フォックス・コーポレーションとグローバルメディアブランドのタイムが提携し、フォックスのVerifyプロトコルを使用してコンテンツのライセンスと検証を不変にする取り組みを開始した。

この協力の目的は、ジャーナリズムの信頼性を確保し、報道における誤情報と戦うことにある。タイムの最高執行責任者であるマーク・ハワード氏は、この目標を強調し、「タイムは、信頼できる情報へのアクセスがこれまで以上に重要な時期に、フォックスのVerifyに参加し、事実に基づくジャーナリズムの認証された情報源として誇りに思う」とのべた。

時間の問題

フォックスは、タイムがVerifyプロトコルの最初の外部出版パートナーとなり、ジャーナリズムにブロックチェーン検証を統合するために協力すると発表した。フォックス・コーポレーションの最高技術責任者であるメロディ・ヒルデブラント氏は、パートナーシップに対する熱意を表明し、次のように語った。

「タイムというパートナーと共に、私たちはAIへの楽観主義やブランドエクイティと信頼性の保護に対するコミットメントを共有しながら、コンテンツを新しく意味のある方法で提供していくことを楽しみにしている」

Verifyプロトコルはポリゴン上で稼働

Verifyは、1月にポリゴンのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ネットワーク上で立ち上げられた。

このプロトコルは、暗号技術を使用してデジタルコンテンツの履歴と起源を署名し証明する。Verifyプロトコルは、人工知能(AI)プラットフォームとメディア企業の間に技術的な橋を架け、フォックスの30万以上のコンテンツを検証している。ポリゴン・ラボのCEOであるマーク・ボイロン氏は、コインテレグラフとのインタビューで、「ポリゴン・ラボとフォックス・コーポレーションのVerifyに関する協力は、ブロックチェーン技術の積極的な影響を示している。タイムは、世界で最も尊敬されるメディアの一つであり、理想的な最初の外部出版パートナーだ」と語った。

ZK Gelatoの導入

フォックスはVerifyをポリゴンのPoSネットワークからポリゴンのチェーン開発キット(CDK)を使用した独立したゼロ知識(ZK)ブロックチェーンに移行することを発表した。分散型スマートコントラクト自動化プラットフォームであるGelatoと共に開発されたこの移行に関して、ボイロン氏はコインテレグラフに「Gelatoを実装プロバイダーとして、VerifyはポリゴンCDKを使用したZK L2チェーンとなり、指数関数的な成長の道を開く」と語った。

この移行により、コンテンツの検証はより安全でオープンソース化され、開発者が信頼性のあるプロジェクトを作成することが可能になるという。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/fox-time-blockchain-verify-combat-misinformation-press 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/