2 

アマゾンが、コンセンサスアルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」の課題に対する解決策として、マークルツリー(マークル木)生成を利用する際の特許を取得した。マークルツリーは、ブロックチェーンにおける取引データの要約結果を格納してツリー構造化するという仕組み。米国特許商標庁(USPTO)で5月14日に確認された文書で明らかになった

近年、ブロックチェーンへの関心を高めていると噂されるアマゾンは、特定のブロックチェーンの開発をターゲットにしているのかもしれない。

PoWは、仮想通貨ビットコイン、ライトコイン(LTC)、ドージコイン(DOGE)、モネロ(XMR)などの仮想通貨で利用されているコンセンサスアルゴリズムだ。今回の特許文書では、「Powの課題に対する解決策として、マークルツリー生成を利用する技術について説明している」と述べられている。

ただ、アマゾンの狙いは不明のままだ。この特許文書は、仮想通貨やブロックチェーンにおける特定用途などについては言及していない。 

参考資料:https://jp.cointelegraph.com/news/amazon-patent-casts-light-on-plans-to-create-proof-of-work-blockchain-analog 

●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング