bb35

今日8月23日、日本銀行主催の第1回FinTechフォーラムが開催され、日本銀行総裁の黒田 東彦氏が「情報技術と金融 -中央銀行の視点―」をテーマとした挨拶を行った。

 

挨拶では、『情報技術と金融の密接な関係を踏まえますと、“FinTech”という言葉が示すように、情報技術革新がとりわけ金融に大きな革新をもたらす可能性が注されていることは、決して不思議なことではありません。(中略)FinTechの代表的な技術基盤とされる「ブロックチェーン」や「分散型台帳」は、「帳簿は特定の主体が管理するもの」という従来の考え方を大きく変えるものです。金融の発展自体が帳簿というインフラに支えられてきたことを踏まえれば、帳簿の革新は、金融の形態にも大きな変化をもたらす可能性があります。』と、ブロックチェーンや分散型台帳を位置付けた。

 

情報セキュリティについては、金融ネットワークのオープン化と情報セキュリティをいかに両立させ、金融サービスへの信頼を維持していくことが求めらるとして、生体認証などの導入等、基盤となる情報技術が磨かれていくことに期待を向ける発言をした。

 

また、中央銀行としてはFinTechがeコマースやシェアリングエコノミーなど各種の経済活動を刺激するといった実態経済への影響も注目すべきポイントだとし、「将来的に自らの業務にFinTech技術を活用する可能性も含め、調査研究を進めていく必要があると考えています」と発言した。

 

フォーラムでは日本銀行、日本電気、NTTデータ、日本IBM、みずほ銀行などが登壇してプレゼンテーションを行っていた

 

フォーラムで議論された内容については同ホームページで後日公表が予定されている。