Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

スウェーデン政府のオークションで再び暗号通貨

112 

BTC Worth 37,000ドルを一般に提供

スウェーデンの執行機関である政府の債務回収組織は、現在の為替レートによると、約370,000スウェーデンクローナ(約37,700ドル)に相当する4.59 BTCを取得する可能性のある買い手を提供していますこれ、コインあたり8,200ドルに近く、BTC執筆時点で8,400ドルをわずかに下回る暗号通貨市場で取引されています。

クロノフォグデンは、約2年前、最高入札額が43,000スウェーデンクローナに設定されたときに、最初に保管されていたビットコインをオークションにかけました。これは暗号通貨の市場価値をはるかに上回り、暗号通貨は当時27,600クローナだった、とスウェーデンのアウトレットDiは思い出します。売却は大きな関心を集めました。

スウェーデン政府のオークションで再び暗号通貨

「多くの人が、なぜ私たちが暗号通貨を競売にかけているのかを尋ねます。私たちはそれを自分で交換しません。答えは、私たちの要件を満たすインフラストラクチャがないことです」と、スウェーデンの執行機関の代表であるヨハネス・ポールソンは説明しました。「私たちはお金が失われないことを知るために品質保証された方法でそれをしなければなりません」と彼はプレスリリースで引用されたように詳述しました

ユーザーが安全で安全な方法で暗号通貨購入できるプラットフォームの選択肢がありますしかし、政府機関が実施するオークションは、資金の出所の否定できない証拠も買い手に提供します。多くの管轄区域に包括的な規制がない場合、取引の合法性は当局によって疑われることはないため、国家から暗号を購入することは安全な選択肢です。

債務者から押収された暗号

スウェーデンのKronofogden、またはKronofogdemyndighetenそのフルネームであるように、債権回収、distraint、そして北欧の国の立ち退きを担当しています。債務者の銀行口座からお金を引き出し、財産を押収することが許可されている唯一の政府機関です。「ビットコインを使用する人が増えるにつれて、債務者が通貨を所有できる可能性が高まります」と発表は述べています。

「物件は私道や居間だけでなく、インターネットでも見つけることができます。今日、私たちは電話やウェブサービスだけでなく、コンピューターやハードドライブの資産を探しています」とヨハネス・ポールソンは説明します。彼は、今回の差し押さえはスウェーデン警察との緊密な協力の下で行われたことを強調した。オークションからの不法なお金は、所有者の借金を返済するために行きます。

スウェーデン政府のオークションで再び暗号通貨

クロノフォグデンはより頻繁に暗号通貨に遭遇しますが、Crown Bailiff Authorityは、デジタルコインを保存する暗号化されたウォレットに侵入しようとすると困難に直面することを認めています。それを達成するために、それはスウェーデン警察とスウェーデン国税庁との共同の努力に依存している、と当局者は付け加えた。

クロノフォグデンは、債務者が暗号を所有していると疑うと、積極的に働き、債権を補償するためにデジタル保有物を見つけ、評価し、販売します。売却が負債額を上回る場合、余剰は債務者に戻されます。クロノフォグデンは、販売する資産の可能な限り高い価格を目指しなければなりません。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/swedish-government-auctions-cryptocurrency-again/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

暗号市場が低迷するため、アナリストはイーサリアムが●●ドルに下落すると予測

イーサリアムの最近上昇した勢いは、ビットコインと集約された暗号市場が一夜で流れを変え、短期的な下降トレンドを引き起こした巨大なレベルの抵抗に当った後、弱まりました。

複数のアナリストは、イーサリアムがすぐに大幅に低い安値をターゲットにする可能性があることに注目しています。これは、最近の上昇トレンドが、ETHや他の主要なアルトコインの次の主要なレッグに先行するパンのフラッシュであったことを意味する可能性があります。

暗号市場が弱気を増すにつれてイーサリアムが2%低下

執筆時点で、イーサリアム現在の価格である186ドルで約2%下落しています。これは、一晩で起きた急激な上昇の際に設定された最近の最高値である195ドル近くからの顕著な下落を示しています。

190ドルの中高域はETHの抵抗レベルであり、ビットコインが9,000ドル近くの高値に急上昇したと同時に、一晩で下落したため、販売圧力が急落し、急落しました。

イーサリアムは近い将来、現在の価格レベルでサポートを見つけましたが、その主要な長期サポートレベルは毎月のチャートを見ながら約160ドルのままです。上昇傾向。

Twitterで人気の暗号通貨アナリストであるメインは、短期的にはイーサリアムで175ドル、ビットコインで8,150ドルをターゲットにしていると説明しました。

「175ドルETHと8150ドルBTC IMOの再テスト」と彼は言った。

アナリスト:183ドルの重要な短期サポートレベル、下にドロップすると174ドルになります

同様に弱気な評価をMayneに提供しているのはTwitterのもう1つの人気アナリストであるThe Cryptomistで、最近のツイートで、183ドルがブルが守るべき重要な短期サポートレベルであり、このレベルを下回ると降伏の一撃を引き起こす可能性があると説明しましたそれはすぐに174ドルに送られます。

「$ ETH価格が183ドルの価格で、この上昇する三角形のブレイクアウトの再テストを成功させることが重要です。それができなかった場合、174ドルが次なる可能性が高い」と彼女は述べた。

今後数時間と数日は、イーサリアムのような主要なアルトコインがどのようにトレンドになるかについてかなりはっきりしているでしょう、そして彼らはおそらくビットコインからのガイダンスをとるでしょうが、彼らは近い将来に高いボラティリティを経験するかもしれません。


参考資料:https://www.newsbtc.com/2019/10/11/analysts-anticipate-ethereum-to-drop-towards-170-as-crypto-markets-falter/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

日本でのカルダノ(ADA)暗号支払いの展開!

カルダノは最近、重要なフットウェア会社と提携したときにニュースで取り上げられました。

カルダノは、偽造品との闘いを支援するためにニューバランスと提携しました。

同社のトレーニングシューズのプレミアムラインはCardanoによって認証され、消費者と小売業者が信頼できるブロックチェーンベースのデータを生成します。

これは製品に価値を追加し、物理的な商品に関する現実の問題を解決します。

日本でのカルダノ暗号化支払いの展開

現時点では、カルダノ暗号化支払いは、日本の佐世保で最初に確立されたコワーキングスペースであるToStartでサポートされています。

このスペースは、コンテンツクリエーター、ウェブデザイナー、プログラミングエンジニア、あらゆる種類のセクターのさまざまな起業家を対象としており、新しい暗号化フレンドリーでキャッシュレスな作業環境を形成しようとしています。

ToStartの主催者は次のことを説明しました。

「近年、新しいタイプの共有オフィス環境として、コワーキングスペースの人気が高まっています。これらのスペースは世界中で注目を集めており、毎月1300の新しい場所が出現し、その中には日本国内の200が含まれます。」

カルダノはADAを後押ししています

カルダノは、暗号化ADAをコワーキングトレンドの最前線に位置付けており、暗号化ADAを受け入れているコミュニティと定期的なたまり場を作成するという会社の使命を果たしていることに言及することも重要です。

たとえば、カルダノの商業部門であるEmurgoは、ADA支払いの採用と日常生活への統合を推進するために、より多くの地元の商人とつながります。

「ブロックチェーンの未来が現実になるためには、ブロックチェーン技術は、ADA支払いの実施などの意識を高めるキャンペーンを通じて、主流ユーザーの日常生活に浸透する必要があります」と公式ノートは述べています

それ以上に、オンライン出版物Daily Hodlからの最新のレポートによると、EmurgoはADAの支払いを受け入れる商人と店頭の数を増やすことを目指しています。 

参考資料:https://oracletimes.com/cardano-ada-crypto-payments-are-supported-in-japan/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

複数資産で担保可能なステーブルコイン「Dai」、11月18日にローンチへ

担保資産を増加へ

Maker FoundationのCEOであるRune Christensen氏が、複数の資産での担保が可能になるステーブルコイン「Dai」を、11月18日にローンチすると発表した。

Daiは、仮想通貨で担保することによって発行されるステーブルコインだ。

MakerDAOのプロジェクトで運営され、ユーザーがイーサリアム(ETH)を担保資産としてロックすることで、イーサリアムブロックチェーン上で発行できる仕組みになっている。今回発表されたのは、ETH以外でも担保ができるようになるDai(Multi-Collateral Dai 以下:MCD)だ。

Christensen氏は、MCDでは担保をロックするスマートコントラクト(CDP)の種類を追加し、Daiをロックしておくと利息を得られる機能も追加すると説明。金融の分散型アプリケーション(dApps)のバックエンドに、Makerのプロトコルを統合する際にもMCDは有用だという。

Christensen氏は今回の発表に際し、「MCDのローンチはMakerDAOのプロジェクトにとって重大な出来事だ。DeFi(分散型金融)の未来に強いインパクトを与えられるようなターニングポイントになる」と述べた。

2019年第3四半期のレポートによると、この4カ月間でDaiのアクティビティは急増している。その上昇は4倍以上だ。特に9月はDaiの送金や受け取りを行うアドレスが急増した。

出典 : MakerDAO

今年6月には、大手仮想通貨取引所コインベースが運営する仮想通貨の学習ポータルサイト「Coinbase Earn」で、学習の対価としてDaiを受け取れるようになっている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=111764 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

Chainlinkの新フレームワーク発表で、仮想通貨LINKが高騰 協賛にIntelなど

112 

新フレームワーク発表後にLINKが高騰

仮想通貨Chainlink(LINK ※LineのLINKトークン(LN)とは異なるトークン)の公式ホームページ及びツイッターで7日から8日にかけて、プライバシーとスケーラビリティの問題を解決する新たな計算フレームワークを発表した。協賛企業にはIntelやHyperledgerの名前も挙げられ、この発表後にLINKの値段が急騰した。

CoinMarketCapより引用 Chainlink (LINK)

発表されたフレームワークはブロックチェーン上での計算の一部をオフチェーンで実行し、計算結果をChainlink oracleを経由してブロックチェーンに渡すことでパブリックブロックチェーンの課題であるプライバシーとスケーラビリティの問題を解決する、というものだ。これらの課題は今まで企業がブロックチェーンを利用するのを踏み止まる大きな要因となっており、新たな解決策により企業の需要が促進されると見られる。

Hyperledeger Avalon

このフレームワークは3日に発表されたHyperledeger Avalon(以下Avalon)というプロジェクトに関連して開発されたもので、AvalonはHyperledgerのプロジェクトの中でも最多の協賛がついたプロジェクトでもある。IntelやChainlinkの他、IBMやMicrosoft、アリババやバイドゥなどの中国大手IT企業も名を連ねる。

Avalonは、Enterprise Ethereum Alliance(EEA)が今年5月に発表した「trusted computing」と呼ばれる、オフチェーン処理を利用してプライバシー、セキュリティ、処理速度などの企業ニーズを満たす信頼できる計算方法を実現するためのプロジェクトである。

Chainlinkの最近の動向

Chainlinkは4日にも分散型金融(DeFi)のソリューションである「Mixicles」に関する論文とその内容を発表した。Mixiclesはプライバシー保護を目的としたものであり、企業のDeFi利用促進を目指している。


参考資料:https://coinpost.jp/?p=111080 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング