Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

仮想通貨取引所バイナンスやコインベース、リップル シンガポールからライセンス免除されていた

1 

仮想通貨取引所バイナンスやコインベース、リップル社など複数の企業がシンガポールでライセンス取得を免除されていたことが明らかになった。シンガポール金融管理局(MAS)が3月25日に発表した

シンガポール当局は、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などのために2020年1月に決済サービス法(PSA)を施行。ただ複数の仮想通貨企業は年初から法律の対象外になっている。

とりわけバイナンスとコインベース、リップルの3社は一部の支払いサービスに関しては2020年7月28日まで供給できる。

一方、ビットゴーやジェミナイなど他の仮想通貨企業は口座発行サービス、国内のマネー送金サービスについて2021年1月28日までライセンスなしで実行できる。

ライセンス免除は、指定の期間が過ぎれば解除される。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/singapore-grants-crypto-license-exemptions-to-ripple-coinbase-and-binance 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

デジタルドル財団が顧問団を発表──元政府高官や専門家を集め、デジタルドル実現へ

デジタルドル財団──商品先物取引委員会(CFTC)のJ・クリストファー・ジャンカルロ(J.Christopher Giancarlo)元委員長、ラボCFTC(LabCFTC)のダニエル・ゴーファイン(Daniel Gorfine)元ディレクターがアクセンチュアと共同で立ち上げた──は、元政府職員と業界の専門家を多数起用し、賛同を集める活動を強化した。

デジタルドル財団(Digital Dollar Foundation)は3月26日、アメリカの中央銀行デジタル通貨(CBDC)に向けてのフレームワーク開発を支援する24人の顧問団を発表した。

顧問団には、元財務次官(テロ・金融情報担当)のシーガル・マンデルカー(Sigal Mandelkar)氏、トランプ大統領の元顧問ティム・モリソン(Tim Morrison)氏、世界経済フォーラム(WEF)のブロックチェーン責任者シーラ・ウォーレン(Sheila Warren)氏、トレーディング企業DRWの創業者兼CEOドン・ウィルソン(Don Wilson)氏、CFTCの元委員シャロン・ボーエン(Sharon Bowen)氏などが名を連ねた。

今年はじめに発足したデジタルドル財団は、アメリカの中央銀行デジタル通貨(CBDC)がもたらし得るメリットについての研究と議論を促進することが目的。CFTC元委員長のジャンカルロ氏が率い、CBDCの運用方法、規模、民間取引に利用できるかなどを調査していく。

「新しい顧問団メンバーの洞察力と専門知識は、ますますデジタル化が進むグローバル経済において、ドルをより効果的でスマートな通貨にするために協力していくなかで貴重なものとなる」とジャンカルロ氏は26日の声明で述べた。

このニュースは、デジタルドルが議会で話題となり始めたタイミングで伝えられた。

下院に提案された2つの法案と上院に提案された法案はいずれも、デジタルドルは、新型コロナウイルスの感染が拡大するなかで、アメリカ国民に現金を給付するための手段となり得ることを詳述した。

デジタルドル財団は、2020年第2四半期にデジタルドルのホワイトペーパーを発表する予定だ。 

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/45818/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

米コインベース、アプリで仮想通貨レンディングの新機能 Compound・dYdXなどDeFiへの接続容易に

1 

Coinbase Walletに新機能追加

米大手仮想通貨(暗号資産)取引所コインベースは26日、モバイルアプリ「Coinbase Wallet」から分散型金融(DeFi)のアプリを利用し、直接仮想通貨の貸出ができるようになったことを発表した。

今まではウォレット内に搭載されたブラウザやWalletLink機能を介してDeFiのプラットフォームを利用する必要があった。いったんウォレットアプリを離れる必要があり、プラットフォームごとの利率の比較や残高の確認が簡単には行えなかったという。

コインベースはユーザーがよりシームレスにCoinbase Walletを利用できるよう取り組んでおり、それが今回のサービスにつながった。今回の新機能で、CompoundやdYdXといったDeFiのサービスに容易にアクセスできるようになっている。ユーザーはウォレット内で残高や貸出で獲得した金利を確認することもできるようになった

まずはiOSのデバイスで利用できるようにし、数週間でAndroidのユーザーにもサービスを提供する予定だ。

一方でコインベースはユーザーに注意を促している。「DeFiの貸出サービス用のアプリはまだ新しく、リスクが伴う。ブロックチェーン上にプログラムが組まれており、コードにバグがある可能性があって、資産の損失につながるかもしれない。利益は保証されておらず、保険も適用されない」と説明している。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=141299 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

米国はベネズエラのマデューロ大統領が​​暗号通貨で大規模な薬物の…

ベネズエラのニコラス・マデューロ大統領は、違法な麻薬取引に関連する取引を隠すために暗号をタップしたと、米国司法省は木曜日に起訴したと主張した。 

マドゥロと他の14名のベネズエラ当局者に対する大規模な告発は、DOJが20年以上にわたってアメリカのコミュニティに大規模な被害を与えたと主張した、数十億ドル規模のコカイン人身売買リングの停止を主な狙いとしています。容疑者は麻薬密売人、コロンビアの革命家、麻薬テロに関与したとされる。

ベネズエラの暗号管理責任者であるホセリットラミレスカマチョさん(33歳)も、ニューヨーク南部地区での別の訴訟で起訴されました。 

起訴に付随するプレスリリースで、国土安全保障調査(HSI)代理のAlysa D. Erichs執行副局長は、陰謀は彼らの主張された犯罪を隠すために暗号を使用したと述べました。

「今日の発表は、米国の法律に違反し、金融システムを悪用し、暗号通貨の背後に隠れて、違法な犯罪活動をさらに進める個人を積極的に特定、対象、調査するHSIのグローバルな範囲と取り組みを強調しています。この起訴状は、誰も法律を上回っていないことを思い出させてください。

このリリースでは、関与している暗号通貨は何も示されていません。ただし、ベネズエラは特に、石油と呼ばれる石油に裏打ちされた暗号通貨を維持しています。 

参考資料:https://www.coindesk.com/us-says-venezuelan-president-maduro-hid-massive-drug-ring-proceeds-in-crypto 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

Binanceはコロナウイルスに対するキャンペーンを開始します。500万ドルを調達しようとする

1 


主要な暗号通貨交換プラットフォームBinanceは、新規のCOVID-19グローバル流行との戦いに使用するために少なくとも500万ドルを調達する新しいキャンペーンを開始しました。Crypto Against COVIDというタイトルの新しいイニシアチブは、チャリティーアームのBinance Charity Foundation(BCF)が主導します。

Binanceはすでに100万ドルを寄付しており、他の寄付は100万ドルまでと一致すると約束しています。さらに、この取引所は#CryptoAgainstCOVIDソーシャルメディアキャンペーンに100万ドルもの寄付を約束しています。

水曜日の発表によると、Binanceはビットコイン[BTC]、リップルのXRP、Binanceのステーブルコイン[BUSD]、Binanceのネイティブプラットフォームトークン [BNB]の 4つの暗号通貨で寄付を受け入れます

Crypto Against COVIDのページを見ると、これまでに151.81 BTC(1,005,838.62 USD相当)相当の寄付を行ったドナーは約17人います。この金額には、BUSDの形で行ったBinanceの最初の100万ドルの寄付が含まれています。寄付のページには、キャンペーンが3月24日に始まったことも示されていますが、Binanceは25日水曜日に発表しました。

21世紀初頭に最初に発見されたコロナウイルスのグループの一部であるCOVID-19ウイルスは、最初に中国で報告され、2019年12月31日に最初の被害者が感染したと報告されました。中国の他の数人に感染する。

BINANCE CHARITY CORONAVIRUS

ウイルスは非常に深刻だったため、アジアの主要経済を支援するためにいくつかのグループや慈善団体が出てきました。Binanceはその1つであり、2020年1月に、BCF組織を通じて「Binance for Wuhan」と名付けられたプロジェクトを通じて、1,000万RMB(約140万米ドル)以上の医薬品を寄付しました。

交換はそこで止まりませんでした。ウイルスが世界中に広がったので、交換は絶え間ない寄付と願いで流行と戦うことへのその努力を増やしました。Binanceによると、

BCFは、「366,000ペアの手袋、56,800マスク、9滅菌器、173バレルの消毒剤(約5トン)、5,280ボトルの手指消毒剤、20,000テストキット、7,850防護服、20,000ペアのゴーグル、388酸素濃縮装置、および湖北省、四川省、広西チワン族自治区、上海などの複数の省/市にある300を超える病院と医療チームへの1000個の殺菌灯。」

ヘレン海、BCFの頭部は、言ったことを、

「人間の生活の最も重要な要素は、国境の制限や制限なしに、思いやりを示し、できる限り他の人を助けることです。ブロックチェーンテクノロジーは、これをかつてないほどの能力で可能にし、Binance Charityはこれを大衆に提供したいと考えています。」 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/