コメント 2019-08-15 231706.PNG 

ブロックストリームの研究の1つであるクリスチャン・デッカーによる発表を通じて、一般の人々はC照明ネットワークのバージョン0.7.2のリリースを知ることができました。デッカーは彼のTwitterアカウントで発表しまし

彼の投稿によると、バージョン0.7.2はC-Lightingネットワークにいくつかの機能を公開します。新しい機能をリリースするだけでなく、バ​​ージョン0.7.2には、米国議会による中本の事前承認もあります。

DeccoはBitcoinのLightningネットワークの背後にあるチームの一員であることに加えて、開発チームにはACINQとLightning Labsの専門家もいました。さまざまなプログラミング言語を組み合わせることで、上記の企業はc-lightningを考案しました。ACINQはScalaの使用を採用し、Lightning LabsはGolangを使用しました。一方、BlockstreamはCプログラミング言語を使用していました。

C-Lightningの使用

C-Lightningはビットコインのブロックチェーンネットワーク上に構築された追加のレイヤーですが、他の機能が付属しています。C-Lightningを使用すると、ユーザーは、トランザクションを処理するタスクを持つ一時チャネルを実行できます。ただし、それだけではありません。チャネルの使用を採用することにより、ユーザーはトランザクションをより速く完了します。さらに、全体的なコストは大幅に低下します。

ユーザーは上記を楽しんでいますが、デッカーによると、バージョン0.7.2にはさらに多くの機能が搭載されています。ユーザーがアップデートから何を期待するかを垣間見ると、多くのパフォーマンスの改善、軽微な問題の修正、今後のシグネットのサポート、動的プラグイン管理が含まれます。

Deckerは、アナウンスを行うだけでなく、リリースのダウンロードに関心のあるユーザー向けにGithubへのリンクも提供しましたまた、Antoine Poinsotに感謝し、コーディング、テスト、デバッグに携わったすべての貢献者に感謝しました。Twitterの@darosiorを処理するPoinsotは、動的プラグインの背後にある作業を処理し、リリースの名前を選びました。

これにより、デッカーはアップデートに関するツイートセッションを終了しました。ただし、この更新プログラムはユーザーに受け入れられているようです。新機能が他の人を感動させた間、いくつかは署名更新に彼らの愛を表明しました。

発表が発表されたと同時に、BlockstreamはMatt Coralloに別れを告げなければなりませんでした。CoralloはBlockstreamの共同設立者でしたが、今後数週間でSquareの子会社であるSquare Cryptoに加わる予定です。

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/blockstream-unveils-version-0-7-2-for-bitcoin-scalability-software-c-lighting/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング