13日の仮想通貨市場は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が高騰。

8日に日足レベルの保ち合いを上抜けしたBTCは6日連続で続伸。BTCUSD(Coinbase)は前日比3%高、ETHUSD(Coinbase)は6%高と騰勢を強めた。(7時時点)

BTC市場では、地合いの好転や相次ぐ上場企業による仮想通貨購入事例など、好材料も見られるが、13日の高騰はイーサリアム主導上げとなったことをチャートは示している。

12日から13日にかけてイーサリアム関連では、①グレースケールのイーサリアム投資信託の登録と②イーサリアム2.0の「Zinken」テストネットの稼働とプラス要因が相次いだ。

特に、仮想通貨ファンドを運営するグレースケールが提供するイーサリアム投信(ETHE)が証券取引委員会(SEC)に正式に登録されたニュースに市場が反応した。

メイン:BTC、オレンジ:ETH(Coinbase)

今回の事例の前に、第一号となったビットコイン投信「GBTC」がSECに登録されたのは今年の1月。米国で初めて登録される仮想通貨投資信託として、GBTCの取引量は飛躍的に増加した。

現在では、ビットコインの現物購入量で全市場流通量シェアの数%に達するなど、BTC買いと市場の底堅さを反映するとして、材料視されつつある。半減期を経て減少した新規供給量も影響して、需要過多による高値更新にも期待感も高まっている格好だ。

ニュース内容:ETHE、SEC登録

暗号資産(仮想通貨)投資信託企業の米グレースケールが提供するイーサリアム投信(ETHE)が証券取引委員会(SEC)に登録。ビットコイン投信GBTCに続き、SECに登録される2番目の投資商品となった。

SECに正式に登録されたことで、今後四半期レポートおよび年間レポートを提出することが義務化される。

登録にあたる主な重要点は、財務状況の監査結果や大きな更新がある場合のSECへの報告を通して商品の透明性・信頼性を向上させること。また、ETHTの売却まで1年に設定されていたの「ロックアップ期間」が、6ヶ月に短縮することも可能になることが挙げられる。

現在、グレースケールが運用する原資産となるETHは、10日の時点で約8.1億ドル。SECへの登録申請を行なった8月上旬に公開された約7.4億ドルより約10%拡大している。イーサリアム2.0の年内ローンチを控える中、登録後のETHEの取引量が増加するか、ETH高騰は市場の期待感を反映させた格好だ。

「Zinken」稼働、その後順調に推移

また、暗号資産(仮想通貨)イーサリアム2.0(ETH2.0)のフェーズ0に向けてのテストネット「Zinken」がローンチ。その後の推移で滞りなく稼働していることが確認された。

「Zinken」は日本時間12日夜にローンチされたテストネット。稼働状態は現時点では順調で、デベロッパーやコミュニティメンバーたちが監視している。

開発者らは主に今回のローンチが成功したと見ており、リードコーディネーターのDanny Ryan氏は、年内の2.0ローンチ(フェーズ0)を期待。「予定通りに2020年内にローンチできる印象だ。もちろん、テストネットの稼働状況を監視する必要はあるが、次のステップに繋がる」とコメントした。

「Zinken」テストネットはその前にローンチされたテストネット「Spadina」で発生した問題に対応するためにローンチされたものだ。「Spadina」の役割は最も困難でリスクの高いプロセスとされるデポジットとジェネシスの予行演習を目的としていたが、ブロックのファイナリティの遅延とバリデータノードからの低い参加率が原因で、「Zinken」を新たな予行演習プロセスとして実施したとしている。

一方、「Spadina」で発生した問題は、深刻なバグやコンセンサスメカニズムにおけるエラーではなく、「Zinken」で修正できるコンフィギュレーションパラメータの問題だと、ETH2.0のクライアントPrysmatic Labsは先日説明していた。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=189699 

●セミナー動画
https://youtube.com/channel/UC-IosOkFKsa6tyfj2JjWgrQ

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/