Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

Etherscanは、分散型交換の魅力を高めるための新機能を導入

cryptocurrencyの世界は常に進化しています。既存のサービスプロバイダは、定期的に新しい機能を導入する必要があります。Etherscanは、非常に魅力的ないくつかの新しいツールに取り組んでいます。この最新の更新はまた、Ethereumに関連する分散型エクスチェンジエコシステムがかなり急速に成長していることを示しています。

Etherscanユーザーのためのツール

ほとんどの暗号化ユーザは、Etherscanを使用してERC20トークンバランスとネットワークブロックを追跡します。これは価値のある機能ですが、プラットフォームはより多くの可能性を提供します。最新の新機能は、その点をかなり完全に示しています。ここ数週間、さまざまな新しいツールが導入され、生態系がどのように進化しているかについての幅広い洞察が得られました。

より魅力的な機能の1つに、分散型交換オーダートラッカーがあります。分散型エクスチェンジでは、ユーザーが第三者に資金を信用する必要はありません。トレーダーはピアツーピアのやり方で合っているので、公式の注文書はありません。今日、暗号の世界には様々なDEXが存在しています。Etherscanは現在、それらのうちのいくつかを追跡していますが、そのリストは時間の経過とともに増加し続けます。

この機能により、ユーザーはどの取引がどのDEXで行われるのかを知ることができます。このタイプの交換モデルをより魅力的なものにすることは大きな前進です。これまでのところ、これらのプラットフォーム間のボリュームはまだ比較的低いです。それでも、この段階ではこの情報をすべて追跡することが非常に重要です。


DEXの台頭

Etherscanが提供する別の機能を見て、DEX 注文書を比較することが可能になります。この「注文帳」は、すべてのプラットフォームで追跡された最近の取引活動に基づいています。これにより、ユーザーは取引の対象となる場所を特定し、潜在的な取引を絞り込むことが容易になります。この情報はかなり定期的に更新され、同様に売買することに焦点を当てています。

分散型の取引所は徐々に進んでいます。集中型取引プラットフォームほど普及していませんが、人気は高まっています。これらのソリューションにもっと流動性を持たせることで、物事はここから改善することができます。このようなDEXオプションについては、Etherscanを使って学び、ビジネスモデルを理解するのがずっと簡単になります。

これはすべて、Ethereumの生態系が着実に進化していることを示しています。Cryptocurrencyは、その中心で、分散型ピアツーピアファイナンスに関するものです。この点で、分散型取引プラットフォームは進化の次の論理的なステップです。DEXが一元化された取引プラットフォームを置き換えるまではまだまだ進んでいます。Etherscanがこの業界を垣間見ることで、多くの成長が期待されます。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/21/etherscan-introduces-new-features-improve-appeal-decentralized-exchanges/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

タイで仮想通貨取引に係る付加価値税を免除

タイ政府は、仮想通貨の取引に係る付加価値税(VAT)を免除すると発表した。VATは、日本でいう消費税にあたり、免除されることにより仮想通貨の取引を行うトレーダーの税負担が軽減される。一方、トレードで得た利益に対しては税金が課せられる。

タイの内閣府は今年3月、仮想通貨に関する新たな2つの法案を議会に提出していた。1つ目は仮想通貨取引の税制に関するもので、2つ目はICOに関する法案だ。

国内歳入庁のSaroch Thongpracum長官は、地元メディアに対してVATは免除されると話している。以前までのタイでは、仮想通貨には7%のVATとキャピタルゲインの15%の税金がかかってた。正式な法案の成立は7月を見込んでいるようだ。

ICOに関しては、証券取引委員会(SEC)などの規制当局の監視のもと合法として認めていく方針だ。

SECのRapee Sucharitakul氏は、ICO市場に関して以下のように語っている。

「規制することで投資家を保護しICO市場は健全に成長していくだろう。ICOへ参加する投資家は、その中身を熟知する必要がある」

法案の成立後は、企業などもICOを行い資金調達をすることができる。ICOトークンの保管や取引を行う事業者は、金融庁への登録が求められる。

法案が正式に成立する前段階ではあるが、タイは前向きに仮想通貨を規制しようとしていると見ることは可能だろう。

仮想通貨は、インターネットを通じて国境を越えての移動が容易であるため、高い税金を課せばトレーダーは国外の取引所を多く利用するようになるだろう。資金は国外へ流出し、取引の把握も非常に困難になる。規制当局は、仮想通貨の特徴や技術を理解し慎重にルール作りを進めていく必要があるだろう。

参考資料:https://btcnews.jp/y7q8ljfs16331/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Phlippinesの最大の銀行がBitcoin採掘装置を展示

世界中の金融機関がBitcoinに関心を持っています。ユニオンバンクは最近、ビジネス会議でその暗号侵入鉱夫を実演しました。それは、世界の主要な暗号侵害がどのように国の法律上の入札であるかを考慮して、興味深い発展です。フィリピン最大の銀行がBitcoinに入ると、面白いトーンが設定されます。


ユニオンバンクと暗号化

フィリピンは常にBitcoinにとって重要な地域でした。暗号化に依存するいくつかの送金サービスの本拠地です。さらに、政府はBitcoinが送金目的で使用できることを明確にした。これは、実世界のユースケースで使用されている世界をリードする暗号化の検証です。これまでのところ、フィリピンは、近年この特定の措置を取る唯一の国の一つです。

同国最大の銀行、ユニオンバンク(Unionbank)は最近、ビジネス会議中に暗号違反の鉱夫を紹介した。重要とは思われないかもしれないが、それは暗号の乱用に対するもう一つの賛否両論である。Bitcoinの鉱業部門ではありませんが、この機関はcryptocurrenciesに興味があることを示しています。

このベンチャーがどのように正確に切り分けるのか、少し不明なままです。この日までに、銀行はそれがまだどんなcryptocurrency採掘作業にも関与していることを確認していない。それでも、彼らはここに秘密のcryptocurrenciesです。最近、ますます多くの銀行が暗号侵害の勢いに乗っています。トレーディングデスクから採掘作業に至るまで、物事は確かに興味深い方向に向かっています。

ビトコインとフィリピン

ユニバンバンクが暗号侵害またはその基盤技術に興味を示すのは初めてではない。今年の初めに、この機関はブロックチェーン決済システムを発表しました。このベンチャーはVisaと一緒に開始されます。この機能には暗号化通貨は含まれていませんが、その基盤技術がフィリピンのビジネスモデルを効果的に変革できることを示しています。

さらに、フィリピン政府、クリプトカルトの「経済圏」を導入した。このゾーンでは、暗号化企業はライセンスされた環境での運用が許可されています。意外にも、このベンチャー企業は国際企業から多くの注目を集めました。特に、日本、マレーシア、香港の企業はこのオプションに関心があります。経済圏は、取引所、鉱業、初期コインの提供など、すべてのビジネスモデルに対応しています。

このすべては、Bitcoinユーザーのわずかな取り締まりとは対照的です。フィリピンの全国警察はこれまでBitcoinersを逮捕している。これは主にPonzi Schemeの実行に関する主張によるものです。さらに、この国では雲南採掘はまだまだ眉をひそめています。フィリピンのBitcoinの状況は今、興味深い方向に向かっています。ユニオンバンクの最近の「支持」は、この点で驚くべきもう一つの進展です。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/18/unionbank-showcasing-cryptocurency-mining-hardware-raises-some-interesting-questions/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Binanceが仕掛ける!

1 


一部の人々は依然としてCryptocurrencyに取り組むことに警戒していますが、世界で最も知られているExchangeの最新ニュースは、人々を暗号世界に派遣するインセンティブとなるかもしれません。

Binance、中国の暗号化交換と財布をベースにしたTwitterで、同プラットフォームでのユーザー紹介報酬を2倍にすると発表した。

両社のプラットフォームで公開されプレスリリースでは、Binanceは、少なくとも500のBNBを持つユーザーの場合、40%の紹介手数料報酬を2倍にし、2018/05/19からの開発になると述べた。

Binanceは、 2018年5月19日午前0:00(UTC)から開始し、500 BNB以上を保持するすべてのアカウントのために40%の紹介手数料報酬を倍増する」文は読み

このリリースでは、ユーザーの手数料率は毎日調整されますが、記載された額より少ないユーザーの紹介報酬はまだ20%に固定されています。

各ユーザの手数料率はBNBの保有分に基づいて毎日午前0時(UTC)に調整されます。他のすべてのユーザーの手数料率は20%のままです」。

増加率が人々を引き付ける方法。

ブロックチェーンテクノロジは、世界中で金融取引がシームレスで簡単、高速、低コストで、クロスボーダートランザクションでもその強みを発揮していることを証明していますが、技術の調整に耳を傾けている人もいれば、Cryptocurrency彼らが困難な富を失うことを可能にする媒体として。市場が不安定なままでいるという事実と相まって、彼らはどんなコストをかけても市場から遠ざかりたい。

以前は、ビル・ゲート、ワレン・ビュッフェなどのような世界中の誰が、投資に値するものではないと主張して、いくつかの場面で暗号侵害について話しました。

同行では、このような不快な行為や暗号違反の悪影響を抑えるため、Google、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームの中には、最新のものがあるプラットフォーム上でデジタル通貨の活動を制限しているビンから。

このすべてでは不十分であるように、クリプトマーケットは一連の強盗、暗号ジャッキー、および人々の資金が奪われた暗号関連の詐欺によっても強められました。cryptocurrencyに対するもう一つの大きな措置は、Security and Exchange CommissionがICOを「セキュリティ」に分類して新たに考案したものです。

疫病と乱気流が宇宙の中で続いている間、Cryptocurrencyは徐々にその効果によって強化され、別の考えをそれから離れさせる閾値にいる人々を作ります。

不安が続くにつれて、セクターは人々が秘密を守るための手段を作り出しています。その中で、Binanceの最新のものが登場し、秘密の蓄積を財産蓄積の優れた手段とみなしています。 

参考資料:https://oracletimes.com/binance-double-commission-rate-may-lure-people-into-cryptocurrency/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

OZプロジェクト 詐欺だったのか? 生々しい体験談掲載!

以前、OZプロジェクトという詐欺に引っかかってしまったお話をさせていただきました。

その後の経過を報告します。

結局、プロジェクト自体は破綻し、5月までに投資額を分割返金すると約束していましたが、履行されず、3%程度しか返金されていません。

チョロチョロ返金して、返金の意志はあるというアピールで、刑事告訴を逃れようという作戦のようです。


ごうちさんという詐欺案件を紹介している、ごうちさんという方のサイトの掲示板より、被害者の会が立ち上がり、現在情報収集や刑事告訴などの準備を進めている状況です。

ごうちさんのサイト↓

立ち上げたテレグラムの被害者の会のリンクです。現在は加害者側が多数偵察に入っており、カオスと化しています。

テレグラムのリンク↓


ツイッターでも被害状況を公開しています。↓


先日、とある暴露サイトに、首謀者のパソコンにハッキングして、詐欺であることを暴露した投稿があり、大変な騒ぎとなっています。

運用は一切されておらず、加入者の資金は入金後即海外の口座へ送金されていたことが分かりました。

これがそのサイトです↓

とある筋からの情報で、近々、週刊誌に載る事が決定しているようです。

以上、読者様からの生々しい体験談になります。

皆様も怪しいのは手を出すのはやめましょうね。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング