■動画
https://www.youtube.com/watch?v=7D8TWwTzTmw&feature=youtu.be


★新ビットコイン先物、リップル社Youtube提訴、日本政府10万円給付|4月20~25日 暗号資産系注目ニュース
http://ripple.2chblog.jp/archives/40505535.html


■BTC7000ドルを割れた理由は?
「マイナス価格」を記録した米原油先物が影響
http://ripple.2chblog.jp/archives/40463916.html

■最新Weiss仮想通貨格付け:技術評価でテゾス1位 ビットコインやイーサリアム、リップルは総合トップ5に
http://ripple.2chblog.jp/archives/40471944.html

■独規制当局、仮想通貨の新資金調達法『リバーシブルICO(rICO)』を認可
http://ripple.2chblog.jp/archives/40471996.html

■ブルームバーグは、ビットコインは2017年末にかけて起きたような巨大な強気相場を迎えるだろうというレポートを出した。

■米名門大学UCバークレーとWarwickが、ステーブルコインの発行がビットコインなどの仮想通貨価格の上昇要因になっていないと結論づける研究コラムを発表

■GMOコインは03月22日、仮想通貨(暗号資産)FXサービスで新たにアルトコイン3銘柄の取扱い開始を発表した。

新たに追加した銘柄は、ネム(XEM)、ステラルーメン(XLM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)で、日本円建ての取引を04月22日から開始する。

■GMOコイン、アルト3銘柄を仮想通貨FXに追加
http://ripple.2chblog.jp/archives/40480128.html

■デジタルミントは3月以降、ビットコインATMをボストン、ロサンゼルス、フィラデルフィアの数十カ所に新たに設置した。
コインATMレーダー(Coin ATM Radar)によると、ATMの総設置台数は3月1日の7023台から4月1日には7417台となり、5.6%増加した。

■ロックダウン中でも拡大するビットコインATM同様に、2019年にニューヨークでの運営許可「ビットライセンス(BitLicense)」を取得したリバティX(LibertyX)も、ついに州内での展開を開始:

■仮想通貨を題材としたドキュメンタリー映画が一時興行収入ランキングでトップ入りしたことがわかった。
ランクインしたのは、プライバシー仮想通貨(暗号資産)モネロの長編ドキュメンタリー「Monero Means Money」で、4月の第2週末にチャートで1位を獲得した。

■eToro Exchangeの暗号トレーダーの54%がXRPを所有

■ビットコインは2020年にデジタルゴールドになるとブルームバーグレポートは言う

■暗号通貨ローンのDydxは、過去12か月間に総額11億4000万ドルのデジタル資産ローンを提供しました。しかし、コロナウイルスに関連したボラティリティが投資家の間での借り入れの狂乱を引き起こしたため、お金の約70%は2月と3月のわずか2か月で達成

■スターバックスやマクドナルド、中国人民銀行のデジタル通貨を試験運用か
http://ripple.2chblog.jp/archives/40488434.html


■Tim Draper Venture Capital Armが暗号資産取引所を作成するためのWordPressプラグインをリリース

■国内大手仮想通貨(暗号資産)コインチェックが提供する「Coincheckつみたて」サービスで、23日より新たにETH・ETC・LSK・XRP・LTC・BCH・XLMの7銘柄の取扱いを追加。ビットコインを含め全8種類となる。

■フォビジャパン、独自仮想通貨フォビトークンの取り扱い開始へ 「5月以降に」 

■チェイナリシスは4月22日、仮想通貨取引と人身売買問題に関する同社オンラインセミナー(米国時間4月23日午前11時開催)の資料を公開した。仮想通貨を利用した児童性的虐待コンテンツ(CSAM)購入に関する最新分析として、CSAM販売者に関連付けられたアドレスに93万ドル(約1億円)相当の仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETC)が支払われたことを明らかにしている。2018年比で32%増加、2017年比で212%増加しているそうだ。

■「40年以上変わらない銀行間送金手数料の是正を」公取委が要求──銀行API接続交渉の期限控え、フィンテック調査を公表

■コロナ禍でデジタル通貨の議論が活発化 国際決済銀行幹部が現状明かす
http://ripple.2chblog.jp/archives/40496743.html


■ビットコインは有力ヘッジファンドから認められた。規制当局への申請書類から、ルネッサンス・テクノロジーズが取引商品に現金決済型のビットコイン先物を含めることを検討していることが判明した。

ルネッサンスは世界で最も秘密に包まれ、かつ最も成功した資産運用会社として知られている。同社は今回の申請書類の内容について、コメントを控えた。

■2025年までにマクロ経済学者が100万ドルのビットコインを予測

■日本の金融規制当局である日本の金融庁(FSA)は、Huobiトークン(HT)を、国で取引するための準拠暗号資産として承認しました。承認により、Huobi Tokenは日本の規制当局により承認された最初の国際交換トークンとなりました。

■マルタの「ブロックチェーン島」となる未来的なデザインは、セクター内の企業の70%がライセンスを求めていないため、後退しました。締め切りの6か月後、ライセンスを申請した企業は26社だけで、認可された企業はありません。

■仮想通貨取引所Bitfinexは、ビットコインのペッグ通貨『pBTC』の上場を予定している。

■5月内にpBTCのサポートを予定しており、分散型金融(DeFi)の普及の加速が目的

■トークン販売プラットフォームを手がけるコインリストが今年2月から、分散型金融(DeFi)市場に参入していたことがわかった。同社にはツイッターのジャック・ドーシーCEOやポリチェーンキャピタルなどが出資している。

■22日に公開されたブログ投稿によると、今年2月以来、ビットコインで1対1でペッグされたERC20トークンであるwBTC/BTCサービスを開始、機関投資家向けに総供給量の25%を新規発行し、1日の平均取引量の20%を取引

■BEAMはビットコイン誕生10周年(2019年1月3日)にローンチされた匿名プロジェクトのひとつだ。

最大の特徴は、プライバシー技術であるMimbleWimble(MW)プロトコルを採用している点。これまでのプライバシー技術と異なり、MWプロトコルにはウォレットアドレスそのものが存在せず、送金する際の枚数情報もノードに送られない特性をもつ。

また、2019年2月には、株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルートは、ブロックチェーンスタートアップに投資する新ファンドRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.を通じて、BEAMの開発主体であるBeam Development Limitedに出資を行なっている。


■ビットコイン価格が1万ドルを超えていれば、100BTCは流動資産が100万ドル以上ある富裕層として

■リップル社、トヨタやBMW参加のMOBIへ加盟
http://ripple.2chblog.jp/archives/40513604.html

■政府は4月の月例経済報告にて、国内景気判断について「急速に悪化しており、極めて厳しい状況」と表現。国債購入について「年80兆円」の上限を撤廃し、事実上の無限国債購入へ入ることで最終調整に入った。

■米仮想通貨投資信託提供企業大手のグレースケール社は、2020年の約4ヶ月で新たに採掘されたイーサリアム(ETH)のおよそ半数を投資信託向けに買い付けていたことがわかった。同社の投資信託は、今年に入り契約数が飛躍的に増加したことが影響した。

■強気サイン?仮想通貨ビットコイン、「極端な恐怖」を7週間ぶりに脱出

■仮想通貨トロンの分散型アプリ(dApps)、サムスンのストアに登場

■BinanceのCEOは、iPhoneおよびiPadで新たに発見された欠陥について暗号トレーダーに警告
https://tamariba-affiliate.com/?p=268


■バイナンスは03月18日、2020年第1四半期(1~3月)分のバイナンスコイン(BNB)のバーンを行ったと発表した。バーンしたのは、3,373,988 BNB。5250万ドル(約56億円)相当

■大量のアメリカ人への1200ドル相当の給付金がビットコイン投資に流れた可能性 米仮想通貨取引所が指摘

■老舗の暗号通貨保管会社であるBitGoは、暗号通貨ポートフォリオ管理および会計プラットフォームであるLuminaの買収を発表!同社がセキュリティトークンプラットフォームであるHarbourを買収してから数か月後に行われます。

■ロックロックダウンでお金を稼ぐ:暗号通貨をオンラインで獲得するための5つの簡単な方法ダウンでお金を稼ぐ:暗号通貨をオンラインで獲得するための5つの簡単な方法
https://tamariba-affiliate.com/2020/04/20/%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%81%a7%e3%81%8a%e9%87%91%e3%82%92%e7%a8%bc%e3%81%90%ef%bc%9a%e6%9a%97%e5%8f%b7%e9%80%9a%e8%b2%a8%e3%82%92%e3%82%aa/

■デジタル人民元は5月から蘇州でテストが開始、パイロット地域として、深センや蘇州、雄安新区、成都、さらには2022年に開催が予定される冬季五輪開催地域で行うことを公式に明らかにした。

■暗号資産(仮想通貨)スタートアップのサークル(Circle)がビジネスモデルをステーブルコインに移行してから4カ月、新型コロナウイルス危機によって、需要は予想外に拡大していると共同創業者兼CEOのジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏は語った。

■米CFTC(商品先物取引委員会)が、新たなビットコイン先物の取引を許可した。

■仮想通貨取引所Bitnomialに対し、指定契約市場(DCM)のライセンスを付与。ビットコイン先物およびオプション取引の提供を許可した。

■コンセンシス、再び従業員14%解雇 新型コロナで|仮想通貨イーサは急落

■シンガポール、趣味の仮想通貨マイニングは非課税 課税ガイドライン発行

シンガポールでは日本の消費税制度にあたる「物品・サービス税(GST)」で仮想通貨を使った取引を免税措置とする法案が今年1月から施行

■香港初の規制認可を受けた仮想通貨ファンドが立ち上がる。

資産運用会社Venture Smart Asiaのブロックチェーン部門であるArrano Capitalが、ビットコインファンドの組成を発表

■WeTrueは、中国のユーザーに焦点を当てたAeternityブロックチェーン内の分散型アプリプロジェクト です。

■国内大手マネックスグループの米投資仲介子会社『トレードステーション』は米時間15日、自社の仮想通貨(暗号資産)仲介プラットフォーム「TradeStation Crypto」を介して、機関投資家向けの仮想通貨取引所ErisXの現物市場への対応を開始

■中国の国家ブロックチェーンプラットフォーム、4月25日にローンチへ イーサリアムとEOSのプロトコルは海外で対応


■ビットコイン・スイスの創業者で、著名投資家でもあるNiklas Nikolajsenは、ビットコインがアルゴリズムをPoWからPoSへと変更するだろうとの予測を示した。

■仮想通貨ビットコイン、今年の半減期前の値動きで異変
http://ripple.2chblog.jp/archives/40429408.html

■金融市場のデータ・指標を提供する大手ブルームバーグの端末「ブルームバーグターミナル」で、仮想通貨データサイトCoinmetricsの2つの独自指数『CMBIビットコイン』、『CMBIイーサリアム』の掲載が開始されたことがわかった。ビットコインの「終値」が確認可能になる。

■BitfinexがHoney Framework UI v3.1をリリース、MacOSのサポートを追加!チャート分析の使いやすさが大幅に変更され、いくつかの新しいチャートライブラリと注文タイプが追加

■ロシアの通信省は、コンピューターおよびデータベース用の統一されたロシア語ソフトウェアにWaves Enterpriseを追加

■仮想通貨投資ファンドのグレイスケールが16日に発表した四半期レポートで、2020年第1四半期に5億3370万ドル(約576億円)と過去最高の資本流入があったことを報告

■”緊急事態に人助けで仮想通貨を獲得”「ガーディアン」のアプリダウンロード数、新型コロナで2500%超アップ

■「ハイリスク」分散型アプリ(Dapps)が活発に|仮想通貨トロンがイーサ越え!トロンの1日のアクティブユーザー数は2万1606人で、イーサリアムやEOSなどを含める他の6つのブロックチェーンにおけるアクティブユーザーの33%

■SBI、FX取引にブロックチェーン技術を活用 R3社Corda日本初の実用化へ

■米国の財務省、国防総省、連邦捜査局(FBI)、国務省は、北朝鮮のサイバー犯罪に関する新たなガイダンスを4月15日に公開した。

■引き続き北朝鮮のサイバー行為を非難し、新たなガイダンスの狙いは、国際協力の推進だ

■中国の大手仮想通貨(暗号資産)採掘マシンメーカーMicroBTが、3種類のマイニング機器をローンチしたことが分かった。
同社の最高執行責任者Jianbing Chen氏が17日にオンラインカンファレンスで、WhatsMinerのM30S+とM30S++、M31S+を紹介した。
Chen氏は、今回発表した機器は消費電力が少ないこと、安定性が高いこと、さらに1年の保証サービスが付いてくるという3つの特長を備えていると説明。

■ソーシャルトレーディングプラットフォーム「eToro」のユーザーの半分以上が、仮想通貨(暗号資産)リップル(XRP)に投資していることが分かった。

■仮想通貨取引所KuCoinの主要なウェブドメインであるKuCoin.comは、3月末からシンガポール高等裁判所の命令によりロック

■仮想通貨担保ローンサービス開始記念!仮想通貨を使ったローンとレンディングの解説
http://ripple.2chblog.jp/archives/40438428.html


★特別なご案内や特殊案件を優先的に配信!月額3300円