Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

"まぬけ"とググったらあいつの画像が表示されるwww

1 


グーグルで”idiot(まぬけ)”と画像検索をするとドナルド・トランプの写真が表示される。なぜか?

11日の米議会下院司法委員会の公聴会に臨んだ米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)に対して、民主党のゾーイ・ロフグレン議員が質問をした。

プライバシーやデータ保護対策について米議員から厳しい追及を受けたピチャイ氏。ロフグレン議員の質問に対してピチャイ氏は、関連性や人気、ユーザーによる検索ワードの使い方など200ほどの要素を組み込んだアルゴリズムが導き出した検索結果と説明した。

「それでは、何者かが秘密裏に利用者に対して何を見せようか考えているわけではないという訳か」ロフグレン議員は続けた。

現在、「グーグルは検索結果を政治的な理由で意図的に変えているのではないか?」という疑問の声が一部から上がっている。そして、そうした懐疑論は、グーグルだけではなくフェイスブックなど巨大化した米国のハイテク企業全体に対して投げかけられている。

11月の中間選挙の前、フェイスブックは、詐欺行為などが疑われる559ページ、251アカウントを削除したと発表。訪問者数を上げる為に複数のフェイクアカウントを作ってコンテンツ配信したことなどを理由に挙げた。フェイスブックは、2016年の大統領選以降、フェイクニュースの温床として非難を浴びており、11月の中間選挙ではそうした批判を回避する狙いがあったのかもしれない。

しかし、削除されたアカウントの中には「100万人のフォロワー」を有する急進的なメディアもあり、フェイスブックは既存の体制に反対する勢力を意図的に排除したのではないかという報道もある

実際、11日の公聴会で、グーグルのピチャイ氏の説明に対して納得しなかった共和党のラマー・スミス議員は、次のように述べた。

「私は、人間が検索結果を導き出すプロセスを操作することは可能だと考える」

また同じく共和党のスティーブ・チャボット議員は、グーグルは保守的な意見をネガティブに捉える仕組みになっているのではないかというフラストレーションをぶつけた。

グーグルは、保守的な見方や保守的な政策に対抗するという明らかなバイアスがある事実をどう説明するのか?単なるアルゴリズムなのか?それとも何か別の力が働いているのか?

同議員によると、共和党の減税などをグーグルで検索すると、それに対して否定的な記事がトップに表示されるという。

これに対して「ネガティブな検索結果を表示されたくなければ、ネガティブなことをしなければ良い」とグーグル側に立って意見を述べたのは民主党議員のテッド・リウ議員だ。「悪い検索結果が表示されるからといって、グーグルやフェイスブック、ツイッターのせいにするな」。

グーグルは果たして意図的にトランプ大統領や共和党の政策に対してネガティブキャンペーンを行なっているのだろうか。現時点で答えを出すのは困難だが、グーグルやフェイスブックが中央集権型の管理システムを採用し続け、そのオペレーション方法に透明性をもたらさない限り、懐疑論は消えないのかもしれない。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/why-when-i-search-idiot-do-i-get-pictures-of-trump-google-ceo-grilled-at-us-congress 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

三井住友信託銀行 ブロックチェーン技術を不動産取引に使用する実証実験開始 富士通子会社と協力

1


三井住友信託銀行は12日、不動産取引にブロックチェーン技術を使用する実証実験を始めると発表した。ブロックチェーン技術を使って、不動産取引での情報の透明性を維持・確保することが狙いだ。

富士通が米シリコンバレーに設立したOpen Inovation Gateway(OIG)社とともに実施する。実証実験には不動産を運用するアセット・マナジメント会社や、テナント物件を管理するプロパティ・マネジメント会社、テナント仲介業者などが参加し、来年2月から3月末までの2か月間にわたって実施する。都市部のオフィスビルといった収益物件を対象に、賃料といった収益情報、テナントの入退去情報、耐震診断などの物件調査情報をブロックチェーン上で管理する。

情報改ざんが難しいブロックチェーン技術で記録を残すことによって、物件データの透明性を高めることができるかどうかを実証する。三井住友信託銀行は発表の中で「新たな取引機会を提供し、取引参加者を増加させるような、透明性の高い情報管理手法の構築に向けた実証を実施する」としている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/mitsui-sumitomo-trust-and-bank-start-demonstration-experiments-used-for-real-estate-transactions 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ステーブルコインの取引高 9月比で●●●%以上増加

1 

ビットコインなどの仮想通貨より安定した価値の提供を目指すステーブルコインの取引高が急激に増加していると調査会社のDiarが10日公表した。ステーブルコインの代表格であるテザーが信用問題で揺れる中、新興のステーブルコインの勢いが増しているようだ。

(引用元:Diar 「ステーブルコインの取引高」(9月〜11月))

Diarによると、11月のステーブルコインのオンチェーンでの取引高は、9月と比べて1032%増加。内訳を見てみると、パクソス(PAX)の増加幅が大きく、仮想通貨取引所コインベースと決済企業サークルのUSDCの倍を記録したという。

最近、ステーブルコインを上場させる仮想通貨取引所の数が増加している。5日に仮想通貨取引所ビットフィネックス(Bitfinex)が新たなに主要ステーブルコイン5種の取引を開始。先月はバイナンスが、「テザー(USDT)市場」とされていた区分を複数のステーブルコイン市場と統合し、「ステーブルコインマーケット( StablecoinMarket (USDⓈ))」に改称すると発表した

また5日、中国の最大級の「クジラ(仮想通貨の大口投資家)」と言われる李笑来(リ・シャオライ)氏が、中国の巨額ファンドでステーブルコイン関連のプロジェクトを率いることが明らかになった

下がり続けるテザーのドミナンス

一方、The Blockによると、テザーのドミナンスは3年ぶりに低い水準まで低下した。

(引用元:The Block 「テザーのドミナンス」)

記事によると、ステーブルコイン 市場におけるテザーのドミナンス(占有率)は今週、73%以下まで低下。3ヵ月前は、約96%だった。新興ステーブルコインの台頭に加えて、米ドルと連動するとされるステーブルコインのテザーは、本当に十分な米ドル資金を持っているのか信用問題に直面している。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/report-stablecoins-see-significant-growth-in-adoption-over-recent-months 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ユニセフ(UNICEF)が6つのブロックチェーン・スタートアップ企業に・・・

ユニセフから投資を受ける6つのスタートアップ企業とは?

ユニセフが投資をおこなう企業は、発展途上国に拠点を置いていることが特徴的である。それでは、投資を受けることになった6つの企業をそれぞれ簡単に説明しよう。

まず、一つ目の企業は、アルゼンチンの「アティックスラボズ(ATIX LABS)」だ。同社は、中小企業の資金の使い道を追跡するプラットフォームを構築している。二つ目の企業は、メキシコの「ワンスマート(Onesmart)」で、新興市場における社会的資金の悪用問題に対処するソリューションを提供している。三つ目の企業である「プレスクリプト(Prescrypto)」も同じくメキシコに拠点を置いており、患者の病歴を電子カルテを用いて共有するサービスを提供する。

四つ目の企業であるインドに本拠を置く「 スタットウィング(Statwig)」は、ワクチンの供給効率を向上させるため、サプライチェーンマネジメントにブロックチェーンを利用する。五つ目のバングラデシュの「W3エンジニアズ(W3 Engineers)」は、オフラインのモバイルネットワーキングプラットフォームによって、移民と難民のコミュニティを結びつけることを目的にしている。最後、6つ目の企業の「ユートピクサー(Utopixar)」はチュニジアに拠点を置き、特定のコミュニティーの意思決定と価値の移転をスムーズにするためのソーシャルツールを構築する。

ブロックチェーン技術に前向きな姿勢を見せるユニセフ

ユニセフ・イノベーションの顧問であるクリス・ファビアン(Chris Fabian)氏は、「ファイナンスや技術支援、社会的弱者に焦点を当てて、可能な限り公正かつ公平な方法で技術が成長・成熟するのをサポートするプロジェクトに投資をする」と述べている。

また、「ブロックチェーン技術は初期段階にあり、この技術を使うことでより良い世界を作り出す方法や場所を見つけるために、実験と失敗、学習がある」と語り、ブロックチェーン領域に長期的な視点でベットする意向を示した。

ユニセフは、何年にもわたりブロックチェーン技術の調査を進めており、投資を行ったのも今回が初めてではない。ユニセフのような社会的影響力が大きい団体がブロックチェーンに前向きな姿勢を見せていることは、業界にとって大きなプラスとなるだろう。

参考資料:https://coinchoice.net/unicef-invest-6-blockchain-startup-companies/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

アブダビ国営石油会社、あそこと提携!

アラブ首長国連邦の国営石油会社であるアブダビ国営石油会社は、ブロックチェーンベースのシステムを用いて石油の管理や追跡、そして取引の自動化を行うためにIBMと提携したことを英国ロンドンで開催された世界エネルギー首脳会議で発表した。

参考資料:https://btcnews.jp/1ilt24j821790/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング