)のブロックチェーンラボで開発され、当面の利害関係者はCBA開発による取引プラットフォーム上のノード参加者ということになる。ブロックチェーン・プラットフォームは、Microsoftの協力によるAzureクラウドプラットフォームとなる。ボンド発売で得られた収益はすべて、世銀の目的に沿って人道的なプロジェクトに支出される。

世銀債はCBAが発行・管理するオーストラリアドル(AUD)建てとなり、Ethereumのプライベートネットワーク上で分配される。世銀はCBAのほか、米金融グループNorthern Trust、会社法律事務所King and Wood Mallesons、オーストラリア保険グループQBE、同ビクトリア州金融当局Treasury Corporation of Victoriaなどとこの事業で提携する。

世銀はCBAを通じて、当面5000万豪ドルから1億豪ドルの資金調達を予定している。償還期間は未定。処理能力の高いブロックチェーン技術を使うため、これまでのT+2(2営業日)はT+minutes(ほぼ即時決済)に縮小可能となり、取引の安全性と確実性が一挙に高まる。

調達資金はすべて国連の持続可能な開発計画(SDG)に充当

CBA金融機関グループのジェームズ・ウォール本部長は「世界銀行との提携を喜んでいる。われわれは貧困撲滅と言う目標達成のため、金融ソリューションの効率を高めるブロックチェーンなど革新的なテクノロジーを利用する世銀のビジョンンを完全に支持する」と語った。

Bond-iに対する投資家の関心は高い。世銀とCBAは、幅広い投資家集団との協議期間を設けた後、世銀債の発売を開始する。調達資金は国連の持続可能な開発目標(SDG)のプロジェクトに全額充当する方針であり、「sustainable bond(サステナブルボンド、持続可能な債券)」と位置づけている。世銀は年間、SDGプロジェクトのため500-600億米ドルの各種世銀債を発行している。

参考資料:https://coinchoice.net/issue-world-bank-bond-bond-i-blockchain/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

LINEが11億円のベンチャーファンド設立、ブロックチェーン企業に投資

1 


LINEは15日、韓国でブロックチェーン技術を扱う子会社アンブロック(Unblock)を通じて、トークン・ベンチャーファンド「アンブロック・ベンチャーズ」を7月に立ち上げたと発表した。規模は1000万ドル(約11億1000万円)。ブロックチェーンのスタートアップに投資する。

 LINEの仮想通貨事業やブロックチェーン関連事業を展開するグループ会社のLVC(東京・新宿)が同コーポレート・ファンドに単独で資金を拠出。仮想通貨やブロックチェーンの採用を加速させ、業界の成長に合わせて、将来的には同ファンド規模を拡大させる。

 LINEは同日、シンガポール子会社のLINE Tech Plusが運営する仮想通貨取引所BITBOXに、トロン(TRX)を上場させている。上場審査の委員会を通した初めての上場コインとなった。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ginco-get-official-licence-as-bitmains-mining-machine-repair-shop 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

インド政府、メトロや航空券などの公共機関で遂に!

1 

暗号トークンを電車のメトロカード、航空券のマイレージに利用検討

同委員会は、ブロックチェーンを利用し現金をトークン化したものを、メトロの乗車カードなどに導入することを考えている。

報じられた内容によると、財務省幹部の話として、メトロカードなど公共機関のスマートカードの代わりに暗号トークンを利用することが検討されているということだ。

また、ビジネスではポイントサービスでの導入、例えば航空券のマイレージプログラムとして、獲得した暗号トークンを、現金化は出来ないものの、次の航空券の購入に充てられるというサービス(ロイヤリティー・プログラムなど)があり得るという。

インド最大手銀行の代表も仮想通貨検討委員会に参加

2017年に財務省が設置した仮想通貨に関する検討委員会には、税を取り締まる経済局のほか多数の省庁と、中央銀行や国内最大のインドステイト銀行の代表者が参加している。

同委員会は国内での仮想通貨関連の規制枠組みを提言するため、国内外の状況調査、他国の法的規制枠組みの研究、マネーロンダリングなどの不正対策の調査に取り組んでいるが、進捗は予定より大幅に遅れている。

一方でインド中央銀行は2018年4月、銀行を含むすべての金融機関に対し、仮想通貨企業との取引を禁止する通達を出した。

経済局秘書で検討委員会会長を務めるSubash Chandra Garg氏は、6月にテレビ放送されたインタビューでは、仮想通貨に関する規制の草案は7月前半にまとめると話していた。しかし今回の現地メディアのインタビューでは、日々更新されるテクノロジーが関係する仮想通貨の規制整備は容易ではなく、時間がかかっていると説明している。

参考資料:https://coinchoice.net/consider-using-cryptotokens-in-india-and-public-traffic/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング