台湾の金融監督管理委員会(FSC)は、銀行業界に対して、仮想資産プロバイダー(VASP)に加盟店としての地位を与えるべきではないとの見解を発表した。つまり、台湾においてクレジットカードで仮想通貨を購入することが事実上禁止されることになる。

7月21日に現地メディアが報じたように、FSCは7月上旬に銀行協会に書簡を送り、仮想資産は投機性が高くリスクが高いこと、キャッシュフローが複雑で取引を効果的に監視することが難しいと銀行協会の会員に注意喚起した。

また、規制当局は、クレジットカードは基本的に消費者向けの決済手段であり、投資や資産運用、あるいは投機的で高リスク、高レバレッジの取引を伴う決済手段ではないことを明記した。クレジットカードの保有者がオンラインギャンブル、株式、先物、オプションなどの支払いをしないようにする長年の慣習に言及した。

FSCは銀行に対し、3ヶ月以内に新しいガイドラインに適応するよう求めている。その後、監査部門は社内のコンプライアンスを見直し、その結果を規制当局に報告しなければならない。

FSCが仮想通貨について行動を起こしたり、懐疑的な見方を示したりするのは、今回が初めてではない。昨年、規制当局は、仮想資産に関連するリスクについて国民に注意を促すために、いくつかのプレスリリースを発表している

2021年7月、台湾は金融活動作業部会(FATF)の勧告に基づき、仮想通貨取引所に対するマネーロンダリング防止(AML)要件の更新を制定した

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/buying-crypto-with-credit-card-is-now-indirectly-banned-in-taiwan 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/