Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

ICOはスポンサー・レビューを使用して投資家を惹きつける新たな作戦!

1 


ICOスポンサーソーシャルメディアインフルエンサー

ICOはスポンサー・レビューを使用して投資家を惹きつけますウクライナのスタートアップHackenは、ソーシャルメディアのインフルエンサーと提携し、今年初めにコインの最初の提供を促進しました。Hackenの最高経営責任者(CEO)であるDmytro Budorinは、同社が2017年末に300万ドルを成功裏に調達した後、主流の投資家にソーシャルメディアを活用する大規模なプロモーションキャンペーンに着手したと述べた。

Hackenは、オルタナティブ・メディア・テレビ(AMT)のホストであるクリストファー・グリーン(Christopher Greene)に7,500ドルを支払い、フォロワーのICOをレビューしました。同社は、暗号違反のニッチで200人の著名なソーシャルメディアのパーソナリティのリストからGreeneを選んだ。同氏は、Hackenが「1,000倍の収益をもたらす可能性のある巨大な市場機会」であることを宣言する25分のビデオを制作しました。ビデオは9万以上の視聴者を抱え、明示的には報酬を受け取っていませんビデオを制作するためのものです。代わりに、視聴者にウェブサイトの免責事項を指示するだけで、「製品やサービスの補償を受ける可能性がある」と認めています。

スポンサーコンテンツ未経験の投資家の揺れ

ICOはスポンサー・レビューを使用して投資家を惹きつけますThe Blockの分析責任者であるLarry Cermak氏は、自己宣言された暗号侵害指導者によって提出されたスポンサードレビューは、新しい投資家が貧しい決断を下すのを懸念していると述べた。「非常に多くの未経験者が不正な暗号プロジェクトに投資する主な理由は、いわゆる専門家の助言を聞いているからです」と彼は不平を言った。多くの未熟な投資家は、しばしば不正、意図的に誤解を招いたり紛争しているにもかかわらず、このアドバイスを額面で受け取ることができると信じています。

最近のロイターとのインタビューで、HackenのBudorinは、スポンサー付きのビデオレビューでは、それを識別するタグが特徴であると述べている。同氏は、肯定的な評価を支払うという同社の決定は「非倫理的」であると付け加えた。

スイスのクリプトカレンシー評価会社Alethenaの共同設立者であるTim Glaus氏は、同社はIcobenchの専門家から報酬を受け取るための格付けを提供するいくつかの個人からアプローチを受けていると語った。Icobenchの最高経営責任者(CEO)であるMaxim Sharatskyは、プラットフォームがICO発行者の後援によって誤ってレビューを発表したことを認めました。

「我々のプラットフォームには16,000を超える評価があります。残念ながら、売上高(of)の事故があり(非常に悪い)、それは私にとって、そして私たちのプラットフォームにとって、また興味を持っている人にとっては問題だ」とSharatsky氏は語った。

Icobenchの著者が有料レビューのために再審査

ICOはスポンサー・レビューを使用して投資家を惹きつけますもう一つのAlethenaの共同設立者であるMarkus Hartmannは5月にIcobenchで5つの評価を$ 500ずつブローカーに提供する2人の個人に連絡を取り、ブローカーは$ 50の手数料を払うと明らかにした。Hartmannは、ETHの800ドル相当の価値と引き換えに、2つの5つ星のレビューを交渉しました。このレビューは、交渉を完了してから30分以内に公開された。

記事が掲載されたスピードに基づいて、AlethenaはスポンサードレビューがIcobenchの著者、Daniil MorozovとAntoly Bordyugovによって書かれたと考えています。後援されたレビューのAlethenaの公開は、レビューの調査を行うためにIcobenchを促した。

調査の結果、両方の著者が問題のレビューと引き換えに支払いを受け入れたことが判明しました。両方の著者は、ウェブサイト上で「エキスパート」のステータスを剥奪され、レビューは削除されました。

参考資料:https://news.bitcoin.com/icos-sponsored-reviews/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJキャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

メイウェザー氏、罰金など7,000万円の支払いに合意

メイウェザー氏は3社のICOの宣伝に関与し、その内の1社であるセントラテック社(Centra Tech Inc)からは10万ドル(約1,130万円)を受けとり、支払いを受けた宣伝であることを公開していなかった。メイウェザー氏は、ツイッターで「セントラテック社のICOが数時間後に開始する。完売する前に手に入れよう。私はもう買った」と宣伝していた。カリッド氏も同社から5万ドル(約560万円)を受け取り、自身のソーシャルメディアのアカウントで宣伝していた。

2人はSECの判断に対して否認も容認もせず、不正利益の返還と罰金の支払いに同意した。メイウェザー氏は合計61万4,775ドル(約7,000万円)、カリッド氏は合計15万2,725ドル(約1,700万円)の支払いに合意している。またメイウェザー氏は今後3年、カリッド氏は2年間にわたり、いかなる証券の宣伝を行うことが禁止された。

著名人の宣伝には警戒が必要

SECの法執行課のディレクターを務めるスティーヴン・ペイキン氏(Steven Peikin)は「投資家はソーシャルメディアに投稿された投資アドバイスについて用心すべきだ。また有名人が薦めているという規準で判断すべきではない」とコメント。また「ソーシャルメディアのインフルエンサーの多くは、報酬を受け取り宣伝しており、投資の専門家でない。また彼らが宣伝する証券はブロックチェーンを使っていようとも詐欺の可能性がある」と投資家に注意を呼び掛けている。

メイウェザー氏とカリッド氏が関与したセントラ社の共同創業者の3人は今年4月に同社が行ったICOが詐欺であるとして逮捕、起訴された。ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所によると、同社がICOで集めた資金は6,000万ドル(約68億円)に上る。

参考資料:https://coinchoice.net/sec-charged-mayweather-and-dj-khaled-for-involving-ico-promotion/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場についても言及

「ICOの需要はほとんどない」

シルバート氏は11月27日、アメリカの放送局CNBCの経済ニュース番組「スクワークボックス(SQUAWK BOX)」に出演。「2017年のICOをめぐる熱狂状態がビットコイン(BTC)の価格を急騰させた。しかし現在では、ICOの市場は激減し、大量売却につながった」とコメントした。続けて「ICOの市場は終わった。ICOの需要はほとんどない」と述べた。

またシルバート氏は、現在の仮想通貨市場の苦境はテクノロジー関連企業によるものだということは驚くことではないとの見解を示している。その理由を、テクノロジー企業の株と仮想通貨への投資は重複しており、この2つの分野は連動していると説明した。

シルバート氏の仮想通貨市場とテクノロジー企業との関連性についての評価は、米ファンドストラット社のアナリストであるトム・リー(Tom Lee)氏の考えと一致している。リー氏は11月21日のスクワークボックスに出演し、FAANG(フェイスブック、アマゾン、アップル、ネットフリックス、グーグル)の株の下落が、仮想通貨市場に悪影響を及ぼしていることを指摘していた。

関連:仮想通貨の下落続くも、トム・リー氏「ビットコイン(BTC)年内1万5,000ドル」との予想を維持

仮想通貨市場は今が絶好のチャンスか?

現在の弱気の市場についてはシルバート氏は、不安定な価格変動は新たな大きな現象のために必要な困難だと考えていることを明らかにした。

そして市場の全体像を把握するために過去のバブルとマーケットの調整を振り返ることを提案し、「私たちはこれまで5~7回(のバブル)を経験してきました。最初の1・2回で80%も資産が減った時はつらいですが、3・4回目となれば慣れてきます。そしては今では絶好の機会として考えることができます」と述べた。また2019年には機関投資家の仮想通貨市場への参入し、業界の流れを変えるとの考えも明らかにした。

マイニングのコストが上昇していることについて聞かれたシルバート氏は、「ビットコインのマイニングコストをエントリーポイントとして使うのには同意できない。マイナーの費用と投資判断は区別すべきだ」とコメント。またマイナーは長期投資家だとし、「マイニングビジネスは過去5年ほどで誕生し、膨大な資金を集めてきた。彼らは赤字を出しながらもマイニングを続ける力がある」と説明した。

参考資料:https://coinchoice.net/ico-market-is-dead-crypto-investor-said/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000052257

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米SECのクレイトン委員長、ICOに対する法令遵守徹底の考え示す

1 


米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン委員長は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)への法令遵守を徹底させる方針を改めて示した。SECは最近、SECにトークンセールスの登録をせずにICOを行った2社に対して初めての民事罰を課している

CNBCとのインタビューの中で、パラゴンとエアーフォックスの2社に対するSECの処分に触れ、クレイトン委員長は、米国の消費者に対するトークンのパブリックセールはSECのガイドラインに沿う必要があると強調した。

「ビットコインは有価証券ではないが、多くのICOは証券だ。証券を発行するなばら、法令を遵守しなくてはならい」と述べ、次のように語った。

「ICOが海外で行われたり、私募発行の免除に従っている限り、問題はない。〔SECに登録せずに〕ICOで公募するとなれば、それは違反している」

SECと米商品先物取引委員会(CFTC)は、ビットコインは証券ではないが、多くのICOトークンは証券にあたり、個々のケースに応じて精査の対象となるとの見解を採用している。

またビットコイン上場投資信託(ETF)の審査についても言及し、クレイトン氏は「(ETF可否決定の)タイミングについてはコメントすることはできないが、懸念している問題のいくつかについて明確化している」と語った。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-sec-chairman-clayton-keeps-quiet-on-ico-etf-regulation-updates 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000052257

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

5000万ドル以上調達のICOプロジェクト、●件が未だ開始されず

仮想通貨交換所のBitMexは5000万ドル以上の調達に成功したICOプロジェクトのうち12件がまだ開始されていないと発表した。CEOのアーサー・ヘイズ氏はこのトークンをshitと表現し、誰がこのトークンを二次流通させるだろうか、と痛烈に批判した。


1


参考資料:https://btcnews.jp/3w591c2w21434/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

https://tsuku2.jp/mlReg/?scd=0000052257

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング