Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

RippleのXpringが10億XRPを寄付

コメント 2019-08-15 231706.PNG 


最新のリップル[XRP]ニュース

ミュージシャンであり、Stefan Thomas 'Coilの多くのコンテンツコントリビューターの1人であるRiley Qは、暗号、Ripple、Coilの将来に非常に興奮しています。ファンから3,000ドル以上のXRPを獲得したアーティストは、XRPとInterLedger Protocolの機能と、さまざまな暗号通貨を接続し、支払いを簡単にし、コンテンツのアクセシビリティをシームレスにするという野心を活用することに関心がある多くの人の1人である可能性があります。

最終的に、彼らの目標は、Web 2.0の1つの罪である広告を解決し、サブスクリプションと広告の必要性をなくすことです。そのため、決済にXRPを使用するILPプロトコルは、Rippleが推進している価値のあるインターネットの時代であるWeb 3.0の進化の中核となるでしょう

ことが望ま達成、リップルの投資腕を、Xpringはコイル、リップルが興味を持っている多くのプロジェクト、$ 400万1ネッティングラウンド最新の投資に参加しました。

さらに、彼らは、付随するプレスリリースに従って、貸借対照表からの助成金としてプロジェクトにXRPで10億ドルを与えました。スポットレートでは、2億4500万ドル以上のXRPになります。

それでも、寄付が、リップルが意図的にXRP価格を操作していると言う理由です。

XRP / USD価格分析

リップルXRP価格

XRPは最終日にUSDで7.2%上昇し、 BTCおよびETHに対してわずかな上昇を記録しましたこれらの資産に対して約3.5%を追加すると、買い手が戻ってきて、8月14日の損失を覆す復活があります。

それにもかかわらず、楽観的な見方があったとしても、売り手が責任を負います。30セントを下回る休憩と終値に続いて、以前のXRP / USD貿易計画では2019年上半期の重要なサポートラインであると主張していましたが、バイヤーは困難な課題を抱えています。さらに、努力対結果の観点から、ドローダウンは取引量が8200万件という大量の裏にあり、売り手の存在を示唆しています。

したがって、ブレイクバーが30セントと8月14日の高値を説得力を持って閉じるため、6月22日の113百万を超える取引量の急増がない限り、すべての高値は8月14日の安値と20セントを目標とする販売機会となります。

逆に、理想的な強気取引条件が満たされ、XRPの需要がある場合、買い手は50セントと80セントのターゲットをディップにロードする前に、34セントまたは40セント以上で取引を待つ必要があります。 

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/ripple-xrp-price-analysis-ripples-xpring-donates-1-billion-xrp/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

サンタンデール銀行、中南米でリップルによる送金サービス開始!

スペインのメガバンクSantander Groupは、Rippleの技術の使用を拡大しています。

銀行は、RippleのxCurrentソフトウェアを使用するモバイルアプリであるOne Pay FXを介して、ラテンアメリカの顧客が無料で即座に米国に送金できる「支払い回廊」を構築している、と関係者はCoinDeskに語った。

現在、英国とスペインのお客様のみがOne Pay FXで米国に送金できます。銀行は回廊への接続を計画しているラテンアメリカ諸国の数を明らかにしませんが、サンタンデールはブラジル、ウルグアイ、チリ、メキシコにサービスを提供しています。

SantanderのこれまでのDLTの取り組みのように、新しい支払い機能には XRP が含まれません。XRPは、Rippleが運用資金として定期的に販売し独立したxRapid製品を駆動する暗号通貨です昨年、Santander は、銀行の利益の半分以上を占める4つの国(スペイン、英国、ブラジル、ポーランド)でOne Pay FX導入しました

銀行によると、このサービスは注目を集めています。

「国際送金を行っていなかったお客様は現在このサービスを使用しており、国際送金を使用していたお客様はより多く使用しており、フィンテック競争を使用したお客様はOne Pay提供により戻ってきました」 One Pay FXの、CoinDeskに語った。

伝統的に銀行が国際送金に使用していたSWIFTメッセージングシステムとは異なり、xCurrentは即座に利用でき、手数料は発生せず、送金前に為替レートを確認できます。

ボリューム成長

SantanderはOne Pay FXの取引量を明らかにしませんでしたが、それらの量は2019年1月から6月に3倍になり、スペインの量は4月に前年比で120%増加したと言いました。

One Pay FXの拡大は、ヨーロッパの顧客よりも、支店での国際送金から即時のオンライン支払いへと移行するラテンアメリカの顧客にとって大きな変化を意味する、とMenager氏は述べています。

「ラテンアメリカ市場での国際決済の経験は、ヨーロッパ市場よりもさらに進化していません」と彼は言いました。「ラテンアメリカ市場には、オンラインで国際的な支払いを行うことがほとんど不可能な部分もあります。」

廊下は国ごとに開始され、銀行は最初の国がいつ開始されるかについては述べません。

銀行はまた、米国のサンタンデールの顧客に海外へ送金するためにOne Pay FXを提供する予定ですが、その発売の日付はまだありません。米国でのローンチは、金融規制の違いにより、銀行にとってより大きなリフトになるでしょう。

また、サンタンデールは、サンタンデール以外の顧客向けのxCurrent国際決済製品となるパゴFXを開発しています。これらの顧客を他の銀行から獲得しようとしています。

「国際的な支払いは、従来の銀行業務で苦労した経験を持つ顧客を獲得するための方法です」とマンガー氏は言いました。

参考資料:https://www.coindesk.com/santander-to-connect-latin-america-to-ripple-powered-remittance-service 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

XRPL LabsがXRPに基づいた銀行アプリの新しい詳細を明らかに

2 


XRPL Labsの責任者であるWietse Windは、同社のXRPベースのバンキングアプリケーションの詳細を明らかにします。

Xummは、ユーザーが金融機関が関与する必要なく、より多くの暗号に加えてユーロ、ドル、およびXRPを保持および使用できるように設計されています。

しばらく前に、プラットフォームの新しい画像に、取引履歴とともにXRPを送受信できるアカウントマネージャーと、ユーザーが連絡先を管理できる受信トレイが表示されていることが報告されまし

Windは、同社が銀行免許の取得に懸命に取り組んでいると語った。

WindはTwitterでXummについて人々を更新します

現在、WindはTwitterでこの非常に興味深いプロジェクトの更新について尋ねられ、彼はこの会社が開発者専用のアプリのベータ版をローンチしようとしていると述べました。

彼はアドレスの新しいシークレット形式を発表しました。これは、ユーザーが数字や文字に複雑な文字列を使用せずに暗号に簡単にアクセスできるように設計された機能です。

XRPLアカウントシークレットの一般的な形式は次のとおりです(この記事の執筆時点で、2019年7月)。

  • 家族の種、例えば。sh1HiK7SwjS1VxFdXi7qeMHRedrYX
  • ニーモニック、例えば 車バナナアップルロード…

これらの形式はタイプミスを起こしやすく、ユーザーフレンドリーではありません。数字を使用するということは、言語(話された、書かれた)にとらわれないことを意味します。彼らは、暗号通貨/ブロックチェーン技術に比較的新しい一般大衆にとって特に恐ろしいかもしれません。

https://twitter.com/WietseWind/status/1160803054276546560

彼はまた次のように語っています。「位置ごとに26文字の可能性がある単語で、母国語ではなく数字と間違えます。ポジションごとに10文字のみで、誰もが一連の数字(ピンコードなど)の保存/書き取りを理解している」

Windはまた、彼の全体的な目標は、母親が使用できるようにアプリをシームレスかつ直感的にすることであると強調しました。

「オタク向けではありません。暗号ウォレットはオタク向けであり、2017年末の強気相場のどこかで、突然人口の10%が暗号ウォレットまたは複数の暗号ウォレットをアプリに持っていたことがわかります。それはまだ人口の数パーセントであり、それらのほとんどはオタクでした。」

参考資料:https://oracletimes.com/xrpl-labs-reveals-new-details-on-banking-app-based-on-xrp/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米リップル集団訴訟「XRP有価証券問題」、原告団がSECの新仮想通貨ガイダンスを引用

Ripple集団訴訟に新たな展開

米Rippleに対して集団訴訟を起こしているXRP投資家グループは、新たな修正訴状を裁判所に提出した。今回の訴訟では、SECの新仮想通貨ガイダンスをもとに、、XRPが未登録有価証券であると主張している。

8月5日に提出された新たな訴訟は、ここ1年ほど継続しているリップル社に対する裁判の新展開である。今回、原告人はSECが4月に発表した新ガイダンス=「デジタル資産分析フレームワーク」を引用し、XRPが未登録有価証券に該当するとの判断を求めている。SECの新ガイダンスを利用する裁判は、これが初めてになる可能性が高いと見られる。

関連米SEC、有価証券の基準が明らかに

原告団は、リップル社が需要を高めるために、リップル社の企業ソリューションズと仮想通貨XRPの区別を不明確にし、XRPの供給を制限すること、XRPを上場させるために2017年に取引所CoinbaseとGeminiに巨額の手数料の支払いをオファーした(断られた)ことなどが、カリフォルニア州の広告宣伝法と公平競争法を違反したと指摘している。

リップル社は、米時間9月19日までにこの訴訟に応じる必要がある。

原告団はXRP投資家を代表する集団訴訟のステータスを求めている。さらに、原告団が求める法的救済として、裁判所がXRPを有価証券として判断するほか、原告らと集団訴訟の参加者たちの被った損害に対する補償的損害賠償などが掲載されている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=101435 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

ビットコインの強気予想、ゴールドマンサックスの”公式見解”ではない

2 

ゴールドマンサックスによるビットコイン1万3971ドル予測は、ゴールドマンサックスの公式見解ではない。13日にブルームバーグが報じた

既報の通り、11日にSNSやメディアで拡散されたスライドによると、ゴールドマンサックスはエリオット波動理論を根拠に1万2916ドル~1万3971ドルへの上昇を予測していた。

【関連記事:仮想通貨ビットコインに強気予想、ゴールドマンサックスが顧客向けのメモで

しかしブルームバーグは、このスライドはゴールドマンサックスが週ベースでクライアントに送るマーケットトレンド予測の一部。ゴールドマンサックスのテクニカルアナリストであるシェバ・ジェファリ氏が執筆したもので、「これらの見解はゴールドマンサックスの『公式見解』ではない」という注意書きがあるという。

ただ、ジェファリ氏は2017年のバブル相場で慎重だったアナリストの1人。8000ドルを超えた上昇は警戒すべきと投資家に注意を促していたという。

2017年12月にビットコインは2万ドルに到達するも、その後急落。2019年4月まで「冬の時代」を過ごすこととなった。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-13971-dollar-prediction-is-not-goldman-sachss-official-view 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング