●大手仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは20日、宿泊施設の予約プラットフォームを提供するTravala.comと、航空便の予約プラットフォームを提供するTravelbyBitの合併を発表した。

●「ビットコイン・ピザ・デー」 〜10周年〜 ピザ代金は100億円相当に


●ブロックチェーン分析会社の調査によると、ダークネット市場でのビットコイン取引は、第1四半期に65%の値上がり

●仮想通貨ビットコインのアクティブなアドレス数:イーサリアムの3倍、XRPの140倍に

●米ベンチャーキャピタル大手セコイア・キャピタルの中国子会社が、アジアの4大主要通貨で構成されるバスケットに裏付けられたデジタル通貨の構想を中国政府に提案した。

●史上最大の仮想通貨出資金詐欺プラストークンの首謀者、中国で刑事責任問われる

●「史上4度目」仮想通貨ビットコイン、3つのテクニカル指標が合流 強気サイン点灯


●ツイッター上でレバノンの住民を対象に行われている調査によると、回答者6661人の57.5%が給料をビットコインで受け取ることを好むと答えた。

●オントロジーが分散型データ取引所「SAGA」をローンチ、成長著しい産業にアプローチ

●バイナンス、仮想通貨EOS利用のDeFiプロジェクトの監督チームに参画 BNB利用の推進が狙いか

●気候変動が変える巨大金融機関の金の流れ──変わるか、ビットコインのダークサイド

●ルイジアナ州上院、暗号事業ライセンス法案を検討

●次世代イーサリアム、仮想通貨のステーキング公式ポータルの詳細が明らかに

●新型コロナ不況でも3倍の成長──分散型取引所カイバー・ネットワークとは

●取引がオンチェーンで決済されたとしても、通常、オーダーブック(取引状況を記録したデータ)はオフチェーンになっている。このギャップをカイバー・ネットワークは埋めようとしている。

●仮想通貨ビットコイン続落で弱気指標続々 このまま下がり続けるのか?

●Visaのプリンシパルメンバーシップ(主要メンバー登録証)の1つであるスイスのスタートアップ企業EidooはVisaと提携し、「Eidoo Card」というデビットカードを発行。プリンシパルメンバーとは、Visaとライセンス契約を結び、直接Visaカードを発行できる権限を得る登録企業

●ロシアはビットコインの購入を現金で犯罪とする法律を提案、犯罪者は7年の刑務所に直面

●zcash(ZEC)11月頃の半減期で価格上昇も?

●Bitwage、Geminiの支援によりBitcoin 401(k)プランを展開

●仮想通貨取引所ビットフライヤー赤字に転落、営業収益が3分の1に


●デルフィー・デジタルがこのほど公表したレポートによると、仮想通貨(暗号資産)イーサリアムのブロックチェーン上で使用されている取引手数料のガスが過去最高に達している。ガス価格は2020年に入ってから上昇傾向にあり、今後もまだまだ増加しそうだ。

●このコインは今後2年間で700%急増する見込みです


●ウルブリヒトは、シルクロード取引所の運営で知られている非常に初期の暗号通貨の購入者です。

●彼は「Ross#9によるビットコイン:低価格の強いシグナル」というタイトルのMediumの投稿で、Elliot Wave分析がBTCが複数年の弱気市場の第2フェーズにあることを示唆していると説明しました。その最低価格は3000ドルまで下がると話しています。

●米大手投資銀行ゴールドマンサックス(以下GS)は27日、顧客を招いた電話会議を開催。GSアナリストが、現在の経済状況下で、ビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨(暗号資産)は、顧客のポートフォリオにとって成功が見込める投資手段ではないとの見解を示した。

●主な理由は、価格の変動が大きいこと、他の資産との相関性が不安定なこと、インフレのリスクヘッジに利用できる根拠が不十分である点で、「ボラティリティを好む投資家にとって有利な資産と見ることができるものの、顧客の投資ポートフォリオとしては、戦略的または戦術的にビットコインを推奨できない」とコメントした。

●リップル社がクラウド基盤の決済ソリューション「リップルネット・クラウド」発表


●「仮想通貨リブラはアリペイ・ウィーチャット覇権への脅威 」中国共産党内で警戒感

●多くの仮想通貨で強気の動き ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析


●ロシアの最大の銀行の1つ、スベルバンク(Sberbank)は、4917のATMに「ブロックチェーン操作」をサポートできる組み込みグラフィックカードを提供する入札を掲載した。

●米デジタルドルプロジェクト、ホワイトペーパーを発表


●クレイグ・デウィットはリップルの代表としてFaster Payments Council(FPC)に参加したことをTwitterで発表!メンバーにはSWIFT、Microsoft、Visa、Wells Fargo、米連邦準備制度、JPMorgan、Walmartなどの大規模な名前がすでに含まれています。

●コインマーケットキャップは5月29日、新たな仮想通貨ランキングシステムを発表した。

●新たなランキングはマーケットペアを「報告された取引高」、「流動性」、「取引所のユーザーベース(ウェブトラフィックで計測)」を格付けする。高いスコアを出すためには3つの領域すべてで好成績を残さないといけないという。

以前は、「報告された取引高」のみでランク付けをしていた。

●取引所のコインベースは、テゾス(XTZ)のステーキングサービスを英国と欧州の3つの国で開始した。

●5月28日の発表によれば、英国、フランス、スペイン、オランダのユーザーはテゾスを保有していれば、ステーキングによって報酬を得ることができるようになった。

●コインベースは昨年11月に米国でテゾスのステーキングサービスを開始しており、ユーザーは報酬として200万ドル(約2.1億円)を得ている。

●中国は、ビットコインなどの暗号通貨を含めるように相続権の範囲を拡大する国の待望の民法を可決

●ドイツ大手製薬会社バイエルの中国法人がVeChainと提携、医薬品のトレーサビリティを実現するブロックチェーン「Csecure」を共同開発することが分かった。

●米規制当局SEC、ICOで調達した27億円の返金命じる | 仮想通貨スタートアップBitClaveに

●仮想通貨ビットコインのS2Fモデルで上昇指標がついに点灯|強気相場始まるか

●スイス金融市場監督局(FINMA)が、インコア銀行(InCore Bank)にデジタル資産取引を認可した。(B2Bのみ)

●中国最大の港湾管理会社である招商局港口控股が5月28日、巨大Eコマース企業のアリババ・グループ及びその傘下にある螞蟻金服(アント・フィナンシャル)と協定を締結した。この協定はブロックチェーンに基づくプラットフォームの開発を可能にするもので、多くの異なるユースケースがターゲットとなる。

●地元メディアによると、このプラットフォームによって、買い手、売り手、ロジスティクス企業、銀行、税関、税務当局が、デジタル上で輸出入取引を行えるようになるという。


●インドの暗号通貨市場開発の原動力は、移民、金融、政府の政策という3つの重要な要因によるものです。インド市場における仮想通貨取引の世界市場シェアは、2020〜2022年に大幅に増加すると予想されます。

●米ドルと連動するステーブルコインの代表格テザー(USDT)がOMGネットワーク(以前のOmiseGO)に統合された。


●米送金大手のウエスタン・ユニオン(Western Union)がリップル社が出資するマネーグラム(MoneyGram International)に買収提案をしたことがわかった。ブルームバーグが情報筋の話として報じた。

●トラヴァラのデータによれば、5月の売上高が4月比で205%増。5月に行われた旅行予約のうち、仮想通貨で支払われたのは60%だった。21%がビットコイン(BTC)が使われ、16%はトラヴァラ独自のAVAトークンが使われ、残りの23%はほかの仮想通貨が使われた。

●スイス・チューリッヒに本社があるプライベートバンクのマエルキ・バウマン銀行(Maerki Baumann)が、機関投資家を対象とする暗号資産(仮想通貨)の取引サービスを始めた

●日本STO協会に三井住友信託銀行が加盟、信託銀行では初の正会員 | TAOTAOやbitFlyerなど14社も賛助会員に

●ビットコインマイナーの収益が48%急落

●仮想通貨OmiseGo 26%超の急騰 コインベースプロのサポート発表で

●VISA「デジタル法定通貨」の特許を申請 |仮想通貨イーサとの連携も示唆

●占星術を使いこなし、仮想通貨ビットコイン相場を読み解くトレーダー"トシムリン"流の哲学、LINEにてトレードのコツとポイント

●rippleが新しいxrpの達成を祝う

●仮想通貨ビットコイン、8700ドル割れは危険信号

●CMEの毎日のオプション取引量は同日、1700万ドルに急増し、5月6日に設定された生涯最高の990万ドルを上回りました。さらにそれ以降、取引量は増え続けています。

●crypto-comがmco-visaカードの出荷をヨーロッパの31か国に開始

●BTCは4年後には100万ドルに達する可能性があると元ゴールドマンサックスのエグゼブディブマネージャーは話す。

●「リッチ・ダッド・プアー・ダッド」の著者のベトナムのロバートはは経済が「死にかけている」ので75,000ドルのビットコインが可能であると言います

●コロンビア、ベネズエラ、アルゼンチン、チリ、ブラジル、メキシコなどの国々で、ビットコインの取引量が大幅に増加

●9200ドル防衛が分水嶺に ビットコイン・イーサ・XRP(リップル)・ビットコインキャッシュ・ライトコインのテクニカル分析

●プロが解説:ビットコイン現物と先物を利用して「安定して利回りを得る」運用手法

●「経済は死に、仮想通貨ビットコインは3年後に75000ドル」=「金持ち父さん」著者キヨサキ氏

機関投資家のanthony-pomplianoはビットコインを10万ドルになると言う!

●ビットコイン半減期、日本でテレビCM放映、リップル社の新規事業はXRP関連に|1週間仮想通貨注目ニュース

●インターコンチネンタル取引所(ICE)の仮想通貨(暗号資産)子会社Bakktが、機関投資家向けカストディビジネスの顧客を70超まで増加させていることが分かった。

●ベネズエラ人はビットコインを使用して20,000のPoS端末で商品の支払いができるようになりました。接続されているストアはすべて、Mega SoftのMerchant Serverプラットフォームを使用して、BTC、binance coin、dai、dash、ether、tether、およびCryptobuyerのネイティブトークンXPTで支払いを処理します。Mega Softはベネズエラで毎月約1,800万件のトランザクションを処理しています。

●大手仮想通貨デリバティブ取引所BitMEX、親企業のHDR Global Trading Limitedおよび関連する企業ABS Global Tradingと共同創設者のアーサー・ヘイズらが、資金洗浄および相場操縦の内容を含む新たな訴訟で提訴された。

●世界46カ国が中央銀行デジタル通貨を検討:英メディアが調査

●ZOOMセミナー予定表(5月~6月中旬)


●アンドリーセン・ホロウィッツ、暗号資産の4度目のブームを予想!


●Chainlink は、オラクルソリューションの別のパートナーと顧客を見つけました。韓国のインターネット大手、カカオは、Klaytnというパブリックブロックチェーンプロジェクトを運営しています。

●リップルはローンプラットフォームという新製品を発表しました。
これは運転資金の貸付を中心としています。

●VeChain、ヘルスケアをサポートするE-NewHealthLifeプラットフォームを導入。主にICUでテストされている新しい医療データ管理プラットフォームです。

●フランスの仮想通貨(暗号資産)スタートアップのDigycodeは同社のプリペイドカードを通じたテゾス(XTZ)を購入できるようになったと発表した。フランスの全国1万点のタバコ屋やガソリンスタンド、ミニマーケットでクーポンやプリペイドカードの形でテゾスを購入できる。テゾスの他にはビットコインやイーサ(ETH)、ライトコイン、リップル(XRP)、ダッシュを含む6通貨も購入可能だ。

●シカゴマーカンタイル取引所(CME)やデリビットが手がけるビットコインのオプション市場のデータによると、ビットコインが2020年末までに2万ドルをつける確率は9%

●ビットコインはもし5月末までで9500ドルを突破したら、史上7回目のゴールデンクロスを形成するかもしれない。また、テクニカル的に売られすぎの状態も過ぎ去ったようだ。そうなった場合は価格は急上昇する

●米国の大手決済アプリであるスクエアは、ビットコイン(BTC)を自動で購入する機能を搭載した。

●決済アプリ大手のスクエア、ビットコインを定期購入できる機能導入 | 仮想通貨にドルコスト平均法活用


●米大手仮想通貨投資信託企業グレイスケールは19日、仮想通貨の運用資産額が過去最高となる38億ドルに到達したことを発表。昨年5月28日付けの運用資産が21億ドルだったため、約1年間で80%も増加した。

●機関投資家がCMEビットコイン取引商品を後押し–ビットコインクジラが大規模な動きをする

●コインベースの顧客の75%が最終的にビットコイン以外のデジタル資産を購入

●『金持ち父さん』キヨサキ氏、仮想通貨ビットコインで「自分の身を守れ」

●スリランカ認定の取引所を販売します。

●ICOやMLMで掴まされたあの暗号資産(仮想通貨)復活プロジェクト

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/