イーサリアムのネイティブトークンであるイーサ(ETH)は、逆三尊(IH&S)と呼ばれるテクニカルパターンに基づき、今後数ヶ月でビットコイン(BTC)に対して50%以上の上昇が予想される。

2021年の140%上昇との類似性

特に、IH&Sパターンは共通のネックラインの下で3つの谷が形成されるのが特徴であり、中央の谷(ヘッド)が他の2つの谷(ショルダー)よりも深くなる。理想的なシナリオでは、IH&Sパターンは右肩の形成後に価格がネックラインのレジスタンスを突破することで解消され、その際に価格はヘッドの最も低い点とネックライン抵抗との最大距離分だけ上昇する。

6月17日時点で、ETH/BTCはIH&Sパターンのヘッドと思われるものを形成した後、上下動を繰り返している。したがって、共通のネックラインである0.061BTC付近への上昇をまだ待っている状態だ。

ETH/BTC daily price chart. Source: TradingView

今後、ETH/BTCは緩やかな反落と反発を経験し、ネックラインを再テストしてIH&Sパターンの形成を完了する可能性がある。

ネックラインを上回ることに成功し、取引量の増加も伴えば、ETH/BTCの上昇目標は年末までに0.084 BTC付近となり、現在の価格レベルから50%以上の上昇となる。

アナリストのウルフ氏は、2019年から2021年の巨大なIH&Sブレイクアウトパターンとの類似性から、今後数ヶ月でIH&Sのブレイクアウトシナリオを予測している。2021年のケースでは、2021年4月の決定的なブレイクアウト後に140%の価格上昇をもたらした。

Source: Wolf

半減期後のビットコインの動き

ETH/BTCの2024年に向けた強気の見通しは、ビットコイン半減期後の歴史的な値動からも補強されている。

例えば、ETH/BTCは2020年5月の第3回のビットコイン半減期後に330%以上の急騰を見せ、2016年7月の第2回ビットコイン半減期後には900%以上の上昇を記録した。両方のケースで大きなトライアングルパターン内にとどまっている。

ETH/BTC weekly price chart. Source: TradingView

ETH/BTCは2024年4月の第4回ビットコイン半減期以来、横ばいで推移しており、トライアングルのレンジの下部トレンドラインを維持している。一方で、現在の価格レベルから約20%上昇した0.062BTC付近の上部トレンドラインへのラリーを見据えている。

興味深いことに、この上昇目標は前述のIH&Sネックラインと一致している。したがって、トライアングルのレンジ内での変動はETH/BTCがIH&S形成を完了し、パターンが意図通りに展開すれば最終的なテクニカルブレイクアウトをもたらす可能性が高い。

ETH/BTC weekly price chart. Source: TradingView

ファンダメンタルの観点から見ると、ブルームバーグのアナリストによれば、7月2日までに現物型イーサリアム上場投資信託(ETF)の立ち上げが予想されており、これが前述のテクニカルな強気シナリオを引き起こす可能性がある。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ethereum-surge-50-this-year-against-bitcoin-analysis 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/