1 


大手仮想通貨(暗号資産)取引所のコインベースは、テゾス(XTZ)のステーキングサービスを英国と欧州の3つの国で開始した。

5月28日の発表によれば、英国、フランス、スペイン、オランダのユーザーはテゾスを保有していれば、ステーキングによって報酬を得ることができるようになった。

コインベースは昨年11月に米国でテゾスのステーキングサービスを開始しており、ユーザーは報酬として200万ドル(約2.1億円)を得ている。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用しているブロックチェーンでは、ネットワーク参加者は保有量に応じて報酬を得ることができる。ビットコイン(BTC)のようなプルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは異なり、PoSのネットワーク内のノードはウォレットのトークンの保有量などに応じてバリデータとして選択される。

トークン所有者は、取引所のステーキングサービスなどを通じて、ステーキングに参加することができる。コインベースでは、テゾスのステーキングによる年間の収益は約5%程度であるとしている。

コインベースでは、機関投資家向けのコインベース・カストディでもステーキングをサポートしている。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/coinbase-now-supports-tezos-staking-rewards-for-uk-and-some-eu-users 

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/