Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

AmazonはLitecoin(LTC)と…

1 


ますます多くの暗号がビジネス分野で採用されています。暗号スペースがリップルを世界中の75以上の銀行に採用した後、リトコインは採用の観点から進化を楽しんでいます。#paywithlitecoinキャンペーンが始まって以来、Litecoinは世界中のさまざまな企業に採用されました。

LitecoinとAmazonの潜在的なパートナーシップ

Litecoin所有者の最も大胆な夢は、電子商取引の巨大アマゾンとのパートナーシップです。これは世界最大の電子商取引プラットフォームであり、Litecoinの調査によれば、AmazonはLitecoinコミュニティがLitecoinと協力するために最も要求の多いプラットフォームの1つであるようです。これが起こる可能性があるのはさまざまな理由があり、後で起こるよりも早く起こる可能性があります。

Amazon - Litecoinのパートナーシップを引き起こす主な理由

Litecoinは、Amazonが支払い方法で探すことができるすべてを備えています。AmazonはVisaを使用している間、迅速で安全で支払いに手数料がかかります。Litecoinはこれらのすべての側面も備えており、Amazonの現在の支払い方法と比較してより高度です。

Litecoinは、トランザクションの速度に関して、暗号市場で最も速いトランザクション速度の1つを誇っています。また、ユーザーは、自国の通貨をLitecoinに変換できるためユーザーはどの通貨でも支払いが可能ですこれは間違いなくAmazonの顧客の間でプラスになるでしょう。

Litecoinは、セキュリティ面では、現在市場で入手できる最も安全な暗号の1つです。Amazonのような巨人は支払いのためにセキュリティを強化する必要があり、これは評判が確立しているためクレジットカード会社と協力しているもう一つの理由です。一方、最近、Visaがヨーロッパ全土で空白になったことを覚えていれば、このシステムには独自の欠陥があることを理解することができます。すべての取引が記録されているLitecoinブロックチェーンと比較することはできないため、安全性が向上します。

最後に、料金に関しては、リトコインは暗号スペースだけでなく、支払いが行われる場所でも最低料金の一部を抱えています。たとえば、9900万ドルの取引をするために、Litecoinはわずか0.44ドルの手数料を払っていました。

そのような低い手数料とリトコインの技術全体は、アマゾンに大きなブーストを与えるでしょう。 

参考資料:https://oracletimes.com/amazon-might-team-up-with-litecoin-ltc-soon-for-all-the-right-reasons-speed-security-fees/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

RobinhoodのCEOは暗号市場はまさにこれからと!

Robinhoodは、暗号暗号化業界では決して「老人」ではなく、1月初めに暗号暗号化部門を開放するだけです。それにもかかわらず、Robinhoodの共同CEO、Baiju Bhattは、cryptocurrency市場はそれ自身の前に強い未来を持っていると信じています。

"Bitcoinはちょうど戻ってくる"

Bhatt氏は、Yahoo Financeとのインタビューの中で、cryptocurrency市場全体についての彼の積極的な感情を表明した。

Bhatt氏は、主権国は選択の通貨として暗号化通貨を採用すると考えていると指摘した。この文は、CFTCコミッショナーは何に沿ったものであるも、彼は小さな国が信じていることを示す、今週初めの生存のための仮想資産に依存するようになることがあります。 "

最近のベネズエラの超インフレのような出来事が広まりつつある中で、小国は個人と企業の間で価値を移転させる分権化された安全な方法として暗号化に転じる可能性がある。

最近の彼の暗号への関与について尋ねられたとき、Bhattは言った:


「私たちは数年間それを考えていました。私たちは何年にもわたって(Bitcoin)それを見ていました。私たちは消費者にいつ提供するのかを考えるときに本当に見ていたことに気付きました。それは、ここに戻ってくるだけで、この頑張りを持っている」

1月に、Robinhood 、数多くの消費者が早期アクセスメーリングリストで名前を取得することで、広く受け入れられた暗号化サービスの作成を発表しました。

しかし、Robinhood Cryptoの正式リリースが登場したら、それは複数のレビューで満たされました。当時、Robinhood Cryptoはいくつかの暗号化通信だけをサポートしている米国いくつかの州にしかオープンしていませんでした。

実際、Robinhoodは、ユーザーが暗号化された通貨を取引することのみを許し、暗号化通貨の入金または出金を許可し、本質的に単なる価格投機のプラットフォームにします。

しかし、共同CEOは、Bitcoinは、しばらくの間固定され、市場の日々の変動を考慮していないと考えていると述べた。 

Robinhoodがcryptocurrencyサービスの拡張に取り組んでいることも明らかになり、5月に3億3,300万ドルを成功さ、製品ラインを拡大しました。

コインベースvs.ロビンフッド

Robinhoodがこの資本流入とともにより多くの国で暗号化の預金と引き出しを提供できる場合、その暗号化サービスは現在のマーケットリーダーに侵入し始める可能性があります。RobinhoodとCoinbaseのサービスを並行して見ると、彼らは両方とも大衆養子縁組の小売消費者を対象としていることがわかります。さらに、両者はシリコンバレーの中心に位置しており、同様の目標と願望を持っています。 

これを念頭に置いて、Coinbaseは明らかにRobinhoodの最大の競合相手の1つです。Robinhoodは、明らかにCoinbaseの料金体系に対して一歩前進しています.3%の手数料の世界で歓迎される、手数料のない暗号化取引を提供する増加する暗号化サービスです。

BhattはCoinbaseを「偉大な会社」として称賛したにもかかわらず、前述のインタビューの中でCoinbaseの料金体系を認めました。バットは言った:

「私たち(Robinhood)は、最高の消費者製品を構築し、最良の価格で提供できることを確信していると考えています。コインベースではおそらく4%の料金を支払うことになるかもしれませんが、Robinhoodでは無料で、インターフェースも使いやすいと思います」

しかし、1週間前、Coinbaseは6周年を迎え、暗号化業界で最も高齢の機関の1つになりました。

この成長する金融サービスのチームは、大量の暗号化取引をサポートするために、特にそのような激しく寛大な市場では、成功した移行を確実にするために適切なルートをとるのに苦労するかもしれません。 

RobinhoodがCoinbaseを継承したい場合、チームは多くのことを学ぶ必要があり、cryptocurrency市場への参入が成功するためには、さまざまな暗号化関連サービスを提供する必要があります。しかし、Robinhoodの成功には、このサービスが成功すれば、使い易いオンラムを使用して小売の導入を確実に増やすことができます。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/06/16/robinhood-ceo-believes-cryptocurrencies-stay/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Apple改訂ガイドライン:仮想通貨に関する新しい内容が追加

1 


仮想通貨に関するApple改訂ガイドライン

Appleは先日、App Storeのガイドラインに新たに仮想通貨に関する内容を加えたものを発表した。今回のAppleのガイドラインは、IOSを搭載している携帯端末だけでなく、MacOSなども含めたほぼ全てのApple製品を対象として改訂されている。

しかし、Appleのガイドライン改訂は今回が初めてではない。2017年12月にビットコイン価格が2万ドル近くに達したタイミングでも仮想通貨とICOを対象としたガイドラインの改定が行われた。2017年12月20日の段階では、例として、ビットコインのような仮想通貨の交換や転送を容易に行うアプリは、連邦および関連する州の法律に従うことを義務づけられている。

そして、2018年6月4日、AppleはApp Storeプラットフォーム上のアプリケーションのウォレットやマイニングなどの特定の機能に対して、仮想通貨を中心としたガイドラインを拡張した。特にマイニングに関して、Appleは強く規制していると言える。

iOS端末ではマイニングが全面禁止へ

今回のガイドラインでは、Apple製品全体としてハードウェアの維持を目的として、バッテリーやCPUに負荷を掛けない為にアプリ開発者へ仮想通貨のマイニングの広告を禁止とした。つまり、Apple製品におけるアプリケーションでは、マイニングに関する広告は全面的に禁止となり、Apple製品をマイニングに使用すること自体が禁止となったと言える。

広告禁止には、しっかりとした意味がある。マイニングの広告をクリックすることにより、悪意のある攻撃者であれば、PCや携帯電話のCPUをハイジャックすることが可能だ。つまり、無造作にマイニング仮想通貨を奪い取るマルウェア攻撃の増加が懸念されることからマイニングの広告を禁止したことが伺える。

また、マイニングアプリは、表示されている第三者の広告を含めて、関連性のないバックグラウンドプログラムを実行する可能性がある。そうなってしまえば、Apple製品における機能性はすべからく失われ、バッテリーも無駄に消耗し、スマホとしての優位性は皆無となるだろう。

Appleはデバイスの仮想通貨から連動するマイニングにおいても完全に禁止している。改訂されたガイドラインの抜粋では、「処理がデバイス上で展開されたクラウドベースのマイニングなどで実行されない限り、Apple製品内のアプリは仮想通貨のためのマイニングは不可能」となっている。

ガイドライン内のICOとウォレットの記載について

ICOについてはガイドラインを参照すると、仮想通貨の先物取引及びICOを可能にするアプリを開発し、公開することは、確立されたの銀行や同様の金融機関だけが可能である、とAppleは述べている。ICOに関しては、2017年12月で発表されたものと変わらない。

また、ウォレットについては今回のガイドラインでは、公式に認められているものであればAppleとしてAppleStoreから強制的に削除するなどの強引な手段は取らないとしている。

過去に、Appleは人気のあるウォレットアプリ「Blockchain」を含むApp Store上のすべてのウォレットアプリケーションを削除したことがある。 例えば、2016年には匿名性通貨であるDashの不承認を受けて、マルチ暗号化ウォレット「Jaxx」を削除するなどの動きを見せた。

しかし、一転して2017年7月には、Appleは仮想通貨としてDASHを承認し、同時にウォレットも正式に展開している。そして、DASHの承認をきっかけとして、仮想通貨取引所であるCoinbaseも専用のアプリなどを展開し、AppleStore上で人気の高いアプリとなった。

つまり、Appleは一定の危機感を持ちながらもウォレットを使用した取引に関しては認めていると言えるだろう。また、公式でない仮想通貨のアプリは、第三者による広告やSNSへの投稿、他アプリのインストールなどの手順を踏まなければ正常な処理が完了しないものもある。

その為、Appleの今回のガイドラインの改定は、自社製品に予期しないエラーや消耗を起こさせることを防ぐだけが目的ではない。公式のウォレットなどに対しても、Appleとして仮想通貨に関連するアプリに警告を発しながらも認めていることから、ユーザーの保護を重視したものだと言えるだろう。 

参考資料:https://coinchoice.net/apple-cryptocurrency-guideline/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Mastercardはパブリックブロックチェーンにクレジットカードを置く特許を保有

ブロックチェーンによる詐欺の終了

Blockchainは、金融部門の主要革命として知られています。マスターカードは、この技術が今後大きく前進することを期待しています。カード発行者は、ポートフォリオにあるブロックチェーン特許30個に近く、さまざまなオプションを探索できます。成長する金融詐欺のこの世界では、何かが変わろうとしています。この特定の目的のためにブロック鎖技術を利用することは、驚くべき結果をもたらすことができる。

今のところ、マスターカードがブロックチェーンをどのように組み込むかについては不確実性が残っていますが、今後は異なるビジネスモデルを検討することができます。主要なクレジットカードの問題については、支払い詐欺を処理することが最優先事項の1つになります。1つの特許が興味深い概念を示唆していますが、分散元帳との統合は難しいでしょう。

ブロックチェーン

より具体的には、Mastercardはパブリックブロックチェーンにクレジットカードを置く特許を保有しています。そのため、元帳は支払いの検証と確認に使用されます。情報を直接的に符号化するか、媒介媒体を使用することによってこれが起こるかは不明である。公的にアクセス可能なチェーンを使用すると、特にこの点で多くの疑問が生じます。

マスターカードのロード・アヘッド

同社が正確に何をしようとしているのかは不明だが、外部の開発者が大きな役割を果たすだろう。マスターカードは、開発者が新しいブロックチェーンアプリケーションを構築できるようにプログラムを設定します。そのため、会社はこれらのアイデアを適切に検証し、企業の生態系に実用的なものであるかどうかを確認することができます。Job.comのblockchain専門家アラン・スチュワートは主張します

マスターカードは旅行業界の価値を認識しており、旅行者や旅行者などが観光客にブロックチェーンの暗号化を介して私的に行きたい場所を伝えるためのプラットフォームを提供しています。

多くのアイデアが存在しますが、それらのすべてが実現可能なわけではありません。ブロックチェーンは、より多くの時間が進むにつれて、さまざまな方法で財務に影響を与えます。正しいユースケースを見つけ、堅牢なインフラストラクチャを構築するには、多くの時間がかかります。マスターカードの場合、その状況は変わりません。このような著名な企業が、多くの異なるアプリケーション、特に長期的に消費者に利益をもたらすアプリケーションを探索するのは良いことです。

参考資料:http://www.livebitcoinnews.com/mastercard-still-considers-blockchain-as-a-viable-asset-in-the-financial-sector/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

6月18日 発表! Cryptocurrency交換を正確にランク付けすることを目指すCER

Cryptocurrency交換を正確にランク付けすることを目指すCER

暗号化エクスチェンジは、6月18日(月曜日)に正式に開始されます。このサービスにより、暗号化エコシステム内の主要な交換用の広範なメトリックにアクセスできます。News.Bitcoin.comは、プラットフォームのベータ版へのアクセスを許可された。プラットフォームのバージョンは、流動性と裁定取引を見るためのタブと交換比較のためのスコアリングダッシュボードで構成されている。

すべての機能がベータ版で有効化されているわけではありませんが、動作中のものはうまく機能し、裁定取引の機会を求めるトレーダーやさまざまなプラットフォームの引き出し制限を判断するのに役立つツールを提供しています。Crypto Exchange Ranksの事業開発ディレクター、Anton Kaminsky氏は、「すべての市場参加者の時間と労力を節約するために、暗号交換ランキングのための洗練されたツールを作成すること」をnews.Bitcoin.comに語った。

流動性、セキュリティ、および信頼性による新しいプラットフォームの暗号化の交換

CMCとCryptocurrenciesとの交流

Coinmarketcapなどのプラットフォームでは、24時間単位の取引や最も取引される取引のような取引に関するデータが提供されていますが、CERは異なるアプローチを採用しています。このサイトは、後でサブスクリプションモデルを導入する前に無料で販売され、各取引所の注文書をリアルタイムでスキャンしてサイズを計算します。また、最大5つの取引所でコインの価格を比較したり、最大5つの取引所の集計ボリュームを表示したり、プラットフォームのホット・コールド・ウォレットの残高を確認することもできます。

流動性、セキュリティ、および信頼性による新しいプラットフォームの暗号化の交換

ほとんどのトレーダーはサイバーセキュリティの格付けに関心を持つ可能性は低いが、そのようなツールの存在は、彼らのあらゆる行動が監視されていることを認識して、サービスを改善するために交換人にインセンティブを与えるかもしれない。このプラットフォームを開発したHackenのCEO、Dmitriy Budorin氏は次のように述べています。「Cryptocurrency Exchangeは、新しい暗号経済全体のバックボーンです。CERはより健康的な開発に貢献します。私たちは、CERで、交換機はサイバーセキュリティをより真摯に受け止め、悪い習慣を拒否し始め、ユーザーはスマートな意思決定のための包括的なツールを受け取ることを願っています。

CERのバージョン1.0は月曜日に開始され、今後のアップデートでは、集約されたポートフォリオを追跡し、プラットフォームのダッシュボード内のTAおよびFAツールにアクセスできるようになります。

参考資料:https://news.bitcoin.com/new-platform-ranks-cryptocurrency-exchanges-by-liquidity-security-and-reliability/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング