GMOコインが過去取引データを公開

GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社で、仮想通貨交換業を営むGMOコイン株式会社は自社の仮想通貨FXの取引データを公開した。

今回、公開されたデータの対象期間は2018年5月30日から2019年までで、ビットコインを除く、アルトコイン(XRP、LTC、BCH、ETH)4銘柄に焦点が当てられている。

2018年の6月から12月のデータでは、すべての月においてXRPの取引金額が最多となっている。

出典:GMOコイン

2019年上半期(1月から6月)では、4月のみBCHの取引金額が最多となったが、それ以外の月はXRPが最も多かった。

出典:GMOコイン

2019年下半期(7月から12月)でも、全ての月でXRPが最多の取引金額を続けていた。

出典:GMOコイン

XRPの人気

今年1月にリップル社は、2019年Q4(10〜12月)のマーケット報告書を公開しているが、その際にXRPを利用するODL(旧xRapid)の事業展開について説明。

すでに米ドル=メキシコペソ・米ドル=フィリピンペソとの2つの送金ルートに対応しているODLには豪州および米ドル=ユーロの送金ルートも加わったという。そして、2020年内にはAPAC(アジア太平洋)、EMEA(ヨーロッパ、中東及びアフリカ)、およびLATAM(ラテンアメリカ、カリブ海地域)に対応する送金ルートを新規追加する計画をしている。

リップル社がグローバル事業でXRPの利用普及を推進する中、日本国内においてXRPの人気が根強いことが見受けられる。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=141819 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/