Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

タイの重要企業、自国でICOを開始

1 


最初のICO  小売企業におけるタイは 他の企業は、初期コイン募集概念を包含するための道を開きました。

Jベンチャーは、Jマートの子会社で、2017年秋からICOを計画していたが、ついに立ち上げた。Jfin Coin presaleは2月14日に発売され、1トークンあたり6.60バーツ(0.21米ドル)で売り切れ、売り切れました。コインは一部の現地取引所に上場していたが、後日、価値価値の約57%を数日間で3バーツで失ったが、後には0.354バーツで取引された。

Jマートは、電話やアクセサリーなどのモバイル機器を扱うタイの大手小売店です。タイ証券取引所(SET)で上場しています。バンコク・ポスト紙は、当初、タイのデジタル・アセット・エクスチェンジ(TDAX)に上場予定であったが、後に小さな取引所であるコイン・アセット(Coin Asset)に上場すると発表した。 

Coin Assetにリストされる最後の決定の理由は明らかにされていませんが、企業からのトークンをリストするために通常取引所が要求する大規模な上場手数料とは無関係ではありません。コインはすでに他の現地取引所で取引を開始しています。

同社のCEOタナワット・ラートワタナラク氏は、コインは、香港ベースのHitbtcや韓国のUpbitなどのより多くの取引所に上場されると述べた。

Jfincoinチーム

他の企業はタイのICOに温暖化しているが、クラウドデールを支配する規制の枠組みはない。国の規制当局は、まだ今後の規制のモダリティに取り組んでいるとの高騰人気でルールのセットを展開することが期待されているcryptocurrencies国インチ

最近、Zmine Holdings Limitedは、1億8000万バーツ(560万ドル)を調達するICOを開始すると発表しました。これは彼らのソフトキャップまたは彼らが目標としている最小額であると予想されます。同社のCEOで共同設立者のKasem Pativitvatanaは、2014年に始まった鉱山事業を拡大するために資金が必要だと語った。群衆の間に1億個のZMNトークンが売却されるだろう。

ZMNの事前販売は先週開始され、初日に200万個のトークンを販売しました。オンラインメディアの報道によると、MGR Onlineは約350万バーツ(109,825米ドル)だった。

財務省が既に急成長を遂げている分野に介入する動きをしているため、ICO資金を調達しようとしているタイ企業にとっては、それほど明るいわけではない。ナショナル・マルチメディアは、同省の計画の一部は、初期のコイン・オファリングを通じて資金を調達した企業に対するキャピタル・ゲイン税の課税である可能性があると述べ、

「タイの証券取引委員会(SEC)は、提案された新法の下で、有価証券およびその他の種類のデジタルトークンを扱うICO市場を規制する責任を負う。関連する新法の重要な特徴の1つは、マネーローンダラーや他の犯罪者が新しい資金調達チャネルを利用するのを防ぐことを目的とした電子KYC(お客様の知っている)要件です。 

参考URL:https://www.crypto-economy.net/en/first-thai-public-company-launches-ico-others-to-follow/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング



バイナンス(Binance)CEOが「ICOは必要不可欠」と発言、その真意とは?

1 

ICOはベンチャーキャピタルよりも資金調達が容易

世界最大級の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)のCEOとして知られる趙昌鵬氏(Zhao Changpeng:以下CZ氏)は、5月7日に自身が投稿したBinance公式ブログ記事「題:ICOs — Not Just “Good-to-Have,” But Necessary.」において、ICOを通じた資金調達について下記のように語った。

「ICOは今後必要不可欠となり、ICOを通して資金を調達するほうが、ベンチャーキャピタル(VC)を通じるよりも資金調達が100倍以上簡単である」

また続けて、こうも語っている。

「一部のプロフェッショナルなベンチャーキャピタル投資家は真にその分野の専門家であり、起業家を支援しようとしていますが、大部分の投資家は自身が投資する分野についてのプロジェクトについての糸口すら掴めていない事が判明しました。それらの多くはスタートアップの経験すらなく、基本的な技術理解も持ち合わせていない。」

この発言の背景には、多くのICOがベンチャーキャピタルによる出資よりも成功を収めていること、またベンチャーキャピタル投資家自身がICOに直接出資を始めているという、CZ氏の経験に基づいた考えがあると考えられる。

バイナンスCEOの発言の真意とは?

Binance(バイナンス)は現在、世界最大規模の仮想通貨取引所だ。多数のスタートアップ企業が乱立する仮想通貨業界を代表する企業の一つである。2018年3月には仮想通貨規制の影響を考慮し、仮想通貨に対して柔和な姿勢をとっている地中海にある島国マルタに拠点移動の計画を発表するなど先進的な試みを行っている。

関連:Binance(バイナンス)本社が香港からマルタ島に移転

現在急ピッチで国際的な規制が進んでいるICO(Inicial Coin Offering)。確かに出資者が被るリスクが非常に高いとは言え、仮想通貨関連スタートアップ企業にとっては有益な資金獲得方法の一つだ。CZ氏のブログ内での発言はBinanceの仮想通貨業界でのポジションや、昨今のICO規制の流れを考慮したものとも考えられるだろう。

こうした中で、仮想通貨関連メディアCCN誌は発言が公開された時期から、もう一つのCZ氏の思惑について報じている。

米セコイア・キャピタルとBinance(バイナンス)が訴訟

2018年3月に、米大手ベンチャーキャピタル「セコイア・キャピタル」傘下の「セコイア・キャピタル・チャイナ(SSC)」はBinanceのCEOであるCZ氏を相手取り、訴訟を行ったことがわかった。セコイア・キャピタル・チャイナとBinanceの資金調達に関する交渉は2017年12月には決裂したが、この12月にBinance側はセコイア・キャピタルと同時に中国ベンチャーキャピタルであるIDGとも交渉しており、結果14億ドルにのぼる資金を調達していたとBloombergは報じた。

セコイア・キャピタル側はこのことが、「昨年12月に香港裁判所より取得した、“Binance側が他の投資家との取引を行うことを禁ずる差し止め命令” に違反している」と主張しているようだ。しかしバイナンス側は、その差し止め命令がCZ氏に通知されずに取得されたという旨を指摘している。

CCNは5月7日にブログに投稿されたCZ氏の記事には、この訴訟問題に対する含意があると踏んでいる。現時点で訴訟の結果は明らかになっていないが、IDGとの協議がセコイアとの契約に違反しているかどうかに注目が集まっている。 

参考URL:https://coinchoice.net/ico-binance-ceo/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

☆トークン配布時期アップデート☆とICO詐欺の手口!

Wowbit→配付中(5月11日~ 随時)
Shopin→5月中旬
Endor→5月末
ORBS→5月末予定。
DACSEE→6月初旬
Shivom→7月2週目予定

Telegram→未定(SECの基準に準じているためにプレセール終了から最低半年は上場不可)

参考URL:https://hajihaji-lemon.com/bitcoin/agency-scam/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

さぁ2018年のICOの売り上げ 前半の部!

1 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アジアにおけるICOのメッカ:香港とシンガポール

1 

いくつかの国では暗号活動に関する規制が厳しく定められており、具体的にはICOに関連していますが、これらのトークン化された提案の開発には、法律および経済開発の条件が理想的です。そして、アジアの領土では、すべてがICOの制約であるわけではありません。

アジア地域のうち、2つの国が目立っており、現在は中国 と韓国の禁止措置の後に、トークンの公募に最適な場所としてランクされていますシンガポールと香港では、企業が自国以外の資本を調達するための積極的な環境を求めているため、公的資金提供は最近シンガポールと香港で急増しました。これは規制マージンがまだ定義されておらず、多くの立法格差はまだカバーするのに時間がかかる。

シンガポールや香港でICOを開始した企業の数が急増したのは、企業や様々なフィンテックグループ、専門弁護士、フィンテック投資家の間での一般的意見である。シンガポールのCryptocurrency EnterprisesとStartupsのスポークスマンは、シンガポールが2017年9月以来の活動が多く行われているにもかかわらず、シンガポールが国際的なICOの中心になっているとはまだ考えていないと表現したが、一定のまま。多くの人は、これは、中国がICOへの弾圧政策の一部に起因していることにも同意している。中国は、ICOが、そのチャネルを通じたマネーロンダリングの懸念の下、ICOが違法な資金調達手段であると判断した。 

参考URL:https://www.crypto-economy.net/en/mecca-ico-asia-honkong-and-singapore/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング