フィンテック革命、金融が変わる 

  


■フィンテック革命!銀行はもういらない!

   


■フィンテックとは

フィンテックは、金融(finance)と技術(technology)を組み合わせた米国発の造語だ。

スマホやビッグデータを作った様々な技術を使った便利な金融サービスの事です。

2008年のリーマンショック後に徐々に発展!

新しいトレンドとして金融のスペシャリスト達が専門的なノウハウにIT を足して試みて
そこにスマホ革命が勃発して一気に加速した

2012年から急激に世界のフィンテックの投資額が急増!

cc14 

米国でフィンテックは先行しており決済、送金は当然 不正管理、口座管理、人工知能の資産
運用まで発展!

フィンテックの老舗と言えばpaypal アメリカ企業でネット上での決済のみを主として
中小企業6万社に合計10億ドルの融資の仲介をしている。

いまやpaypalは与信管理に役立ててるフィンテックの老舗企業である。

今決済サービスではスマホに決済読み取り機をつけた米スクエア、楽天のスマートペイなど
が急激に追い上げてきている。
スマホとのコラボでのフィンテックが今後のカギを握ると思われる。

cc15

今や金融機関はAIが主力になりつつある。例えば米国では
ウェルスフロント社やパーソナルキャピタル社が台頭して
きている、

AIを使った投資助言、資産運用などを主にしてる会社である。


■フィンテックベンチャーがけん引してるもの

q