世界で最も人気のあるビデオゲームの1つであるMinecraftには、プレーヤーがブロックチェーンアセットをサーバーに直接配置できるようにする新しいプラグインがあります。

EnjinCraftは、ゲームのスタートアップEnjinによって構築されたオープンソースのブロックチェーンプラグインで、プレーヤーがコードを記述せずにMinecraft Java Editionでアセットを生成できるようにします。

このツールは、EnjinCraftファイルをプレーヤーのサーバーの「プラグイン」フォルダーにドロップすることで機能し、そこで、トークンの形でブロックチェーンアセットの統合と配布を開始できます。

このプラグインは、2013年にBukkitとのコラボレーションで最初にDonationCraftをリリースした後、MinecraftのEnjinによる2番目のリリースとなります。現在、510万回ダウンロードされているDonationCraftは、サーバーのWebサイトと寄付ストアを作成することで、プレーヤーがMinecraftサーバーを拡張できるようにします。

関連項目:Trust No Dapp:Chainlinkが証明可能なランダム性のためにOracleをローンチ

この新しいサービスにより、サーバーホストは、プレイヤーにゲーム内アイテムや通貨に対する具体的な所有権を提供することで、ローカライズされたMinecraftエコノミーを作成できます。また、プレーヤーは、サーバーを介して、または外部のチャットルームやEnjin Marketplaceなどのデジタル取引プラットフォームを介して、ピアツーピア(P2P)で資産を安全に取引することができます。

「EnjinCraftは、サンドボックスゲームの新時代の幕開けです。エンジンの共同創設者兼CTOであるWitek Radomskiは、次のように述べています。プレーヤーは、ゲームの世界に具体的な利害関係を持ち、サーバーの所有者は、希少性と価値のあるブランドの収集品とアイテムを使用して、新しい種類の中毒性のある体験を生み出すことができます。

Enjinは、Java用のオープンソースソフトウェア開発キット(SDK)もリリースしました。これにより、開発者はJavaベースのモバイル、デスクトップ、またはWebアプリにブロックチェーンを実装できます。


今年はゲーム中心のプロジェクトが活発で、2月にイーサリアム開発プラットフォームを立ち上げましたこのローンチにより、何百万人もの開発者がブロックチェーンのコーディングの事前知識がなくても暗号資産をゲームやアプリに統合できるようになります。

Enjinは4月に、中国の産業情報技術省の承認を求めた後、アジアの国への計画的な拡大に先立って、その暗号ウォレットを中国のユーザーに開放すると発表しました。


参考資料:https://www.coindesk.com/enjin-minecraft-plugin-blockchain-assets-servers 

●特選ブログ
https://tamariba-affiliate.com/

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/