リップルは、私たちが世界的な危機の真っ只中にいる2020年にさえ、多くの見出しを作り続けています。

さて、この会社がモジャループ財団にスポンサーメンバーとして参加し、銀行ではない人々を金融エコシステムに参加させることが明らかになりました。

世界中でお金を移動するのを簡単にする

ご存じないかもしれませんが、Mojaloopはオープンソースのソフトウェアプラットフォームであり、誰でも簡単に送金したり受け取ったりできるようにすることを計画しています。

オンライン出版によると、 毎日のホドル、これは「全員に1つのループ」を提供することを目的としています。

上記のオンライン出版によると、これは「先行投資とメンテナンスコストを削減し、安全な同日決済を可能にし、ユーザーコミュニティを通じて継続的な適応と開発を可能にすること」によって達成されます。

また、クロスボーダーの送金ソリューションのブリッジ通貨としてXRPトークンを使用する新興企業でもあり、ブロックチェーンと暗号が決済システムの改善に役立つ方法に対処しました。

「大きな進歩がありました。時代遅れの支払いインフラストラクチャや相互運用性への課題などのシステムの障壁は、現在、ブロックチェーンや暗号などの新しいテクノロジーによって解決されています。携帯電話やデジタルウォレットの普及は劇的に増加しており、金融モバイルアプリケーションへのアクセスが拡大しています。」

リップルのXRP対BTC

今日の初めに、 リップルのXRPがBTCを超える基本的な利点。

「データは、XRP投資家の79%が2017年のポンプとダンプ中にFOMOの犠牲になったことを示しています。多くの人がお金を失い、XRPに対する多くの嫌悪感を生み出しました。これにより、コインに対して潜在意識のマイナスのバイアスが生じました。」

彼が何を言わなければならなかったかを知るためにツイッターで彼の完全なスレッドをチェックするべきです。

参考資料:https://cryptogazette.com/ripple-teams-up-with-mojaloop-foundation-to-bring-financial-services-to-the-unbanked/ 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/