Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

Bitfinexの終わり!?

Bitfinexが提供したデータによると、BTC対Tether(USDT)は7,700ドルを超えました。Bitcoinの価格の予期せぬ急激な上昇は、Tetherの価格の低下により形成されました。他のいくつかの取引所でも同様の状況が確認され、そのすべてがプラットフォーム上でTether取引を提供しています。

BitfinexとTetherは、BitfinexがUSDT開発を監督するTether LLCを運営しているとの事実のため、独特のつながりを持っています。一部の報告によると、Bitfinexは、Bitcoinなどの硬貨のプレミアムを大量に発生させたTetherを適切に監査できなかったと主張しています。

テザーには数多くの問題があるため、USDTの噂が完全に米ドルに裏打ちされていないなど、多くの投資家がUSDTを売却しています。


Tetherを放棄した後、多くの人はTrueUSD(TUSD)のような代替の安定したコインと、通常の暗号化の通貨に目を向けました。

ダンプの結果、USDTは大幅な価格下落を経験しており、ドル硬貨の価格は0.96ドルを下回っている。この動きに続いて、ほとんどのテザー支援取引所でUSDTに対するプレミアムが形成されました。

Bitcoin Surge、Tether Drops:Bitfinexのエクストリームプレミアム

取引のほとんどはBitfinexで行われているように見えるので、これは最大のプレミアムが形成されている場所でもあります。

OKExやBinanceのような取引所も、BTCがプラットフォーム上で約7,000ドルに達し、大幅な価格高騰を見せています。しかし、Bitfinexは依然として最高BTC価格7,700ドルでリードしています。

多数の投資家がこの開発を新たな荒れ果ての開始と見なしてきましたが、多くの人が、新しい状況に注意してアプローチする必要があると警告しました。


Tetherの現在の状況にもかかわらず、多くの人はBitcoinが本物のBull Runに入ったと信じています。24時間以内に、BTCは前回の価格を400ドル上回った後、6,600ドル以上に回復しました。執筆時点では、BTCの正確な価格は$ 6,675.51で、5.39%の増加となっています。

しかし、新しいBTCの急増がテザーオーバーセールのために発生しなかったと主張する者もいる。代わりに、彼らはアジアのアルゴリズムが大量の現金注入でそれを増やしたと信じています。実際に、いくつかの主張によると、これらの現金の注射は、Tetherが現在非常に悪い結果を出す理由です。

現在の状況について説明するにはまだいくつかの事柄がありますが、真実は多くの投資家が変化の背後にある理由を気にしないことです。

BTCの売上高は12時間以内に30億ドルから48億ドルに増加し、暗号投資家の投資家は余分な利益を生み出す機会を利用しています。同時に、多くの人がこれがBTCを2万ドルに戻すことを望んでいますが、大部分のアナリストは、この規模のブレイクアウトのために大きな触媒を必要とすることに同意しています。

一方、Bitfinexが発行する新しい中規模郵便は、両替所が一時的にUSD、GBP、EUR、およびJPYの預金を一時停止すると述べている。フラットおよび暗号の引き出しは問題なく処理されていますが、引き続き処理されますが、新しいシステムが設定されるまで、特定のユーザーは入金が一時停止されます。Bitfinexは、預金は24時間以内に戻ってくると主張し、10月16日火曜日に預金を再び可能にする。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/10/15/this-may-be-the-end-of-bitfinex-one-of-the-biggest-exchanges-in-crypto/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

フランスのスタートアップがマイニング可能なヒーターを開発

フランスのスタートアップであるQarnotは、マイニングによって生じた熱をヒーターとして活用することのできる家庭用デバイスQC-1を開発した。セットアップが10分で終わるなど非常に手軽であり、またヒーターとしての電気の効率も従来のヒーターよりも良好であると同社は説明している。

参考資料:https://btcnews.jp/3o5h58o520208/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

アドビのフラッシュ更新を騙った仮想通貨マイニングのマルウェアが見つかる

1


偽のアドビ・フラッシュ(Ad​​obe Flash)アップデートを騙ったクリプトジャキングマルウェアが見つかった。サイバー脅威に関する報告を行ったユニット42という研究グループが11日発表した。

