暗号市場は、価格設定の面だけでなく、ユースケースと採用の面でも、可能性が多少あるコインで満たされています。

波紋のブラッドガーリングハウスは、2019年に、特定のコインの価格は、プロジェクトの背後にあるはるかに重要な要素であるユースケースや採用に比べてそれほど重要ではないと述べていました。

しかし、価格の点で大きな可能性を秘めているコインも間違いなくかなり魅力的であることを認めなければなりません。

この小さな暗号は、今後24か月で大きな利益をもたらすでしょう

元ヘッジファンドマネージャーのテッカ・ティワリは、小さな暗号を信じていると言いました いくつかの大きな利益を印刷する準備ができています 今後24か月間。

Tiwariの2020 Phenomenon Playbookには、Crypterium(CRPT)が大きな成長の可能性があるコインとして記載されています。

ウォールストリートのベテランは、オンラインの出版物であるDaily Hodlによると、Crypteriumネットワークを通過すると予想される支払い量に基づいて、コインは今後2年間で700%急増する可能性があると述べています。

Crypterium WalletとCrypterium Card

これは、元Visaの幹部であるSteven Parkerが率いる金融スタートアップです。この会社では2つの主要な製品を許可しています。

これらはCrypterium WalletとCrypterium Cardであり、ユーザーは暗号を購入、交換、保存、および使用することが簡単にできます。

CPRTは、Crypterium WalletとCrypterium Cardの支払いを強化していると伝えられています。

ユーザーが購入すると、ネットワークはCPRTでのトランザクションの0.5%に相当する料金を受け取ります。徴収される手数料は全額消費されます。これは、CPRTトークンの数が時間とともに減少することを意味します。

購入取引所:Kucoin HitBTCなど

参考資料:https://cryptogazette.com/2020/05/27/this-coin-is-poised-to-surge-by-700-in-the-next-two-years/ 

●特選ブログ
https://tamariba-affiliate.com/

●セミナー日程
http://ripple.2chblog.jp/archives/30659309.html

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/