RippleとXRPは、暗号空間で最も成功している2つの企業であり、2019年はすばらしいパートナーシップを築き、採用が増えました。

Rippleは、XRPエコシステムを強化し、XRPの主流の採用を開始するために一生懸命取り組んできました。

XRPのリップルの主な使用例

さて、Rippleは、デジタル資産XRPの会社の主な使用事例に関する新しい洞察を明らかにします。

Rippleの東南アジア、中東、北アフリカのマネージングディレクターであるNavin Gupta氏は、各国が独自のデジタル通貨の発売を開始するのはそう遠くないだろうと述べたことが明らかになりました。

一方、そのようなデジタル形式の不換通貨は「国内目的」に使用されると彼が信じていることも明らかになりました。

しかし、上記の通貨を国境を越えて移動するというテーマに関して、彼は唯一の優れたソリューションがリップルのXRPを活用したODLであると考えています。これは、以前はxRapidとして知られていたOn-Demand Liquidityプラットフォームです。

オンデマンドの流動性、国境を越えて送金するための最良のソリューション

Guptaは、ODLが国境を越えてお金を移動するための理想的なソリューションであると考えています。

彼は、「デジタル通貨は本質的にソブリンであるため、その主なユースケースは国内であると推測します。国内の場合、タイに行くとき、ラオスに行くとき、カンボジアに行くとき、まだ橋が必要です。XRPは国境を越えた支払いに適していますが、主に橋渡しとしてXRPを支持しています。」

Daily Hodlのオンライン出版物には、Guptaが提供しインタビューも掲載されています。彼の発言について詳しく知るために、それをチェックすることをお勧めします。

Rippleは、従来の支払いシステムSWIFTが使用されてから数十年にわたって悩まされていた欠陥を克服するために、一生懸命に取り組んできました。

イノベーションに対する厳しいニーズがあり、リップルはそれをすべて備えていると主張しています。世界最大の銀行はすでにこの技術に興味を持っています。 

参考資料:https://cryptogazette.com/ripple-strategy-for-xrp-involves-international-focus/ 

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。(2020年02月~)

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング