パクソスは米国規制のしっかりとしたUSD-ステーブル発行者 stablecoinパクソス(PAX)は、そのblockchainベースの決済プラットフォームを開始した!

取引相手はスイスの金融サービス会社とクレディ・スイスと野村グループの株式売買専門業者のアームインスティネット

2月20日に行われ発表によると、Paxos Settlement Serviceは、米国上場株式のライブ環境で使用される最初のブロックチェーン対応決済になります。

Paxosは、現在48時間以上である決済のタイムラインをほぼ即時に削減し、Depository Trust&Clearing Corp.(DTCC)などの第三者の使用を排除することを目指しています

Paxosによると、Paxos Settlement Serviceは、二者が相互に直接証券取引を決済できるように設計された、許可されたプライベートブロックチェーンソリューションです。Credit SuisseとInstinetはサービスを利用する最初の2つの企業ですが、3番目の参加者であるSociétéGénéraleも間もなく米国上場株式取引の決済を開始します。

paxos-standart

同社はさらに、そのサービスのように、それは、米国証券取引委員会(SEC)のスタッフからのノーアクションレターリリーフの下で開始されたことを強調し報告し、昨年10月に受けました。このノーアクション救済レターは、SECが決済サービスの展開を開始したときに、SECがPaxosに対して執行措置を講じることを委員会に推奨しないことを意味します。

ただし、この発表では、2020年にSECへの清算機関登録申請を提出し、米国上場株式を決済するためにすべてのブローカーディーラーにPaxos Settlement Serviceを提供できると述べています。

Paxosの最高経営責任者および共同設立者であるCharles Cascarillaは次のようにコメントしています。

「ノーアクション救済の下でPaxos Settlement Serviceを開始することは、証券業界の取引後インフラストラクチャを変革するための私たちの旅の最初のステップです。クレディ・スイスおよびインスティネットと緊密に協力して、長期的なコストメリットを提供できるソリューションを構築し、一緒にライブ環境でシステムを改良します。清算機関の登録申請は、大規模に市場構造を近代化することに専念していることを示しています。」

クレディ・スイスは、1856年に設立され、スイスに本拠を置く世界的な資産運用会社、投資銀行、金融サービス会社です。同社は、銀行と顧客の厳格な機密保持および銀行の秘密保持慣行で最もよく知られています。

クレディ・スイスのデジタル資産市場の責任者であるエマニュエル・アイドゥーは次のようにコメントしています。

「このイニシアチブは、取引後サイクルに大きな効率とコスト削減をもたらす可能性を秘めています。Paxos Settlement Serviceは、規制に準拠したブロックチェーンテクノロジーを導入し、進化する市場構造に向けて重要な進歩を遂げ、レガシー決済プロセスに結び付けられた資本を解き放つことができます。」

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/


参考資料:https://crypto-economy.com/paxos-blockchain-based-settlement-platform-goes-live-with-credit-suisse-and-instinet-as-initial-clients/