クリプトジャッキングは、コンピュータの処理能力を使用して、仮想通貨をマイニングする行為で、そのコンピューターの保有者の同意なしに行われる。

Palo Alto Networksの脅威情報チームであるUnit 42の新しい調査によると、マルウェアは「XMRリグ・仮想通貨・マイナー」をインストールすることで、PCに秘密裏にモネロ(XMR)をマイニングするよう仕向けている。

新しいマルウェアは特に有害であると言われている。開発者が公式のアドビインストーラからのポップアップ通知をコピーしている。また、ダウンロードすると、実際に最新版のフラッシュにコンピュータを更新するという。 

ユニット42のアナリストBrad Duncan氏は次のように述べた。

「ほとんどの場合、偽のフラッシュのアップデートによる不正なソフトウェアの侵入はあまり知られていない...最新のフラッシュアップデートでは、潜在的な犠牲者は何も気付かないだろう」

Palo Alto Networksのインテリジェンスツールであるオートフォーカスを使用して偽のフラッシュアップデートを検索すると、77個のマルウェアサンプルがオートフォーカスのコインマイナータグで識別された。残りの36個のサンプルは、これらの77個のコインマイナー関連の実行可能ファイルと他のタグを共有しているという。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/experts-warn-of-cryptojacking-malware-that-mimics-adobe-flash-updates 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

サブマリンスワップとは?

ジミー・ソン(Jimmy Song)氏は、ビットコイン(BTC)の開発者であり、起業家でもあります。開発に参加しながらYoutubeチャンネル「Off Chain with Jimmy Song」にて、仮想通貨やブロックチェーン関連の様々なトピックについて配信しています。

今回は2018年9月16日に配信されていた「サブマリンスワップとは?(What is a submarine swap?)」を解説した全編英語の動画について、英語が読めない方の為に翻訳してまとめました。

まずはじめに「アトミックスワップ」を理解しよう

サブマリンスワップについて理解するために、一歩戻ってアトミックスワップについて話そう。取引を行うような状況では、自分が相手を信頼する必要がある。どちらかは初めにお金か商品を渡さなくてはならない。

例えば、AをBと交換する時、AとBのどちらかを先に一方の人に渡す必要がある。ある時点で同時に交換を確実に成り立たせるのは簡単ではない。一方がもう一方を騙して両方持ったまま逃げてしまうかもしれない。

初期のeBay(ネットオークションサービスなどを提供する企業)では、お金を受け取って品物を渡さないということが実際にあった。この過去事例は、第三者が品物と代金の両方を受け取り、条件通りであることを検証した上で双方に渡すというエスクローやそれに類する仲介サービスをもたらした。

このようなサービスは、今日ではデジタル商品にも存在する。ここで、両者が同時に欲しいものを手にするという「アトミックスワップ」を行うことのできる可能性がある。

どちらか一方がAとBを両方手にする瞬間が無いというのがアトミックスワップの背後にある考え方だ。仮想通貨のディークレッド(Dcred/DCR)とライトコイン(Litecoin/LTC)の関係者と一緒に撮った動画を見てもらえば、異なるブロックチェーン間でオンチェーンのアトミックスワップが可能だということが分かるだろう。

交換するディークレッドとライトコインの両方を同時に手にすることはできないような形でアトミックに交換できるということだ。金融の世界ではこれは「DVP(Delivery Versus Paymentの略)」と呼ばれている。取引相手のリスクや、持ち逃げされる心配がない。

同じことをライトニングネットワークで実現することも可能だ。これは「クロスチェーンアトミックスワップ」と呼ばれている。ビットコイン(Bitcoin/BTC)およびライトコイン上でライトニングチャンネルを開いていれば、アトミックスワップが可能だ。ライトニングチャンネル上のライトコインをライトニングチャンネル上のビットコインと交換することができる。

では「サブマリンスワップ」とは?

サブマリンスワップはライトニングチャンネル上のビットコインとオンチェーンのビットコインをやり取りすることができる。

通常ライトニングのチャンネルを開くときには1000円分くらいのコインが必要なのだが、これを使えばチャンネル上のお金が減ってきても、お金を入れるために改めてチャンネルを開き直す必要がなくなるため節約することができる。

しかしもっと面白いのは、これをクロスチェーンで行った場合だ。ビットコインチャンネルでライトニングチャンネルを開き、ライトコインで資金を補充しようとした場合、従来はライトコインをビットコインと交換し、チャンネルを一度閉じて、入金とともにもう一度開く必要があったため、非常に不便だった。

しかし、サブマリンスワップを使えば、オンチェーンのライトコインをライトニングチャンネルのビットコインと交換することができる。つまり、ライトニングチャンネルを、例えば100ドル入金したデビットカードのように考えることができる。使えば減っていくが、またライトコインによって入金すればよい。

ビットコインをライトコインと交換したいという取引相手がいる限り、交換ごとに同じことを行うことができる。さらに素晴らしいのは、Blockstreamのリキッド(Liquid)のような、大量の取引が可能なサイドチェーンのコインを持っている場合、それぞれのコインに流動性を持たせることができることだ。

例えば、リキッドのサイドチェーン上にいくらかのコインを持っているなら、サブマリンスワップを利用してそのコインでチャンネルに資金を追加することができる。チャンネルを閉じて、もう一度開く必要が無くなり使いやすくなる。

サブマリンスワップのメリットとは?

チャンネルを開いたり、資金を追加する際の不便さは長い間ライトニングに反対する議論の1つとなっている。ブロックが大きくなれば、世界中の人々にサービスを提供することができなかったかもしれないが、サイドチェーンのビットコインで資金を補充することでそれが可能になるだろう。

ライトニングをある種のデビットカードと考えた場合、サイドチェーンに例えば1万ドル持っていたとしてCEOも、ライトニングチャンネルには少額だけを補充しておくだろう。

使い切るたびに補充すれば良い。セキュリティの性質はそれぞれ異なり、消費者のトランザクションに近づくほど、リスクもやや高いものになると考えられる。それがライトニングチャンネルには限られた資金しか置かない理由。これが世界が今向かっている方向だ。この非常に賢い方法で、複数の層の技術を利用し、オンチェーンのトランザクションを減らすことができる。これは非常に強力だ。

参考資料:https://coinchoice.net/jimmy-song-what-is-a-submarine-swap/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

交換所に新たに発行されたトークンを取得する方法:主な推奨事項と役立つヒント

より多くのトークンが、様々な取引所に、本当に速いペースで掲載されます。しかし、これを達成するために必要なことはすべて知っていますか?

取引所に記載されている硬貨を入手することは、非常に難しいことのように聞こえるかもしれません。そのプロセスは、多くの不安を引き起こすかもしれません。

しかし、正しい行動と最善の戦略があれば、これは非常に簡単です。

この記事では、新しく発行されたトークンが暗号化エクスチェンジにリストされるために必要な主な事項について詳しく説明します。

最初のものが最初です。ICOが資金を提供するブロックチェーンのスタートアップにとって、新しく発行されたコインを評判の良い取引所に掲載することは非常に重要です。

これにより、プロジェクトへの信頼性が高まるだけでなく、投資家のアクセスが増えるにつれて、トークンの価値が高まる可能性が高くなります。

暗号交換はなぜ重要なのですか?

評判の良い取引所に記載されたトークンを取得することは、あなたの会社の成功と失敗の間のすべての違いを生み出すことができます。

大量のトークンを保持しているICOプロジェクトでは、トークン値を維持することは、プロジェクトの開発をサポートするのに十分な資金を確保することと基本的に同じです。

それよりも、トークン所有者がプロジェクト内でさまざまなアクションや開発を行う場合、比較的安定したトークンの価値が必要なプロジェクトもあります。

あなたのトークンがユーティリティトークンであるとしましょう。これは、一般的な液体交換の上にそれをリストすることは、より多くの買い手を引き起こすことを意味します。

これは、フラットをサポートする取引所で取引されるトークンの場合に最もよく適用されます。

もう一つの便利なヒントは、これを覚えておくことです:あなたのトークンのリストが多いほど、評判は高くなります。トークンの背後にあるプロジェクトもさらに目立つでしょう。

交換所にあなたのトークンを掲載するための一般的な要件

現時点では何百もの取引所があり、もちろん、常に新しいものもあります。

ご存じのように、リストの要件はプラットフォームごとに異なりますが、ほとんどの取引所で通常必要とされることがいくつかあることを知っておくことが重要です。

これらは、あなたが暗号交換の上にあなたのコインをリストすることを検討しているときに焦点を当てるべきものです。

(1)あなたのプロジェクトはオリジナルであり、貴重なイノベーションをもたらすべきです

まず、あなたのプロジェクトでは、高品質で貴重なサービスや製品を確実に生産する必要があります。

また、ブロックチェーンのユースケースや既存のプラットフォームのコピーは、必要なプロジェクトと見なされないため、使い捨てにすることができます。

その考えは、重要な取引所に上場するためには、プロジェクトがオリジナルでなければならないということです。これは、特定の市場格差を埋めるか、既存のブロックチェーンのよりよい代替案を提供する革新的な方法を示す必要があります。

(2)プロジェクトの設計とコードに注意を払う

第2に、開発者はプロジェクトの設計とコードに関する詳細に注意を払う必要があります。

小規模で新しい交換は、そのようなことにあまり注意を払わないかもしれませんが、重要なものは間違いありません。例えば、プロジェクトがサイバー盗難を引き起こす可能性のある脆弱性で満たされている場合、成功することはできません。

(3)あなたのプロジェクトに関する多くの情報を提供する

3つ目の重要な点は、ほとんどの取引所では、技術仕様、チームの詳細、トークンの販売など、プロジェクトに関する広範な情報が必要になることです。

一部の取引所では、プロジェクトのセキュリティをチェックできるようにするために、コードを見なければなりません。このため、GitHubにソースコードを投稿することをお勧めします。

他の取引所は、トークンの最大供給額、取引費用、ロゴなどのトークンに関するすべての視覚的詳細も求めます。

 

(4)コインがHoweyテストに合格していることを確認する

最後に、確かに重要なことに、Howeyテストもあります。

これは、XRPがセキュリティであるかどうかを判断するために以前のSEC従業員がこのテストを使用したと報告したときの別の記事で既に議論したことです。

このテストは、米国最高裁判所が設定した先例であり、投資が有価証券に分類されているかどうかを判断するために使用されます。

あなたのトークンがこのテストに合格しない場合、証券取引所に上場することは難しいかもしれません。これは、SECによって採用されている規制とセキュリティトークンを大規模な法的監視のもとに置くためです。

これは、法的問題を回避し、法を遵守するための主な理由であり、多くの取引所ではユーティリティトークンとデジタル通貨のみが記載されます。場合によっては、コインがセキュリティではないことを証明するために、法律事務所からの書面による声明が取引所から要求されることがあります。

もう一度言及する価値があるのは、あなたのコインがERC20でない場合、ウォレットを構築するために必要なコードをダウンロードするためのGitHubリンクを提供する必要があるということです。

より重要な詳細を覚えておく

私たちが上で強調したのは、あなたが準備しなければならない必須要件です。

これら以外にも、エクスチェンジは、エクスチェンジごとに異なる独自のパーソナライズされた要件を持っています。

とにかく、あなたが暗号交換に記載されたトークンを得るためにまず必要とするのは、希望するプラットフォームに触れることです。

たとえば、Bittrexに掲載されたい場合は、ブロックチェーンプロジェクトがコインを検討のために提出する専用ページがあります。

これはいつも簡単なことではなく、特定の取引所に連絡してコインを提出するためには、より多くの研究が必要になることがあります。

あなたのトークンを提出することができたら、そのような評価はより長い時間がかかる可能性があるので、あなたは辛抱強く待つ必要があります。どれくらい多くの人があなたと同じことをしてトークンを提出したかを考えてみてください。

また、一部の取引所が上場手数料を請求するという事実に気づくことは重要であり、これは非常に高くなる可能性がある(BTCでは$ 50,000〜$ 100万の間でさえ)ので、スタートアップはそのような財務上の要件を満たすことができるはずである。

これ以外にも、あなたのプロジェクトがオリジナルで暗号空間に役立つことを確認することを忘れないでください。

参考資料:https://oracletimes.com/how-to-get-your-newly-issued-token-listed-on-an-exchange-main-recommendations-and-useful-tips/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング