Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

Tron(TRX)がMAX Exchangeに上場し、将来の激熱の●●を発表

1 


Tronは、台湾の最も重要な対称暗号交換の1つであるMAX Exchangeに追加されました。プラットフォームはTRXを台湾の公式通貨、新しい台湾ドルと真っ直ぐに組み合わせている。

TRXの飛行機が途中です

暗号交換プラットフォームはまた、今後数多くのユーザーに利用可能なTRXエアドロップがあることを明らかにした現在の口座と6月30日までに登録されるものは50万TRXを受け取る資格があります。

この追加は、TRXの一連の新しい交換リストの最新のものです。Tronは最近、インドネシア最大の暗号化交換機Indodaxにも追加されました。これは、香港に本社を持つ取引所であるCoinExの新しいリスティングの後に行われました。

トロンixは、トークンスワップとスーパー代表選挙を期待

トロンはジャスティン・サンと彼のチームを忙しくするのに十分なイベントを用意しています。彼らは最近、完璧に行ったMain Netを立ち上げました。そして今、チームはTronの存在をERC-20トークンとして終了する準備を進めています。トークンスワップは6月21日に予定されています。その後、TRX保有者は、トロン自身のネットワークに電力を供給し、トランザクションを検証するスーパー代表27名に投票する。Tronは6月25日にEthereumネットワークからの独立を予期しています。これは、トークンの移行の完了を示す日付です。

TronはBitTorrentを購入しました

Tronの創業者であり、CEOのJustin Sunは、BitTorrentの購入に関する見出しを出しました。BitTorrentは、大規模なピアツーピアファイル共有を可能にするプロトコルであり、ネットワーク上のユーザーがファイルのダウンロードを開始すると同時に、ファイルを他のユーザーに同時にアップロードし始めます。その結果、大規模なデータを何千人もの人々に転送できる効果的なネットワークが実現します。Justin SunがTronのテクノロジをBitTorrentに実装する方法についてはまだ明確ではありませんが、わかります。 

参考資料:https://oracletimes.com/tron-trx-gets-listed-on-max-exchange-and-announces-future-airdrop/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

"SECの支持イーサリアムのネットワークとしての高品質で傑出した評判":Ethereum(ETH)技術分析

500億ドルの時価総額で、エテリアムは世界で2番目に大きい暗号侵害です。現時点では、開発と採用の基本がポイントです。それは、コインの長期的な予測を助言するものです。しかし短期的には中期的には、ETHが7%の週の損失を上回る可能性が高い。チャートを見てみましょう

ニュースから

彼らのATHから約75%減って、多くの弱い手が市場から出ています。すべてのアカウントで、それは理解できます。結局のところ、現在の価格で買い、売るこれらの人のほとんどは、いくつかの迅速な利益のために市場をしている商人やトレーダーです。あなたが知っておくべきことは、賢い契約とあなたの投資スタイルの起源としてのブロックチェーン、Ethereumの長期的な立場です。すべてのものは一定であり、それが立つと、エテリアムは質の高いネットワークです。そして再び、過去1週間でSECからいくつかの賛同が得られました。もちろん、これは良いニュースであり、EthereumとETHは真に分散型であるため、利益を上げたり、利益を得るためにチェーンを捻ったりすることはありません。

しかしそれはポイントではない。最小限に抑えるのは世俗的だ。オン・チェーン開発は今日の日々を支えているものであり、このアサーションをサポートするためにさまざまなメトリックを指摘することができます。そのうちの1つは地方分権にあり、それ自体はブロックチェーンの起源である。Ethereumには、6大陸全域に17,000以上のノードがあり、セキュリティを保証しています。これは3500万のアドレスを網羅したものではなく、ネットワーク上で数えられるものです。

開発面では、Ethereumには最大の開発者コミュニティの1つがあり、25万人がEVM経由で働いています。MetaMaskユーザーの数を現在100万人にするだけで、ネットワーク上のアクティビティを測定できます。さらに良いことに、Truffleのダウンロード数は、年末までに60万を超える可能性があります。これらすべてが、Ethereumがこのコミュニティブロックチェーンから価値を引き出すことを模索している世界中のGitHubと各国政府に印象的な220,000のコミットを持っている理由です。

エテリアム(ETH)テクニカル分析

ウィークリーチャート

それがそうであるように、イーサの価格はスライドにあり、技術的な形成はさらなる損失のヒントです。見やすく、燭台の動きから、4月の高値からの逆転を開始した5月27日に終了する弱気の絡み合いの燭台で、価格行動が一致している。フォロースルーは印象的ではなかったが、先週の6月3日に終了する週に価格が下落し、500ドルで10倍に下落した。先週の日次チャートには高値のポケットがありましたが、最後の燭台を壊したものとして扱い、その場合、理想的な熊の目標は350〜400ドルです。

デイリーチャート

一般的に、日次チャートは、ETH価格が下降傾向にあることを明確に示している。それにもかかわらず、買い手が損失を逆転させる場合、この厳しい$ 100の範囲を超える動きを見なければなりません。これは、将来、雄牛が$ 550以上を印刷するはずであることを意味します。そうでないと、売り手が最近の平均を上回る強い販売数量で$ 450のマイナーサポートラインまたは6月14日の最低価格を下回ることに成功した場合、私たちのクマの目標は週刊誌の一般貿易計画で350ドルになります。

参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/06/19/ethereum-eth-technical-analysis-june-19-2018/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

日本のSBI取引所がが2つの主要暗号通貨を追加

1 


サポートされているBTCとBCHの取引

日本最大の金融サービスグル​​ープの子会社であるSBIバーチャル・カレンシーズは、2つの主要な暗号化通貨のサポートを発表しました。6月18日(月曜日)から、取引所のVctradeサービスを使用してBTC / JPYの取引を開始することができます。これは、交換所が6月8日に提供を開始したBCH / JPY取引ペアに加えて行われます。

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加

人気のある日本語のTwitterユーザーIhayato(177Kフォロワーを抱えている)は、BCHとXRPのサービスを試用しました。彼は自分の経験をつぶやきました(日本語からの翻訳)。

SBI仮想通貨交換、スプレッド[タイト]です。XRPは3円、BCHは約3,000円。

彼はさらに、「現在の状況では、ここで活用するメリットはないと私は考えている。[しかし]私は将来、[そこにある]ことを期待する。

3つの取引ペア

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加SBIバーチャル・カレンズは、日本政府が承認した16の暗号交換の1つです。同社  6月4日、XRP / JPY取引のペアでVctrade暗号交換サービスを開始した。現在、事前登録された限られた数のユーザーのみがサービスを利用できます。来月は全面打ち上げが予定されている。月曜日の発表で、取引所にはBCH / JPY、BTC / JPY、XRP / JPYの3つの取引ペアが提供されるようになりました。

3つの暗号化通貨すべてについて、顧客は500円〜5.5百万円と5百万円〜45,261円の間で取引することができます。あるいは、彼らは0.0001〜40 BCH、0.0001〜5 BTC、または10〜70,000 XRPの間の暗号化通貨で注文することができます。

日本のSBI暗号化エクスチェンジが2つの主要暗号化を追加現地メディアによると、SBIグループは第3四半期の業績記者会見で、将来的にエーテル(ETH)を加える可能性があると述べた。しかし、同社はまた、より小型の暗号化通信をサポートしないことを示したと、Impress Corporationが伝えた。

暗号スペースの市場シェアを獲得するために、SBIグループは既存の証券事業のユーザーを、日本ですでに最大規模と言います。SBI証券は、個々の株取引価値、口座数、預金および収益性のシェアの第1位である」と同グループは書いている。SBI証券は現在、約417万口座を持っています。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/japans-sbi-crypto-exchange-cryptocurrencies/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング

イーサリアム、「Casper」と「Sharding」の同時実装が提案される

イーサリアムのコア開発者向けミーティングが先週15日に開催され、今後予定されているソフトウェアのアップグレード「Casper」と「Sharding」を同時に実装しようという提案があった。ふたつのアップグレードを同時に行う今回の提案には、イーサリアムの考案者であるVitalik Buterin氏も支持を表明している。

Casperは、コンサスアルゴリズムをプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行させるアップグレードだ。アップグレードは二段階に分かれており、PoWとPoSを並走させるのが第一段階で、その状態からPoSに完全移行することでCasperのアップグレードは完了となる。

Shardingは、認証・検証ノードを分業化することによるトランザクション処理能力の向上を目的としている。取引の認証作業をノードグループ毎に分担させることで、ネットワーク全体としてランザクションの処理能力を向上させることができる。

Vitalik氏は今回のアップグレードに関して、「Casperはメインのブロックチェーンと切り離して開発を行う必要があるだろう。異なるブロックチェーンを活用することで、独自のルールを採用できる」と発言している。

今年3月に来日した際、Vitalik氏はCasperとShardingがネットワークに実装されるまで2〜3年の期間がかかると説明していた。ふたつのアップグレードを同時に行おうとする背景には、イーサリアムのステークホルダーからのコア開発者へのプレッシャーがあるのかもしれない。ユーザーが増えたことで、ネットワーク環境を整えることへの需要は日に日に高まっている。

イーサリアムに関しては金融方面でも大きな動きがある。米証券取引委員会(SEC)のWilliam Hinman氏は先週、「イーサリアムは証券に該当しない」との見解を示した。これを受け商品先物取引所のCBOEのChris Concannon氏は「イーサリアムに対する規制方針が明らかになったことで、商品先物取引を上場させる計画を進めることができる」と発言した。CBOEは昨年12月、ビットコインの商品先物取引を上場させている。

参考資料:https://btcnews.jp/2m5hd9p216677/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング


EOS、EOS、Litecoin、Stellar Lumens、Tronの技術分析 売値 買値

買収予想にもかかわらず、売り圧力は明らかに強く、以前の利益をすぐに逆転させる。Stellar Lumens、IOTA、Litecoinなどのコインは、6月14日のアンカー燭台の中でまだトレンドを上げていますが、クマが一般的なクマの傾向に合わせて低くなる可能性は非常に高いです。それは忍耐であり、正しいトリガーレベルがヒットするのを待つことは正しい取引戦略です。

これらのグラフを見てみましょう:

EOSテクニカル分析

投資家から40億ドルを調達した後、EOSIOメインネットは失望しています。私たちは最後の日に集中化の主張にプライバシーに関する懸念がいっぱいだった彼らの乱暴なコインステキングプロセスについて話すことができますが、それはもはや懸念の原因ではありません。彼らの賞金プログラムの直前、Guido Vrankenは12人の脆弱性を特定した後、1人で働いて12万ドルを袋に入れました。

必然的かつ正当な理由で、第1ブロックがプラットフォームビルディングを第三者に委託したとの主張が多かった。幸いにも、Guido Vrankenは現在ブロック1の従業員です。彼は最近のブロックチェーンの凍結の場合を指摘するチームを助けるかもしれない。


「以前の今日は、EOSのネットワークが完全に停止した-バグのため、ハードフォークからEOSのblockchainを防ぐために自動的にトリガされたソフトウェアで緊急メカニズム...「

診断の前に、彼らの21人のBPは、ネットワークを解剖して問題のどこにいるのかを明らかにする作業に苦労しました。残念ながら、これが進行中であったため、ネットワークへの外部接続は不可能でした。

「EOSIOソフトウェアは、このタイプのエラーが発生したときにチェーンがハードフォークを防止するために一時停止するように設計されています。すべてのブロックプロデューサーはコンセンサスで休憩を見つけたときに停止した」

EOS内の価格変動は過去24時間で1%の制限を受け、このコインの貿易計画についての以前の見解を検証しています。水平統合が継続されている限り、$ 13または$ 14を下回っているか、または$ 9を下回るスライドがあるまで、中立状態を維持します。$ 9を下回る動きは、一般的なクマの傾向が進行中であることを意味し、その場合、即時クマの目標は$ 7、それ以降は$ 5になります。

Litecoin(LTC)テクニカル分析

最近のSECのBTCの分類が監督を必要とするセキュリティではないとは無関係に、短期から中期の価格に影響を及ぼす。

言うまでもなく、過去24時間でLTCは控えめな利益を記録していますが、1%上昇している間は、強気な予測が成立するためには110ドル以上の強い動きが必要です。それ以外の場合は、$ 90以下のスライド、即時サポートおよび販売トリガーラインでBTCが$ 3,000にスライドするので、Litecoinの価格は70ドル、その後は50ドルです。

Stellar Lumens(XLM)テクニカル分析

間違いなく、最近急上昇しているのは、急なStellar Lumensの価格スライドで起こっていることです。最近の損失を逆転させることを熱望しているバイヤーにとっては、大きな秩序です。見ているように、6月14日の強気の反発パターンによって設定された方向に30セントを超えて雄牛のためのさらに困難。これまでは、フォローアップを期待して純好調だった。

しかし、期待に反して、我々は狭い範囲内で動いているXLM価格にこだわっている。それは売り手がカムバックをして私たちの以前の立場をゆっくりと浸食することにほかなりません。いずれにしても、25セント以上30セント以上の強い休憩は、XLM購入者に伝えます。それにもかかわらず、もしこの統合が持続すれば、我々は中立に留まり、18セントと現在の価格との間で何が起こるかを待つ。

Tron(TRX)テクニカル分析

TronがEthereumのための厳しい競争であることを約束することは間違いありません。実績のあるスケーラブルなプラットフォームであり、高いスループットを実現する開発者であるTVMによって、TRXは投資価値があります。


しかし、それは特に、独立運動の日が市場参加を促すならば、その可能性と「可能性」です。その前に、台湾の投資家は、現地通貨を使ってTRXを買うことができます。

チャート上には闘争が全面的にあります。そうでないかぎり、私たちは5セントを過ぎた動きが売り圧力を歓迎する買いを誘発するか、4セントを下回るまで動きます。

IOTA(IOT)テクニカル分析

それでも、IOTAは技術革新にTangleを活用したいハイテク企業のブロックレス元帳への移行です。IOTAを使用すると、フォルクスワーゲンは快適に車を相互接続でき、Tangle経由でソフトウェア/アップデートをシームレスに転送できます。クールなことは、彼らが2020年までに彼らの製品ラインに住んでいるという彼らの概念実証予測を持っているということです。

確かに、IOTの世界では、IOTAが道をリードしています。それが長期的なバイ・ホールド・コインになっています。しかし、その間、物事はスイングトレーダーのためにとても明るいものではありません。6月14日の強気なキャンドルスティックは、IOTAを降ろすもう1つのゾーンとして急速に出ています。そのため、$ 1.3以上のサポートがないために販売するのは良い考えです。価格が1.1ドルを下回り、一般的なクマの傾向に沿って90セントを目標にしているときは、短絡を推奨します。


参考資料:https://www.newsbtc.com/2018/06/18/iota-eos-litecoin-stellar-tron-technical-analysis-2/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。
https://line.me/R/ti/p/%40gtu0961z 
興味ある方は登録してください。


■yobit net

https://yobit.net/en/

●XRPブログ作者に募金

アドレス:
rE86FEdaEXsKJ6GVvNJHwKdAq757nuJdom

●アマゾン商品がビットコインを使って15%off!
●NEMが1時間に1回最大100XEM貰える!


人気ブログランキング