豪スーパーチェーンで仮想通貨決済が可能に

オーストラリアで1400店舗を展開する大手スーパーマーケット「IGA Supermarkets」で、仮想通貨による決済が可能となった。

対応する仮想通貨には、ビットコイン・ライトコイン・バイナンスコインが含まれている。

仮想通貨を利用したホテル・観光事業を手がけるTravelbyBitがIGAとコラボし、POSデバイス(販売時点情報管理デバイス)を提供したことで、仮想通貨決済の受け入れが実現した格好だ。TravelbyBitは最大手取引所の出資する企業だ。

TravelbyBitのCEOを務めるCaleb Yeoh氏は、Nugget’s Newsに対して以下のようなコメントをしている。

卵や牛乳、フルーツあるいは野菜など、商品に関係なく、仮想通貨で食料品を払うことが可能となる。

散見される仮想通貨決済の導入

今朝、コインポストで報じたように、BTC決済サービスの開発を行う米スタートアップ「Fold」が、ライトニングネットワークを利用した決済アプリを発表している。スターバックスやアマゾンでの利用が可能だ。

さらに、今年5月に開催された「コンセンサス2019」にて、仮想通貨決済アプリを提供するFlexa社が、SPEDNの(テストケースの)提供開始を発表していたが、現時点で利用できる店舗は39,250店以上にも拡大している。(現時点での対応国は米国のみ)

世界最大級のIT企業であるアマゾンの子会社ホールフーズ・マーケットや「サーティワンアイスクリーム」が有名なバスキン・ロビンス、また大手コーヒーチェーンのスターバックスなどでSPDENを利用できる。

一方、米FRBの総裁Jerome Powell氏は、11日に行われた米国会上院銀行委員会の公聴会にて、ビットコインの本来のビジョンである「決済手段」の利用普及を否定し、「価値貯蔵手段(ストア・オブ・バリュー)」であると指摘しているが、前述したように、仮想通貨決済が導入されるという事例は散見されている。 

参考資料:https://coinpost.jp/?p=95477 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■トレードするならバイナンス!
https://www.binance.com/

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング