Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

RippleのトークンをWooCommerceに統合したことで、 330万のオンラインストアに・・・!

2 

XRPが大衆に受け入れられ、一般大衆のための支払いオプションになることができるようにするためになされている多くの努力があります。

最新のものは、RippleのトークンをWooCommerceに統合したことで、 330万のオンラインストアを運営しています。

思い出してください、Wietse Windは リップルのデジタル資産XRPを電子商取引の最前線に持っ来ることを計画していました

それから、XRPとWooCommerceを統合するプラグインを構築することに成功した開発者に恩恵があるはずでした。
Jesper Wallingは、WooCommernceユーザーが支払いオプションとしてXRPを簡単に受け入れることができるように設計された完成した支払いゲートウェイプラグインを提出しました。
Wietse Windはコードを見直し、即座に開発者に賞金を与えました。

Wietse WindがXRPを大量採用に近づけるためのもう1つのイニシアチブを開始

上記の成功したミッションの後、WindはXRPを世界中で主流の支払いオプションにすることを中心とした、さらに多くのプロジェクトを作成したいと考えています。

彼は、これらの新しいプロジェクトを作成してランク付けするために、暗号コミュニティの重要な精神を利用したいと考えています。

これらの提案は、資金調達のためにRippleおよびXRPコミュニティに提示されます。The Daily Hodlの報告によると、主な取り組みは次のとおりです。

  • ソフトウェアライセンスのストリーミングXRPマイクロペイメント
  • XRPティッピングとスタックオーバーフローの統合
  • 電子商取引大手ShopifyにXRPを導入

コミュニティからのフィードバック

WindがTwitterで発表したところ、予想通りXRPのファンたちは本当に興奮しました。

誰かが「これは絶対に素晴らしいWietseです!」と言った、そして別のフォロワーは「ジャンクのアイデア、スパムのアイデア、そして他の何らかの形で既に実行されたアイデアを削除するためのメカニズムは何ですか?」

Windはこう答えました。「私はいくつかを削除し、いくつかについてコメントしました。そして、少数のコミュニティメンバーが私を調整する手助けをしてくれることを願っています。私はすぐに少数のコミュニティメンバーに連絡を取ります」

XRPは間違いなく、主流の採用への道を開くためにすべての支持を得ています。 

参考資料:https://oracletimes.com/wietse-wind-launches-new-initiative-to-trigger-xrp-mass-adoption-following-the-coins-integration-in-woocommerce/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

SBI 銀行間送金アプリ「マネータップ」を法人化。仮想通貨XRP採用に向けて前進か

2 

SBIホールディングは20日、銀行間送金アプリであるマネータップを法人化したと発表した。昨年10月、SBIの北尾吉孝CEOは、マネータップで仮想通貨XRPを活用する計画を明かしていた。

新会社として設立されたマネータップは、日本で初めて分散型台帳技術(DLT)を用いた送金アプリを手がける。世界200以上の金融機関が参加するブロックチェーンネットワーク「RippleNet」の運営元であるリップル社の決済サービスxCurrentを活用している。

マネータップの一般利用は、昨年10月に始まった。現在、住信SBI銀行やりそな銀行など3行が参加しているが、さらに参加する金融機関を増やす計画だ。

SBIは、法人化の狙いについて、「急速に拡大するキャッシュレス化の流れを牽引すべく、銀行及び一般利用者向けに、より迅速にサービスを提供する計画」と述べた。

SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは先月、マネータップに仮想通貨XRP(リップル)を活用する計画を明かしていた。現在マネータップが採用するxCurrentはXRPの利用が義務となっていない。一方、XRPの利用が義務になるxRapidは、クロスボーダー送金の際、銀行が円や米ドルでXRPを購入し、そのXRPを送金先の地元業者が地元の通貨に両替する仕組みだ。

北尾氏は、xRapidの未来について次のように述べた。

「たぶん今年にはxRapidがどんどん資金移動業者に使われるようになると思う。XRPのプラクティカルユースを増やしていくことで、僕はビットコインを時価総額で簡単に超えると予想しているし、そう信じてる」

北尾氏は昨年10月、19年中にはマネータップの事業を推進するため新会社を設立する計画を打ち出していた。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/sbi-holdings-to-convert-moneytap-to-a-corporation 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

XRP - 日本のインターネット大手調査によると、2019年に最も注目するコイン

2 

RippleXRPはいまだに注目を浴びていて、最新の成果がすべて十分ではなかった場合、デジタル資産に関するもう1つの素晴らしいニュースがあります。

暗号交換会社GMO Coinの運営会社である日本のインターネット大手GMOは、1月30日から2月20日にかけての新しいWeb調査の結果を発表したばかりです。

2019年に急上昇するXRPの価格

The Daily Hodlが報じたように、調査では10,964人のユーザーを対象としており、回答者の50%がXRPは2019年に値上げされる暗号であると述べている。

回答者の70%が、暗号全体の将来について自信を持っています。オンライン出版物は他の重要な結果を詳述します:

  • 70%以上が長期投資として暗号を保有しています。
  • Bitcoinの記録的な高さと重要なメディアの注目を集めた後、およそ90%が2017年以降に取引を開始しました。
  • 2019年に約20%が取引を開始しました。

回答者は、暗号を取引する主な理由としてハイリターンを特定し、トレーダーにとっての不安の原因は、市場のボラティリティ、取引所の安全性、暗号自体および信頼性として特定されています。

2018年に金融庁(FSA)によって2018年に発表された研究によると、350万人の日本の暗号トレーダーがいます。

その他のXRPニュース

RippleのXRPは最近、330万のオンラインストアを運営するWooCommerceプラットフォームとの統合に成功した後、注目を浴びてい  ます。

他のニュースでは、XRPはちょうどMicrosoft Outlookを打った。

Rippleの支援を受けているXRPLラボのリーダーであるWietse Windは、XRPの支払いをMicrosoft Outlookに提供することを計画しているプロジェクトに彼の支援を貸したばかりです。

SchlaubiD 呼ばれる独立系開発者が 、アドオンとしてXRP Tip BotのAPIを主流のEメールアプリに統合しています。

言い換えれば、これらすべてのことはあなたが電子メールを介して彼らが喜んで誰にでもXRPを送ることができるだろうことを意味しますこれは、受信者がXRPアドレスを持っていなくても実行できます。

これらは、XRPの大量採用に向けて行われている取り組みの一部です。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-prediction-xrp-the-most-likely-coin-to-rise-in-2019-according-to-japanese-internet-giant-survey/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

電子メールでXRPを送信する - RippleのDigital AssetがMicrosoft Outlookに到達

2 

リップルは、XRPの採用を後押しするためにかなり長い間本当に懸命に働いてきました。

RippleのXRPは最近、330万のオンラインストアを運営するWooCommerceプラットフォームとの統合に成功した後、注目を浴びています。

思い出してください、XRPとWooCommerceを統合するプラグインを構築することをどうにかして開発者に行くことになっていた恩恵が作成されました。

わずか1週間半後、Jesper Wallingという開発者が、WooCommernceユーザーが支払いオプションとしてXRPを簡単に受け入れることができるように設計された完成した支払いゲートウェイプラグインを提出しました。

Wietse Windはコードを見直し、即座に開発者に$ 4,635 XRPに達することができた賞金を与えました。

XRPがMicrosoft Outlookに登場

さて、Rippleの支援を受けたXRPLラボのリーダーであるWietse Windは、XRPの支払いをMicrosoft Outlookにもたらすことを計画しているプロジェクトに彼の支援を貸したばかりです。

Daily Hodlは、SchlaubiD 呼ばれる独立系開発者がXRP Tip BotのAPIをアドオンとして主流の電子メールアプリに統合していることを明らかにしました。

これにより、ユーザーは電子メールでXRPを好きな人に送信できます。これは、受信者がXRPアドレスを持っていなくても実行できます。

このアドオンは現在Outlook 2016で稼働中で、Office 365をサポートしています。

開発者は、拡張機能を使ってGmailに同様の機能を追加することも検討すると述べました。

住所がなくてもデジタル資産を所有することがより簡単になるので、これは間違いなくXRPの主流の採用に向けて行われた別の動きです。

全体的に見て、2019年は暗号化の分野で主流に採用された年であると考えられています。

昨年は、貴重なプロジェクトと弱いプロジェクトを分けることができた年であり、XRPが暗号化分野で最も有望なプロジェクトの1つであることは明らかです。 

参考資料:https://oracletimes.com/send-xrp-via-email-ripples-digital-asset-reaches-microsoft-outlook/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

「今年上昇を期待する仮想通貨」 リップル(XRP)がトップ。 弱気相場なのに新規取引も増加中【GMOコイン調査】

2 


GMOフィナンシャルホールディングスの子会社で仮想通貨取引所を運営するGMOコインは19日、利用者1万人を対象にした仮想通貨アンケート調査の結果を公表した。今年、価格上昇を期待する仮想通貨として5割以上の利用者がリップル(XRP)をあげたことが明らかになった。

「リップル(XRP)上昇に期待」が5割超

この調査は、GMOコインの利用者1万964名を対象にオンライン上で2019年1月30日~2019年2月13日の期間に行われた。

今後の仮想通貨に関して期待していると答えた利用者は約7割と過半数を超えた。また「今年一番価格上昇に期待している通貨は?」という問いに対して、リップル(XRP)に期待すると答えた利用者は53.7%にのぼり、ビットコイン(BTC)の26.3%とイーサリアム(ETH)の10.3%を大きく引き離した。

日本でのリップル(XRP)人気は根強く、先日、JVCEA(日本仮想通貨交換業協会)は、円建ての仮想通貨保有額でビットコイン(BTC)よりリップル(XRP)の方が多かったことを明らかにした。今回のGMOコインの調査も、リップル人気を裏付けた形だ。

一方、仮想通貨の活用法については、投資(長期保有)が72%とトップで、投資(短期保有)(32.1%)や送金手段(19.2%)、送金手段(13.6%)を大きく上回った。

新規投資家は未だに増加中

仮想通貨取引を開始した時期については、バブルが崩壊し始めた2018年以降が53%、2019年以降も19%を記録した。「依然、取引者数は増加中」だという。

弱気相場が続く中、新たに仮想通貨の取引を始める人がいることは、業界にとってもポジティブな材料となるかもしれない。

また、40%以上の利用者が、株やFXなど「他の資産運用をしていない」と回答。仮想通貨投資の魅力として主に「少額から投資できる」(53.5%)、「高リターンが期待できる」(42.2%)をあげた。

一方で、相場変動の激しさ、取引所のセキュリティー、仮想通貨自体の信頼性に対しては不安を抱いている利用者が多いことも明らかになった。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/gmo-survey-more-than-70-of-its-users-feel-positive-about-crypto 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング