Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

政府によるビットコイン売却 「過大評価されている」=仮想通貨アナリスト

仮想通貨分析プラットフォームCryptoQuantの創設者兼CEOであるキ・ヨンジュによれば、ビットコイン(BTC)トレーダーは政府によるBTC売却を過度に懸念する必要はないという。

キ・ヨンジュ氏は7月5日のX投稿で、最近の政府の売却は重要ではないと指摘する。同氏は「政府の売却によるFUD(恐怖・不確実性・疑念)に取引を台無しにされるな」と言う。同氏によれば、世界各国の政府によるビットコインの売却は、全体の流入に比べてごくわずかだ。

最新の強気相場が始まって以来、約2500億ドルの流入に対し、政府が売却する可能性のある資金は100億ドル未満だ。「政府のビットコイン売却は過大評価されている」と同氏は述べている。「2023年以降、この市場には2240億ドルが流入している。政府が押収したBTCは実現時価総額で約90億ドルだ」。

Bitcoin realized cap with gov't sales data. Source: Ki Young Ju/X

キ・ヨンジュ氏の指摘は、政府の継続的な売却や破綻した取引所Mt. Goxに関連するウォレットからの移転に伴う売り圧力懸念を背景にした最近のBTC下落を受けてのコメントだ。

最近注目されたのはドイツとアメリカの両政府の動向だ。仮想通貨情報起業アーカムによれば、前者は過去数年間にさまざまな悪質な行為者から押収した4万1200 BTCをまだ保有している。

仮想通貨恐怖・貪欲指数は「極度の恐怖」に近づいていることを示しているが、キ・ヨンジュ氏は政府による売却だけに基づいたパニックにはあまり意味がないと見ている。「これは2023年以降の累積実現価値のわずか4%に過ぎない」と彼は説明した。「政府の売却によるFUDで取引を台無しにされるべきではない」。

Crypto Fear & Greed Index (screenshot). Source: Alternative.me

BTC価格:さらに下落する恐れ?

市場ウォッチャーたちは重要な長期サポートレベルに警戒を続けている。

スーパートレンドの下限である5万2000ドルはスポット価格に最も近いものの1つだ。一部のアナリストは、過去の強気相場では最高値から38%の下落を経験したと指摘。今週の調整は最高値から26%の下落に留まており、38%の下落ならば4万5000ドルへの反落もあり得ることになる。

強気相場での典型的なサポートは、現在スポット価格の上に位置しており、200日移動平均線は5万8550ドルにあり、ビットコインの短期保有者のコストベースは6万4175ドルとなっている。

BTC/USDは7月5日に4カ月ぶりの安値である5万3,500ドルに達した。翌日には価格は3000ドル近く反発して取引されている。

BTC/USD 1-day chart. Source: TradingView

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-sales-govt-225b-bull-market-inflows-analyst 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ビットコインは逆風で立ち往生、グラスノードは●●万ドルを予測

ビットコイン(BTC)は5月1日以来はじめて、56,700ドル(約913万4,000円)レベル以下にまで価格を下げました。現在アメリカの政治不安など、ビットコインは強い逆風の中にあり、20%近い価格下落は投資家の不安をあおっています。

ビットコイン価格下落の要因は?

ブルームバーグ(Bloomberg)の最新レポートによると、投資家はバイデン大統領の選挙戦離脱を重く見ているようです。共和党のトランプ氏が暗号資産(仮想通貨)に歩み寄る中で、新たな民主党候補者が反対の立場に立つ可能性があるからです。

デジタルアセット・キャピタルマネジメント(Digital Asset Capital Management)の共同創業者リチャード・ガルビン(Richard Galvin)氏は、短期的なビットコインの弱気に影響する、仮想通貨不支持の民主党候補者の登場もあり得ると見ています。

もう1つの不安要素は、10年近く前に起こったマウントゴックス(Mt.Gox)社の破綻事件に関して、被害者に弁済を始める計画があることです。この原資は80億ドル(約1兆2,890億円)分のビットコインと見られており、その中からどの程度が売却されるのかは不透明ですが、大規模な売りは価格にも影響するでしょう。

トレーダーは、アメリカ政府とドイツ政府による、ビットコイン資産の売却リスクにも注目しています。アーカム・インテリジェンス(Arkham Intelligence)のデータでは、ドイツ政府は押収したビットコインの一部7,500万ドル(約121億円)相当を、7月4日に複数の取引所へ送金した模様です。

さまざまな要素によるビットコイン市場へのインパクト

一方ビットコインのブロックチェーンを維持するマイナーも、依然として半減期による資金リスクに直面しており、報酬が減少する状況が続いています。

クリプトイズマクロナウ(Crypto is Macro Now)のニュースレターを担当するノエル・アチソン(Noelle Acheson)氏は、一部のマイナーが保有資産を部分的に売却していて、それがビットコインに対する売り圧力になっていると主張します。

彼はアメリカ経済のデータが弱気に向かえば、米国連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策緩和の期待が高まり、市場心理が急激に変化する可能性も指摘しています。

前向きな話題では、イーサリアム(ETH)現物ETFの承認が、市場の雰囲気を大きく変えるという意見もあります。またアメリカの政治が、時と共に転換する可能性も低いとは言えません。

ビットワイズ(Bitwise)の投資部門責任者マット・ホーガン(Matt Hougan)氏は、民主党の候補者交代が仮想通貨にとって良い方向に作用するという見解です。彼はこの1年間で、デジタル資産に対するアメリカ政府の態度が、ポジティブに変化している点を強調しています。

グラスノードは強気の展開を予測

グラスノードの共同創業者であるヤン・ハペル(Jan Happel)氏とヤン・アレマン(Yan Allemann)氏は、強気の主張を維持しており、市場がピークに達する前にビットコインは110,000ドル(約1,772万円)に届くと予測しています。

彼らは現在の持ち合い状態を、前回の史上最高値エリアへのリテスト段階と見ています。ビットコインは今後64,000ドル(約1,031万円)と70,000ドル(約1,128万円)のキーレベルを突破する必要があり、そのためには市場の展開と価格動向の活性化が不可欠だという見解です。

クロプトクアント(CryptoQuant)のジュリオ・モレノ(Julio Moreno)氏は、ビットコインの適正価格を割り出す「メトカーフの法則(Metcalfe Price Valuation)」を用いて、ビットコインの重要なサポートラインを56,000ドル(約902万円)と算出しました。彼は、もしもこのキーレベルの維持に失敗すると調整がさらに強まり、市場により深刻な影響をもたらすと推測しています。

日本時間の7月5日正午時点で、ビットコインは直近24時間で6%ほど値を下げ、55,400ドル(約892万5,000円)レベルにあります。すでにモレノ氏の予測を下回っていますが、果たしてこの状況を覆す材料があるのでしょうか。

参考資料:https://coinchoice.net/bitcoin-stuck-in-headwinds-glassnode-predicts-110000/

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

仮想通貨スタートアップ、トークン化した●●をビットコインのレイヤー2上で発行

仮想通貨スタートアップのハミルトンが、ビットコインのレイヤー2ブロックチェーン上でトークン化された米国債を発行した。同社は、この発行が初の試みだと主張している。

ハミルトンの米国債トークン(HUST)は、スタックス、コア、BoB(Build on Bitcoin)のビットコインレイヤー2ソリューションで利用可能である。最初のHUST取引は7月4日に行われたと発表された

ビットコインネットワークの安定性とステーブルコインよりも高い利回りを提供

ビットコインレイヤー2の分散型金融エコシステムの利用は、ビットコインネットワークの安定性と米ドルの信頼性を組み合わせると、同社は述べた。ビットコインレイヤー2はネットワークのスケーラビリティと機能性を向上させる。ハミルトンの共同創設者兼CEOのカスタウィ氏は、「米国債とビットコインのセキュリティと透明性を組み合わせることは、金融独立への歴史的な一歩であり、新興市場への重要なエクスポージャーを提供する」とのべた。

ハミルトンの役員は「カスタウィ」とだけ示されている。

Source: Hamilton

レイヤー1の減速に伴い、ビットコインレイヤー2が急成長

トークン化された現実世界資産(RWA)、例えば米国債、不動産、証券などの金融商品は、Web3経済に参加し、交換、転送、活用できる。これらRWA資産の時価総額は80億ドルに達している。米連邦準備制度の金利政策により、米国債はステーブルコインの利回りと競争できるようになり、リスクもはるかに低い。

2023年以降、ビットコインネットワークには3つのトークン標準が存在している。ビットコイン(BTC)に加えて、2023年初頭にはサトシに刻まれた非代替性トークン(NFT)を発行するためのオーディナルが導入された。2024年4月には、ビットコインブロックチェーン上で直接アルトコインを発行するためのルーンズが導入された。

ビットコインネットワークのトラフィック増加により、処理時間の遅延と手数料の上昇が発生し、ビットコインレイヤー2の開発が進んでいる。ビットコインレイヤー2のライトニングネットワークは、レイヤー1よりも速くBTCの転送を処理するために開発された。

レイヤー2はまた、ビットコインネットワーク上でスマートコントラクト依存の分散型金融、いわゆるBTCfiを実行することも可能にする。

HUSTをホストするコアDAOは、BTCレイヤー2ソリューションに加えてレイヤー1ブロックチェーンも運営している。BitgetやMEXCなどの仮想通貨取引所からの支援を受けている。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/crypto-startup-tokenized-us-treasury-bonds-bitcoin-layer-2 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ビットコインマイニング業界、●●の関心集める──AI企業との取引がきっかけ:JPモルガ


ビットコインマイニング業界、投資家の関心集める──AI企業との取引がきっかけ:JPモルガン
  • コア・サイエンティフィックがコアウィーブとAI関連の契約を結んだことで、ビットコインマイナーへの投資家からの関心が高まっているとJPモルガンはレポートで述べた。
  • アイリス・エナジーは、成長するハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)やAIのチャンスを活かすベストポジションにあるという。
  • 投資家は、マイニング施設の代替ユースケースと電力アクセスの価値に気づきつつある。

ビットコインマイナーのコア・サイエンティフィック(Core Scientific)がAI(人工知能)企業のコアウィーブ(CoreWeave)と契約したことを受けて、ビットコイン(BTC)マイニング業界は投資家の関心をますます集めていると米銀最大手のJPモルガンは6月24日、リサーチレポートで述べた。

ビットコインが7%下落し、S&P500株価指数が3%上昇したのに対し、同行が追跡しているマイニング企業14社の時価総額は、契約の発表以来22%、40億ドル(約6400億円、1ドル160円換算)増加したと同行は指摘した。

コア・サイエンティフィックは今月初め、クラウドコンピューティング企業のコアウィーブと200メガワット(MW)のAI関連契約を結んだと発表。投資家はこの発表にポジティブに反応し、ビットコインマイニング・セクターの再評価のきっかけとなった。

今回のコア・サイエンティフィックの取引は「マイニング施設の代替(そして潜在的に拡大する)ユースケースと、電力アクセスの希少性および価値」を反映していると、同行アナリストのレジナルド・スミス(Reginald Smith)氏とチャールズ・ピアース(Charles Pearce)氏はレポートで述べた。

「ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)プログラムに関与するマイナーの多様化を裏付け、加速させる」

JPモルガンが「オーバーウェイト」と評価するアイリス・エナジー(Iris Energy)は、HPCやAIのチャンスを活かすベストポジションにあり、同社は余剰電力容量を持ち、ビットコインマイニングに固執していないとレポートは記している。同社はHPCのトレンドを早期に取り入れ、自社施設でグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)をすでに稼働させていると同行は指摘。同社は質の高いデータセンターを予定通りに建設、提供した実績があり、十分な量の電力にアセススできる。

「ニュートラル」と評価されているサイファー・マイニング(Cipher Mining)は、魅力的な電力コストと強力な運用実績を持つが、アイリス・エナジーよりも電力パイプラインが弱いと同行は述べた。

ライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)もJPモルガンでは「オーバーウェイト」評価だが、「いまだにビットコインマイニングに完全にコミット」しており、豊富な電力容量を持つにもかかわらずHPCにあまり関心を示していない。

「アンダーウェイト」のマラソン・デジタル(Marathon Digital)と、「ニュートラル」のクリーンスパーク(CleanSpark)は、「電力効率で見ると、最も費用がかかっている」とレポートは記している。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/237851/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

ビットコイン 「劇的に●●することはないだろう」=元ペイパルCEOのピーター・ティール氏

元ペイパルCEOのピーター・ティール氏は、ビットコイン(BTC)の将来の価格が現在の価格水準から「劇的に」上昇するかどうかについて疑念を示している。

億万長者であるティール氏は、いまだに「いくらか」のビットコインを保有しているが、もっと買っておくべきだったかもしれないとも語った。ビットコインの「ETF版」が登場した今、次の購入者がどこから来るのか確信が持てないと述べた。

「ここから劇的に上昇するかどうかはわからない。ETF版を手に入れたが、他に誰が買うのか不明だ」と、ファウンダーズ・ファンドの創設者であるティール氏は6月28日にCNBCに語った「まだ多少は上がる可能性があるが、これは不安定で波乱の多い道のりになるだろう」とも述べた。

ティール氏は以前、2021年10月にビットコインに「十分に投資していない」と述べていた。当時、仮想通貨は約3週間後の最高値6万9000ドルに向かって急騰していた。

しかし、ティール氏のファウンダーズ・ファンドはビットコインに関して非常に優れた歴史を持っている。2014年に初めてビットコインに投資し、市場が2022年に下落する直前に18億ドルの利益を得た。ファウンダーズ・ファンドは2023年にビットコインが3万ドル以下で取引されていた時にさらに1億ドルを購入した

ビットコインはそれほどサイファーパンクではない

ティール氏はビットコインが当初考えていたほどサイファーパンクではないとも指摘している。

「ビットコインのサイファーパンク、暗号アナーキスト、リバタリアン、反中央集権的なビジョンについてはあまり確信が持てなくなった」とのべた。「それがビットコインに出会った時に素晴らしいと思ったことだった」とティールは振り返った。

ティール氏は現在、ビットコインが「本来の機能を果たしていない」と考えている。「FBIの人々が、犯罪者が100ドル札を使うよりもビットコインを使ってくれた方が捜査がずっと楽と言うとき、それはビットコインが本来の目的を果たしていないことを示唆している」とティール氏は語った。

しかし、ビットコインは公開され、パーミッションレスで分散型の台帳として設計されており、モネロや他のプライバシー重視のネットワークのように完全に追跡不可能な取引を意図していなかった。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-future-price-wont-dramatically-increase-says-peter-thiel 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/