Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

超初心者向け ビットコイン以外の主な仮想通貨を紹介します

2017年は暗号通貨がメインストリームになった年でした。1000ドル以下だったビットコインが、2万ドル近くまで高騰したのです。2018年も、この流れが止まることはなさそうです。

乗り遅れたと思っているあなた。デジタル通貨はビットコインだけじゃありません。そこで、2017年に流行ったけれどビットコインほどではない暗号通貨(オルトコイン)をご紹介しましょう。

そもそも暗号通貨ってなに?

ひと言でいうと、取引の安全確保に暗号化を利用した仮想通貨のことです。それ以外にも、重要な特徴がいくつかあります。

まず、暗号通貨はマイニング(採掘)が可能です。暗号通貨の取引には難しい式を解く必要があり、そのためにコンピューターを提供して見返りとして通貨を受け取るのがマイニングです。このようにして作られた取引記録はブロックと呼ばれ、次の特徴であるブロックチェーンの語源となっています。

ブロックチェーンとは基本的に、ブロックによる取引台帳を指します。これは公開・分散されているため、誰からでも変化が見られるようになっています。もともとブロックチェーンテクノロジーはビットコイン向けに作られたものですが、医療記録や投票など、あらゆる分野への応用が可能と言われています。

以上をふまえ、有名ないくつかの暗号通貨について、ビットコインとの違いを説明します。

Bitcoin Cash(BCH)

2017年8月にビットコインから派生してできた通貨です。ブロックのサイズを大きくすることで、より速い取引を目指しています。これにより、スケールアップもしやすくなります。

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)はビットコインを置き換えるほどではないものの、記事執筆時点で1コイン当たり2788.68ドルを記録しています。暗号通貨取引サービスとして人気の高い「Coinbase」も12月後半からBitcoin Cashのサポートを始めました。ただ、この動きはインサイダー取引が疑われており、同社は現在、新機能追加の一時的中断を余儀なくされています。

Litecoin(LTC)

Litecoin(ライトコイン)は元Google社員のCharlie Lee氏が2011年に作った仮想通貨です。同氏はCoinbaseの開発部隊のトップだったこともあります。特徴はほぼビットコインと同じですが、マイニング可能な最大コイン数が高くなっています。また、ブロックの作成も速く、ビットコインがブロック1個につき10分かかるのに対し、Litecoinは2.5分で完了します。

Ether(ETH)

Etherium(イーサリアム)のプラットフォームおよび通貨として2013年に提案された「Ether」は、2015年にリリースされています。おおむねビットコインと似ていますが、法律ではなくコードで契約を執行する「スマートコントラクト」に力を入れているのが特徴です。これは複数人による契約を管理するテクノロジーで、マルチシグネチャアカウントを作ることで、過半数の署名がなければ資金にアクセスできないようしています。

ビットコインも、個人間の通貨の送金など一部のスマートコントラクトをサポートしていますが、できることはまだ限られています。その点Etheriumでは、個々人で独自の契約を書くことができます。

その通貨であるEtherはEtheriumプラットフォームを操作するための燃料として機能していますが、投資用に購入して所有することもできます。現在の価値は777.55ドルです。

Ripple(XRP)

012年にできた暗号通貨のRipple(リップル)は、2017年に価値が急騰し、有名になりました。12月後半には2.21ドルを記録。時価総額は850億ドル超となりました。

Rippleは社名と通貨の両方を指します。もともと決済ネットワーク「RippleNet」として開発され、米ドルなど政府が保証する通貨とともに、Rippleをサポートしています。同社は銀行やその他金融機関の決済テクノロジー開発を目的としており、すでに100を超える組織が利用しています。

上でご紹介した暗号通貨のうち、Coinbaseで購入できないのはRippleのみです。しかし、Rippleのウェブサイトには、Rippleをサポートしている「Bitstamp」「Kraken」「Gatehub」などの取引所一覧が掲載されています。

参考URL:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180116-00010003-biz_lifeh-sci&p=2 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

LocationCore:NEMが新しい提案!

111 


NEMのブロックチェーンプラットフォームは、多様なプロジェクトで重要な受け入れを受けており、その多くはこのプラットフォームのコミュニティに投票しており、優れた地方分権の例を構成しています。この機会に、Digital2Go社の製品であるLocationCoreについて、NEMのブロックチェーンで作成されたLocationCoreについて説明します。

LocationCoreは、活発なマーケティング・インテリジェンスとコンシューマーエンゲージメント会社であるDigital2Goの製品で、現在このプラットフォームを使用しているいくつかのビジネス顧客がいます。この製品は、SDKとユーザーが個人情報のためにお金を稼ぐことができるアプリケーションで構成されています。 Digital2Goでは、このパーソナルロケーション情報をLocationCoreで民主化し、ロイヤルティ/報酬プログラムの形で他のアプリケーションに提供する予定です。

Digital2Goにはすでに、ロケーション・プロダクト・アプリケーションが導入されており、1日に何百万ものユーザーデータポイントを既に収益化しています。既存のDigital2Goデータ収益チャネルは、LocationCore SDKの採用に応じて増加し、充実していきます。


NEMフォーラムで公開されているDigital2Goの目標は、消費者が通常アプリケーションプロバイダと持つ信頼関係を緩和する手段として、NEMブロックチェーンを使用する透過的なデータ収集会社になることです。

このため、ユーザーのデータの報酬の基本通貨として機能するネームスペースとモザイクをNEMブロックチェーンに設定し、これらのモザイクは、自分のロケーションデータをプラットフォームと共有したときの報酬として授与されます。すべてのトランザクションはこの基本通貨で記録され、ユーザーはトークンを「請求」または保持するオプションを持ちます。

アプリケーションの採用が進むにつれて、トランザクションの量も増加すると予想するのは当たり前のことです。アプリケーション開発者やIoT製品開発者とのアライアンスを鍛えることで、NEMブロックチェーンの作成時点で位置データを補う完全なエコシステムを構築し、XEMの可視性と価値を通貨として、そしてすべてのROIを向上させます。

Digital2GoがNEMをブロックチェーンとして選択する理由:
API対暗黙の新しい言語
既存のシステムをブロックチェーンに統合して、可能な限り効率的であるようにします。

コミュニティ開発者のフォーラム
NEMは、開発者をサポートすることに重点を置いています。彼らは、開発者の成功がNEMの成功であることを理解しています。

速度
Catapultのリリースにより、アプリケーションでブロックチェーンを使用するオプションの数が増加するため、機能するブロックチェーンで作業することは重要かつ重要です。


111

LocationCoreで使用されるNEMの特徴は次のとおりです。
名前とモザイク空間
LocationCoreネームスペースは、LocationCore製品の通貨媒体として使用されるモザイクを認証するために使用されるNEMブロックチェーンに作成されます。

ミジン
計画的なブロックチェーンの使用は、ブロックチェーンの公募(LocationCoreの基盤となる)とともに可能になりました。

マルチサイン
彼らは、マルチサインが資金を確保し、財布の責任を分散することを可能にする。

開発のフェーズ
現在

Digital2Goには、分析とパネルが絶えず開発されている、完全に運用可能な顧客ポータルがあります。開発の次の段階では、個人のロケーションデータの所有権を許可し、システム全体をNEMブロックチェーンと統合するというオファーを利用します。

フェーズ1〜3ヶ月

IoTエンドポイントにデータを送信し、ブロックチェーン、Android、およびiOSでトランザクションを登録するためのSDKの開発。 SDKはオープンソースになります。

フェーズ2〜3ヶ月

このSDKを統合するLocationCoreアプリケーションの開発。このアプリケーションは、関連が作成されている間の主なオファーになります。ユーザーがトークンをダウンロードして開始できるアプリストアで利用できるようになります。

フェーズ4 - 2〜8ヶ月

測定されたAPIを提供して、広告主のデータにアクセスできるようにする。データレートは、最初は容量になります。お支払いはXEM、LCC、Fiatモザイクでご利用いただけます。

フェーズ5(後で)

組織との関係を構築して、LocationCore SDKをアプリケーションに組み込む。

LocationCoreコミュニティ基金の提案を支持するための投票は、NEMコミュニティに公開されています。あなたは次のように投票することができます:

YESに投票するには:

トランザクションを0 XEMに送信する:

NAU3UWQ4PEHDPDSKRLIVSOFOICRTGEA5UWYAXFWV

NOに投票するには:

トランザクションを0 XEMに送信する:

NBZZWAVLPOPRPMJCLF4TEBVKD7JSDAIHB2TGEEC6

詳細を知り、このプロジェクトに関するニュースを更新するには、Digital2Goのウェブサイトhttps://www.digital2go.comにアクセスするか、電報のチャンネルに参加してください:https://t.me/locationcore 

参考URL:https://www.crypto-economy.net/locationcore-the-new-nem-proposal/?lang=en 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

詐欺疑惑のBitConnect 価格が90%下落

今月4日にICOの差止め請求を受け詐欺疑惑がかけられていたBitConnectが、貸出及び取引プラットフォームの閉鎖を発表した。閉鎖の情報が市場に伝わると、BitconnectのトークンBCCの価格は急落し、前日の最高値1BCC=330ドルから22ドルまで価格を下げた。下落率は90%を超えた。


プラットフォーム閉鎖の主な理由は明かされていないが、BitConnectは今月10日に予定していた新たなICOの発行に対してノースカロライナ州とテキサス州から差し止め請求を受けていた。両州は、BitConnectのICOは証券に該当し正式な発行手続きが済んでいないとしている。

BitConnectは、独自トークンBCCの年利は100%を超えるなどと謳い投資家を引き付けていた。一方、どのような方法でこの顧客の資産を増やすかなどの詳細な説明がなかったため、ネズミ講のような詐欺であると批判されていた。

仮想通貨は世間の注目の高まりと共に資金が流入しやすい環境が続いていた。一方、投資家はトークンの中身を理解せず発行者側の情報を鵜呑みにし、お金を騙し取られるなどの事件が増加している。BitConnectのような仮想通貨は、一瞬で価格が跳ね上がり収益を上げることができるが、その逆もまた然りといったいい例だろう。

参考URL:https://btcnews.jp/7js6vzas14666/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

イーサリアムの今後を時価総額とドミナンスから考察する

前回はイーサリアムのテクニカル分析を短期、中期、長期にかけて行いましたが、アルトコインはテクニカルだけでは語れず、ファンダメンタルズ分析もとても大事になっています。

本項ではイーサリアムとアルトコイン全体、ビットコインとの影響を時価総額とドミナンスから総合的に分析を行いしました。

1.仮想通貨市場全体

仮想通貨市場全体を見るとビットコインは主軸通貨であり、フィアットでいうUSDの様な存在です。多くのアルトコイン(通貨ペアをALTとする)取引所はBTC:ALTという取引を提供しており、この出来高とドミナンス、各通貨の時価総額はアルトコイン市場を読むのに重要な指標です。

1-1.ビットコインのドミナンス

アルトコイン相場を読むのに重要な指標の一つとしてビットコインとアルトコインのドミナンス(比率)というものがあります。仮想通貨の時価総額や日々の出来高を正確に知ることができるCryptocurrency Market Capitalizationsによるとビットコインのドミナンスは直近で32.69%になっており、最高価格の230万円を記録し2017年12月6-8日にかけて回復した64%の半分ほどまで下落しています。

米国最大の取引所Coinbaseに上場するという噂により一時Rippleのドミナンスがイーサリアムを上回ったものの、Coinbase公式の否定と韓国取引所の閉鎖騒動で対象的にイーサリアムのドミナンスとの大きな鞘が確認できることからリップルへの投機からイーサリアムへと流れたものであると考えられます。

去年のイーサリアム高騰時のビットコインドミナンスは最大37%まで下落し、現在はその最低%より更に下落しており、ビットコインから資金が流れているということになります。現在はマイナーアルトコインブームが来ており、この様なアルトコイン相場はもう少し持続すると考えられますが、ドミナンスを考えるとマイナー市場への投機目的の方は注視しておく必要があるでしょう。

イーサリアムのドミナンスは最大39.78%となっており、現時点ではまだ半分となる20%に達していないため広くアルトコインに資金が分散されており、大きな伸び代があると言えるでしょう。

イーサリアム(Ethereum)チャート

1-2.時価総額

ビットコインの時価総額は現在約2,400億ドル、対してイーサリアムは約1,300億ドルとなり、ビットコインの54%前後となっています。イーサリアム価格は現在直近の最高価格であった0.097BTCのレジスタンスラインを推移しており、資金が緩やかに流れてきている印象となっていますが、前回の最高価格0.152BTCを超えるには152%の高騰が必要となり、イーサリアムの時価総額は82%まで迫ることとなります。

2倍となる0.2BTCになるとすれば時価総額はビットコインを超えてしまうので、このままビットコインドミナンスが低下を続けるということは難しいと考えられるでしょう。

イーサリアム(Ethereum)とビットコイン(Bitcoin)の時価総額

2.市場供給量 と時価総額の形骸化

現在は「時価総額ランキングが形骸化している」などとよく聞くと思います。イーサリアムなどのProof of Work(以下:PoW)のマイニングベースの仮想通貨は、新たなETHを生成するにはブロックを生成する必要があり、プロトコルによって発行枚数やブロック生成時間が異なり、更にPoWではないプレマインや、インスタマインと呼ばれるものなど様々なものが仮想通貨には存在し、これが原因で時価総額を比較し、価値を測ることができなくなっています。

2-1.ビットコインを基準に考えイーサリアムと比較する

ビットコインは約10分に1度ブロックが生成され、4年に1度マイニング報酬が半減する半減期がプロトコル上設定され、2週間という難易度調整期間を設けてあります。これはビットコインの価値を保つためにとても重要なことで、発行数を制限しビットコインをマイニングするということを金などの希少な金融商品の採掘レートへ近似させており、強制的にデフレにすることでビットコインの価値を保っています。

対してイーサリアムは独自通貨のEther(ETH)を使用することで誰でもイーサリアムネットワークの計算力を利用できるワールドコンピュータであり、ビットコインの様なデジタルゴールドや通貨ではなく全く別物となっているため1ブロック約15秒となっています。

2-2.インスタマインとは?

イーサリアムは最終的にブロック生成時間を約3-5秒まで早め、サイドチェーンとオフチェーンを利用し、秒間1万トランザクションを目指しておりこの様なマイニングを「インスタマイン」と呼びます。ワールドコンピュータとしてサービスを提供するにはコントラクトの実行速度とスケーリング(需要に対する対応)が必須であり、決済手段よりもシビアです。

ここで1日のビットコインとイーサリアムのブロック生成と報酬を比較してみると、

・ビットコインは1ブロック約10分で12.5BTCの報酬を得られ、1日は1,440分なので
( 1,440 / 10 ) * 12.5BTC = 1,800BTC

・イーサリアムは1ブロック約15秒で3ETHの報酬を得られ、1日は86,400秒なので
( 86,400 / 15 ) * 3ETH = 17,280ETH

となり、9.6倍の速さでETHの供給量がBTCより増えていきます。BTCの時価総額をETHが超えないためには単純にイーサリアムがブロック生成する速さの10倍以上の価格上昇が必要となるため、テクニカル上の上昇トレンドへと変わったイーサリアムがビットコインの時価総額を抜く可能性は十分にあるといえます。

2-3.プレマインとは?

これまでの説明で各通貨がインスタマインを採用し、ブロック報酬を増やせば時価総額はビットコインを簡単に抜くことがわかりました。更に仮想通貨にはプレマインというものが存在し、パブリックに公開する前に開発者や運営会社が最大発行枚数を既に保有し、マイニングによる新規通貨の発行ができないものを指します。

NEMの様なProof of Stake型の物の説明は省略しますが、既に発行されているためその通貨の価格があがれば時価総額ランキングの10位以内に簡単に入ることができ、日夜時価総額ランキングは入れ替わり立ち替わりしています。

ネィティブのPoWにより発行数をプロトコルによりコントロールしていたものはフォークコインのビットコインキャッシュを除くとビットコイン、イーサリアム、ライトコインの3通貨のみがPoWとなっています。これら4種のマイニングにより必ず売り圧の発生する通貨とは違い、プレマインコインはそれ以上新規発行がされないため時価総額がPoW通貨と違い大幅に変動し易い傾向となっています。

今後も新規仮想通貨がプレマインで出て、更に発行枚数が極端に多ければ簡単に時価総額上位へと入ってしまうこともあり、時価総額で単純にその通貨の価値を測ることができなくなっています。

対してプレマインには「開発者やコミュニティが開発資金を既に持っているので開発するインセンティブになる」などの意見もあり、これが主な原因として新規通貨をプレマインが占める理由となっていると考えられます。

イーサリアム(Ethereum)とビットコイン(Bitcoin)の時価総額

3.結論と考察

上記説明の様に時価総額はアルゴリズムや目指す経済圏の違いなどにより様々で、市場を単純に評価がすることができないということがわかりました。対して主軸通貨のビットコインと考えたドミナンスという考え方は、多くの取引所が対BTCを採用していることから重要な指標と言えます。

時価総額ランキングが形骸化したと言っても、ビットコインの時価総額をイーサリアムが超えることがあれば市場に一時的に大きなインパクトを与えることは間違えないので定期的にチェックすることをオススメします。ですがビットコインとイーサリアムの目指すものは全く別であり、現在は 送金需要として使用されていますが競合することはないため、単純に比較することはできずこの一時的なインパクトがどちらに働くか注視する必要があるでしょう。

参考URL:https://coinchoice.net/eth_dominance_consideration/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

Siacoin(SIA) - ハードフォーク →日時は?

1/21頃になりそうですね。

フォークに関連する正確なカレンダー時間はありませんが、平均ブロック時間に基づいて見積もることができます。
この執筆時点では、ハードフォークまで139,000 - 138,426 = 574ブロックあります。1ブロックあたり30分で、ハードフォークは2018年1月1日〜12日に発生するようになります。

参考URL:https://www.reddit.com/r/siacoin/comments/7p9ll1/summary_of_the_upcoming_sia_hardfork_block_139000/ 



●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング