仮想通貨取引所バイナンスは、米国司法省に43億ドルの罰金を支払ってから数か月で、取引量のマーケットシェアが回復し始めている。

仮想通貨調査会社カイコのデータによると、バイナンスの取引量シェアは米国の規制当局との訴訟を和解してから2ヶ月で49%に上昇した。同社が法的問題を処理する中で、数年来の低水準から一気に回復したようだ。

2023年にバイナンスは好調なスタートを切ったものの、同年を通して現物市場シェアに打撃を受けた。CCDataによると、2023年1月の55.2%から、9月には34.3%まで低下した。

分析会社ナンセンは2023年6月、バイナンスが23億6000万ドルの純資金が流出したと報告。さらにデータ提供会社DefiLlamaは、33億5000万ドルを報告した。しかし、バイナンスの元CEOであるジャオ・チャンポン氏(通称CZ)は、第三者分析会社が運用資産の変化を資金流出として測定しているため、データは不正確である可能性があると主張していた。

取引量シェアの打撃にもかかわらず、バイナンスは2023年に4000万人以上のユーザーを獲得したと発表。同社は、これは2022年と比較してほぼ30%の増加であり、また「主要なサービス」の成長の成果であると強調した。

コインテレグラフの取材に対し、バイナンスの広報担当者は同社はユーザーに焦点を当て、新たな章へと進んでいると明らかにした。

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/binance-market-share-recovery-post-us-settlement 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/