マルタを拠点とする暗号通貨取引所Binance は、これらの火災を止め、影響を受けた当事者を回復させるための資金を調達するチャリティーキャンペーンを開始および実行することにより、進行中の山火事の悲劇を通じて、病気のオーストラリアを支援することを約束しています。

この取り組みの一環として、大手暗号取引所は、100万米ドル相当のネイティブプラットフォームトークンであるBinanceコイン[BNB]を寄付すると発表しました。水曜日発表で、BinanceはチャリティーアームBinance Charity Foundationを通じて、すべての資金をオーストラリアブッシュファイヤー寄付プロジェクトに寄付し、「この災害の影響を軽減し、その後の復旧を促進する」ために使用すると述べました。

オーストラリアの山火事は、これまでに約1,000万エーカーの土地を消費し、その経路上のすべての植生と森林を破壊しました。声明の中で、バイナンスのCEOは慈善団体への支援と影響を受けた犠牲者に対する同情を表明しました。彼は言った、

「オーストラリア全土で山火事が燃えているだけでなく、生態系や地域社会への壊滅的な影響を見るのは痛いです。この緊急の危機を支援したい[…]オーストラリアブッシュファイアズチャリティプログラムへの寄付は、影響を与えるための最も直接的かつ効果的なアプローチであり、暗号コミュニティ全体がオーストラリアの支援に参加することも求めています。」

BCFを通じて、Binanceは他の有能な関係者が利益に貢献することを奨励しています。

「暗号で受け取った寄付を各受益者の手に渡すために、できるだけ多くの地元の組織やコミュニティに手を差し伸べます」、BCF部門を率いるHelen Hai 氏は述べてます。「私たちは、この自然災害で損失を被った人々を感じており、私たちは自分の役目を果たしたいと強く思っています。また、このプラットフォームを作成した当初の意図は、テクノロジーを使用して人々に力を与え、最も必要としている人々を支援することでした」と彼女は付け加えました。

Binance Charity Foundationは、慈善セクターの透明性を向上させることを目的として、2018年10月に設立されました。発売以来、BCFは100,000人以上に直接影響を与えてきました。また、慈善セクター内でのブロックチェーンの使用を検討することを目的として、Mercy CorpsやWomen's World Bankingなどのセクターの戦略的機関と提携しています。 

参考資料:https://crypto-economy.com/binance-charity-arm-donates-1m-towards-the-australian-bushfires-benefit/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング