2 


Yahoo Japan Taotao Exchangeがローンチしました

ヤフー株式会社は、新たに設立された取引所Taotaoで正式に暗号通貨取引業界に参入しました。ヤフージャパンはアメリカのマルチメディア企業であるヤフーにつながれたインターネット会社です。ヤフージャパンが運営するウェブポータルは、国内で最も訪問されているウェブサイトで、電子メール、Roku、Gyao、Geocities、オークション、ショッピング、旅行などのサービスを提供しています。ヤフージャパンが昨年2月に取引プラットフォームを取得し、それをTaotaoに改名するまで、同社の取引所は当初Bitargと呼ばれていた。取引プラットフォームは、日本の仮想通貨交換ビジネス協会タイプ1のメンバーとしてFSAに完全にライセンスされています。

ヤフーが支援する証券取引所がクリプト円市場とマージン取引を開始
ヤフーが支援する暗号通貨取引所は、円に対してBTCETHの両方の取引を提供していますこの取引プラットフォームは、LTCBCH、およびXRPとの証拠金取引も提供します

Taotaoの社長、荒川真一郎氏は、2019年5月30日にプラットフォームの発売を発表しました。最初の記念キャンペーンでは、トレーダーに30日間無料の手数料が与えられます。さらに、BTCETHBCHXRP、およびLTCの証拠金取引については、レバレッジ取引からのオープンポジション管理手数料は最初の1ヶ月間放棄されます。Taotaoはそのスローガン「New money、new world」でWebポータルを立ち上げ、Taotaoは暗号通貨ユーザーにとって安全なやり方で取引することをより簡単にすると同社は考えている。Taotao取引プラットフォームはブラウザで使用できますが、取引所はそのAndroidおよびiOSアプリケーションとのモバイル取引体験も提供します。ユーザーはBTC取引することができますスマートフォンを使った伝統的なスポットマーケットのやり方でのETHと、LTCXRP、およびBCHを活用したプレー

ヤフーが支援する証券取引所がクリプト円市場とマージン取引を開始
Taotaoユーザーは、AndroidまたはiOSのモバイルデバイスを使用してレバレッジを交換および実行できます。TaotaoのiOS版は上の写真です。ユーザーはYahoo Japan IDにも登録できます。

ヤフーが後援するTaotaoは、外部ネットワークから完全に隔離された環境で一流の取引を提供すると主張している。資金は冷蔵保管されており、Taotaoは引き出し時に複数の個人からの承認を必要とするマルチシグネチャテクノロジも提供しています。不正なログインを防ぐために、Taotaoではアカウントに2要素認証(2FA)が必要です。Taotaoへの登録に関して注意すべき興味深いことの1つは、ユーザーがYahoo Japan IDを使って申し込みをすると、処理がはるかに速くなることです。それでも、完全に検証されるためには、承認を得るためにユーザは写真付き身分証明書を提供する必要があります。2018年1月のコインチェック違反の後、仮想通貨取引プラットフォームを運営するためのライセンスを取得するために、日本の取引所は厳格な規則に従う必要があります。

ヤフーが支援する証券取引所がクリプト円市場とマージン取引を開始
当時11000円相当のクレジットを払い戻したTaotao広告。

日本の暗号交換競争は成長している

Yahoo Japanの暗号通貨取引環境への参入は、デジタル資産にさらなる注目を集めるのに役立つでしょう。ヤフージャパンのWebポータルでは、3月25日の事前登録口座開設を発表し、事前登録で最大11,000円の払い戻しが行われています。

ヤフーが支援する証券取引所がクリプト円市場とマージン取引を開始
日本の暗号通貨プラットフォームBitflyerは、国内で最も長く続いている取引所の1つであり、通常日本で最もBTCの取引高を占めています。2017年に、Bitflyerは短期間で世界で最も暗号化されたボリュームを命じました。

Taotaoは、多数の取引プラットフォームと、世界をリードするデジタル資産交換の1つである日本の先駆者であるBitflyerと競合します。たとえば、6月10日(月曜日)に、Bitflyerは$ 58百万7315上で処理したBTC過去24時間の貿易量の価値があります。さらに、昨年4月のnews.Bitcoin.com は、Taotaoと競合する他のいくつかの日本の取引所新参者について報告しました。

ヤフーが支援する証券取引所がクリプト円市場とマージン取引を開始
ヤフーが後援する交換機Taotaoは、楽天、Fisco、Decurretなどの他の競合他社と対面するでしょう。

その一例が、4月の最後の週に日本でサービスを開始したFisco Cryptocurrency Exchangeです。Fisco Digital Asset Group(FDAG)は以前、ハッキングされた取引所Zaifを運営していたTech Bureau Inc.と提携していました、そしてFDAGは7か月後にサービスを再開することにしました。それから昨年1月にHuobi Japanが最近オープンし、LTCBCH、MONA、BTCETH、そしてXRP取引が日本のトレーダーに紹介されましたHuobi Group は、 Bittradeとの合併管理し、FSAのより厳しいガイドラインの下で事業を行うためのライセンスを取得した後、Huobi Japanにブランド変更しました。Taotaoはまた、新しいプラットフォームDecurretに挑戦されますそして日本で刷新された楽天サービス。 

参考資料:https://news.bitcoin.com/yahoo-japan-backed-exchange-launches-crypto-yen-markets-and-margin-trading/ 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング