Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

時代は量子コンピュータに移行しています!世界初のものとは!

111 


オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究員が、量子コンピューティングにおける課題である安定性の問題を解決する半導体チップ設計を発表した

 「月面着陸」並みの大事件であるとされる量子コンピューティングの実装につながる新たなCMOSチップ構造は、既存の集積回路上でシリコン・トランジスタのグリッドを作り「スピン量子ビット」を制御するという。

 論文の執筆者であるメノ・ヴェルドースト氏によると、「量子ビットの上にある電極を選択して量子ビットのスピン(回転)を制御する。また、量子ビットの間に位置する電極を選ぶことで、二つの量子ビット間のロジックの相互作用や計算を行うことができる」。

 米カーネギーメロン大学の研究院によると、量子コンピューティングは理論的にはブロックチェーンの暗号化メカニズムを突破できる可能性があり、ブロックチェーンや仮想通貨のセキュリティに大きなリスク懸念をもたらす。

 一方で、量子コンピューティングの実用化にはまだ時間がかかるとされており、その間にブロックチェーンや仮想通貨の開発者たちも暗号技術をさらに進化させることも考えらえる。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/breaking-researchers-reveal-first-ever-complete-quantum-chip-architecture 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アップルの最新の特許は、ブロックチェーンベースのアレ!

2017年12月7日、米国特許商標庁はApple Inc.によって提出されたブロックチェインベースの「マルチチェックアーキテクチャ」を使用してタイムスタンプ検証を提供する特許出願を公開しました。

アップルのファイルには、「公開インフラストラクチャ」と「セキュアエレメント」(SE)データ処理システムの使用が詳細に記載されています。

提案されたシステムは、一意のタイムスタンプを含むハッシュされたデータをブロックチェーン元帳のブロックに受け取ります。次に、ハッシュされたデータの有効性を保証するために、コンセンサスメカニズムに対してハッシュをチェックします。

情報がデータプロセッサの格納されたハッシュ値と一致しない場合、ブロックは破棄されます。値が一致すると、SEが作成され、そのSEからの新しいハッシュ値が、以前に格納されたハッシュ値を置き換えます。

Appleが提出したアプリケーションは、新しいタイムスタンプを検証するためのマルチチェックアーキテクチャの3つのシナリオを確立していますが、そのうちの1つはブロックチェーンベースのソリューションに特化しています。

新しい時間は、新しい時間を示すトランザクションを保持する新しいブロックに関連するハッシュパズルを解決する際に、ブロックチェーンの一部になります。分散コンセンサスのために、時間価値の点で悪意のあるノードによるブロックチェーンの変更が試みられます。正直なノードによって検出される...ブロックチェーン内の悪意のある改変されたブロックは、デバイスによって認識されず、SEによって認識されないので、偽の時間値はSEの状態を損なわない。

他のシナリオでは、少なくとも1台の他のサーバーからの複数署名の承認と、「信頼できない関係」にバインドされたサーバーがタイムスタンプに同意することを可能にするさまざまな信頼ルートを使用すること、またはネットワーク内のいずれかのサーバーが拒否することそれがSEに記録されないようにするタイムスタンプ。

アップルがインフラストラクチャのブロックチェーンプラットフォームに分岐して効率性を高めれば、大規模な導入の火を狙っている可能性があります。

参考URL:https://www.ethnews.com/apples-latest-patent-doesnt-fall-far-from-the-blockchain-tree 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Ethereum Creator Vitalik Buterinが新しいブログ投稿で発表したモデル!!

Ethereumの作成者は、zk-SNARKとzk-STARKを対照するブログ記事を書いています。そこでは、zk-STARKをブロックチェーンプラットフォームが直面しているさまざまな問題や潜在的な将来の問題に対する魅力的な解決策にしてくれる機能を探求し始めます。

11月9日、Ethereumのクリエイター、Vitalik Buterinは、ゼロ知識の知識(zk-STARKs)と呼ばれる技術クラスを紹介するブログ記事を発行しました。ゼロ知識知識の簡潔な非対話型ARguments(zk-SNARKs)。

zk-SNARKs(これはEthereumに先行するが、Ethereumの文脈ではトランザクションを検証することができる)は、その匿名性を実現するプロパティの結果として、そのブロックチェーンの開発者のいくつかの注目を集めた。
現時点では、すべてのEthereum トランザクションに含まれる送信アドレス、受信アドレス、およびEtherの量は公開記録の問題ですが、zk-SNARKはこれらの3つのデータポイントを効果的に隠し、潜在的にプラットフォームをプライバシーに重点を置くユーザーに魅力的にします。

より大きな匿名性を可能にする機能の中には、非ゼロの「ランダムな秘密番号」の使用があります。トランザクションの証明者は、この数に2つの数学関数の積を掛けた後、検証者に結果値とランダムな秘密番号 この情報により、受信者ノードは、それについてほとんど何も知らないうちにトランザクションを検証することができる。

Ethereumでは、トランザクションをより迅速に検証する機能がより重要な問題になっているため、ブロックチェーンの開発者のいくつかは、拡張性を高める手段としてzk-SNARKを検討し始めています。zk-SNARKは、プライバシを強化する可能性に加えて、現在のプロトコルの容量に比べてトランザクションの検証時間を短縮するという利点を提供します。

ZK-Starksのは「いとこ」自分より有名なSNARKでこの機能を共有するが、Buterinによると、も取り組む彼らを含むいくつかの欠点、依存度「信頼のセットアップ。」さらに、彼は技術がSEが理論的であることを主張していて量子コンピュータの攻撃者に対して治します 

彼は、zk-SNARKの288バイトに比べてzk-STARKの証明サイズが「数百キロバイト」と推測していますが、信頼の最小化の必要性が高いパブリックブロックチェーンのアプリケーションでは、トレードオフは価値があると主張しています楕円曲線が崩れたり、量子コンピュータ  出現するならば 、最も確か "となるだろう

パワーポイントによると、文書のコンピュータサイエンスの教授イーライベン-Sasson、彼ZK-Starksのブログ記事で名前によるButerinのおかげによる「[計算整合性とプライバシー]システムがある透明セットアップし、すべての検証クエリは、公共ランダムコインがある場合。」この技術とは異なり、zk-SNARKSには「非透過セットアップフェーズ」が必要です

参考URL:https://www.ethnews.com/ethereum-creator-vitalik-buterin-explores-zk-starks-in-new-blog-post 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

11/27 ICOスタート!Blockchain時代の銀行として、Bankeraが登場!

Blockchain時代の銀行として、Bankera  は大手銀行が享受するスケールメリットを達成するために進んでいますが、ブロックチェーン技術の利点を活用しています。同社は既に、2017年11月27日にICOが開始されたときに、投資家に有利となる重要なインフラストラクチャーと金融サービスを提供しています。

Bankereraはすでに、MVP SpectroCoinを介して既に稼動しているため、正味取引収益の20%を基に、毎週2500万ユーロのBNKトークンを獲得したICOを締結しています。

SpectroCoinというブランド名で、Bankeraはすでに暗号化交換、電子財布、デビットカード、支払い処理サービスを運営しています。SpectroCoinは、400,000人以上のユーザー、63,000以上の支払いカード、毎日の平均金額580,000ユーロ、50人以上のブロックチェーン専門家の支援を受けて、Bankeraに顧客基盤を提供します。

そのため、SpectroCoinのバンキングサービスには、決済処理、デビットカード、グローバルな銀行口座、外国為替などが含まれているため、銀行向けの主要な金融インフラストラクチャが確立されています。

戦略的アプローチ

Bankerは、規模に焦点を当て、ブロックチェーン技術を使用してよりコスト効率の高いバンキングサービスを提供するために取引相手を取り除く、バンキングに対する戦略的アプローチをとっています。ほとんどの金融ブロックチェーンプロジェクトは、融資や送金などの1つの財務プロジェクトに重点を置いていますが、Bankeraは従来の銀行のようにワンストップ金融サービスショップとなる銀行の建設に重点を置いています。

同社には、ITインフラストラクチャの確立と、シングルユーロペイメントエリア(SEPA)での支払いを受け入れ可能なIBANを提供するための必要な規制があります。

これらの利点により、Bankeraは、コスト効率の高いグローバル銀行の電線と支払いカードに加え、競争力のある外国為替レートを提供することができます。この技術には、SEPA支払い、支払いカード統合、銀行元帳、Bitcoin、Ethereum、Dash、不正行為分析などが既に含まれています。NEMはすぐに来る予定です。

同社は、フラットおよびデジタル通貨のフルスペクトラムをサポートするための追加ライセンスを求め、仲介なしにクロスボーダー取引をサポートします。EUのSEPA、英国のファーストペイメント、カナダのETFなどの金融ネットワークに参加し、主要な決済カードスキームの発行者として機能します。

法人顧客の場合、Bankeraは支払い処理のために資金を拡張することによってキャッシュフローを改善する。

消費者にとっては、インフレに関連して自動的に調整を行う投資手段を創出する。

2月末まで2017年11月27日に予定されているICOは、Bankeraがサービスを拡大し、為替、支払い、貸付、投資などあらゆる分野の銀行と競争できるようにする資本を提供する。

カウンターパーティーの削減

Bankeraは、銀行取引に関与する取引相手の数を減らすことによって、銀行業務のコストを削減します。このような取引相手の削減は、消費者がメーカーから直接商品を購入する電子商取引ですでに発生しています。

同社は外貨換算に関わる顧客に銀行間為替レートを引き渡す立場にある。インターバンク為替レートは、ペイメントカードを使用して、また、世界中の送金や口座間の通貨の交換に利用できます。

Bankeraは当初、ビットコイン、Ethereum Dash、NEMなどのデジタル通貨と共に、USD、EUR、GBPなど20種類以上の通貨でウォレットを提供します。中央銀行がデジタル通貨を導入するにつれて、Bankeraはそれらにアクセスできるようになります。

新しいテクノロジーの助けを借りて、Bankeraは長期にわたる財政問題に取り組む予定です。一つの例は、消費者がインフレに追いつくために資金を投入できないことである。Bankeraは、低コストの為替取引による支払いを提供します。商人にとって、Bankeraは、あなたのクライアントと詐欺のスクリーニングソリューションと入金の資金調達を提供することによって、預金準備金や長期決済時間による詐欺、チャージバックリスク、資本停滞に対処します。

同社はすでに支払い機関(PI)ライセンスを取得しており、11月27日にICOが始まる前に、まもなく電子マネー機関(EMI)ライセンスを取得する予定だ。

トークンの利点

トークン所有者はBNKを使用してBankeraサービスを割引料金で支払う予定です。彼らは毎週BankeraとSpectroCoinの顧客が支払う正味の取引手数料の20%手数料を受け取る。

ICO期間中、全BNKトークンの30%が購入のために提供されます。二次コインを提供する参加者はまた、BNKトークンの30%を購入する機会があります。残りの部分は、報酬としてマーケティング目的で使用するために、従業員と顧問に配布されます。

pre-ICOとICOの合計ハードキャップは100億BNKです。ICO中にハードキャップに達していない場合、残りのトークンは比例配分でICO前およびICO参加者に配布されます。

参考URL:https://www.cryptocoinsnews.com/bankera-bank-blockchain-era/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング
●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ブロックチェーン活用でハッカー攻撃対策に新たな手法

114 


「友は近くに置いておけ。敵はさらに近くに置いておけ。」とはよく言われるが、これはブロックチェーン ― 特に新しいプラットフォームのもの ― でも正しいと証明されるかもしれない。すでに報じられているように、最近ビットコインから分岐したビットコインゴールドは、取引が始まったその日にDDoS攻撃を受けた。

ビットコインゴールドの公式ツイッターアカウントによると、同コインが軌道に乗り始めたところに、プラットフォームは毎分1000万件ものリクエストの集中攻撃を受けた。そのため、ウェブサイトは取引開始日のほとんどの時間停止し、完全に機能するようになるまで数日を要した。

これは17年第2四半期に起きた、相当な額の仮想通貨が盗まれ、ホワイトハットハッカー(ハッカーの中でも、コンピューターやネットワークに関する高度な知識や技術を善良な目的に活かす者)が救いの手を差し伸べた他のハッキング事件に続く事件となった。

DDoS攻撃への対応策としてのブロックチェーン

ビットコインゴールドの問題点はバンド幅、つまり、ウェブサイトのデータ処理能力だった。単純に、ビットコインゴールドのウェブサイトには、毎分1000万件のリクエストを処理するために必要なバンド幅がなかったのだ。

ブロックチェーンがもたらす分散化は、バンド幅をプールし、これを売り出す方法を作り出した。結局のところ、自宅でインターネットを使うユーザーは、彼らが毎月支払っているバンド幅のほんのわずかしか使わない。ブロックチェーンを通じてバンド幅はプールされ、DDoS攻撃からの保護を求める会社へと売却される。ハッキング専門家のダアン・ペピジン氏(Daan Pepijn)は次のように語る。

DDoS攻撃の際、予備のバンド幅はゾンビマシーン(悪いハッカー達が乗っ取ったのと同じ機械)から発生する交通渋滞を逸らし、緩和させる。これにより、コンピューターと早いバンド幅そして予備のバンド幅を持つ誰もが、世界的そして地域的なDDoS軽減ノードのプールに貢献するために、余分なバンド幅を貸し出せるだろう。

バンド幅のニーズの分散化と余剰分のプールにより、会社は有効的に、将来的な攻撃のための資源を集めることができる。ブロックチェーンがもたらす解決策がなければ、ビットコインゴールドが受けたような攻撃は常に機能停止を生じさせてしまうのだ。

善良なやつらのやる気を起こさせる

ブロックチェーンは、悪いハッカーからプラットフォームを守ろうとしているホワイトハットハッカーのやる気を起こすためにも使われている。バグ発見報奨金を出すことで、会社は敵を友人の輪へ引き込み、プラットフォームの潜在的な弱点を見つけ、突破し、解決できるシステムを作ろうとしている。

例えばダッシュというデジタル通貨は最近60000人のホワイトハットハッカーのグループを使って、ブロックチェーンを徹底的に分析しバグを探した。このプロセスは、はるかに安全な仮想通貨のブロックチェーンシステムをもたらした。

他の仮想通貨プラットフォームも、悪いハッカー(ブラックハットハッカー)から自身を守るために、この「善良な」ハッカーを雇おうとしている。技術プロバイダーは、分散化されたブロックチェーン・プラットフォームを通じてバグを追跡するようホワイトハットハッカーを奨励している。再度、ダアン・ペピジン氏(Daan Pepijn)はこう語る。

米バグクラウド社によると、企業は17年の初めから600万ドルを支払ってきた。この数字は16年全体よりすでに211%増えている。これは、論理的ハッキングのエコシステムの潜在力を明確にしている。

ホワイトハットハッカーを奨励することにより仮想通貨プラットフォームは、ユーザーを盗難から、そしてプラットフォーム自身を不名誉と大損失から守っている。他の業界と同様に、ブロックチェーンはそのような保護の基盤となるようだ。ブロックチェーンはホワイトハットハッカー達とDDoS保護の間に、数年前まで考えられなかったようなハッキング事件への解決策を提供しているのだ。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/how-blockchain-wouldve-saved-bitcoin-gold-can-stop-hackers 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング