BSNのローンチ日が確定

中国の国家ブロックチェーンプラットフォーム「Blockchain-based Service Network(BSN)」が、今月25日にローンチされることが分かった。

本計画は中国の政府機関である国家情報センターが主導。BSNを利用すれば、新しいネットワークを最初から設計する必要がなくなる。ローンチの目的は、企業がより早く低コストでブロックチェーン技術を導入できるようにすることだ

BSN自体はブロックチェーンプロトコルではなく、いくつかのパブリックブロックチェーン(海外対応のみ)やエンタープライズブロックチェーンから利用を選択できる1つの中央集権的プラットフォームだ。BSNの開発に関わるHuobiグループのCEOの発言によると、BSNはイーサリアムとEOSのプロトコルも統合する予定だ。しかし、中国国内ではなく、国際ベータテストが今年の7月に終わる以降、海外で対応するという。

BSNの開発組織はホワイトペーパー(事業計画書)の中で、ブロックチェーンの利用で大きな問題となっているのは、開発や運用にコストがかかることだと説明。パブリックなインフラとして利用できるネットワークを作ることが急務だと述べている。

ホワイトペーパーによると、例えばローカルエリアで3組織のコンソーシアム型ブロックチェーンを構築して運用する場合、1年間で約152万円のコストがかかる。BSNを利用すれば、そのコストを3万円から4万5000円ぐらいまで下げられる

開発組織は「このコストであれば、中小企業や学生のような個人でもブロックチェーンを利用することができるようになる。技術の普及にもつながる」と説明している。

本計画が明らかになったのは2019年10月。現時点で中国の都市に100のノードが準備されている。2020年末までにその数を200まで増やし、BSNのノードをグローバルに配置する予定だ。

参考資料:https://coinpost.jp/?p=145162 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/