Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

AIとブロックチェーン、VRが融合──2024年は「技術的収束」が可能性の限界を拡張する


AIとブロックチェーン、VRが融合──2024年は「技術的収束」が可能性の限界を拡張する

2023年は人類の歴史において、未来が推測の域を脱し、具体的な現実となった年として記憶されるだろう。

かつてはSFの世界に限られていたAI(人工知能)が、人類の多様な言語に堪能な多面的なツールに開花した年だ。バベルの塔の伝説を逆にしたかのように、AIは言語の架け橋となり、我々を普遍的な理解に近づけた。

それと同じ年、ブロックチェーンテクノロジーは、目に見えないが宇宙の基礎となっている力のように、私たちのデジタル宇宙に静かに浸透していった。我々のバーチャルな財産に安全な基盤を提供しつつも、その複雑な内部構造を我々が理解する必要はなかった。

仮想世界も2023年に大きな転換期を迎えた。2022年、メタバースに最初は興奮、その後落胆させられた後、事態は再び好転し始めた。この変化はハードウエア企業の進歩のおかげだ。まるで「空間コンピューティングのiPhone」とでも呼ぶべき、デジタル世界に私たちが触れたり感じたりできるような形で生命を吹き込むことができるものを、我々は手に入れようとしている。

こうした進化はそれぞれ独自のものではあるが、孤立して起こったものではない。別々の技術的な道筋が交差し、互いに影響し合いながら、統一されたイノベーションのタペストリーを織り上げるという、「技術的収束」と呼ばれる概念の新しい成果だ。

この収束は単なるテクノロジーの融合ではなく、デジタル世界の体験を強化し、拡大し、再定義する調和だ。

2024年を迎えるにあたり、AI、ブロックチェーン、VR(バーチャルリアリティ)のシームレスな統合が、無限の可能性とかつてないデジタルインタラクションの未来の到来を告げる新時代が幕を開けようとしている。

AIとメタバースの融合

興味深いことに、この融合はそれを支えるハードウエアそのものに根ざしている。リッチな仮想空間をレンダリングするGPUは、AIモデルを訓練するものにも使われている。並列コンピューティングが可能なGPUは、AI開発において非常に有用であるだけでなく、メタバースの複雑な環境に生命を吹き込むこともできる。

この相乗効果は、エヌビディア(Nvidia)のようなGPUメーカーの価値が急上昇していることからも明らかで、AIと仮想現実テクノロジーが相互に絡み合って成長していることを浮き彫りにしている。

2024年に向けて、AIとメタバースの融合は、我々の技術的旅路における極めて重要な展開として迫ってきている。我々は、AIがメタバースにおける創造行為を変革することを目の当たりにしようとしている。

我々は来年、AIが現在の能力を超えて進化し、クリエイターが自然言語だけで広大な仮想世界を作り上げることが可能になると予測している。メタバースはもはや、3Dモデリングやアニメーションの複雑なスキルを必要としなくなり、代わりにAIによって生命を吹き込まれた人間の創造的な思考のインパルスに反応するようになるだろう。

未来の信頼アーキテクチャ

2023年はブロックチェーンにとって試練の年となり、業界は法的な苦難や倒産劇などを乗り越えてきた。こうした試練は、偉大な技術進歩の成長痛を彷彿とさせ、ブロックチェーンの成熟を告げるものだった。

法的な大混乱の中でも、ブロックチェーンの本質である資産所有のデジタル化は毅然とした態度で無傷で立ち向かい、技術革命への歩みを続けた。

我々はブロックチェーンが、電子メールやインスタントメッセージを動かす、目に見えないが重要なプロトコルのように、インターネットの中に溶け込んでいくと予測している。

この融合により、ブロックチェーン資産はデジタル領域のネイティブな要素となり、不可欠だが、最も重要なことに、ユーザーには見えないものとなる。

ブロックチェーンとのインタラクションは、電子メールを送ることと同じくらい簡単になり、その複雑さは隠され、その有効性とセキュリティは広く普及していく。このような未来において、ブロックチェーンは単なるテクノロジーではなく、デジタルな信頼と所有権の無言の自律システムとなる。

VRとメタバースの相乗効果

VR(バーチャルリアリティ)は2023年、人間とコンピュータのインタラクションにおける次なるフロンティアへと地位を高め、デジタルコミュニケーションにかつてない能力を提供し、プレゼンス(存在感)の本質を体現している。

この飛躍は、Meta Quest 3のリリースや、アップルや任天堂からの待望のVRヘッドセットなど、大手ハードウエアメーカーの進歩によって推進されてきた。

この領域における一歩一歩の歩みは、単なる技術的進歩ではなく、デジタル領域に対する私たちの認識やデジタル領域とのインタラクションそのものを再定義する。

2024年に向けて、我々は空間コンピューティング業界の決定的な瞬間を迎えようとしている。NBAの決勝戦のようなイベントを、スタジアムの一番いい席で、家にいながらにして体験できるというユースケースは、多くの人の想像力をかき立てるだろう。

物理的な世界とデジタルの世界のブリッジとなるこのような体験はおそらく、アーリーマジョリティに広く普及するきっかけとなるだろう。VRの前途は長く、可能性に満ちているが、AI、ブロックチェーン、高度なハードウェアといった技術の融合が劇的な変化の舞台を整えつつある。

文化的・経済的インパクト

デジタル進化のストーリーにおいて、Z世代は新たな文化的時代の先駆者として台頭する。VRが空気と同じくらいリアルな世界に生まれたデジタルネイティブたちは、技術的収束の産物に完全に浸る最初の世代だ。

ミームやデジタルアイテムを作るという遊び心にあふれた実験的な彼らの最初の取り組みは、より深く、より重要な変化への序章にすぎない。

AIとメタバースによって形作られたツールをすぐに使える彼らは、テクノロジーをただ利用するだけでなく、それを作り変え、デジタル宇宙を彼らの想像力に合わせて思いのままに変化させている。

我々は、このような若い頭脳が新しい領域の中で、単に創造を受け入れるだけでなく、そのテクノロジーを使いこなすことを目の当たりにしている。

彼らは、ユーザーが生成したコンテンツが単なる娯楽ではなく、新たな経済的フロンティアとなる世界のパイオニアだ。

彼らの手にかかれば、創造性と革新性は表現以上のものとなり、新しい形の価値と影響力を解き放つ鍵となる。かつてコーディングや法的な複雑さを理解した選ばれし一部の人々が握っていた権力は、いまや若々しいクリエイターたちの手によって民主化され、デジタル領域の限界は想像力だけという未来の到来を告げている。

2024年の展望

2024年が近づくにつれ、我々はテクノロジーの変革期を迎えている。AI、ブロックチェーン、バーチャルリアリティの融合が新たなデジタル環境を作りつつある。この融合は単なるテクノロジーの混ざり合いではなく、デジタル領域との関わり方における革命だ。

AIの進化はメタバースにおけるクリエイティブな可能性を再定義し、思考だけで環境を形成することを可能にする。

ブロックチェーンはデジタルな信頼の基本的なレイヤーへと進化し、資産の所有権をインターネットのシームレスな一部とする。

ブレイクスルーの瀬戸際にあるバーチャルリアリティは、デジタル空間におけるわれわれの感覚体験を根本的に変えようとしている。

重要なことは、この技術的相乗効果がZ世代の遊び場だということだ。彼らは単なるユーザーではなく、これらの領域を積極的に創造し、形成している。Z世代のテクノロジーとの関わりは、単なる娯楽ではなく、想像力が主要通貨となる新しい経済的・文化的風土を形成している。

この新しい時代には、デジタル世界の限界は私たちの創造力によってのみ定義され、イノベーションとインタラクションのためのこれまでにない道が拓かれる。

2024年はエキサイティングな旅の始まりであり、テクノロジーと想像力が融合し、可能性の限界を拡張する未来を約束している。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/214184/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

NBA選手らを惹きつける人気の「Friend.tech」、衰退が予想される理由

NBA選手らを惹きつける人気の「Friend.tech」、衰退が予想される理由

2週間前にローンチされた分散型ソーシャルメディアアプリ「Friend.tech」は、大きな人気を集め、激しい競争を勝ち抜けている。

NBA選手やeスポーツの大物が初期ユーザーとして名を連ね、ベンチャーキャピタル(VC)大手パラダイム(Paradigm)をシードラウンド投資家に抱えるFriend.techは、数字だけで判断すると登場からわずかな期間で、すでにフェイスブックやTikTokのようなビッグ・テックのライバルを引きずり下ろうとする暗号資産業界で最も成功した試みのひとつかもしれない。しかし残念ながら、だからといって今週末になっても注目に値し続けるとは限らない。

華々しいデビュー

すでに10万近いユニークアドレスがこのアプリとやり取りしている。しかし実際のところ、10万人に近いのか1000人なのか、それとも100人だけがFriend.techを利用しているのかはわからない。

多くの人は、将来のエアドロップの可能性を期待して急いでアカウントを作成したのだろう。いずれにせよ、Friend.techはすでに暗号資産業界に大きな影響を与えている。

例えば、20日には、わずか24時間で112万ドル(約1億6200万円、1ドル145円換算)の手数料収入を生み出した。8月11日にベータ版をローンチして以来では、合計で280万ドル(約4億600万円)にのぼる。これは同期間のビットコインネットワーク全体を上回り、Friend.techが基盤とする、コインベース(Coinbase)が開発したたイーサリアムのスケーリングレイヤー「Base」を、ここ数カ月、No.1の座を争ってきたライバルの、アービトラム(Arbitrum)とオプティミズム(Optimism)を上回り、最大の「レイヤー2」に押し上げるのに十分な数字だ。

暗号資産の世界では、このような急成長は明らかに誰かがリッチになっていることを意味する。このアプリ自体は、ツイッターのプロフィールに隣接する通貨レイヤーのようなもので、ツイッターのインフルエンサーが独自に発行するトークンを買いたいファンのために設計されている。私のような凡人でもアカウントを持つことができるが、「セレブ」と呼ばれる人々は取引手数料の一部を得ることができる。だが5%の取引手数料のほとんどをアプリが持っていくのだから、アプリが最大の勝者といえるだろう。

Friend.techは、簡単なUXとUIで暗号資産関係者の間ですでに称賛されている。開発者がウィンドウズ95からヒントを得ているようなこの業界では、UXとUIが長年の懸案事項。今のところモバイル専用だが、トークンを購入すればセレブにDMを送ることができる。イーロン・マスク氏のXがほとんどのユーザーのプライベートメッセージ機能を制限している今、ユニークなセールスポイントだ。

他の勝者は誰だろうか?

多くのアカウントはすでに、3ETH(~5200ドル)以上に上昇している。Friend.techを開発したと推測されている「Racer」のトークンは最も価値が高くなっており、150人近くがトークンを保有している。Cobie、Hsaka、Ansemのような他のツイッターインフルエンサーも負けてはいない。

分散型取引所(DEX)のユニスワップ(Uniswap)がこのイノベーションを解き放って以来、多くの暗号資産アプリと同様に、Friend.techもボンディングカーブアルゴリズムを使用して価格を設定している。これは買い手がいないときでも取引が可能な、数学を多用したシステムだ。

過去の失敗例

ボンディングカーブは、以前にも分散型ソーシャルメディアで試みられたことがある。主なメリットは経済的なものだ。理論的には、誰でも自分の評判を収益化できるようになり、トークン価格が、存在するトークンの数に比例して自動的に上昇するため、できるだけ早い段階で購入するインセンティブが働く。しかし、過去の実験は人々に嫌な印象を残してきた。

BitCloutを覚えているだろうか? 「クリプトスーパーサイクル」の末期に登場し、一時的な成功を収めたソーシャルメディアだ。後にDeSoと呼ばれる本格的なブロックチェーンにリブランディングされ、拡大したこのアプリは、独自コインでインフルエンサーのアカウントに事前に資金を提供したため、ソーシャルメディアで人々の注目を集めた。また、巨大な支援者であるアンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz)と、ボンディングカーブから得られる利益が小さくなる前に参入しようとする大量の初期採用者たちによって、うわべだけは立派なものに見えた。

BitCloutの栄枯盛衰は、Friend.techにとってプラスでもありマイナスでもある。ブロックチェーン上のソーシャルメディアがいかに困難なものだったかを考えると、Friend.techもまた廃れていくだろうと多くの人が考えている。しかし、匿名開発者のRacerは、もし彼がFriend.techを作ったのだとすれば、どうやらそれらの試みを見て学んでいたようだ。

分散型ソーシャルメディアの難しさ

私も、すぐに忘れ去られるような、がっかりするような夏の見世物だと考える一派のひとりと思ってもらってよいだろう。ひとつには、分散型ソーシャルメディアというこの路線は、自律性を高め、「テクノロジーの検閲」を制限するというブロックチェーンの実際のセールスポイントを生かしきれていないからだ。しかしまた、多くの(おそらくほとんどの?)人にとって、他人が自分のステータスを収益化することを見るのは不快なことだ。

だからといって、ソーシャルメディアを使った経済的な実験に反対しているわけではない。「1000人の真のファン」仮説(クリエイターとして成功するためには真のファンを1000人つかめば良いという仮説)は、すでに1000回以上実証されているし、人々が簡単に「インディーズ」になれるようなものは、ほぼ何でも良いものだろう。

私はニック・カーター(Nic Carter)氏とエリック・ウォール(Eric Wall)氏のOrbプロジェクトが好きだ(ワールドコインとは関係ない)。これはブロックチェーンを利用して、彼らのようなインフルエンサーが深い暗号資産の知識を収益化できるようにするものだ。お金を払ってOrbを保有すれば質問できる。これはまた、富の独占という難問に解決策を見出そうとうする野心的なハーバーガー税の実例でもあり、行動経済学的な美しさを持つ希少な取り組みだ。

非中央集権的なソーシャルメディアは、マストドン(Mastodon)ような暗号資産の汚名を背負っていないプラットフォームでさえ、成功させることは難しい。しかし、それがより公正なソーシャルメディアを作ること自体が難しいからなのか、それともFarcaster、Bluesky、Nostrのような流行の最先端を行くものも含め、ほとんどすべての「分散型ソーシャルメディア」プラットフォームが文字通りツイッターのクローンだからなのかはわからない。クリプト・ツイッターが業界の広場になっているのは確かだが、もう少し想像力を働かせて欲しいものだ。

暴かれた問題点

さらに、Friend.techに関する深刻な疑惑については言うまでもない。称賛しているのは多くの場合、黙ってアプリを使えば、大きな現金が手に入りそうな人々だ。問題点のひとつには、Friend.techがプライバシーポリシーなしでスタートしれたらしいことが挙げられる。ブロックチェーンが個人情報や金融情報の宝庫であることを考えると、これは大きな危険信号だ。そういえば、サインアップするだけで、ユーザーはアプリに自分の代わりにXに投稿することを許可すると言われており、Friend.techがAPIを通じてウォレット情報を漏らしている証拠もある。

DeFi(分散型金融)の伝説的存在であり、こうした多くの問題について投稿している暗号資産開発者Banteg氏は、GithubにあるFriend.techのコードリポジトリの「リーク」バージョンを見た後、10万1183のFriend.techユーザーアカウントのリストを実際に公開し、彼らのBaseウォレットアドレスとツイッターのプロフィールを結びつけるという大胆な行動に出た。

Banteg氏はドキシング(インターネット上で個人情報を公開すること)をしたとして、厳しく非難されるべきなのだろうか? それとも情報はどちらにしても流出していたのだろうか?

Friend.techはこの情報によって、問題を早く解決しようと考えるだろうか? それとも、その終焉を早めることになるのだろうか?

Friend.tech側は、この問題を報道したWebメディアのThe Blockを無責任だとし、いわゆるリークは「誰かがあなたの公開ツイッターフィードを見たことをハッキングと呼ぶようなものだ」と付け加えた。すべての情報は公開チャンネルから集められたものだからだ。しかし、それこそが問題なのであり、だからこそ人々はわざわざ現実世界とオンチェーンのアイデンティティを分けている。

とはいえ、著名な関係者たちは、Friend.techをフェアに扱うつもりだと述べている。0xCygaar氏は先日、このプロトコルのユニークな経済的インセンティブに関するスレッドを投稿した後、「私はさまざまな暗号資産トピックについて、より生々しく、独断的な考えをシェアするためにFriend.techを使用するつもりだ」と述べた。そして、初期のソーシャルトークン実験の多くが頓挫したとはいえ、数字は好調に推移しているようで、Friend.techはそれらの中心的なリポジトリになるきっかけをつかんでいる。

結局のところ、あなたのリスク許容度や暗号資産に興味を持つことになった動機次第では、Friend.techはあなたのためになるかもしれない。7月のハムスターレースのトレンドは、暗号資産が車輪の上で立ち往生していただけだったが、それとは異なり、少なくともソーシャルメディアネットワークは成長し、発展する可能性がある。

しかし、フェイスブックが今日でも数十億ドル規模のプラットフォームである理由を説明することに役立つ重要な先行者利益は、暗号資産には当てはまらない。コードを盗み、少し手を加え、その日のうちにツイッターでみんなが話題にするものになることは比較的簡単なのだ。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/198294/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

次世代ブロックチェーンの進化は始まったばかり: バンク・オブ・アメリカ

ニア(Near)プロトコルは、カルダノ(Cardano)、ソラナ(Solana)、ポルカドット(Polkadot)と並ぶ新世代のブロックチェーンの一つで、「拡張性、分散性とセキュリティのトレードオフ」を改善するために斬新なアプローチを用いていると、バンク・オブ・アメリカは3月23日に発表した調査報告書で述べている。

ニアのように機能性を高め、開発にインセンティブを与えるブロックチェーンは、短期的には開発者にとって魅力的な存在になる可能性が高いと報告書は述べている。ニアのシャーディングアプローチは、「プーリングによる中央集権化の進展や、インセンティブの不整合によるセキュリティの低下に関する一般的なスケーリングの問題を緩和する」とされている。

しかし、長期的な勝者と敗者を選ぶのは時期尚早だという。

「長期的には、ユーザビリティを優先し、効果的にマーケティングを行うブロックチェーンが、採用、ネットワーク効果、キャッシュフローを促進する強固で多様なアプリケーションのエコシステムを引き寄せることで市場シェアを獲得すると予想する」とアナリストのアルケシュ・シャー(Alkesh Shah)氏とアンドリュー・モス(Andrew Moss)氏は書いている。

バンク・オブ・アメリカは、他のブロックチェーンがスループットの最大化に重点を置いているのに対し、ニアはネットワークの使い勝手を優先しているものの、さらに多くのことを行う必要があるとしている。使いやすさ、革新的なアーキテクチャ、1000を超えるアプリケーションのエコシステムに重点を置いているにもかかわらず、2022年の開発は前年に比べて停滞していと同行は指摘している。

取引手数料は2022年の第1四半期から低下し、新規ユーザーの増加率も同第2四半期から低下しており、「アプリケーションがもはや加速するユーザー増加を牽引していない」ことを示唆していると報告書は述べている。

カルダノ、ソラナ、ポルカドット、トロン(Tron)、アバランチ(Avalanche)、ニアといった第3世代ブロックチェーンを支えるソフトウェアの多くは「まだ未成熟」であり、これらの革新的技術の開発は「まだ初動期にある」と報告書は付け加えている。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/178670/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

グーグルの親会社アルファベット「企業のミッション達成に●●は非常に重要」

AI事業の重要性

米IT大手グーグルの親会社アルファベットは2日、2023年1月分の決算報告から、AI(人工知能)事業の一部に関する記載を明確化すると説明した。

同社はこれまで、AIに関する事業については「その他(Other Bets)」の項目にまとめていたが、これからは記載方法を変更。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。

具体的に名前が挙がっているのが、AI部門の子会社DeepMind。DeepMindの事業はこれまで「その他」の項目に含めていたが、23年1月分からはアルファベットの企業コストの一部として報告していくとした。DeepMindは、グーグルのサービスと結びつきを強めているという。

今回の決算報告の中でアルファベットは、「画期的なイノベーションを現実世界にもたらすという我々のミッションを達成するために、AIは非常に重要である」と説明した。

今後、決算報告の表記が変更されれば、アルファベットがAI分野にどのくらい投資しているかは一部明らかになる。

AI分野の競争

グーグルなどの米大手IT企業は収益が減り、成長力が衰えている。アルファベットが上記内容を記載した決算報告によると、22年4Q(10月から12月)の純利益は前年同期比で約34%減。これで4四半期連続の減益となった。

経営に逆風が吹く中、各社が活路を求める事業の1つがAI。最近では1月、マイクロソフトがOpenAIへ追加出資を行うと報じられて大きな注目を集めた。OpenAIは、AI言語モデル「ChatGPT」を開発している。

ChatGPTとは

ユーザーの質問に対し、人間との会話感覚で回答を得られるように設計された対話型のAI言語モデル。コンテンツ制作、レポートの作成、ソフトウェアコードの設計など用途は多岐に渡る。

▶️仮想通貨用語集


実際にマイクロソフトは先月、OpenAIとのパートナーシップの拡大を発表。「両者の継続的な協力関係がAIスーパーコンピューティングと研究全体に広がり、その結果として得られる高度なAIテクノロジーをそれぞれが独自に商品化できるようになる」と説明した。

この動きはアルファベットやグーグルにプレッシャーをかけているとの見方は多い。米CNBCは先月31日、グーグルがChatGPTの競合となる技術をテストしていると報道。内部文書を確認し、この計画に詳しい情報源に内容を確認したと説明している。

AI分野の動向は現在、暗号資産(仮想通貨)の投資家からも注目度が高い。AI関連のトークンに思惑買いが集まる傾向も現れている。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=430711 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

市場の新しい哲学:テクノロジーを具現化した資産

最近、暗号資産に懐疑的な人たちからの「だから、価値などないと言ったじゃないか」というコメントを聞いているうちに、はっきりわかったことがある。つまり、前回、価格が弱気サイクルから上昇して以来、一般の人たちの暗号資産に対するイメージがどれほど変化していたかを私は十分に理解していなかった。

イメージの変化

前回の弱気相場の頃、暗号資産は新しいタイプのお金、グローバルコンピューター、エンゲージメントのためのインセンティブ、ガバナンスの価値だった。

しかし今、一般的な人たちにとって暗号資産は市場だ。

多くの読者の皆さんと同様、私も年末年始、家族や友人に暗号資産は「終わっていない」ことを説明するのに追われた。この誤解は、少しの間は不思議だったが、ある時、わかった。

暗号資産市場は金融化されたわけではない。金融化を成し遂げた人や組織、そこから利益を得た人や組織の破綻によって引き起こされたイメージやセンチメントへのダメージと同じくらい、私たちはそのことを認識している。

だがむしろ暗号資産は、よく理解していない傍観者のような人たちにとっては、単なる市場になってしまった。ただのマーケット。市場が苦境に陥っているなか、もはやそのコンセプトは明らかに意味を失っている。

わかりやすく、受けるストーリー

振り返えると、このシフトがどのようにして起きたかを理解することは難しくない。

機関投資家からの関心の拡大(ゴールドマン・サックス! フィデリティ! ブラックロック!)、価格(1日で20%上昇! 年初から80%下落!)、詐欺(ラグプル! 不正アクセス!)、そして規制上の懸念(投資家を守れ! 金融システムを守れ!)が、目を引くようなニュースを生み出し、同じようなニュースをさらに生み出していった。

メディアが暗号資産に関するニュースを伝えるにつれて、「暗号資産」と「高リスク」の結びつきが繰り返され、強化されていった。

メディアのせいだと言っているわけではない。多くのメディアは暗号資産業界の革新的な側面を伝えるという素晴らしい仕事を行っている。しかし認識やイメージは、わかりやすいものに集中する傾向がある。

一般の人たちは市場には馴染みがあるが、必ずしもマークルツリーを理解していない。値動きは、コンセンサスメカニズムよりも簡単に視覚化できる。機関投資家の関心の高まりは、加重分散型流動性プールよりもわかりやすい。市場のストーリーは心地良いため、テクノロジーのストーリーよりも人気を集めやすい。ドラマチックな展開は大きな関心を集めるため、イノベーションに関するストーリーよりも、リスクに関するストーリーの方が受ける。

こう聞くと(特に暗号資産関係者の中には)暗号資産のテクノロジー的な側面にもっと焦点をあてようと直感的に思う人もいるだろう。私を含めて多くの人は、そう主張してきた。しかし、確かにもっともなことだが、ほとんど見過ごされてきた基本的側面がもう1つある。

資産でありテクノロジー

暗号資産は投機と投資のチャンスを提供することを私たちは理解している。さらに、根本的に新しいテクノロジーであることも知っている。私たち業界関係者は、暗号資産は両方の側面を持っていることを理解している。

だが、暗号資産がテクノロジーである点を理解することは(特に一般の人たちには)難しい。

歴史上初めて、イノベーションを具現化した取引可能な資産を私たちは手にしている。投資家たちは、株式やETF(上場投資信託)を通して技術的進歩に投資できる。だが、それらはイノベーションが最初にテストされてから長く経った後に、やっと一般の人たちにもアクセス可能になる定型的な収益手段だ。

例えばアマゾンは、1994年に設立され、3年間スタートアップとして奮闘した後、株式公開した。フェイスブックは2004年に設立されたが、株式公開は2012年。どちらも株式公開前には、メインストリームの投資家にはリスクが高すぎると考えられていた。上場後もきわめてボラティリティが高く、その状態はしばらく続いた。

そして、この2つの企業でさえ、必ずしも適切な比較対象にはならない。アマゾンもフェイスブックも新しいテクノロジーではない。両社は、テクノロジーの新しい使い方を示している。そしてどちらも、特に最近では、企業としての意思決定や法定通貨経済を基盤とした収益見通しのために、株価は下落している。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの暗号資産は新しいテクノロジーだ。技術的には、新しい方法論の上で動く資産だが、資産も方法論もお互いの存在なしには機能せず、価値を持たない。さらに密室での戦略的意思決定や、困難な経済状況に起因する収益リスクも存在しない。1985年に、その普及に対して純粋に投資できるような形で、企業リスクなしにインターネットの株を買えたようなものだ。

まったく新しい進化

さらに暗号資産は、従来の取引可能な資産にはなかった形で、イノベーションに対するサポートを可能にする。誰でも、どこでも、特に条件などを必要とすることなく投資できる、純粋なテクノロジーの産物だ。

確かにリスクはあるが、新しいコンセプトはおおむね常にリスクがあり、学習とプラットフォームの情報開示ルールによって、不平等を助長するような障壁を生むことなく、ある程度の保護を提供できる。

暗号資産は単なる市場にとどまらない。新しいテクノロジーにもとどまらない。価値、リスク、資金調達、エンゲージメントについて考えるための新しい方法だ。金融のスープに1杯の哲学を加え、独創的なコードを少々添え、盛り上がりをひと振りかけ、すべてを混ぜ合わせてまったく新しい進化を生み出す。

今年はそうしたメッセージをもっとうまく伝えることができるようになるかもしれない。そうなれば、もっと思慮深い批判や、規制に対する繊細なアプローチを獲得できるかもしれない。

メッセージについてもっと考えることで、たぶん私たち業界関係者さえ、自分たちの取り組みには、思っている以上に意味があるという確信をさらに強めて、次の相場サイクルを迎えることができるかもしれない。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/170804/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/