Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

アップル共同設立者ウォズニアック、仮想通貨トークン利用したベンチャーキャピタルを共同設立

1 


アップルの共同設立者スティーブ・ウォズニアック氏は、ブロックチェーンを利用したベンチャーキャピタルファンドのイクイグローバル(EQUI Global)を共同設立していたことが分かった。ビジネスメディアのVerdictが15日伝えた

ウォズニアック氏は、8月初めのブロックチェーンプロジェクトに参加する計画について発表した後、ブロックチェーン技術を活用したバックエンドシステムを採用したベンチャーキャピタルファンドのイクイグローバルを共同設立した。

この新しいベンチャーキャピタルファンドは、非機関投資を可能にし、投資家がイクイトークンを介して外部の仮想通貨取引所で取引できるようにすることによって、伝統的な業界のコンセプトを変えることを目指している。Equiトークンのインフラは、分散アプリケーション(DApps)開発者が広く使用しているイーサリアム(ETH)ブロックチェーンに基づいているという。

Verdictによると、イクイグローバルは、イクイトークンへの投資を通じて、ベンチャーキャピタルファンドに焦点を絞った 投資家をターゲットにしている。このモデルは、仮想通貨取引所を介してトークンを簡単に現金化できるようにすることにより、取引経験を向上することを意図している。イクイグローバルの投資の80%がテクノロジー企業に、残りは不動産や芸術など他の分野に投資されるという。

ウォズニアック氏は、公式には開始されていないが、すでに20社の企業と提携していると述べている。イクイグローバルへの参加は、プロジェクトに参加することに同意した「20年目の2回目」の出来事という。

イクイグローバルのウェブサイトによると、同社はプレスリリースから「ほぼ1年前」に設立されたが、イクイのモデルは最初のローンチから変更されている。もともと、創業者はプロジェクトごとにイクイトークンを使ったイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で資金調達する会社を立ち上げることを検討していた。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/apples-steve-wozniak-co-founds-blockchain-focused-venture-capital-fund 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

香港、暗号通貨取引に関して…

香港の金融監督当局は、暗号化取引プラットフォームを規制することによって投資家の保護を強化することを検討している。

しかし、証券先物委員会(SFC)は、法律上規制されている有価証券の制限によって制限されている、とCarlson Tong Ka-shing(元議長)。

SFCの議長は、Cryptocurrency取引の禁止について「今日のインターネット世界ではうまくいかない」と述べている

Ka-shing氏はSFCを去る前の最後のインタビューで、South China Morning Postに、取引が国境を越えることができる今日のインターネット世界では暗号暗号取引の禁止が「機能しない」と語った  。たとえそれを禁止するとしても、海外市場のプラットフォームを使って取引を行うことは容易です。

中国本土のデジタル通貨取引を完全に禁止しているのとはまったく異なる姿勢をとって、SFCは投資家に注意を喚起するだけの警告を発した。

しかし、市場が小売や機関の取引枠内で成長するにつれ、規制当局は証券規制に限定されている一方、正式な規則を設けるという圧力が高まっている。


「これらのプラットフォームの規制アプローチは、新技術であり、有価証券として適格ではない可能性があるため、慎重に検討する必要があります。証券および先物取引条項の下で通常期待されるような、保管、監査または評価の要件に適合しません。

Tong氏は、SFCが、暗号投資プラットフォームを「ライセンスされた取引会場と同等の標準に、同時に投資家の関心を守るように規制する最良のアプローチを評価している」と付け加えた。

SCMPは、Bitcoin Mercantile Exchange(BitMEX)の最高執行責任者(COO)Angelina Kwan と米国のCircleの創設者兼CEOであるJeremy Allaireに対し、提案された規制について話し合った

「考えているガイドラインや規制が市場の発展に追いつくことを願っています。米国では暗号侵害の規制が導入されており、CMEグループとCBOTによって取引される先物商品があります。これは、規制当局が新しい業界の発展を助けることができることを示しています。

Allaireの場合、彼はサークルが規制されていない空間で活動していることに気づいており、新たなライセンスや規制の枠組みについて香港当局と積極的に協力することを誓っています。

CircleのmCEOは、「投資家のための本当のリスク」を守り、「デジタル資産業界の長期的な可能性を確保する」というルールを定めています。

6月に発表されたSFCの年次報告書によれば、規制当局は暗号侵害市場を監視し、必要なときには罰金を科すと述べた。

一方、中国本土では、デジタル通貨取引にはより厳しいアプローチが行われています。Alipayは、2017年に発表された禁止の一環として、最近、Bitcoin店頭取引(OTC)取引をプラットフォームで終了しました。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/10/15/hong-kong-to-propose-regulation-for-cryptocurrency-trading/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

EOS(EOS)は詐欺、エテリアム(ETH)は愚か、Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず

Crypto Insiderとのインタビューで、有名なBitcoin(BTC)の開発者であり教育者でもあるJimmy Songが、暗号化通信市場で最も人気の高いAltcoinについて意見を述べました。彼によると、EOS(EOS)は詐欺で、Ethereum(ETH)はアマチュアで馬鹿だが、Bitcoin Cash(BCH)は「存在する理由はない」

しかし、ジミー・ソング氏は、ブロックチェーン産業は過去数年間で非常に速く発展したと考えていますが、すべての暗号化プロジェクトが彼のビジョンでは公正で有用なわけではありません。

EOS(EOS)は詐欺です

Crypto InsiderのVlad Costeaは、EOS(EOS)のような他のブロックチェーンプロジェクトと比較して、Bitcoin(BTC)での作業方法をJimmy Songに尋ねました。

「まあ、私はEOS(EOS)は詐欺だと思うし、あなたはそれを研究すべきだとは思わない。EOSのようなものに取り組んで、私はそれが本当のアイデアだとは思っていません。それは、今後5年間にひどいゴミ箱火災で死ぬだろうから」ジミー・ソングは言いました。

エテリアム(ETH)はアマチュアで馬鹿だ

ジミー・ソングは、彼によれば、彼によれば、詐欺師のためのプラットフォームであるエテリアム(ETH)ネットワークを批判し続け、その開発者はアマチュアであり、愚かであり、技術開発には関心がない。

"Ethereum、私はそれがこれらの詐欺のためのプラットフォームだと思うし、それは多かれ少なかれキラー機能だ。私はそれが技術的に非常に興味深いとは思わない、彼らが行っている機能のほとんどは非常に素人の方法で行われます。Turingの完全性を追加するのと同様に、それは誰にも使われません。それはばかげている」とソン氏は語った。

Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず、「存在する理由はない」

Vlad CosteaがBitcoin Cash(BCH)に関する彼の意見についてジミーに尋ねたとき、後者はこのプロジェクトも批判した。彼によると、Bitcoin Cash(BCH)は役に立たず、 "金額のお金"です。

Bitcoin Cash(BCH)は存在する理由がありません。私は、「Bitcoin Cash is fiat money」という記事を書いています。なぜBitcoin Cashが価値がないと思うのか、誰にも価値がないと思う理由についての私の議論を見たいと思ったら、読んでください。

参考資料:https://oracletimes.com/eos-eos-is-a-scam-ethereum-eth-is-stupid-while-bitcoin-cash-bch-is-useless-thinks-jimmy-song/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Bytecoin(BCN)は、2つのスタートアップ企業が協議の中でバイナンスに戻ってくるかもしれない

1 

Bytecoin(BCN)にとって暗いものでした。なぜなら、クリプトクルーシンクは2つの主要な暗号交換プラットフォームから廃止されましたそのうちの1つはBinanceです。しかし、Bytecoin(BCN)はBinance戻ってくるかもしれない。暗号のチームと取引プラットフォームがこの問題について話しているからだ。

私が上記のように、Binanceは  今週、チャットコイン(チャット)、アイコノミ(ICN)、トリガー(トリガ)と一緒にBCNを廃止し、BCNの所有者と愛好家に衝撃を与えました。BCNトークンを除去するための第2の暗号化交換はOKEXでした。

暗号コミュニティはこれらのイベントを見過ごすことができませんでした。主に、Bytecoin(BCN)の所有者と愛好家は、Twitterに失望を表明しました。

"私はこれらの硬貨が上場廃止されることを知らなかった、私の硬貨は今消えた。私のお金はどうですか?バイナンスは3日前にそのようなことを宣言することはできず、単にコインを削除するだけで、毎日オンラインではない十分な人がいる」とBCNの1人の所有者に不平を言った。

Bytecoin(BCN)とBinance暗号交換が交渉中

 Bytecoin(BCN)を上書きした後Binanceの暗号交換によって作成された状況は、他の暗号と同様に、オンラインで流行していました。しかし、Bytecoinチームは、 この状況を明確にするためにBinanceの担当者と積極的にコミュニケーションを取っていると発表しました

"親愛なるコミュニティ、私たちはBinanceと状況を明確にしたいと思います。我々は、上場廃止の状況に関するバイナンスの代表との積極なコミュニケーションの過程にある」とRedditのBytecoin(BCN)チームは述べた。

「Bytecoin(BCN)は問題なくBinanceの取引を進めるべきであり、可能な限り早急に合意達しようとしています。今のところ、Binanceとの詳細な連絡は、プライバシーの理由から開示することはできません。当日は更新させていただきます。あなたの忍耐力に感謝します」と、Binanceの代表者は付け加えました

Bytecoin(BCN)は、 前述のプラットフォームでBCN取引を再開するためにBinance暗号交換と協議中です。一方、明らかに、Bytecoin(BCN)チームはOKEX交換と交渉していません。

参考資料:https://oracletimes.com/bytecoin-bcn-might-come-back-on-binance-as-the-two-startups-are-in-talks/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

米仮想通貨取引所コインベースのアクティブユーザー数が★%減

1 

長引く仮想通貨の弱気相場。これにより、米仮想通貨取引所最大手コインベース(Coinbase)における仮想通貨の売買代金が大幅に減少している。

頻繁に仮想通貨の売買を行う「アクティブユーザー数」は、バブルの頂点だった昨年12月に比べて約80%減った。米トライブキャピタル社がクレジットカード決済情報をベースとした分析としてブルームバーグが伝えた。

これに対応するように、米ドル建ての仮想通貨売買も2017年第四四半期の約2兆円から2018年第三四半期の6200億円まで激減したという(調査会社Diar調べ)。

コインベースにおける取引量は昨年末から大幅に減少している

一方、コインベースの企業価値は最近9000億円近くと見積もられるなど、業界の雄としての存在感は大きい。9月にはわずか7ヶ月で従業員を倍増させて500人の体制を構築したと報じられたほか、世界最大の資産運用会社ブラックロックと組んで仮想通貨のETF(上場投資信託)の創設を検討しているという報道もあった。またアームストロングCEOが、仮想通貨版のニューヨーク証券取引所を目指すという野心を語っていた。

ちなみに今年4月に一般社団法人日本仮想通貨交換業協会が発表した資料によると、日本では仮想通貨交換業者の顧客は350万人と見積もられていた。コインベースにおけるユーザー数の減少トレンドから、日本の交換業者がおかれる状況も垣間見えるだろう。特に大型ハッキング事件が続発し利用者心理が冷え込んだ日本では、米国よりも状況は厳しいかもしれない。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/coinbase-trade-volume-declines-in-2018 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング