Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

リップル

リップル社主催のコミュニティパーティーにてスヌープドックがライブパフォーマンスを行うその意味は。

リップルは5月にニューヨークで開催するブロックチェーンウィークコミュニティパーティーで米国のラッパーであるスヌープドックがライブパフォーマンスを行うことを発表した。

このパーティーは金融機関、取引所、ウォレット、バリデーター、教育者、開発者、マーケットメーカー、愛好家、起業家などXRPの多様なコミュニティメンバーとXRPの多くの利点について話し合い共有し特別な夜を過ごすというものだ。

スヌープドックのライブはVIP集会でのみ開催され、招待のみのイベントとなっている。しかし、Twitter経由で10枚のチケットを配布するとしている。

このチケットを得るには、特定のハッシュタグでツイートをし、4月26日に開催されるトリビアナイト、5月2日から始まる「ミート・ミー」イベントに参加するなどの条件がある。 

参考URL:http://cryptocurrencymagazine.com/ripple-community-party-snoop-dogg-live-peformance 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

元CFTC議長がEtherとRippleのXRPについて言及!

Ex-CFTCの会長Gary Genslerは、EtherとRippleのXRPは「準拠していない証券」であると信じています。彼が予想しているBitcoinは、その分類から免除されているかもしれません。

今日の午後、元商品先物取引委員会(CFTC)会長のGary Genslerは、MITのBlockchain Conference of Businessでスピーチを行う予定です。Genslerは、「グローバル・ビュー:暗号化経済の規制」と題して、デジタル資産Ether and Ripple(XRP)の規制分類に関する彼の見解を共有する予定です。彼は、人気のあるデジタルトークンについての規制に関する議論に飛び込む最も有名な人物の1人です。

同氏は昨日のニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、「両者(Ether and Ripple) - 特にRipple - が非準拠の証券であるという強力なケースがある」と述べた。

Ripple LabsはXRPが証券分類に値すると強く否定しているが、規制のドラムビートは大きくなっているようだ。XRPの時価総額は約340億ドル(Ripple Labsが保有する550億のXRP準備金を含まない)であり、特に発行と開発の集中化を考慮すると、セキュリティの精査が理解できる。Rippleが米国に拠点を置く暗号通信の取引所上場するのに十分な時間持てないように、証券分類はデジタル奇妙なXRPの死を招く可能性があります。それでも、ビットコインで示されているように、国際市場は米国当局の指導や行動を揺るがす可能性がある。

比較すると、Ethereumとその付随するEtherトークンの分類はあまり切れておらず乾燥していないようです。これは、作業証明書の発行モデルと、Bitcoinのものに類似したやや分散した開発コミュニティのためであると思われます。

総合すると、Genslerは規制当局の公平性を維持していると思われ、彼は伝えられるところには暗号投資の投資を保有していないと伝えている。彼は未来が不明確であっても、ブロックチェーンテクノロジーの未来を予測しています。

"これから10年が意味のある形で金融システムのどこかに存在しなければ、私は驚くだろう"とCFTCの上司は述べた。"しかし、今推進されているものの多くは、周りにはありません。"

今週末、ゲンスラー氏はニューヨークの「仕事の将来:資本市場、デジタル資産、労働破壊」のパネルで講演し、ナスダックのアデナ・フリードマン会長とバンク・オブ・アメリカ会長CEOのブライアン・モイニハン氏。読者がいることを覚えているかもしれナスダックは cryptocurrency誘導体製品を開拓する企業の一つであった、と2月には、バンク・オブ・アメリカが懸念引用についてcryptocurrenciesを証券との10-Kファイリングに取引委員会(SEC)。

先月、SEC 、セキュリティトークンをサポートする交換プラットフォームが代理店に登録するか免除を求める必要があることに気付きました。最近、Centra Tech Incが行った不正な初期コイン・オファリングICO)制度に関与している追加の被告に対して、代理店が訴訟提起した。 
参考URL:https://www.ethnews.com/former-cftc-chairman-strong-case-for-securities-designation-of-ether-ripples-xrp 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

リップル「イギリスは日本に続け」、当局に新たな規制求める

1

世界第三位の仮想通貨リップルは、イギリスの規制当局に対して、日本に続いて新しい規制を導入し、仮想通貨市場の「西部開拓時代」を終わらせるよう求めた。英メディアのテレグラフが15日に報じた。

 リップルの規制担当のトップである、ライアン・ザゴネ氏は英当局に対して、「リスクの捕捉とイノベーションの実現」のバランスを取るように求めた。ザゴネ氏は、規制について「顧客保護」「反マネーロンダリング」「金融の安定性」の3つの原則を挙げる。彼は現在のデジタル通貨の規範的枠組みを、インターネットの黎明期と比較して論じた。

「我々は今、明快さとルールを必要な時代にいる。我々はより高い確実性が必要だ。規制当局が取っている「待ちの姿勢」を再考するには格好のタイミングだ」

 ザゴネ氏は、日本は仮想通貨規制と法制化の分野で「リーダー」であるとし、イギリスを含むほか国々は日本の先例を青写真とするべきだと述べた。オーストラリアは昨年、日本の取り組みに続いて、ビットコインなどの仮想通貨を決済手段と位置づけた。

 イギリスが日本の取り組みを参考に現在の厳しい規制を見直すのかどうかは、まだわからない。イギリスのハモンド財務相は先月、仮想通貨やフィンテックのタスクフォースを立ち上げた。ハモンド氏は、このタスクフォースが「暗号資産のリスクを管理する」ことに役立つと述べた。

 ザゴネ氏は、市場が成熟するためには規制が必要であると述べる。

「規制は高速道路のガードレールを作るようなものだ。新規参入者、特に機関投資家が市場に入ることを可能にする」

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/ripple-calls-on-uk-regulators-to-end-wild-west-of-cryptocurrencies 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

リップルベースのICOが近々登場

1 

リップルにはスマートな契約の条項があることを知っている人はほとんどいません基盤がプラットフォームのその側面を促進する習慣を作っていないという事実にもかかわらず、コーダーのグループがICOをホストするよう心がけている。

Ethereumは、スマートな契約に関しては、よく知られているプラ​​ットフォームです最近では、スケーリングに関する苦情がEthereumにたくさんあるとしても、一部のチームは代替案を試しています。Allvorはブラジルの新興企業であり、合理化されたデジタル決済を検討しています。同社は、XRPプラットフォームがEthereumの最初のコイン・オファリングを主催する魅力的な代替品であることを発見しました。

Allvorのホワイトペーパーは、「これまでに開発された最高の分散データベース技術」として記述されているXRPプラットフォームの賞賛に満ちていますスマート契約のプラットフォームを初めて使用することに興奮している同社は、ロードマップを見落とすことはできません。彼らは特に、Rippleのトランザクション速度を、他の利点の中でもプラットフォームを使用する利点の1つとして強調しました。

Ripple氏は、オープンソースの性質から、チームや他の開発者が「エキゾチックな活動として記述したプラットフォームを使用することを妨げないと発表しました広報担当者は、「オープンソースコードのため、リップル は地方分権化された元帳の使用を妨げないだろう。リップルはICOの普及に関心を持ったことは一度もありませんが、

一部のアナリストは、リップル氏がICOのホスティングと宣伝に熱意を欠いていることから、Allvorのプロジェクトが挑戦する可能性があると述べている彼らが直面する可能性のある問題の1つは、他のアプリケーションとの統合です。優れたコーダーは、真にグローバルな支払いソリューションであるために必要な相互接続を構築することができますが、Allvorはトランザクションを確認する以上のことを行います。 

参考URL:https://www.crypto-economy.net/en/ripple-based-ico-coming-up-soon/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


リップル(XRP)が予想以上に速く$ 1を打つことがある

1 


リップル(XRP) -最近の世界的なコインレポートによると、リップル(XRP)は世界で3番目に大きい暗号侵害です。2018年1月には、1ユニットあたり3ドルで印象的なセールを楽しんだ。私たちはすべて数字を上げると予想していましたが、暗号化のエコシステム全体に影響を与えた市場の崩壊は、その芽の中で通貨を狭めました。危機の余波の後、リップルの価値は1ドル以下になり、危機が後退した後も数週間にわたって0.50ドルの地域にとどまった。他の多くの通貨はクラッシュに転落し、たった今リバイバルしています。その間ずっと起伏があったが、リップルは最も優先する通貨の1つにとどまった。

通貨が世界のcryptocurrencyエコシステムに波紋を巻き起こしていることは、秘密ではありません。転落した後でさえも、それは依然として中央集中型決済スキームとみなされ、驚くほどの投資家を抱えています。その価値の着実な増加のおかげで、それは家庭の名前になっています。現在の開発が進むべきものであれば、Ripple(XRP)はすぐに$ 1に達するでしょう。

多くの投資家は、リップルを業界で最も拡張性の高いデジタル資産と考えています。長年にわたり、それは興味深いベンチャーを雇ってきました。それが$ 1のマークに当たるかどうかは、今ではなく、いつの問題かです。このマイルストーンにリップル(XRP)を押し込む可能性のあるさまざまな開発を調査しましょう。 

2018年1月、リップルのCEO、ブラッドガーリングハウス(Brad Garlinghouse)は、通貨は一流の送金機関と合意すると述べた。上司は、指定された送金会社に明示的に言及せず、公衆が推測できる余地を残した。投資家はWestern UnionかMoneyGramのどちらかであると確信していました。

Coinbaseは、ライブ取引ポートフォリオにリップル(XRP)を記載することを避け、リップルの価値を大幅に低下させました。最後に、MoneyGramと提携するというニュースが放映され、ディップが沈静化しました。Rippleは市場シェアの大部分を失ったが、MoneyGramと提携することを確認した後、専門家は次の数週間にわたって価値が上昇すると予想している。

Cobaltが3月27日に新しいアルゴリズムについてのニュースを暴露したとき、投資家はululationで荒れ果てたご存じのように、新しいアルゴリズムは、トランザクションがこれまで以上にスムーズかつ高速になることを意味します。予想されるユーザーエクスペリエンスの増加に伴い、通貨の大量採用が行われました。

新しいアルゴリズムはまだXRPシステムに統合されつつありますが、投資家はすでに楽観主義を表明しています。さらに、銀行機関は、顧客が望ましい機能を利用するように促しています。これは為替相場の大幅な上昇であり、予想より早く上昇すると考えられる理由です。


1

1

3月28日に、リップルはHyperledgerとのパートナーシップをさらに高めてくれる重要な発表をしましたこの提携により、Rippleは従来のJavaScript Protocol Ledger(ILP)からより使いやすいILPアルゴリズムに移行します。直接的な結果は、通貨が投資家や金融機関にとってより望ましいものになることです。

市場の最新の変化は、リップルにドルに対して-1.63%の損失を被り、現在緑色から赤色にシフトしている。それでも、BTCに対しては安定しており、Bitcoinが減速していることを示唆し、2.13%のプラスとなった。Rippleは現在1ユニットあたり0.48ドルで売れるので、投資家にとっては比較的魅力的な市場です。

価値の上昇を期待する理由

最近、Rippleの経営陣は、世界の中央銀行と提携しようと大胆な発表をしました。実際に、彼らはすでにアメリカ、ヨーロッパ、アジアの40以上の中央銀行に提携提案書を送っていることを明らかにしました。ゲームプランは依然として精巧ではありませんが、投資家が鋭く見ている野心的なベンチャーです。

エプソンは、リップル(XRP)を数週間にわたって重大な転落があっても、暗号侵入のエコシステムのリーダーとみなしています。しかし、顧客の取引をより容易にするための一貫性と明白な決意は、望ましい投資となります。以下は、我々が想像していたよりも早く巨額の取引を引き付け、価値を高め、$ 1を打つことを期待する理由です。

1

リップルはトランザクションの速度を上げるように設定されています - 暗号化の投資家は、使いやすさと使用の速度のために、デジタルアセットの生態系を従来のカウンターパートに優先します。誰もこの事実をリップルよりもよく理解していません。ポートフォリオの下で5〜8秒で取引できます。それでも、通貨はこのスピードを上げることができると感じています。

これで、3秒以内にトランザクションを行うことができるように、時間を短縮しようとしています。確かに、それはコバルトと提携しているため、1秒間の取引という究極の目的を達成することができます。分散型システムは、暗号投資家が望むものであり、有名なデジタル資産セキュリティ会社のおかげで実現することができます。

リップルは市場を広げている - まさに先日、リップルはカナダ市場に導入されたことを大胆に発表しました。XRPは北部の国に入ると、カナダの優良な交換ネットワークであるCoinFieldのホスティングのおかげで、XRP / CADとXRP / USDの両方を使って取引されます。

3月の最後の週に、リップルは、英国市場にルーツを確立したことをもう一度発表しました。それは最初に国の通貨であるGBTとペアになっていました。最近、LBX(London Block Exchange)の下で取引されています。この大胆かつ慎重な市場拡大は気づかれず、XRPの価値を再び安定させるはずです。

ICOプラットフォームに参加する可能性がある

リップルはICOの可能性を否定している - リップルは個人向けの望ましい投資としての地位を維持しながら、初期コイン・オファリングのプロモーションには興味がないとのプレスリリースを発表した。

リップルはパフォーマンスを維持しています - 現在、リップル(XRP)の値は0.47ドルで、値が4.3%も大幅に減少しています。一連の浮き沈みが投機を引き起こしたが、投資家はそれを躊躇しなかった。これらの不確実性があっても、Rippleは世界の暗号探査ランキングで3位を維持しています。
Rippleがスロベニアの金属貿易会社との様々な市場に加えて最近のパートナーシップに参加するインセンティブを支払っているという事実は、他の指針です。同社は今年のグローバルマネー移転サミットに関心を表明している。最後に、Allvorの元帳とのパートナーシップにより、より良い時代に向けて私たちはすべて自信を持っています。

参考URL:https://oracletimes.com/ripple-xrp-may-hit-the-1-again-faster-than-we-expected/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング