1 

2011年にまでさかのぼるビットコイン(BTC)の値動きの分析は、コインの価格が次に7万5000ドルから30万6000ドルの間のどこかでピークに達する可能性があることを示唆している。

過去の高値と安値を結ぶ対数的成長曲線の読み取りに基づくと、7万5000ドルというコイン価格はビットコインが買われ過ぎの領域に入ったことを示し、現在の強気相場の終わりを示す。

「以前のサイクルに基づいて、ビットコインは最終的に放物線状になり、価格が徐々に上昇し続けて以降につぶつかるだろう。これが4番目の強気相場サイクルの終わりを示す」と、クラーケンのレポートでは書いている。

過去の価格調整の分析はさらに大胆な予測を投げてい来る。すべてが同じ条件であれば、BTCが現在の成長曲線に沿って続き、その後、以前の市場の暴落と同様の調整に入れば、次の底値は3万ドルになるという。

この底値に基づいて、調整の程度に応じて、次の市場ピークについて予測を試みることができる。

現在のサイクルでビットコインが70%調整する場合、前述の3万ドルの底値に達するには、コイン価格が10万2000ドルのピークに達する必要がある。

同様に、90%の調整であれば30万6000ドルが高値のピークとなり、86%の調整となれば22万1000ドルが高値のピークとなる。いずれにせよ、レポートによると、歴史はビットコインが市場の高値から「遠く離れている」ことを示唆している。

もう1度ヒストリカルデータに飛び込むと、2021年第1四半期は、収益率と年間ボラティリティに基づくと、ビットコインの過去12年間の中で3番目にパフォーマンスの高い四半期であるという。

クラーケンの調査によると、3月は歴史的にビットコインにとって悪い月であり、取引を開始してからこの期間中にコインの価格が上昇したのは2回だけだ。過去には、3月は平均して2月の成長よりも11%下回っている。

レポートではまた、ビットコインが2013年第1四半期と同様の傾向にあることにも言及している。これは、ビットコインの歴史の中で最も実りの多い第1四半期だ。2つの時期の相関係数は0.82となっており、これは有望な兆候だ。ビットコインが3月にアンダーパフォームするという傾向を覆すかもしれない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-s-next-top-could-be-between-75k-and-306k-kraken-research-suggests 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/