Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

仮想通貨に関するアンケート調査 これで人気通貨もわかりますね。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、Tカード利用者のる20歳から69歳までの男女1501名に、「仮想通貨に関するアンケート調査」を実施した。調査方法は対面ではなく、インターネットでの回答である。
このアンケート調査から見えたものをダイジェストで記すと以下のようになった。
・仮想通貨に興味・関心がある人は3割
20代の男性の5割弱が仮想通貨に興味・関心あり
・仮想通貨を理解している人は5割、4人に1人は今後勉強をしていきたい
勉強手段の1位「インターネットで調べる」 2位「詳しい友人・知人に聞く」 3位「本を買う」
・仮想通貨を買った購入したことがある人は3%、4人に1人が購入したい
購入している仮想通貨は1位「ビットコイン」 2位「リップル」 3位「イーサリアム」
・今後、仮想通貨が一般的にならないと思う人は8割

■仮想通貨に興味・関心がある人は3割

仮想通貨に対する興味や関心は、「とてもある」「少しある」と回答をした人が32.5%。そのうち、20代の男性は43.5%が興味・関心があると答えた。50~60代は45.6%の人たちが仮想通貨への興味・関心が「まったくない」と答えた。

■仮想通貨を理解している人は5割

仮想通貨の理解度は、「理解している」「なんとなく理解している」が49.3%、「理解していないが、これから勉強して理解していきたい」が25.4%という結果だった。
「これから勉強して理解していきたい」と答えたのは382名だが、勉強の手段はといえば、「インターネットで調べる」(73.3%)、「詳しい友人・知人に聞く」(29.3%)、「本を買う」(21.5%)、「テレビを見る」(21.2%)、「専門家、専門会社の人に聞いてみる」(11.3%)だった。


さらに、回答者のなかには、「まずは取引をしてみる」と回答をした人が3.4%いた。こうした結果を細かく分析してみると、男性は自分で調べて勉強をする傾向が強く、女性は人に聞いて勉強をする傾向があることがわかった。



■仮想通貨を購入したことがあるか

仮想通貨の購入については、「既に購入している」人は2.9%、「今まで購入していないが、今後購入したい」という人は25.2%、「今まで購入していないし、今後も購入したいと思わない」という人は71.8%となった。4人に1人は購入したいと思っていることがわかった。





では、これまでに仮想通貨を購入したことがある人に、どんな仮想通貨を購入したかについては、1位が「ビットコイン」(75.0%)、2位が「リップル」(47.7%)、3位は「イーサリアム」(40.9%)、4位は「ビットコインキャッシュ」(27.3%)、5位は「ライトコイン」(13.6%)であった。

■今後、仮想通貨が一般的になるかどうか

今後仮想通貨が一般的になるかどうかは、「一般的な通貨になると思う」が17.2%で、「一時的に流行しているだけで、一般的にはならないと思う」が67.0%と大幅に前者を上回った。「流行していないと思うし、全く一般的にならないと思う」もあり、仮想通貨が一般的ではないと思う人が8割にもおよんだ。

□調査概要
調査方法:インターネット (Tアンケート)
調査期間:2018年1月26日(金)~1月31日(水)
調査地域:全国
調査対象:20~69歳の男女(T会員)
サンプル数:1,501名


参考URL:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201802190056 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Bitfinex、分散型Exchange Eosfinexの発売を計画

1 


Bitfinexは、Eos.ioプラットフォーム上に構築された分散型暗号化交換を開始すると発表しました。新しいプラットフォーム、Eosfinexは、Eos.ioの分散型アプリケーションインフラストラクチャを使用してホストされる最初の交換機となります。

Bitfinex、Eosと提携してEosfinexを開発

Bitfinex、分散型Exchange、Eosfinexの発売を計画Bitfinex 、Eosfinexが、Eos.ioのプロトコルを使用して構築された最初の分散型エクスチェンジであるEosfinexを通じて、「デジタル資産の取引のための、迅速で透明かつ信頼できないプラットフォーム」を提供すると主張しています。

BitfinexのCEO、JLVan Der Velde氏は次のように述べています。「EOS.ioを活用して、高性能で信頼性の高いオンザフライ交換の分野をさらに進化させることができ、非常に興奮しています。Block.oneは、EOS.IOプラットフォームを通じてブロックチェーンのスケーラビリティを向上させるための献身的な努力を続けています。このコラボレーションにより、すべての分散型Exchangeの大幅な進化が期待されます。

ヴァン・デル・ヴェルデ氏は、分散型取引所は「ブロックチェーン業界にとって根本的に変革的な能力を表している」とも指摘した。

Bitfinexの銀行論争が続いている

Bitfinex、分散型Exchange、Eosfinexの発売を計画Bitfinexの不透明な銀行業務を取り巻く投機は、近年拡大し続けている。

Redditの記事によると、BitfinexはBitfinexと以前は関連していなかった口座詳細の銀行機関である為替相場の預金を求めている顧客に再度指示した。Redditorは、ポルトガル国営銀行会社Caixa Geral de Depositosに資金を預けるよう指示されたと主張している。

別のRedditor 、GTSがCrypto.Zooと密接に提携していると主張して、アカウント保有者であるGlobal Trade Solutions AG(GTS)の名前が「CryptoCapitalのシェルのように見える」と述べた。このポスターは、Bitfinexは「回転する銀行だが、同じ銀行パートナーと一緒に操作する」可能性が高いと結論づけた。

Tether / Bitfinexはプエルトリコ銀行を購入する?

Bitfinex、分散型Exchange、Eosfinexの発売を計画地元のメディアは、最近、プエルトリコに本拠を置くヘッジファンドのパトナムブリッジファンディングのCEO、ニコラスプロイティ氏は、テザーの大手人物がカリブ諸島の銀行を購入しようとしていると述べた。

大まかな翻訳によると、Prouty氏は、「暗号化の人たちのグループは、プエルトリコで銀行を買うことに近い」と語った。彼らが銀行を買収したのは、米国のどの銀行も暗号を受け入れようとしていないからです。プエルトリコは領土であるため、ここで可能であり、非常に創造的な銀行構造を可能にするいくつかの銀行業務免許証がある」と同氏は述べた。「彼らが働いていた銀行は、これは、初期の準備金を創出するためにソブリン・ウェルス・ファンドからの資本注入を必要とする銀行の購入を必要としていた。彼らはすぐに暗号で銀行取引を開始するだろう」

参考URL:https://news.bitcoin.com/bitfinex-plans-launch-decentralized-exchange-eosfinex/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Bank of Americaの暗号通貨の特許数がすげぇ。

1 


特許は、所有者に一定の期間、技術のような発明に対する排他的権利を与える。発明者の知的財産を保護する手段として設計されていますが、特許制度が革新を抑え、資源を無駄にしていると批判する批評家がいないわけではありません。

アイデアを利益よりも優先し、オープンソースの原則に照らし合わせて特許を出願し、秘密を守っている個人や団体のような、仲間の仲間である仲間の仲間を考えてみましょう。ここ数十年の間に、他の企業よりも暗号解読の特許を集めている企業、  そして分権化された通貨のすべての対立と思われる企業がバンク・オブ・アメリカであることを知ることは驚くべきことです。

Bitcoin特許レポートによると、Bitcoinの最初のブロックが採掘されてから9年間で、2,000件以上の関連特許が提出されています。cryptocurrencyの最初の数年間では、特許の数は平均50以下の平均で低かった。2015年までにその数は増加し始め、2016年までに指数関数的に増加しています。2017年には1,250の暗号化関連の特許が提出されました。

ブロック・チェーンへの関心が十分に文書化されているBitflyerやIBMなど、トップ10に登場する企業の一部が期待されています。この大手企業は、合計34件の暗号化関連特許を提出しているが、韓国証券会社Coinplug(39件)で3位になっている。

リストに挙げられている他の人たちは、暗号の暗号化に関心が薄くなっていることや、そのような最先端の技術には一般的に関連していないため、予期せぬことです。たとえば、MasterCardはデジタル決済システムに興味を持っていると考えられますが、暗号化関連の特許については21件の申告で9位にランクされています。上記のように、少なくとも45件の特許を出願しているバンク・オブ・アメリカが主張しているトップ・スポットには、最大の驚きがあります。

Bitcoin Patent Reportによると、暗号関連特許の50%は中国(910)、米国(676)、英国(112)、韓国(98)である。各特許のメリットとその存在に関する道徳的なケースにかかわらず、これはBitcoinとブロックチェーンテクノロジへのかつてないレベルの関心を示しています。


参考URL:https://www.newsbtc.com/2018/02/17/patent-stockpiling-bank-america-holds-45-crypto-related-patents/

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

宇宙人が見つからないのは仮想通貨マイニングのせい?

仮想通貨のマイニング(採掘)が流行したせいで、高性能なGPUを搭載したグラフィックスカードの価格が高騰したり、品薄が続いたりしています。それまで秋葉原のパーツショップでグラフィックスカードを定期的に買い替えてきたようなPCゲーマーにとっては迷惑な話かもしれません。

vgaパソコン工房 秋葉原BUYMORE店のグラフィックスカード売り場(連載「古田雄介のアキバPickUp!」より)

 このマイニング需要によるGPU不足の影響はゲーマーだけでなく、多方面に及んでいます。

 その1つは地球外生命体を探し続けている非営利団体のSETI(Search for ExtraTerrestrial Intelligence) Instituteです。1984年に米カリフォルニア州マウンテンビューで設立されて以来、NASAやJPL、HPなどの支援を得てずっと地球外生命体(ET)を探しています。

 英BBCの2月14日の記事によると、SETI Instituteは宇宙から電波望遠鏡で受信した膨大な電波をもっと高速に処理しようとしていて、そこで最新で高性能なGPUをたくさん買うことにしたのだそうです。

 現在バークレーにある電波望遠鏡で受信したデータは約100個のGPUを使って解析していますが、これではまだまだなので。

setiSETI Instituteの電波望遠鏡(画像:SETI Institute)

 でも、そのための予算は確保したのに、「GPUベンダーに問い合わせるとみんな在庫がないと言うんだ」とSETI Instituteの偉い人は言います。

 GPUって、少し前まではその名前(Graphics Processing Unit、グラフィックス処理ユニット)の通り、画像を扱う人が気にするPCの中の部品だったのに、画像処理向けに高速化していくうちに、Googleなどが「この性能だったらデータセンターで使えるぞ」とグラフィックス以外の目的で採用するようになり、今では「Gって何の略だっけ?」と思うほど高速処理が必要ならGPUにお願いしようということになっています。

Tesla V100NVIDIAのデータセンター向けGPU「Tesla V100」

 仮想通貨マイニングには、とにかく高速なシステムが必要です。マイニングというのは、ざっくり言うとビットコインのような仮想通貨を維持するための計算能力を分散コンピューティングで提供し、その対価として新しく発行される通貨をもらうことです。

 ビットコインを維持するというのは、通貨の「取引台帳」をブロックチェーンで記録することです。これに貢献した人には、計算量に応じた対価が仮想通貨でもらえます。つまり、マイニングに参加しても、高速に処理できなければ仮想通貨をもらえません。

NicehashPCで仮想通貨をマイニングしている様子(Nicehash Minerを利用)

 SETI@Home(前述のSETIとは目的は同じですが別団体)のように、夢のあるプロジェクトのために無償で自分が使っていないPCのパワーを貸し出すのなら牧歌的ですが、マイニングをしようという人たちはお金を稼ぐことが目的なので、PCパワー提供のためにシステムを高性能化しようとし、結果的にGPUを買いあさる、ということになります。

 最近はマイニングの競争が激化しすぎて、よほどハイエンドなPCでないと仮想通貨を獲得できなくなってきているそうです。それに、高速なGPUをたくさん載せたPCを使えば当然電力消費も半端ないことになります。30A契約のアパート住まいの知り合いは「マイニングのおかげで冬は暖房いらずだけど、うっかりするとブレーカーが落ちる」と言っています。

 早くブームが落ち着いて、SETIでの宇宙人探しが促進されますように。

参考URL:http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1802/18/news016.html 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

グーグルに掲載される偽広告で大惨事!

サイバーセキュリティチーム「シスコ」の報告によると、Coinhoarderと呼ばれるウクライナのハッカーグループはビットコインウォレットの大手Blockchain.infoのユーザーより5,000万ドルもの暗号通貨を盗みとったとしている。

その手口はシンプルなもので暗号通貨関連の検索に対してグーグルの広告枠を購入し偽のBlockchain.infoウェブサイトに誘導するというものだ。

URLは「blokchien.info/wallet」や「block-clain.info」などとよく見なければわからない偽物のドメインを取得している。

被害者はこれに気づかないまま、偽サイトに秘密鍵やパスワードを入力してしまうことで、ハッカーは本家サイトでその秘密鍵を利用し、暗号通貨を奪い取っている。

ウクライナのサイバーポリスと提携して6カ月以上にわたり「大規模なフィッシングキャンペーン」を調査したシスコは、このグループの手法はますます一般的になりつつあると指摘した。

先月、Facebookは暗号通貨やICOに関連する広告を禁止しており、グーグルでも同様の対策が検討されているという。

またこのような盗難事件はここ3年で多く発生しているが、ビットコイン価格が200万を超えた昨年末に最も被害が多かったことが明らかになっている。

報告書でシスコは、ウクライナの法執行機関の助けを借りて盗まれた資金を追跡することができたハッカーのビットコインウォレットのアドレスを明らかにした。

近年、このような取引所やウォレットプロバイダーを装ったフィッシングサイトやメールによる詐欺は暗号通貨の世界では多く発生しており、新規参入した人々は騙されてしまう可能性が高い。一度送信された暗号通貨は取り戻すことはほぼ不可能であるためセキュリティーに関しては自分で高める他ないのである。

参考:http://cryptocurrencymagazine.com/google-phishing-ad-bitcoin-wallet-hack 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング