モネロは、ドイツの財務省がプライバシー指向のコインについて語った後、最近ニュースになっています。

ビットコインは、既存の金融システムに対する脅威と何度も言われていますが、これは中央制御を許可しない分散型の性質によるものです。

ビットコイン取引は匿名であると言われており、それが暗号がダークネットで多く使用された理由です。

プライバシーコインの人気が高まるにつれて、これは最近変化しているようです。

プライバシーコインの人気が高まる

プライバシーコインが金融システムに及ぼすリスクに関するドイツ財務省からの最近のレポートがあり、このリスクはビットコインがかつて提起したものよりも大きいと言われています、と Decryptレポートが明らかにしています。

これは主に、Moneroを使用して実行されるトランザクションの匿名性が原因であり、これらの犯罪者は最近ますますダークネット上で利用し始めています。

ZyCryptoが引用したように、レポートには次の内容が記載されています。

「DarknetでのMoneroの人気の高まりにより、特にこの暗号資産は、セキュリティ保護と悪用の分野で将来、より実用的な関連性を獲得することが予測されます。」

ドイツ政府は最近暗号に関心を持ち、これらのコインを使用して実行されるトランザクションを監視することを決意しています。

Monero価格予測

価格の面では、暗号市場は最近強気相場に支配されており、Moneroも急上昇しています。

この記事を書いている時点で、XMRはグリーン取引されており、コインの価格は58.69ドルです。

コインは、CMCの13番目のスポットにも飛びました。

XMRは現在確実に上昇傾向を示しており、同じ勢いがしばらく続くと言われています。

強気相場が暗号通貨市場に戻ってきたと言われている理由はさまざまですが、先ほど取り上げました。 

参考資料:https://oracletimes.com/germany-ministry-of-finance-addresses-monero-and-compares-it-to-bitcoin/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング