Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

口頭弁論が終了 今後のプロセスは?:仮想通貨XRPの有価証券問題

リップル裁判、口頭弁論

仮想通貨XRPの有価証券問題を巡る裁判は米時間15日、口頭弁論を終えた。裁判官の決定書(書面による裁定)は後日、追って発表される予定だ。

仮想通貨業界に精通する弁護士Chervinskyは、今回の進捗を解説。

今後のプロセスとしては、裁判官は弁論内容を持ち帰り考慮する流れになり、決定書発表の日時については「数日か、数週かもしくは数ヶ月かかるかもしれない」と説明した。

当該裁判の議論の本質には、「XRPの有価証券性」の問題があるが、今回の口頭弁論の決定書の内容では主に、Ripple側が要求していた訴訟取り下げに係る内容が公表される予定だ。

今回の決定書次第で、より詳しい法的な内容へと発展するかが決定されることになる。

関連裁判の経緯

Rippleの主張、CFTC会長の見解

2013年にリップル社が仮想通貨XRPを一般投資家へ販売したことは「米証券法」に違反するとして、XRPを購入した投資家が2018年に同社を提訴したことが、この訴訟問題の発端である。

一方、リップル社CEOのBrad Garlinghouse氏はこれまで「SECの仮想通貨ICOガイダンスは法律ではない。明らかにXRPは有価証券に該当せず、UKの規制当局も有価証券ではないと判断している」と主張した。

そして昨年9月、リップル社側は有価証券問題には直接触れず、原告側には訴訟を追行する「当事者適格」がないとして集団訴訟取り下げ要求を裁判所へ提出した。原告によるXRP購入時期が、XRPが初めて一般投資家へ販売された2013年から3年経過した後であったことから、証券法が定める発行者の「法定責任期間」から外れているとの主張だ。

先日、米商品先物取引委員会(CFTC)のTarbert会長は、SECがXRPを証券として分類する可能性もあることを示唆。ただし、状況は依然としてとして明確でなく、XRPが商品(コモディティ)と判断した場合は、CFTCの管轄下に入るため、「何がどちらの管轄に入るのか、昨年より、SECと緊密に協議を重ねている」と慎重なスタンスを示した。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=127201 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米国の規制当局がXRPの命運をわける!

XRPスキャンダルが続きます。XRPはセキュリティであると非難されており、Rippleは利益のためにコインを作成した会社であると非難されています。

主題は長期間議論されており、リップル愛好家とXRPのファンチームを怒らせています。

Ripple CEOの Brad Garlinghouse このスキャンダルに対処し、それはとんでもないことであり、XRPが間違いなくセキュリティではない理由を提供していると説明しました。

米国の規制当局がXRPについて語る

現在、米国商品先物取引委員会の新しい会長兼最高経営責任者であるヒース・ターバートは、彼の代理店は暗号の市場を作ることに集中していると述べたことが明らかになりました。

TarbertはCheddar Liveと暗号について話し、Bitcoin(BTC)とEthereum(ETH)はその管轄下にある2つのデジタル資産であると述べました。

「彼らがCFTCの世界に参入できるようにすることで、これらの製品に基づいて先物市場が発展することを可能にし、そのようにして、人々が特定のデジタル資産(ビットコインまたはエーテル)、彼らは先物市場に依存することができる」と彼は言った。

彼は続けて、先物市場は100年以上にわたって存在しており、「価格発見、ヘッジ、リスク管理があるため、多くの点で、これらの市場を正当化し、これらの市場に流動性を追加するのに役立っている」と説明しました。 」

XRPに関して、彼は暗号が彼の代理店の範囲に該当するかどうかについて直接質問されました。

彼は次のように答えました。ご期待ください。問題の一部は、SECと共有する管轄権です。それがセキュリティである場合、それは彼らの管轄下に入ります。それが商品であれば、それは私たちのものになります。」

https://twitter.com/cheddar/status/1216739497121107970

彼は続けて、彼らが過去1年ほどでSECと密接に連携していると説明しました。「市場参加者から何かを聞いた場合、本当に明確にする必要があるからです。

XRPの価格については、コインに関する楽観的な予測がたくさんあります。XRPが0.33ドルに達することさえ期待されています。

参考資料:https://oracletimes.com/us-regulator-addresses-the-fate-of-xrp/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

XRP Forkがソーシャルメディアを変革

XRPは暗号市場で非常に物議を醸すプロジェクトであり、多くの嫌悪者はRippleがコインの背後にある会社であると非難しました。これ以外に、RippleはXRPエコシステム全体を強化し、その製品を促進するために多大な努力をしてきました。

Rippleは、10年にわたる支払いシステムSWIFTの欠陥を修正するために懸命に取り組んできました。これは、銀行や金融機関によって何十年も使用されてきましたが、欠陥が生じたため、Rippleによると、イノベーションに取って代わる必要があります。

RippleのXRPベースの製品ODLは、クライアントに即時、安全、安価なクロスボーダートランザクションを提供する機能を備えています。ODLは、以前のxRapidであるOn-Demand Liquidityです。

XRP forkはソーシャルメディアを変える可能性がある

ビッグデータの専門家ThomasSilkjærは、XRPコードベースの分岐がブロックチェーンを活用したソーシャルメディアネットワークのバックボーンとして機能する可能性があると言います。

はCoilの新しい投稿で可能性を分析し、この台帳を使用してトークンベースのユニークな報酬システムを作成できると述べました。

彼は、作成者が感じているか、本当に人気が出ない限り、投稿の寿命は限られていると言った。

「おそらく写真を使って投稿する場合、料金は投稿のサイズ(ストレージ要件)によって決まります。また、保証期間内に支払う料金に追加できます。そして、人々が応答する、共有する、または反応するたびに、寿命が延びます…」と彼は、オンライン出版物The Daily Hodlに引用されていると述べた。

彼は続けて、「料金を燃やし、コンテンツを投稿すると、ネットワークは最終的に死ぬだろう」と言った。したがって、ネットワーク内の料金を収集し、コンテンツを保存するためのアカウントアクティビティとノードに基づいてユーザーに再配布する必要があります。

また、プロジェクトを完全に分散化するためには、元帳をビッグデータセンターでホストすることはできないと述べました。

詳細については、Coilの元の投稿をご覧ください。 

参考資料:https://oracletimes.com/xrp-fork-could-transform-social-media/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

リップルCEO:これら3つの重要な理由がXRPがセキュリティではない理由です

彼はトークンが決定的にセキュリティではないと考えている理由は、セキュリティやないようXRPの状況に関する、リップルLabsのCEOブラッド・ガーリングハウスを概説します。

XRPは会社から独立しています

CNBCについて語ったBrad Garlinghouseは、Rippleの誠実さを積極的に擁護し、サンフランシスコに本拠を置くフィンテック企業には何も答えがないと主張しました。

2019年8月、Rippleに対する訴訟の原告であるBradley Sostackは、会社が未登録のセキュリティであるXRP を個人投資家に販売したと主張する苦情を提出しました。

XRPはセキュリティであると主張する争いの波紋

その結果、GarlinghouseはインタビューでSostackを参照し、会社に対する正当な主張の概念を却下しました。結果に関係なく言っても、XRPがセキュリティとして分類されるかどうかには、単一の裁判所判決は影響しません。

「それはかなりとんでもないことです。2週間XRPを保有していた人がいます。彼はいくつかの主張をしています... XRPがセキュリティであるかどうかは、1つの訴訟によって決定されることはありません。」

Garlinghouseは、XRPが会社から完全に独立していると言って、これを正当化し続けています。したがって、トークン保有者は、投機的利益を得るためにRippleに依存していません。

「XRPがセキュリティではないことは非常に明確だと思います。Rippleという会社とは独立して存在します。Rippleが明日シャットダウンした場合、XRPエコシステムは存在し続けます。これは独立したオープンソース技術です。」

トークンの所有権はリップルの株式と同等ではありません

さらに、Garlinghouseは、XRP保有者は、非公開会社であるRippleの所有権を持たないと述べています。つまり、XRPトークンは、会社内のトークン化された株式とは一致しません。

「XRPを所有しても、リップルエクイティの所有権は得られません。」

しかし、そうは言っても、それ自体が有効な議論であるかどうかには疑問があります。プライベートエクイティアナリストのアンソニーバラドンは、トークン保有者が会社の株式に関連してXRPをどのように見ているかについて、いくつかの類似点を見ています。

「XRPを投機の手段として見ると、一部の暗号通貨が登場しているように、XRPを購入し、価格の上昇を見てから利益のために販売することが期待されています。これは、会社の株式を購入するようなものです。」

ユーティリティはセキュリティの特性ではありません

それでも、Garlinghouseは、XRPがセキュリティではない3番目の最終的な理由を示しています。

リップルは、多くの場合、XRPは投資手段ではないと明示的に述べています。むしろ、国際的な送金を完了するために機関が購入できるデジタル資産です。

Garlinghouseによると、これはセキュリティの特性に適合しません。したがって、XRPの購入者は、XRPエコシステムのネットワーク効果の増加を期待してのみそうします。従来の投資とはまったく異なる提案。

「XRPには多くの有用性がありますが、私にとってはセキュリティの見た目とは非常に異なっており、最終的にはその結論に達するでしょう」

それでも、これらの議論などは米国地方裁判所で審議されます。両当事者は1月15日に会合します。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2020/01/12/ripple-ceo-these-3-key-reasons-are-why-xrp-is-not-a-security/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

$ 0.20を超えるブースト後のXRP価格予測

2019年に、XRPの価格は上昇があまりにも多く見られなかったため、すでに報告したように、リップルはこれを非難されました。

Rippleは、2019年のXRPの低価格パフォーマンスのせいにされました

数日前、クアンタム経済学の創設者であるマティ・グリーンスパンは、価格に関してXRPが2019年に非常に苦労していると信じている理由を強調したと報告されました。

彼は、RippleはXRPの価格のせいだと言い、会社の通常の販売を非難し、これらが価格の上昇を妨げたと伝えられています。

彼はまた、Rippleのクライアントのほとんどがデジタル資産XRPではなく会社のメッセージングソフトウェアを使用しているという事実を指摘しました。

彼の発言は次のとおりです。「2つの主要な問題…リップルがトークンの大部分を保持し、集会に売り込む。ネットワークの使用には、必ずしもXRPトークンは必要ありません。銀行は、トークンに触れることなくRippleNetを使用できます。」

短期のXRP価格予測

ご存知のように、XRPは今週、0.20ドルを上回ったため、ようやく以前の取引ゾーンの上昇に向けて抵抗を打破することができました。

Smaretreumは次のように述べています。「トレーダーがXRPを0.20ドルのサポートレベルから引き上げることができる場合、最初のレベルのレジスタンスは0.212ドルになります。ヌル値が0.22ドルを超えて壊れ続けると、高抵抗は0.228ドルと0.2345ドルになります。」

オンライン出版は継続し、ポイントこれ以上のことは、「抵抗は、$ 0.24 $ 0.251で土地を選定されます。それ以外の場合、トレーダーがXRPを0.20ドル未満に駆動した場合、サポートは0.195ドル、0.185ドル、0.181ドルになります。 

参考資料:https://oracletimes.com/xrp-price-prediction-following-the-boost-above-0-20/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング