Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ICO

タイで初の合法仮想通貨ICOポータルが開始 証券取引委員会の承認で

SEデジタル社、ICOポータル事業を開始

SEデジタル社は、タイの証券取引委員会(SEC)から正式に承認を得て、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)のポータルを運用開始することが分かった。タイにおける初の合法ICOプラットフォームになる。

SEデジタル社は、タイの大手金融サービス会社であるSeamico Securities Plc(ZMICO)の子会社。今後国内初の投資トークンを、トランザクションサイズが20億バーツ(約71億円)から30億バーツ(約107億円)の範囲で発売する予定だ。

さらに、ZMICOに投資する暗号資産運用会社Elevated Returnsは、これらのデジタルトークンの流通市場を提供する、仮想通貨取引会社ERX Company Limited(ERX)を立ち上げており、来年初頭までの事業開始を目指している。

ワンストップサービスを目指す

SEデジタル社は、仮想通貨商品を巡るワンストップ・サービスを目指している。サービス内容は、コンプライアンス、暗号資産のライフサイクル管理、プライマリー商品の発行、戦略的助言、市場へのアクセスのサポートなど多岐に渡る予定だ。

同社のICOポータルは、通貨発行者が必要な査定を効率的に行うことも可能にするという。必要項目としては、例えばKYC(Know Your Customer:顧客の身元確認)、CDD(Customer Due Diligence:顧客管理)、AML(Anti-Money Laundering:マネーロンダリング対策)などが挙げられる。

デジタル化されたトークンは、タイの投資家や市場の大半にとって、まだ新しいものであるため、SEデジタル社は地元のパートナー、規制当局、関連組織と協力しながら、一連の教育プログラムを実施することも計画しているという。

同社の最高マーケティング責任者であるStephen Ng氏は、「タイにはすでに、地域の金融ハブとしての地位、活気に満ちた新興コミュニティ、デジタルイノベーションを促進する進歩的な規制制度など、デジタル資産にとっての強力な基盤がある」と述べている。

Ng氏は、デジタルトークンに関心のある企業をタイに招致することもできると付け加え、タイ経済におけるデジタル化という変革を、長期的にサポートしていく意気込みを見せた。

タイは、仮想通貨に対して積極的な姿勢を見せる国の1つである一方、先月同国の大手仮想通貨取引所の1つがサービスを終了した。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=112208 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

TelegramのTON、保全命令受け「一時休止」発表

米国証券取引委員会(SEC)が、Telegramが2018年に行なったGramトークンの計17億米ドル分の販売が未登録で違法であり、Telegramに保全命令を出したことを受け、TelegramのTON部門(TON Board)は、Telegram上の過去の投稿を全て消去した上で、「規制上で不明確な部分が増えたため、一時休止して情報分析などに専念する」と発表した。 

参考資料:https://btcnews.jp/sohbb8cz30495/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

SEC、テレグラムの17億ドルの「違法」トークン発行を停止

米国証券取引委員会(SEC)は、17億ドルのトークン販売で、Telegram Groupおよびその子会社のTON Issuerに対する緊急抑制命令を確保しました。

SEC は金曜日後半に緊急措置を申請し、Telegramが米国内でのグラムトークンの販売またはその他の配布を停止することを制限する命令を受け取ったことを発表しました。ネットワークは10月31日に稼働することになっています。

Telegramは「世界中の171人の初期購入者に割引価格で」29億グラムのトークンを販売しました。これには、米国の投資家に販売された10億グラム以上が含まれます。ただし、苦情では、Telegramが申し出または販売を登録しなかったと主張しています。

SEC執行部の共同ディレクターであるステファニーアヴァキアンは声明で、この緊急措置は「テレグラムが米国市場に不法に販売されたと主張するデジタルトークンをあふれさせることを防ぐことを意図している」と述べた。

テレグラムは、投資家にグラムトークンとテレグラム自身の事業に関する情報を提供できなかったと彼女は言った。

フェロー共同ディレクターのSteven Peikinは次のように追加しました。

「発行者は、製品に暗号通貨またはデジタルトークンをラベル付けするだけでは、連邦証券法を回避できないと繰り返し述べています。テレグラムは、投資する人々を保護するために設計された、長年確立された開示責任を遵守することなく、公募の利益を得ようとしています。」

長期プロジェクト

TelegramはTONブロックチェーンプロジェクトを1年以上にわたって開発しており、2018年1月に最初のコイン提供の噂が流れています。このプロジェクトに詳しい情報筋は、メッセージングプラットフォームが先行販売で最大6億ドル、公募でさらに7億ドルを調達しようとしているとCoinDeskに語った。

最終的に、Telegramは、2018年3月にSEC提出さたフォームDの開示で17億ドルを調達したと主張しまし

同社は開発作業について秘密を守っており、先月ネットワークのコードのみを公開しました。Telegramは、10月下旬のローンチを確認するために最初に投資家に電子メールを送り、その後契約条件を更新した後、今月までTONで動作していることを公に確認しませんでした

グラムトークンはまだ公開されていませんが、暗号通貨の二次市場はすでに爆発しており、小規模な暗号交換とOTCデスクは、トークンの発行後の約束を取引しています。

暗号交換Coinbaseは、発行されたグラムトークンの保管サポートも発表しています。

SECの緊急対応金曜日は、EOSIOプロジェクトとEOSトークンの背後にある会社であるBlock.Oneで解決した数日後です。Block.Oneは40億ドルを調達しましたが、SEC は2,400万ドルの罰金のみを確保しており、EOSをセキュリティとして登録する必要はありません。 


参考資料:https://www.coindesk.com/sec-halts-telegrams-1-7-billion-unlawful-token-issuance 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

2019年のトークン販売は少数の勝者を生み出しました

112 

当時と現在

では暗号化、タイミングがすべてです、との密接なすべての時間ハイ(ATH)へ売却するのに十分なスマートトレーダーのために、かなりの利益はまだ可能です。問題は、ATHが事実の後初めて明らかになることです。2019年のICOとIEOのほとんどは、ムーンショットと見なすことはほとんどできませんが、成層圏を突破していなければ、少なくとも上層大気をすくい取った優秀なパフォーマーはまだいました。

4月、news.Bitcoin.comがMoon Landingまたは MisfireでIEOの最初の波を調べたときZBG Launchpadで発行されたKamari(KAM)のROIはUSDで7Xであり、当時最高のパフォーマンスを発揮したトークンであると報告しました。現在、カマリはROIが4.7倍で、史上最高の12倍から低下し、その最初のグループの最高のパフォーマンスを維持しています。一方、今年最も公表され、非常に期待されているトークンの1つであるBittorrent(BTT)も、ROIが3.6倍で、ATHが15.35倍から低下しています。残りのうち、Lichang(LC)のみが4.27Xの正のリターンを示し、16.45Xの最高ATHを誇っています。

Q1の10個の最高のパフォーマンストークンのうち7個は、発売日からまだコインを保持しているすべての人にマイナスのリターンを示しているため、市場はホドラーに親切ではありません。これらのうち、最悪のパフォーマンスを示したのは、ZBGラウンチパッドでローンチしたグローバルトレーディングシステム(GTS)で、4月の5.3倍から0.02倍に低下しました。つまり、起動時にスタートアップに投入した$ 100ごとに、たった$ 2しか持てないということです。

2019年のトークン販売は少数の勝者を生み出しました
6月の10月に4月のトップ10のIEOがどのように見えるか

これらの数値を平均すると、この最初に有望なIEOのグループ全体のROIは、ROIの中央値が0.58倍、つまり初期投資の半分をわずかに上回る1.53倍になります。すべてのケースで史上最高値で終了するための平均ROIは8.57Xでした。

大きな画像

最後に2019年第1四半期の上位10のIEOを確認してから、最初の取引所の提供が大幅に増加し、市場全体がどのように振る舞っているのかをより広く理解することができました。Binance、OKEX、Huobiを含む7つの取引所の40のIEOのうち、23が負のROIを示し、16が正のリターンを示し、1つが損益分岐点にあります。これは、いくつかの最大の取引所のIEOが苦労しているときの市場の難しさを示す尺度であり、取引量とトラフィックが少ない小規模の取引所にとってはうまくいかない兆候です。

2019年のトークン販売は少数の勝者を生み出しました

ICO市場を見ると、今年上場した10の最大のプロジェクトはかなり順調に推移していますが、Cosmosを除き、本当にエキサイティングな利益はほとんどありませんでした。グループの最高のパフォーマンスを誇るCosmo(ATOM)は、ROIで非常に健全な26倍に座っています。次に、4倍のBinance IEOマティックと3.5倍のROIのBittorrentがあります。8.6XのGateのSero(2番目に最高のパフォーマンス)と3.1X(5番目の最高)のKucoinのV Systemsだけが、Binanceの上位5位での制約を破りました。より広い分析では、上位10個のICOの平均ROIは5.6倍であり、ROIの中央値は2.95倍でした。

Exchangeコインでさえ苦労しています

小さな男たちにとって挑戦的であることが証明された1年で、失敗した大きな銃がSchadenfreudeの原因であるか、さらに大きな懸念であるかどうかを知るのは難しいです。いずれにせよ、今年独自の交換トークンであるLEOを立ち上げたBitfinexでさえ、今では1ドルのプライベートセール価格を下回っています。6月26日に史上最高値の1.99ドルに達した後、トークンは着実に下降しており、最終的に10月7日に提供価格を下回りました。

Bitfinexを取り巻く広範な論争はLEOの減少に起因する可能性がありますが、他の取引所も同様に独自のトークンが苦労していることを発見しました。2019年に利益を上げることに成功した投資家は、自分自身を幸運、熟練、またはそれらの組み合わせと考えることができます。誰もが暗号市場をプレイすることで利益を得ることができる時代は過ぎ去りました。

参考資料:https://news.bitcoin.com/2019s-token-sales-have-produced-a-handful-of-winners/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Gram 機関管理者や入手方法を正式発表

Gram 機関管理者や入手方法を正式発表

人気SNSアプリ企業「テレグラム」発行の独自トークンGram(GRM)のローンチに当たって、Anchorage Trust Company社が最初の機関管理者となったことが分かった。

同社はカリフォルニア州に拠点を置くソフトウェア会社Anchor Labs の完全子会社である。カストディサービスはAnchorage Trust Company社または金融事業を行うAnchorage Hold社を通して提供される予定だ。

Gramの価格と供給を安定化する仕組み

Anchorage社のブログによると10月31日までにローンチされる予定の、Gramトークンを入手するには二つの方法がある。

公開市場で既存のGramを購入するか、TON(Telegram Open Network)リザーブから新しいグラムを購入するかという選択である。

これらの2つの市場はGramの価格と供給の両方を安定させることを目的としているという。

TONリザーブでは、指数関数的増加機能によって、1Gramが販売される都度、その後のGram販売価格を徐々に上げていく。

最初の価格は0.10ドル(約10.7円)で、その後のすべてのGramは、直前のGramの10億分の1だけ高くなっていく。

一方、自由市場での価格はTONリザーブの価格と異なる可能性があり、ユーザーは市場価格の方が低い場合は、すでに発行済のGramを市場で求め、市場価格が高い場合は、リザーブから新規発行されるGramを購入しようとすると想定されている。

なお、Anchorage Trust Company社とAnchorage Hold社は米国証券取引委員会(SEC)に登録しておらず、当初サービスをニューヨークの居住者に提供しない見込みだ。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=111355 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング