Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

R3のエンタープライズ向け決済アプリはあの通貨をサポート

1 

分散型台帳技術開発企業R3は、企業が開発するエンタープライズ・ブロックチェーンでの仮想通貨決済を可能にするアプリ「コーダ・セトラー」を立ち上げ、まずは仮想通貨リップル(XRP)のサポートをすると明かした。finextraが5日に報じた。R3とリップル社はかつて訴訟争いをした間柄だが、今年9月に和解。現在では協力関係の構築が進んでいるようだ。

「コーダ・セトラーと最初の決済手段としてのXRPへのサポートは、世界で最も影響力がある二つの仮想通貨とブロックチェーンコミュニティーが協調することで、どれほど力強いエコシステムができるかを示す重要なステップとなる」

R3のCTO(最高技術責任者)は、このように語ったという。

コーダ・セトラーは、R3のエンタープライズ・コーダ・ブロックチェーンで支払いの必要性が生じた時、仮想通貨XRPをサポートする併設レール(メインのブロックチェーンではない)での決済を可能にする。セトラーが支払いを承認し、自動的にコーダのブロックチェーンをアップデートすることになるという。

R3によるXRPサポートは、リップル社とR3の和解が進んでいることを示す。R3は2017年9月、リップルがXRPトークン購入の事前合意に違反したとしてリップル社を提訴。事前合意では、R3に対して、19年末までに最大50億XRPを、1トークンにつき0.0085ドルで購入を認めるオプションが含まれていた。今年9月には両社が和解していたことが発表されていた

R3は、金融システムへのブロックチェーン応用に関する研究と開発を進めており、世界各国の金融機関が参加するコンソーシアムを率いている。日本からも3大メガバングが参加している。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/r3-adds-ripple-as-first-crypto-for-its-universal-payments-dapp 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

SWIFTは遅延とエラーを無くすために国際送金の手段としてシステムをあの通貨と競合

1 


世界的な決済ネットワーク、Worldwide Interbank Financial Telecommunication(SWIFT)の協会は最近リップルに挑戦しているようです。

リップルに挑む

彼らは現在、リップルとより似た新興クロスボーダー決済のスタートアップに対抗するように設計された新しい支払いシステムをテストしています。

Financial Timesは、SWIFTは現在、金融機関が今回の二国間でデータを共有できるようにすることで、ネットワーク上のエラーや遅延を減らすように設計された全く新しいシステムを試行していると報告しました。

期待どおり、彼らのシステムはブロックチェーンに基づいているのではなく、支払いが行われる前に銀行口座番号をチェックするために金融機関が相互のデータにアクセスできるようにするアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を使用します。

このすべての主な目標は、支払いネットワークを遅くするために使用された遅延を削減することです。

これにより、SWIFTの嫌悪者とその主な競争相手であるRippleは間違いなく沈黙するでしょう。

RippleのCEOは、その技術が長い間進化していないことを二度以上述べました。さて、SWIFTは誰もが間違っていることを証明しているようです。

SWIFTは他のプレイヤーにもプレッシャーをかけています

リップル以外にSWIFTはTransferWiseやRevolutなどのfintechからのプレッシャーを感じています。これはまたより良い、より速く、より安価な国境を越える支払いを提供することを目指しています。

現在、JPモルガンを含む15の銀行が審理に参加しています。

スイスのCMO Luc Meurantは、新しいシステムは間違いなく国境を越えた支払いをはるかに迅速に処理できると述べた。

「フォーマットが整っておらず、情報が不足している支払いが残っていることがわかっている」

同氏は、「チェーンの後半で修正し支払いを遅らせるのではなく、できるだけ多くの問題を(事前検証で)予測し、支払いをより迅速に処理できるようにする」と続けた。

JPモルガンはこのSWIFTトライアルに参加していますが、インターバンク情報ネットワーク(IAN)と呼ばれるブロックチェーンベースの決済プラットフォームも作成しています。これは現在130の銀行ネットワークでテストされています。

参考資料:https://oracletimes.com/swift-competes-with-ripple-using-a-new-cross-border-payment-system-that-could-eliminate-delays-errors/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

リップル!またしてもアレに追加でぐいぐい来てます!

1 


R3 、リップルのデジタル資産が、新しいユニバーサル決済プラットフォームでサポートされる最初の暗号になると発表しました。

新しいオープンソースのCordaベースのDApp(CorDapp)はCorda Settlerと呼ばれ、Cordaブロックチェーン上で発生した支払い義務は、暗号をサポートする任意の並行支払いルートまたは決済の暗号証明を提供する従来の決済レールを介して決済されるCointelegraphから来る最新のレポートに。

ペイメントレールは、支払プラットフォームまたは支払人から受取人に送金するネットワークです。

XRPはR3の最初の決済メカニズムです

R3のチーフ・テクニカル・オフィサー、リチャード・ジェンダール・ブラウン(Richard Gendal Brown)は次のように述べています。「Corda Settlerの導入と最初の決済メカニズムとしてのXRPのサポートは、強力な生態系が世界で最も影響力のある暗号とブロックチェーンコミュニティは協力し合うことができます。

R3とXRPの間の積極的な発展への彼の示唆は、Ripple LabsとR3 Consortiumの間の "合意に反する相互主義を侵害している"という2つの主体間で一年にわたる紛争が起きたことを指している。

彼はまた、これらの2つの業界大手企業の協力は、価値を移転して支払いを行うためのXRPの広範な受け入れと使用を示す次の論理的なステップに過ぎないと強調した

リップルはヨーロッパ連合のブロックチェーンの創設に貢献する

Rippleのもう一つの大きな成果は、NEM、Fetch.AI、EMURGO / Cardanoの3社と共同で、Blockchain For Europe  協会を設立したこと  です。

欧州連合のブロックチェーンは、欧州のブロックチェーンの生態系を統一します。

NEM Europeは、公式中郵政公告で、「欧州における政策論議は断片化されており、ブロックチェーン部門以外の人々からの矛盾した情報が合意に挑戦している」と書いている。

この協会は、EU内でのDLTの可能性とブロックチェーン技術全体の理解を促進することに焦点を当てています。

参考資料:https://oracletimes.com/blockchain-software-company-r3-adds-xrp-as-the-first-crypto-for-its-universal-payments-dapp/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

サイアム商業銀行はあの通貨の利用を始める

1 


リップルの CEO Brad Garlinghouseは、アジアのパートナーの1つが現在、国境を越えた支払いを行うために暗号を使用していると述べています。

私たちは、で参照しているサイアム商業銀行、すでに日本とタイの間でリアルタイムの支払いを給電するために、リップルの製品xCurrentを使用しています。

リップルのCEOはシンガポールFinTechフェスティバルでは、銀行が次のレベルに物事を取ると述べ、基本的にはXRPを使用する可能性があることを暗示しています。

"私が強調する1つの銀行は、タイのサイアム・コマーシャル・バンクです。彼らのアプローチにおいて確かに積極的かつ進歩的です。そして彼らがやった仕事は、それらを次世代のハブにすることです。サイマー・コマーシャルは実際に東南アジア市場のいくつかの地域から撤退しているため、問題を解決するためにブロックチェーンを使用し、デジタル資産を使用することさえしている」とGarlinghouse氏は述べた。

彼によれば、暗号とブロックチェーンテクノロジーは、銀行や金融機関に、資金調達済みの口座に大量の現金を持たなくても、世界中の資金を移動する自由を提供する能力を持っています。

流動性は不可欠です

RippleのGarlinghouseは、より良いメッセージングシステムの透明性から解決されるスピードとダイナミクスが非常に重要であることを強調しています。

しかし一方で、彼は流動性を楽しむことがより重要であると彼は信じていると述べた。

同氏はまた、世界各地に約10兆ドル(約10兆円)の元金が預け入れられているため、銀行は借方記入と借方記帳を行うことができ、同時に国境を越えた支払いも可能としている。

また、リップルには、金融機関や決済機関が事前に資金を調達することができないような製品があります。これは、何兆ドルものドルを稼働させることになるでしょう。

グローバルな商取引の加速

ガーリングハウスは、このようにして、企業にとって「グローバルな商取引のエンジン」をすばらしいやり方で加速させているとも言いました。消費者は送金レベルでも便益を見ることになります。

10月に、Siam Commercial Bankは、Rippleの技術を使って新しい支払いハブを構築しようと努力していることを明らかにした

参考資料:https://oracletimes.com/siam-commercial-bank-is-using-crypto-to-power-payments-says-ripple-ceo-brad-garlinghouse-hinting-at-xrp/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Ripple、NEM、Fetch.AI、EMURGOの4つのブロックチェーン企業が…まさかの!

Ripple、NEM、Fetch.AI、EMURGOの4つのブロックチェーン企業は、規制当局や規制当局がこの新技術とそれが作り出している新しい金融エコシステムにどのように影響力を及ぼすかを考慮して、欧州におけるブロックチェーンの「統一的な声」を作り出すことを目指している。

プレスリリースでは、「欧州における政策論議は断片化されており、ブロックチェーン部門以外の人々からの矛盾した情報が含まれており、合意 挑戦している」と述べている。したがって、分散協定DLT)とブロックチェーンの可能性について欧州連合(EU)の政策立案者とステークホルダーを教育することを望むこの新しい協会の設立期待される規制が欧州におけるイノベーションを「促進し、向上させる」ことを確実にすることを望んでいる。

NEMはすでに企業ブロックチェーンのプラットフォームとして確立されており、ヨーロッパおよび世界各地に存在しています。リップルは、ブロックチェーンの分野で地歩を築きつつあり、銀行や決済プロバイダとのパートナーシップが増えています。そのコインXRPは、今年Ethereumに追いつき、時価総額で第2位の暗号侵害になった

一方、Fetch.AIEMURGOは、あまり知られていない名前です。前者は機械学習と人工知能(AI)を使用するスマートな元帳に取り組んでいますが、その技術はまだ生きていません。後者はCardanoブロックチェーンの3つの運営機関の1つであり、IOHKとCardano Foundationと共に、商業的な腕です。カルダノは能力とスケーラビリティの向上を約束して建てられた第3世代のブロックチェーンです。同様に、その技術は2019年の後半までは準備ができていない。

4つの企業は、最近、欧州委員会のFinTechタスクフォースを含むブロックチェインに関心を持つ欧州最大の議会グループ4社と、2018年11月27日に「欧州サミットのブロックチェーン」を開催しました

新協会は、「欧州がブロックチェーンのグローバルアジェンダを形作るための賢明な規制を作成するのを支援する」ことを望んでいる。ヨーロッパのRippleの規制関係責任者であるDan Morganは、「これは、デジタル資産とブロックチェーン技術の両方の利点を捉えるための適切な規制枠組みを策定しようとするヨーロッパの政策立案者にとって重要な時期です」と述べています。

NEM財団の共同設立者であるKristof Van de Reckは、特に、公開された分散型アプリケーションの場合、偏った情報が不足していると付け加えた。彼はヨーロッパのブロックチェーンが「特定の組織や利害関係者の議題に合わせて調整されていない洞察」を提供することを望んでいる。

アジアに拠点を置くブロックチェーン企業NEMとEMURGO(英国のFetch社と米国のRipple社)の組み合わせは、おそらくヨーロッパ中心の組織にとって驚くべきことです。それは、ヨーロッパが主要なブロックチェーン市場であり、4つのすべてがそれを活用し、おそらくグローバルな規制上の先例を保証することを望んでいることは明らかです。EUがブロックチェーンを邪魔する規制を作成した場合、4つのブロックチェーン企業のすべての願望とこの新興技術の約束は危険にさらされる可能性があります。

参考資料:https://www.ethnews.com/ripple-nem-fetch-and-emurgo-launch-blockchain-for-europe 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング