Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

ICOは2018年の第2四半期に劇的に減少

1 


トークンの販売が問題になっている

前四半期のほとんどのICOが赤字に陥っているという事実は、驚くことではありません。最後の90日間に自分のポートフォリオを見ている人は、それほど推測していません。ICOrating.comからの新しい人物は、減少の程度を明らかにするが、市場の特定のセグメントに希望の光り輝くものを提供する。詳細な報告書には、興味深い傾向がいくつかあります。最も注目すべき点は、Q1の33億ドルから83億ドルへの資金調達にもかかわらず、Q2のICOの50%が100,000ドル以上の資金調達に失敗したという事実です。

他の注目すべき統計には、

  • Q2のICOのわずか7%がリスティングを確保できました
  • この期間の全ICOの55%が資金調達目標を達成できなかった
  • プロジェクトの15%が既に稼働しており、第1四半期は6%

この後者の統計は進歩の兆候と見なすことができますが、ICOrating.comは次のように指摘しています。「働くビジネスの不在は資金調達の成功に影響しませんでした。

ICO市場はブレーキを打つ

あなたが第2四半期にICOに買収された場合、あなたはおそらく投資の半分を失ったでしょう

2018年第1四半期に、ICOは49.32%の投資収益率の中央値を得ました。Q2では、その数字は-55.38%に下がった。より驚くべきことを伝えるのは難しい:第2四半期にICOがひどく紛失したか、第1四半期に控えめな利益を上げたという事実。振り返ってみると、今年の初めから多くの受賞者を想起させるのは難しいです。cryptocurrency市場全体と同様に、ICO業界は、主要な暗号侵害が3年ごとに1年に一度の損失で見られた流血に苦しんでいます。

ICOrating.comの調査は、それが提供する細かい詳細のレベルのために称賛されることです。その64ページのレポートは、たとえば、すべてのdapp関連ICOの53%が失敗したことを示しています。これは、現時点で誰もdappsを使用していないことを示す数値で示しています。2018年の画期的な星であることを意図していたセキュリティトークンを取り巻く過度の誇大宣伝のために、資金の大部分を引き上げたユーティリティトークンは、

ICO市場はブレーキを打つ

この調査では、ホワイトペーパーやベーシックチームをほとんど含まないアイデア段階のプロジェクトでは、Q2でわずか450万ドルの資金が調達されたのに対し、MVPを持つプロジェクトでは8倍のパフォーマンスが向上しました。

ICO市場はブレーキを打つ

最終的に、この期間中の資金調達の上位3カテゴリーは、エクスチェンジ&ウォレット、リアル資産、およびコンピューティング&データストレージでした。一方、金融サービス、プライバシー&セキュリティ、バンキング&ペイメントは、全て赤字で巻かれています。Q2はまだICOにとって最も厳しい3ヶ月間でした。2018年の残りの部分に生存予定のトークンの販売は、より容赦な条件を祈っています。

参考資料:https://news.bitcoin.com/the-ico-market-has-hit-the-brakes/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

ブロックチェーンスタートアップの主な文書は、3つの重要なあれ

これまで、ほとんどのブロックチェーン愛好家は、「ホワイトペーパー」という言葉に精通しています。ピアノ・エレクトロニック・キャッシュに関するBitcoinのホワイトペーパーである中本哲氏の作品は、スペースのビジネス提案とほぼ同義語になっています。何かが開発されつつある理由、方法、および理由の詳細が含まれているため、個人または機関の投資家が求める最初のものです。

しかし、これは、ホワイトペーパーがプロジェクトがICO参加者に提供すべき唯一の文書であるということを意味するものではありません。精通した投資家は、最初の出演よりも深く掘り下げて、チームが額面価格で提案したものを取ることはありません。結局のところ、私たちがビジネス提案としてそれらを取る場合、かなりのデューデリジェンスが必要です。

深刻なブロックチェーンのスタートアップは、投資家が自分が何を得ているのかをよりよく理解するのに役立つ補足文書を提供することで、このプロセスをもっと簡単にするはずです。さらに、この情報をシンプルな形で明確に伝える方法も見つけなければなりません。このため、これらのプロジェクトで慣例となっている一連のドキュメントがあります。

白書

ブロックチェーンスタートアップの主な文書は、3つの重要なコンポーネントに分かれています。


  • トークンの説明
  • ビジネスモデルの説明
  • コアチームとアドバイザーのプロフィール

プロのチームは、ドキュメントの翻訳をさまざまな言語に組み込むよう努めます。

1ページャー

ワン・ポケベルはスタートアップの要約です。名前が明らかなように、彼らはたいてい1ページにすぎず、プロジェクトの" エレベータピッチ として働いています。彼らの役割は、ホワイトペーパーの熟練した分析を必要とせずに、投資家にプロジェクトの大切な知識を提供することです。したがって、それは同様の点に触れる必要があります。

