Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

米地方裁判所、SECがICO詐欺容疑で起訴した男の資産を凍結

2 

米地方裁判所は、米証券取引委員会(SEC)が詐欺容疑で起訴していたニューヨーク拠点の男の資産800万ドル(約8億4000万円)を凍結した。SECが8月13日に発表した。SECは前日、同男の関連資産を差し押さえるよう要請していた。

男の名前はレジナルド・ミドルトン。SECはこの男とニューヨークの会社ヴェリタシアム(Veritaseum Inc)とデラウェア拠点のヴェリタシアム(Veritaseum LLC)をイニシャル・コイン・オファリング(ICO)詐欺の容疑で訴えている。2017年終盤から2018年にかけて未登録でICOを実施したとしている。

同社は投資家に対し、重要事項を偽ったり誤解させたりするような表示をし、約1480万ドル(約16億円)を稼いだ。現時点で約800万ドル(約8億4000万円)が残っているとし、SECは同資産を凍結するよう地方裁判所に要請していた。

SECのニューヨーク地域事務所ディレクターのバーガー氏は、以下のように述べている。

「ミドルトンの資金移動を調べた結果、我々はさらなる投資家の資産の浪費を阻止すべく素早く行動を起こした。デジタル通貨であれ現金であれ、我々は投資家の資産を保護し、我々の証券市場における詐欺や不正操作を追及すべく行動する」

同社は、「VERI」と呼ばれるトークンを販売。イーサリアム上で発行され、イーサリアム(ETH)と30:1で連動していたとされる。被告側は、同トークンがユーティリティトークンで、コンサルティングや顧問サービスと交換できるなどと主張していた。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/us-court-temporarily-freezes-8m-in-response-to-sec-request-yesterday 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Binanceは、Launchpadで8番目のIEOとしてPerlin [PERL]ネットワークを発表

2 


主要な暗号通貨交換Binanceは、人気のあるトークン起動プラットフォームBinance Launchpadの次のプロジェクトを明らかにしました。Launchpadの8番目のプロジェクトであるPerlin [PERL]は、今月の初期取引所(IEO)から約670万ドルを求めています。

BinanceサポートWebサイトの発表記事によると、Perlinトークンの販売は、プロセスにいくつかの小さな変更を加えて、宝くじおよび空中投下システムを通じて行われます。BNB残高は8月9日金曜日から通常どおり記録され、15日間の8月23日まで継続されます。

1日の終わりにBNBアカウントの残高が記録されたWINkトークンの以前のトークン販売とは対照的に、Perlinでは、アカウントの残高が1日を通して記録され、1日の数字を取得するために使用される1時間ごとの平均が取得されます。この毎日の数値を使用して、Binanceはアカウントの記録期間の終わりに再び平均して、各参加者の資格チケットの数を計算するために使用される毎日の平均を取得します。さらに、Binanceは、約3,874,500 PERL(約300,000 USD)のトークンを予約して、当選チケットを獲得するのに十分な幸運でない参加者に空中投下します。

Perlinトークンの販売についてBinanceが共有するいくつかの詳細を以下に示します。

  • トークン名:Perlin(PERL)
  • 合計トークン供給:1,033,200,000 PERL
  • Launchpadハードキャップ:6,700,000 USD
  • Binance Launchpadに割り当てられた合計トークン:86,530,500 PERL(合計トークン供給の8.38%)
  • パブリックセールトークン価格:1 PERL = 0.07743 USD
  • 当選宝くじチケットの最大数:13,400
  • 当選チケットごとの割り当て:500 USD(6,457.45 PERL)

Perlinは最初にERC-20準拠のトークンとして発売されます

Perlinは最初、ERC-20準拠のトークンとして起動されます。これは、Binance Chain ブロックチェーンで BEP2トークンとして起動された他の以前のLaunchpadプロジェクトとは異なります。ただし、プロジェクトは、ローンチ後にBinanceのネイティブブロックチェーンに移行することが予想されます。

それでは、Perlin Networkとは何ですか?Binance Researchは、「31,000+ TPSのスループットを達成し、一貫して0〜4秒のファイナリティを実現する、非常にスケーラブルなPoSスマートコントラクトプラットフォームである」と説明しています。 」

Perlinは、プロジェクトチームが暗号の冬の間ずっと座っていた約80,000 ETHを引き上げたとされるICOを通じて、昨年半ばに発売されました。残念ながら、この金額は大幅に減価しているため、プロジェクトはIEOを通じてより多くの資金を探すことを余儀なくされています。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/binance-announces-perlin-perl-network-as-8th-ieo-on-the-launchpad/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ニュージャージー州は2つのICOを「詐欺証券」と呼び、ストップオーダーを発行

ニュージャージー州証券局は、2つの州ベースの最初のコイン提供に対する執行措置発表しました。

今日、北米証券管理者協会(NASAA)の下で調整され、ニュージャージー州当局によって執行されたカナダとアメリカの規制当局は、2つのNJベースのICOであるZoptaxとUNOcallに対して緊急命令を出しました。

「Cryptosweep作戦」の一環として、証券局は、両方のICOが不正な証券を提供していたと主張しています。ZoptaxはZoptax Coinsに50万ドルから340万ドルを求めていましたが、UNOcallは0.18%から0.88%の利子を毎日提供するステーキングプロトコルにトークンと投資を発行していました。

ニュージャージー州司法長官室は、発行の性質、投資の目的、誤解を招く消費者情報が決定の背後にあると述べています。発行の完全停止が命令されました。

ニュージャージー州検事総長のグルビル・S・グレワルは、声明の中で、存在する媒体に関係なく、すべてのビジネスに市場ルールが適用されると述べました。

「[The] Bureau of Securitiesは、最初のコインの提供と暗号通貨関連の投資スキームに関連するケースで投資家保護法を施行する準備ができています。オンライン暗号通貨関連の投資市場の革新が続くにつれて、市場のプレーヤーは、ルールが依然としてそれらに適用されることを理解する必要があります。

2019年1月以来、Cryptosweep作戦には、85件の保留中または完了済みのケース、330件の問い合わせまたは調査、およびZoptaxとUNOcallを含む8つの執行措置があります。

2017年のブレイクアウトとそれに続く2018年の崩壊の後、最初のコインの提供が精査されるようになりました。CFTCやSECなどの大規模な規制機関も、最近ICOを追いかけています。今週初め、ICO KIKは解放それに対するSECの最近の強制措置に対する130ページの要約反論を完成させています。

参考資料:https://www.coindesk.com/new-jersey-calls-two-icos-fraudulent-securities-issues-stop-order 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

中国マイニング機器メーカーのCanaan Creativeが米国にIPO申請書

中国のマイニング機器メーカーのCanaan Creativeが2億ドル規模のIPOの申請を行なったと報じられた。すでにSECに提出済みであるとの情報もある。同社はすでに香港におけるIPOの申請に失敗している。

参考資料:https://btcnews.jp/1bmwb51b27156/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

大規模な規制トークンの売上高は、ICOが復活する可能性を示唆

2 

ドイツの金融監督庁が2億2500万ユーロの硬貨提供を承認

硬貨の提供が死にかけているジャンルではないことを証明するかのように、ドイツ連邦金融監督庁、Bafinは最近まともなサイズの1つを承認しました。トークンセールを通じて、ベルリンを拠点とするブロックチェーンのスタートアップ、Fundament Groupは、2億5000万ユーロ(2億7,800万ドル)の資金調達を試みています。発表によると、認定された投資家も個人投資家も資金調達キャンペーンに参加することができ、個々の投資は制限されません。

プロジェクトは、参加者がその不動産トークンを通じて商業用不動産の建設に投資できるようにすることを目的としています。この初期の段階では、ハンブルグの3か所、金融の中心地フランクフルトの1か所、大学都市イェーナの1か所をカバーしている、とForklogは報告した。Fundament GroupのERC20トークンを使用すると、保有者は投資に対して4〜8%の年間配当を受け取ることができ、また建設工事の完了時に支払うことができます。

大規模な規制トークンの売上高は、ICOが復活する可能性を示唆

目標は、オファリングのコストを最小限に抑えることであるため、ドイツの新興企業は、投資銀行などの仲介業者なしでトークン販売を実施する予定です。投資家はビットコインコア、ethereum、米ドル、ユーロのいずれかを使って資産を取得することができます。平凡な通貨で支払う人は、安全にハードウェア財布に保管されているトークンを受け取ることになります。また、コインの提供が規制されているため、KYCを通過することはすべての投資家にとって必須の要件です。

Fundament Groupのようなプロジェクトは、トークンの売り上げが戻ってくる可能性があることを示しています。ヨーロッパだけでなく、池の向こう側にも同様です。7月初旬に、米国証券取引委員会(SEC)はブロックスタックの2,800万ドルの募集を承認しました。分散コンピューティングネットワークとアプリエコシステムを構築している同社は、年間最大5000万ドルを調達する許可を受けています。SECはまた、コンテンツ制作者とストリーミングプラットフォームYounowのユーザーとの間で1億8,700万ドル相当のPropsトークンを配布することにも緑色の光を当てました。

ロシアはトークンセールスに適用される新しい法律でクラウドファンディングを合法化

ICOのトップ5の目的地であるロシア連邦は、クラウドファンディングによる資金調達を規制するための法的枠組みを採用しています。今週、ロシア議会の下院であるState Dumaは、待望の「投資プラットフォームを使用した投資誘致に関する法律」(一般的に「クラウドファンディング法」と呼ばれる)を3回目および最後に読んだ。

暗号部門を含むロシアのデジタル経済を規制することを目的としたパッケージ全体の一部であるこの法案は、「功利主義的デジタル権利」のようないくつかの重要な新しい用語を紹介しています。知的活動の結果に対する独占権の譲渡と同様に仕事、またはサービスの提供。

新しい法律では、クラウドファンディングプラットフォームを左右する規則や規制が制定されています。たとえば、少なくとも500万ルーブル(ほぼ8万ドル)の自己資本が必要です。ロシア中央銀行(CBR)は、それらを運営する事業体を登録し、その活動を綿密に監視します。法律はまた、「資格のない投資家」に対する保護措置を導入しています。彼らは、ロシアのすべてのクラウドファンディングプラットフォームに、年間最大60万ルーブル(9,500ドル)しか支出できません。

大規模な規制トークンの売上高は、ICOが復活する可能性を示唆

現段階では、暗号通貨はクラウドファンディング法では明確に言及されていませんが、そのテキストの多くは暗号業界に適用されます。新しい法律の最大の欠点は、地方分権化された通貨の完全な合法化に反対しているCBRによって採択された実質的な行為への依存です。もう一つの問題は、その可能性を最大限に引き出すためには、法案が他の暗号スペースを規制する他の法律を必要とすることです。

ロシアはプーチン大統領の政権によって定められたいくつかの期限にもかかわらず、1年以上の間、その主要な暗号関連法案、「デジタル金融資産に関する法律」の採択を延期しています。今年最後の7月もまた会う予定はありません。議会の金融市場委員会の議長であるAnatoliy Aksakov氏によると、2018年春の最初の朗読で投票された草案は、10月に採択される見込みです。その時までに、様々なロシアの機関の間の共通の立場は、暗号通貨の規制に関して達成されるべきです。

アクサコフ氏はまた、規制パッケージの3つの請求書 - デジタル権利を定義し、スマート契約を合法化し、クラウドファンディングを規制する - は密接に関連し合っていると述べた。彼はロシアの様々な規制当局と当局の立場の間の妥協が可能であると考えています。「10月1日までに、この問題は法律で解決されるはずです。立法者は、議会官報で次のように述べていると述べた。

硬貨の提供を主流にする規則

ロシア以外にも、他の多くの国々でクラウドファンディングをある程度規制する法律がこれまでに採択されています。例えば、ベラルーシでは、ルカシェンコ大統領が署名した法令が昨年3月に発効し、デジタルトークンの発行、保管、取引を含む暗号関連の活動が合法化されましたエストニアは暗号にやさしい法律で多くの新興企業を魅了し、他の法域で提供されている多数のICOは実際にはバルト諸国で登録された団体によって行われています。

大規模な規制トークンの売上高は、ICOが復活する可能性を示唆

実施されたコイン商品の数の点ではリーダーである米国では、トークンの販売を通じて資本を調達する企業にとっての課題は、過去数年間で大きく変化しました。多くのICOは当初発行された硬貨が万能券であるという仮定の下に行われていたが、多くの公式声明および規制措置により、米国当局はほとんどのICOを国の証券法の範囲内の証券の募集として見なしている。

この文書は、ICOが違法な募金活動であることを決定しました。しかし香港では、クラウドファンディング目的で販売されたデジタルトークンは証券と見なされ、ICOは規制された活動として認可された団体によって実施されることがあります。認可されていない機関投資家と提携している限り、免許不要の発行者もトークンを販売できます。

ICOは戻ってきていますか?

評価プラットフォームIcobenchがまとめたデータによると、少数の例外を除いて、ICOの数は全般的に減少しています。 2018年8月以来、321のICOが公表された。今年の2月には、最低58個のコインが販売されました。しかし、5月には88トークンの売り上げがあり、わずかに増加しています。それは4月に始まった暗号価格の上昇の最新の期間と一致しました。

Icobenchによって追跡されているICOの90%以上はすでに終わっています、6%は進行中で、およそ2%は近々登場しています。5,639種類のコイン商品は25の異なる業界からのもので、大多数が新しいプラットフォームを構築したり、通貨に関連する製品やサービスを提供するために資金を集めています。751のICOと75億ドルの資金調達により、米国はチャートを一段落させています。シンガポール、英国、ロシア、エストニアが米国に次いで最大数のICOを主催しているのに対し、イギリス領ヴァージン諸島とスイスは調達資金でトップ5に入っています。

大規模な規制トークンの売上高は、ICOが復活する可能性を示唆

Icobenchが6月上旬に発行した月次報告によると、ICOで調達された資金の総額は2億3000万ドルに減少し、プロジェクトによって調達された平均資金はそれぞれ前期間の約12億ドルと2970万ドルに減少しました。同時に、プラスの額の資金を調達したICOの割合は、一般的な平均を上回っています。6月は、成功した31の成功したICOを28%の成功率で記録しました。これは、資金を調達したICOを終了したICOで割った指標です。

新規上場商品(IEO)は引き続き人気が高まり、5月にはIEOを通じて10億ドル以上が調達されました。レポートは6月末までに182のIEOがあり、60%以上の成功率で15億9700万ドルの資金を調達したと記しています。資金の約90%が上位5つのローンチパッドで調達されており、CoinealがIEOの数で主導し、Bitfinexが調達資金でリストの上位を占めています。

最初のコインオファリングを行う多くのプロジェクトは、彼らのトークンのためだけにお金を払うだけでなく、主要な暗号通貨も受け入れます。あなたが暗号分野に慣れていなくても、業界に参加しても構わないと思っているのであれば、デジタル資産を取得するための簡単で安全な方法が必要かもしれません。Bitcoin.comでは、Bitcoin Cash(BCH)、Bitcoin Core(BTC)、およびethereum(ETH)、Ripple(XRP)、Litecoin(LTC)、Binance Coin(BNBなどの主要コイン購入することができますあなたはクレジットカードを使ってそして暗号通貨交換を訪れることなしにそれをすることができる。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/large-regulated-token-sales-indicate-icos-may-be-coming-back/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング