Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

中国政府がガンガンブロックチェーン技術に力を入れてきています。

1 

地方金融当局と政府出資の研究センターは、商業ブロックチェーンを持つために、中国国務院によるブロックチェーンの研究開発に関するガスを打つよう求められている。

公式の声明によると、この国の中央行政部は、広東省パイロット自由貿易区の改革を続けるために続くいくつかの戦略を考え出した。

"広東省の地域株式市場を構築するには、資本市場の開放、香港、マカオ、国際投資機関のタイムリーな導入に応じて取引に参加する。法律遵守の前提として、金融技術を積極的に開発し、ブロックチェーンと大規模データ技術の研究と応用を加速します」と、この声明は述べています。

政府は、前述のゾーンで分散帳票技術(DLT)がどのように、またどの程度まで使用されるかに関する情報は明らかにしていないが、中国の中央権力が所望のレベルのブロックチェーン使用を達成しようとしているトップレベルの公式文書を介して公開することで、このようなことを初めて行ったのです。

ブロックチェーンの研究開発

広東省自由貿易区は香港とマカオの間に位置する広東省内の区域であり、現在は71のブロックチェーンの新興企業があり、この技術の研究開発を奨励している。さらに、このパイロットゾーンには、第4次産業革命で利用できる革新的な技術に取り組む他のプロジェクトもあります。

それ自身の条件で

アジア諸国は、新興技術の採用によって特徴づけられましたが、もともと考えられていた技術を完全に採用するわけではありません。むしろ、それらを研究したり、少し変更したり、新しいものを作成することもできますが、それらの影響を受けて、独自のソブリン技術としてリリースします。その例としては、世界的に人気のあるソーシャルメディアネットワークのTwitter、YouTube、Facebookのメッセンジャーの中国版があり、それぞれWeibo、Tudou、WeChatです。

もちろん、ブロックチェインは別のものではありませんでした。中国政府は、最近のクリプトカルト、取引所、ICOの摘発にもかかわらず、この技術の開発を促進することを熱望してきた。その例としては、NEJ、Qtum、VeChainがあります。これはXi Jinping政権の厳しい手前で幸運だったのです。

結局のところ、中国はブロックチェーン開発車のガスに突入しており、この暗号世界では参考になることが加速しています。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/chinese-government-results-in-blockchain/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ソフトバンク→ブロックチェーン

1 


ソフトバンクは29日、ブロックチェーンを基盤とした高セキュリティの認証ソリューションを、米国のスタートアップ企業クラウド・マインズ・テクロノジーと共同開発したと発表した。

 クラウドマインズのブロックチェーンベースのデバイス認証と、モバイルキャリアのユーザー認証を組み合わせた。モバイル端末固有のIDと、所有者情報をブロックチェーン上のIDに関連付けることにより、モバイル端末の所有者を認証する際の安全性を確保。ユーザーは、ユーザーIDやパスワードを入力することなくウェブサイト上のさまざまなサービスにログインできるようになる。

 同ソリューションのフレームワークには、DDoS攻撃対策が可能なSDP(software defined perimeter)プロトコルを採用。ソフトバンクは、これにより高セキュリティなID管理共通基盤を提供できるとしている。

 共同開発で採用したクラウドマインズのPermissioned Chain(CMPC)技術は、コンセンサス方式にLegitimate Proof of Work(LPOW)を使用している。これは膨大な計算能力を必要とせずに51%攻撃を防止する仕様という。

 クラウドマインズは人工知能(AI)やクラウド技術などを得意とする中国発のスタートアップで、ソフトバンクグループが投資している。現在の本社は米国カリフォルニア州にある。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/softbank-developed-certification-solution-with-blochchain 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

バンク・オブ・アメリカは許可されたブロックチェーン特許を所得!

金融機関はブロックチェーンに細心の注意を払っている。過去数週間および数ヶ月にわたって、さまざまな特許出願が公開されています。バンク・オブ・アメリカは、ユーザーが特定のブロックチェーン・ネットワークにアクセスできるようにすることに関して、最近特許を取得しました。財務部門を公的能力に分散帳簿を組み込むことに近づける顕著な発展。


バンク・オブ・アメリカのブロックチェーン特許

ブロックチェーンのさまざまなユースケースが金融部門に存在します。将来的には数多くのオプションを検討する必要があります。バンクオブアメリカは、分散検証ネットワークを使用して、セキュリティの管理とリソースへのアクセスに取り組んでいます。分散型帳簿技術の広範な適用の間、BoAはこの特定の実装について真剣であることを確認します。

これを視野に入れるために、特許は特定のユーザーに有効な許可を提供する。データブロックにデータを格納することで、システムを完全に自動化することができます。したがって、問題のネットワークは、すべてのユーザーの活動を追跡するだけでなく、アクセスを許可する責任も負います。この元帳に記録されるデータの種類は、この段階では不明です。

バンクオブアメリカがブロックチェーンの特許を提出したのは初めてではない。金融会社は、このような特許をかなりの期間手に入れています。現段階では、独自の元帳技術には実際の使用例はありません。それでも、日常的に機密情報を扱っています。分散型の技術によって動かされる不変の記録を持つことは、長期的にはいくつかの肯定的な進展をもたらすことができる。

別の許可された元帳

金融部門は主に許可されたブロックチェーンに関心があることが明らかになりました。バンク・オブ・アメリカは、ユーザーが第一にアクセスを要求する必要があるエコシステムを構築しています。このアクセスに指定された理由によって、要求は限られた時間だけ許可されます。それは業界全体にとって積極的な発展です。伝統的なデータストレージソリューションは、集中化された性質のため、ハッキングや悪用の傾向があります。

特許は常にブロックチェーンの世界では議論の余地のあるトピックです。独自の技術はいかなる状況下でも特許を取得する必要があります。しかし、ブロックチェーンの分散した性質は、その考えをいくらか逆効果的にしていると思われます。バンク・オブ・アメリカのような機関にとっては、通常の業務秩序です。このように、銀行はブロックチェーン関連の特許を引き続き提出する可能性が高い。

この技術が現実の世界で使用される時には、決定する必要があります。この特定の特許関連のブロックチェーンベンチャーの正確な性質は不明である。バンク・オブ・アメリカは、他の機関と並んで、遅くに分散帳簿に関心を示しています。ゆっくりと、しかし確かに、金融セクターはこの新しいインフラに温暖化しています。それを既存の金融サービスや商品に組み込むことは依然として課題です。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/05/23/bank-america-secures-another-permissioned-blockchain-patent/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

起業したい人は必見!ブロックチェーン技術がもたらす5つの恩恵を紹介

1


ブロックチェーンにより起業家がウケる恩恵

起業家が教育を受けることができる

あらゆるバックグラウンドを持つ人々が、ますます起業に興味を寄せています。しかし、彼らの多くは正式な機関から教育を受ける時間がありません。例えば、9時から5時まで働く人がMBAプログラムに入学することは現実的ではありません。教育を受けることは“MUST(必須)”ではありませんが、“BETTER(より良いこと)”ではあります。

このような問題を解決するプロジェクトに「SuccessLife」があります。SuccessLifeは「人生を変える教育の世界的プロバイダになること」を理念にしており、ビデオコンテンツやデジタルコース、個人指導を提供しています。ブロックチェーンを利用することで、プロジェクトの信頼性を高めるだけではなく、コストを削減することができます。

SuccessLife公式出典:SuccessLife

ICOにより資金調達ができる

ICO(Initial Coin Offering)による資金調達は、起業家にとって非常に重要です。2017年のICOによる資金調達額合計は、約56億ドルです。これは衝撃的数値だと思っています。今まで、起業家が従来の方法、例えば①銀行融資、②VC(ベンチャーキャピタル)、③個人投資家、から資金を得ることは煩雑であるだけではなく難しい方法でした。一方、ICOは「いつ」「誰が」「どのように」資金を調達するかを開示するだけで、資金を調達することができるのです。

「Acorn Collective」は、スタートアップがクラウドファンディングによって資金を集めることを支援するプロジェクトです。これらは、ブロックチェーンを活用して透明性と安全性を確保して、世界中からアクセスできます。筆者の予測ですが、スタートアップを支援するかを判断するために審査を設けているようですので、詐欺のような案件がICOと比較して、少なくなるのではないかと予想しています。

Acorn Collective公式出典:Acorn Collective

ユーザーフレンドリーな財務/会計ツールを使える

近頃では、仮想通貨を使用しているベンチャー企業も少なからずいます。しかしながら、いくつもの法定通貨と仮想通貨を管理することは、非常に手間がかかる作業です。

「Zerta」という、起業家と開発者のチームにより誕生した次世代の取引プラットフォームが存在します。このプロジェクトでは、ウォレット内にある仮想通貨と銀行内にある法定通貨を、単一のエコシステムに接続することができます。UI/UXにこだわりがあるらしく、使い勝手の良いサービスになりそうです。

顧客のロイヤルティを高める

顧客のロイヤルティ(顧客が企業や商品、サービスに対する信頼や愛着)を高めることはどのビジネスにおいても定石です。そのため、多くの起業家が健全な顧客とのつながりを生み出すことに四苦八苦しています。しかしながら、それらを実現することは、簡単ではありません。なぜなら、技術的問題や商取引上の困難を解決するだけではなく、顧客を追跡して管理することが求められるからです

ブロックチェーンは、起業家が「顧客ロイヤルティプログラム」を開発して、リピート顧客に特別なインセンティブを与えることで、親密な関係を築くことを支援する理想的ツールです。ブロックチェーンは、顧客とのやりとりを追跡して、顧客のロイヤリティステータスを適宜、調整することができます。例えば「Blockpoint」は、ブロックチェーンに基づき、ロイヤルティプログラムの設定や変更することが可能になります。

Blockpoint公式出典:Blockpoint

信頼できる契約を作成できる

起業家はビジネスを進める上で、さまざまな契約を締結します。ただ、必ずしも法律的な保証に基づくモノだけではなく、時には非公式で契約を結ぶ場合もあります。しかし、それらは将来的にリスクになります。例えば、製造業者との非公式契約が崩壊すると、製品の販売が中断され、法的にそれを違法とできません。

そこで、ブロックチェーン技術が役に立ちます。それは起業家に対して、法律に基づく信頼性のある契約をお手頃に結ぶことができる選択肢を提供します。例えば「DocTailor」は、ブロックチェーン上で法的な契約を結び、それらをカスタマイズするためのツールを提供しています。

DocTailor公式出典:DocTailor

起業 × ブロックチェーン

本記事では、起業をしたいと考えている人々が、ブロックチェーン技術を利用することで、さまざまな恩恵を受けることができることを伝えると同時に、起業を考えていなかった人々も「これなら自分でもできるかも?」と考えさせる狙いがありました。もし、お役に立てたなら非常に嬉しく思います。

参考資料:https://coinchoice.net/blockchain-startup-5points/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

シンガポール金融管理局がブロックチェーン採用を先導、銀行間送金アプリなど多数開発へ

1 


ブロックチェーン・DLT技術による銀行間送金「プロジェクト・ウビン」支援

MASのラビ・メノン局長によると、シンガポールには現在50社ほどのスタートアップ企業があり、ブロックチェーン中心のシステム上で機能している。ブロックチェーン・エコシステムがこれら企業を支援し、シンガポールの大学はブロックチェーン技術を学び、ベンチャーキャピタルは熱心に投資、大手テクノロジー企業はブロックチェーンを有効に利用する道を探っている。

MASはさらに2016年、フィンテック企業R3と提携して、ブロックチェーン/分散型台帳技術(DLT)を活用する銀行間送金プロジェクト「Project Ubin(プロジェクト・ウビン)」を開始した。その目的は、金融取引と処理の費用対効果を上げ、弾力性と透明性を増すことだ。「Project Ubin」は、MASを中心にしてコンソーシアムを結成し、クレディ・スイス、DBS Bank、シンガポール証券取引所、メリルリンチなどが参加している。

MASのチーフ・フィンテック・オフィサーであるソプネンドゥ・モハンティ氏(Sopnendu Mohanty)は2017年10月、シンガポールは新規テクノロジーの採用に進歩的戦術を採用していると語っている。MASは、ブロックチェーンと仮想通貨業界に対して、そのスタートアップ企業とICOに関連する状況について、「現実的姿勢」を採用している。シンガポールは今や、中小企業に有利な環境と技術革新で国際的に知られている

シンガポールは、仮想通貨に関する法律は施行していない。一方、銀行は危険性があれば、仮想通貨に関連する業務活動を規制する。

シンガポール金融管理局が東南アジア諸国の金融包摂向上を支援

シンガポール政府は他方、東南アジア諸国向けの金融包摂を向上する目的で、ブロックチェーン技術の開発を進めている。5月初旬に開かれたASEAN財務相・中央銀行総裁会議でシンガポールのヘン・スィーキェット財務相は地域の金融アクセスを向上するため、ブロックチェーンなどのイノベーションを高める政府計画を明らかにした。

同財務相は「われわれは特に、フィンテックのようなデジタル・イノベーションを支援する。例えば、分散型台帳技術は、安価で確実な取引のための多くの機会を与えてくれる。これによって、満たされず、銀行口座のないASEAN諸国の人々への金融包摂が促進される」と力説した。

フィンテック特許申請に迅速承認制度を導入

シンガポール知的財産局(IPOS)は、特許申請・処理手続きを簡略化して、フィンテク企業が早期に特許を取得できる政策を執っている。IPOSによれば、これまで最低2年はかかっていた特許取得が、6ヵ月で認可されるようになっている。シンガポール・フィンテック協会のChia Hock Lai会長は「シンガポールのフィンテック部門は急成長している。特許申請手続きが早まれば、企業はより早く製品を市場に出すことが可能になる」と語った。

MASのモハンティ氏は「製品化までの時間が極めて重要な業界では、フィンテック特許の迅速承認制度によって、製品とサービスをこれまで以上に迅速に商品化することができる。特許の高速処理によってシンガポールは、フィンテック企業にとってより魅力的な目的地になり、シンガポールの力を一段と強化することになる」と語っている。 

参考資料:https://coinchoice.net/singapora-blockchain-lead/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング