Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

仮想通貨ビットコインの次のピークはどこか? ●万5000ドルから●●万6000ドルの間になる可能性=クラーケン分析

1 

2011年にまでさかのぼるビットコイン(BTC)の値動きの分析は、コインの価格が次に7万5000ドルから30万6000ドルの間のどこかでピークに達する可能性があることを示唆している。

過去の高値と安値を結ぶ対数的成長曲線の読み取りに基づくと、7万5000ドルというコイン価格はビットコインが買われ過ぎの領域に入ったことを示し、現在の強気相場の終わりを示す。

「以前のサイクルに基づいて、ビットコインは最終的に放物線状になり、価格が徐々に上昇し続けて以降につぶつかるだろう。これが4番目の強気相場サイクルの終わりを示す」と、クラーケンのレポートでは書いている。

過去の価格調整の分析はさらに大胆な予測を投げてい来る。すべてが同じ条件であれば、BTCが現在の成長曲線に沿って続き、その後、以前の市場の暴落と同様の調整に入れば、次の底値は3万ドルになるという。

この底値に基づいて、調整の程度に応じて、次の市場ピークについて予測を試みることができる。

現在のサイクルでビットコインが70%調整する場合、前述の3万ドルの底値に達するには、コイン価格が10万2000ドルのピークに達する必要がある。

同様に、90%の調整であれば30万6000ドルが高値のピークとなり、86%の調整となれば22万1000ドルが高値のピークとなる。いずれにせよ、レポートによると、歴史はビットコインが市場の高値から「遠く離れている」ことを示唆している。

もう1度ヒストリカルデータに飛び込むと、2021年第1四半期は、収益率と年間ボラティリティに基づくと、ビットコインの過去12年間の中で3番目にパフォーマンスの高い四半期であるという。

クラーケンの調査によると、3月は歴史的にビットコインにとって悪い月であり、取引を開始してからこの期間中にコインの価格が上昇したのは2回だけだ。過去には、3月は平均して2月の成長よりも11%下回っている。

レポートではまた、ビットコインが2013年第1四半期と同様の傾向にあることにも言及している。これは、ビットコインの歴史の中で最も実りの多い第1四半期だ。2つの時期の相関係数は0.82となっており、これは有望な兆候だ。ビットコインが3月にアンダーパフォームするという傾向を覆すかもしれない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-s-next-top-could-be-between-75k-and-306k-kraken-research-suggests 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

MicroStrategy社が再び押し目買いか、10億円相当のビットコイン買増し

MicroStrategyの押し目買い

米ナスダック上場企業MicroStrategy社が5日、1,000万ドル(10億円)相当の現金で暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)を更に買い増したことを報告した。購入数は、約205 BTCだ。

Saylor CEOのSNS投稿によると、今回の平均取得価格は48,888ドル(約530万円)。今回に加え、同社のビットコイン保有数は、約91,064 BTCと計上される。テスラやSquare社のビットコイン保有数をはるかに超えており、最も保有する米上場企業だ。

以下は主な上場企業のビットコイン保有数リスト。(データはこちら

  • MicroStrategy: 91,064 BTC
  • テスラ: 48,000 BTC
  • Galaxy Digital Holdings: 16,402 BTC
  • Square Inc.: 8,027 BTC
  • Marathon Patent Group: 4,813 BTC

MicroStrategy社の今回の購入は、3月における二度目の買増し発表となった。3月1日にも、1,500万ドル(16億円)分のビットコインを追加購入したことを明かしていた。

関連:マイクロストラテジー社、ビットコイン買い増し 下落時に押し目買いか

一方、2月24に転換社債の発行で資金調達した1,000億円相当の資金で19,452 BTCを購入したことが発表されたが、同社の株価にはネガティブな影響を与えているようだ。

関連:マイクロストラテジー社、1000億円相当のビットコイン追加購入

株価(MSTR)は今年の2月9日に記録した過去最高値から約-53%下落。2月までの高騰の反動で利益確定売りが先行したほか、直近では、米長期金利急騰の影響で投資家がリスクオフに転じる姿勢が強まり、金融市場全般が全面安となったことや、転換社債の発行による「1株価値の株式希薄化」への懸念も、MicroStrategy社の株安の背景になっていると見られる。

出典:Tradingview

2020年8月11日に、ビットコインの購入を始めて明かして以降、これまで複数回にわたって追加購入を実施してきた同社の株価は、ビットコインの価格との高い連動(相関性)を指摘されていたが、今後の動向はさらに注目されるだろう。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=226019 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

米マイクロストラテジーが新たに約16億円分のビットコインを取得

1 

ビットコインの大量保有で知られる米マイクロストラテジー社が1日、新たに328BTCを取得したことを発表した。1500万ドル(約16億円)の現金で支払われたという。平均取得価格は45710ドルだったようだ。

これにより同社が保有するビットコインの量は総額43億ドル(約4600億円)の90859BTCとなった。

同社はこれまでの五か月間、ドルコスト平均法で毎月ビットコインを買っていることになる。これまでの平均取得価格は24063ドルだ。

同社は2020年8月に初めてビットコインを取得。2.5億ドルで21454BTCを購入して以来、年末までに7万ドルを蓄積して話題になっていた。

さらに2月には9億ドル分の転換社債を発行しビットコイン購入にあてた。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/more-bitcoin-michael-saylor-s-microstrategy-just-keeps-buying-btc 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

マイクロストラテジー社、1000億円相当のビットコイン追加購入

米ナスダック上場企業MicroStrategy社が24日、10.26億ドル(1087億円)のビットコインの追加購入を発表した。

今回の資金は、転換社債の発行で資金調達したもので、目論見書通りにビットコインを追加購入に充てた格好だ。

転換社債は、一定の条件で株式に転換できる権利の付与された社債のこと。私募とは公募と異なり、適格投資家や機関投資家などを相手方とする場合を指す。MicroStrategyが私募で販売するのは、シニア転換社債」で2027年2月に満期を迎える。

MicroStrategy社が転換社債を発表したのは2月16日。当初、6億ドルを想定していたが、その後10億ドル台まで金額を引き上げた。

今回のビットコインの購入で、新たに19,452BTCを取得。計90,531BTCを保有するに至っている。同社はこれまで、21億7100万ドルをビットコインの購入に充てており、平均取得単価は23,985ドル(254万円)になるという。(今回は52,765ドル)

ビットコインの購入を続ける同社のCEOは、ビットコイン価格の将来性に高い評価をしており、「100倍になり得る」など、大胆な価格予想も展開してる。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=223229 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

億万長者ビル・ゲイツ氏、ビットコインに対する「現在のスタンス」を語る

ゲイツ氏の見方は?

億万長者のビル・ゲイツ氏の暗号資産(仮想通貨)ビットコインに対する考えに、多少の変化が生じている。

CNBCの金融番組Squawk Boxに出演したゲイツ氏は、自身がビットコイン(BTC)を所有していないことを明かし、ビットコインに対する立場は中立であると回答した。

ゲイツ氏は2018年、ビットコインの価値を全面的に否定していた人物。誕生日にビットコインをもらった際はすぐに売却し、「容易に空売りできればそうしたい」とコメントしており、Squawk Boxでの発言で変化が見られている点に注目が集まっている。今回の取材では、現在のビットコイン市場で空売りする意欲はないとも回答している。

一方、投資意欲については否定的で、ビットコイン市場の先行き不透明性を理由に挙げた。「ビットコインのボラティリティ(価格変動率)が激しく価格の方向性を予測することが難しい」としている。

また、「お金のデジタル化と送金コストの削減はゲイツ財団が途上国で進めていることでもある」とコメントして、ビットコインのコストを引き下げる送金手段としての魅力も伝えた。

ビル・ゲイツ氏は大手IT企業マイクロソフトの共同創設者。一位のアマゾンの元CEOジェフ・ベゾス氏、2位のテスラのイーロン・マスクCEOに続く形で、世界の億万長者番付で現在3位に位置する。(ブルームバーグ2021年2月17日のランキング)

テスラ社が先日、総額15億ドル(1,600億円相当)のビットコインを購入したことを発表。S&P500に入る大手上場企業がビットコインに投資したことを受け、米マスコミも大きく注目し始めており、著名人へのビットコインに対する立場や見解を質問する機会が増えている。

最近では、マイクロソフトのBrad Smith CEOへのCNNの取材で、ビットコインの購入計画に関する質問が見られた。Smith氏、現在は購入の検討はしていないが、「もし将来ビットコインの投資方針に変われば、すぐ伝える」とコメントしている。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=221537 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/