  • トークン経済の需要と供給のデモンストレーション
  • ビジネスモデルを通じた実質需要のモデル
  • コアチームとアドバイザーのプロフィール

プレゼンテーション

ホワイトペーパーと1ページャーの間のどこかに、プレゼンテーションがあります。この文書は通常、投資家、資金、最終的なトークン保有者にプロジェクトの目標とそのトークンがどのように接続されているかを知らせることを目的としています。多くの点で、それはプロジェクト全体の論文であり、そのようにアプローチする必要があります。

ランディングページ

スタートアップのオンラインプレゼンテーションのリンク構造をランディングページと呼びます。シンプルですが、新しいユーザーや投資家の入り口となるため、実際には非常に重要です。ランディングページは直感的で、ユーザーフレンドリーで、スタートアップのすべてのドキュメントに簡単にアクセスできるようにする必要があります。

  • 白書
  • 1ページャー
  • プレゼンテーション

法的意見


始動するたびに、トークンが規制を完全に遵守していることを投資家に知らせるべきである。これは、プロジェクトの法務チームがトークン構造を見直した後に行うことができます。

発行者レジストリ

トークンの発行元がどこに登録されているかを判断することも重要です。これにより、プロジェクトがどの管轄区域で運用されるかについての重要な情報が得られます。などBlockchain投資の専門家ニックEvdokimovはまた、お勧めのプロジェクトが詐欺でないことを確認するために、この情報を使用して。

プロモーションマテリアル

これは通常、スタートアップが最も目立つ情報です。マーケティングチームがどれほどうまくやっているかをわかりやすく伝えます。優れたプロモーションドキュメントには、通常、ユーザーの関与を促進するさまざまなソースへのリンクが含まれています。

  • "ロードショー"
  • 出版物
  • 楽観的なフィードバック
  • 公式のソーシャルメディアアカウント

このセクションでは、ブロックチェーンのスタートアップが持つ資金調達にも注意を払うことも重要です。これらのファンドは一括してトークンを購入し、スタートアップがそれらを販売してユーザーベースを増やすのを助けます。

技術文書


最後に、スタートアップがどのようにプロジェクトを開発するのかに関する技術的な説明があります。これは「黄色の紙」と呼ばれることもあり、徹底的に分析するには専門家の助けが必要です。通常、この種のドキュメントは、スタートアップのスマートな契約のコードとしてGitHubに公開されます

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/08/09/the-definitive-checklist-of-necessary-ico-documentation/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

Lisk(LSK)が最初のサイドチェーンICOを開始

1 


Lisk(LSK)は市場でトップクラスのcryptocurrenciesの1つになっており、現在では多くの理由から、市場キャップが4億2,200万ドル以上で27位にランクされています。しかし、Lisk(LSK)は、この暗号侵害の背後にあるチームとその基盤となるネットワークが、Liskの最初のサイドチェーンICO、Madanaを開始する予定であるため、さらに成長する予定です。

Liskネットワークで待ち望まれていたLisk(LSK)のコミュニティ、そして最初のものは2019年に予定されていました。しかし、devsは正式に最初のサイドチェーンICOであるMadanaの発売を発表しました。

マダナについて

DAta ANAlysisのMArket、つまり、Madanaは、個人的な欠陥に直面することなく、Liskネットワークのメンバーがデータ市場の一部となることを可能にする、データの探索のための分散された市場です。

マダナでは、DAppsを作成するデータ開発者、実際には誰もが自分の作品を収益化することができます。これは、データプロデューサが収入を得るためにアプリを第三者に引き渡さなければならない現状と比較して、より簡単なプロセスとなります。

現時点では、マダナは特許出願中の技術であり、このリスクのサイドチェーンには既に不十分な競争よりも大きな利点があります。

マダナは、Lisk(LSK)エコシステムのためのシンプルなアプリケーション以上になることを目指し、他の企業やブロックチェーン技術、ブロックチェーンや暗号化の分野以外の生態系にも役立つことを目指しています。

Lisk(LSK)が最初のサイドチェーンICO - Madanaを立ち上げる

クリスチャン・ジャングル、マダナのCEOは、Lisk(LSK)プロジェクトの共同設立者であるMax Kordekとの古い友人です。したがって、Kordekは、LiskのPioneer VaultがLiskのサイドチェーンに投資する予定の1.7 LSKの最初の投資がMadanaに費やされることを通知しました。

Max Kordekは、マダナが特許出願中のデータ処理技術と法令遵守に重点を置いてLiskエコシステムの価値を高めることができると主張した。

我々は、プロジェクトの資金調達、チーム、スケーラビリティ、柔軟性、ユーザビリティを考慮して、他のさまざまなBlockchainアプリケーションプラットフォームを研究し、2年間の継続的な開発と非常に強力な開発資金を示したLisk(LSK)が最も有望な選択であるという結論に達しました。

マダナチーム

この記事の執筆時点では、市場の27番目の暗号Lisk(LSK)は3.88ドルで、過去24時間で1.59%低下しています。

参考資料:https://oracletimes.com/lisk-lsk-to-launch-its-first-sidechain-ico-madana/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

マイニング業界大手Bitmainがテンセント・ソフトバンクから資金調達、年内にIPOを目指す

Bitmainがテンセント、ソフトバンクから資金を調達

中国QQメディアによると、マイニングハードウェア最大手であるBitmain(ビットメイン)は、テンセントとソフトバンクから約150億ドル(1.6兆円)の評価で資金を調達をしたことを発表し、さらに年内にIPOを目標をしていることを発表しました。

ソフトバンクなどからの資金調達時の評価額は、約150億ドル(1.6兆円)で、IPOを目指す市場は、香港証券取引所(HKEX)で、中国国際金融(CICC)が主引受会社だと報道されています。

Bitmainは、今年7月に新しいプライバシーポリシーを公開しており、同社の透明性をアピールしはじめました。

自社で保有しているハッシュレートを毎月公開、シークレットマイニングをしないことの宣言、空ブロックは掘らない、ASICのオーダーに関する情報公開などが新しいポリシーで、詳しくは下記のコラムで解説を行いました。

関連:なぜBitmainはプライバシーポリシーを変更、情報開示の推進をするのか?新ポリシー発表の背景を解説

BitmainのCEO、以前からIPO上場を示唆

以前にも、Bloombergのインタビューで、BitmainのCEOであるJihan氏は上場の可能性を示唆していました。

参考:Bloomberg(2018/6/7)

同インタビューで、IPOの可能性を示唆していたのは、初期にICGやSequoia Capitalなどから資金調達をしているので、彼らにEXITの機会を提供するためだとしています。

Bitmainの資金調達ラウンドは、2017年末時点では、Bloombergによると匿名のリークにより、Sequoia CapitalやIDG Capitalなどから50M$の資金調達をしたとされています。このリークが出たのは、2017年ですが、資金調達の時期は正確にはわかりません。

なお、Jiihan氏とMicree Zhanの創業者でまだ60%の持ち株を保有しており、2名の共同創業者の間では、Micree Zhanのほうが保有株式は多い、とのことがBloombergのインタビューで答えられています。

また、同インタビューでは、昨年はBitmainは2.5ビリオン(約2,750億円)の売り上げを稼いだとの発言があります。これまで調査会社による分析で、Bitmainは数ビリオンの利益を上げていることは間違いないだろうとは噂されていたものの、本人の口から具体的な数字が出てきたのは初めてになります。

現在の評価額である約150億ドル(1.6兆円)は、日本企業でいうとSHARPやNTTデータと同じ規模になります。Bitmain社の創業は2013年であり、これほど早くこの時価総額にたどり着いた企業は、人類史の産業史で最速記録でしょう。

Bitmainは今後、マイニング業の域を越えるのか

Bitmainは現在、マイニングハードウェアの製造、マイニング関連以外にも、機械学習用にチップ製造、Circleへの資本業務提携、Operaをはじめとした投資活動など様々な動きを見せています。Bitmainは、チップに関する総合企業になると同時に、マイニングの域を飛び越え、暗号通貨のエコシステムの多くの背後に位置する企業になるのではないかと思います。

筆者が運営する研究所サロンでは、このようなマーケットの示唆から、業界のビジネス分析、技術解説、その他多くの議論やレポート配信を行なっています。ご興味ある方はぜひご利用ください。

参考資料:https://coinchoice.net/bitmain-aims-for-ipo-within-the-year/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

テックビューロ「国内でのICOは困難」、COMSA事業の進捗状況を報告

1 


仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロは6日、同社のICOプラットフォーム「COMSA」のホワイトペーパーに記載した事業の進捗状況について報告し、日本での新規のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)は困難との見方を示した。

 テックビューロによれば、「現在ICOにより発行されるトークンの法的位置づけや自主規制の内容については業界全体で議論がされている最中」であり、適切な事業展開をするにはこういった議論を必要があるとみている。国内でのCOMSAサービスのPRやマーケティングも当面見送るとし、設立していたICO協議会の活動も休止・一時解散している。

 スイスを中心とする海外でのPRやマーケティング、COMSAのICOトークンセールの基盤プラットフォーム開発については、欧州の子会社で実施予定としている。

 同日、COMSAのソフトウェア開発のロードマップも発表した。7月2日に分社化したテックビューロホールディングスが、「COMSA CORE」、「COMSA HUB」といったソフトウェア開発を手掛ける。

 COMSA COREは、異なるブロックチェーン間でトークンのペッグと制御を、それぞれの価値をトークンに変化し、総量をコントロールするソフトウェア。COREは18年冬にテスト版をリリースし、来年夏に正式版をリリースする予定だ。

 COMSA HUBは、パブリックブロックチェーン上のマスターアカウントと内部のプライベート勘定との間でトークン残高をコントロールするソフトウェアで、19年春にテスト版をリリースし、19年冬に正式版をリリースする予定としている。



参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/tech-bureau-said-ico-is-difficult-in-japan-in-reporting-their-progress-of-ico-platform 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング