Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

リップル(XRP)

Bitcoinの現在の衰退でテンションが下がってる人が多くいます。ただ、昔は暗号通貨などはなく当然ですがリップル(XRP)さえありません。
このような困難な時代には、人間、そしてこの場合は暗号通貨がが本当の力を示すと信じています。

このような交差点では、利益、ポンプ、悪いニュースを別に置いています。私たちは、私たちが信じていることに信頼を置いています。私たちは正しい手を心の上に置き、将来にどのような決定が合うかを決定します。私たちは、その目標を達成するために何をすべきかについての短い宣言をしています。

このケースでは、Ripple(XRP)を、すべてのアメリカドルで常に見られる有名なフレーズを盗聴するという点で信じています。In God We Trustこのフレーズは、自由:アメリカの自己宣言された土地の正式なモットーです。このフレーズは1812年のアメリカ戦争に根ざしたものであり、その国の誕生に非常に関連しており、これまでに私たちと一緒に立ち往生しています。私はアメリカ人ではありませんが、私はその国を設立する際に捧げられた献身を愛しています。米国は完璧ではありませんが、あなたは愛国心とアメリカ人として知られるブランドに賞賛しなければなりません。

私は生意気にしようとせず、フレーズの名誉毀損を試みようとしていません。いいえ、私は単純にそれを借りて、リップルのホラー(XRP)の感情を、暗号結合空間のこの時点で感じます。多くの人は、今の時点では、実証済みの硬貨が実生活のアプリケーションを持ち、実際に世界を変える新しい時代の始まりになると推測しています。

リップル(XRP)の興奮は、リップルを買うことによって波及するか、単に家に帰るべきだと言って興奮を見せていました。今日私は、新しいエキサイティングなコインとトークンが毎日出現しているにもかかわらず、これはまだ当てはまると再強調したい。あなたは興奮して実用性を上げることはできません。リップルは実用的なコインです。新しいトークンとコインは、いったん取引所でリリースされた後にポンプにかけられ、その後消え去るだけでエキサイティングです。彼らは、Tron(TRX)とVerge(XVG)で見られるように、彼らが長いポンプをしていないとき、彼らは失望状態です。

今日、私はリップルがどのように月になるかの技術的分析を脇に置いておきたいと思います。私は、xRapid、xCurrent、xViaで展示されている技術に対するあなたの信念を検証したいと思います。

これら3つの支払い決済ソリューションが競争に勝利すると信じていますか?スウィフトは時代遅れだと思いますか?あなたは安全で、迅速かつ安価なお金取引オプションの時が来たと信じていますか?あなたは、ブロックチェーンの革命の中で、ペーパレスでお金を稼ぐ時が来たと信じていますか?リップル(XRP)コインが紙幣よりも優れた方法でピアツーピア取引を解決すると信じていますか?

あなたの答えが「はい」の場合、私はあなたがこれを読んでうれしいです。私はバーチャルな握手を送り、Rippleの信者のリストがその日までに増えていることを伝えたいと思います。私たちは勝利するでしょう。私たちは今後数週間、数ヶ月、数年間で勝利を収めます。我々は最終的にBitcoinを排除して、それを退職に追い込みます。

参考URL:https://oracletimes.com/in-ripple-xrp-we-trust/ 

参考URL:https://news.bitcoin.com/this-16-year-old-crypto-app-developer-fights-back-against-reddit-hate/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

リップラー大歓喜!またしても熱い提携!

111 


アブダビに本拠を置く国際送金サービス大手のUAEエクスチェンジが、米リップル社が運営するリップルネットに参加した。

 UAEエクスチェンジは、31か国の800の拠点を通して送金や為替両替サービスを提供する国際送金サービス大手で、特に中東やインドにおいて普及している。両替サービスでお馴染みのトラベレックスと同じ株主を持つことでも知られる。

 今後、UAEエクスチェンジはクロスボーダー取引においてリップルネットを使い、コストや手数料の削減を目指す。

 ちなみに同社の送金システムに採用されるのはリップルのXRPトークンではない。

 今回の提携についてリップルのディリップ・ラオ氏は「決済フローが大きい地域における不効率を解決することにしている。UAEエクスチェンジのような市場のリーダーがリップルネットに参加することで、アラブ首長国連邦における一般消費者が海外に送金する際、即座かつ確実、また低コストで決済できるようになる」としている。

 リップルネットには既に100社以上の金融機関が参画。最近も中国のクロスボーダー決済大手リエンリエンも提携を発表していた。 

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/uae-exchange-joins-ripple-net 

参考URL:https://news.bitcoin.com/this-16-year-old-crypto-app-developer-fights-back-against-reddit-hate/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

リップル(XRP)、Bitcoin(BTC) などデフレ通貨の悩み

111


リップル(XRP)、Bitcoin(BTC) -デフレ通貨は、暗号のコインの大部分と同じように、すべて同じ問題を抱えています。人々はそれを使いたくないのです。チャールズ・ウィリアム(裸のマネー)は、デフレを経験している国(インフレ政権の世界で外れ値が発生している)から来るシステミックな経済不況を概説しています。日本は過去30年間ほとんどの国でデフレに苦しんでおり、景気の低迷と数十億ドルの成長をもたらしました。ミクロ経済学の水準では、クリプトカルトはデフレ通貨を表しており、伝統的なインフレ傾向の財産に取って代わるのは困難な時期になるだろう。

ローンに難しく、返済するのが難しい

銀行ローンを考えてみましょう。あなたは家のために100ビートコインを借りる。一年のうちに、もともとあなたが購入したBitcoinの価格(10K USDと言う)は、今度は2倍の価値(20K USD)です。あなたはBTCであなたに一定額を支払う仕事をしていますが、その金額は別の通貨(この場合は米ドル)に比べて高く評価されています、あなたはBTCを控除して払うつもりです。どうして?美化された価格設定が変更されたためです。今度は、ローンを返済する能力が低下している間に、選択した通貨で価値が倍増したローンがあります。

人々がデフレ通貨を使うようになると、同じことが起こります。一方では、通貨の変動する価格を考えれば、小額の購入に費やすことに抵抗があります。今から5ドルのサンドイッチを購入すれば、毎月10ドルの価値あります。すべての取引でお金が失われています。前述の住宅ローンや車の購入など、より大きな購入は、より明白な効果があります。Bitcoinで3000米ドルのテレビを購入したい場合は、購入する前に通貨が鑑賞できるように数ヶ月待ってください。それは良い経済がどのように作動すべきかではありません。代わりに、定期的な商取引を通じて通貨を頻繁に着実に注入する必要があります。

魅力的な資産と通貨

私たちは、Bitcoinは金のような資産クラスとして考えられるべきであることを主張してきました金やその他の貴金属や貴重な資産がデビットカードと同じくらい簡単に使えると想像してください。それをブロックチェーン、分別(金の棒を100万分の1に分解するのは難しい)、そしてあなたのポケットに収まる携帯電話で無制限の金額を運ぶ能力を組み合わせます。それは大きなユーティリティです。cryptocurrencyが取引の源泉として決して奪われないとしても、世界は現在、国境を越えて、国際的に、そして政府の規制の介入なしに操作できる通貨を持っています。アラブの春と同じように政府の圧制を崩壊させる手段としてTwitterやオンラインコミュニケーションに頼っていたため、暗号侵害は国民が抑圧国のルールを覆す方法になるだろう。それは、税金を回避したり、違法取引を行ったりすることを意味するものではありません。代わりに、市民は政府の財政政策と資金処理をオプトアウトすることができます。先進国、西欧諸国がこのオプションの意義を理解することは困難です。しかし、ベネズエラのような年間インフレ率が4000%に達している国やジンバブエでは、何百万ドルもの銀行券を印刷しているので、より安定した携帯型の通貨に収入を交換することは非常に貴重です。

しかしそれは依然としてデフレ通貨の支出を増加させる問題を私たちに残す。

最近の弱気市場は、過度に評価された景観の結果ではなく、有用性を見出すために奮闘する業界の製品です。大部分のCEOや金融界の人物は、ブロックチェーンの革新的な技術についてコメントしていますが、暗号違反は残っています。

暗号の主な問題は本質的価値の1つです。設計された方法で通貨を使う人はほとんどないため、Ripple、Bitcoinなどを所有する価値の大部分は取引所の投機的な価格設定にあります。支出暗号は業界全体に適していますそれは通貨本来の価値を与えます(すなわち、価格投機によって跳ね上がるのではなく、現実世界の商品の購入に使用することができます)。また、人口に「富を広げる」。ほとんどすべての暗号には重大な問題があります。不均衡に少数の財布に富が集中しています。何人かの人が言っているかもしれないので、何ですか?富の格差は、資本主義と自由市場の共通の特徴です。しかし、暗号侵害は少し異なります。高額の通貨を持つ人々は、市場全体に対するリスクです。彼らは自由意志で価格を操作することができます。彼らは人為的に価格を抑えたり、大規模な売り出しをしたりして、それをすべて貯めることができます。

流動性が高まるため、コインが広く流通している場合や、より多くの個別の財布に流通している場合は、市場と暗号の使い勝手が良いです。Bitcoinを保有する人が多くなればなるほど、貿易と市場取引の可能性が増します。聡の分別は流動性を高めますが、より大きなコインの流通と同程度にはなりません。より多くの配布は、暗号侵害の認識にも役立ちます。一般市民とメディアは、数十万のBTCを保有する少数の個人がいる市場に参入する反発のレベルを常に感じていますが、残りの市場は0.1 BTCでさえも苦労しています。直接商取引や物資交換を通じて、市場における循環と流動性のために、より多くの硬貨を解放し、また、潜在的に危険な富の集中をシフトさせます。

支出と流通の手順

第1のステップは、暗号化消費のためのより大きなアクセスである。Amazon、EBay、その他の大口商取引のウェブサイト上でのBitcoinの統合は、業界全体にとって大きなシフトと前進となるでしょう。理論的には、キャピタルゲインを支払うことを避けることができます。これを覆すために規制にいくらかの試みがあるだろうが、それは売り手やキャッシュアウトする最後の人になる可能性が高い。cryptocurrencyのみを扱う市場全体は、追跡と規制(シルクロードと思うが、違法ではない)が困難になり、規制がすべて失敗する可能性があります。

第2のステップは、支出の道が整ったら、暗号侵害の支出を促すインセンティブを提供することになります。 これは、暗号価格が引き続き評価されるという仮定に依存しています。これは、業界での採用が始まったばかりのことを前提にしているようです。 Bitcoinの価格が上昇し続ける場合、売り手は通貨を使うように強制される必要があります。 これは、暗号を使用することを選択した人、すなわちBitcoinトランザクションまたは他の実装で2%の節約をする割引に等しい。 もちろん、貯蓄を得る目的だけではなく、暗号を暗号化することでシステムを操作しようとする人もいるだろうが、そのような状況では業界のメリットがある。 全体のポイントは、市場での取引量を増やし、人々に価格の推測以外で暗号を売買する理由を与えることです。

次のステップでは、暗号化が使用可能な通貨として位置づけられるようにします。Bitcoinは取引のために現在厳しい状況にあります。デフレの通貨を過ごすの障壁に加えて、ビットコインは、高い手数料(米国では何かのデビットカードのユーザーに苦しんでもありません。)とトランザクション速度が遅い。これらは、アマゾンのような主要な商業サイトでBTCを実装する上での鍵となり、すでにBitcoinのパートナーシップの悪化を引き起こし始めています。Lightning NetworkはAmazon(またはStarbucks?)のような頻繁な支払いチャネルに最適な有望な機能で、Bitcoinの支払い元としての効用を大幅に向上させることができます。Bitcoin、Rippleなどは、簡単に取引や支払いに使用されない資産を鑑賞するだけではなく、正当な通貨と見なされたい場合は、お金のように機能するようにする必要があります。遅くてコストのかかる取引を行うことは、通貨導入に対抗し、公衆とメディアに暗号の将来についての不確実性を広げる理由を与えます。私たちは、価格上昇と投機だけで得られる利益に迷うことはありません。業界は、将来的にお金を稼ぐために、引き続き改善し、採用を拡大し、ユーティリティを改善しなければなりません。

それは支出の増加から始まります。

参考URL:https://oracletimes.com/spend-ripple-bitcoin-cryptocurrency/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ビットコイン(BTC) リップル(XRP)週末戦略

株も仮想通貨市場も急落に見舞われた2月上旬でしたが、仮想通貨市場は徐々に落ち着きを取り戻してきているように感じられます。また、米商品先物取引委員会(以下:CFTC)より、テザー問題は終始穏便にすすめられたようです

これを受けて徐々に仮想通貨市場は価格が上昇。相場に一服感が感じられます。
週末は下値を試しに行くタイミングがあるかもしれませんが、悪材料が報道されてもそれほどではないかもしれません。

今回の急落は米国が本気になって規制するのか?というところに焦点がありました。
世界の金融は特に米国の権限が強いため、CFTCから厳しい尋問にあっていたら、市場もかなり厳しいものだったでしょう。

個人的にはかなり「難」を乗り越えたと考えております。

売られ過ぎ水準であることは間違いありませんので、押し目は拾っていくスタンスで勝負するようにしたいと思います。

それでは、テクニカル分析をしていきましょう。

ビットコイン(BTC)円日足チャート


出典:DMM Bitcoin iPhoneアプリ

ビットコイン日足になります。

一つの目処は100万円です。
93万円のレジスタンスラインを超えれば、あっという間に到達すると思われます。

現在、安値である64万円付近から回復となっており、一旦少し深めに押し目を形成しようかというところです。押し目買いの目処としては80万円前後、もう一つは-2σが位置している現在のチャートで74万円前後となります。

この2つのポイントで買い指値をいれておくと良さそうです。


出典:DMM Bitcoin iPhoneアプリ

また4時間足に時間軸を落としてみますと、-1σ~-2σゾーンで買いを入れるように考えてみてもよいでしょう。

おおよそ68万円~78万円がその水準となります。

オシレータのMACDも0水準まで戻ってきており、ニュートラルな状態となっております。

プラス圏に浮上してきますと、本格的にローソク足も再び上昇に転じると思われますので、もう数日我慢が必要になりますが、テクニカル的には悪くない形状です。

この週末はじっくりと買い場を探る展開となりそうです。

リップル(XRP)円日足分析チャート


出典:DMM Bitcoin iPhoneアプリ

最後にリップル(XRP)の分析も入れておきます。

大きな下落があった割には、直近安値58円からの回復が他のアルトコインと比較して回復力に物足りなさがあります。

こういった局面で、Ripple本社からのロックアップしたリップル(XRP)の売りが断続的に持ち込まれるため、上値はちょっと厳しい展開が続くかもしれません。

おそらく今月も1日からリップル本社からの売りが断続的に持ち込まれたため、上値が重かったと判断できるでしょう。

毎月10億XRP相当ですから、80円換算だとしても800億円分が市場で今月も売られることが決まっております。

今月で実際にこの世に放出されているリップル(XRP)の総量は100億XRPになりました。
また3月1日にも、さらに10億XRPの売りが持ち込まれます。

さすがに総量の10%相当にあたる量を放出を続けるのは、かなり危険な気もします。
特に比率から計算して向こう半年間は相当な売り圧力となりますので、注意が必要となるでしょう。

市場での総量が200億XRPぐらいにまで増加しないと厳しいかもしれませんね・・・。

しばらくロックアップ放出イベントが大きな弊害になりそうです。
いわゆる、金融引き締めを2017年の春ごろに先回りで実施してしまったため、今年から緩和せざる得ない状況です。

今後どのように舵取りをしていくのかは興味深いですが、既存の中央銀行のようで少し疑問にも感じられます。

逆に価格が上昇を再開すれば、それを飲み込むほどの勢いがあるという判断ができるため、市場に参戦するのは、大きく上昇をはじめたタイミングからで十分でしょう。

リップル(XRP)はしばらく様子見姿勢でいきたいと思います。

参考URL:https://coinchoice.net/hiropi_btc_analysis_20180209/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

リップル(XRP)に投資する5つの利点とは?英WEB紙「Independent」が独自取材

1 


仮想通貨時価総額3位の仮想通貨「リップル(XRP)」の人気が崩れない。
その人気は、日本を含めて韓国、香港などアジアで支えられていると言われるが、英国のオンライン新聞「The Independent」はこのほど、「リップル(XRP)に投資する5つの理由」と題して、リップル(XRP)独自の魅力を伝えている。

送金手数料をなくすことが目的「国際的な決済システム」テスト続々開始へ

リップルは、取引されるトークン名は「XRP」だが、リップル自体はなお開発中の国際的な決済システムそのものであることが大きな特徴である。

米国のスタートアップ企業Rippleは、日本のSBIホールディングスと提携、ジョイントベンチャーの「SBI Ripple Asia」を2016年5月に立ち上げた。

日本国内47行(2017年2月末現在)が参加する「内外為替一元化コンソーシアム」は2017年12月、韓国のウリィ銀行や新韓銀行などとともに、デジタル決済システムのテストを開始した。テストは2018年も続く。

また、米決済サービス大手MoneyGram(マネーグラム)はRipple社と提携し、同様の決済システムを使った国際的決済のテストを開始する。

MoneyGramの広報担当者によると、実証実験は内部プロセスに限定され、顧客の決済は当面控える。
この発表で、同社の株価は一時約15%高を付けた。国際送金サービスの費用は国によって違う。日米間の送金手数料は、大手銀行では6000-7000円と、かなりの負担額である。

Ripple社は、銀行などの金融機関向けに迅速かつ安価な送金・決済ネットワークを構築し、こうした費用をなくすことを目的としてXRPを開発したという。

今後のリップル(XRP)投資に有利な特性とは

ブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)率いるRipple社は「The Independent」のインタビューで、XPRに投資する理由を5点にまとめた。

①リップル(XRP)はブロックチェーン技術を使った決済サービス

リップル(XRP)はブロックチェーン技術を使って、世界的に摩擦なく送金する体験を提供するサービスである。同社は「これによって金融機関は、即座に安心した費用対効果の高いやり方で、世界中どこにいても顧客の決済処理をできるようになる」と語る。

②銀行は十分なデジタル準備通貨が必要と予想

銀行はビジネスの差し迫った関心事の1つである、機能するための膨大量の流動性を必要とする。仮想通貨業界の主役は、デジタル資産がこの流動性を提供する完璧なツールであると主張している。銀行は準備通貨として、大量のXRPを求めることになると予測されるという。

③ビットコインとの違い「発行枚数もあとわずか」

リップル(XRP)はビットコインとは違って、マイニング(採掘)では生まれない。
発行上限は1000億枚に限定され、約990億枚が発行済みとされている。この内約550億枚が一般ユーザーに配られている。XRP取引はXRP台帳上で実行され、記録される。XRPを購入するには、デジタルウォレットが必要となる。

④リップル(XRP)には魅力を訴えるけん引力がある

リップル(XRP)を扱う取引所は世界で増えつつあり、いくつかの金融機関からも受け入れられている。Ripple社は、決済にXRPを使うことに関心を示す企業が増えていると主張する。MoneyGramによる決済システムのテストはその一例である。

⑤リップル(XRP)の価格変動はマネーを稼げる

リップル(XRP)はこの数ヵ月にわたり、変動の激しい価格操作の影響を受けたと言える。このようなボラティリティは、マネーを稼ぐ大きな条件である。

参考:https://coinchoice.net/ripple-xrp-5advantage-independent/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング