Gram 機関管理者や入手方法を正式発表

人気SNSアプリ企業「テレグラム」発行の独自トークンGram(GRM)のローンチに当たって、Anchorage Trust Company社が最初の機関管理者となったことが分かった。

同社はカリフォルニア州に拠点を置くソフトウェア会社Anchor Labs の完全子会社である。カストディサービスはAnchorage Trust Company社または金融事業を行うAnchorage Hold社を通して提供される予定だ。

Gramの価格と供給を安定化する仕組み

Anchorage社のブログによると10月31日までにローンチされる予定の、Gramトークンを入手するには二つの方法がある。

公開市場で既存のGramを購入するか、TON(Telegram Open Network)リザーブから新しいグラムを購入するかという選択である。

これらの2つの市場はGramの価格と供給の両方を安定させることを目的としているという。

TONリザーブでは、指数関数的増加機能によって、1Gramが販売される都度、その後のGram販売価格を徐々に上げていく。

最初の価格は0.10ドル(約10.7円)で、その後のすべてのGramは、直前のGramの10億分の1だけ高くなっていく。

一方、自由市場での価格はTONリザーブの価格と異なる可能性があり、ユーザーは市場価格の方が低い場合は、すでに発行済のGramを市場で求め、市場価格が高い場合は、リザーブから新規発行されるGramを購入しようとすると想定されている。

なお、Anchorage Trust Company社とAnchorage Hold社は米国証券取引委員会(SEC)に登録しておらず、当初サービスをニューヨークの居住者に提供しない見込みだ。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=111355 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング