Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

ERC20トークンの一部のEDCC(スマートコントラクトとも呼ばれる)の最近発見された2つの脆弱性

OKExChangellyPoloniexQUOINE、およびHitBTCはすべて内部調査とEthereumベースのトークンの預金、引き出し、および/または移転の停止を含むそれぞれの措置を発表しました

重要なことに、ERC20トークン標準自体に脆弱性は検出されておらず、1人のredditユーザーが指摘したように、2つの同様のバグの少なくとも1つはEDCCに追加された機能でした。 

問題のあるソフトウェアのバグは、「命名されbatchOverflow、」4月22日、とに発見された「proxyOverflow、」4月24日に発見され、ミディアムパブリッシングプラットフォーム上の光にしました。

これらの特定の悪用は、潜在的にハッカーが非常に多くのトークンの合計を得ることを可能にするが、設計上明確に斬新ではない。Mediumの著者は、 "batchOverflowは本質的に古典的な整数オーバーフローの問題です"と指摘しました。同じことがproxyOverflowについても言えます。

コンピュータプログラミングに関して、「整数オーバーフロー」は、設計上の欠陥の結果であり、通常、所定のシステムにおける数学的演算が、システムの表現可能な範囲外の値を生成するときに生じる。 

たとえば、batchOverFlowエクスプロイトは、このようにERC20 契約ロジックを騙して発見されました研究者によると、取引を認証するために設計された計画された健全性チェックは、スプーフィングされた金額によってだまされていました。

研究者は、技術的に複雑なアプローチでERC20 契約利用するのではなく、数学的な創造性と初歩的な契約プログラミングが、15行未満のコードを含むスクリーンショットで説明したこのエクスプロイト発見においてどのように大きな役割を果たすかを強調します。

ソース

研究者らは、8ビット( "0"を持つ)の "_value"を入力することにより、 "_value"が可能かどうかを検証するための論理チェックを無効にしました。これは、 "cnt"に "_value"を掛けることに基づいています。これは、例の契約コードの257行目に示されている式です。

この式の積は「量」であり、数学的に検証可能でなければなりません。しかし、著者によれば、2段階プロセスは、この位置からbatchOverFlowエクスプロイトを開始することができます。

まず、8つのvigintillion "_value"を持つ2つの "_receivers"を脆弱なbatchTransfer関数に渡し、その量を "オーバーフロー"させてゼロにリセットします(車の走行距離計は999,999マイル後にゼロにリセットされます車が運転されているにもかかわらず、100万人に)。

259行目に記載されているように、額のゼロ調整は、契約の論理チェックが失敗した理由です。さらに、著者は、「金額がゼロになると、攻撃者は258-259行目のサニティチェックをパスし、261行目の減算を無関係にすることができます」と述べました。最後に、262行目から265行目では、現在締結されている契約の下での両方の "_receivers"のバランスが、巨大な "_value"に追加されます。

著者はさらなる懸念を表明した:

「Ethereum ブロックチェーン宣伝されたコードシソールの原則により、これらの脆弱な契約を是正​​するための伝統的なセキュリティレスポンスメカニズムは存在しません!

契約セキュリティはますます特に大いに討論の光の中で、後半のようイーサリアムの取り組みの最前線に押されたDのパリティ ハードフォークのPR oposal。

「これらの脆弱性と壊滅的な影響から回復するための適切な方法は、すべての生態系メンバーの調整と支援が必要です」と、著者は書いています。「展開前に賢明な契約を徹底的に監査することの重要性を強調してはいけません。

参考URL:https://www.ethnews.com/contract-exploits-spark-erc20-token-suspensions-across-several-cryptocurrency-exchanges 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

過去の失敗から学ぼう!GOX事例集13選

仮想通貨や暗号資産が所有者の意志に反して消滅、凍結もしくは流出し、使用できなくなることを称して「GOX(ゴックス)」という。これは仮想通貨界隈のスラングだが今回はあえてそのまま使用しようと思う。全く新しい事象が現れた時には無理に古い言葉を当てはめるよりも、新しく名前を付けた方が意味が正しく伝わるからだ。

仮想通貨の短い歴史の中で、すでに秘密鍵が失われたビットコインは2018年3月現在の時価で3兆円前後であると推定されている。これは将来的に発行されるものも含めた全ビットコインの16~22%に当たる1。普及が進み仮想通貨を使用するユーザーが増えれば今後さらにGOXが増えることは明らかで、仮想通貨経済への影響も無視できない。また、取引所のセキュリティ対策のノウハウが固まればクラッキングの主な対象が個人へと移っていくことも予想できる。

「仮想通貨で儲かった」などの成功体験は吹聴されやすく、人々もすぐに飛びつき拡散されるが、失敗の体験は語られることが少ない。仮想通貨界隈では、「失敗は全て自己責任だ」と考える傾向も強い。

しかし、新しい技術を使いこなせないのは単に学ぶべき歴史がそれほど蓄積されていない面もあるかもしれない。

例えば自動車免許を取得するときには、教習所で事故の実例をこれでもかというほど見せられる。過去の事故を知ることは将来の事故を防止することにつながるからだ。そこで今回、これまでに見聞きした事例や実際に自分がやってしまった失敗を元に(一部アレンジして)「よくあるGOXの実例」をまとめた。ぱっと思いつく対策も併記したので参考にして欲しい。

GOXの分類

GOXは規模と種類でいくつかに分類できる。

大規模

  • 取引所
  • スマートコントラクト
  • クライアント、ソフトウェアのバグによるもの

小規模

  • 秘密鍵の紛失・流出
  • 取引所の個別アカウント
  • 送金ミス
  • ウォレットのトラブル
  • ベータ版の技術の使用によるGOX

大規模なGOX

取引所

GOXの語源となったMt.Goxの事件や最近のコインチェックのNEM盗難事件のように取引所がクラッキングの被害を受け資産が盗まれる事例。盗まれた仮想通貨は凍結されないが不当に犯人の所有になってしまうため間接的に仮想通貨の価値を毀損する。またコインチェックのように盗まれた仮想通貨がユーザーにほぼ全額補償される例は稀で、取引所に仮想通貨を預けていたユーザーの資産も失われてほとんど帰ってこない場合が多い。

1.スマートコントラクト(Dappsなど)

分散型アプリケーション(Dapps)のコードに不備があり資産が流出する事例。2016年のTheDAO事件が代表的な例だ。イーサリアム上のDappsが本格的に稼働し始めるとされる2018年に大きな事件が発生する可能性は十分にある。

2.ソフトウェアのバグによるGOX

ソフトウェアの脆弱性をついた大規模なGOXとしてとしてイーサリアム用のParityウォレットのマルチシグのバグによる資金の盗難事件がある。原因はクライアントソフトのコードの1行のミスだったとされる。

対策

  • ユーザーが大規模なGOXを防ぐために積極的にできることは殆どない。せいぜいセキュリティの低い取引所やDappsを避けることしかできない。コインチェックの事件ではセキュリティの専門家が事件の解析に関わっており、今後クラッキングへの対策や取引所に必要なセキュリティ要件などが公表され共有されることは期待できそうだ。
  • しかし、万全の対策をとっていたとしても資産を狙う人間がいる以上はGOXの可能性をゼロにはできない。したがって、そもそも多額の資産を取引所などの他人に預けるべきではないと考えなければいけない。
  • スマートコントラクトやクライアントのセキュリティに関して不安がある場合は、ベストプラクティスに基づいているのか、外部機関の監査を受けているのかなどを開発者に確認することも効果的だろう2。またParityのマルチシグウォレットの様に発展的な機能をスマートコントラクトで実装したウォレットは、リスクと必要性を天秤にかけ、通常のウォレットに保管することも検討するべきだ。

小規模GOX

仮想通貨が第三者機関を介さない電子キャッシュシステムとして生まれた以上、ユーザーのミスをソフトやツール、ブロックチェーン側で100%カバーすることは不可能だ。そのためユーザーにはある程度仮想通貨に対するリテラシーが必要になる。仮想通貨の仕組みについて深く知ることが一番の対策になるが、初心者としてはどういう失敗が起こるのかを知っておくだけでも違うだろう。

秘密鍵の紛失・流出

3.秘密鍵のバックアップ忘れ

仮想通貨のウォレットを作成した際に秘密鍵やニーモニックフレーズのバックアップをしていなかった。ウォレットソフトがアップデートされた際にソフト側の記録が消えたため入力を求められたが復旧できなかった。ウォレットに入れていた仮想通貨が全て動かせなくなった。

4.秘密鍵がはいったパソコンを棄てた/解約した

数年前にビットコインをマイニングしていたパソコンを破棄した。あとで調べてみると数億円の価値があることがわかったが、すでにゴミ処理場に行っており、回収できなかった。

対策

  • 秘密鍵やシード、ニーモニックフレーズのバックアップを徹底する。ペーパーウォレット(紙に書いて保存すること)やクリプトスチールなどのハードウォレットへのバックアップを行うのが良いだろう。クラウド上や自分のパソコンへの保存は盗難や紛失のリスクが高いため行ってはならない。

5.フィッシング詐欺による秘密鍵の漏洩

トークンのエアドロップのお知らせのメールが来ていたため、メールのリンクを開いたところCoindeskを模したフィッシングサイトに誘導された。そこから更にMyEtherWallet.comを模したフィッシングサイトに誘導され秘密鍵を入力して、ログインしてしまった。その後すぐ、犯人にウォレットの中身を全て送金された。

対策

  • 怪しいメールのリンクを開かない。MetaMaskやEtherAddressLookupなどのフィッシングサイトを検出するアドオンをブラウザに導入するなどフィッシング詐欺対策を行う。
  • Web上にクライアントがあるタイプのウォレットで多額の仮想通貨を利用しない。この事例の場合ではMyEtherWalletのコードをGithubでダウンロードし、ローカル環境で使用していれば防ぐことができた。

(編注)MyEtherWalletがDNSハイジャック3を受け、正確なドメイン「myetherwallet.com」から攻撃者のフィッシングサイトにリダイレクトされる状況があったと公式からの報告があった。Webホスティング型のサービスは、秘密鍵を預けてなくともこのような事態が起こる。

取引所の個別アカウントの事例

6.2FA認証の端末が故障しアカウントにアクセスできなくなる

Googleの2段階認証(2FA)を使用して取引所のアカウントにアクセスしていたが、端末が故障し認証できなくなった。海外の取引所だったためサポートに英語で連絡したが返事が来ず、アカウントに残っていた仮想通貨残高を使用できなくなった。

対策

  • 2段階認証はハードウェアが壊れた時のバックアップ方法を必ず確認し、またAuthyやIIJ Smartkeyなどバックアップ可能なアプリを使用する。
  • 特に未認可の海外の取引所を使用する際は完全に自己責任であることを認識しておく。もちろん返事がなくても辛抱強く何度も問い合わせを行えば対応してくれる場合が多いので、諦めないでトライすることをおすすめする。

7.フィッシングサイトによってアカウントを乗っ取られる

取引所からのメールを装ったフィッシングメールから偽の取引所のホームページにログインしてしまった。2段階認証を設定していたがフィッシングサイトに2FAトークンを入力してしまい、トークンの期限が切れる前にクラッカーにアカウントに侵入され、設定等を変更されてしまいアカウントを乗っ取られた。その後自分の意図しない取引が行われたり犯人のアカウントに出金されたりした。

対策

  • 取引所などへは必ず自分のブラウザのブックマークからアクセスするようにする。取引所の名前で検索して上部に表示されるPRがフィッシングサイトへのリンクになっていたこともあるため検索結果を盲目的に信じるのも危険だ。
  • 繰り返しになるが、怪しいメールのリンクを開かない。MetaMaskやEtherAddressLookupなどのフィッシングサイトを検証するアドオンをブラウザに導入するなどのフィッシング詐欺対策を行う。
    そもそも、取引所のアカウントに大金を入れない。

送金ミス

8.送金アドレスの入力ミス

取引所から自分のウォレットに送金する際にアドレスを手入力したところ間違えた。取引所のアカウントの残高から消えてしまいウォレットには入金されなかった。

送金先のアドレスをコピーアンドペーストしてウォレットから送金したつもりが、クリップボードに残っていた別のアドレスに送ってしまった。

対策

  • 高額の仮想通貨を送金する場合は手数料が二重にかかるがケチらずに一度少額で送金テストを行ってから送金するのが常識だ。
  • 入力したアドレスは必ず複数回確認する。
  • 誤送金をしてしまった場合は取引所や間違って送ってしまった相手が対応してくれる場合もあるので連絡しよう。任意のアドレスを所有する個人を特定するのは非常に難しいが、アドレスをWebで検索したり、取引履歴を調べて日本人の可能性が高いならばネットで呼び掛ける、NEMなどのメッセージ機能のある仮想通貨であれば相手のアドレスにメッセージ付きの空トランザクションを送るなどの方法がある。

9.送金額と送金手数料を取り違えて送金してしまう

ウォレットの送金手数料を入力する欄と送金額を入力する欄を取り違えて送金してしまった。多額の仮想通貨がマイナーに手数料として徴収されてしまい戻ってこない。

対策

  • 手数料として払ってしまった仮想通貨を取りもどすことはまずできない。最近は手数料を利用者にいきなり入力させるウォレットはあまりなく、自動で適切な手数料が設定されるものが多い。そのため普通に使用していればそこまで注意する必要はないが、間違えやすいUXのウォレットは使わないようにしよう。

10.取引所に送金する際の設定ミス

自分のウォレットから取引所に送金する際に仮想通貨のメッセージ機能に指定されていた識別コードを入力するのを忘れた。もしくは、マルチシグアドレスなどの特殊なアドレスから送金してしまった。ブロックチェーンを確認すると送金は完了しているが取引所のアカウントには反映されない。

対策

  • 取引所の入出金はそれぞれ独自のルールがある場合が多いので説明をよく確認する必要がある。事前に送金テストを行うのが確実だ。失敗してしまった場合は取引所に問い合わせよう。

ウォレットのトラブル

11.マルウェアによる送金先の改竄

ハードウェアウォレットのLedgerNanoSから送金しようとしたところ、マルウェアによって送金先のアドレスを改ざんされ犯人のアドレスに送ってしまった。マルウェアはユーザーのパソコン画面では本来の送り先を表示していたが、実際には違うアドレスに送っておりデバイスの画面では犯人のアドレスが表示されていた。マルウェアには一定額以下の場合は正しい送り先に送金される設定があり、テスト送金した人も引っかかってしまう巧妙な仕掛けになっていた4

対策

  • 仮想通貨の情報サイト、仮想通貨関連の掲示板などからマルウェアに感染する可能性がありセキュリティソフトによる予防にも限界がある。
  • ハードウェアウォレット販売元公式のセキュリティ情報をチェックし、マルウェアの種類を確認し対策(今回の事例では必ず送金先アドレスを確かめる、など)を行うこと。また常に最新のファームウェアに更新しておく。
  • よほど高額の仮想通貨を管理する場合で、もし専用のパソコンが用意できるのであれば、普段使いのパソコンを使用しないでそちらを使用するのが間違いないだろう。

12.ウォレットに脆弱性がありハッキングされる

Jaxxのデスクトップ版ウォレットにパスフレーズが暗号化されないで保存されているという脆弱性があり、端末にクラッカーからアクセスされパスフレーズが盗まれ仮想通貨を送金されてしまった5

対策

  • 今のところ脆弱性を修正したという事実は確認できないためJaxxの利用は推奨できない。どうしてもデスクトップ版のJaxxウォレットを使用したい場合はサンドボックス化した仮想OS内などの暗号化された環境で動かすこともできるが、そこまでやるなら他の安全なウォレットを探して使用したほうがよい。
  • ただし暗号化されていた場合でもクラッカーに不正アクセスを受けるような状態であれば、キーロガーなどを仕込まれて暗号化鍵(PIN)を盗まれ結局パスフレーズを復元されてしまう。したがってセキュリティソフトやファイヤーウォールなどで不正アクセス対策を行うことが重要だ。
  • 一般的にJaxxのようなホットウォレット(秘密鍵やパスフレーズを持った状態でネットワークに繋がれたウォレット。スマートフォン用のアプリを含む)は最悪の場合ソフトウェアの脆弱性により秘密鍵を盗まれる危険性がある。ホットウォレットには失ってもよい金額を入れるようにし、資産の大部分はペーパーウォレットやハードウェアウォレットに保管する。

ベータ版の技術の使用によるGOX

13.オフチェーントランザクションの失敗

ビットコインのライトニングネットワークの送金テスト中にクライアントのバグでビットコインが凍結される、等。

対策

  • ライトニングネットワークに限った話ではなく、新しい仮想通貨や仮想通貨の新技術がリリースされた時はまずはテストネット版を使用するのが原則だ。メインネット版で行う場合は失ってもいい金額で行う。リリースした開発側もベータ版であることを明記していたり、多額の資産を投入することを警告している場合がほとんどであり、完全に自己責任の世界だ。

終わりに

いろいろな実例を上げたがGOXはその結果において資産を「取り戻せる可能性が事実上ゼロ」という点で、物理世界の事故や紛失、盗難と異なる。

例えば財布などを紛失した場合、なくした場所を探して見つかったり誰かに拾われて戻ってくる可能性がある。しかし、ウォレットの秘密鍵を紛失してしまうと、世界中のスーパーコンピュータの計算力を総動員しても戻ってくることはない。

現金の札束を盗まれた場合と比較すると、犯人と紙幣が物理的な存在である以上、紙幣のまま地球の反対側まで持ち運んで逃げるには少なくとも数日はかかるだろう。もちろん電子マネーなり仮想通貨なりに換金すれば逃げおおせるのも可能だ。しかし大金を換金すれば足がつく。

一方で盗難された仮想通貨が地球の裏側まで送金されるには数秒で十分である。(注:トランザクションの承認が確定するには通貨によって、10~60分かかるが盗難された側が予め犯人の使用するノードをコントロールしている可能性は極めて低く、トランザクションがノードに到達した時点で事実上不可逆的な取引となる) それに加えて盗難に物理的な接触が伴わなければ足がつく可能性も極めて低い。

仮想通貨を扱う際にはその性質を知る必要がある。アーリーアダプターたちは失敗を繰り返し経験としてそれを学んできた。今後はそれらの失敗を蓄積し、賢明な新規ユーザーが歴史から学べるようにしていくべきだろう。

参考URL:https://btcnews.jp/4wd7mjib16010/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

John McAfeeは暗号の天才ですか?

1 


ジョンマカフィーは、自分自身と彼が何をしているのかを宣伝することに関して、確かに馬鹿です。1980年代と90年代に、彼の名前を冠したウイルス対策ソフトウェア会社を経営したとき、彼は大規模な新しいウイルスやワームが発生したときに初めてテレビニュースに出演した。今、彼はcryptocurrenciesについては、同様のゲームをプレイしているようだ。マカフィーは、近年ベットの養子縁組国で深刻な犯罪が起きたとしても、ある時点で幾分傷ついた記録を残しています。今、彼は暗号化の世界に注目しています。ジョン・マカフィー、暗号天才、ヘビ・オイルセールスマンという質問をする時が来ましたか?

ICOのバンドワゴン

最初のコイン・オファリングは、暗号侵害のニュース・サイクルの重要な部分になっています。ICOは、新しい暗号化の起動が初めてコインを市場に提供したときに発生します。マカフィーは最近、ICOが実際に行われたときにフラットになったり、クラッシュする可能性があるだけで、死んだ証明書や大きな投資としていくつかのICOをブランド化しています。ICOに関する彼のつぶやきの多くは、彼自身の投資洞察の結果ではなく、むしろ10万ドルを超える可能性がある支払いの代償として行われていることが、マカフィーから明らかになった。

これは、マカフィーの独立性と、彼がソーシャルメディアのフィードと通常のメディアの出演の両方に与えるアドバイスが実際に価値があるかどうかについて、深刻な疑問を投げかけています。これは、他の人たちが苦労していると信じている市場であっても、機会を見つける上での専門家であるマカフィーのパターンの一部です。しかし、1990年代の彼のユビキタス・アンチウィルス・ソフトウェアのように、彼は真剣に彼の手を上回る可能性があります。

対抗措置

暗号の問題に関するMcAfeeのつぶやきのすべてが自分の仕事の結果ではないという啓示にもかかわらず、McAfeeが暗号侵害市場と全体的な可能性を十分に把握していることはほとんどありません。彼は独立した暗号トラヒック取引プラットフォームのために彼が共有している熱意のおかげで、多くの暗号侵入愛好家の間で高い評価を得ています。これは、最近、暗号の価値が著しく低下したために、市場でのポジションを確保し、強化するために、銀行や他の金融機関との間で多くの新しいコインが跳ね上がっているのを見たcryptocurrency市場における最近の動きを疑っていることを意味します。

何年も前から彼が描いてきた背景や一般的な自由主義的見地から、マカフィーは分散型モデルを好んでいます。McAfeeは数十年に渡って蓄積してきた重要なメディアプロファイルのおかげで、すぐにこのアプローチの最高のプロファイル支持者の1人になれるようになりました。CNBCのような主流の金融ニュースネットワーク上での彼の定期的な出演は、他の人たちと競合することのできないプロフィールを成功裏に構築したことを明らかにしている。

マカフィーは遠すぎますか?

マカフィーがスポンサー付きのつぶやきを受け入れることについての啓示は、そうしていることを完全には明らかにしていないため、ジョンマカフィーの暗号化を支援してくれた多くの人々を疎外させる危険性があります。過去40年間のウイルス対策やその他の多くの問題と同様に、マカフィーはあまりにも貪欲になり、自分のために構築したペルソナを恐れているかもしれません。もちろん、他の暗号侵入愛好家がマカフィーのアプローチのビジネス面に気を配りませんし、強力なメディアコンタクトを持つクリプトカルトの高いプロファイル支持者を持つことが重要であると判断することは、もちろん可能です。しかし、マカフィーはリスクを抱えており、最終的には何が起こっているのかについてはかなり公表されているにもかかわらず、多くの人が彼が取ったアプローチについて彼を憤慨させる可能性があることは確かです。

ジョンマカフィーのメディアプロファイルは、このストーリーがすぐに消え去ることはないと考えています。彼のソーシャルメディアのプロファイルと、このストーリーがどこに向かうのかを知るために数ヶ月にわたって主流のメディアの出現回数に注目する価値があります。 

参考URL:https://oracletimes.com/is-john-mcafee-a-crypto-genius/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Amazon Webサービス、Ethereum&Hyperledgerのテンプレートを使ってBlockchainに新しいInroadを導入

1 


AWSクライアントは、AWS Blockchain Templatesを使用してブロックチェーンベースのソリューションを簡単に作成できるようになりました。目標は、ユーザーが独自のブロックチェーンネットワークを構築して起動できるようにすることです。

インスタントblockchainテンプレート、AWSは、基本的にblockchain技術に新しい来襲を開始しました。これ以降、ユーザはマウスを数回クリックするだけで、EthereumとHyperledger Fabricをベースにしたプライベートネットワークに基づいて公衆網と私設網の両方を立ち上げることができます。

Amazonはストリーミングデータ市場の特許を取得しました

素晴らしいニュースは、Amazonがストリーミングデータ市場をカバーするライセンス取得後で、両社のイベントは暗号世界における巨人の関心の高まりを示しています。

たとえば、Bitcoinトランザクションを受け入れる電子またはインターネットの小売業者のグループは、Bitcoinアドレスと相関するかもしれない配送先住所を持つことがあります。電子小売業者は出荷先アドレスをBitcoinトランザクションデータと組み合わせて、相関データを作成し、結合されたデータを結合データストリームとして再公開することができます。

開発者はブロックチェーンベースのアプリケーションの作成に集中できます

これにより、開発者はブロックチェーンネットワークの設定に慣れるのではなく、アプリケーションの構築に集中することができます。フレームワークの展開は、認定および管理されたAWS CloudFormationテンプレートを使用して行われます。

新しいネットワークが数分で作成されます。AWSのJeff Barr氏は、ブロックチェーンネットワークを稼働させるのに必要なリソースを払うだけで済むので、ユーザーはこれらのテンプレートへのアクセスに特別な費用を費やす必要がないと述べています。

AWS Blockchain Templatesでは、管理されたAWS CloudFormationテンプレートを使用して、EthereumおよびHyperledger Fabricフレームワークを導入することができます。AWSブロックチェーンテンプレートを使用すると、ブロックチェーンネットワークの手動セットアップに時間と労力を費やすことなく、ブロックチェーンアプリケーションの構築に集中することができます。

ネットワークはユーザーのAmazon VPNで作成されます

Ethereumに基づくネットワークはEthereumのマイニングをサポートし、ネットワークのメトリックを監視するためのEthStatsページも提供します。また、ユーザーがトランザクションやスマートな契約を調べるためのEthExplorerツールキットも含まれています。

ネットワークはユーザーのAmazon VPNに直接作成されるため、アクセス制御リストとVPCのサブネットの恩恵を受ける機会が得られます。

Amazonは最新のアクションでブロックチェーンテクノロジを明示的にサポートしており、Bitcoinやその他の暗号化方式の採用がさらに早くなる可能性があります。 

参考URL:https://oracletimes.com/amazon-web-services-launches-new-inroad-into-blockchain-via-ethereum-hyperledger-templates/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

CoinbaseがWikiLeaks暗号化アカウントを無効にする。その訳は!

WikiLeaksは、デジタル通貨交換のCoinbaseがアカウントを閉鎖したと発表しました。

後期金曜日、ウィキリークス、政府の秘密を明かすために知られている組織は、サンフランシスコを拠点とすることをツイッター経由で投稿為替 Coinbaseは「通知または説明もなくそのプラットフォームからの公式@WikiLeaks店をブロックされています。」していました

WikiLeaksのツイートには、Coinbaseの公式の非アクティブ通知であると思われるクリップが付いていました。 

CoinbaseはETHNewsのコメントの声を報道の時までに返さなかった

WikiLeaks 、米国内の暗号スペースへの主要なオンラインの1つになっ交換機を「暗号コミュニティの不適切なメンバー」と非難して、「Coinbaseのグローバルな遮断」を呼びかけることによって、非アクティブ化に対応した

WikiLeaksは、Coinbaseの行動の背後にある "隠された影響"を主張してさらに進んだ。

歴史的に、金融サービスと支払い主体であるVisaとMastercardは、1917年の諜報法の下で連邦犯罪として執行される可能性のある、外交ケーブルの漏洩について米司法省によって調査されたWikiLeaksにブランドを付けることを明らかにしている。           

Coinbaseは、以前に指示する裁判所命令を得IRSによって精査の下に来ている交流に従事する顧客に関連レコードを生成するためのトランザクション価値いずれかで$ 20,000、少なくとも同等のトランザクション タイプを(購入、売却、送信、または受信します) 2013年から2015年の期間のいずれか1年間で その生産の締め切りは先月でした。


参考URL:https://www.ethnews.com/coinbase-deactivates-wikileaks-cryptocurrency-account 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング