2 


ソーシャルトレーディングプラットフォームeToro のブロックチェーン部門がついに4月16日火曜日に待望のデジタル資産交換eToroXを発表しました。このプラットフォームは、主にプロのトレーダー向けに設計されており、異なる通貨に基づく暗号通貨と8つのネイティブステーブルコインをサポートしています。

合計で、新しい取引所は後日追加が予定されている37組までの取引ペアサポートするでしょう新しい証券取引所はジブラルタルに登録されているため、ジブラルタル金融サービス委員会による規制の対象となります。

この交換は、すぐに次の暗号通貨をサポートします。Bitcoin[BTC]、Ethereum [ETH]、RippleのXRP、Litecoin [LTC]、Bitcoin Cash [BCH]、およびDash発表されたように、同社はeToroXプラットフォームに固有の8つのstablecoinsも導入しました。これらはすべて異なる通貨に固定されています。彼らは、ニュージーランド・ドル(NZDX)、日本円(JPYX)、スイスフラン(CHFX)、米国・ドル(USDEX)、ユーロ(EURX)、英国スターリングポンド(GBPX)、オーストラリア・ドル(AUDX)、およびカナダをドル(CADX)それに加えて、トレーダーはステーブルコインを含む暗号通貨をドル、ユーロ、スイスフランの3つの通貨ペアに変換することができます。

エトロックス

eToroのCEOであり共同創設者であるParis Blockchain Week Summitの間にステージで話をしたYoni Assia氏は、この交換が「より多くの機能とより多くの資産を追加するためにeToroXを継続的に革新することを明らかにしました

サポートされているアセットのリストから目立って欠けているのは暗号通貨Bitcoin SVです。しかし、eToroXは、Bitcoin SVをサポートしないという決定は、進行中のコインに対するソーシャルメディアキャンペーンの影響を受けていないと主張しています。代わりに、交換はコインがすでにリストされている他の資産のボリュームしきい値を満たしていないと述べました。

新しいプラットフォームのための交換手数料は伝えられるところによれば他のいくつかの交換と同等です。メーカーの手数料は0.1%にもなりますが、受け手の手数料も0.12%になります。先月、eToroは北米でそのサービスを開始し、最大32の米国の州にいる顧客をサポートしました。新しいサービスと財布は、13の暗号通貨の売買を可能にします。

参考資料:https://www.crypto-economy.net/en/etoro-platform-launches-etorox-cryptocurrency-exchange-with-8-native-stablecoins/ 


●テレグラム始めました!

https://t.me/joinchat/F-7ftRCH5u_8J7k2JUM1rw

●無料でLINE@で有益情報を随時流しています。

■facebook 始めました!
https://www.facebook.com/Tamariba-469059686918165/ 

■メルマガ始めました!

■yobit net
https://yobit.net/en/

人気ブログランキング