Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

17分35秒で完売

2 


仮想通貨取引所バイナンスは19日、トークン販売プラットフォーム「ローンチパッド 」でセラー・ネットワーク(CELR)のトークン400万ドル(約4億4000万円)分の販売を行ったと発表した

今回、トークン完売までにかかった時間は、17分35秒。5億9701万4925SELRが一つのセッションで完売した。今回の販売は、バイナンスの独自仮想通貨であるバイナンスコイン(BNB)でのみ受け付けた。1CELRは0.000434BNBで取引された。

セラー・ネットワークは、セカンドレイヤーのプラットフォームを開発。決済システエムだけではなくスマートコントラクトで、より速くて簡単で安全な取引の実現を目指している。

トークンを使った資金調達ICO(イニシャル・コイン・オファリング)市場が低調な中、バイナンスのローンチパッドでの販売は好調だ。

先月27日には、The Fetch.AI (FET) の6900万トークン、600万ドル分のトークンセールが22秒で完売。また、1月下旬、トロン基盤のBitTorrent token (BTT)のセールは、50億トークン、約7.1億ドル分が15~18分以内に完売した。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/binance-launchpad-hosts-its-third-ico-with-celer-network-raising-4-million 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bittrex International Maltase Platformが初の新規株式公開サービス(IEO)を開催

2 

Bittrex Internationalプラットフォーム使用しているKSTユーザーは、MaltseのプラットフォームからRaid Tokens(XRD)を購入することができ、 Bittrexが最初のInitial Exchange Offeringをホストできるようになります。後者はそのゲームプラットフォームをブロックチェーンを利用してゲーム部門を次のレベルへと推進しており、そのIEOを通じて世界中の投資家がそのトークンを所有することになります。

トークンが0.00000010 BTCになると、関心のある買い手は、売り上げが終了する前に、Raidのハードキャップが17,000,000,000 XRD(5,950,000 USD)に達するまで到達します。XRDは0.00000010 BTCになるでしょう。ただし、30,000 XRD(10.5 USDまで)が購入可能なアカウントあたりの最小金額になります。一方、1アカウントあたりの最大額は57,000,000 XRD(〜20,000 USD)です。

bittrex交換プラットフォーム開発に使用される資金

最初の交換商品の提供が終了した後、Raidはその資金を使ってプラットフォーム上で開発を行い、適切なマーケティングスキームを促進し、ゲーム会社に新しいビジネス開発の余地を作ります。それに加えて、資金の一部は、その生態系を改善し、データを共有することでゲーマーに報酬を与える報酬ソリューションを開発するために使用されます。

Bitrrex Internationalとって、Raidのトークンオファリングをホスティングすることで、Bittrexを初期交換オファリングをホスティングするためのプラットフォームへの道として捉えるためのより多くのプレイヤーの扉が開かれます。一方、Raidでは、正しい方向に向かっていることがわかります。次期IEOについてコメントしながら、Taesung Kim RAIDの共同創設者は言いました。

「私たちは、そのIEOをBittrexプラットフォーム上に保持する最初のプラットフォームであることを光栄に思います。Bittrexは評判が高く国際的な会社であるという事実から、トークンの上場を承認するには厳格な手続きを経なければなりませんでした。私たちのパートナーと共に、私たちはすべてのBittrex要件を満たしていることを誇りに思います。IEOは私たちにとってもゲームチェンジャーにもなり、ゲームの友愛全体になるでしょう。」

一方で、Bittrex International Bill Shiharaはこう言っていました。

「私たちは、ブロックチェーン技術の開発を次のレベルに推進するRaidのトークンなどのプロジェクトをサポートしています。そのような革新的なプロジェクトに開発のための資金を調達する機会を与えることは、すべての関係者にとって有益です。」 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

仮想通貨のバブル崩壊、ICOに「冬の時代」

仮想通貨バブルの崩壊から1年が経った。ビットコインの価格は最高値の5分の1で推移するなど相場は停滞、一般投資家にまで広がった投資熱は冷え込んでいる。

この記事の写真を見る

 仮想通貨バブルの当時、仮想通貨を使った資金調達手法として脚光を浴びたICO(イニシャル・コイン・オファリング)はもっとひどい状態だ。あるICO案件の「その後」を追うと、投資家たちの怒りが噴出していた。

 「逃げようとしているでしょ、みんな困ってるんですよ!」「こっちは数千万円をつぎ込んだんだ!」

ビットプロパティー構想とは何か

 昨年11月、「ビットプロパティー」というICO案件の進捗状況を伝えるための説明会が都内の貸会議室で開かれていた。投資家たちの怒号は会場外にまで響きわたるほど。投資家たちに説明をしていた男性は、「自分には詳細な事情はわからない」と弁明するのがやっとだった。

 世界各国の不動産の所有権をブロックチェーン上に乗せ、「BTP」という、独自に発行した仮想通貨で不動産に投資できるようにする。所有不動産はメガソーラーなどの再生可能エネルギー施設を中心とし、売電収益などがBTP保有者に分配される。BTPは仮想通貨交換所に上場され、広く売買もできる。そして、ビットプロパティー構想の実現に必要な資金はBTPの発行と販売によって確保すると販売時には説明されていた。

 BTPの販売は、仮想通貨バブル前夜といえる2016年1月から2017年6月にかけて行われた。集客と販売を担ったのが「一般社団法人日本クリプトカレンシー協会」なる団体だ。

 同協会は、仮想通貨の普及促進や情報提供、個人の資産保全を事業目的として2015年6月に都内で設立された。BTPの販売終了直後に活動を休止するまで、東京を中心に各地でセミナーを開催。活動休止前の協会ホームページでは、「日本最大級の仮想通貨に特化した社団法人」であるとうたい、セミナー参加者は累計で3000人以上とアピールしていた。

続きは↓

参考資料:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190223-00267049-toyo-bus_all 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

FBIがICO詐欺の特徴や手口を解説! 投資家が注意するポイントとは?

1 

米連邦捜査局(FBI)が、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)詐欺の仕組みや手口について説明した。 オランダの金融系ニュースサイトThe Paypersに2月19日に掲載されたインタビュー記事において、FBIがその見解を明らかにしている。このインタビューは、ICO詐欺への注意喚起のため掲載したもので、FBI刑事捜査部の金融犯罪課の協力のもと実現したという。

FBIの金融犯罪セクションの責任者を務めるスティーブ・ディアントノ氏がインタビューに答えている。同氏によれば、ICO詐欺の主な手口には、取締役などICO関係者の経歴詐称、実施するICOが高い注目を集めているという誤った印象操作、非現実的な収益の約束などが含まれるという。

「他の投資商品同様、収益が保証されることは決してない。できすぎた話があれば、それはおそらく詐欺だ」

また投資家に対して、あらゆる計画やその背後にある人物に注意を払うことや、物理的な住所や連絡先の入手が困難・不可能なインターネットベースの企業のみである場合には注意が必要だという。ICOによる提案がどういった法的機関の管轄のもと行われているのか、どのような法律・規制の対象となっているのか知っておくべきとも指摘している。

一般的なユーザーであっても、金融業界の自主規制・監督機構FINRA(Financial Industry Regulatory Authority)による「ブローカーチェック」システムを利用し、企業の身元や登録状況などの情報を確認できることを紹介している

著名な仮想通貨や金融商品でさえ業界の状況次第でボラティリティが高まる可能性があり、リスクが増すことを考えると、失っても構わない分だけを投資するようアドバイスした。

仮想通貨交換所や仮想通貨ATMといった合法的な事業者・プラットフォームに関しては、不正資金洗浄などを取り締まる金融犯罪取締執行ネットワーク(FinCEN)に「マネーサービス業者(MSB)」として正式登録されている必要があると指摘している。

2019年には、セキュリティー・トークン・オファリング(STO)が新たなトレンドとなると見られているが、FBIのディアントノ氏は不正行為の取り締まりの姿勢は変わらないと話す。セキュリティトークンのような資産がますます増加する傾向を考えると、詐欺犯罪の危険性も高まることに警戒する必要があると語った。

「私たちは今後、さらに多くのトークンが発行されるだろうとみている。トークンが多いほど、市場での不正行為のリスクは高まるだろう」

FBI 仮想通貨に目を光らせる

FBIはこれまでも仮想通貨を巡る犯罪行為の取り締まりや監視を行っている。

2018年6月、FBIは、ダークウェブ上での薬物売買など130件の仮想通貨が関連する捜査を行っていると明らかにした。ただし、この130件という数字は「数千件」におよぶFBIの捜査活動の「ごく一部」に過ぎないという。

またスイスの仮想通貨取引所シェイプシフトは、コンプライアンスに関するレポートの中で、2018年に世界60カ国の法執行機関の情報照会に対応したことを明らかにした。FBIからの照会件数が最も多かったとしている。

米国の仮想通貨取引所クラーケンも18年に法執行機関からの情報照会が17年比で3倍に増加した。475件の照会のうち、315件が米国の法執行機関からの問い合わせだった。

SECは偽ICOサイトで注意喚起

昨年、米証券取引委員会(SEC)は、偽ICOサイト「ハウィーコイン」を立ち上げた。詐欺ICOの典型的な特徴に対して人々の意識を高め、投資家教育を推進することが目的だ。「うますぎる投資チャンス」を謳う詐欺ICOの典型例を表現しており、ユーザーが「今すぐコインを購入」をクリックすると、投資家を詐欺から守るためにSECが作った教育サイトに飛ぶようになっている 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/fbi-outline-key-features-of-scam-icos-warns-investors-to-be-vigilant 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米大手銀行JPモルガンは独自暗号通貨を発行する

米大手銀行JPモルガンは「JPMコイン」と呼ばれる独自暗号通貨を発行する。これはホールセール決済事業の顧客間の取引を即時に決済するために使用される。サービスは数ヶ月後に試験運用される。

個人投資家はおそらくJPMコインを所有することは決してないだろう。ビットコインとは異なり、使用できるのは、企業、銀行、およびブローカーディーラーのように、規制当局によるチェックを受けたJPモルガンの大規模機関投資家だけである。JPモルガンのブロックチェーン・プロジェクトの責任者であるUmar Farooqは、「このアプリケーションは率直に言って用途は無限です。会社や機関をに関連する分散型元帳全てに適応可能だ。」と話す。

Farooq氏によると、JPMコインには3つの初期アプリケーションがある。

1つ目は、大企業の顧客への国際決済。これは、通常、Swiftのような数十年前のネットワーク上で金融機関間の電信送金を使用して行われる。金融機関は取引の締め切り時間や国ごとに異なるシステムを運用しているため、決済に1日以上かかることがある代わりに、支払いはリアルタイムで決済され、いつでも行われると同氏は述べた。

二つ目は証券取引である。4月、JP Morganはブロックチェーンでの債務発行をテストし、カナダの銀行に対する1億5000万ドルの預金証書の仮想シミュレーションを作成している。

3つ目は、JPモルガンのトレジャリーサービス事業を利用して世界中の子会社で保有しているドルの代わりとなる財務サービス。個人顧客には見えない、このビジネスは、ハネウェルインターナショナルからフェイスブックなどの企業のための世界の規制された資金フローのかなりの部分を処理し、従業員やサプライヤーの支払いなどの活動のためのドルを動かしている。

参考元
cnbc.com 

参考資料:http://cryptocurrencymagazine.com/jp-morgan-is-rolling-out-the-first-us-bank-backed-cryptocurrency-to-transform-payments 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング