仮想通貨関連スタートアップのメサリ(Messari)社が、2017年と2018年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施した銘柄のICO時点と現在のリターンの比較のレポートを発表しました。

2017年のICO銘柄のリターンが下記です。
センタリング

2018年のリターンが下記です。
センタリング

出典:Messari 

2018年のICOは最悪な結果に

これによると、2017年のICOパフォーマンスは良いものがありますが、2018年の案件は最悪という結果です。2017年のICOは、チェーンリンク(Chianlink)やトロン(TRON)、ゼロエックス(0x)が最も高いリターンを出したトークンで、Chainlinkに至ってはICO時点から30倍に価格が推移しています。

これに対して2018年のICOは一つを除いて全てがICO時点の価格からマイナスになっています。2018年の案件がこれからプロダクトをリリースしたり成長をして、トークン価格が伸びる可能性も否定はしませんが、この2017年と2018年の案件の差はとても顕著です。

2017年の中盤くらいまでのICO案件は2016年以前からプロトコルを設計していたような人たちが実施したものが多く、2018年のICOは2017年のICOを見て良い資金調達手段であると飛びついた人たちが多いのだと筆者は捉えています。そのコントラストが価格パフォーマンスにも顕著に反映されていると言えます。

ICOで最もリターンが高かった3つのトークン

ICOでも最もリターンが高かったトークン3つを簡単に概観しましょう。

チェーンリンク(Chianlink)

Chainlinkはイーサリアム(Ethereum)をはじめとした複数のブロックチェーンで稼働するオラクルのミドルウェアです。オラクルとは現実世界の情報やイベントトリガーをブロックチェーンに送信することです。

例えばある株の価格がXXX円になったらスマートコントラクトを執行したいとしても、株価情報はブロックチェーンに存在しません。オラクルはそのよゔなブロックチェーン外部の情報をブロックチェーンに不正の余地なく送る役割を担います。この分野でChainlinkは最も注目されているプロジェクトです。
同プロジェクトについて詳しくはこちらのレポートで解説をしています。

トロン(TRON)

TRONは創業者のジャスティン・サン(Justin Sun)氏のキャラクターやマーケティング戦略に関しては悪評はあるものの、一定の支持を得ています。

Ethereumのバーチャルマシンを移植してして同様のスマートコントラクトを実行できながら、トランザクションが安価かつ早いためゲームアプリケーションなどに好まれています。ただしノードの数は少なく分散性は犠牲にしていると言えます。

ゼロエックス(0x)

0xはEthereum上で稼働をする分散型取引所のプロトコルです。0xプロトコルを使用すると開発者は比較的簡単にノンカストディの取引所を構築することができます。

0xは最近トークンモデルの変更を発表しており、それが好感し、直近高いパフォーマンスになっています。詳しくは下記のコラムで解説をしています。

参考資料:https://coinchoice.net/comparing-2017-and-2018-ico-return-which-token-shows-the-highest-performance_201911/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング