Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

イーサリアムになぜそんなに多くのDefiがあるのですか?

暗号通貨は当然、金融機関から分離されています。それはまさにその性質であり、主要な統治機関を持たない分散通貨として、ドルやポンドなどの伝統的な通貨で見られるようにそれを操縦するものは何もありません。これらの分散型金融(またはDeFi)製品の多くはイーサリアム上に構築されていますが、なぜそうなのですか?

イーサリアムとは何ですか?

イーサリアムはインターネット上で最大の分散型金融プラットフォームであり、その理由は簡単にわかります。Ethereumには、BitcoinやLitecoinなどの他の有名な暗号通貨に類似した独自のネイティブ暗号通貨(ETH)がありますが、Ethereumもプログラム可能であり、通貨やトランザクション以外にも使用できます。開発者は、Ethereumで金融アプリケーションと完全なデジタル市場を構築し、プラットフォームの柔軟性を実証しました。これらの機能により、イーサリアムはオンラインで最大のブロックチェーンプラットフォームに成長することができ、ユーザーベースが繁栄していることを意味します。

Ethereumを使用する理由

主に、Ethereumは、Ethereumが提供する優れた柔軟性とシンプルさのために使用されます。これは、イーサリアムを制御する中央組織の欠如に一部起因します。ユーザーは、プラットフォーム上のアクションを完全に制御できるシステムであるかのように感じます。開発者は、必要なアプリケーションをプログラムでき、プログラムされたとおりに機能するため、プラットフォームが提供する柔軟性が実現します。

さらに、イーサリアムは、ブロックチェーンと暗号通貨に参加したいと考えている企業や個人に膨大な機会を提供します。数十万のアクティブなイーサリアムアドレスがあり、それらのすべてが、購入可能なビジネス、製品の購入に関心がある可能性のある顧客、または最新の革新的なアイデアを持つことができるアプリ開発者を表しています。イーサリアムは相互作用できる人でいっぱいであり、コミュニティでDeFiはそれらを結び付けるものです。

DeFiがプラットフォームに引き寄せられるのはなぜですか?

上記の要因はすべて、イーサリアムのブロックチェーンシステムの支配における大きな部分です。イーサリアムの成長には、誰でも自由に参加し、好きな方法で貢献できるという能力が大きな役割を果たしました。これは、イーサリアムがすでに存在するため、イーサリアムに参加する企業や個人がこれに続きました。その機能のためにプラットフォームに参加した人もいますが、間違いなく今日まで参加し続けていますが、大部分は歓迎されたコミュニティのおかげでプラットフォームに留まっています。

DeFiに最適な場所ですか?

はい。イーサリアムは、ブロックチェーンプロセスのすべてのステップの開発と促進において非常に大きな役割を果たしており、それを使用しないDefiプロジェクトは深刻な不利益を被っています。ネットワーク上にすでに存在する大規模でアクセス可能な市場であろうと、企業や個人がイーサリアムのツールからプロジェクトで得る支援のすべてであろうと、イーサリアムはあらゆるブロックチェーンプロジェクトにとって大きな利益です。 

参考資料:https://oracletimes.com/why-is-so-much-defi-on-ethereum/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米仮想通貨取引所ジェミナイ、保険会社「ナカモト」立ち上げ|「世界最大」の保険提供

米仮想通貨取引所ジェミナイ、保険会社「ナカモト」立ち上げ|「世界最大」の保険提供【ニュース】

著名起業家ウィンクルボス兄弟が運営する米国仮想通貨取引所ジェミナイは、「ナカモト」と呼ばれる保険会社を立ち上げた

ナカモトは、ジェミナイ利用者がコールドウォレット(オフラインのウォレット)で保管する資産に対して最大2億ドル(約220億円)の保険提供する。ジェミナイによると、仮想通貨カストディアンによる保険提供額としては世界最大という。

ナカモトは、キャプティブと呼ばれ、特定の企業や企業グループなどのリスクを専属的に引き受ける。エーオンとマーシュとの協業で立ち上げられた。バミューダの金融当局からライセンスを得た。

昨年4月米国の仮想通貨取引所コインベースは、最大2億2500万ドル(約250億円)の保険プランを発表。ただ対象はホットウォレット内の仮想通貨だ。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/gemini-launches-firm-to-insure-its-own-crypto-custody-branch-for-200m 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Visa、CoinbaseとAbra向けの暗号化からフィアットへの暗号化トランザクションを獲得

2020年は、暗号市場の価格の点で非常に優れていましたが、暗号空間に関するさまざまな楽観的な予測についても始まりました。

これは新たな10年であり、多くの開発と成果を持つ暗号業界にとって驚くべきことが期待されています。

決済大手のVisaは、モバイルデジタルエコノミーにおけるリーチを拡大しています。

VisaがPlaidを買収

今週の初めに、同社はPlaidの買収を明らかにしました。Plaidは、モバイル金融アプリを銀行口座に接続するために米国の銀行口座を4人に1人の割合で使用しているフィンテック企業です。

Plaid techは、AbraやCoinbaseなどの暗号ベースの企業をサポートし、米国のユーザーが銀行口座からデジタルウォレットにシームレスに資金を移動できるようにし、ドルを暗号に変換します。

Visa 、この新しい買収により、新しいビジネスへの拡大が可能になると述べました。

公式発表によると、世界のインターネット対応の消費者ユーザーの75%が、2019年に資金移動を開始するためのfintechアプリをroderで使用し、2015年には18%にすぎません。

また、Coinbaseが米国の顧客情報を保護するためにPlaidを統合したことに注意することも重要です。
Coinbaseによると、顧客の銀行の認証情報はCoinbaseに送信されることはありませんが、即座にアカウントの確認を容易にするためにPlaidと共有されます。

2019年のAbra Integrated Plaid

暗号ウォレットAbraも昨年5月にPlaidを統合しました。

Abraの創設者兼CEOであるBill Barhydt氏は、オンライン出版物Daily Hodlからの最新のレポートによると、このテクノロジーにより、ユーザーは暗号と不換を切り替えるためのより多くの方法を利用できるようになると述べました。

それ以上に、この技術は米国の顧客のために何千もの追加の金融機関をAbraエコシステムにもたらすと伝えられています。これにより、多くのデジタル資産の移動が容易になります。

PlaidのCEO兼共同設立者であるZach Perret氏も、パートナーシップについて次のように語っています。

「Plaidの使命は、すべての人にとってお金をより簡単にすることです。私たちは、この規模で世界規模で約束を果たし続けるこの機会に興奮しています。」 

参考資料:https://oracletimes.com/visa-acquires-plaid-powering-crypto-to-fiat-transactions-for-coinbase-and-abra/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

OracleTimesは報道の自由をサポートし、ダークウェブURLを公開します

2019年、暗号通貨の世界の主要なオンラインエンティティに対する法執行機関による取り締まりの波がありました。これの大きな犠牲者の1つは、ダークネット指向のニュースWebサイトDeepDotWebでした。ダークWebコミュニティは2019年半ば頃に混乱状態に陥り、OracleTimesはその空白を埋めるために少しでも努力する決意です。報道機関の自由の名の下に、いわゆる「DeepWeb」へのリンクを公開しますが、アフィリエイトリンクのような金銭的インセンティブはありません。フィッシングの量を最小限に抑え、情報の自由のために本物のURLの正確なデータベースを維持し、詐欺師の被害者からエンドユーザーを保護することが、コミッションからの目標です。

「隠すべきものがないのでプライバシーを気にしないと主張することは、言うことがないので言論の自由を気にしないということと同じです。」–エドワード・スノーデン

ダークネット市場

ダークネット市場の歴史を見ると、数年ごとに繰り返される周期的なパターンに気付くでしょう。2011年に最初のダークネット市場であるシルクロードが開始されて以来、1〜2年ごとに襲撃と逮捕が行われています。大規模な法執行活動は既存の事業者を倒し、背後にいる者に対する重い罰を平手打ちしますが、次の波を阻止することはほとんどありません。DeepDotWebの所有者は、ウェブサイトがダークネット市場へのアフィリエイトリンクを通じてビットコインで数百万ドルを稼いだため、マネーロンダリングの疑いがあります。

2019年の弾圧を実施するためには、複数の管轄区域の法執行機関間の協力が必要でした。これらの機関は、可能な限り成長を制限するために、ダークネット市場に対抗するためにより多くのリソースを投入しています。しかし、これらの市場は引き続き運営されており、自由報道の性質上、法律を遵守する個人や組織は、Googleが何百万もの海賊版コンテンツにリンクしており、さらに悪いことに、これらの市場の場所を開示する自由があります。

最新の取締り後に出現した新世代のダークネット市場は、ビジネスに直結しています。暗号通貨とダークウェブの世界が非常に密接にリンクしていることは秘密ではありません。特定のデジタル通貨は、主流の理解と投資の増加により匿名性の一部を失いましたが、暗号は依然としてダークウェブの重要な部分です。

真実を抑制する

ダークウェブの一部のコンテンツに同意するかどうかにかかわらず、法執行機関による特定のオペレーターの標的化は、報道の自由を妨げる明確な努力です。ダークWeb URLの公開自体は犯罪ではなく、ダークWebはブラウジング時の匿名性の原則にとって重要です。プライバシーアクティビストはダークウェブを使用して相互に通信します。また、人々が自分のIDに関連付けたくない情報を投稿したり、医学的健康状態に関する情報を検索したり、ログインさせたりすることができない多くのオンライン掲示板がありますインターネットプロバイダーサーバーの永続的な記録。

自分自身でダークウェブにアクセスする人々は、より深いウェブサイトのいくつかにアクセスできるようにするための情報を必要とします。それは暗い場所である可能性があり、正しいガイダンスがなければ、人々は、犯罪を犯すつもりがなかったときに、彼らを罪にする可能性のある違法な素材に偶然に遭遇する可能性があります。DeepDotWebのようなニュースサイトを取り締まることにより、当局は正当な理由でダークウェブを使用したい人のために重要なリソースを削除します。犯罪行為と闇市場のホットスポットにすぎないダークウェブの描写は完全に値するわけではありません。OracleTimesは、多くの管轄区域で合法なPirate Bayで利用できるものを知る権利を保護するつもりです。身元を明かすことなく、重大な問題について議論する。

匿名の権利

私たちがオンラインで行うすべてが追跡および監視されているこのデジタル時代には、説明責任があります。害を引き起こす犯罪を犯そうとする人を確実に捕らえることが重要であるため、これ自体は悪いことではありません。しかし、人々がこの方法で追跡されることを望むかどうかの選択を与えられないとき、基本的な自由は奪われました。人々は、犯罪を犯す権利を悪用していない限り、匿名で閲覧および通信できる権利を有します。

当局が好むと好まざるとに関わらず、ダークウェブはここにとどまり、オンライン出版物がリンクを共有するのを止める彼らの努力は良いことよりも害をもたらす。匿名の権利を支持する強力な動きがあり、ニュース出版物として、政府や法執行機関、および同意しないニュースの分類などの他の議題からの抑制なしに、ニュース価値のある情報を共有する権利を実践するつもりです。偽のニュースとしての彼らの議題そのため、私たちは、自由と匿名の権利の名の下に、自分自身に金銭的なインセンティブのないダークWeb URLを公開する意図を表明しています。

ディープウェブへのリンクはメニューバーで確認できます。可能な限り定期的にこれを更新および管理します。 

参考資料:https://oracletimes.com/oracletimes-supports-freedom-of-the-press-and-will-publish-darkweb-urls/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

クライスラービルの新しい所有者は、ブロックチェーンの不動産会社に1億3500万ドル相当の不動産を売却

クライスラービルの新しい所有者は、ブロックチェーンの不動産会社に1億3500万ドル相当の不動産を売却し、購入価格の5分の1をトークン化された証券で取得しています。

ニューヨークに本拠を置くRFRホールディングスは、2019年3月に共同契約でクライスラービル購入し、チューリッヒの商業用不動産の過半数の株式をスイスとドイツにオフィスを持つ不動産業者BrickMarkに売却することに合意しました。

水曜日に発表されたBrickMarkは、購入価格の約20%が会社のBMTセキュリティトークンで支払われると述べた。

この契約により、BrickMarkが建物の80パーセントを獲得し、RFRの残りの株式を9月まで購入するオプションが与えられます。購入価格は明らかにされていませんが、トークンシェアの価値は数千万ユーロと考えられています。

BrickMark CEOのStephan Rindによると、これはデジタルトークンを含む史上最大の不動産取引です。「この規模のトークンベースの不動産取引はこれまでにありませんでした。私たちはかつて不動産業界の概念に過ぎなかったものを実装しています」と彼は言いました。

このプロパティは、バーンホーフシュトラーセのダウンタウン通りにあり(写真)、1平方メートルあたりの家賃は一般に年間13,000ドルから15,000ドルで、世界で最も高価なショッピング地区の1つです。2014年、Swatch Group は報告された4億900万ドルで近くの不動産を購入しました。

cryptocurrencyが関与する最大の不動産の購入の一つだった販売 2018年4月の為替レートで約$ 4百万500ビットコインのためChinseの億万長者へのちょうど外側のサンフランシスコの邸宅の。

BrickMarkのイーサリアムベースのトークンはハイブリッドデジタル証券です。トークン化された永久債券であり、BrickMarkポートフォリオ(現時点では、この1つの建物のみ)の資産に裏打ちされます。BMTの価格は不動産の純資産価値のパフォーマンスを表しており、トークンは所有者に議決権を付与します。

この契約の下で、RFRはチューリッヒの不動産の賃貸可能スペースを6倍に拡大する再開発計画を主導し、年間収益を増やし、したがってトークンの価値を高めます。

今後の展開

Bahnhofstrasseの取引が完了すると、BrickMarkはポートフォリオを拡大する予定です。同社は、5,000万ユーロ(5570万ドル)の資金調達ラウンドを完了し、ヨーロッパおよび北米で他の高価値商業用不動産の取得を開始する予定です。新しい不動産の取得に伴い、より多くのトークンが発行され、既存の保有者が保有するものを薄めることなく、より多くの投資家が参加できるようになります。

現在、BMTトークンを保持しているエンティティはわずかです。当面は資格のある投資家に制限されていますが、BrickMarkが欧州規制のセキュリティトークンオファリング(STO)を通じて個人投資家にBMTトークンを提供できる評価中の計画があります。

ウェブサイトよると、BrickMarkには10億ユーロ(11億ドル)の資産があります。デジタル証券の発行により、投資可能な不動産市場は約80兆ドルに達し、機関にとってよりアクセスしやすくなると同社は考えています。

「上場不動産会社、不動産担保債またはファンド構造を通じて投資家が利用できるのは、[投資可能な不動産]の3%のみです」とRindは水曜日の電話会見で、取引されているのは5%だけであると強調しました。年間ベース。「私たちは、デジタル証券とトークンがこれらの途方もない価値を解き放ち、世界中の人々に、今まで特権を与えられた財産へのアクセスを与えることができると考えています。」

「残りの76兆米ドルの価値を解き放つことは、おそらく世界最大のアドレス可能な市場機会です」とRindはCoinDeskに語りました。

新生産業

他の企業も、不動産におけるブロックチェーンの破壊的な可能性を認識しています。tZEROセキュリティトークンプラットフォームとTezos Foundation 、2019年10月に6億4300 万ドルの英国の不動産をトークン化する契約に署名しました。AssetBlockとして知られる別の不動産スタートアップは、9月にAlgorandブロックチェーンで商業用不動産取引プラットフォームを立ち上げました。

とはいえ、以前のイニシアチブは高い期待に応えることができませんでした。テクノロジースタートアップのFluidityとブローカーディーラーのPropellrの有名なベンチャー企業は、昨年の夏、「十分な制度的欲求がなかった」ため静かに棚上げされました

RFRドイツのマネージングディレクターであるアレクサンダーコブリシェク博士は、バーンホフシュトラーセの取引について次のように述べています。「ブリックマークトークンを購入価格の一部として喜んで受け入れました。デジタル金融商品は、未来。"

「現在の取引は、その量と制度的特性の点で、このセクターの砕氷船機能を備えている可能性がある」とコブリシェックは述べた。 

参考資料:https://www.coindesk.com/chrysler-building-owner-sells-stake-in-zurich-property-for-erc-20-tokens-and-cash 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング