Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

ICO→GRAFT 暗号通貨とクレジットカードを受け付ける ユニバーサルペイメントプロセッシングネットワーク

Graftは、誰もが使用できるグローバルでオープンソースのブロックチェーンベースの分散型決済ゲートウェイと処理プラットフォームである。 バイヤーとマーチャントは完全に分散した安価な方法でGraftを使用できる。 Graftエコシステムはオープンであるため、誰でもGraftブロックチェーンを維持し、ネットワークサービスを実装することで参加できる。 Graftは、世界中の何百万人ものユーザーやマーチャントに既によく知られているクレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどの従来の電子決済システムと同様の決済処理プロトコルとフローを採用している。 このアプローチにより、メインストリームの支払いプラットフォームとして、Graftをより簡単かつ迅速に採用することができる。同時に、バイヤーとマーチャントの間の取引を促進するために現在必要とされる中央仲介業者(支払いゲートウェイとプロセッサ)の必要性が排除される。 

  

Graftのホワイトペーパーはこちら

なぜGraftなのか?

全てのペイメントテクノロジーが一緒に

ほとんどの加盟店は、決済カードやPaypalなどの従来の電子決済方法とは概念的に異なるブロックチェーンネットワーク処理トランザクションの独自性のため、第三者の決済処理業者なしでは暗号化通信を受け入れることができない。 プラスチックカード決済の全体的なコンセプトは時代遅れになっているが、その周りに開発された技術は膨大な量の商人体験とユーザーの信頼を蓄積しており、すぐに放棄することはできない。

暗号通貨とクレジットカードを受け付ける

バイヤーにとって最良のユーザーエクスペリエンスを提供し、加盟店へのコンバージョン率を向上させるために、Graft支払い取引は、様々なコンバージョン可能な暗号通貨またはローカルのフィアット通貨を入力としてクレジット/デビットカードの形式で受け取ることができる。 自動インスタントコンバージョンは、暗号通貨エコシステムに精通していないメインストリームユーザーや、従来の支払い方法ではより快適に感じられ、セキュリティ、プライバシー、トランザクションにおける完全な匿名性を追求する人たちによるグラフト支払いの採用に役立つ。

マーチャントは暗号通貨、フィアットでペイアウトを受け取れる

Graftは、ビットコインといくつかの主要な暗号化通貨を、バイヤーにとっての追加の選択肢としても、マーチャントに対する支払いの受け入れ可能な方法としてもサポートする。 これらの機能により、複数の(中央の)支払いソフトウェアプロバイダとの統合や、複数のウォレットアプリケーションを学習して維持するための集中サービスのサインアップが不要になる。 マーチャントは、ビットコインやローカル通貨などの暗号通貨で取引から収益を受け取ることができる。 この場合、トランザクションの出力は、マーチャントの設定に応じて、同じトランザクションの一部としてサービスブローカによって処理される。 これにより、販売によって販売者に正確な現地通貨価格が支払われることが保証される。

クレジット、ロイヤリティーカード

ピアツーピア融資に基づく低利融資から、加盟店が運営するロイヤリティプログラムまで、グラフトは多様な創造的なサービスやワークフローのために活用できるダイナミックなプラットフォームを提供する。

Graftは2018年1月18日にICOを予定している。BTC,ETH,XMR,XEMにて参加が可能となっている。ロードマップは以下のようになっている。

Graftのホワイトペーパーはこちら
Graftの公式サイトはこちら 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/graft-universal-payment-processing-network 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ICO→SophiaTX 現代ビジネスの問題をブロックチェーンによって解決する

ビジネスのためのブロックチェーンプラットフォームSophiaTXは、現在トークンジェネレーションイベントを開催中で、およそ1100万ドル以上を調達している。トークンジェネレーションイベントは最終ラウンドに突入し17日まで開催される。

SophiaTXによるユニークで目的に合ったブロックチェーンプラットフォームと市場は、ERP、SCM、CRMシステムなどのエンタープライズアプリケーションを複数の企業や業界の共同作業環境に統合するという特定の目的のために設計された。

SophiaTXは、グローバル規模で企業ができることを実証する段階に進んだ。彼らは、2018年初めに開始されるEarly Adoption Programの事前登録を開始した。このプログラムは、個人(エンタープライズアプリケーションの専門家、コンサルタント、アーキテクト)と組織の両方を対象としている。

Early Adoption Programでは、SophiaTXテクノロジーへの排他的なメンバーシップ・アクセス、テストネット・プラットフォームの使用、導入のための詳細なユースケース記述、規模の大小にかかわらずビジネスの学習機会が提供される。SophiaTXの可能性のあるサンプルとして、機能性を実証するプルーフオブコンセプトによって、ユースケースを概説した。

ブロックチェーン E-インボイスデータエクスチェンジ / 1 to 1 ドキュメントエクスチェンジ

今日のビジネスモデルとプラクティスに関する幅広い調査の結果、世界中のすべての請求書の90%以上が貴重な時間とリソースを消費し、コストを増加させる手作業(メール、印刷、電子メール、その他の手作業による方法)で処理されていることが判明している。

E-インボイスの発行額は、世界で最低でも360億ユーロに達し、2017年末までに年間10-20%の成長率を達成する予定だ。電子請求書市場の推定サイズは2017年には33億ユーロで、 2024年には161億ユーロとなる見込みだ。

SophiaTX CEOのJaroslav Kacinaは「従来の電子決済の主な問題は、採用が面倒であり、実装に比較的費用がかかり、選択されたタイプの文書に限られているということです。これは、ブロックチェーンテクノロジーが、より高速な導入と比較的無限の種類のドキュメントかつP2P情報交換を提供し力を発揮するところです。」と述べている。

SophiaTXは、E-インボイスデータを独自のブロックチェーンに入力し、その情報を簡単にアクセス可能で証明可能なE-インボイスの文書に自動化して、意図した当事者に送信できるようにすることでプロセスをさらに進めます。これは、プロセスの各ステップ(トランザクションと呼ばれる)の詳細なタイムスタンプ付き記録を保持する不変で透明な元帳を介して検証可能です。

容易に検証可能なデータレコードを持つことは非常に重要である。彼らの調査によると、2016年には47%のビジネス債権が不正請求されていた。さらに、欧州の請求書の40%は、現在デジタイズされている請求書の10%未満でデフォルトになっているか、遅れて支払われている。
貿易相手国の間で共通または手頃な価格のデータエクスチェンジプラットフォームが存在しないため、現在のシステムの主要な問題を解決するための共同エコシステムを構築する可能性がないのだ。

SophiaTXをビジネスエコシステムに導入することで、速やかで安全な配送、透明性、拡張された管理、現金管理の改善、容易な監査機能、税務コンプライアンスを保証するため、請求書の手作業の必要性を排除し、コストを削減し、企業を不正なクレームから保護することが可能となる。

トークンジェネレーションイベントは最終ラウンドへ突入

SophiaTXではマイニングおよび取引手数料をカバーするSPHTX(SophiaTX Token)によってプラットフォームは稼働する。トークンジェネーレーションイベントは最終ラウンドに突入し17日で終了となる。

トークンジェネーレーションイベントは、全ての人々が取引所で公開される前にSPHTXトークンを入手することを可能にし、プロジェクトの多くの支持者に直接関与する機会を提供する。資金調達は、プロジェクトの開発、マーケティング、継続的な管理、およびプラットフォーム全体に直接適用され、最初のトークン生成後2年間で80%が権利確定される。

ホワイトペーパーはこちら
公式サイトはこちら 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/sophiatx-blockchain-is-solving-the-issues-of-modern-business-practices 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

1/23~ ICO→Mark.Space  VRオープンソースプラットフォーム

MARK.SPACEは、誰もが自分だけのVR対応3Dウェブサイト(ユニット)を手軽に作成して扱える、ビジネス、Eコマース、コミュニティ用のプラットフォームである。 MARK.SPACEは3D化された環境(画廊、通路、通りや広場)の中でのユニットのネットワークであり、各ユニットは独自ドメインに接続でき、ユーザーはユニット間を直接行き来できる。プラットフォームは暗号通貨経済とブロッ クチェーンにより維持・稼働する。

  


ユニットとは?

MARK.SPACEは膨大な数のVR空間(ユニット)から形成されており、各ユニットは70㎡に相当し、独自のトップレベルドメインと直接繋げられる。 ユニットの作成方法は3通り存在する。

  • 3DMAX等の専用ツールを使い、自由に作成
  • カメラで360°パノラマを撮影
  • 内装飾のデザインを選択、様々な家具、電気製品や物品などを追加できる独自のビジュアル・コンストラクターを使用

ユーザーはユニットを様々な物体(内部コンストラクタを使って作成したものやアップロードで追加)で満たし、YouTubeやInstagramからメディアコンテンツ(動画・画像・テキストファイル)を追加できる。 各ユニットのフロントエンドはHTML5で開発されているため、コードはポップアップ機能やその他のツールに使用可能だ。ユニットには住宅、コミュニティ、ショッピング、そしてビジネスの4種類があり、 それぞれに独自のルール、機能、作業用インターフェースが存在する。

デモはこちらから体験可能だ。

ブロックチェーンとスマートコントラクト

ユニットの所有権はユニットに関わる全てのトランザクション (作成、売買または賃貸)がスマートコントラクトによりブロックチェーン上に記録される事で保証される。 プラットフォーム内の全てのトランザクションにはブロックチェー ンを使用し、非中央集権化レンダリングとデータ保管を行うでプラットフォーム機能を維持するマイナーに支払いが行われる。

MRKトークン

MRKトークンはMARK.SPACEで行われる全てのトランザクションで使用される。出来るだけ多くの経済的な相互作用の確保を目的としている。MARK.SPACEとその経済は現実世界に基づいてモデリングされている。

MARK.SPACEプロジェクトではMRKトークンは個人の空間を作成、充実、カスタマイズに利用でき、内部広告ネットワークのユーザーから獲得可能だ。

プラットフォームの内部通貨

ユーザーは現実世界の商品やサービスを仮想商品と同様に売り買いができる。仮想店舗やオフィスを介して現実世界から従業員を雇用、トークンで支払いが行える。

POWトークン報酬

マイナーにはプラットフォームをサポートする対価としてトークンが支払われる。MARK. SPACE内で表示される映像は全てGPUファー ムでレンダリングされ、保管される。

2018年1月23日よりトークンセールを開催

2018年1月23日より2月28日までトークンセールが開催される。MRKトークンの発行上限は3,000,000,000MRKで、取引レートは0.1ドルからである。トークンセールは3ラウンドにわたり開催されそれぞれ割り当てられるボーナスが異なっている。

MARK.SPACEホワイトペーパーはこちら
公式ホームページはこちら 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/mark-space-blockchain-based-vr-3d-opensource-platform 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ICO→傷ついた戦士プロジェクト

114 

ブロックチェイン・イニシアチブには、社会の福祉を生み出すための制限はありません。この機会に、私たちは、についてお話します傷ついた戦士プロジェクト ®とその使命寄付や援助貢献を通じてプロジェクトの資金調達を支援することですそのサポートcryptocurrency。暗号化で得られた利益に応じて、Wounded Warrior Coin [WWC]は交換所から得たものを現金で回収し、それぞれの送金をUSDにします。そこから、ウェブサイトを通じてPayPalを介してWounded Warrior Project®に寄付が行われます。

2014年に実施された調査によれば、米国には380万人の退役軍人がサービス関連の障害者格付けを受けています。サービス関連の障害とは、兵役が活発になったときに病気やけがが増悪した結果です。したがって、ネットワーク[WWC]は、2014年の統計から、障害のある退役軍人の数を増やすために、480,000,000のコインを生産すると見込まれています。

114

Wounded Warrior Coinは分権化された暗号化通貨なので、開発者はWounded WarriorProject®が提供する慈善寄付税免税を逃しません。

WWCのブロックチェーンはBitcoin / Litecoinのものよりも多くのトランザクションを処理できます。より頻繁にブロックが生成されるため、ネットワークは将来、どのソフトウェアも変更する必要なく、より多くのトランザクションをサポートします。

その結果、ユーザーはより速い確認時間を得ることができますが、大規模なトランザクションを送信するときにはさらに多くの確認を待つことができます。

ウォレットの暗号化によってウォレットを保護できるため、取引とアカウントの残高を確認できますが、通貨を送信する前にパスワードを入力する必要があります。これにより、財布、ウイルス、トロイの木馬の盗難や支払いを送信する前の健全性チェックから保護されます。

参考URL:http://www.crypto-economy.net/wounded-warrior-coin-cryptocurrency-help-war-veterans/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ICO→Tokia 複数の互換性のあるBlockchainアセット

114 

ICOの台頭により、引き続き研究と検討が不可欠な興味深いプロジェクトがもたらされます。今度は、交換サービスと暗号暗号化ウォレット以上になることを約束するプラットフォーム、Tokiaについて説明します。見てみましょう。

地方分権化のために、デジタル通貨はインフレや政府の干渉などの問題に対して免除されます。これは、世界で大量の金銭を送受信するのに最適な方法だからです。近年、Bitcoin、Ethereumなどの商取引、ストレージおよび通貨を可能にする暗号化ネットワークで、多くの新しいアプリケーションが開始されています。

トキアは、モバイル交換機とコインを保持するための財布として機能する新しいサービスです。Tokiaの主な機能は次のとおりです。複数の互換性のあるBlockchainアセット。これは、Tokiaが非常に興味深いあらゆるタイプの暗号侵害のための財布として機能することができることを意味します。また、財産から財産を直接交換できる商業的オプションもあり、リスクや他の変換損失を最小限に抑えます。

Tokiaを使用することで、ユーザーはスマートフォンや他のモバイルデバイス経由で暗号通貨を自由に取引することができます。オフラインセキュリティ:オフラインで格納される資産の量をプラットフォームで制御できるため、非常に便利です。これにより、たとえ私たちの資金に長時間アクセスしなくても、それらが安全で安全であることが保証されます。

また、コミッションについて言えば、このプラットフォームの主な特徴の1つは、ボリュームの取引に変更の手数料が課せられないという事実です。

最大限の使用容量を保証するため、このプラットフォームにより、当社の暗号資産を一連の伝統的な信用通貨に変換することができます。これは、Ethereum、Bitcoinなどの資産に自分のお金を投資することを望むカジュアルな投資家にとって、即時利益のために特に有益な機能です。

Tokiaコミュニティにインセンティブを与えるために、総額のボーナスが設定されているため、Tokiaを使用すると、毎月の無料交渉量で最大10倍のTOKトークン(プラットフォームのネイティブトークン)を受け取ることができます。

変換サービスを使用して、私たちのウォレットにあるBitcoinsはTokiaデビットカードに直接リンクされています。これにより、ユーザーはデビットカードで直接取引(購入など)を行うことができ、資産を最初に解凍してから変換し、最後に使用可能になるまで待つ必要はありません。

Tokiaの公式デビットカードでは、ユーザーは暗号化通貨を信任状に変換するのを待つ必要はありません。

トキアのICO:

TOKトークンは、12月4日に開始され、12月30日まで継続される初期公開前売会場にあります。参照値は1 TOK = 1 USDです。この事前販売中に、ユーザーはすべての購入で47%の割引を得ることができます。2018年3月末までに、より多くの事前販売が予定されています。

このプラットフォームの詳細については、ホワイトペーパーを参照してください

参考URL:http://www.crypto-economy.net/tokia-exchanger-and-wallet-without-charges-forever/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

続きを読む