Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

米仮想通貨取引所最大手コインベース代表がIPO・・・!

111

米仮想通貨取引所として最大手のコインベースのアシフ・ヒルジ代表が14日、CNBCとの取材の中で、急激に成長する仮想通貨市場と同社の展望について語った。

 同氏によると、コインベースにおける取引量は一年前に比べ30倍に激増。新規口座開設の申し込みも毎日万単位であるという。

 また、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインの他に、ビットコインキャッシュのような新たな仮想通貨を取り扱う予定はあるかという問いには次のように答えている。

あらたなデジタル資産を上場させる前に我々が見る評価基準を示した枠組みを公開している。この評価基準をクリアしてはじめて上場が可能になる。多くの人が売り込んできている。

また、同社を株式市場に上場させる計画や、他社に売却する可能性については次の通りのべた。

いかなる取引所にとっても(買収対象として)かなり高額になるだろう。とはいっても、株主とコインベースにとって一番いいのは、ある時点において上場することだ。それが何時になるにしても、今からそれまでにしなくてはならないことが沢山ある。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/coinbase-president-hints-at-listing-new-currencies-ipo 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

悲報! bittrexがまさかの・・・

111 


サポートがおいつかないので当面、新規の受付は禁止するそうですね。
新規の方は松以外にないですが逆に既存のかたからすれば
美味しい条件が増えますね。

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

114 


暗号通貨において、ここ1年の価格や時価総額の推移をみると、徐々に一般層の投資家も参入してきているように思います。国内外問わず、取引所や暗号通貨関連サービスも日々増えてきており、それだけ暗号通貨の市場が拡大しているということでしょう。大手企業も次々と暗号通貨業界に参入の意を示しています。

では、暗号通貨を手に入れるにはどんな方法があるのでしょうか?

暗号通貨を手に入れるには3つの方法があります。1つ目は、暗号通貨を「持っている人から貰う」です。2つ目は、「取引所で交換する」です。そして3つ目は、「マイニング(検証作業)でも報酬」となります。

持っている人から貰うのはごく少数であり、また、マイニングでの報酬については、それなりの知識が必要となります。基本的には取引所で交換することが一般的であるように思います。

暗号通貨では現在Bitcoinの市場シェアがもっとも大きく、ドルや円などの法定通貨とBitcoinを交換する形で、手に入れることができます。Altcoin(Bitcoin以外の暗号通貨のこと)については、持っているBitcoinとの交換で手に入れることが大半です。

取引所は基本的に大きく2つに分けられる

みなさんが普段利用している取引所ですが、カテゴリを2つに分類することができます。1つ目は、企業が管理運営された取引所。もう1つは分散型取引所です。

おそらく9割の人は企業が運営する取引所を利用しているかと思います。残り1割が分散型取引所です。メインで利用している人は少ないように思います。分散型取引所とは、管理者がいなくてもブロックチェーン技術、P2P技術を利用して取引を行えるものを言います。

分散型取引所はDEX(Decentralized EXchange、デックス)と呼ばれることもあります。

管理された取引所と分散型取引所にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

簡単に表にまとめてみました。

暗号通貨においてトラストレスとは、第三者への信用を必要とせず、ブロックチェーン技術を信用することの意である。

この表をみると、管理された取引所では、ある程度の流動性を確保できるため、取引所として機能を働かせることができるが、あくまで管理している企業や団体を信頼する形で成り立っていることがわかる。

反対に分散型取引所(DEX)では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができる。分散型取引所の方が、信頼という形においては優れているように感じるが、一方で通貨の流動性が少ないことが欠点でもある。

kyberNetworkは、今までとは違った分散型取引所の形を目指しており、両者のいいところをとった次世代の取引所となるかもしれない。

それでは、実際にKyberNetworkに迫ってみようと思います

KyberNetworkはクロスチェーンを用いた次世代分散型取引システムと言えます。2017年9月にICOを終えたKyberNetworkですが、公式サイト及びホワイトペーパーを読み解いてみると、これからの暗号通貨界隈に必要である仕組みが盛り込まれていることがわかります。

2009年のBitcoin誕生から現在に到るまで、暗号通貨の種類は増え続けています。また取引も格段に増えています。これは今後も増えていくでしょう。

暗号通貨の種類が増えることと、取引が増えることは、それだけ技術を信頼する人が増えてきているということですが、と取引所やトランザクションに置いても大きな負荷となり、現在も課題が残されています。

そこで、クロスチェーンの仕組みが注目されており、この技術を利用することで、本来交わることのない、異なったブロックチェーン間で暗号通貨の交換が可能となります。KeberNetworkではこのクロスチェーン技術を利用した分散型取引システムを提供します。

どんな利点があるのか

1.信頼性と安全性
KyberNetworkはユーザーのトークンを保有しないため、ユーザーのトークンを盗難のリスクから防ぐことができます。

2.インスタントトレード
ユーザーは通貨をデポジットする必要もなく、送金した1つのトランザクションで交換することが可能となります。

3.オンチェーンの交換
交換はチェーン上で行われるため、第三者の信用なしに直接取引することが可能となります。

ロードマップによると、2018年にはkyberNetworkのメインネットが立ち上がり、順次取引ペア通貨を追加していくようです。そして2019年には、クロスチェーンの本格導入という流れとなっています。

トラストレスという思想の元、どこまでその意を唱えられるかが技術者の間で議論され進んでいる暗号通貨ですが、このトラストレスという前提をいかに受け入れやすい形で表現できるかが、今後の肝になっていくように思います。

一般に受け入れられるインターフェースの簡易性や単純性も求めらてきているように感じます。次世代の分散型取引システムは、技術だけでなく、このインターフェースにおいても期待したいところです。 

参考URL:https://coinchoice.net/kybernetwork1213/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Bittrexの顧客がロックアウトされている!!!

114 

Bittrexのユーザーは、世界で3番目に大きい暗号交換方式で何かが間違っているという懸念を表明するためにソーシャルメディアを利用しました。顧客は公然と引き出しに問題があると不満を持ちますが、これは何週間も続いています。確かに普及しているすべてのプラットフォームは、価格の高騰を受けて苦戦しているが、昨日まで公式の公式な説明はなかった。   

Bittrexに広報問題がある

Bittrexは11月30日からTweetedしていない。Facebookのページは夏以降更新されていません。顧客は大声で心配し始めている。

12月5日の夕方に公開されたアイデンティティ検証に関する重要な情報交換では、「銀行の秘密保護に関する法律を遵守して、私たちのサービスがお金の洗濯、テロ支援、不正行為その他の違法行為に使用されていないことを保証することに全力を尽くしている。触媒としての他の規制。

彼らのサービスを「イライラしているか面倒なこと」と記述したのは、本質的に、アイデンティティ検証プロセスにおける顧客リテラシーの欠如であると非難した。彼らは、顧客の助けなしにはこれを行うことができないと強調し、ポストは「発生した一般的な間違いや問題点」を列挙しています。

含まれている問題は、 "単一の個人または団体に関連する複数のアカウントを作成すること。名前の不一致。読めないID。政府のIDの非ラテン文字; [および]複数のサポートチケットを開く。

チームによって署名されたポストは、以下のように述べています。「Bittrexが法律を遵守し、遵守プログラムを確実に遂行することを約束していることを理解していると確信しています。私たちはこのプロセスを通してあなたの忍耐と協力をお願いします。

Bittrexの顧客がロックアウトされている:暗号交換がBitcoinに対応していますか?

だから、犯罪者は入金できますが、引き出しはできませんか?

顧客に迷惑をかけている外部者に興味を持っているのは、取引所が受注、お金を取っているように見えますが、外見上問題はありません...撤退時に法律家の外套を覆うだけです。

確かに、ユーザーはビジネスインサイダーに「Bittrexにサインアップすると、あなたは財布に資金を入金し、検証なしで取引できるようになるので、これは大したことだ」と語ったしかし、その後、資金を引き出すことはできません。

交換は2014年以来行われており、郵送先はシアトルですが、ラスベガスを拠点としています。その日取引量は10億ドル近くになる。この執筆時点では、取引所間で日々の取引量で2位にランクされています。

Bittrexの顧客がロックアウトされている:暗号交換がBitcoinに対応していますか?

BBB(Better Business Bureau)は認定されていませんが、Bittrexはそれにもかかわらず、苦情を申し立てる専用のページを持っていますユーザーは自分のストーリーを公開しており、ほとんどの場合、次のようなことが記録されています。「昨夜、撤回しようとしました:「未確認のアカウント引き出し制限に達しました。24時間後にもう一度お試しください。自分の限界を高めるために、あなたのアカウントを確認してください、「」ロシア今日は指摘しました。Twitterハッシュタグ、#BittrexTroubleもあります。

これらは、Bittrexの最初の問題ではなく、これだけではありません。Bitcoinの価格は、一般に暗号スペースの価値と同様に、予想を超えて上昇しています。準備ができていない場合もあります。これらのページでは、クラークケン、コインベース、テザー、ジェミニなどでフラッシュとランナップが報告されました。

このような問題は、資金にアクセスできない人にとっては気になるだけでなく、より厳しい政府の規制や規制のための言い訳でもあります。ウォールストリートと様々なクジラが今後数ヶ月で暗号の道を進んでいくので、読者はこのような問題は許されないだろう。

しかし、不安定な市場では、正当な正義の問題として、文字通り財産的に愛好家を壊す可能性があります。

参考URL:https://news.bitcoin.com/bittrex-customers-locked-out-are-crypto-exchanges-ready-for-bitcoin/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アマゾンウェブサービス上でブロックチェーン・アプリ展開サービスがリリースした相手先とは?

114 


金融機関等の企業向けにブロックチェーン技術を提供する米R3社が5日、アマゾンの展開するクラウドサービスであるアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)マーケットプレイス上でブロックチェーンを使った金融やイーコマースのアプリを展開するサービス「CORDA」をリリースしたことを発表した。同サービスはアマゾンやAWSが直接提供するものではないが、同ネットワーク上で分散記帳技術をつかったアプリケーションを動作させたり、作成することができる。

 これに先立つ12月1日、AWSのアンディ・ジャシーCEOは自社主催のイベントでブロックチェーンには分散台帳以外の応用例はなく、当面ブロックチェーンを使ったサービスを提供する予定がないとしていた

 これは現在リップル社と訴訟中のR3社にとっては明るい動きだ。今年結ばれた2社間提携契約の中で、R3はリップルから大量の仮想通貨XRPを0.0085ドルで買うオプションを付与される予定だったが、リップル社はR3が契約義務を果たしていないと主張。リップルの価格がオプション買い価格の30倍ほどである0.24ドルまで上昇する中、1000億円相当をかけた激しい法廷闘争が繰り広げられている。もともと両社の顧客層は重なる部分があり、顧客を融通しあって利益シェアを行う構想があったようだが、うまくいかなかったようだ。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/amazon-embraces-distributed-ledger-through-r3-shuns-other-blockchain-solutions 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング