Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

Bitcoinは成熟しています。

1 


ポーランドの研究者がBitcoin市場の成熟度を評価しよう

この調査は、「2012年以降に記録された1分の価格変化に基づいて、急速に出現しているBitcoin市場の変動性を、選択されたサブ期間にわたり、リターン分布、ボラティリティ自己相関、ハースト指数、およびマルチスケーリング効果 "

研究者は、「ビッグコインは、市場の成熟軌道の統計的特性に特有の窓を提供する」と主張している。

Bitcoin Marketsの幼児期にのみ特定された "統計的不規則性"

Bitcoin市場は、外国為替の差し迫った代替案を構成科学的雑誌「Chaos:非線形科学の学際的ジャーナル」に掲載されたこの報告書は、「早期取引はシステム固有の不規則性の影響を受けていたが、2018年4月までの数ヶ月にわたってこれらの統計指標はすべて、 。これは、Bitcoin市場、およびおそらく他の暗号化通貨が、外為為替の通常の市場の代替手段になりつつある具体的な可能性を持っていることを示すものとみなすことができます。

教授スタニスワフ・Drożdż、研究に取り組んだ研究者の一人は、述べた:「最初は、私たちが得たグラフが少し曲がった、有望な何かを前兆なかったです。しかし、データを詳しく見てみると、分析された期間の最初の2年間、つまり市場がちょうど形をとっていた時から突然この曲がったことが判明しました。その後、収益率は逆3次法則に従って変動した」

Cryptocurrencyの市場はForexの市場への "本当の競争"を引き起こす

Bitcoin市場は、外国為替の差し迫った代替案を構成ProfessorDrożdżは次のように主張しています。「市場の成熟度を示すより洗練された特徴の1つは、その特性のマルチフラクタル性です。マルチフラクタルは、フラクタルのフラクタル、すなわち、自己相似性を見るために、さまざまなフラクタル断片を異なる速度で拡大する必要がある構造です。マルチフラクタル解析は、多くのスケールに存在する依存関係を明らかにする。Bitcoinの場合、調査期間の最後の6ヶ月間に特に明白なリターン・レートの変動の関数で多次元性を検出しました。これは、株式、ドル、石油、債券市場など、通常の成熟した市場と同じ種類のものでした」

「Bitcoin市場の最も重要な統計的パラメータは、現在では数ヶ月間、今や財務成熟の重要な基準をすべて満たしていることを明確に示しています。他の暗号化通信の場合、同様の変換を期待することが可能になると思われる。このような状況が発生すれば、世界最大の市場である外国為替市場は非常に真の競争を楽しみにしている」とDrożdż教授は結論づけた。

参考資料:https://news.bitcoin.com/bitcoin-alternative-foreign-exchange/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

中国はビットコイン(BTC)の脅威となる 理由は?

中国はビットコイン(BTC)のマイニングプールの80%、ハッシュパワーの74%を掌握

研究者たちは、中国を「ビットコインに対する最も強力な潜在的敵対者」と断じた。研究者たちはさらに、「(中国が)システムを攻撃するさまざまな顕著な動機と数多くの能力を保持し、ビットコインのインテグリティ(誠実さ)と将来の脅威になっている」と分析している。

研究者たちはその主張の有力な裏付けとして、ビットコインのマイニング(採掘)の80%余り、つまり総計6つのマイニングプールの内、5つは中国に採掘基地があることを指摘する。さらにこれら中国のマイニングプールは、ビットコインを取り扱うレートであるハッシュパワー(hashpower)の74%を掌握しているという。

マイニングの計算能力の過半数を悪意のある特定のグループが保持することは、「51%攻撃(51% attack)」として知られているが、中国はハッシュレートの74%も居ながらにして掌握しているので、悪意を持って市場を操作することは容易になる。

マイニング掌握でゴールドフィンガー攻撃など19の攻撃可能

例えば、中国のマイナーが政府の社会政策に乗って、恣意的(勝手、気まま)に未使用ブロックを掘り続ければ、ビットコインネットワークのスピードが落ちるという決定的な影響を与える。ネットワークのスピードが落ちることは、ハッシュレートを中国が掌握していることからくる投資家にとって深刻な問題の1つに過ぎない。研究者たちは、中国のマイニングプールの掌握で、19種類の攻撃ができることを発見した。

その1例であるゴールドフィンガー(Goldfinger)攻撃は、ビットコインを壊滅する能力を持っているという。「ありうるシナリオは死のスパイラルであり、中国はゴールドフィンガー攻撃で脅しをかければ、理性的なマイナーでも恐怖に陥り、ビットコインは壊滅する」

問題は、中国がビットコインを壊滅する理由はあるのか、あるとすれば何か?ということである。研究者たちの結論は、それは中国政府が「ビットコインはイデオロギー上の敵である」と解釈するか否かにかっている。「事実上ビットコインのセキュリティ侵害は、この目標達成に十分な理由となる」というのだ。

想定される攻撃は敵性マイナーを標的もしくはビットコイン・ボラティリティ操作

論文は結論として、すでにあるサイバー攻撃の延長線として、中国が敵国を間接的な攻撃を仕掛け、すでに脆弱な経済を完全に不安定な状態に陥れる目的で、ビットコインを攻撃する可能性を次のように指摘する。

「ビットコインを利用している外国に影響力を行使するため、中国はビットコインを弱体化するか、あるいは完全に壊滅することを目指す可能性がある。それは特定のビットコインユーザーもしくは敵性マイナー(採掘者)を標的にするか、ビットコインのボラティリティを限界点にまで高めることによって行われる」

ビットコイン(BTC)の健全性、安定性の神話は崩れるか?

ビットコイン本来、エコシステムの健全性、安定性を重視して構築されている。研究者たちはビットコインが健全かつ安定しているという可能性に疑問を呈した。ビットコインに対する脅威は、中国によるマイニング支配だというのだ。それは競争相手(国)のマイナー(採掘者)攻撃、コンセンサスの弱体化とビットコインの不安定化、脱匿名化攻撃、そして検閲強化によって行われるという。

この論文が予測するような事態は、マイニング支配で起きうる最悪のケースを想定したものだろう。そのような結論を引き出す根底にある考え方は、ビットコインが中国政府の方針の対極にあるという現状である。

参考資料:https://coinchoice.net/201810-report-china-bitcoin/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bitcoin Cash ICOは記録的な…

2018年10月8日、ブロックチェーン企業であるViabtcは、WormholeプロトコルとBitcoin Cashチェーンを使用した最初の高価値の初期コイン・オファリング(ICO)を終了しました。交換データによると、Viabtc Token ICOは、毎秒3,700米ドルを調達し、2.2時間で総額3000万ドルを獲得しました。

Viabtc、トークン販売および流通段階を開始

最初の主要なBitcoin Cash ICOは記録的に$ 30Mを調達同社はViabtcは最近と呼ばれる新しいトークン発売していたViabtcトークン(VIAT)ワームホールのプロトコルを使用しています。同社は、「ガス」または価値移転の方法として使用できる付加価値サービスおよび特権トークンとしてviatを参照しています。viatがWormholeネットワーク上で発行されたとき、開発者は20億トークンの固定供給を設定しました。月曜日、Bitcin Cashブロックチェーンの上で最初に発行された主要なICOの間、Viabtcは3,000万ドルを調達したその後、10月9日に、ビートトークンを取引するCoinexユーザーは、同社のCETトークンの隠れ場から飛行機を受け取る。

最初の主要なBitcoin Cash ICOは記録的に$ 30Mを調達
Coinexアクセラレータのページによると、Viabtc Token ICOは、2018年10月8日に7億米ドルのVIATを30百万米ドルで売却した。

Viatは、「デュオの採掘」と呼ばれるプロセスに使用され、鉱夫に通常のプール支払いを提供するだけでなく、viatの支払いも追加します。ヴィアットの鉱業払いは4段階でリリースされ、鉱山労働者はプールに参加するための追加インセンティブを与えます。鉱業プールによれば、ユーザーはViabtcで友人を招待して紹介リンクで報酬を受け取ることができるという。Viatの所有者は、プール料金や「独占的な顧客サポート」に割引するために通貨を使用することもできます。トークンは、鉱業付属品、Viabtcのお土産、およびBTCトランザクションアクセラレータを購入することができます。

"[Viabtcトークンは、"ガス "と価値伝達ツールとして使用できます"と、鉱山プールについて説明します。「Viabtcチームと協力してViabtcの生態系を構築し、改善するために、Viabtcの計画に参加できるように、より多くのアプリケーションと特権を追加します。

最初の主要なBitcoin Cash ICOは記録的に$ 30Mを調達
Viabtcトークンは、トークンをサポートするブロックエクスプローラ上にあります。

サービス割引のインセンティブトークンを発行している暗号化会社

取引のほかに、viatは、ブロックチェーン業界内で会社を強化するためにのみ、Viabtcサービスにのみ使用されます。Viabtc Tokenプロジェクトは、鉱業プールの創業者Haipo YangとCOO Huimin Ouyangによって率いられています。ビアットはまた、バイアットICOのホワイトペーパーに従って、買戻し計画と焼成プロセスの対象となります。

ヴィアブツクは、四半期ごとに四半期ごとに収入の20%を買い戻し、「燃える」ビートを起こす。これは、良質なデフレーションモデルで着実にバイアットの総額を削減する」とホワイトペーパーの詳細。

Viabtcは次のように付け加えている。   

買戻しの詳細はタイムリーに発表され、透明化を確実にするためにブロックチェーンをチェックするための「書き込み」トランザクションが利用可能です。

特定のサービスと特権のためのインセンティブベースのトークンを作成した暗号化企業は、昨年もうまくいっています。例えば、取引プラットフォームのBinanceとBNBトークンは、2,000以上のデジタル通貨の中で最も高い市場評価のトップ14に位置付けられています

最初の主要なBitcoin Cash ICOは記録的に$ 30Mを調達
VIATは、以下の取引ペアとの取引が可能です。USDT、BCH、CET、およびBTC。

Viabtcの取引CoinexとそのCETトークンもこれらのコインをインセンティブに使用し、CETは現在約0.03ドルの価値があります。この火曜日トレーディングプラットフォームのデータによると、viatはコイン1個当たり0.04ドルで取引されており、貿易量では100万USDTを超えています。

参考資料:https://news.bitcoin.com/first-major-bitcoin-cash-ico-raises-30m-in-record-time/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

CNBCアナリスト「ビットコイン価格は●●寸前」とツイート

CNBCの暗号通貨アナリストであるRan NeuNer氏はツイッターで「ビットコイン価格は爆発寸前である。ちょうど両親にビットコインを買おうとしていたところだ」とツイートした。

さらに彼は昨年11月11日に6,691ドルだったビットコインはたった5週間の12月17日に200,000ドルに達しているとし、その背景にはビットコイン先物取引のローンチがあったとしている。

今回爆発寸前と発言したことについて、ビットコインETFの可否判断が近づいていることを背景にしている。


1


参考資料:http://cryptocurrencymagazine.com/cnbc-analyst-say-bitcoin-is-about-to-explode 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ハッシュレート上昇でビットコインのマイニング利益はまさかの・・・

1 

ビットコイン・マイニングで獲得された報酬は2018年上半期だけで2017年全体の報酬を上回ったにも関わらず、ハッシュレートの上昇により損益分岐点を割り込んでいる、とDiarが試算している。獲得されたマイニング報酬は、第3四半期の時点で昨年より14億ドル多い47億ドルとなっている。

Diarの試算では、ビットメインのS9 Minersを使用し、電気料金が1kWhあたり0.1ドルと仮定しており、マイニングプール手数料やハードウェアの購入費用は含まれていない。

また中国についても、平均の電気代が1kWhあたり0.08ドルと半分以下であるが、設備や給与、賃貸料、間接費を考慮すると損益分岐点を割り込む可能性もあるとの見方を示している。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/cointelegraph-japan-fast-news-101 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング