1 

タクシーの配車サービスを手掛ける中国の滴滴出行(ディディ)が、デジタル人民元プロジェクトに参画した。

ディディがコインテレグラフに共有した声明によると、ディディは中国人民銀行のデジタル通貨研究機関と戦略的な提携をした。中国人民銀行は、中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)開発を進めており、すでに一部の地域でテストを開始。2022年の北京オリンピックで利用されるという報道もある。

今回の提携は、ディディ乗車時におけるデジタル人民元支払いが可能にする狙いがある。ディディはデジタル人民元の試験的な運用を政府の基準や安全面を考慮した上で行うと述べた。

ディディは、中国版ウーバーとして知られる。日本を含むアジア、ラテンアメリカ、オーストラリアで5億5000万人のユーザーを抱える。タクシーの配車サービスの他、デリバリーも手掛けている。

2030年までには100万台以上の自動運転車をリリースする計画だ。

現在、ディディの時価総額は560億ドル(約6兆円)。アップルやテンセント、アリババから出資を受けていて、世界で2番目に評価の高いユニコーン企業だ。

ディディは、中国東部江蘇省の南京市と協力して新型コロナウイルスによる消費減退に対処するためブロックチェーン上で「消費者向けの商品券」を発行した景気刺激策に乗り出している

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/ride-hailing-giant-didi-joins-chinas-digital-yuan-project 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/