Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

その他

中国は新しい暗号のランキングでTronとEOSを支持するがBitcoinを格下げ

2 

マーチランキング

中国の産業情報技術省の下の情報産業振興センター(CCID)は、金曜日の暗号プロジェクトランキング報告の11番目の更新を発表した。今月評価された暗号プロジェクトの数は前月と変わらず35でした。

「この結果は、世界の3つの主要なDappプラットフォーム - EOS、Tron、Ethereum - が依然としてトップ3にランクインしていることを示しています。スコアはそれぞれ155.7、146.7、および142.8です」と同センターは記しています。Tron 先月デビューし、Ethereumを2番目にランクの高いプロジェクトとして置き換えました。EOSは、昨年6月にランク付けされ始め以来、最高の位置にいます。今月のBTCは15位で、前月から2桁下がった。BCHもまた27位から31位へと若干下落した。

中国は新しい暗号のランキングでTronとEOSを支持するがBitcoinを格下げ

3サブランキング

35の暗号化プロジェクトはすべて、3つのサブカテゴリ、つまり基本技術、適用性、および創造性に基づいて評価されました。

同センターは、基本技術「サブインデックスが総インデックスの64%を占める」と述べ、このカテゴリーでは「機能、パフォーマンス、セキュリティ、分散化など、公衆チェーンの技術的実現レベルを主に検討する」と述べた。プロジェクトはEOS、Tron、Bitshares、Steem、Gxchainです。「コンスタンティノープルのアップグレード以降、Ethereumネットワークの効率が向上し、Ethereumの基本技術指数も9位から6位に上昇しました」とCCIDは指摘しています。それにもかかわらず、それは平均で「基本的な技術的な索引が前の期間からわずかに低下した」ことを見つけた。

中国は新しい暗号のランキングでTronとEOSを支持するがBitcoinを格下げ

CCIDは、適用性の「サブインデックスは総インデックスの20%を占める」と続け、このカテゴリーは「実用的なアプリケーションに対する公的チェーンサポートの包括的なレベル」を主に評価していると付け加えました。トロンとオントロジー 基本的な技術のカテゴリとは異なり、センターは平均して「適用性指数は前の期間から増加した」と述べた。

創造性「サブインデックスは総インデックスの16%を占める」、そして上位5つのプロジェクトはBitcoin、Ethereum、EOS、LitecoinとLiskです。CCIDは、このカテゴリーは「パブリックチェーンにおける継続的なイノベーション」に焦点を当てており、「Litecoin、Bytecoin、EOS、Nebulas、Hcashのイノベーションサブインデックスは前の期間から大幅に増加した」と説明している。全体的に「イノベーションサブインデックスの平均値は前の期間と比較してある程度低下しており、グローバルなパブリックチェーンテクノロジーイノベーションの活動が減少していることを示しています」 

参考資料:https://news.bitcoin.com/china-favors-tron-eos-new-crypto-ranking-bitcoin/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ハッキング自作自演疑惑の仮想通貨取引所クリプトピア 取引を再開

2 


ニュージーランド拠点の仮想通貨取引所クリプトピア(Cryptopia)が、40組の取引ペアの取引を再開した。ツイッター上の同社公式アカウントにおいて、3月18日に明らかにした。クリプトピアは1月中旬、ハッキングにより「重大な損失が発生した」と発表しサービスを停止したものの、自作自演疑惑が浮上していた

同社は、ツイッター上の公式アカウントで、「セキュリティ上安全であると確認できた40の取引ペアで取引を再開した。他の仮想通貨でも確認でき次第、取引ペアの数を増やしていく」と発表した。今回のアップデートは、2019年1月中旬のハッキン​​グ被害により、1600万ドル(約17億8500万円)の不正流出が発生し、3月末までに取引を再開するという計画に沿ったものだ。

クリプトピアは1月中旬、「重大な損失が発生した」という発表後にサービスを停止。予定外のメンテナンスモードを通知し口座を凍結、入出金も中断した。

最初のハッキング報告から2週間後、ツイッター上において、仮想通貨イーサリアム (ETH)約240万ドル(約2億6000万円)分と、セントラリティー(CENNZ)約118万ドル(約1億3000万円)分の計約4億円分が、ハッキン​​グ前にクリプトピアから所持者不明のウォレットに対して送金されているという記録が示された

仮想通貨メディアの中には、「一部関係者は、クリプトピアのハッキングが自作自演と考えている」と報道するものもあった。「ハッキング」を突然の債務不履行の言い訳にして、トレーダーの預金を奪う出口詐欺(Exit Scam)を疑う声が一部関係者から出ているとも解説した。

既報の通り、クリプトピアの共同設立者ロブ・ドーソン氏は、3月5日に読み取り専用の体裁で取引所サイトを再起動したものの、ハッキングがあったとされる1月14日時点の残高を示していた。また、顧客サポート上の最優先課題として、ユーザーが取引所サイトを介してパスワードと2要素認証情報を再設定できることを説明した。

加えてドーソン氏は、仮想通貨を失った顧客に、「(失った)仮想通貨を所有アカウントから引き出す」という告知が表示されるようになると明記した。引き出し注文のトランザクションID(TXID)はネットワーク上に存在せず、ハッキングによって口座の仮想通貨がどのような影響を受けたか説明した。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/cryptopia-crypto-exchange-resumes-trading-on-40-crypto-pairs 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

マクドナルドでハンバーガーを無料でもらえる暗号通貨ポイントサービス「LoyalCoin(ロイヤルコイン)」とは?

暗号通貨ポイントサービス「LoyalCoin(ロイヤルコイン)」

マクドナルドでハンバーガーを無料でもらえる暗号通貨ポイントサービス「LoyalCoin」出典:LoyalCoin

マクドナルドは、世界的に知られているチェーン店で、CNBCの調査によると、2017年に発表された世界一店舗数が多い飲食チェーンで第2位を記録している。日本においても人気のバーガーショップとなっている。なお、海外投資データバンク(参照)によると、2010年時点の世界店舗数は約3万近くとなっている。

今回、LoyalCoinと提携したフィリピンのマクドナルド店舗数は230を超えており、今後のマクドナルド増加店舗数は2,300以上も見込まれている。ちなみに同時点において、日本のマクドナルド店舗数は3,600以上だ。

2017年においては、フィリピンのマクドナルド店舗数は500を超えており、2010年のデータから倍以上も店舗を増やしている。フィリピンでは、年々人口増加傾向にあり、2040年には日本の人口(執筆現在)を上回るともされている。人口増加に伴い、マクドナルドの数も比例して増えていくことが考えられることから、マクドナルド店舗の増加により、LoyalCoinの認知度も拡大していくのだろうか。

フィリピンの人口参考:https://toukeidata.com/country/philippine_jinkou.html

無料でハンバーガーをもらうには?

LoyalCoin(ロイヤルコイン)はマクドナルドを無料で渡し、ユーザーの獲得拡大を狙っているのだろうか。無料でもらえるなら一度は試してみたいところだ。

無料のハンバーガーを手に入れるには、まずLoyalCoinのアプリをダウンロードしてサインアップして、検証を行う必要がある。

LoyalCoinは、NEMブロックチェーンを使用したユーザーロイヤルティ報酬プログラムだ。ブロックチェーンテクノロジーを使用することで、お気に入りのブランドの特典と引き換えることができるだけでなく、他のサービスへのポイント使用も可能となる。

これは、Tポイントや楽天ポイントなどのような日本でもよく知られるポイントサービスと同様な使い方ができる。しかし、LoyalCoinがそれらの従来のポイントサービスと異なる点は、特定のポイントサービスからLoyalCoin(暗号通貨単位:LYL)へ交換することが可能ということだ。そして、LoyalCoin(LYL)を他の暗号通貨へも交換することができる。

暗号通貨取引所のRightBTCでもLoyalCoin(LYL)の取扱開始

RightBTC出典:RightBTC

今回、一部のマクドナルドと提携したことで、LoyalCoinのアプリをダウンロードしたユーザーは無料のハンバーガーを手に入れることができる。そんなLoyalCoin(LYL)はどこの取引所で扱われているのだろうか。

コインマーケットキャップ(CoinMarketCap)によると、KryptonoとRightBTCにてビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)ペアで取り扱われている事がわかる。その他にも、CryptopiaやVantagexでも取引可能だ。RightBTCにおいては、2019年3月18日に取引開始を発表したばかりである。RightBTCの発表によると、取引ペアはBTC、ETH、USD、ETPとなっている(参照)。

ブロックチェーンテクノロジーの登場により、従来のポイントシステムにも変革が起きそうだ。店舗で使用できるポイントはその枠の中だけで使用できるものであったが、ブロックチェーンを介することにより、店舗の枠を超えたポイントシステムが可能となる。

現状では、店舗のフレーム内で収まっているポイントシステムのため、Aポイントは100、Bポイントは50とポイントがあらゆるシステム内にとどまり、分けられてしまっている。滞るこれらのポイントを統合させることができれば、さらなるポイントの流用が見込まれるのではないだろうか。ブロックチェーンテクノロジーは、今後も注視される存在だろう。

参考資料:https://coinchoice.net/cryptocurrency-point-service-for-getting-a-hamburger-for-free-at-mcdonalds/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Binance Lite Australiaでは、1300以上の新聞社でBitcoin [BTC]を現金で購入することができます。

2 

大手暗号通貨取引所Binanceは、オーストラリアのユーザー向けにゲートウェイを強化するBitcoinを開始しました。地元の新聞社との提携により、BinanceはそのBinance LiteプラットフォームのユーザーがBitcoin(現時点では唯一の通貨をサポートしている)をオンラインで購入し、島国を拠点とする1,300以上の新聞社に現金を預けることができる。

この機能により、オーストラリア人は地元の新聞販売店を通じて暗号通貨に簡単にアクセスできます。将来的にはより多くの暗号通貨がサポートされるようになるという重要な詳細を記してください。

Binance Lite Australiaは、この国で初めてのサービスであり、Binanceの大陸でも初めてのサービスで、より多くの人々が暗号通貨スペースに乗ることができます。

「Binance Lite Australiaは、購入をより簡単にする方法を提供することで、デジタル通貨の採用をさらに拡大しています」と、BinanceのCFO Wei Zhouは、声明の中で述べています。彼は、「オーストラリアはブロックチェーンイノベーションの最前線にいます。BinanceLite Australiaがこの原因をさらに促進する役割を果たすことを願っています」と彼は付け加えた

Binance Lite Australia

サービスはBinanceのメインプラットフォームから独立しているため、サービスはユーザーが本人確認プロセス(KYC / AML)を通過することを要求します。Binanceは、購入プロセスを次のように説明します。ユーザーの確認が成功すると、購入ポータルにアクセスして購入注文を行います。その結果、彼らは支払いをするために最も近い新聞社を訪問することになっているでしょう。エージェントがお金を受け取ると、彼らはユーザーのオンラインアカウントへのBitcoinの支払いを承認します。これは理想的には数分で完了します。Bitcoinを購入すると、ユーザーに5%の手数料が課金されます。

Binance Lite Australiaは、Binance Uganda暗号対ゲートウェイ、Binance Jerseyに続いて、Binanceによる3番目の独立系サービスとなります。どちらの取引所でも、ユーザーは現地通貨と取引することができます。さらに、1月にBinanceはクレジットカードを介した暗号通貨の購入を可能にしました。これは暗号通貨へのアクセスを容易にする大きな開発です。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/binance-lite-australia-allows-users-to-buy-bitcoin-btc-with-cash-in-more-than-1300-newsagents/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

多くの取引所の取引の90%以上が水増しされている可能性(一覧付き)

取引の分析を行なっているThe Tieは、主要取引所について公開されている取引量とユーザー数などから予想される取引量の乖離を調査したところほとんどの取引所で5~100倍の乖離があった。これは取引所側が取引を水増ししている可能性を示唆している。水増しの可能性が少ない取引所はBinanceやKrakenなど一部に止まり、国内取引所ではランクインしているBitflyer、Bitbankともに水増しの可能性は低い数値が報告されている。 

一覧:https://docs.google.com/spreadsheets/d/13_L5V9elxQ3xps62BeYVyr_Wu-9vfyAyN5tGqLNoV9Y/edit#gid=1415549973 

参考資料:https://btcnews.jp/28yozxy524057/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング