Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

NASAがついにブロックチェーン技術に参入ですわ。

1 


アメリカ航空宇宙局(NASA)が、ブロックチェーン技術により人間を介さずに意思決定を行う、自動操縦の宇宙探査機開発を支援する新たな研究助成を行った。ニュースサイトのスペース・ドット・コムが18日に伝えた。

 オハイオ州のアクロン大学で電気・コンピュータ工学を研究するジン・ウェイ・コチシュ助教は、NASAから33万ドルの研究助成を受けた。この研究プログラムでは、宇宙空間で使用する安全なコンピューターシステムの開発におけるイーサリアム・ブロックチェーン技術の応用可能性を調査するという。アクロン大学の発表文の中で、ウェイ・コチシュ教授は次のように述べている。

「このプロジェクトでは、イーサリアム・ブロックチェーン技術を活用し、宇宙探査に必要な、安全性と認識性能の高い分散型のネットワーク・コンピューター・システムの開発を目指している…宇宙空間における危険を認識して回避し、さまざまな作業を自動で遂行する技術開発を行う。自分の研究がNASAに認められて光栄に思う。システムが自ら考え実行するという能力を備えた技術の開発に挑戦し続けることができて興奮している」

 「スマートコントラクト」の技術を使ったシステムで、宇宙探査機が自ら「考え」、浮遊する宇宙ゴミを自動で察知し回避することができるようになるという。ウェイ・コチシュ氏によれば、この技術を用いることで、宇宙探査機が遂行できる作業が増え、より多くのデータが提供されることが期待できるという。科学者たちは宇宙空間における危険予測に時間を割く必要がなくなるため、より多くの時間を情報解析に費やすことができるようになる。

 アクロン大学は、ウェイ・コチシュ氏の技術がいつ宇宙に送られるのかについては明言していない。しかし、NASAのグレン研究センターで高度通信プログラムマネージャーを務めるトーマス・カクプラ氏は、今回の研究は、宇宙における通信とナビゲーションの分野でブロックチェーンの応用を検討する初の試みだと述べた。

 2月には、「スマートコントラクト」を実行できる分散型アプリケーションを備えたブロックチェーン・プラットフォームのQtumが、「史上初となる宇宙基盤のブロックチェーンノード」を中国の衛星で打ち上げたと発表した。 

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/nasa-funds-development-of-autonomous-spacecraft-that-uses-blockchain 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

アラブ首長国連邦が2021年ブロックチェーン戦略発表:政府取引50%はブロックチェーン決済へ

ブロックチェーン50%採用で年間30億ドル節約

その中でシェイク・ムハンマド殿下は「連邦レベルでの政府取引の50%は、2021年ブロックチェーン技術を利用して実施されるだろう」と宣言した。殿下はさらに「この技術の採用は、UAEの生活の質に影響を及ぼし、国民の幸福の度合いを強化することになる」「この技術はまた、時間と努力、資源を節約し、国民一人一人がライフスタイルと仕事に合うタイムリーな方法で、ほぼすべてのトランザクション(経済活動)を可能にする」と述べた。

シェイク・ムハンマド殿下はかねてから、ブロックチェーン技術と仮想通貨の取引を認めて、ドバイ全土を未来技術国家にする意気込みを見せている。殿下の考えによれば、ブロックチェーンの採用は、将来の問題に備える政府の取り組みを支援し、ドキュメントを含むすべてのトランザクションについて、年間約110億AED(ディルハム)(約30憶ドル)、7700万時間の労働時間を節約することに貢献するという。

「スマートドバイ」は100%ブロックチェーン化、仮想通貨emCash発行

UAEのブロックチェーン戦略は、 国民とその幸せ、政府の能率、先進的法制、世界的企業精神の4本柱で成り立っている。

UAEはこのため、ブロックチェーンの立ち位置を確かなものにする訓練コース、ワークショップ、レポートづくりを活用し、例えば暗号化などの分野と関連する対象を専門とする大学学習コースを支援する。

ドバイが目指す「スマートドバイ」イニシアチブは、最終的に政府取引の100%をブロックチェーン技術を使って記録、処理することである。 今回2021年までに50%決済する方針が決まったことで、ドバイは世界でもまだまれな独自の仮想通貨「emCash」の発行にも近づいた。それまでには、ビットコインはじめいくつかの仮想通貨が、市内の商業ビルやコンビニでの決済に日常使われているだろう。

emCashは、商業大都市ドバイのビジネスを発展させる公的通貨として位置づけられれば、一躍世界で注目される仮想通貨として価値が上がる可能性を秘めている。

欧米先進国や日本、中国にも少なからぬ影響及ぼす

UAEは2017年2月、仮想通貨の決済を公式に認めた。UAEの中でも開発先進国のドバイ首長国は、「ブロックチェーン技術の中心地になる」計画を策定して、IBMと提携していち早く、ブロックチェーン技術を完成させるため「smart contract(スマート・コントラクト)」システムの開発を進めた。

ドバイの名所の1つ「ゴールドスーク(黄金市場)」は、金取引の名所として世界中のトレーダーが群がっている。スタートアップ企業のOneGram(ワングラム)は、金を裏付けとする仮想通貨を発行した。まさにイスラム金融の未来社会の始まりである。

UAE、特にドバイ首長国によるFinTech(フィンテック)やブロックチェーン開発に対する意欲的な開発は、今回の「2021年UAEブロックチェーン戦略」を契機に新たな段階に入り、欧米先進国や日本、中国にも少なからぬ影響を与えそうだ。

参考URL:https://coinchoice.net/pay-50percent-blockchain-uae/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ブロックチェーンが凄いのは技術だけではない!?次世代の経済システムとは

ブロックチェーンを経済システムとして考える

ブロックチェーンの設計者は、

  • 金融政策(インフレ)
  • 財政政策(ブロックサイズ)
  • 課税(手数料)
  • 投票(ガバナンス/アップグレード)
  • セキュリティ(ネットワークの保護)

を実装しなくてはなりません。

ただ上記は、あらゆる経済システムでも同様に行われているため、ブロックチェーンが特別であるわけではありません。しかし、それらの経済システムとは異なり、ブロックチェーンは中央集権化を避けることで、自由度と透明性を高めることができます。

一方、ブロックチェーンによる新しい経済は、問題もあることを説明しなくてはなりません。それはどのような問題でしょうか?…答えは、ブロックチェーンを一度、導入すると修理や改良が難しくなることです。なぜなら、ブロックチェーンの仕様変更(フォーク)を実施するためには、大多数のステークホルダーの賛成を集めなくてはならないからです。これは、一朝一夕に行うことが難しいため、前述した問題が発生するのです。

ブロックチェーンの欠陥を少なくする様々な研究が行われている

前章で述べた通り、ブロックチェーンは仕様変更(フォーク)を行うことが難しいため、事前に欠陥のないシステムを定義・設計する必要があります。当然、欠陥のないシステムを事前に定義することは不可能です。それは、誤字がない書籍が存在しないことと同様です。しかし、欠陥をできる限り少なくする方法があります。それは、インセンティブ設計を行い、行動をコード化することです。これは簡単なアプローチではありませんが、さまざまな研究が行われています。

例えば、ノーベル賞受賞者のダニエル・カネマン氏、シカゴ大学教授のアモス・ツワースキー氏、元クリントン顧問のカス・サンスタイン氏が研究に取り組んでいます。ブロックチェーンのインセンティブは、デジタルトークンとして提供されます。マイナーが「どのくらいの頻度」で、「どのくらいの報酬」を得ることができるのか、正しく動機付けできる設計を行う必要があります。正しくインセンティブのロジックを組み込んだトークンの使用は、ネットワークを成長させ、ネットワーク効果により、更なる成長を遂げることができます。

参考:Assessing Crypto Projects with the T3CG Framework

学ぶことはたくさんある!

暗号トークンに関する経済学を学ぶことは、堅牢で持続可能なブロックチェーン経済の設計にとって重要です。学問分野としては、メカニズム設計、ゲーム理論、行動経済学、公共政策、マクロ経済学、分散化技術など、多分野における理解が必要とされます。それらを理解することなく、投資家、開発者や一部のユーザは、ブロックチェーンの長期的な可能性を評価することは難しいでしょう。

ところで、「T3CG Framework」をご存知でしょうか?これはプロジェクトをTeam Technology Token Community Governance(T3CG)の5つある要素から評価するフレームワークです。前章で述べたトークンもT3CGには含まれています。いずれにしても、ブロックチェーンはとてもエキサイティングな技術です。それをより深く理解するために、学ぶことはまだまだたくさんあるということですね。

参考URL:https://coinchoice.net/next-generation-eco-system/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

これは情勢が動きますよ! LINEが本気で動きます!

1 


先日、日本でも人気のメッセージアプリを提供するLINE(本社は韓国)は、韓国に子会社としてブロックチェーン企業を設立すると発表した。この発表は、同社が「LINE Pay」を通して仮想通貨サービスを提供すると発表してから数ヶ月後のことだ。

その企業は「Unblock (アンブロック)」と名付けられ、韓国を拠点とするこの子会社は、ブロックチェーン技術およびその応用の可能性を研究する。同社のウェブサイトの発表によると「ブロックチェーン技術をLINEのさまざまなサービスと組み合わせることによる技術的イノベーションを通して新たな価値を付加する」ために、ブロックチェーン技術を応用したサービスをメッセージングプラットフォームに統合する取り組みの一部として行われている。

ニュースサイトZDNetも、LINEが韓国、日本、そしてより広大な東南アジアの仮想通貨市場を繋げることに目を向けていると報道した。

発表によると、LINEのモバイルプラットフォームを担当する子会社LINE Plusは、最終的に「トークンエコノミー」を立ち上げようとしている。

このニュースは以前伝えたように、LINEが仮想通貨取引、保険、およびローンのためのプラットフォームとして設立した新会社LINE Financialについて初めて発表したわずか2ヶ月後の出来事だ。日本に拠点を置くLINE Financial株式会社もまたブロックチェーン技術の研究に取り組んでいる。

LINEの仮想通貨サービスはモバイルアプリLINE Payを通して提供される。

ただ、ブロックチェーン技術を統合する取り組みを行うメッセージングサービス企業はLINEだけではない。韓国のメッセージングプラットフォームKakao(カカオ)は、3月の初めにブロックチェーン技術の新しい応用を開発するために同様の子会社を設立した。ただし、同社が独自の暗号トークンを発行するかもしれないという噂については否定している。

しかし、おそらく最も注目すべきは、17億ドルを調達したTelegramの記録的なイニシャル・コイン・オファリング(ICO)だ。ロシアに拠点を置くこのメッセージングプラットフォームは、Telegram Open Network(TON)と呼ばれるブロックチェーンベースのエコシステムの立ち上げを狙っている。このプロジェクトの詳細についてはまだ明らかにされていないが、今後の発表が注目されている。

参考資料:https://coinchoice.net/line-established-blockchain-in-korea/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ライトニングネットワークの新しい分野

1 


ライトニング・ネットワーク(Lightning Network)とは?

ライトニング・ネットワークは、発展し続ける暗号通貨テクノロジーの中でも非常に注目されています。なぜなら、ライトニング・ネットワークをビットコインに実装することで、即時取引・少額決済(マイクロペイメント)が可能になるからです。

この技術の開発は世界中で行われています。特に、Blocksteram、ACINQやLightning Labsがその筆頭です。コーヒーやサンドイッチをビットコインでササッと支払う世界はもうそれほど遠くではないかもしれません。

ライトニング・チャージ(Lightning Charge)とは?

ライトニング・チャージは、少額決済処理システム(Micropayment Processing System)で、Node.jsによって書かれています。それは、JavaScriptとPHPライブラリを通じてアクセス可能であるREST APIにより「c-lightning」と呼ばれるソフトウェアの機能性を明らかにします。

“LIGHTNING CHARGE MAKES INTEGRATION WITH THE LIGHTNING NETWORK MUCH SIMPLER, SINCE IT BRIDGES THE NEEDS OF APPLICATION DEVELOPERS AND THE UNDERLYING INFRASTRUCTURE, TO PROVIDE A SIMPLE AND EXTENSIBLE WAY TO ACCEPT LIGHTNING PAYMENTS”

(ライトニング・チャージはライトニング・ネットワークを更にシンプルにします。なぜなら、それはアプリ開発者のニーズと現存するインフラを繋ぎ、ライトニング決済を受け入れるため、簡潔で拡張性のある方法を提供するからです)

引用:BITCOINMAGAGIN

LApp:FileBazaar

FileBazaarは、コンテンツ製作者をターゲットにした電子商取引ツールです。写真や動画などのデジタル形式のコンテンツを制作するクリエーターは、FileBazaarを利用することで、少額取引による支払いを受け取ることができます。

これによって、従来の広告による収入モデルに頼らずに、クリエイターは、オンラインで独立してビジネスを行えます。FileBazaarのユーザが行わなければならないことは、クリエイターに、ライトニング・ネットワークによるマイクロペイメントを送信するだけです。

今後に向けて

ライトニング・ネットワークは、ビットコインに革命を起こすプロジェクトの一つです。それに伴い、LAppの開発も全世界的に行われることが予想されます。そうなれば、ビットコインの日常利用が身近になり、一気に普及する可能性も高いでしょう。今後の動向に注目です。

参考資料:https://coinchoice.net/lapp-launch-by-blockstream/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング