Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

Blockchainビデオ共有プラットフォームViulyは11月1日に仕掛ける!

Blockchainビデオ共有プラットフォームViulyは、昨年記録された最も大規模なEthereumブロックチェーンエアドロップの1つをコミュニティに提供するためにICOを渡すことで知られています。

この配布は12月に行われ、5億のVIUトークンが900,000以上のEthereum財布に放映されました。

Airdropは、同社のマーケティングキャンペーンの一環であり、VIUトークンを他のETH20コインのうち操作数に関して最初の位置に上げながら、かなりの数の新規ユーザーを引き出すことができました。

エアドップが成功したとしても、配布されたトークンの大部分は、非アクティブなウォレット所有者によって使用されたことはありません。

新しいViulyスマート契約アドレスは11月1日に開始

Viulyは、VIUトークンのスマート契約アドレスを変更して、コミュニティに循環するコインの数を現実的に把握し、死んだものを排除すると発表しました。

すべてのVIUトークン所有者は公式サイトのSWAPと呼ばれるページを介して新しいトークンをトークンと交換することができます。

新しいトークンは、元VIUと同じ名前と同じ機能を持っていますが、既存のトークンは、11月1日にキャンセルされますST

この変更は市場にとって有益であり、締め切り前にトークン所有者にトークンを交換するよう促します。

yourviuly.ioの財布にないトークンを変更する方法

トークンを変更するために必要な手順は次のとおりです。

  • まず、Metamaskを有効にして、それを外部ウォレットにリンクする必要があります。
  • 行く公式サイト
  • 変更したいVIUトークンの総数を入力し、Make Allowanceをクリックします。
  • 新しいVIUトークンを受け取るEthereumウォレットアドレスを入力し、[交換]ボタンをクリックします。
  • さて、あなたは新しいVIUトークンの所有者です。

詳しい情報は公式ウェブサイトでご覧いただけます。 

参考資料:https://oracletimes.com/blockchain-video-sharing-platform-viuly-launches-new-viu-token-smart-contract-address-on-november-1st/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

シンガポール企業、マニー・パッキャオの名声に裏打ちされたコインの計画を発表

シンガポールのスタートアップ企業GCOXは、独自のチェーン上に構築されたプラットフォームで有名人とそのファンのより密接な交流を目指しており、2017年の終わりか2018年の初めにフィリピンの伝説的なボクシング選手マニー・パッキャオののトークン(Pac Token)の発売すると発表した。このトークンを通してボクシングジャケットやグローブなどの商品を購入できるという。

参考資料:https://btcnews.jp/1tyzjrec20214/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米国証券取引委員会(SEC)は秘密裏に何百のアレを監視してると…

1 


SECは、ICOを使用したスタートアップの「ノーズ」を強化する

秘密裏にSEC、調査報告書で調査されている何百ものICOYahoo FinanceとDecryptは、「トークン販売をした何百もの新興企業が、証券法に違反していることを知っています。  

今年の幸運な始まりには、欧州委員会が範囲内の情報提供を特徴とする召喚状が出された。「証券取引委員会(SEC)は、特定の初期コイン・オファリングに対する取り締まりを大幅に拡大し、数百の暗号侵害の新興企業を危険にさらしている」という暗号の景観の単なるカタログ化以上のものがあるようだ。同代理店は、彼らがトークンを公認投資家に独占的に売却することを適切に保証しなかった者に焦点を絞って、多くの人々に焦点を当てました」とDecrypt 氏は指摘する。  

正式な訴訟は、費用がかかり、規制当局の業務負担に課税し、裁判所と裁判官を詰まらせる可能性があります。また、当局は、違反した企業が疑われることを最初に突き止めているようだ。これに対して、Roberts氏は、「数十社が投資家のお金を払い戻し、罰金を支払うことに静かに同意した。しかし、15人以上の業界関係者との会話によれば、SECの要求を満たすために暗い苦労に陥っており、他人がそれをどのように扱っているかは不明だと、召喚された新興企業の多くはこう語る。

米国で死亡したIPO、ICOに着手したスタートアップ

複雑な問題は、この広範な調査がどのように発掘されたかである。匿名の情報源は、当局が正式に「問題の議論から彼らを制限する」ということだ。最初のコイン・オファリングは、過去数十年の間に米国で有効に絞られてきたIPOである。たとえばレガシー・アメリカの株式市場には、上場企業のリストの半数近くがリストされています。

「秘密」米国のICOの何百もの調査、SECは「Nooseを締め付ける」、報告書によると

規制、侵入障壁、無数の法的紛争に悩まされている弁護士だけが戦うことができ、中小企業は米国で公開市場に事業を持ち込むためのIPOモデルから値下げされている。代わりに、ある時点で参加している可能性がある人は、確立されたジャガーノートの合併と買収の羽目に待っています。それとも、彼らは米国を離れ、香港などの近所でIPOブームを見たことがある場所で手をつないでください

ICOは、その環境への対応の少なくとも一部です。金融機関の民主化とイノベーションが、詐欺に満ちた野生の宇宙を犠牲にして、ほとんどのアナリストが同意する少なくとも2つの事柄をICOで達成した。スタートアップは、独自のデジタルトークンをすばやく販売するのに十分なほどのクリック数を得ることができます。

定義のゲーム

当局から召喚状が送付されてから約1カ月後、ジェイ・クレイトン会長は、規制当局の意見が非常に明確になるように思えた。クレイドン通貨問題の上院審議会で、Claytonは「私が見たすべてのICOは証券だと信じています」と述べました。しかし、ICOを構成するものはすべての初期コイン・オファリングがそれぞれの管轄下にあるなら問題になります。ICOを行った企業は、「ユーティリティトークン」や「SAFT」(将来のトークンのための簡単な合意、ICOメソッドなど、何か他のものを彼らの提供と呼んでいたにもかかわらず、機関はセマンティクスについて「気にしない」と報告している投資家はまだ打ち出されていないトークンの予約を購入する)。  

「秘密」米国のICOの何百もの調査、SECは「Nooseを締め付ける」、報告書によると

このスペースのネコとマウスの性質から、「過去4年間にいくつのICOが発生したのか正確に言うのは難しい」とDecryptは認めている。何千もの企業が、現在までに200億ドル以上がICOで調達されてきたが、ICOブームは2018年1月にピークに達した。トークン販売の合法性に対する懸念は冷ややかな影響を与えた。

しかし、セキュリティを提供することに近いところにあるすべての米国の企業は、ある形または別の形でSECによって管理されていることはよく知られています。また、代理店は、2年間、年間20万ドル以上を稼ぎ、少なくとも100万ドルの純資産を保有している誇張された「認定された投資家」に限定して参加を求める正式な免除を提供している最初はICOだった。その同じ上院聴聞会で、クレイトンはSECの承認を求めていた人の数が尋ねられました。その答えは不気味に戻った。

参考資料:https://news.bitcoin.com/hundreds-of-icos-being-secretly-investigated-by-sec-claims-report/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

2017年以降のICO調達額がやばすぎ!

1 


財務調査会社Autonomous Researchの最近の調査によると、2017年以降、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)による調達額はおよそ200億ドル(約2兆2400万円)で、前年より180億ドル増加していることがわかった。

ICOで2018年には120億ドル、昨年は70億ドルが調達されている。EOSと暗号化メッセージングアプリのテレグラムは、それぞれ、42億ドル、17億ドルを調達し、2018のすべてのICOのほぼ半分を占めている。

Autonomousによれば、仮想通貨に投資するために300以上のクリプトファンド立ち上げられているが、大部分の資金は少数の組織に集中しているという。  

2017年には、ICOへの投資額が70億ドルを超え、この額は仮想通貨企業への株式投資の4倍だ。「ゴールドラッシュ」を利用するために、多くのICOが意図的に立ち上げられ、その後、トークンに関する品質や規制上の懸念が生じた。

先月発表されたAutonomousの別の調査では、ICOの資金調達が16カ月で最も厳しい状況にあり、8月は2017年5月以来の最低額である3億2600万ドルを調達したことがわかった。

8月、ICOレーティングは、ICO市場が1年で倍増したことを示す調査を発表した。2018年の第1、第2四半期のICOでは、110億ドル以上が調達され、これは前年同期比の10倍となる。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/research-20-billion-raised-through-icos-since-2017 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

アラブ首長国連邦(UAE)の証券監督当局が仕掛ける!

1 


アラブ首長国連邦(UAE)の証券監督当局が、2019年に資本市場向けにイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を導入する予定であることが明らかになった。ロイターが8日に報道した。

ロイターは、株式市場の弱さと原油価格の低下が新規株式公開(IPO)に悪影響を与えていると指摘。UAEの規制当局は、企業の資金調達手段を多様化するため、資金調達モデルにイノベーションを持ち込もうとしているという。

証券監督機関のオバイド・サイフ・アル・ザバイCEOのコメントを、ロイターは伝えている。

「エミレーツ証券・商品庁(ESCA)の理事会は、ICOを有価証券とみなすことを承認した。私たちの計画に従い、2019年の前半には規制を導入するつもりだ」

アル・ザバイ氏によれば、ESCAが現在、アドバイザーとともにICO規制の草案を作成しているという。またアブダビとドバイの証券市場と協力して、ICO取引プラットフォームも開発しているという。

また経済省がIPOの新しい規制を提案しており、首相によるレビューが行われていると、アル・ザバイ氏は付け加えた。また上場企業の取締役会の20%を女性とする別なイニシアティブも進めているという。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/uae-securities-regulator-to-introduce-icos-for-capital-markets-in-2019 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング