巨大出口詐欺がビットコイン価格急落要因の可能性

仮想通貨ファンドPrimitive Venturesの共同設立者/仮想通貨有識者のDovey Wan氏が、被害額30億ドル相当(約3300億円)とも報じられている「PlusToken」による巨大出口詐欺に対しての見解を示した。搾取されたビットコインの大量売りが、本日のビットコイン価格急落(前日比約6%安)の一因となっているといった見方も一部ではされている。

PlusTokenとは、2018年半ばに開始した「高い投資収益」を謳った中国のウォレットサービスである。会員は4段階のランクで構成され、ランクに応じて紹介報酬として配当が入る、いわゆるネズミ講の仕組みになっていた。

現在は出口詐欺であったことが判明しているが、多くの会員を有し、PlusTokenはその会員数は2019年に1000万人に到達するとも主張していた。

PlusTokenが集めた巨額の資金の行方は

Wan氏の調査によると、以下がPlusTokenのウォレットアドレス(BTC、ETH、EOS)に該当する。

PlusTokenと紐づけられたBTCアドレス とそれぞれの保有量は以下の通りとなっている。

  • 14BWH6GmVoL5nTwbVxQJKJDtzv4y5EbTVm (95,228 BTC)
  • 31odn4bxF2TgM4pD7m4hdSr1vGMsjh9ugV (68,562 BTC)
  • 33FKcwFhFBKWHh46Ksmxs3QBu8HV7h8QdF (37,922 BTC)

これらBTCの合計は201,712 BTCにのぼり、ビットコイン全体の供給量(2100万BTC)に対して約1%に相当するものだ。

そして以下が、セキュリティ監査企業のPeckShieldが行なった資産の追跡を可視化したグラフとなっている。その分析によると、PlusTokenのウォレットからの資金移動は7月初旬から始まり、その内最大でおよそ1,000 BTCが取引所BittrexとHuobiに送られていたという。つまり、盗難資金の売却が始まった時期は7月初旬からである可能性が高い。

出典:PeckShield

Wan氏によれば、PlusTokenの中心メンバーはすでに中国警察によって2ヶ月前に逮捕されており、数十年の懲役刑で刑務所に収容されるという。ただし、逮捕以降も資金が移動していることから、未だ拘束されていない秘密鍵を保有しているメンバーがいるとみられている。

なお現在もそれらの資金は50~100BTCと小分けにされながら取引所に送られているという。Wan氏は、数日前にバイナンスで100BTCの断続的な売りがあったという中国人トレーダーの報告を指摘し、それもPlusTokenの一連の動きに関連している可能性があると見ている。

Wan氏は現在ツイッター上で、各取引所・OTCなどに対して犯人による資金の移動を阻止するように協力を求めている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=101681 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング