bb1

株式会社オートバックスセブンは株式会社ベイカレント・コンサルティングと共同でブロックチェーンを使った個人間の中古カー用品売買のプラットフォームを構築する実証実験を開始したと発表した。

 

オートバックスが中古カー用品売買プラットフォームに必要なビジネス上の要件を取りまとめ、ベイカレントが一部機能のシステム構築を通じてブロックチェーンでの本サービスの有効性を検証する。使用するプラットフォームについて確認を取ったところ、世界中で実証実験が行われており様々な商用化事例が世の中に出てくる可能性が高いと想定されるためEthereumを利用するが、Mijinについても以前から研究に取り組んでおり、今後並行して実証実験を行う可能性もあるとのことだ。

 

これまでの中古車用品の個人間売買サービスでは、各商品についての情報は売り手の情報提供に頼らざるを得なかったが、ブロックチェーンで情報を管理することによる真正性の担保を期待している。

 

オートバックスの担当者によるとプラットフォーム自体はオートバックスが管理し、売買成立した際にユーザーから手数料を受け取るイメージだ。また中古カー用品を店舗で取り外し・取り付けサービスする際の「工賃収入」も想定される。
bb2

リリースでは「本サービスでは、改ざんが困難なブロックチェーン上で各商品の購入日、所有者データを管理し、それらを購入希望者に一部開示することで信頼性の高い取引環境をユーザーに提供します。さらに本サービス を実現することで、各商品が販売されてから廃棄されるまで、その所有者等が追跡可能となるため、不法投棄等の 社会問題の解決につながる可能性も期待されます。」と述べられている。

 

担当者によると、現在オートバックスの中古カー用品(主にタイヤ・カーナビ・オーディオ・マフラー等)の買取・販売を行う「オートバックスセコハン市場」を展開しており、2016年3月期の売上は14億円を上回る。また、中古カー用品の市場規模は全体でおよそ240億~360億円規模になるのではないかと想定される。

 

今回のプラットフォームでもタイヤ、ホイール、カーナビ、チャイルドシート、マフラー、その他カー用品店で販売されている主要なアフターパーツを対象とすることが想定されている。

※参照サイト
 http://www.autobacs.co.jp/images/data/news/2016/08/09/14leeH.pdf