Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

プライバシーを意識した4つのビットコインミキサー

112 


ミックスする前に、基本を知る

Torを使用してもインターネットの匿名性が得られないように、ビットコインのミキシングだけでは自動プライバシーが付与されません。これは役立ちますが、KYCを実施するエクスチェンジを使用しない、新たに混合したUTXOを再結合しないなど、他のプライバシー強化技術と組み合わせて使用​​する場合にのみ有効です。News.Bitcoin.comは、近い将来にミキシングサービスを使用する際の匿名性を高める方法を検討します。今のところ、次のミキシングサービスはプライバシーの特効薬ではないことを知ってください。ただし、開発者が推奨するように使用すると、コインの互換性を大幅に高めることができます。

プライバシーを意識した4つのビットコインミキサー

ビットコインミキサー

Bitcoin Mixerはその名前のとおりに動作しますが、さらに多くの機能を備えています。BTCを混在させることに加えて、サービスはLTCおよびETHでも同じことを実行でき、最も一般的な3つの暗号にプライバシーを提供します。これは保管サービスです。これは、一般に、プライバシーを数値で提供するためにピアに依存している非管理サービスよりも大量のコインを混合できることを意味します。このサービスの使い方は簡単です。シャッフルされたコインの送り先のアドレスを入力し、スライダーをドラッグして、30分から20時間の範囲で希望する混合時間を選択します。待機する時間が長くなればなるほど、予想される匿名性の度合いは大きくなります。プラットフォームの料金は2〜5%です。

プライバシーを意識した4つのビットコインミキサー

キャッシュシャッフル

BCH旅団用の1つであるCashshuffleは、ビットコイン現金の非カストディアル混合を提供します。完全に分散化されており、BCHウォレットのUTXOを他のCashshuffleユーザーのUTXOと混合することで動作します。電子マネーなどのウォレットと互換性のあるCashshuffleを通じて、4,000万ドル以上のBCHが混合されています。ビットコインキャッシュミキシングの世界に慣れていない場合は、news.Bitcoin.comがサービスの使用に関する詳細なガイド公開しています。Cashfusionとして知られるTor統合バージョンのサービスも計画されており、ブロックチェーンフォレンジック会社がBCHユーザーのプロファイルを作成する能力をさらに低下させます。

プライバシーを意識した4つのビットコインミキサー
Whirlpoolは、ブロックチェーンフォレンジック企業がオンチェーントランザクションを相関させるために使用する確定的なリンクを削除することを約束します

ワールプール

ほとんどの非カストディアルBTCおよびBCHミキサーは、Coinjoinの実装に基づいています。Coinjoinは、複数のユーザーからのビットコイン支払いを単一のトランザクションに結合し、その発信元をマスクする信頼できない方法です。CashshuffleはCoinjoinに基づいており、2つの最も人気のあるウォレット統合BTCミキサーであるWhirlpoolとWasabi も同様です。前者はSamourai Walletによって開発され、非カストディアルウォレットのユーザーは、さまざまなサイズの3つのプール(0.01、0.05、および0.5 BTC)の 1つから選択することで、UTXOを他のウォレットと混合できますたとえば、混合するBTCが1つある場合は、0.5 BTCを選択しますプールとUXTOは、すべてのコインがクリーニングされるまで2サイクルで送信されます。Whirlpoolの料金は、1枚のコインを混ぜても10枚を混ぜても同じままで、SamouraiのWhirlpool Coinjoinの実装は費用対効果が高くなります。また、高速です。

プライバシーを意識した4つのビットコインミキサー

わさびwallet

SamouraiとWasabiは、ミキシングサービスがより大きな匿名性を提供することをめぐる紛争に取り組んでいます。Samouraiは現在のところ優位にあるように見えますが、それはWasabiを償却する必要があるという意味ではありません。これはプライバシーを意識するための優れた非保管BTCウォレットであり、統合されたChaumian Coinjoinミキシングサービスは継続的に改善されています。Plustoken詐欺師は、Wasabiを介して何千ものBTCを洗おうとしたことで有名であり、トランザクションのサイズが原因で失敗しました。適度な量のBTCを混合しようとする通常のユーザーの場合、匿名性を高め、精査を少なくして、Wasabiを日常使用に最適にする必要があります。

プライバシーを意識した4つのビットコインミキシングサービス
ワサビのCoinjoinの動作。

保管用または非保管用のビットコインミキサーの使用を計画している場合でも、宿題をし、いくつかのレビューを読み、その仕組みに慣れてください。次に、UTXOの最初のセットを正常にミキシングした後、自分の所有する新しいコインで習慣的にエクササイズを繰り返すポイントにします。あなたのデジタルハウスを掃除すると考えてください。その過程で、あなたは仲間の共同参加者の匿名性を高めることにもなります。

参考資料:https://news.bitcoin.com/4-bitcoin-mixers-for-the-privacy-conscious/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ビットコイン価格を決める仮想通貨取引所は主に世界10社 日本の取引所も2社リスト入り

ビットコインの価格発見

ビットコイン(BTC)の価格形成(価格発見)を主導している取引所は、大手10社に集中していることが判明。仮想通貨分析企業DARが研究報告をリリースした。

価格形成(価格発見)とは、銘柄の価格を市場内外へ迅速かつ正確に伝えること、つまり取引所に表示されている取引価格を指す。DARが調査したのは、価格を先導し目安となる値動きの水準を提供する取引所だ。

DARによれば、昨年の4月〜12月渡り、仮想通貨の価格を先導していたトップ10の取引所は、バイナンスやLiquid(リキッド)、コインベース、Bitfinexなどの主要取引所だ。日本発の取引所としては、リキッドとビットフライヤーもこのランキングに入っている。

出典:DAR

仮想通貨市場では、水増しなどの不正出来高が横行しているとの指摘が多く見られる。例えば昨年、ETF申請企業Bitwiseは95%のビットコイン出来高が偽物との報告を行なった。

仮想通貨ベンチマークCoinGeckoは信用スコアで取引所のランキングを評価したところ、DARのランキングにほぼ一致していることがわかった。よって、価格形成と出来高の真偽などの要素には緊密に関連している。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=127190 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

仮想通貨ビットコインSV推進団体、「サトシ・ナカモト奨学金」授与者を発表

仮想通貨ビットコインSV推進団体、「サトシ・ナカモト奨学金」授与者を発表【ニュース】

仮想通貨ビットコインSV(BSV)を推進するビットコイン協会は1月9日、ケンブリッジ大学ヒトゲノミクス研究の博士課程学生ロビン・コウゼ氏が、ブロックチェーンアプリの研究・技術開発を支援する「サトシ・ナカモト奨学金」初の獲得者となったと発表した。奨学金の名称は、ビットコイン(BTC)の生みの親「サトシ・ナカモト」にちなんだとしている。

プレスリリースによると、ビットコイン協会開催の第2回BSVハッカソンにおいてコウゼ氏が2位になり、奨学金を授与したという。コウゼ氏のプロジェクト「HIVE(ハイブ)」は、分子動力学をヒントにしたインセンティブシステムを実装することで、世界中の個人による情報を結び付ける分散型コンテンツ・プラットフォームを構築するというもの。基盤としてBSVブロックチェーンを利用しており、今回の奨学金を基にHIVEを運用可能なプラットフォームに発展させるという。

HIVEの詳細は、以下のように説明されている。

「情報を内蔵するすべての『コンテンツ』ノードは、ひとつ以上の『リンク』ノードを備える。また、任意のノードに対して新しいリンクを接続するには、新たな知識ネットワークを生成するためのコストがかかる。これら仕組みにより形成される網の目のようなデータベース(グラフデータベース)は、BSVブロックチェーンに直接保存・維持され、相互運用性と透明性を実現する」

コウゼ氏は、「HIVEでは、オリジナルのBTCプロトコルを利用し、ゲーム理論的なルールセットの新しい組み合わせを実装しており、ますます偏在化する情報・コンテンツを多様な視点で関連付ける」コメントした。

ちなみにBSVを推進するビットコイン協会は、発表の中で「サトシ・ナカモト(別名クレイグ・ライト)」と表記している。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/student-wins-satoshi-nakamoto-scholarship-to-build-media-focused-platform 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ビットコインの本質価値 仮想通貨採掘コストから算出=JPモルガンアナリスト

ビットコインの本質価値

JPモルガンのアナリストのNikolaos Panigirtzoglou氏はブルームバーグに対し、採掘コストから算出したビットコインの本質価格の分析結果を発表。採掘コストに裏付けられるとされるビットコインの価値を比較チャートで報告した。

JPモルガンの公開したデータによると、ビットコインのマイニングに投入される計算リソースや電力からその本質的な価値を算出しており、現在もBTC価格が本質的な価値を上回っていることから下振れリスクを抱えているとPanigirtzoglou氏は分析している。

ビットコインの市場価格と本質的な価値 (黒線が市場価格、青線が本質的価値)
引用:J.P.Morgan

チャートによると、乖離が見られていたのは、2017年のバブル期以来。2018年は1年を通して採掘コストから算出した本質価値に沿った価格推移を継続している。

一方で、2019年の4月から高騰したビットコイン価格は未だ本質価値より高値で取引されているとことを、比較チャートは示しているという。

13日にCMEのBTCオプション開始、市場は高い期待感

また、現地時間13日に予定されているCMEのビットコインオプション取引が開始は、すでに市場参加者の高い期待感を反映していると指摘した。

年末からCMEビットコイン先物の建玉が69%増加している点がこのオプションへの期待感を示していると指摘、以下のようにコメントしている。

この数日間の普通でない建玉の増加は(13日開始の)オプション取引への市場参加者の強い期待を反映している可能性が高い

仮想通貨デリバティブ市場を分析するskewの公開したツイートを見ると、実際ここ数日間で建玉が急増しているのが見て取れる。

なお、Bakktは12月9日よりBTCオプションを提供している。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=126801 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ビットコインを買うなら何曜日? データ分析でわかった仮想通貨相場の「曜日効果」

ビットコインを買うなら何曜日? データ分析でわかった仮想通貨相場の「曜日効果」

今週はCMEによるビットコインオプションの開始やVisaによるPlaid買収といったニュースで、ビットコイン価格は9000ドル近辺まで上昇。過去2ヶ月間で最も高い値を付けた。

年初からのビットコイン価格上昇と、将来への強気シナリオにより、新たな仮想通貨投資家を惹きつける可能性があるだろう。しかし、ビットコインは年中無休で取引されている。それでは、果たして特定の曜日に投資することに違いはあるのだろうか?

株式市場では曜日によってリターンの違いについて「週末効果」というのがある。これは、月曜日の株価の平均リターンがマイナスだというものだ。この理由の説明として、株式市場が週末にマーケットが開かれていないため、特定の株への影響が月曜日に顕著に現れるとされている。

しかし仮想通貨市場は週末に閉じることはない。それでは月曜日にビットコインはどのような値動きをしているだろうか?

ビットコインの19年の週間トレンド

2019年はじめから2020年1月13日までのビットコインのリターンを分析すると、金曜日が1.1%と、最も高い平均リターンとなっている。対照的に、火曜日は-0.24%、木曜日は-0.97%と平均リターンがマイナスとなっている。

投資家が2019年はじめの特定の曜日に投資を開始した場合、金曜日は最高の累積リターンを示し、その次は月曜日となっている(図1)。金曜日を例にとると、木曜日の終値でBTCを買い、金曜日の終値でBTCを売るという戦略を想定している。

終値(UTC時間)は単純化するために用いている。その曜日の何時に取引するかは実際は投資家の好みによるだろう。ほかの曜日が選択された場合には、同じ購入/売却の原理を適用している。

Cumulative Return for investing on a specific day only between January 2019 and January 2020

図1: 2019年1月から2020年1月の間の特定の曜日に投資した際の累積リターン

長期的なビットコインの週間トレンド

図2からもわかるように、より長い期間のビットコインのリターンを見てみると、月曜日がすべての曜日の中で最高の平均リターン(0.54%)となっていることがわかる。

一方、木曜日と水曜日は、それぞれ-0.09%と-0.23%の平均リターンとなっており、ビットコイン投資には向いていない曜日といえる。

月曜日のこのアノマリーは、使用される回帰モデルから統計的に有意な結果を得ることができたのが月曜日のみだったという統計的な観点からも補強される。

不思議なことに、ビットコインは伝統的な株式市場の「週末効果」とは対照的に月曜日が平均してプラスのリターンとなっている。

Average Daily Return for each Day of the Week between April 2013 and January 2020

図2: 2013年4月から2020年1月までの各曜日の平均日次リターン

図3で示すように、2013年4月から始まる長期サンプルを使用して、週の1日にのみ投資する投資家は、月曜日を選択するとベストなパフォーマンスを得ることができる。その次に平均リターンが高いのは土曜日だ。

Cumulative Return for specific day investment during the entire sample analyzed (Between April 2013 and January 2020)

図3: サンプル全体における特定の曜日での投資による累積リターン(13年4月~20年1月)

バブル発生時のケース

2017年にはビットコインが爆発的に上昇したボラティリティの高い時期があった。それが長期間のサンプルの平均リターンにどのような影響を与えているのかは無視できないものがある。その期間を分離してみると、月曜場が曜日全体の中で最も高い平均リターン(1.5%)を示しており、その次は木曜日(0.55%)となっていることがわかる。

Average Daily Return for each Day of the Week between during 2017

図4: 2017年の各曜日の平均日次リターン

つまり、ビットコインのユニークな特徴として、従来の株式市場とは逆の挙動を示していることになる。より長い期間で考慮した場合、月曜日の平均リターンはプラスとなっている。ただし、より短い時間枠でみた場合には、金曜日が最も平均リターンが高かった。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/new-analysis-finds-that-mondays-are-the-best-days-to-buy-bitcoin 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング