Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

完成まで後39%!

111

Ark(ARK)は、残りの市場でSmartBridgeの採用を達成するために非常に堅実です。コードの簡単なスニペットを追加することでArkのブロックチェーンに接続できるという概念は、すべてのプロジェクトをそれらの間で接続可能にします最近の価格の高騰は、2018年に来るものを垣間見るかもしれません。

Ark(ARK)は、市場を結集し、エコシステムのコンセプトを通じて市場全体に権限を与えることを目指しています。2017年には多くの期待が高まっていますが、価値の向上以外にも多くのリリースが行われたわけではありませんが、大きなものが約束されています。

あなたはEthereumのネットワークにスマートな契約を追加したいと考えているとしましょう。Ark(ARK)を使用すると、メインチェーン上のSmart Bridge介してメッセージを送信し、以下に示すこれらのエンコードされたリスナーのいずれかと接続しようとします。

イメージ1 - ARK(ARK)スマートブリッジ - ソース:https://blog.ark.io/what-is-the-ark-smartbridge-and-how-does-it-work-1dd7fb1e17a0

彼らが何をしようとしているのかがはっきりしているので、サイドチェーンのコンセプトはいつものものとは異なります。Ark(ARK)は、他のブロックチェーンと接続しようとするボタンを押すだけで独自のブロックチェーンを作成するつもりではありません。

エンコーディングされたリスナーは、アークの生態系に参加したいエンティティによって自由に組み立てられます。たとえば、CoinbaseやBitfinexがARKとの取引を望んでいただけでなく、ネットワークの検証から利益を得たいと思った場合、Encoded Listenerに投資することができました。

このプロジェクトをDPoS(Delegated Proof-of-Stake)のコンセプトで開発することにより、これはユーザーにとってさらに手軽になります。

地方分権としての代表団

分散ネットワークでは、委任は何を意味しますか?Arkのエコシステムには、最高のパフォーマンスを得るためにどのバリデータを使用するかをユーザーに決定させる機能があります。

他のエクスチェンジのように、ウェブサイトにはトラフィックが混雑していると想像してください。何らかの形であなたのサービス提供者を罰することはできません、彼らはコントロールを持っています。

Implenting Ark(ARK)を使用すると、エンコードされたリスナーを優先して投票することができます。これは、悪い出演者が放棄されて処罰されることを意味します。これは、規模に多くのバランスをもたらし、安定したネットワークを促進します。これはブロックチェーンを介した委任のコンセプトなので、Ark(ARK)は大きな可能性を秘めています。彼らはまだ何も重要なものをリリースしていないが、その進捗状況は定期的に彼らのサブディレクトリに掲載されている。

現在の統計情報は次のとおりです。

  • プッシュボタンブロックチェーンの完成率61%
  • モバイルウォレット98.5%完成
  • ArkVMの60%完了

Arkの仮想マシンは、Ethereumに似たスマートな契約を展開することができます。 サイドチェーンは2020年までにブロックチェーンを共通化します。ブロックチェーン間の相互接続性の概念は、ユーザーフレンドリーな環境を提供し、独自のものを作り出します。

Arkのプッシュボタンブロックチェーンはこの可能性を高めますが、Ark(ARK)の他の暗号化プロジェクトでも同様に採用が大きな要因となりますそれらの多くは潜在的であるが、アークもそうである。

市場分析

Ark(ARK)は4月に$ 0.05 USDで素晴らしい年があり、2018年にはさらに大きな期待が寄せられました。現在、$ 4.50ドルで座っています。これは今年の10,000%という印象的なものですがそれらは狂った数字ですが、まだcoinmarketcap.comの#34に座っています。

画像1 - ARK(ARK)チャート - 出典:https://coinmarketcap.com

誰もが私達がすべて起こると信じている三兆ドルのマイルストーンを熱望しています。このエコシステムが実際に今年の盛り上がりで大きな成果を上げれば、Ark(ARK)が時価総額のチャートを上って、おそらくトップ20のコインになると簡単に言うことができます彼らは2020年までに他の暗号のための友好的な環境を想像しているので、おそらくトップ10にいてもずっと強力な存在を見て取ることができます。

コミュニティは大きな2018年を期待しています.Arkのファン層は、次の大きなものになるかもしれないと考えているこの技術にとって、ほとんど「宗教的」です。今年の$ 100ドルのマイルストーンは驚くことではないが、3月がどれほど早く私の推測になるかは驚くかもしれない。

参考URL:https://coinmarketcap.com/currencies/ark/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

ファクトム(FCT)がついに動いた理由!

111 


Factom(FCT)は新しいCMO Jay Smithを発表し、その影響はすでに感じられています。Factoids(FCT)は今日、35.82米ドルで取引されています。Factomの人気の主な問題の1つは、若いスタートアップであるマーケティングが完全に開発されていないことでした。

ファクトムの新CMOジェイ・スミス氏は、LinkedInで、企業のサプライチェーンへのスケーラブルではないブロックチェーンアプローチのいくつかをターゲットにすると発表しました。

ちょうど最近、ジェイ・スミス(Jay Smith)

「最初の週が過ぎると、ブロックチェーンが私が長年にわたって見てきた問題に対処できるようになり、私の心配は興奮に変わった。規制の厳しい業界で毎日行われる法的リスクや規制リスクを伴う決定は、ブロックチェーンソリューションの可能性を秘めています。今すぐ残っている唯一の質問は、「どこから始めるの?」です。

LinkedInのJay Smith - 出典: https //www.linkedin.com/feed/update/urn li activity 6344997332412563456/

彼らのサブレディを発表した(ほとんどは非公式である)だけでなく、ファクトム(FCT)にとってはそれほど多くはなかった。彼らが普段共有している最も一般的なニュースは、スラム会話のスクリーンショットで、ポールスノー、ファクトムの創設者、投稿とコメントが定期的に出ています。

なぜFactomは良いプロジェクトですか?

ファクトム(FCT)は常にデータである1つのフォーカスを持っています。トークンや価値移転の概念は、暗号コミュニティによって広く支持されていますが、この分野で同様のプロジェクトが混在しています。

Ethereumの指揮を踏み出した後、Factomプロジェクトは、ブロックチェーンを通じてデータを処理し、従来の方法大幅に上回る新しいシステムを作成するというアイディアとして始まりました

たとえば物流やサプライチェーンのように、ブロックチェーンソリューションのメリットどのようにありますか?Factomはこれらの質問に対する答えを私たちにもたらす予定です。

これだけでなく、住宅ローン業界の新しいプロジェクト "Factom Harmony"をターゲットにしており、Bill and Melinda Gates Foundationなどの顧客もいます。

画像1 - ファクトムハーモニー - 出典:https : //www.factom.com/blog/factom-harmony

このアプローチは、分散データベースを使用することの財政的な面で最も変化の可能性のあるゲームの1つです。

ポール・スノー氏は、スラック氏が定期的にコメントしていることで、ファクトム(FCT)がオーブンに保管しているアプリケーションの多くは2018年にリリースされると述べています。

「来年には、スケーラビリティのないブロックチェーンのアプローチを数多く取り除く予定です。私たちは、ブロックチェーン空間で唯一の純粋なデータプレイであり続けます。そして、我々はまだ、企業におけるBlockchain Technologyの未来はトークンではなく、データだと考えています。

Jon Snow、ファクトムズ・スラック

市場分析

ファクトム(FCT)は今年も約1000%の大幅な利益を上げましたが、それを新たに予定されている他のプロジェクトと比較して見てみると、10倍はあまりありません。

ここ数ヶ月で、時価総額が急上昇し、今日の500億米ドルとなり、多くのプロジェクトが勢いを増していることがわかりました。今年はARKのように利益が10000%に達する人もいましたが、Factomのような眠っている巨人は黙っていました。

ジェイ・スミスが新たに加わったことで、今までと同じくらい黙っていたいとは思われません。現時点では35.82米ドルの高値で取引されており、ファクトムは2018年の主要なカタパルトの1つの始まりにすぎないかもしれません。

イメージ2 - ファクトム(FCT)チャート - 出典:https :  //coinmarketcap.com/currencies/factom/

これが真実だと仮定すると、カタパルトはおそらくトップ20のコイン、おそらくはさらに多くのコインを手に入れることができますファクトム(FCT)の時価総額は現在、3億ドルをわずかに上回る額にすぎませんこのようなプロジェクトを見ると、多様化した分野のブロックチェーンを通じて、世界の新しいソリューションを実際に提供しようとしていることがわかります。

トップ20には、13億ドル相当のWavesプロジェクトがあります。これは、来年初めにファクトム(FCT)が3桁の数字を超えて容易に価値があることを意味します。1月までに、$ 100ドルのマイルストーンを壊すことがあります。

参考URL:https://oracletimes.com/factom-fct-new-chief-marketing-officer-ramps-up-price-2018-predictions/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

「IoT通貨」のIOTAが反落→原因は?

111 


11月末から6倍に暴騰していた仮想通貨IOTAが反落している。昨日5ドルをつける局面があったもののその後低調となり一時4ドルを割った。現在4.2ドル付近で推移している。マイクロソフトとの取り組みが正式な提携ではないという声明が材料になったようだ。

 「IoTの仮想通貨」と称されるIOTAは先月末から6倍近く上昇していたが勢いを失い、時価総額ベースでライトコインに抜かれた。

 直近の24時間で、ライトコインの取引量は約4500億円。一方でIOTAの取引量は約560億円となり10%下落した。

 IOTAの取引の40%は同通貨を最初に取扱いはじめたビットフィネックスで行われている。その次がバイナンスで25%の取引量を占める。続いて韓国ナンバー2の取引所であるコインワンが12~14%の取引量シェアとなっている。

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/iota-drops-15-following-clarification-of-microsoft-misunderstanding 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

オーストラリア中央銀行がついに議論開始です!

2017年12月13日、オーストラリア準備銀行のフィリップ・ロウ知事は、オーストラリア・サミット・サミットの前に「eAUD?」と題する講演を行いました。彼の発言では、知事は分散帳票技術に基づく通貨の可能性を指摘した。

「今日、私はこの未来についてあなたの考えを共有し、私がますます頻繁に尋ねられる質問に取り組んでいきたいと思います。豪ドルはデジタル形式の豪ドルを発行する予定ですか?それをeAUDと呼んでみましょう。

「この問題に対する簡単な答えは、電子貨幣の豪ドル紙幣を発行する予定は今のところない」と指摘した。「しかし、賛否両論を続けている」と付け加えた。同時に、我々はまた、新技術の出現に伴い、中央銀行のマネーとの和解案がどのように進化するかを見ている」

ロウ氏は、銀行と電子決済の将来について5つの「働く仮説」を聴衆と共有しました。簡単に言えば、それだけではありませんが、

1.電子決済にはさらに重要なシフトがありますが、銀行券の使用頻度は低くなりますが、依然として銀行券の場所があります。
2.電子決済へのこの移行は、主に銀行システムによって提供される商品を通じて行われる可能性が高い。しかし、これは与えられたものではありません。金融機関には、顧客のニーズを満たす低コストのソリューションを顧客に提供する必要があります。
3.銀行によって運営されている電子決済システムと電子形式の紙幣が混在する可能性がありますが、この新しい形態の場合はまだ確立されていません。オーストラリアドル紙幣の電子形式が一般的に使用される支払方法になる場合は、RBAによって発行され、現時点で物理的な紙幣と同様に金融機関によって配布されるのがおそらく最もよいでしょう。
4.電子決済への移行を奨励するために提案される可能性のある別の可能性は、豪準備銀行が、簡単で低コストの支払い機能を持つ交換所決済口座をすべての豪州に提供することであろう。明らかにするために、我々はこれを行うためのケースを見ない。
5. RBAは、時間の経過とともに、分散型元帳技術を使用して、新しい形式のデジタルマネー(エクスチェンジ決済口座のバリエーション)を発行する可能性があります。この資金は特定の決済システムで使用することができます。これを行うためのケースはまだ確立されていませんが、私たちはそのアイデアを公開しています。

中央銀行のデジタル通貨(CBDC)に関する最大の疑問の1つは、 既存の中央銀行によって発行されるかどうかである。民間セ​​クターの同等物(テザーなど)が人気を集めているため、伝統的な金融インフラストラクチャーにはお金がかかります。もちろん、監督、責任、および金融政策に関する多くの質問があります。質問とその複雑な答えは、解析するのが難しいです。

「原則として、民間部門によってトークン化されたeAUDが発行されるのを妨げるものは何もない」とロウ氏は語った。例えば、eAUDトークンは、銀行や大手の非銀行によって発行される可能性がありますが、ビットコイン形式のプロトコルで暗号トークンとして発行されるのは難しいですが、中央エンティティは責任。"

これは、民間通貨の最大の課題の1つに言及している細かい点です。すなわち、あなたの価値を引き受けているのは誰ですか?知事はこの問題について取り上げました。

「個人的に発行されたeAUDが考えられるが、私的に発行された金額に関連する重大な困難と危険があることを経験者は注意する」と彼は語った。 

参考URL:https://www.ethnews.com/australian-central-bank-discusses-digitization-of-aud 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

IOTA ネット上の誤解打ち消す

114 


IoT(インターネット・オブ・シングス、物のインターネット)に特化した仮想通貨であるIOTAの開発チームが、マイクロソフトと正式なパートナーシップ協定を結んでいないとして事実関係を正した。IOTA基金(本拠・ベルリン)が20以上の企業や団体と組んでリリースしたIoTデータをやり取りするプラットフォームであるデータ・マーケットプレイスに関するリリースの中で、マイクロソフト担当者のコメントがネット上で誤解を招いていたことに対応したかたちだ。

 ネット上のメディアがこぞってマイクロソフトとの「パートナーシップ」を取り上げたことも材料になり、IOTA価格は一時6倍にもなっていた。

 リリースの中で、マイクロソフトのブロックチェーン専門家であるオムカー・ナイーク氏は次のように引用されていた。 

“We are excited to partner with the IOTA Foundation and proud to be associated with its new data marketplace initiative.”

IOTA基金と組むことに興奮している。その新たなデータ・マーケットプレイスと連携できることを誇りに思う。

 IOTA共同創始者のドミニク・シャイナー氏はメールでのインタビューに答え、今回広まった誤解に関して次のように述べている。

マーケットプレイスに参加する企業がパートナーであると表現したことはない。参加者とよんでいる。

 マイクロソフト側は「IOTAはマイクロソフトAzureの顧客で、データ・マーケットプレイスをAzure上でテスト・展開しようとしている」とした。

 一方で、正式な提携契約はないものの、両者は天候センサーをIOTAの台帳技術に接続するなど、IOTAの推進する「タングル」技術に関する協業をすすめている。

 また、シェイナー氏によると、マイクロソフトだけではなく複数他社とも実験をすすめており、第一回目の結果も間もなく公開されるという。

 データ・マーケットプレイスに関するリリース発表以来、もともと約3000億円だったIOTAの時価総額は1.2兆円まで急成長している。 

参考URL:https://jp.cointelegraph.com/news/iota-clarifies-misleading-microsoft-quote-no-official-partnership 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング