暗号資産(仮想通貨)市場に関する議論が過熱する中、著名なアナリストで実業家でもあるウイリー・ウー(Willy Woo)氏が「X」に投稿した、ビットコイン(BTC)に対するポジティブな予測が注目されています。

市場力学に基づいたビットコインの価格予測

ウー氏はビットコインが新興資産クラスとして、すでに伝統的な金融サイクルの軌道に乗っており、今後急激な成長を見せる可能性があると見ています。

さらに、数十兆ドル(数千兆円)規模の金融市場で、ビットコインが主要な資産として認識され続けるなら、数年後には価値が10倍になるとも予測しています。

現在ビットコインは、激しく変動するコンディションにあり、価格下落傾向が続いているものの、ウー氏はビットコインが米ドルのライバルになるという見解を示しました。そして2030年代までには世界的な準備資産として、国際的な採用率は25〜40%に達すると予測しています。

彼の見解は、ウォールストリートにおけるビットコインの認識の高まりと、伝統的な金融市場がデジタル通貨に対する見方を変えつつあるという推測に基づいています。

ただしウー氏の楽観的な長期予測に反して、ビットコイン価格は急上昇にはほど遠く、逆にデータは下落傾向を示しています。直近1週間でも5%程度値下がりし、62,000ドル(約999万円)手前で足踏みする状態です。

ブロックチェーン関連企業チームブラックノックス(TeamBlacknox)の共同創設者であるキース・アラン(Keith Alan)氏は、ビットコインが底値でリテストする可能性がある一方で、月末の価格が56,500ドル(約910万円)から61,800ドル(約996万円)の間にあれば、基本的なトレンドは何も変わらないだろうと述べています。

潜在的なリバウンドの可能性と成長の予測

クリプトクアント(CryptoQuant)のアナリストであるグスタボ・ファリア(Gustavo Faria)氏は、ビットコインがすでに一時的な底値に達した可能性を指摘しています。

彼は先物市場での建玉の減少と、無期限契約における資金調達率が下がっていることから、買い手と売り手との間でバランス調整が生じると見ています。この力の均衡状態は、過度の楽観論による急激な修正なしに市場を健全に保つ上で、非常に重要な要素です。

ビットコインの今後に関しては、今後発表されるGDPや新規失業保険申請件数(IJC)、インフレ率などのアメリカのマクロ経済データといった広範な経済的指標を見すえた議論が続いています。これらの要素は、短期的に市場心理に対して非常に強い影響を与えるでしょう。

さらにビットコイン・レインボーチャートは買いのゾーンを示しており、過去の半減期後の価格サイクルからも、この先の潜在的な成長が予測できます。こうした材料からアナリストたちは、2025年の9月から10月ごろに、ビットコイン価格が260,000ドル(約4,189万円)程度にまで上昇するという予測を立てています。

参考資料:https://coinchoice.net/bitcoin-5-time-growth-in-a-year/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/