Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

アルゼンチンに本拠を置くeコマースベンチャー、MercadoLibreは、PayPalから7億5000万ドルの投資

2 


アルゼンチンに本拠を置くeコマースベンチャー、MercadoLibreはCrypto関連のリスト掲載を同社のプラットフォーム上で禁止すると発表したこの禁止は、ラテンアメリカの会社がPayPalから7億5000万ドルの投資を受け取ったわずか数日後に行われました。どうやら、MercadoLibreはすべてのプリペイドギフトカードや、ゲームで使用されているデジタルアセットもすべて禁止します。

電子商取引プラットフォームは、明日(2019年3月19日)禁止が効力を発することを述べている顧客に電子メールを送りました。

暗号通貨の自動化ライブラリ

MercadoLibreについて

1999年に設立されたMercadoLibreプラットフォームは、eコマースとオンラインアクションに特化したオンラインマーケットプレイスを運営する会社です。同社は非常に人気があり、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ボリビア、ペルー、メキシコなど10カ国以上で事業を展開しています。

MercadoLibreの最高マーケティング責任者であるSean Summersによると、PayPalとMercadoLibreの間の取引は、両社の運営チーム間のコミュニケーションチャネルへの道を開くものです。

彼は言った。

「PayPalのグローバルなノウハウがMercadoLibreの地域のノウハウをどのように補完するかを理解するために、コラボレーション分野を特定します。」

PayPalのCEO、Bitcoinと他のCrypto Coinsを控えた元PayPalのCEOであるBill Harrisは、Bitcoinが「史上最大の詐欺」であると考えており、さらに「ゼロに近づく」ことを続けています。

昨年のCNBCへのインタビューで、Harrisは次のように大胆に述べています。

「Bitcoinのカルトは多くの主張をしています:それは即時で、無料で、拡張可能で、効率的で、安全で、世界的に受け入れられ、そして役に立つ…それはそれらのどれでもありません。」

現CEOのDan Schulmanは最近、スイスで開催された2019年の世界経済フォーラムで、Bitcoinの大量販売者採用に関する疑念を表明しました。Schulmanによると、Bitcoinだけでなく、すべての暗号通貨全般を受け入れている小売業者はほとんどいません。しかし彼は、「基礎となる技術は興味深い」と考えていると付け加えます。

「私は、暗号は実際には通貨ではなく、ブロックチェーンを実装するためのより多くの報酬メカニズムであると常に考えてきました」と彼は言い​​ました。

2人のCEOの意見に反して、アナリストのLisa Ellisのような他の暗号ブルズは、暗号が確かにVisa、PayPalなどのような主要な遺産支払いを妨害する能力があると信じている。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/mercadolibre-bans-crypto-following-paypals-investment/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

IBMが●●と提携!!! 医療保険業界向けブロックチェーン・システムを開発へ

1 

米国を拠点とする大手医療保険会社エトナと他3社が、医療保険業界のニーズに合わせたブロックチェーン・ネットワークを構築するためにIBMと提携した。1月24日付けのIBMのプレスリリースで明らかとなった。

世界中で3,900万人を超える顧客を抱えているとされるエトナはIBMと共同声明を発表し、両社はディレクトリ管理はもちろんのこと、保険金請求処理と支払いを合理化するためにブロックチェーン・システムを設計する。

エトナに加え、米国の金融サービス会社であるPNC銀行、米国で業界第4位の医療保険会社で1500万人以上の会員を擁するヘルス・ケア・サービス社と、米国内で4000万人以上の人々が加入している医療保険会社であるアンセム社の3社も参加する。

PNC銀行の財務管理部門の役員であるクリス・ウォード氏はロイターに対し、ブロックチェーン・ソリューションを導入することで、「業界がこれまで頭を悩ませてきた、軋轢、重複、管理コストを解消できる」と述べている。

今後数ヶ月のうちに、更に多くのメンバーが医療保険および技術部門からプロジェクトに合流する見込みであるという。

昨年エトナは、データの完全性、安全性、費用の効率化の向上を図るためのブロックチェーン・ソリューションを試験的に運用する業務提携を行っている。この取り組みには、米国の非営利法人の医療保険会社であるアセンションも参加している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/insurance-giant-aetna-partners-with-ibm-on-blockchain-network-for-healthcare-industry 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

暗号通貨は基礎テストに不合格だが銀行はFinTech企業との競争激化に直面

世界の伝統的な銀行システムに深く関わっている人々が、暗号化を軽視しているのは秘密ではありません。これは、比較的若い技術が伝統的な銀行の考え方に挑戦する多くの方法によるものと思われます。

暗号通貨市場について少々慎重な意見を述べながら、イングランド銀行総裁のMark CarneyのシニアアドバイザーであるHuw van Steenisは、暗号通貨は堅実で成功した金融ツールを示す基本的なテストに失敗すると語った。

この評価は退屈なものですが、FinTech企業の絶え間なく進歩するイノベーションは、多くの伝統的な銀行がますます多くの競争を目にするようになっています。その多くはRobinhoodやRevolutのような暗号に優しい企業から来ています。

Van Steenis:私は暗号通貨について心配していない

暗号通貨の多くの支持者は、それがいつか銀行を含む世界の伝統的な金融システムが機能する方法を劇的に変えることができると信じています。ビットコインのような分散通貨の性質は、それらが世界規模で広く採用されるのであれば、かなりの量の力を機関から個人の手に移すでしょう。

そうは言っても、Van Steenisは 、最近のスイスのダボスでのインタビューで、ブルームバーグに、「金融サービスの基本的なテストに失敗しているので、伝統的な金融機関に脅威を与える暗号通貨についてはまったく心配していない」と語った。

「暗号通貨についてはそれほど心配していません。彼らは金融サービスの基本的なテストに失敗します。彼らは大きな交換の単位ではなく、価値を持たず、そしてより遅くなります」とVan Steenisは説明しました。

伝統的な銀行と競合しているフィンテック企業

Revolutは最近規制当局からヨーロッパの銀行免許を取得しました。

Van Steenis氏はさらに、現時点でのイングランド銀行(BOE)の最大の関心事は、新しいテクノロジーベースの銀行システムへの参入者を規制する方法であると付け加えた。

銀行業界に参入し、顧客が銀行サービスとやり取りする方法を急速に変化させているFinTech企業の例はRobinhoodとRevolutであり、どちらもデジタルツイストで従来の銀行サービスの提供を急速に拡大しています。

Revolutは、最近  規制当局からヨーロッパの銀行ライセンスを付与されました。これにより、ヨーロッパの顧客に従来の金融機関で通常見られる大量のデジタルバンキングサービスを提供できるようになります。

RobinhoodとRevolutはどちらもユーザーにさまざまな暗号通貨を購入するためのゲートウェイを提供することに注意することが重要です。現在、RevolutはユーザーにBitcoin、Bitcoin Cash、Litecoin、Ethereum、XRPを含む5つの暗号通貨へのエクスポージャーを取得する機能を提供しています。

これらのデジタルバンキングサービスが勢いを増し、顧客基盤を拡大し続けるにつれて、暗号通貨にかなりの量の投資家がもたらされる可能性があり、ツールと投資の両方としての有用性がさらに検証されるでしょう。

Van Steenis氏は、従来の銀行が、FinTechベースの銀行と同じくらい迅速にイノベーションとデジタル化に失敗した場合、顧客を失う可能性があると述べた。

「Fintechsと会うときに私が気に入っているのは、顧客へのこだわりです。課題は、伝統的な銀行が革新する前に顧客を獲得することである」と彼は述べた。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2019/01/23/boe-advisor-crypto-fails-fundamental-tests-but-banks-face-growing-competition-from-fintech-companies/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨リップルやIINに対抗か SWIFT 新たな送金システムを構築

1 


国際銀行間金融通信協会(SWIFT)が、クロスボーダーでの送金のスピードを高め、エラーを少なくするため新たなシステム構築に向けて動き出しているとフィナンシャル・タイムズが5日に報じた。ブロックチェーン企業のリップルや米銀大手JPモルガン・チェースのIINなど新たな国際送金サービスが台頭する中、設立から40年以上が経過したSWIFTも体制の立て直しが迫られているようだ。

記事によると、SWIFTの新たなシステムは、APIを基盤にする。必要なデータのアクセスは2者間で行われ、ブロックチェーンを基盤にする時のようにネットワーク全体を信頼する必要がないという。また、最近は多くの銀行がAPIを使ったデータのシェアを進めていることから、ブロックチェーン基盤のソリューションより実現が早いとみられている。

SWIFTは1973年に設立。SWIFTが提携する金融機関は世界200カ国に1万1000あり、金融システムの遺産的な存在だ。ただ、送金スピードが遅く数日かかることが批判の的となっており、この問題を解決するブロックチェーン企業としてリップルやIINなどへの注目度が高まっている。

リップルは、送金完了に数秒しかかからず、「銀行はリップルを通して60~70%のコスト削減することが可能」。現在、リップルのxCurrentは100社以上の金融機関と提携。仮想通貨リップル(XRP)の利用が義務となるxRapidも10月に商業利用がスタートしたと発表された

またIIN(インターバンク・インフォメーション・ネットワーク)は、米銀大手JPモルガン・チェースが開発したブロックチェーンを基盤に動く銀行間送金ネットワーク。JPモルガンは、9月にみずほ銀行、りそな銀行、三井住友銀行などが75行が参加すると発表した。マネーロンダリング(資金洗浄)対策に必要な情報の照会手続きを早めることで、国を超えた銀行間での送金スピードをあげる狙いだ。

ただ、ブロックチェーンの信頼性の欠如を重くみるレポートも発表されている。

大手会計事務所のPwCは、ブロックチェーン基盤のプラットフォームではすべての参加者がリアルタイムで分散型台帳に共有された情報を見られるため、信頼の欠如がブロックチェーン発展の妨げになる分析している

そうしたリスクをヘッジしてか、JPモルガンは、IINを立ち上げつつSWIFTの新たなシステムにも参加しているそうだ

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/swift-is-working-on-a-new-cross-border-payment-system 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨取引所バイナンス:独自のブロックチェーン「バイナンス・チェーン」、「今後数ヶ月中に」立ち上げ

1 


世界最大の取引高を誇る仮想通貨取引所であるバイナンスは、12月4日、今後数ヶ月の間に独自のブロックチェーンである「バイナンス・チェーン」を立ち上げることを同社のツイッターで明らかにした。

そのツイートによれば、バイナンスが支援するこの新しいブロックチェーンは、新しい仮想通貨とイニシャル・コイン・オファリング(ICO)のトークン発行のための基盤を提供することを目的としているという:

「バイナンスは、ブロックチェーンの導入を推進しており、業界の発展に多大なる貢献をしている。その一例として、何百万ものプロジェクトが簡単にトークンを発行できるバイナンス・チェーンを今後数ヶ月のうちに立ち上げるための準備に取り組んでいることなどが挙げられる」

フォーブス誌によると、最近シンガポールで開催されたフォーブス・アジア主催の非公開のイベントで、バイナンスがその計画を発表したという。「ビジネスのためのブロックチェーンを読み解く」イベントでスピーチしたバイナンスのCEOであるジャオ・チャンポン氏(趙長鵬、通称CZ)は、新しい計画により、世界規模での仮想通貨導入の拡大につながることを期待していると述べている。

根本的な「決済方法の増加」を達成については、これまで軌道に乗らなかったこともあり、今後「その分野に本腰を入れて行く」つもりであるとCZは述べている。

このニュースを執筆したフォーブスのマイケル・デル・カスティーヨ氏は、「何百万もの仮想通貨と何千ものブロックチェーン」が存在するようになるであろうと期待する、とツイッターで述べている。

CZは、11月8日、最近取引高が約50%減少したほか、今年の仮想通貨市場の深刻な低迷にもかかわらず、バイナンスの業績は依然として「とても安定している」明言しているまた同氏は、現在のバイナンスの取引高は、2018年1月時点での取引高のわずか10%であるが、その数字は依然として「2、3年前」より高い水準にあり、同社のビジネスは「まだ利益を上げている」と述べている。

最近、バイナンスはウガンダで、法定通貨サポート取引所を立ち上げており、同社の顧客は、2つの主要な仮想通貨であるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を現地の法定通貨であるウガンダ・シリング(UGX)で購入することが可能となっている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/binance-to-launch-its-own-blockchain-binance-chain-in-coming-months 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング