Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

Bitcoinの価格は2018年末までになる価格

1


世界中のアナリストは、Bitcoinの価格に関する話題に分かれています。
この通貨の価値は、今後12ヶ月で2万5千ドルにまで上昇する可能性が高いと、いくつかの尊敬されるアナリストは述べています。

Bitcoin価格の次は何ですか?

Bitcoinと他の同様の通貨は、2018年初頭に大きな価格下落を経験しました。ほとんどの市場は数週間でその価値の50%近くを失ってしまいました。多くの人が、これが私たちが知っているように、暗号侵害の終わりだと考えています。本当の愛好家は今年のサイクルであまりにも煩わされることはありません。ニューヨークに拠点を置くアナリスト・コンサルタントのトーン・ベイズは、今後のBitcoinの価格について積極的に取り組んでいます。

Vaysの意見では、Bitcoinは後ではなく早く回復するだろう。彼は、市場が再び安定し始めると、どれくらいの価値が出るかについてあまりにも確信していません。この段階では、6桁の数字に達することは事実上不可能であることがわかります。今年末までに2万5千ドルの「控えめな」Bitcoinの価格はVaysの書籍にあります。別の有名なBitcoin愛好家のRonnie Moasも同じように考えています。彼の予測は、Bitcoinの価格を2018年のどこかで2万8000ドルとしています。

その楽観主義は、業界の誰もが共有するものではありません。金融分析会社Meraglimの戦略ディレクター、James Rickardsは非常に弱気です。スペクトルの両側からよりバランスの取れたビューを得ることが常に必要です。Rickardsによると、Bitcoinの現在の評価額は依然として高すぎます。この暗号侵害の投機的な性質を考えると、市場はどちらの方向にもスイングできることは明らかです。Rickardsさんが追加しました:

「今年度の目標値をどのように設定して正当化できるかはわかりません。私はビットコインが200ドルになると思う。残りの唯一の使用は犯罪者のためであり、粉砕を続けます。

Bitcoin先物と韓国

Bitcoinに関心があると言えば、いくつかの肯定的な兆候もあります。我々は、CMEによって提供されるBitcoin先物への関心高まっていることを見ている現在の2018年2月の販売台数は1,101台です。今週は2番目に高い数字で、人々がBitcoinの価格を前向きに高めていることを示している。一方、CBOEは4,225の販売量を見せている。これらの数字はまだ低いですが、数週間前と比べると明らかに向上しています。両社の5日間の平均販売数量は増加しています。しかし、それは自動的に高いBitcoin価格に変換されません。

最後に、韓国で再び物事が進行しています。数週間後、Bitcoin プレミアム価格が上昇しています。これは、多くの場合、市場の流動性が低下し、人々がBTCごとにより多くの支払いを余儀なくされた結果です。BithumbとUpbitはBitcoinをほぼ11,400ドルで取引しています。西洋世界は今のところ900ドルから1,000ドル低い。この不一致も以前から存在していました。それが以前に起こったとき、Bitcoinあたりのグローバルな価値は19,000ドルに急上昇しました。この点で歴史は非常によく繰り返されるかもしれません。

参考URL:https://www.newsbtc.com/2018/02/18/bitcoin-price-will-double-end-2018-says-researcher/

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ビットコイン、謎の大口買い

謎のトレーダーが4億ドル(425億円)相当の仮想通貨ビットコイン(BTC)買いを行ったことが市場で話題になっている。米マーケット・ウォッチなどが報じたところによれば、ビットコインの所有アドレス「3Cbq7aT1tY8kMxWLbitaG7yT6bPbKChq64」の人物が2月9~12日にかけてビットコインを大量に買ったとのこと。

このアドレスの保有するビットコインは5万5000BTCから9万6000BTC以上に増えたもよう。

ビットコインは15日に1万ドルの大台を回復した。2月に入ってからの下げ基調が一服する中、ネット上でも謎の大口の買い手が話題になっていた。

【QUICK Knowledge特設サイトのビットコイン価格(円ベース)】

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

参考URL:http://www.quick.co.jp/6/article/13973 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ビットコイン基金役員「年末までに4万ドル」9割の仮想通貨は失敗

1 


ビットコイン基金のルー・クラッセン執行役員が、年末までにビットコイン価格が4万ドルに達する一方で、90%のアルトコインは失敗するとの見方を表した。米ビジネスインサイダーが15日に伝えた

 クラッセン氏によると、多くの人が仮想通貨に投資する際リスクを取りすぎており、そのうち多くのプロジェクトが詐欺であることを指摘している。実際、今年に入ってから既に5件のICOや仮想通貨詐欺事件がわかっている。ただ同氏は仮想通貨コミュニティがすぐにこれら事例から学習して同じ間違いを犯さないようになるだろうとした。

 またクラッセン氏はビットコイン価格の上昇が漸進的なものにはならず、今後3~6カ月間はこれまでの3カ月ように上下しながら推移するとした。

 ちなみにリップルのブラッド・ガーリングハウスCEOも今月13日、ほとんどの仮想通貨の価値はゼロになるとのべていた。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-foundations-llew-claasen-says-bitcoin-will-hit-40000-90-of-altcoins-will-fail 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

「ビットコインの謎」を解いて1ビットコインをゲット!

1 


24のパズルを最初に解いたプレイヤーに1ビットコインをプレゼントするという新PCゲームが、2月20日にゲーム配信サイト「Steam」上でリリースされる。ゲーム開発者は、ビットコインウォレットの回復ツール「btcリカバー」の関係者ではないかと噂されているが、その正体は明かされていない。

 「モンテクリプト:ビットコインの謎」は、1人称プレイヤーがゲーム内の世界を移動しながら24の「謎」を解き、最終的な賞の獲得を目指すゲームだ。

 ゲームの価格は1ドル99セントで、最初の1人がパズルをすべて解決した時点で終了となる。

 ゲーム開発者はモンテクリプトの「よくある質問」ページで、「ビットコインを宣伝するのが目的ではない。ゲームの賞金としてビットコインを提供すると面白いと思った」と説明している。

 興味をそそられるのは、このページの「最後に一言?」と書かれたサブタイトルの下に、btcリカバーのギットハブ・レポジトリへのリンクが張られていることだ。開発者は、「これが参考になるかもしれない」と書いている。

 今回のプロジェクトは、最近話題の仮想通貨ゲームとは別のアングルを取り入れている。

 昨年12月には「仮想子猫(クリプトキティーズ)」がインターネットを席巻。そして今月は、新たにイーサリアムベースの「デウス・イーサ」が登場した。

 「トークンになったキャラクター」が一連のエピソードをナビゲートするデウスエスは、開発者曰く人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズを見ているようだ」という。

 一方、モンテクリプトのチームは、勝者が確実に賞金を受け取るまで自分たちの正体を明かさないとしている。


参考URL:http://livedoor.blogcms.jp/blog/gcuigzqu-ripple/article/edit?id=29718259 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

1


2月の暴落で、仮想通貨・ビットコイン(BTC)に対して、弱気になっている人もいるかもしれません。またそういう時に限ってネガティブな発言やニュースが出るのも、よくあることです。

今回は、ビットコイン(BTC)価格について興味深いデータがあったので紹介したいと思います。
まずは、2017年に大きく上昇した時のビットコイン(BTC)の相場を見てみましょう。

ビットコイン(BTC)価格 2017年からの動き


1 


2017年のスタートは1BTC:10万円。細かく言うと2016年の12月にビットコイン価格が10万円を突破して史上最高値更新に沸いていました。2017年1月入り、高騰するビットコインに対し、中国人民銀行(PBoC)のけん制発言で急落。当時はビットコインの取引シェア90%が中国だったので大事件でした。そこから考えると2017年、1年間の高騰、2018年の急落劇も歴史の一コマにすぎないのかもしれません。

ビットコイン(BTC)暴落の過去チャート①


出典:Bloomberg

2017年12月22日にBloombergに掲載されたチャートです。この時、ドルベースでビットコインが38%(19,511ドルから12,192ドルまで)下落しました。しかしこれまでのビットコイン価格を見ると、2010年以降、少なくとも3回は、70%以上の記録的な下落が起きています。
(2014年の「86%」という長い調整はマウントゴックス事件が発端ですね…)

記事では ”38%の下落なんて大したことないよ” と言いたかったのでしょう。

ビットコイン(BTC)暴落の過去チャート②


出典:Bloomberg

先日(2/6)の大暴落時(一時、1BTC=7691ドル)のチャートです。
この時の暴落でさえ、過去のチャートを比べるとわずか「61%」だったと伝えていますw

ビットコイン(BTC)の歴史的調整のデータ


出典:Bitcoin’s Biggest Crashes Ranked – Volatility, Reasons & History

reddit(アメリカのSNSサイト)で発見、2012年以降にATH(最高値)から30%以上の調整があった時のデータです。特に2013年は3日で83%暴落したり、1日で50%下げたりと大きな調整がありました。

今後起こりうる事

ビットコイン(BTC)価格の暴落はこれからも起きると思います。
しかしこれから続くてあろう長い歴史のうちでは、定期的に訪れる絶好のトレードチャンスになっているのかもしれません。急騰・急落時にも感情的にならず、このようなデータを把握しておくと、ビットコインと良い付き合いが出来そうですね。

参考URL:https://coinchoice.net/bitcoin_slump_past_history/ 


●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング