Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

ICO詐欺で罰金

1 


米国証券取引委員会(SEC)は14日、詐欺目的のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施したとして、トマホークコインの運営者に対し、役員就任禁止令、投機的安物株禁止令、罰金3万ドル(約334万円)を課したと発表した。 

 トマホークコインは、デビット・ローランス氏が経営するトマホーク・エクスプロレーション社を通じて運営されていた。2017年に実施したICOでは、500万ドルの目標額は集まらなかった。調達資金は、実際は資格がないにも関わらず、カリフォルニアで油井10カ所を掘るのに使うと虚偽の説明をしていた。また、ローランス氏は、証券取引における詐欺の前歴を持っていたが、これを公表していなかった。今回の摘発は 「連邦証券法における登録と不正防止の規約に違反」しているとされている。

 SECのサイバー部門チーフのロバート・コーヘン氏は今回の事件について以下のように言及した。


「昔からよくある石油やガスのようなスキャムに対し、投資家は改めて気を引き締めるべきだ。それらはブロックチェーン技術を用いた革新的なICOに見せかけている」

 今回のエピソードのように、SECはICOに対して厳しい対応の姿勢を示しており、規制の制定を急ぎたいように見える。今年5月には、投資家に対し、ICO詐欺の典型例を示すために、模擬の詐欺サイト構築し、公表している。
 先月、ICO諮問企業の一つであるサティスグループは、2017年に行われたICOの80%以上が詐欺であったと発表した。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/line-launches-10-million-token-venture-fund 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

ICOベンチャーが東京証券取引所に上場!?

1 


東京証券取引所に来るノアコイン?

ICOベンチャーが東京証券取引所に上場しようとしている会社Noah Ark Technologiesは、Noah Coinという独自の暗号トークンを開発した香港に本拠を置く企業です。そのウェブサイトによれば、同社には、日本で海外に雇用されているフィリピンの労働者の送金を可能にすること、観光産業提供すること、さらには2023年までに新市全体に電力供給すること(ノア都市とも呼ばれる)など、

同社は、ICO市場を通じた暗号侵害投資家から資金を調達するだけで満足のいくものではないと伝えられている。伝えられるところによれば、従来の証券取引所に足を踏み入れることで、ノアは東京証券取引所に上場しているビートホールディングスの株主であり、ノアが議決権の約半分を取得するように公開会社に新株式の発行と買収権の付与を求めている。

そんなに早くない

ICOベンチャーが東京証券取引所に上場しようとしている会社東京証券取引所に裏口を通って侵入しようとしているICOの会社は、依然として暗号で慎重な会場で警鐘を発している。事実、東京証券取引所の関係者は、日本経済新聞の報道に、ノアとビートの間の訴訟で、オペレーターは「正直に言って困っている」と語ったという。

法律上、上場会社の買収を阻止することはできないかもしれないが、ノアはビートに協力する必要もあるが、現在の経営陣はこの動きに抵抗していると言われている。株主総会は来月に予定されており、その時点で問題になるかもしれない。買収が実際に行われた場合、ノアは上場会社としての新しい地位を活用して、日本の暗号交換のための規制当局の承認を得ようとするかもしれない。

参考資料:https://news.bitcoin.com/an-ico-venture-is-trying-to-take-over-a-tokyo-stock-exchange-listed-company-2/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

Ethereumが17%落ち込んで、投資家がICOの…

イーサリアムは9ヶ月で初めて300ドル以下で動く

比較的短期間の歴史の中で、Ethereumは第2の最も価値の高い暗号化に成長し、暗号化プロジェクトの選択のプラットフォームとなり、dAppの開発者になりました。Ethereumがこの開花市場のリーダーとして定着したにもかかわらず、これは月曜日に見られるような激しい価格の暴落に対して脆弱にはなりませんでした。

ユーザーが月曜日の朝にコンピュータをオンにしたとき、何かがアモックであることが急速に明らかになり、市場は年初来の安値に回復し。Bitcoinは既にそれを十分に悪化させていましたが、一部の暗号化通貨は他の通貨を下回っていることが明らかになりました。その日が続き、市場環境はさらに悪化しただけで、失業率はさらに高まった。このすべてを通して、共通のテーマが残っていました。イーサリアムはトップ10のすべての暗号から最も高いパーセンテージの損失を出しました。

執筆時点では、Ethereumは、今日の最高$ 320から17%減の267ドルで座っています。これは、Bitcoinブームがちょうど上昇していて、altcoinsが何らかの力を発揮し始めた2017年11月以来、ETHが300ドル以下で最初に賭けたことです。

TradingViewのチャート礼儀

先週、Ethereumは35%以上減少しましたが、Bitcoinは14%の損失を「唯一」示しています。この壊滅的な動きは、「ETHの価格がどうして低迷するのはなぜですか?


投資家はなぜETHがそんなに激しく怒っているのか推測しよう 

ブルームバーグによると、この劇的な減少の主な触媒は、ICOによってEthereumに課される売り圧力の高水準である。プロジェクトは暗号戦争の胸を平らにしようとしているからだ。暗号ヘッジファンドBloomwater Capitalの創業パートナーであるBiswa Dasによると、プロジェクトは運用コストをカバーするためにキャッシュアウトしており、市場は引き続き低水準に留まるとの懸念がある。ダスは言った:

「これらの新興企業は多額の資金を調達しているが、財務管理や現金管理の経験がないため、売却が早すぎて市場に大きな圧力をかけている。昨年は大丈夫だったが、今は市場が非常に脆弱で、多くの圧力をかける。

Dasの疑惑は、暗号分析会社のSantiment氏によって明らかに裏付けられた。Santiment氏は、新興企業が過去30日間に11万人以上のETHを費やしたことを示唆している。

Ethereumの混乱のCNBCの報道は、CoinsharesのMeltem DemirorsがFast Moneyのパネリストとこの出来事について話し合って、同じことの多くを確認しているようだ。Demirorsは指摘した:

「イーサリアムは、分散型コンピュータであるというこの物語を始め、企業としてのスマートな契約に移行し、この技術にもっと興味を持ち、ICOがお金を稼ぐための基盤となったので、彼らは財務省で多くのETHを保持した...私はこれが本当に私たちの生態系が苦しんでいることだと思います.ETHから価値を長期的に保持する資産にどのように配分するのでしょうか。

Blockchain CapitalのSpencer Bogartは、数百万ものETHのICOが存在しているにもかかわらず多くの投資家が悪化していると思っている。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/08/14/ethereum-tumbles-17-investors-blame-it-on-an-ico-sell-off/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

仮想通貨スタートアップの新たな資金調達法とは?

1 


トークンエコノミーを導入したグルメSNS「シンクロライフ」を提供するGINKAN(東京・新宿)は10日、株式にトークン転換権を導入し販売するという新しい手法で資金調達したと発表した。第三者割当増資の引受先はスマートフォンメディア事業を手がけるセレスと元サイバードホールディングス代表取締役会長の小村富士夫氏。シンクロライフ内で流通するトークン(SynchroCoin、SYC)に交換できる権利をGINKAN株に付け、計8000万円を調達した。

 この手法は米国のベンチャーキャピタル(VC)の間で「Token Equity Convertible(TEC)」と呼ばれているもので、今後、仮想通貨スタートアップへの投資手法として増加すると考えられる。セレスによると、TECを実施したのは世界で初めてという。TECを提案したセレス経営企画室の岩佐 琢磨氏とGINKANの神谷知愛CEOにTEC実施の背景や利点について話してもらった。

株式投資においてICO実施企業はネックになる

 GINKANの香港子会社SynchroLifeは、昨年9月にICOを実施し、SYCを発行している。セレスの岩佐氏は、GINKANへの投資を検討した時に、このICOがネックだったと話す。

 仮想通貨の会計処理は、日本でも国際会計基準(IFRS)でも具体的な事例がなく、ICOを実施していると、監査法人が監査契約を結んでくれないケースが考えられる。そうすると、株式市場への上場によるイグジットが出来なかったり遅れたりする可能性が出てくる。会計処理を巡っては、実際に東証マザーズ上場企業のメタップスが、韓国子会社のICOに関する会計処理で難航している。

「この監査の障害を乗り越えるにはトークン転換権しかない。それが一番ベストだと思った(岩佐氏)」

 TECは、トークン売却によって、上場よりも迅速なイグジット手段となる。また、ICOがネックになり上場できない場合でも、投資家は株式をトークンに転換することで現金化できる。

今後の資金調達を考えてICOを諦めなくても良い

「去年からスタートアップ界隈では、ICOするか、IPOを目指すかという話をよく聞く。ICOするとIPOをある程度諦めないといけないとか、日本には、そういう空気感がある(神谷CEO)」

 監査法人との契約問題、今後株式での資金調達ができなくなることを懸念してICOをしたいのにしないのは間違いだと神谷氏は指摘する。「ICOをすることで、プロジェクトの応援者、資金、トークンをベースにしたコミュニティが手に入り、マーケティングにもなる。事業設計をしっかりやって、レギュレーションの中でやればデメリットがない。日本で出来なくてもグローバルではICOの仕方はある」。

TECという新しい手法が提供されることにより、ICO実施済みの企業が株式で資金調達しやすくなり、これからICOを検討している企業は投資側の懸念材料を取り除ける。

 一方で、トークンの設計によっては、この手法が向いていない場合がある。例えば、トークンがインフレ通貨であれば、トークンを発行し続けることで価値が希釈化され、将来的にトークンの価値が読みづらくなるため、投資家にはデメリットになる。神谷氏は、トークンと会社の両価値を出資者と共有したい場合に向いている手法と述べた。

仮想通貨スタートアップの事業や投資加速に期待

「トークン転換権をつけていることで、時間が経った後に、事業自体は成長しているのに、上場どうなるという話でリソースを奪われなくて済む。事業がしっかり進んでいれば、株もトークンも値上がりしているはずで、それが本来あるべきICOプロジェクトの姿。

事業がうまく言っているのに、テクニカルな部分で揉めなくなり、事業に専念してもらえるのが良い。[…]

このスキームが広がれば、トークンを組み込んだビジネスモデルの企業が、資金調達や事業を回しやすくなる。 今はトークン転換権がないことで、上場というしがらみがあるけど、それが取れた。一方で、事業自体がしっかりしていないとトークン値上がりしないから、純粋に良いICOプロジェクトに良いソリューションを提供できた。投資する側もネックになっていたものが取っ払えた(岩佐氏)」

 セレスとGINKANは今年の5月初旬から資本提携の話を進めてきた。締結までにおよそ3カ月かかったのは、TECの前例がなく、契約書のフォーマット作りに時間がかかったからだ。香港と日本法人の関係や、ICOトークンの保有の権利関係などを整理した。両者は、この新しい資金調達手段は、スタートアップがプロジェクトに専念できる環境を与える合理的スキームだと口を揃える。今回前例に倣い、この手法を取り入れる企業が出てくるかもしれない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/interview-with-hoskinson-vol3 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング

ウィキペディアのブロックチェーン版来ました!

1 


 ケイマン諸島拠点のブロックチェーンスタートアップが9日、ウィキペディアのブロックチェーン版とも言えるP2Pの百科事典「Everipedia」をローンチした。

 広告や寄付の必要のない自動百科事典となるように設計されているという。同プロジェクトはイオスのネットワークを使い、キュレーターには独自トークンのIQで報酬を支払う。ウィキペディアの共同創業者で、その後EveripediaのCIOとなったラリー・サンガー氏は以下のように述べた。

「必要最低限の能力を備えたネットワークをリリースし、初めて分散型の方法による記事投稿や投票が可能となった」

 Everipediaは、ウィキペディアのブロックチェーン版として、長らく仮想通貨コミュニティでは噂されていた。ウィキペディアの共同創業者でビットコイン懐疑派のジミー・ウェールズは、ブロックチェーン技術には傍観的だ。

 以前コインテレグラフが同氏にインタビューした際は、ブロックチェーン領域に関わる気は無いと述べていた。しかし、以下のように続けた。

「このアイデアには興味が沸いている。ジャーナリズム領域の多くの人が彼らのアイデアを紹介してきた。しかし、頷けるものだとは思わない。引き続き考えることにしている」

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/etoro-senior-analyst-bitcoin-can-be-somewhere-between-1000-to-50000-this-year 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

◆tag 2118364701
◆アドレス rPVMhWBsfF9iMXYj3aAzJVkPDTFNSyWdKy



人気ブログランキング