Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

G20、暗号資産の規制を準備 - 現在の方針を見て

2 

G20、暗号ポリシーについて話し合う準備をする

次回のG20サミットは、6月28日と29日に日本の大阪で開催されます。参加者は、19の加盟国、欧州連合、ゲスト国、および多数の国際機関です。AMLおよびCFTの目的で暗号資産を規制することを約束したメンバーの共同宣言に従い、いくつかの標準化団体がG20が暗号ポリシーを設定するのを助けるためのリソースを寄付しました。日本のメディアによると、サミットで各国は暗号関連の新しい規制に合意することが期待されています。

G20、暗号資産の規制を準備 - 現在の方針を見て

G20は、先週G20に提出された報告書に記載されている「グローバルなマネーロンダリング防止対策、テロ対策資金調達、拡散資金調達の標準化団体」として、金融行動タスクフォース(FATF)への支持を再確認したG20はさらに、その基準が「仮想資産活動」にどのように適用されるかを明確にするよう組織に要請した。この要求に応じて、FATFは「管轄は仮想資産に対してリスクベースのアプローチを適用すべき」と確認した。6月に新しいガイドラインを発表することを約束して、それは詳しく説明しました:

最低でも、バーチャルアセットサービスプロバイダは、それらが作成された、または…彼らが事業を営む場所で、管轄権内でライセンスを取得または登録されることを要求されるべきです。

FATFはまた、「バーチャルアセットサービスプロバイダーは、(自主規制機関ではなく)管轄当局によって監督または監視されるべきである」および「各国は、バーチャルアセットおよびバーチャルアセットサービスプロバイダーに関して国際協力を提供すべきである」と勧告する。

G20、暗号資産の規制を準備 - 現在の方針を見て

世界の金融システムを監視し、それについて勧告するFinancial Stability Boardはまた、G20に各国の暗号規制当局が誰であるかを概説する報告書提出しました一方、バーゼル銀行監督委員会は現在、銀行の暗号資産への直接的および間接的なエクスポージャーの定量的影響調査を行っています。

さらに、証券市場規制の世界的な標準設定機関である国際証券委員会は、初期コイン商品(ICO)から生じる国内および国境を越えた問題への取り組みを支援するための支援枠組みと、二次市場に関連するリスクを特定するための枠組みを開発した。暗号資産の取引

G20の加盟国は、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、日本、メキシコ、韓国、南アフリカ、ロシア、サウジアラビア、トルコ、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ連合。以下は、彼らが現在どのように暗号資産を規制しているかの要約です。

南アメリカ

アルゼンチンの場合、中央銀行は暗号化市場からの金融安定性リスクを評価し、金融機関による暗号化資産へのエクスポージャーを監視します。証券取引委員会は資本市場内のこれらの資産を監督し、金融情報ユニットは暗号関連のAML / CFT問題を扱います。

G20、暗号ポリシーの設定を準備 - 現在の規制を見て

ブラジルでは、証券取引委員会が証券である暗号通貨を担当します。ブラジル中央銀行(BCB)は説明した:

私たちの現在の使命は、これらの資産に対する金融機関のエクスポージャーを評価し、それらの業務を監督することを可能にします。さらに、BCBは、もしあれば、金融機関が実行できる暗号資産を含む業務の種類を規制する義務を負っています。

北米

米国には暗号資産に対する複数の規制当局があります。証券取引委員会(SEC)は有価証券と見なされる暗号通貨を規制しますが、商品先物取引委員会(CFTC)は暗号デリバティブと商品を監督します。

連邦預金保険委員会(FDIC)は、金融機関による暗号資産へのエクスポージャーを監督します。Financial Crimes Enforcement Network(Fincen)は、転換可能な暗号通貨で運用されている送金業者に対して、連邦政府による唯一の執行機関です。

通貨の監督官庁は、暗号資産に関連する銀行の許容と慎重な行動を決定します。財務研究室はこれらの資産とその市場を監視して、財務の安定性リスクを特定します。

G20、暗号ポリシーの設定を準備 - 現在の規制を見て

カナダには暗号資産に対する規制当局も多数あります。その中には、カナダの銀行があります。これは、暗号通貨がその国の経済に体系的な金融安定性のリスクを与えないことを保証します。教育長官機関は、金融機関の暗号資産へのエクスポージャーのレベルが許容可能なリスク選好度の範囲内であることを確認します。

カナダの金融消費者庁は、金融サービスおよび暗号資産を含む製品の消費者を保護する責任があります。カナダ歳入庁は暗号関連の税金を取り扱っています。さらに、オンタリオ州証券委員会、マルテス金融公社、アルバータ州証券委員会、およびブリティッシュコロンビア州証券委員会が、それぞれの管轄内で暗号資産を規制しています。

メキシコの場合、中央銀行は、金融機関が運用を許可されている暗号資産の特性を定義する責任があります。銀行は最近業界動機付けたいくつかの規則を思い付いた

ヨーロッパ

先週、news.Bitcoin.com は欧州連合と大陸の5カ国がどのように暗号通貨を規制しているかを報告した。スペインはG20加盟国ではありませんが、ゲスト国としてサミットに出席するよう招待されました。

月曜日に、フランスの金融市場局は4月11日にPacte法案の一部として採用された暗号通貨のための新しい規制の枠組みの詳細を発表しました。

G20、暗号ポリシーの設定を準備 - 現在の規制を見て

アジア

同じく先週、news.Bitcoin.com 、中国、インド、韓国、そして日本がどのように暗号通貨を規制しているかについて報じた。

インドネシアに関しては、インドネシア銀行は支払いの手段としての暗号通貨を禁止してきたが、暗号取引とそれが金融政策と金融の安定性に及ぼす潜在的な長期的影響を監視し続けている。しかし、商務省は、商品先物取引規制庁(Bappebti)が規制機関として機能している暗号通貨を取引可能な商品として認めています。FSBは説明した:

現在、Bappebtiは、暗号資産の消費者を保護することを目的とした、暗号資産市場および取引所のためのエコシステムを開発しています。

さらに、インドネシア金融サービス局は、財務省が暗号資産取引活動のための課税メカニズムを検討している間に、金融技術の安定性に対するフィンテックの進展および影響を監視しています。

G20、暗号ポリシーの設定を準備 - 現在の規制を見て

西アジアと中央アジア

サウジアラビアについては、資本市場当局はサウジアラビア通貨当局(SAMA)とともに、「サウジアラビアで暗号資産とICOを導入する可能性の評価を行うことを目的とした調査の実施を計画している」と述べている。 FSB 理事会は次のように説明しています。

現在、サウジアラビアには暗号資産を直接対象とした規制はありません。しかし、SAMAの現在の使命は、金融機関のこれらの資産に対するエクスポージャーを評価し、それらの業務を監督することを可能にしています。

トルコでは、金融犯罪捜査委員会が暗号通貨および関連サービスプロバイダに関連する規則に取り組んでいる間、中央銀行が国の支払いシステムを監督する責任があります。

G20、暗号ポリシーの設定を準備 - 現在の規制を見て

ロシアはまた、暗号通貨の規制の枠組みにも取り組んでいます。2月、プーチン大統領は7月までに暗号通貨に関する連邦法を採択するよう政府に指示した。

アフリカとオセアニア

南アフリカ共和国(RSA)の場合、中央銀行は、支払いに使用された場合、フィンテックの規制上の影響を評価し、暗号資産を監視します。銀行は明らかにしました:

RSAでのVCの使用を管理する特定の法律や規制はありません[仮想通貨]。したがって、RSAでのVCのローカル取引には現在、コンプライアンス要件はありません。

その一方で、国のプルデンシャル機関は規制された事業体の暗号資産への関与を監督し、金融セクター行動機関は金融市場における暗号資産を監督します。ファイナンシャルインテリジェンスセンターは、収入サービスが関連する税金を徴収している間、それらを違法な目的に使用することはできません。

G20、暗号資産の規制を準備 - 現在の方針を見て

オーストラリアでは、Transaction Reports and Analysis Center(AUSTRAC)が登録に必要な暗号交換を規制しています。証券投資委員会(ASIC)は、オーストラリア人からの投資を求める暗号およびICOの活動を監視しています。最後に、中央銀行は、金融政策に対する暗号資産の影響を評価し、金融の安定性に対するリスクを特定し、必要に応じて関連する支払いシステムの方針を確立します。同銀行は先週、4月の金融安定性レビュー報告書を発表し、以下のことを確認した。

ASICは、コンプライアンス行動を確実にするためにICOを綿密に監視し、暗号通貨交換のための市場インフラ規制を導入する予定です。

参考資料:https://news.bitcoin.com/g20-regulate-crypto-assets-policies/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

「仮想通貨版フラッシュボーイズ」分散型取引所で暗躍か 超高速取引で一般投資家出し抜く

2 


仮想通貨の分散型取引所(DEX)でボットを使ったマーケット操縦が行われているという論文を米コーネルテックの研究者らが発表した。株式市場における超高速取引(HFT)を彷彿する手口であることから、一時期ウォール街で話題となったフラッシュ・ボーイズの仮想通貨版という声が出ている。

論文によると、ボットを使った価格操作の手口は、他人の取引情報を利用した自己売買のフロントラニング。DEXのボットは、PGAs(優先ガスオークション)において取引手数料を競り上げて優先的に取引注文を出す権利を獲得しているという。研究者たちは次のように主張した。

「ウォール街の超高速取引業者のように、これらのボットはDEXの非効率性を不正に利用。高い取引手数料を払って、レイテンシー(待ち時間)を最適化し、フロントランする。すなわち、一般利用者の取引を不当に利用しているのだ」

仮想通貨に詳しいeToroのマティ・グリーンスパン氏は、仮想通貨版フラッシュボーイズだと形容。10億分の1秒の超高速取引で、一般投資家よりわずかに先に取引を行い利益を上げる男たちを描いた「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」(マイケル・ルイス著)を引き合いに出した。

グリーンスパン氏は、DEXは比較的に新しいコンセプトであり、「世界の問題の全てが少しのコードで解決されるわけではない」と主張。DEXが日々の生活で普及するのはこれからだと比較的楽観的な見通しを示した。

現在、バイナンスのDEXが分散型取引所として「初めて成功」するかどうか期待されている。今月4日、現在テストネットで立ち上げ中のDEXのメインネット立ち上げも今月中に行うと発表した。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bot-enabled-market-manipulation-rife-on-decentralized-exchanges-researchers-claim 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

EToroプラットフォームが8つのネイティブStablecoinsとのeToroX暗号通貨交換を開始!

2 


ソーシャルトレーディングプラットフォームeToro のブロックチェーン部門がついに4月16日火曜日に待望のデジタル資産交換eToroXを発表しました。このプラットフォームは、主にプロのトレーダー向けに設計されており、異なる通貨に基づく暗号通貨と8つのネイティブステーブルコインをサポートしています。

合計で、新しい取引所は後日追加が予定されている37組までの取引ペアサポートするでしょう新しい証券取引所はジブラルタルに登録されているため、ジブラルタル金融サービス委員会による規制の対象となります。

この交換は、すぐに次の暗号通貨をサポートします。Bitcoin[BTC]、Ethereum [ETH]、RippleのXRP、Litecoin [LTC]、Bitcoin Cash [BCH]、およびDash発表されたように、同社はeToroXプラットフォームに固有の8つのstablecoinsも導入しました。これらはすべて異なる通貨に固定されています。彼らは、ニュージーランド・ドル(NZDX)、日本円(JPYX)、スイスフラン(CHFX)、米国・ドル(USDEX)、ユーロ(EURX)、英国スターリングポンド(GBPX)、オーストラリア・ドル(AUDX)、およびカナダをドル(CADX)それに加えて、トレーダーはステーブルコインを含む暗号通貨をドル、ユーロ、スイスフランの3つの通貨ペアに変換することができます。

エトロックス

eToroのCEOであり共同創設者であるParis Blockchain Week Summitの間にステージで話をしたYoni Assia氏は、この交換が「より多くの機能とより多くの資産を追加するためにeToroXを継続的に革新することを明らかにしました

サポートされているアセットのリストから目立って欠けているのは暗号通貨Bitcoin SVです。しかし、eToroXは、Bitcoin SVをサポートしないという決定は、進行中のコインに対するソーシャルメディアキャンペーンの影響を受けていないと主張しています。代わりに、交換はコインがすでにリストされている他の資産のボリュームしきい値を満たしていないと述べました。

新しいプラットフォームのための交換手数料は伝えられるところによれば他のいくつかの交換と同等です。メーカーの手数料は0.1%にもなりますが、受け手の手数料も0.12%になります。先月、eToroは北米でそのサービスを開始し、最大32の米国の州にいる顧客をサポートしました。新しいサービスと財布は、13の暗号通貨の売買を可能にします。

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/etoro-platform-launches-etorox-cryptocurrency-exchange-with-8-native-stablecoins/ 


●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bitcoin Forestが暗号化市場のAIベースの予測を提供

2 

ウェブサイトは短期および長期の予測を提供します

Bitcoin Forestは、特定の暗号通貨の価格変動に関するデータを優先取引所で表示する、年2回、毎日2つのチャートを表示する、使いやすいWebサイトです。グラフは、実際の市場の動きを赤で、長期的および短期的な傾向をそれぞれ青で示しています。

メインプラットフォームは、米ドルに対するBTCの価格変動を追跡します。左側では、Kraken、Gdax、Bithumb、およびBitstampなどの主要プラットフォームを含む長いリストから市場を選択できます。Mercado Bitcoin、Koinex、Yobitのような地域的に重要な取引所も含まれています。

Bitcoin Forestが暗号化市場のAIベースの予測を提供

現在、短期、および長期の料金も画面上部にUSDで表示されます。Bitcoin Forestは、市場の動向を考慮に入れるだけでなく、色付きのインジケーターを使用して複数の情報源からの最新の暗号ニュースを評価します。短期チャートには、暗号通貨および関連する開発に関する最近の出版物へのリンクが含まれています。

Bitcoin Forestには、Altcoin Forestと呼ばれる姉妹プラットフォームがあり、そこではユーザーが他の何十ものデジタル通貨についてのより多くの情報を見つけることができます。たとえば、市場データと予測は、BTCとBTCの間で利用できます。本稿執筆時点では、BCH、および米ドルやオーストラリアドルなどの通貨のチャートがプレミアムコンテンツとして提供されています。

複数の暗号通貨の現在の価格と市場評価について最新情報を入手する必要がある場合は、Bitcoin.comによって開発されSatoshi Pulse時価総額アグリゲータも監視できます

Bitcoin Forestのようなプラットフォームを使用して、暗号投資に関する決定を下しましたか?下記のコメント欄であなたの経験を共有してください。

免責事項:読者は、第三者の会社またはそれらの関連会社もしくはサービスに関連する行動をとる前に、彼ら自身の適切な注意を払うべきです。Bitcoin.comは、この記事に記載されている第三者のコンテンツ、商品、またはサービスの使用によって引き起こされる、またはそれらに関連して引き起こされる、またはそれらに起因すると思われるいかなる損害についても、直接的または間接的に責任を負いません。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/bitcoin-forest-offers-ai-based-predictions-for-crypto-markets/ 


●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Shapeshift、KrakenもBitcoin SVの上場廃止を検討

BinanceがBitcoin SV(BSV)の上場を廃止することを決定したことを受けて、仮想通貨取引所であるShapeshiftがBSVの上場廃止を決定し、アメリカの仮想通貨取引所のKrakenも廃止を検討しており、ユーザーへのアンケートなどを行っている。 

参考資料:https://btcnews.jp/4fndafcx24490/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング