本当に成功した年の後、リップルは2020年にさらに多くの成果を達成するために一生懸命取り組んでいます。2019年に、同社は多くの重要なパートナーシップを達成することができました。

手頃な価格のクロスボーダー取引のための新しいモバイルアプリ

サイアムコマーシャルバンク(SCB)はタイで最も古い銀行であり、最近、Rippleとのパートナーシップにより、手頃なクロスボーダートランザクションを提供するブロックチェーンで実行されるモバイルアプリが開発されることを明らかにしました。

アプリの名前はSCB Easyで、レポートによると、リップルのスウェルイベント中に12月にデモされました。デモは、国境を越えた支払いを実行する能力を示しました。

SCBの上級副社長であるArthit Sriumpornは、この大胆なプロジェクトについて次のように述べています。

「今日、お金を送受信するのはとても難しい。人々は物理的に銀行の支店に行き、長く複雑なフォームに記入し、支払いが受領されるのを待たなければなりません。

愛する人にすぐに送金する

彼は続けて、「私たちのサービスで、海外からの愛する人たちが支払いを転送し、すぐにお金を受け取ることができる」と説明しました。

このアプリは、40秒以内に受取人の銀行口座に支払いを送信することで機能します。

トランザクションプロセスを容易にするために、SCBはRippleと連携して、国境を越えた「EMVCo QR支払い」を提供しています。QR支払いはアジアで非常に人気があります。この機能を使用すると、SCBは送金に加えて顧客にマイクロペイメントサービスを提供できます。SCBは、共同でCLMV諸国として知られるカンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムにサービスを拡大することを計画しています」とSmartereumのオンライン出版物は書いています。

これ以外に、リップル愛好家とファンのXRP軍は、今年もコインの価格が大幅に上昇することを期待しています。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-and-thailands-oldest-bank-develop-a-new-app-for-instant-cross-border-payments/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング