仮想通貨ビットコイン、Googleの関連検索で異変

これまでの「ビットコイン」や「bitcoin」は、検索数で「BTC(ビットコインの通貨単位)」を下回ることはなかったが、8月29日から「BTC」の検索数が急増し始め、「ビットコイン」や「bitcoin」の検索数を現在も大幅に上回っている。

出典:GoogleTrends

「BTC」の検索数は、2017年末にビットコインが20,000ドルの最高値をつけた時と比べても大幅に上回っている。通常、価格上昇に比例して検索数も増加するが、検索数の急増以前に価格上昇がなかったこと(8月29日にはビットコインが急落した)などから、人為的な操作を疑う声もある。

投資家のグレン・グッドマン氏は、価格操作疑惑について次のように指摘した。

「ビットコインを買った後に、恣意的に「BTC」検索を増やした人物がいるのではないか。

グーグルでの「BTC」という単語の検索数のトレンドを分析してビットコインを自動で売買するアルゴリズムを使っているトレーダーらが存在するが、彼らが大量のビットコインを購入し、価格が上がったところで売り抜ければボロ儲けだ。」

「BTC」検索数の上昇は世界的なトレンドとなっているが、暗号通貨のニュースと分析のウェブサイトであるKryptografenでは、上昇開始前後の変化がルーマニアで比較的大きかったことから、ルーマニアで同トレンドが始まった可能性があるとしている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=105615 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング