RippleとXRPは新しい成果をマークします。

Rippleは、クロスボーダークライアントRippleNet Homeの新機能を明らかにしました。

このアプリは、ネットワーク上の金融機関に、フィアットおよびXRPトランザクションに関するデータを分析し、相互に接続するために使用できるハブを提供するように設計されています。

以下のビデオでアプリの詳細を確認してください。

ビデオを投稿した後、RippleはYouTubeで素晴らしいフィードバックを受け取りました。

ユーザーは次のように述べています。「RippleNET Homeは未来のように見えます。これを投稿していただきありがとうございます」と他の誰かが投稿しました。「まず銀行、今は小売業者。良いゲーム、リップル!」

ペルー最大の銀行の1つが使用するリップルのXRP

これ以外に、リップルはペルー最大の銀行で使用されます。

Banco International de Peru別名Interbankは、Rippleの決済メッセージングシステムxCurrentからXRPを活用した決済製品ODL aka xRapidに切り替えていると述べました。

インターバンクのブロックチェーンの専門家であるジョイジー・マンティラは、シンガポールで開催されたリップルのスウェル会議で発表を行いました。

「ペルーでは、暗号通貨が米国で最初に登場し始めたときから暗号通貨について考え始めました。銀行は、イノベーションに本当に焦点を当てた才能を引き付けるために素晴らしい仕事をしました。そして、銀行内にイノベーションラボがあります」、オンライン出版物Daily Hodlに引用さているように、Mantilla 氏は述べています。

マンティラは続けて、「私たちは失敗してさまざまなことを試すことができるチームとして働いており、そのようにしてxCurrentと協力し始めました。そして今、xCurrentとの1年間の仕事の後、今年前進し、暗号通貨を使用してトランザクションを行うことにしました。」

これ以外に、Rippleは最近XRPベースの支払いソリューションを現在使用している24人の顧客明らかにしました。

それ以上に、Rippleの最近のレポートは、暗号に対する全体的な関心が高まっているという事実を強調しています。 

参考資料:https://oracletimes.com/ripple-reveals-new-app-and-xrp-will-be-used-by-one-of-the-largest-peru-banks/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング