Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨  特にリップルの情報を中心に定期的に更新します。

仮想通貨

TRON CEOが不注意な発表やコメントをしたことで批判

2 


TronのCEOであるJustin Sunの無責任な行動は、Tronを不幸な顧客環境に導き、Tron(TRX)は、Justin Sunからの非常に未熟で非専門的な行為に対して非常に独自のコミュニティから厳しく批判されています。ジャスティン・サンは、最近のいくつかの非常にフィクションの発表とコメントをしました。

CryptonatorFRという名前のTwitterユーザーが、過去2年間にTronによって行われた偽の偽の発表についてツイートしました。これには、Trondogゲーム、NASDAQ、Alibaba、OCN Yi shi、Baidu、Fake stats / Volume、Liverpool fake Partnership、Fake Tesla GiveAway、ANTE SWAP to Wink、Warren Buffet lunchが含まれます。

2018年1月2日、ジャスティン・サン、TwitterでNASDAQとの素晴らしいパートナーシップについて言及しました。彼が書きました:

「さらなるパートナーシップが来ています。NASDAQ上場企業や1億人以上のユーザーを抱える巨大企業でさえ、パートナーシップのために私たちに連絡し始めました。すぐに巨大になります。」

これはTRXコミュニティにとって大規模な発表でしたが、進展はなく、事態は続いたようです。ユーザーはこのパートナーシップに非常に興奮していましたが、その後何も起こりませんでした。コミュニティは、この発表がTronネットワークでより多くの視聴者を獲得するためだけに行われたと批判しました。

2018年10月、eコマースの大手AlibabaとTronのパートナーシップに関する噂がありました。噂によると、AlibabaはTRONと提携して、Tron(TRX)自体に基づいた暗号通貨交換を開始しています。アリババからの情報源による声明もありました:

「私たちは数か月分の会話をしてきましたが、これについて計画していると分類できるものがあります。ジャスティンと彼のエグゼクティブグループは、BitTorrentなどを使用して独自のデジタル資産インフラストラクチャを構築する素晴らしい仕事をしてきました。このタイプの製品(暗号交換)の追加を検討し、コミュニティにスケールの。直接答えるために、はい、しばらくの間これに取り組んできました(暗号交換)。

しかし、公式の発表は一度も行われず、TRXとアリババの間で何かが起こるかどうかは、Tronユーザーの間では不明なままでした。

ウォーレン・バフェットとのジャスティン・サンの昼食は、最近の過去で最もホットな話題でしたが、決して起こりませんでした。Tron CEOは、コインの巨大な投資家の1人であったため、TwitterでOcoinを宣伝しました。しかし、OCOINの所有者であるYe Shiは、Ocoinから離れました。TronはOcoinについてのツイートを停止し、さらに重要なことに、SunはOCNの諮問委員会から削除されました。

偽の取引量、リバプールの偽のコラボレーション、テスラのプレゼント、トロンドッグのゲーム、トロンとバイドゥのパートナーシップも、トロンの失敗のリストに含まれています。


参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/tron-ceo-criticized-for-making-some-careless-announcements-and-comments/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

2500万人の●●人が暗号への投資を検討

2 

暗号市場は、最近多くのことを変動しており、暗号愛好家は、誰もが月に直行する市場の中で最も重要な暗号化を期待していたとき、BTCは一瞬で$ 10K以下に下がったときにびびります。

現時点では、BTCはグリーン取引されており、コインの価格は$ 10,449.77です。

楽観的なBTC関連の予測

暗号の専門家は、市場のボラティリティが高いにもかかわらず、BTCの価格に関して前向きな予測を続けています。

たとえば、トムリー、暗号市場が最近かなり血まみれになっているという事実にもかかわらず、放物線のビットコインの実行はまだ終わっていないと考えています。

彼は、 BTC  が今年上半期の大規模な動きに続いて統合を続けていると考えています。

デジタル資産に対する人々の関心が高まっています

デジタル資産に対する人々の関心は高まっており、最新のレポートはかなり楽観的です。

新しい研究により、現時点では、今後12か月以内にデジタル資産の購入を検討しているアメリカ人が2500万人いることが明らかになったと言われています。

米国に拠点を置くNobl Insuranceは、暗号化の傾向と来年の米国居住者の投資意欲を分析する研究を発表しました。

報告書は、昨年の初めから2019年5月まで、市場は42%上昇したことを明らかにしました。

さらに、672万人の新しい所有者が市場に参入したことが報告されています。

Daily Hodlが提供する最新のレポートによると、この研究のハイライトがいくつかあります。

  • 2018年に10億ドルを超える暗号通貨が失われたにもかかわらず、コインをオフラインコールドストレージのみに保管しているのはわずか10%です。
  • 男性は暗号化の最初の導入者ですが、女性は現在、すべての所有者の35%に追いついています。
  • 暗号所有者の44%は35歳以上です。
  • 暗号保有者の37%は5,000ドル以上の資産を所有しており、さらに8%は暗号で50,000ドル以上を保有しています。

この研究に関する詳細をご覧になることをお勧めします!

参考資料:https://oracletimes.com/25-million-americans-consider-investing-in-crypto/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

バイナンス、法定通貨に連動したデジタル通貨プロジェクト「ヴィーナス」を始動──政府、企業との連携を模索

大手仮想通貨取引所のバイナンスは、世界の法定通貨に連動したデジタル通貨の開発を始動させた。プロジェクト名を「ヴィーナス(Venus)」と名づけた。

同社は8月19日、ヴィーナス・プロジェクトに伴い、各国の政府と企業、ブロックチェーン関連の企業らとの連携を模索していると発表した。

Facebookが現在開発を進めているデジタル通貨プロジェクトは「リブラ(Libra)」と名づけられ、「てんびん座」を意味する。ヴィーナスは英語で「金星」の意味を持つ。

バイナンスはこれまで他の通貨に連動する「ステーブルコイン」の開発を複数行ってきた。ビットコインに連動した「BTCB」や、イギリス・ポンドに連動する「BGBP」がある。また2018年11月には、米ドルに連動した仮想通貨「USDC」も同社に上場している。

FBのリブラ構想では28社がリブラ協会に加盟し、同構想を進めている。バイナンスも同様に、各国の企業パートナーと連携することで国境を超えたデジタル通貨の利用拡大を図っていく。

同社はCoinDeskに対し、「ステーブルコインは世界中の国々の伝統的な法定通貨を徐々に塗り替えていき、デジタル経済における新たなスタンダードを作り上げていくだろう」とコメントした。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/17531/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

楽天、仮想通貨のスポット取引開始

日本の楽天は、Android端末専用で楽天ウォレットと呼ばれるBitcoinEthereumBitcoin Cashの3種類と日本円を交換するスポット取引を開始した。仮想通貨の購入にかかる手数料は無料だが日本円、仮想通貨の出金にそれぞれ手数料がかかる。買収した「みんなのビットコイン」が前身となっている。 

参考資料:https://btcnews.jp/68tyd4o427922/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング

中国共産党、深圳経済特区で仮想通貨の研究を計画

中国共産党の中央委員会が深圳経済特区での将来的な発展計画を発表し、仮想通貨やモバイル決済の研究を推進していくことを発表した。中国人民銀行が開発する独自の仮想通貨に関しては、完全に分散されている性質のものではないことが判明している。 

参考資料:https://btcnews.jp/48rte8lr27866/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング