Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

ビットコイン

「仮想通貨ビットコインは存在自体に価値」NY大教授ら論文、金融政策への規律に期待

2 

ビットコインのようなプライベートで分散型の仮想通貨は、「存在するだけで」市民に恩恵を与えていると主張する論文をニューヨーク大学のデービッド・ヤーマック教授らが発表した

「プライベートなデジタル通貨が政策にどのような影響を与えるか?」という論文の中で、ヤーマック教授らは、仮想通貨の恩恵は実際に人々が使うかどうかという切り口に縛られないと指摘。以下の3つの恩恵があると述べた。

  • 仮想通貨は多様性をもたらすことで市民の福祉にとってプラスになる。
  • 仮想通貨は、地元での投資を促す。仮想通貨での投資だけでなく、地元経済に対する投資を拡大させる。また、地元の法定通貨に対する代替を提供することで、その存在が金融政策への規律をもたらす。その結果、過度な金融政策によるインフレを抑制し、投資による高いリターンをもたらす。
  • 政府は仮想通貨への課税によって歳入を増やせる。

また、ヤーマック教授らは、「堕落した」新興国市場で仮想通貨は本領を発揮していると主張。アルゼンチンのペソやトルコのリラの急落を念頭に、「市民の幸福ではなく私利私欲に基づいた政策をする堕落した新興国」にとって「仮想通貨は大きな意味を持つだろう」と述べた。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-simply-existing-positively-impacts-monetary-policy-research 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

●●ドルを超えるビットコインの下落が「非常に起こりにくい」理由

Bakktが大いに注目を集めているBitcoin先物の発売日を確定したという事実にもかかわらず、暗号通貨市場は回復しませんでした。

これを書いている時点では、主要な暗号資産は現在、1個あたり10,150ドルで取引されており、過去24時間で2%減少しています。雄牛が暗号通貨ホイールを制御できなかったため、アルトコインはそれに続き、ほぼ同一の損失を出しました。

関連資料:中国からの関心の高まりはビットコインの価格を上昇させるでしょうか?

そのため、一部のアナリストは弱気口調を維持しており、ビットコインの価格をさらに明らかにする可能性を求めています。しかし、ある著名なアナリストは、劇的な動きの低下はほとんどあり得ないと主張しています。

ビットコインは8,000ドルを下回る可能性は低い 

過去1週間、ビットコインは最高の時代を迎えていません。Coin360によると、暗号通貨は衝撃的な12%を削減しました。これは、多くのアナリストが強気市場の初期段階と呼んでいるものの中で発生する損失です。

著名な金のバグであり暗号解読者のコメンテーターであるピーター・シフは、その後ランバストBTCに出て、この崩壊が強気相場がすでに終わっており、市場レベルに戻る動きが差し迫っていることを暗示しているかもしれないことに触れました。

しかし、著名な業界アナリストであるJosh Ragerからの最近のツイートによると、これは非常にありそうにないことです。Ragerは、ビットコインの最近の騒動は、「大規模なプレーヤーが14,000ドル近くで利益を上げた後に起こった1つの大きな再蓄積」の明確な兆候であると示唆しました。

彼は、ビットコインの価格は今後数週間で低下する可能性があるが、20週間の移動平均が存在するという事実を引用して、「8,000ドルを下回る」可能性は「非常に低い」と付け加えた。

そして、上のチャートに見られるように、BTCは前回のブルランでの20週間の移動平均から明らかに跳ね返りました。

関連資料:この避難所資産は不況の恐怖の中でビットコインを打ち負かしています

Bakktは中期的なトレンド反転を引き起こす可能性があります

技術がバウンスをサポートしているだけでなく、基礎もサポートしています。NewsBTC、によって報告 Bakkt、ニューヨーク証券取引所でバックアップされた暗号ベンチャー、「グリーンライトCFTCから自己認証プロセスを通して、ユーザー受け入れテストが始まった。」受信しました

BakktのCEOであるケリー・ロフラーはブログ記事で、彼女の会社がニューヨーク州財務局から承認を受け、Bakkt Trust Companyを立ち上げたことを明らかにしました.Bakkt Trust Companyは、ビットコインとおそらく会社の金融車両に関連する他のデジタル資産を保管します。

アナリストによると、この新製品はBTCの価格に対して強気だろう

Bakktの差し迫ったものが「ビットコインの歴史の中で機関投資家にとって間違いなく最も強気のイベント」になる理由を説明し、メルカーはこれらの先物が保有者に「実際のビットコインの生産または取引所からの配達」を要求することを説明しました。これは、すべての会費を現金で決済するCMEが参加するモデルとは大幅に異なります。

これは、投資家がBakktの市場への参加を希望する場合、基礎となるビットコインスポット市場で購入圧力が発生することを意味します。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2019/08/18/bitcoin-dropping-under-8000-unlikely/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bitcoin現物先物のBakkt、規制クリア ●●より開始

Bitcoinの現物先物を開始しようとしているインターコンチネンタル取引所の子会社であるBakktは「Cleared to Launch」と題して規制をクリアし、サービスを開始する準備が整ったことを発表した。サービス開始は9/23を予定しているという。 

参考資料:https://btcnews.jp/1g0cbw1j27836/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

前回のビットコイン(BTC)下落時に大口クジラが「押し目買い」 Coinbaseの仮想通貨投資データを用いた指摘

2 


クジラはビットコインを「押し目買い」の傾向

米大手取引所Coinbaseが新たに公開した3つのトレードシグナルから、先日のビットコイン価格下落の中で大量のビットコイン保有者の多くが「買い」でポジションをとっていたことがわかった。

米Coinbaseは、『仮想通貨投資家に質の高いトレードを』とのスローガンを掲げ、仮想通貨保有量がトップの投資家の動向や、ユーザーが売却や送金をするまでの仮想通貨の保有期間などの動向データの公開を行なっている。

関連:米コインベースが投資活用データを提供

新シグナルの1つ「トップホルダー・アクティビティ(トップ投資家の動向)」にて、Coinbaseのビットコイン保有量がトップ10%にあたるユーザーの内67%が、先日の下落相場の中で「買い」でポジションをとっていたことを示していたとアナリストのLarry Cermak氏が指摘した。

このシグナルは、Coinbaseの特定の仮想通貨の最大保有者を分析し、過去24時間にポジションを売買したユーザーの数を明らかにしたものだ。

ビットコイン価格は1万ドルを割る急落を記録したが、日本円建て100万円付近で急反発して価格を復調させていた。

データプラットフォーム「Alternative.me」が提供する「恐怖と欲望指数」でも、ビットコインが30万円付近まで下落した2018年12月と同水準に当たる「極端な恐怖」まで市場のセンチメントが低下しており、投資家心理が底をついた可能性を示唆していた。

なお、同指数はビットコインが急ピッチな高騰で150万円の値をつけたタイミングで、「高い欲望」を示す95に達しており、相場の反落ポイントを示している。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=101842 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

9月のECBはビッグバズーカを用意?仮想通貨ビットコイン相場にもサプライズなるか

2 


各国の中央銀行が自国の通貨安を求めて金融政策を行うことで「通貨の冷たい戦争」が起きるという予測が出ているが、来月はそれがまた1つ現実に近づくかもしれない。

ウォール・ストリート・ジャーナルは、「ECB(欧州中央銀行)は9月にビッグ・バズーカを用意している」と報道。ECB理事会メンバーのレーン・フィンランド中銀総裁が次のように話したと伝えた。

「金融市場と共に歩む時、目標に達成しないよりはやりすぎた方がよい。下手に一時しのぎをするより、かなり強い政策パッケージを打ち出した方が良い」

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ECBは来月0.1%ポイントの利下げと1月500億ユーロの新たな債券購入を行うとアナリストは予想している。

一方、FRBもECBに”負けない”かもしれない。

マーケットは、来月のFOMC(連邦公開市場委員会)で0.25ポイント利下げをすると織り込んでいるものの、ファンドストラット代表のトム・リー氏は、「FRBは来月マーケットを驚かさなければならない」と指摘。それは、0.75ポイントの大幅利下げを意味していると述べた。

ECBの会合は9月12日、FOMCは9月17日〜18日に開かれる。

世界の中央銀行によるさらなる金融緩和はビットコインにも追い風とみられている。 
参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/how-frb-and-ecb-will-surprise-markets-in-september 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング