イーサリアムコミュニティで話題のProgrammable Money(お金がプログラム可能になる)とは?

最近、イーサリアム(Ethereum)コミュニティではProgrammable Money(プログラム可能なお金)という言葉がよく用いられます。

これはETHやダイ(DAI)がスマートコントラクトによって取引を執行できることなどを指します。分散型金融(DeFi)などに代表されるムーブメントです。

参考:・今の時点で見えるDeFi(分散型金融)の実態と、将来予想

お金がプログラム可能になるとは非常に大きいイノベーションです。しかし、普段からイーサリアムのアプリケーションに関心を持っている方でなければ、この表現はあまり腑に落ちないかもしれません。本コラムでは、「Programmable Money」としてのイーサリアムの面白さを簡単に紹介できればと思います。

プログラム可能なお金は現実世界でどのようなメリットを生み出すか?

プログラム可能なお金ではリスクを最小にしながら、お金をP2Pで融資することができます。こういった機能を持つコンパウンド(Compound)やdYdXといったさまざまなアプリケーションが存在します。

これらがリスクを最小に抑えられる理由は、借り手が担保資産(多くの場合、ETHやDAIなど)をコントラクトアドレスにロックアップをして、資金を借りている点にあります。
相場の変動などにより、担保資産価値が下がったりした場合には、スマートコントラクトが担保資産の没収や売却を強制執行します。これによって貸し手はリスクを最小限に抑えて、スマートコントラクトによる貸出をして金利収入を得れます。(リスクは最小限と表現しましたがゼロではありません。使用の際はご自身でお調べ下さい)

そして、これは相手の素性も知らず、貸出をすることができます。この場合においては、担保の証明と差し押さえはコントラクトが保証しています。

筆者は会社経営者ですが、これを会社のお金に例えましょう。もしステーブルコインのDAIで会社資金を管理しているとしたら、会社の余剰資金を使って、スマートコントラクトを経由したレンディングで地球の裏側の人に貸出して金利を得られます。これができる理由は、DAIが本質的にプログラム可能なお金だからで、明確なメリットです。

ただしこれが今すぐ実行できない現実的な課題として、従業員にDAIで給料払うのは事務手続き的に面倒であるし、日本円のステーブルコインは存在しないし、取引先はDAIで支払いを受け付けてくれないなどさまざまな課題があります。しかし、これらの課題がクリアされれば、プログラム可能なお金はそのメリットを発揮できます。

プログラム可能なお金が可能にするアプリケーション

プログラム可能なお金は、さまざまな革新的アプリケーションを生む余地があります。例としてプール・トゥギャザー(Pool Together)というイーサリアムのアプリケーションを紹介しましょう。

Pool Together
出典:Pool Together

これはどういったものかというと、まずDAIをコントラクトアドレスに預けて、預けた金額に応じて抽選チケットをもらえます。その後、Pool Togetherのスマートコントラクトは、そのDAIを分散型の短期資金融資市場であるCopoundでの貸出しを行い利子を得ます。

Compoundイメージ
出典:Compound

Compoundの仕組みは下記でも解説しています。
参考:Ethereum上のMoney MarketプロトコルのCompound Protocolを概観する。

所定の期限が経過し、抽選チケットを持っている人の中から1名が、この抽選に参加した全ての人の金利をもらえます。抽選に外れた人も預託したDAIは戻ってきますので、損はしません。このときDAIは第三者に預けるということは行っておらず、一連の流れは全てスマートコントラクトで執行されます。コードもオープンソースです。

これ自体は遊びみたいなものですが、Programmable Moneyの可能性を理解できる面白いアプリケーションです。こういったプログラム可能な部分には、資産の運用やコンプライアンス情報、さまざまな条件付けなどが可能なはずで、そこのProgrammable Moneyの可能性があります。これらが現在、イーサリアムでホットなトピックであり、注目されている分野です。 

参考資料:https://coinchoice.net/what-is-programmable-money-ethereum-hot-tpoic_201907/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング