Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

フィンテック

2030年のブロックチェーンの予想

暗号化の分野は2020年の素晴らしい始まりであり、ビットコインとデジタル資産、基礎となる技術、暗号化の価格に関する多くの楽観的な予測もありました。

ベンチャーキャピタリストのフレッド・ウィルソンは、デイリー・ホドルというオンライン出版物からの最新のレポートによると、今後10年間の予測の包括的なリストを作成しました。

今、彼は、中国がデジタル人民元を発売する計画は、暗号化産業を支配するようにアジアを推進すると述べた。

「各国は、最初に動き、この動きの恩恵を最も受けている中国が率いる、法定通貨のデジタル/暗号バージョンを作成し、宣伝します。米国は規制の制約に縛られ、動きが遅くなり、他の国や地域が暗号部門をリードできるようになります」と彼は信じています。

彼は続けて、ヨーロッパや米国のようなあらゆる種類の規制面倒に対処する必要のないアジアの暗号取引所が分散型の金融技術を活用していると説明しました。

彼はまた、それらが様々な金融商品の支配的な資本市場になると述べた。

960x0

ウィルソンの10の予測

以下は、オンライン出版物Daily Hodlで引用された、今後10年間の彼の10の予測です

気候危機–国や企業の巨人は、温暖化する惑星と戦うために資本の再配分を余儀なくされます。

自動化–批評家は資本主義に疑問を呈し、富を再配分する方法をテストします。

中国–技術に特化した超大国が世界のリーダーとして登場します。

暗号-政府はデジタル通貨を展開します。

地方分権化–定義された地方分権化された消費者向けアプリは、10年後期に登場します。

食品–生産は研究室に移行し、ビーガニズムが最も一般的な食事になります。

宇宙–民間企業が宇宙探査を支配しているため、政府は後部座席に座ります。

大量監視–プライバシーツールは関連性と牽引力を獲得します。

価値-ミレニアル世代とGen-Zはルールを書き換えます。

遺伝学–病気と生殖能力に影響を与える進歩が続くにつれて、より倫理的な問題が発生します。

「2020年代に何が起こるか」について詳しく知りたい場合は、ウィルソンの元のメモをご覧ください

暗号市場のボラティリティが高いにもかかわらず、暗号空間では多くの楽観的な予測が行われています。

参考資料:https://oracletimes.com/10-crypto-predictions-for-the-next-decade/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

創造と破壊の波を起こした10年、新たな金融・経済が生まれる2020年

中国の巨大テクノロジー企業に端を発し、インド、シンガポール、インドネシアのテック企業は過去10年間にわたり急ピッチで新しい金融サービスを展開してきています。

リープフロッグ型の経済成長を進めるアジアでは、スマートフォンの普及とともに、中国のアリババとテンセント、シンガポールのGrab、インドネシアのGo-Jek、インドのPaytmは、デジタルの世界でその事業規模と企業価値を爆発的に拡大させてきました。

また、フィンテックは金融とテクノロジーの垣根をなくし、日本を含む世界の金融界では、多くの伝統的な銀行が生き残りを賭けた戦略の立案に奔走しています。米国の大手銀行は一方で、年間1兆円を超える資金を次世代のテクノロジーに積極投資し、自らをバンク・テック企業にトランスフォームしようとしています。

マッキンゼーが10月に発表した報告書は、宿泊、旅行、出版業界では既存のプレイヤーたちがディスラプト(破壊)されてきたように、銀行業には今、ディスラプションの波が押し寄せ、従来の金融機関は迅速な行動が求められていると述べています。

2008年の世界金融危機とほぼ同時に、ビットコインはその産声をあげました。あれから10年の間、「インターネットの次のゲームチェンジャー」と称されるブロックチェーンは、その開発スピードをさらに速めてきました。

2019年、フェイスブックが主導するデジタル通貨「リブラ(Libra)」構想が明らかになると、中国はデジタル人民元の導入とブロックチェーンの開発にアクセルを踏み込んでいくと発表。

日本、欧州、米国の金融界では、大手金融機関がベンチャー企業と連携しながら、債券や株式、不動産などの証券をデジタル化し、その発行と流通を行う新たなプラットフォームを作ろうとする動きが活発化しました。

アジアの金融・産業・経済のランドスケープは2020年以降、大きく変化することが予想されます。CoinDesk Japanは、ブロックチェーンと暗号資産を軸に置きながら、テクノロジーが作り上げる新しい金融・産業・経済の形と、その変革を進めるフロントランナー(企業・人)にフォーカスしたニュースメディアを作り上げていきます。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/31391/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ソニー不動産のAI子会社も参加、不動産ブロックチェーン・プロジェクトが北東アジアで相次ぎ発表に

ここ数週間、ブロックチェーンを活用した不動産関連の取り組みが北東アジアで複数発表されている。なかには大手企業や大手グループが参加しているものもあり、その1つはソニー関連のもの。取り組みの大半は、検査、開発契約、パイロット・プロジェクトを中心としている。

2019年9月はじめ、最近までSKグループの傘下だった韓国の証券会社、SKセキュリティーズ(SK Securities)とカサ・コリア(Kasa Korea)は、不動産資産の区分所有権の発行・取引を可能にするブロックチェーン・プラットフォームを構築するベンチャー企業を立ち上げることで合意した。聯合ニュース(Yonhap News)が伝えた

カサ・コリアは、韓国の中心的な金融規制当局である金融委員会(Financial Service Commission)が、いわゆる「規制のサンドボックス」の対象として選出した最初の18社のうちの1社で、イノベーションを可能にするために通常の規制が免除されている。

同じく2019年9月はじめ、ジョーンズ ラング ラサール(JLL)は三井住友信託銀行など複数の企業と共同で不動産データを記録・管理するデジタル・プラットフォームの開発を行うと発表した。パイロット版では、ブロックチェーンを用いて不動産の資産管理に関連した損益情報を一元化できるかどうかをテストする。

9月20日には、ソニーとヤフーを主要株主とするSREホールディングスのAI子会社、SRE AI Partnersも三井住友信託銀行が実施する「不動産ビジネスにおける情報の蓄積と活用を促進するためのデジタル技術(ブロックチェーン)を活用した実証実験」に参加すると発表、同プロジェクトは今年はじめに始動し、すでに第1段階を終えている。

9月24日には、日本の不動産ブロックチェーン企業、ツバイスペースと法律・税制を専門にした不動産企業で不動産証券化も手掛ける東雲アドバイザーズは、不動産市場むけのトークンを共同で開発すると発表した。発表では詳細は明らかにされず、両社はプロジェクトに関して7月に台湾で非公式に協議を行っており、10月上旬に正式に発表する予定と述べた。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/22852/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

スコットランド王立銀行 仮想通貨決済企業サークル元幹部をフィンテック事業CEOに起用

2 


英エディンバラ本拠のスコットランド王立銀行(RBS)が、仮想通貨決済企業サークルの元幹部を雇用した。中小企業(SME)向け会計・財務管理アプリおよびサービスを展開する「メトル(Mettle)」のCEOに就任予定。フィナンシャル・タイムズ(FT)が6月18日に報じた

マリーケ・フラマン氏は、以前サークルにおいてヨーロッパ担当専務取締役を務めていたが、中小企業(SME)向け会計・財務管理アプリおよびサービスを展開する「メトル(Mettle)」のCEOとしてRBSに入行する予定。

メトルは、RBS傘下のナショナル・ウエストミンスター銀行のもと、アプリおよびサービスのテストを2018年11月から開始。今回RBSは、単独で機能するサービスを8月に開始することを目指している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/royal-bank-of-scotland-onboards-former-circle-exec-to-head-fintech-project 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

世界のトップ銀行、ブロックチェーン基盤のデジタル通貨システム構築に向けて巨額投資か

2 

世界のトップ銀行の一部が5000万ドル(約55億円)を出資してブロックチェーン基盤のデジタル通貨システム構築を進めている。ロイター通信が17日に関係者の話として報じた

この新システムは「ファイナリティ(Finality)」と呼ばれており、2020年の立ち上げを目指しているという。

参加銀行の具体的な名前は明らかになっていないものの、以前に似たようなプロジェクトへの参加銀行として名前が上がったのが、UBS、サンタンダー銀行、ニューヨークメロン銀行、ステートストリート銀行、クレディ・スイス、バークレイズ、HSBC、ドイツ銀行だ。

2015年、スイスのUBSグループAGとロンドンのハイテク系スタートアップのクリアマティックスが「ユーティリティ決済コイン」として知られるプロジェクトを立ち上げていた

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/report-top-banks-alleged-to-be-investing-50-million-in-digital-cash-settlement-project 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング