時に「イーサリアム・キラー」と呼ばれる暗号資産(仮想通貨)の「カルダノ(Cardano/ADA)」と「ポルカドット(polkadot/DOT)」 の人気が高まっている。

データサイトのメッサーリ(Messari)によると、カルダノの時価総額は9日18時時点(日本時間)、約224億5000万ドルで、ポルカドットが約217億7000万ドル。暗号資産の時価総額ランキングではリップル(XRP)を抜いて、それぞれ4位、5位になった。

最近のDeFi(分散型金融)人気の盛り上がりと、イーサリアムの取引手数料の上昇が原因だ。

使い勝手が悪化するイーサリアム

カルダノとポルカドットの最近の価格上昇は、「特別なこと」ではなく、「イーサリアム・キラー」というストーリーで期待を集めていることが要因と、米CoinDeskが取材した投資家やアナリストは語った。

一般的にDeFiプロジェクトはイーサリアムブロックチェーン上で構築されているが、一部の投資家やトレーダーは、イーサリアムブロックチェーンの利用コストとUX(ユーザー体験)の課題を指摘してきた。

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)は7日にイーサリアムの先物取引をスタートさせた。ブロックチェーン分析企業のグラスノード(Glassnode)によると、イーサリアム価格はCMEでの取引開始後に急騰し、取引手数料も再び上昇し始めた。

24時間移動平均では、イーサリアムブロックチェーンの取引手数料の総額は2月8日14時(協定世界時=日本時間8日23時)、100万3727.15ドル(約1億600万円)となった。

参考資料:https://www.coindeskjapan.com/98886/ 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/