1 

カルダノが最近脚光を浴びたのは、作成者のチャールズホスキンソンがコロナウイルスのパンデミックについていくつかの言葉を述べ、いくつかの暗号予測を発表したときです。

彼は、ある時点でパンデミックが通過し、その後、革新的なテクノロジーが爆発し、世界に革命を起こすと信じています。

ホスキンソンは、新しいテクノロジーが日常生活を再形成し、全体的に人間の状態を改善すると信じています。

シェリー発射パーティーは現時点で最高のアイデアではありません
オンライン出版のCrypto Dailyからの最新情報によると、カルダノ議定書による待望のシェリー発射パーティーを主催する計画は、日本の京都で実行可能なイベントではないかもしれません。

理由がわからない場合に備えて、それはかなり明白です。コロナウイルスのパンデミックです。

最近、世界では多くの不確実性があり、暗号業界にも影響が出ています。

Folding @ Home プロジェクト
カルダノ財団は、Folding @ Home プロジェクトからサポートを求めています。これは、病気の研究に焦点を当てるために設計された刺激的な取り組みです。


参考資料:https://cryptogazette.com/2020/03/27/fighting-covid-19-cardano-and-disease-research-support-the-battle-against-coronavirus/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/